[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【フィリーズR2024追い切り評価/全頭診断】コラソンビートを〝脅かす〟最高評価「S」はこの馬!

フィリーズレビュー2024追い切り評価記事のサムネイル画像

フィリーズレビュー2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではフィリーズレビューの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

3月6日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路、ウッドともに重馬場でした。
坂路は一番時計がロジアデレードの4F50秒7ですが、それ以外の馬は52秒台より遅い時計で坂路を駆けあがっており、時計はかかっています。
ウッドはシュトラウスの6F78秒4が最速ですが、他の馬の時計を見ると平均的よりもやや時計はかかっているように見えました。

栗東
この日の栗東は坂路とウッドは重馬場、ポリトラックは良馬場でした。
坂路の一番時計はウルトラソニックの4F50秒7ですが、それ以外は51秒台となっており、平均よりも時計はかかっています。
ウッドは80秒台を出している馬が多く、表記ほど時計はかかっていません。
ポリトラックはいつも通りの高速馬場でした。

目次(読みたい項目をタップ)

フィリーズレビュー2024追い切り評価/全頭診断コメント

フィリーズレビュー2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

フィリーズレビュー(G2)金鯱賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

エトヴプレ

エトヴプレ 3月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重) 70.554.037.911.1強め
前走最終栗東CW(良)82.567.152.637.911.9一杯

昨年の福島2歳ステークス(OP)を勝利したエトヴプレは、栗東のウッドチップコースにて、同日の金鯱賞(G2)に出走するワイドエンペラー(牡6、3勝クラス)と併せ馬を行いました。

レース当日でも騎乗する藤岡祐介騎手を背に、馬場の真ん中から強めに追われ、5F70秒5-上がり1F11秒1の時計でワイドエンペラーに0.1秒先着する動きをみせています。

映像はありませんが、1週前追い切りでも藤岡祐介騎手を背に栗東の坂路にて、アルトゥーム(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行い、追走する形から0.2秒先着しました。

もともと攻め馬で動きそうなタイプですが、それでも追い切りタイムをみても抜群の走りだったと思いますし、レースセンスが抜群なだけに面白い存在ではないでしょうか。

ただし、デビュー戦から5戦連続で1,200mに出走しており、今回が初経験となる1,400mが鍵を握りそうです。

オアシスドール

オアシスドール 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  54.538.612.2馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.539.712.6馬なり

オアシスドールは、栗東の坂路コースにて単走を行っています。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計54秒5-上がり1F12秒2の時計で駆け上がりました。

1週前追い切りでも栗東のウッドチップコースにてダノンピレネー(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行っており、最後は0.2秒先着しています。

管理する高柳大輔調教師も「やると動きすぎるぐらいなのでサラッと。これで仕上がったと思います」とコメント。

キタサンブラック産駒らしく、力強さがあって仕上がりは良好だといえそうです。

オメガウインク

オメガウインク 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(重)  54.339.712.2馬なり
1週前美浦南W(良) 70.755.339.711.3馬なり
前走最終美浦南W(良) 66.851.937.611.6馬なり

春菜賞(1勝クラス)を勝ったオメガウインクは、美浦の坂路コースにてインサイダー(牡3、未勝利)と併せ馬を行いました。

杉原誠人騎手(レース当日は岩田望来騎手が騎乗)を背に馬場の外側から馬なりで追われ、全体時計54秒3-上がり1F12秒2の時計で最後は併走馬と同時併入する走りをみせています。

また、1週前追い切りでは、美浦のウッドチップコースにて、マホガニー(牝3、未勝利)と併せ馬を行い、最後の1Fを11秒3で駆け抜けて、併走馬に0.4秒先着と状態の良さを窺わせました。

管理する大和田成調教師は「守備範囲は1,400m~1,600m。スピードを生かして押し切る形がいいと思います」とレースをイメージしているようです。

なお、前走の春菜賞で2勝目を挙げましたが、今回は長距離輸送が初となります。そこを上手くクリアすれば、侮れない存在といえます。

カルチャーデイ

カルチャーデイ 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)  50.936.811.2直強め
1週前栗東坂路(良)  52.338.312.2一杯
前走最終栗東坂路(良)  55.239.512.1馬なり

昨年のファンタジーステークス(G3)を15番人気で制したカルチャーデイは、栗東のウッドチップコースにてモルツシャン(牝3、未勝利)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する酒井学騎手を背に、馬場の真ん中から直線強めで追われ、4F50秒9-上がり1F11秒2の時計で併走馬に0.2秒先着しています。

また、1週前追い切りでも酒井学騎手が騎乗し、栗東の坂路にてソルトロック(牝3、未勝利)と併せ馬を行い、0.2秒先着する動きをみせました。

前走の阪神JF(G1)では、16着と大敗しましたが、スタート直後に他の馬と接触した影響だったため、度外視しても問題ないかと思われます。

さらに今回は距離が短縮しますので、それが追い風になれば、大穴をあけたときのように面白い存在となりそうです。

キャンシーエンゼル

キャンシーエンゼル 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  54.539.812.2馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.039.312.0馬なり

キャンシーエンゼルは、栗東の坂路コースにて単走を行っています。

助手を背に、外ラチ沿いから馬なりで追われ、全体時計54秒5-上がり1F12秒2の時計で駆け上がりました。

また、1週前追い切りでは、栗東のウッドチップコースにて同じく単走を行い、一杯に追われる中で最後の1Fを12秒3で走破しています。

ただ、馬体は良化しているものの、少し物足りないといった印象を受けました。

それでも最終追い切りのように馬場が悪くなれば、バゴ産駒らしく苦にしないタイプと思われましたので、当日の天気が味方となれば、良い結果につながるかも知れません。

コラソンビート

コラソンビート 3月6日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  51.738.412.4末強め
1週前栗東坂路(良)  55.839.411.9馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 66.450.936.911.4馬なり

昨年の京王杯2歳ステークス(G2)を制したコラソンビートは、栗東の坂路コースにて単走を行いました。

助手を背に馬場の真ん中からしまい重点の強めに追われ、全体時計51秒7-上がり1F12秒4の時計で駆け上がっています。

1週前追い切りでも同じく栗東坂路を馬なりで上がり1F11秒9をマークするといったスピードある動きを披露しました。

前走の阪神JF(G1)では、出遅れにて3着と惜しい競馬でしたので、折り合い面を考えれば、今回の距離短縮は大歓迎ではないでしょうか。

また、鞍上も引き続き横山武史騎手が騎乗しますので、メンバー構成からしても本命の1頭とします。

シカゴスティング

シカゴスティング 3月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  54.539.412.2馬なり
1週前栗東坂路(良)  53.739.212.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.739.012.0馬なり

昨年のフェニックス賞(OP)を勝利したシカゴスティングは、栗東の坂路コースにてリュクスブリランテ(牝3、未勝利)と併せ馬を行っています。

レース当日も騎乗する鮫島克駿騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計54秒5-上がり1F12秒2の時計で駆け上がり最後は、併走馬に0.3秒先着しました。

管理する庄野靖志調教師も「反応も良くスピードもあって、いい追い切りでした」とコメントしているように納得のいく仕上がりだった様子です。

さらに1週前追い切りでは、栗東坂路で僚馬のスウィープフィート(牝3,オープン)と併せ馬を行い、同時併入しています。

その併せたスウィープフィートが前週のチューリップ賞(G3)を勝利しましたので、ここ2戦の重賞で善戦しているシカゴスティングには十分に勝機がありそうです。

ジューンブレア

ジューンブレア 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)  50.336.211.2馬なり
前走最終栗東CW(稍重)  54.338.411.2馬なり

ジューンブレアは、栗東のウッドチップコースにて単走を行っています。

最終追い切りの映像はありませんが、レースでも騎乗する武豊騎手を背に馬なりで追われ、4F50秒3-上がり1F11秒2の時計で走破しました。

また、1週前追い切りでは、富田暁騎手を背に栗東のウッドチップコースにて、エールレヴリー(牝4、2勝クラス)と併せ馬を行い、追走する形から最後は同時併入しています。

よって、追い切りタイムをみても仕上がりは良好だといえそうです。

さらに前走のデイリー杯2歳ステークス(G2)では、のちに朝日杯FS (G1)を制したジャンタルマンタルと0.7秒差は、決して大きな差で負けたわけではありませんので、レジェンドが上手くエスコートしてくれれば、一発の可能性も秘めているかと思います。

セシリエブラージュ

セシリエブラージュ 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  53.839.213.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.637.112.7馬なり

セシリエブラージュは、栗東の坂路コースにて、カリメロ(牝3、未勝利)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗するM.デムーロ騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計53秒8-上がり1F13秒0の時計で併走馬に0.2秒遅れを取っています。

また、1週前追い切りでも栗東の坂路にて馬なりで行いましたが、上がり1Fが14秒9とタイムだけをみても少し物足りなさを感じます。

管理する中村直也調教師も「中2週で軽めにしました。馬体重を減らさないように調整してきた」とコメントしているように、まだ本調子ではないかも知れません。

しかし、動き的にはまずまずだったと思いますし、鞍上はデムーロ騎手ですので、当日の気配次第では注意も必要です。

ドナベティ

ドナベティ 3月7日(木) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  52.537.612.1強め
1週前栗東CW(稍重)80.266.151.837.211.8一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.338.712.3馬なり

昨年のすずらん賞(OP)を制し、ファンタジーステークス(G3)ではカルチャーデイの2着だったドナベティは、栗東の坂路コースにて単走を行っています。

助手を背に、馬場の外側から強めに追われ、全体時計52秒5-上がり1F12秒1の時計で駆け上がりました。

また、1週前追い切りでは、栗東のウッドコースで一杯に行われ、上がり1F11秒8と、しっかり負荷がかけられる調整を消化しています。

追い切りもそうですが、これまでのレースをみましても気性面から1Fの短縮がプラスに働くことは間違いないと思いました。

少しレース間隔があいても問題なく能力を発揮できるタイプにあるだけに非常に楽しみな1頭です。

バウンシーステップ

バウンシーステップ 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重) 53.937.511.4馬なり
1週前栗東CW(稍重)81.865.951.036.311.7稍一杯
前走最終栗東CW(良)   38.311.2馬なり

昨年のつわぶき賞(1勝クラス)を勝ったバウンシーステップは、栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、4F53秒9-上がり1F11秒4の時計で走破しています。

また、1週前追い切りでは、レース当日に騎乗する菱田裕二騎手を背に同じく栗東のウッドチップコースにて、ダークブロンド(牝4、1勝クラス)と併せ馬を行い、アタマ差で先着する走りをみせました。

前走のつわぶき賞(1勝クラス)では、2馬身半差の完勝劇を演じているだけに今回のメンバーとの対戦はそれなりに結果が残せそうです。

そして、この馬の持ち味である末脚の爆発力が活かせれば、好勝負必至ではないでしょうか。

ポエットリー

ポエットリー 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.439.011.7馬なり
前走最終栗東坂路(重)  53.438.812.3馬なり

ポエットリーは、栗東の坂路コースにて単走を行っています。

レース当日も騎乗する永島まなみ騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計55秒4-上がり1F11秒7の時計で駆け上がりました。

その最終追い切りでは、軽快な走りを披露し、さらには動きにも機敏さがみられます。

また、1週前追い切りでも永島まなみ騎手が騎乗し、同じく栗東の坂路にて単走を行い、一杯に追って上がり1F12秒3の時計をマーク。

管理する平田修調教師も「しまい重点に動きは良かった」とコメントしているように、上昇気配が窺えました。

マーシーラン

マーシーラン 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  53.238.712.4馬なり
前走最終栗東CW(良)82.966.852.036.911.6一杯

マーシーランは、栗東の坂路コースにてエイシンオニキス(牝3、未勝利)と併せ馬を行いました。

渡辺薫彦調教師を背に馬場の外側から馬なりで追われ、全体時計53秒2-上がり1F12秒4の時計で駆け上がり併走馬に0.4秒先着しています。

映像はありませんが、1週前追い切りでもレース当日に騎乗する和田竜二騎手を背に栗東のウッドチップコースにて、ワンダーハヤセ(牡3、未勝利)と併せ馬を行い、追走する形で最後は0.4秒先着しました。

これに対して渡辺薫彦調教師は「先週しっかりやったので、サッと馬なりで。いい動きでした」とコメントしています。

調教師のコメントもそうですが、タイムだけを見てもなかなかの好気配をキープできているかと思えますので楽しみな1頭だと思います。

レディマリオン

レディマリオン 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  51.938.011.9強め
前走最終栗東坂路(良)  53.538.612.4馬なり

レディマリオンは、栗東の坂路コースにて単走を行っています。

長谷川浩大調教師を背に外ラチ沿いから強めに追われ、全体時計51秒9-上がり1F11秒9の時計で駆け上がりました。

最終追い切りに騎乗した長谷川浩大調教師は「前進気勢があって良かった。しまい重点で思ったより、時計が速かった」とコメントしているようにシャープな脚捌きが目立ちました。

さらに映像はありませんが、1週前追い切りでは、レース当日に騎乗するB.ムルザバエフ騎手を背に同じく栗東の坂路にて馬なりで単走を行い、上がり1F12秒6のタイムも記録しています。

レース当日は、ムルザバエフ騎手の人気も加味されると思いますが、重賞初挑戦がどこまで通用するかみてみたい1頭です。

ロゼフレア

ロゼフレア 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  51.237.512.1一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.939.112.7馬なり

昨年の万両賞(1勝クラス)を勝利したロゼフレアは、栗東の坂路コースにてタッチャブル(牡4、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

田中健騎手(レース当日の騎乗は団野大成騎手)を背に外ラチ沿いを一杯に追われ、全体時計51秒2-上がり1F12秒1の時計で併走馬に0.4秒先着しています。

映像はありませんが、1週前追い切りでは、栗東ウッドチップコースにて、団野大成騎手を背にアグラシアド(牝4、2勝クラス)と併せ馬を行い一杯に追われる中、上がり1F11秒3という好タイムで同時併入しました。

管理する中村直也調教師も「しっかりやりました。動きに問題なかった」と振り返っていますので、好調を維持できていると感じます。

前走の紅梅ステークス(L)では、1番人気に支持されるも4着と敗れていますので、ここは巻き返し必至ではないでしょうか。

馬券が的中しない方へ

フィリーズレビュー(G2)金鯱賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとフィリーズレビュー(G2)金鯱賞(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

フィリーズレビュー2024追い切り評価ランキング

評価馬名
コラソンビート
ドナベティ
エトヴプレ
シカゴスティング
オメガウインク
カルチャーデイ
バウンシーステップ
ロゼフレア
オアシスドール
キャンシーエンゼル
ジューンプレア
セシリエブラージュ
ポエットリー
マーシーラン
レディマリオン
 
同評価内は50音順になります。

フィリーズレビュー2024追い切り映像

フィリーズレビュー2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 フィリーズレビュー|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2024年 フィリーズレビュー|JRA公式

フィリーズレビュー2024の最終予想

フィリーズレビュー2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)