[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【阪神スプリングジャンプ2024予想】馬券で買うべき〝3頭〟はこちら!

阪神スプリングジャンプ2024予想記事のサムネイル画像

阪神スプリングジャンプ2024予想の最終買い目を更新しました!

阪神スプリングジャンプ2024のおすすめの有力馬3頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

阪神スプリングジャンプ2024の予想ポイント

  • 近年は配当に期待できるレース
  • 8歳馬がもっとも強く、5歳&10歳以上は苦戦
  • 1人気【5-2-2-1】の信頼度は高く、6人気以下の激走は期待できない
  • 単勝率は外枠、複勝率は内枠が有利
  • 前走中山を使った馬が活躍
目次(読みたい項目をタップ)

阪神スプリングジャンプ2024予想の最終買い目

阪神スプリングジャンプが開催される土曜日の阪神競馬場界隈は晴れの予報が出ていました。

前日の金曜日も天気は晴れなので良馬場開催に期待できます。

馬場状態に関しましては、障害コースはもともと開催数が少ないことから平場ほど荒れづらいです。

そのため、うましるでは晴れの良馬場、高速馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

馬券が的中しない方へ

金鯱賞(G2)フィリーズレビュー(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 4 マイネルグロン

ゴールドシップ
マイネヌーヴェル
母父ブライアンズタイム
主な勝ち鞍中山大障害(J・G1) 2023年
前走中山大障害(J・G1) 1着

本命はマイネルグロンにしました。

昨年の今頃まではオープン上がりの馬でしたが、近2戦のパフォーマンスは圧巻です。

特に前走の中山大障害は2着のニシノデイジーに10馬身差の逃げで1頭だけポテンシャルが抜き出ていました。

今回は阪神スプリングジャンプからおそらく中山グランドジャンプの王道路線に向かうでしょう。

阪神実績もありますし、昨年の中山大障害を見る限りは現障害界でもトップクラスの実力馬だと思うので、特に悩むことなくこの馬を軸にします。

〇対抗 6 ニシノデイジー

ハービンジャー
ニシノヒナギク
母父アグネスタキオン
主な勝ち鞍中山大障害(J・G1) 2022年
前走中山大障害(J・G1) 2着

対抗はニシノデイジーにしました。

一昨年の中山大障害は初めての障害重賞チャレンジにもかかわらず勝利を掴んでおり、オジュウチョウサン引退後の障害界の主役になろうとしていました。

しかしながら、昨年は勝ち星を手にすることなく終わっているため、そこまで抜けた馬とは言い難いです。

それでも、昨年の阪神スプリングジャンプや中山大障害では馬券に絡んでいることから、障害レース界の中では実績上位だと思いますし、ここでも馬券内に期待したいです。

▲単穴 8 ロックユー

ディープインパクト
シャンロッサ
母父Galileo
主な勝ち鞍イルミネーションジャンプS(OP) 2023年
前走イルミネーションジャンプS(OP) 1着

ロックユーは単穴にしました。

昨年の夏に障害レースに転向し、緒戦こそ5着に敗れましたが続く3戦はすべて勝利して勢いのある馬です。

この3戦はいずれも逃げもしくは2番手の競馬で勝利していることから、前で競馬できればチャンスはあるでしょう。

今回は枠の並びがやや外枠なのでハナを切れるかは少し難しいところですが、これまで騎乗していた西谷騎手が再び手綱を握ることからここでも積極的に主張してくるはずです。

キャリア初の重賞戦とはいえ、前で競馬できれば高いパフォーマンスを発揮している馬なのでここでも強気の競馬に期待したいです。

△連下 1 ジェミニキング

トランセンド
ピシーズクイーン
母父アグネスデジタル
主な勝ち鞍阪神スプリングジャンプ(J・G2) 2023年
前走4歳上1勝クラス 5着

ジェミニキングは連下にしました。

昨年の阪神スプリングジャンプでは10番人気の低評価ながらもまくりを決めて勝利しました。

その後の2戦は凡走しているものの、2走前のイルミネーションジャンプステークスは半年以上間隔が空いた中でのレースで休み明け、前走の1勝クラスは久々の平場ということで出し切れていません。

前走が平場とはいえ今回は1戦使った後のレースなのでイルミネーションジャンプステークスの時ほど身体はなまっていないでしょう。

昨年の阪神スプリングジャンプのような競馬ができればここでも面白い1頭だと思います。

△連下 7 ネビーイーム

キズナ
ヴェルヴェットクイーン
母父Singspiel
主な勝ち鞍障害3歳以上オープン 2023年
前走中山大障害(J・G1) 8着

ネビーイームも抑えます。

もともと非重賞障害競走では堅実に張っていましたが2走前の阪神ジャンプステークスにおいても馬体重を大きく増加しながら3着入りしているように、まだまだ成長の兆しが感じられます。

前走中山大障害はさすがに縦長になりすぎて勝ち負けとは程遠い内容となりましたが、初めての障害G1で、63キロの重斤量を背負いながらも無事に完走しました。

今回は相手関係こそ相変わらず強力ですが、中山大障害ほど厳しい条件ではありません。

中山グランドジャンプを目指すうえでもここは賞金加算したいところですし、他の有力馬と違ってメイチで挑む点では期待できる1頭だと思います。

小牧騎手も障害界で調子を上げているので、それらの期待も込めて抑えることにしました。

単勝

4 マイネルグロン

馬連流し

軸馬:4
相手:1、6、7、8

三連複フォーメーション

1頭目:4
2頭目:1、6、7、8
3頭目:1、6、7、8

阪神スプリングジャンプ2024の有力馬3頭

今年の阪神スプリングジャンプは登録の時点で10頭と、やや寂しくなりそうです。

しかしながら、昨年の中山大障害を制したマイネルグロンをはじめ障害の実績馬が多数名をそろえたため有力馬に恵まれそうです。

今年の出走登録馬の中で、注目したい馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

マイネルグロン

主な勝ち鞍
  • 中山大障害    (J・G1) 2023年
  • 東京ハイジャンプ (J・G2) 2023年

昨年の今頃はオープン上がりの馬でしたがそのころから逃げの競馬で他馬を圧倒していました。

そして、2走前の東京ハイジャンプは8番人気の低評価ながらも先行しながら他馬を寄せ付けない走りで2着のホッコーメヴィウスに2馬身半差の完勝です。

その勢いのまま挑んだ前走中山大障害では逃げの競馬を打って見事G1タイトルを手にしました。

このレースでは昨年の中山大障害を制したニシノデイジーや重賞馬のジューンベロシティやエコロデュエルといった強敵もいましたが、結果的には2着のニシノデイジーに10馬身差の圧勝です。

昨年のレース内容を見る限りはいまがもっとも充実しているのは間違いありません。

また、中山大障害や東京ハイジャンプで有力馬を赤子扱いしていることから世代のトップクラスの馬といえるでしょう。

関東馬ですが4走前の障害オープンで阪神コースや長距離輸送も経験していますし、このレースと相性のいい逃げ馬というのも評価したいです。

昨年秋くらいのパフォーマンスを発揮できればここでも完勝に期待できるでしょう。

★評価点
・昨年の中山大障害の勝ち馬
・世代トップクラスの実力馬
・逃げ~先行競馬を得意としている
・データと相性のいい前走中山組

▼課題
・4走前の阪神のレースは勝ったものの2着馬とハナ差

ニシノデイジー

主な勝ち鞍
  • 中山大障害 (J・G1) 2022年

もともと平場の札幌2歳ステークスを制しているように、芝での活躍に注目されていましたが、成績不振のため一昨年に障害に転向しました。

すると、あっという間に勝利を重ねて初めての障害重賞だった一昨年の中山大障害でも勝利を掴んでいます。

ポストオジュウチョウサンとしての活躍に期待されましたが、昨年は思うように結果を残せませんでした。

前走中山大障害は2着に入線したものの、マイネルグロンに10馬身差突き放されているので着順ほど高くは評価しづらいです。

それでも、昨年の阪神スプリングジャンプでも3番人気入りしているように、一部抜けた実力馬を除けば堅実に好走しているのは事実です。

近走のパフォーマンスを見てみると重馬場よりも良馬場のほうが出し切れているのでできれば乾いた状態でレースに挑みたいです。

★評価点
・一昨年の中山大障害の勝ち馬
・昨年の中山大障害でも2着
・前の競馬が得意
・データと相性のいい8歳馬&前走中山組

▼課題
・重馬場は苦手
・前走で完敗したマイネルグロンが出走する

ジェミニキング

主な勝ち鞍
  • 阪神スプリングジャンプ (J・G2) 2023年

ジェミニキングは昨年の阪神スプリングジャンプの勝ち馬です。

それまでこれといって目立った活躍を見せていなかったため、昨年の阪神スプリングジャンプでは12頭立ての10番人気でした。

ところが、道中で早めに動いて好位をつけるとそこから上がり最速の末脚で他馬を圧倒し、見事重賞初制覇を成し遂げています。

ニシノデイジーやミッキーメテオといった強敵相手に勝ち切れたのが印象深かったです。

その後の活躍にも注目されましたが、2走前のイルミネーションジャンプステークスは9着に敗れています。

もっとも、このレースは阪神スプリングジャンプから9か月ぶりのレースだったことも影響しているでしょう。

そして、前走はなぜか平場ダート戦に出走し恵敗れていました。

近2戦は敗れているものの原因も明白なのでそこまで気にしなくてよさそうです。

阪神の障害レースとも相性がよいですし、ここでの連覇達成なるかもしれません。

★評価点
・昨年の阪神スプリングジャンプの勝ち馬
・阪神コースではコンスタントに馬券に絡んでいる
・データと相性のいい8歳馬

▼課題
・昨年の勝利がフロックの可能性もある

馬券が的中しない方へ

金鯱賞(G2)フィリーズレビュー(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで金鯱賞(G2)フィリーズレビュー(G2)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ここからは阪神スプリングジャンプの過去10年の傾向やデータ分析を見ていきましょう!

阪神スプリングジャンプ2024の概要

阪神スプリングジャンプは春の阪神競馬場で行われる障害重賞競走です。

今年最初の障害重賞である阪神スプリングジャンプは翌月に行われる中山グランドジャンプの前哨戦として位置づけられているレースですが、開催時期が3月上旬と絶妙です。

そのため今年の始動戦として挑む馬はもちろんのこと、中山グランドジャンプの前に一叩きしたい馬や、1月の障害レースで好走した馬が中山グランドジャンプを目指して賞金加算を狙いにくるなど、さまざまな思惑でこのレースに出走しています。

かつては絶対王者であるオジュウチョウサンが無双していたためそこまで荒れることはありませんでした。

ところが、昨年は10番人気のジェミニキングが勝利を掴んだことで、単勝9,250円、三連単は27万円の高配当が飛び出しています。

絶対王者が引退したことで、近年は荒れる可能性も浮上しており配当妙味にも期待できるでしょう。

今年は登録の段階で10頭立てと、例年以上に少頭数ながらもマイネルグロンやニシノデイジーといったG1馬をはじめ、実績が多数参戦して質の高いメンツが揃いました。

このなかから、春の大舞台へ飛越する馬の登場に注目したいです。

阪神スプリングジャンプ2024の開催内容

開催日3月9日(土曜) 13:50発走
格付けJ・G2
開催競馬場阪神競馬場 8R
コース障害3,900m
性齢4歳以上
斤量別定
1着賞金4100万円

阪神スプリングジャンプ2024が開催される阪神の障害3,900mの特徴

阪神スプリングジャンプのタイム
平均タイム
(過去10年)
4.24.2
レコードタイム4.19.1
(2020年 オジュウチョウサン)

阪神スプリングジャンプの舞台となる阪神障害3,900mはこのレースでしか使用しません。

スタート地点はスタンド前の芝コースで、阪神名物の急坂のてっぺんにゲートがあります。

そして、最初は左回りでレースを行うため、急坂を下る形でレースが始まります。

芝コース上にある障害をひとつ越え、4コーナーの出口付近から各馬はダートを横切って障害コースに入ります。

障害コースは最初左回りで1周し、2回目の向こう正面でたすきコースに入って右回りに変わります。

そして、たすきコースの出口から右回りで半周し、再びダートを横切って芝コースに出ます。

1番最初に飛び越えたハードルを再び飛越し、各馬はゴールを目指します。

阪神の障害3,900mで飛び越えるハードルは合計14です。

全国の障害レースの中でも4番目に長いコースでスタミナが問われやすいです。

しかし、それ以上に重要なのがコースロスのない内ラチで競馬できるかどうかです。

阪神障害3,900mはスタート地点から最初の障害コースに入る箇所が鋭角です。

また、コーナーを7回回るため、できるだけロスのない内ラチで立ち回るほうが好走します。

最後の直線も意外と長くない上、障害コースはレース施行数が少ないことから内ラチは常に良好です。

末脚勝負よりも立ち回りの器用さがポイントとなり、逃げや先行馬が活躍しやすい舞台となっています。

阪神スプリングジャンプ2024の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ジェミニキングセ861.0小野寺祐太
2エイシンクリック牡1061.0黒岩悠
3マッスルビーチ牡860.0森一馬
4マイネルグロン牡662.0石神深一
5トライフォーリアルセ760.0中村将之
6ニシノデイジー牡862.0五十嵐雄祐
7ネビーイーム牡660.0小牧加矢太
8ロックユーセ660.0西谷誠
9ワンダークローバー牡660.0高田潤
10エコロデュエル牡560.0草野太郎

阪神スプリングジャンプの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2023
19ジェミニキング10中山新春ジャンプS(OP)3
23ロードアクア4障害4歳オープン(OP)1
32ニシノデイジー1中山大障害(J・G1)1
2022
17エイシンクリック5障害オープン(OP)1
28レオビヨンド3中山大障害(J・G1)3
35オジュウチョウサン1中山大障害(J・G1)1
2021
稍重
14メイショウダッサイ1中山大障害(J・G1)1
26スマートアペックス2中山新春ジャンプS(OP)1
35シンギングダンサー3中山大障害(J・G1)8
2020
稍重
12オジュウチョウサン1ステイヤーズステークス(G2)6
26シングンマイケル2中山大障害(J・G1)1
34トラスト3牛若丸ジャンプステークス(OP)1
2019
111オジュウチョウサン1有馬記念(G1)9
21タイセイドリーム2中山大障害(J・G1)2
33シンギングダンサー3中山大障害(J・G1)4
2018
12アップトゥデイト1中山大障害(J・G1)2
25グッドスカイ3牛若丸ジャンプステークス(OP)3
33ルペールノエル2中山大障害(J・G1)3
2017
111オジュウチョウサン1中山大障害(J・G1)1
26アップトゥデイト2中山大障害(J・G1)2
33タイセイドリーム3イルミネーションジャンプS(OP)1
2016
11サンシオン2中山大障害(J・G1)3
24アップトゥデイト1中山大障害(J・G1)1
32ヴィーヴァギブソン5春麗ジャンプS(OP)3
2015
稍重
112サンレイデューク4中山大障害(J・G1)3
23サンライズロイヤル6障害オープン(OP)2
38ソンブレロ5春麗ジャンプS(OP)3
2014
17ケイアイドウソジン4障害オープン(OP)1
24オースミムーン1東京ハイジャンプ(J・G2)1
31アドマイヤトライ6障害オープン(OP)2

【配当】かつてほどのガチガチな決着はなくなりつつある

年度単勝馬連三連複三連単
20239,250円26,230円19,370円274,010円
20221,670円4,470円2,280円31,410円
2021130円230円400円830円
2020170円230円220円640円
2019110円200円620円910円
2018120円520円460円1,320円
2017130円210円430円740円
2016250円220円2,080円5,960円
2015790円4,510円9,310円57,370円
2014950円850円2,210円13,650円
平均配当1,357円3,767円3,738円38,684円

過去10年の阪神スプリングジャンプの配当をまとめてみました。

もっとも配当が安かったのは2016年~2021年ごろです。

この時期は絶対王者オジュウチョウサンが大車輪の活躍を見せていたため、配当妙味は全重賞の中でもトップクラスに安かったです。

ところが、2022年の阪神スプリングジャンプではさすがのオジュウチョウサンも11歳で年齢的な衰えが出てきたため3着に敗れ、三連単は3万円相当となっています。

そして、オジュウチョウサンが引退した後に行われた昨年の阪神スプリングジャンプでは10番人気のジェミニキングが勝利したことで三連単は27万円相当になりました。

一時期はがちがちの決着が当たり前でしたが近2開催は高配当が飛び出していることから、かつてほど固く決まらないかもしれません。

【年齢】8歳馬がもっとも強い

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【0-1-0-1】0.0%50.0%50.0%
5歳【0-2-2-14】0.0%11.1%22.2%
6歳【1-4-2-20】3.7%18.5%25.9%
7歳【3-2-2-20】11.1%18.5%25.9%
8歳【5-0-2-12】26.3%26.3%36.8%
9歳【1-1-1-6】11.1%22.2%33.3%
10歳以上【0-0-1-7】0.0%0.0%12.5%

過去10年の阪神スプリングジャンプを年齢別に見てみると、もっとも活躍していたのはなんと8歳馬でした。

8歳馬は勝率26%、複勝率37%もあります。

それ以外の年齢で見てみると、7歳馬も【3-2-2-20】と安定しており、6歳馬よりも単勝率は高いです。

対して、5歳馬は【0-2-2-14】で他の年齢と比較するといまいち好走率は高くありませんでした。

また、10歳以上の馬になるとさすがに衰えが出ているのか、過去10年で8頭が出走したものの2022年のオジュウチョウサンしか馬券に絡んでいません。

馬券予想の際は年齢にも注目したいです。

今年の出走馬を年齢別にまとめました。

8歳馬
・ジェミニキング
・ニシノデイジー
・マッスルビーチ

6、7、9歳馬
トライフォーリアル(7歳)
ネビーイーム(6歳)
マイネルグロン(6歳)
ロックユー(6歳)
ワンダークローバー(6歳)

5、10歳以上の馬
エイシンクリック(10歳)
エコロデュエル(5歳)

なお、4歳馬は出走数こそ少ないものの連対率50%で相手候補に有力ですが、今年の出走登録馬に4歳馬はいませんでした。

【位置取り】最終コーナーを3番手以内で通過したい

年度勝ち馬コーナー通過順
2023ジェミニキング【7-8-7-5】
2022エイシンクリック【2-2-1-1】
2021メイショウダッサイ【3-3-3-1】
2020オジュウチョウサン【4-4-3-3】
2019オジュウチョウサン【3-3-2-2】
2018アップトゥデイト【1-1-1-1】
2017オジュウチョウサン【2-3-3-2】
2016サナシオン【1-1-1-1】
2015サンレイデューク【12-10-9-6】
2014ケイアイドウソジン【3-3-3-2】

過去10年の阪神スプリングジャンプの勝ち馬8頭が最終コーナーを3番手以内で通過していました。

阪神スプリングジャンプにおいて差し切り勝ちは容易ではなく、レース終盤で早めに前をつけているほうが上位争いに加わりやすいです。

脚質的には逃げや先行競馬を得意とする馬、もしくは差しや追込馬でも早めのまくりを得意とする馬に注目したいです。

阪神スプリングジャンプの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【5-2-2-1】50.0%70.0%90.0%
2番人気【1-4-1-4】10.0%50.0%60.0%
3番人気【0-2-4-4】0.0%20.0%60.0%
4番人気【2-1-0-7】20.0%30.0%30.0%
5番人気【1-0-2-7】10.0%10.0%30.0%
6~9番人気【0-1-1-37】0.0%2.6%5.1%
10番人気以下【1-0-0-29】3.3%3.3%3.3%

1番人気は堅実に走っている

過去10年の阪神スプリングジャンプで1番人気は【5-2-2-1】でした。

人気の中心は4年馬券に絡んだオジュウチョウサンのものですが、オジュウチョウサンが引退したあとの昨年2023年も1番人気のニシノデイジーが3着に入線しています。

ちなみに、唯一着外に敗れたのは2014年のアップトゥデイトですが、4着入りしていることからほとんど崩れていません。

阪神スプリングジャンプで1番人気に支持された馬は評価を上げてもよさそうです。

6番人気以下の激走はほとんど見られない

過去10年の阪神スプリングジャンプで6番人気以下の馬はこれまで69頭が出走しましたが、馬券に絡んだのは3頭のみとなっています。

昨年こそ10番人気のジェミニキングが勝利しましたが、10番人気以下の馬の勝利は2001年のダンシングターナー以来となっています。

また、3万円馬券が飛び出して久々の高配当となった2022年度も、上位3頭は1~5番人気に支持された馬でした。

昨年こそ10番人気のジェミニキングが勝利しましたが、基本的に阪神スプリングジャンプは1~5番人気馬が好走するケースが強いのであまりにも人気のない馬は軽視しても良いでしょう。

馬券が的中しない方へ

金鯱賞(G2)フィリーズレビュー(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると金鯱賞(G2)フィリーズレビュー(G2)の無料予想がレース当日に受け取れますよ!

阪神スプリングジャンプの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-1-7】10.0%20.0%30.0%
2枠【2-0-2-6】20.0%20.0%40.0%
3枠【0-2-3-5】0.0%20.0%50.0%
4枠【1-2-1-8】8.3%25.0%33.3%
5枠【0-1-2-12】0.0%6.7%20.0%
6枠【2-3-1-11】11.8%29.4%35.3%
7枠【1-1-0-15】5.9%11.8%11.8%
8枠【3-0-0-16】15.8%15.8%15.8%

単勝率は外枠、複勝率は内枠有利

過去10年の阪神スプリングジャンプの勝ち馬6頭が6~8枠の馬でした。

勝ち馬は外枠から多く飛び出しています。

ところが、複勝率を見てみると、1~4枠はいずれも30%を超えていました。

5~8枠の馬で複勝率が30%を超えていたのは6枠のみとなっています。

相手候補は内のほうがよく出ていました。

阪神スプリングジャンプでは勝ち馬は外枠、相手は内枠から選択してみてもよいかもしれません。

阪神スプリングジャンプの過去10年の前走別成績

前走競馬場成績単勝率連対率複勝率
新潟【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
東京【0-1-2-8】0.0%9.1%27.3%
中山【8-6-6-31】15.7%27.5%39.2%
中京【1-0-1-9】9.1%9.1%18.2%
京都【0-2-1-22】0.0%8.0%12.0%
阪神【0-0-0-4】0.0%0.0%0.0%
小倉【1-1-0-5】14.3%28.6%28.6%

前走中山を使った馬の活躍が目立つ

過去10年の阪神スプリングジャンプの勝ち馬8頭が前走中山でレースを行っていました。

また、2~3着に入線した馬12頭も前走が中山で、馬券に絡んだ30頭のうちの20頭が該当していました。

前走中山組は勝率、連対率、複勝率ともに高水準であることから、評価を上げたいです。

今年の出走馬の内、前走が中山だった馬は5頭いました。

エコロデュエル
(前走中山大障害【J・G1】/3着)

ニシノデイジー
(前走中山大障害【J・G1】/2着)

ネビーイーム
(前走中山大障害【J・G1】/8着)

マイネルグロン
(前走中山大障害【J・G1】/1着)

ロックユー
(前走イルミネーションジャンプステークス【J・G1】/1着)

以上になります。
阪神スプリングジャンプの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)