[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【阪神牝馬S2024追い切り評価/全頭診断】トップ評価「S」はこの3頭!

阪神牝馬S2024追い切り評価記事のサムネイル画像

阪神牝馬ステークス2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では阪神牝馬ステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

4月3日の馬場状態

美浦
美浦は坂路、ウッドともに良馬場でした。
坂路は一番時計がルージュスエルテの4F51秒8で、時計はかかりがちです。
ウッドは6F78~79秒台の時計を出している馬が4頭いました。終いの末脚も伸びているので時計は出ています。

栗東
栗東は坂路、ウッドともに良馬場です。
坂路で4F50秒台を出したのは4頭で、ここ数週間の坂路にしてはそこまで時計は出ていません。
ウッドで一番時計を出したのはヴィクティファルスで6F77秒6です。それ以外の馬も時計を出していて高速馬場傾向でした。

目次(読みたい項目をタップ)

阪神牝馬ステークス2024追い切り評価/全頭診断コメント

阪神牝馬ステークス2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

阪神牝馬ステークス(G2)桜花賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

ウンブライル

ウンブライル 4月3日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)85.268.953.238.011.6一杯
1週前栗東CW(不良)⑦98.567.452.838.011.8直強め
前走最終美浦南W(良) 67.552.538.011.4馬なり

昨年のNHKマイルカップ(G1)で2着に入線したウンブライルは栗東のウッドチップコースで桜花賞(G1)に出走するチェルヴィニア(牝3、オープン)と併せました。

助手が騎乗して馬場の3分どころから僚馬を1馬身半追走する形で一杯に追い、6F85秒2-上がり1F11秒6の時計を出しましたが半馬身遅れています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

1週前の27日も栗東ウッドでチェルヴィニアと併せています。

この時は馬場の真ん中から僚馬を1馬身半先行する形で直線強めに追い、7F98秒5-6F82秒1-1F11秒8の時計を出しましたがアタマ差遅れてしまっています。

また、映像はありませんが31日にも坂路で一杯に追い、4F53秒4-上がり1F11秒8で負荷をかけました。

1週前の追い切りでは直線強めに追いましたが、その割には終い1F11秒8で目立ちません。

もともと追い切りで時計を出すタイプではありませんが、その点を考慮しても少し物足りないです。

最終追い切りでも引き続き一杯に追われています。

27日、そして31日に負荷をかけた影響もあってか直線における動きは幾分かよくなりました。

ただ、それでも終い1F11秒6でした。

昨年右前脚を手術した影響もあるのか、一杯に追っても気持ちは前向きではありませんでしたし、いい時期ほど調子は取り戻していなさそうでした。

ゴールドエクリプス

ゴールドエクリプス 4月3日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)80.065.250.736.311.2馬なり
1週前栗東坂路(不良)  52.937.512.1末強め
前走最終栗東坂路(良)  53.337.912.1馬なり

ゴールドエクリプスは栗東のウッドチップコースで単走を行いました。

レース当日も騎乗する岩田望来騎手を背に、馬場の4分どころから馬なりで追って6F80秒0-上がり1F11秒2の時計でまとめています。

1週前の27日は助手騎乗の元、栗東坂路で末強めに追い、4F52秒9-上がり1F12秒1で坂路を駆けあがっています。

坂路追いでは少し頭が高い感じもしましたが、四肢の回転が速くて力強さも見られます。

ただ、序盤で勢いに乗った影響もあってか、末強めにしては終い時計12秒1はそこまで目立ちません。

負荷はかけられたので最終追いに期待したいです。

その最終追い切りは岩田望来騎手騎乗の元、ウッドで馬なりでした。

少し腹回りが太い感じもしましたが、歩様の大きな走りができています。

首の使い方も良いですし、気持ちよさそうにウッドを駆け抜けているのが印象的です。

なお、時計に関しては馬なりで自己3番目に速いですが馬場の4分どころをはしったものなのでそこまで評価しなくても良いでしょう。

それでも、順調に仕上がっている感じがしましたし、出来はよさそうです。

サブライムアンセム

サブライムアンセム 4月3日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.038.112.6馬なり
前走最終栗東CW(重)   35.611.4馬なり

昨年の阪神牝馬ステークス(G2)で2着入りしたサブライムアンセムは栗東坂路で単走を行いました。

西塚騎手(レース当日は北村友一騎手が騎乗)が手綱を握って馬なりで4F53秒0-上がり1F12秒6の時計を出しています。

映像はありませんが1週前の27日にはレースで騎乗する北村友一騎手を背に、坂路で一杯に追われて4F54秒1-上がり1F13秒1の時計を記録しました。

時計だけ見てみると、一杯に追われたものの終い2F12秒5から1F13秒1で減速ラップとなっているのが気になります。

最終追い切りは馬なりで単走でした。

1週前に負荷をかけた影響もあって脚さばきにはパワーが感じられます。

ただ、全体的に頭が高くてかかっているようにも見えました。

また、終い2F12秒2からの1F12秒6で最終追い切りでも減速しており、そこまで見栄えする追い切りとは言い難かったです。

シングザットソング

シングザットソング 4月3日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.440.112.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.539.312.6馬なり

昨年のフィリーズレビュー(G2)を勝利したシングザットソングは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追い、4F55秒4-上がり1F12秒1でまとめています。

前走京都牝馬ステークス(G3)から中6週で、追い切りを再開したのが3月17日です。

1日複数回の坂路追いを絡めて数を行いました。また、ウッドでも6本(いずれもキャンター)の時計を記録しており、短期的にびっしり調整しています。

入念に調整した影響もあって、坂路で行われた最終追い切りではリズムよく駆け上がっています。四肢の回転も良いですし、活気が見られたのも良いでしょう。

ただ、頭の使い方は少し疑問があり、今回の追い切りでは後半うまく乗れていたものの、折り合い面ではややむずかしいところがあるかもしれません。

また、時計面で見ても昨年のフィリーズレビュー勝利時の最終追い切りが坂路で馬なりにおいて4F52秒2に対し、今回は55秒4と、大きく遅れています。

あえて時計を出していない可能性もありますが、動きに関してもフィリーズレビューのほうがよかったです。

今回の追い切りも決して悪いものではありませんが、いい時期と比較するともうひとつ良化が欲しかったです。

スピーディキック

スピーディキック 3月31日(日) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切浦和調教場(重)  60.444.213.7馬なり
前走最終浦和調教場(良) 65.850.537.712.4馬なり

浦和競馬所属のスピーディキックは浦和調教場で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の3分どころから馬なりで追い、4F60秒4-上がり1F13秒7で走破しています。

スピーディキックの追い切りは31日の日曜日に行われています。

JRAのレーシングビュアーには映像がありませんでしたが、浦和競馬の公式インスタグラムに8秒ほどの動画が上がっていました。

最後の直線の映像のみとなっており、あまり参考にはなりませんでしたが時計自体は馬なりでも目立ちません。

また、16日と24日にも浦和調教場で末強めに追い切りを行いましたがどちらも終い1Fは13秒台前半でした。

フェブラリーステークスの時が馬なりで終い1F12秒4なので、その時と比較すると物足りないです。

管理する藤原調教師は「横から見たフォルムは芝の体型、マイル適性は高いので楽しみ」とコメントされていますが、馬体を見る限りはダートのほうが合ってそうです。

一雨降って時計がかかるようでしたら一発あるかもしれませんが、追い切りもあまり見栄えしなかったのであまり手は出したくありません。

テンハッピーローズ

テンハッピーローズ 4月3日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.039.512.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.138.712.2一杯

昨年の朱鷺ステークス(L)を勝利したテンハッピーローズは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追い、4F54秒0-上がり1F12秒4で軽く登坂しています。

中間は坂路で12本、ウッドで1本時計を残しています。

映像はありませんが、ウッドで追った27日は馬なりで単走、馬場の4分どころの追いで6F80秒3-上がり1F11秒7を記録し、自己2番目に速い時計を残しています。

最終追い切りは坂路で軽めです。

馬なりでしたが序盤から頭が高くて反応はよくありません。

終始かかっているようで助手も少し気にしている素振りが見られました。

手前を替えてからは幾分かよくなりましたが、馬なりでもかかりがちだったのでレース本番でも出し切れるかどうか。

少し難しそうです。

ドゥアイズ

ドゥアイズ 4月3日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.667.252.337.511.8G前仕掛け
前走最終栗東CW(重)81.064.950.536.511.5一杯

前走の洛陽ステークス(L)で久々に勝利を掴んだドゥアイズは栗東のウッドチップコースで単走を行いました。

加藤祥太騎手が騎乗(レース本番ではムルザバエフ騎手が騎乗)し、馬場の外からゴール前仕掛けで追われて6F82秒6-上がり1F11秒8の時計でまとめています。

今回は中7週となりますが、中間は栗東ウッドで3本のみで数は少なめとなっています。

最終追い切りはウッドで軽めの調整でしたが跳びのある動きを見せています。

全体的に首の使い方もよく、リズムよく動けています。

ただ、直線に入って手前を替えようとしたタイミングで一瞬上体が上がり、そのまま手前を替えずにゴールしていました。

何らかの理由で手前替えができなかったのでしょう。

ゴール前仕掛けで追いましたが直線の伸びも欠いている点は気になりました。

レース本番で手前替えがうまくできるかが課題となりそうです。

マスクトディーヴァ

マスクトディーヴァ 4月3日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.039.312.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.538.912.0馬なり

昨年のローズステークス(G2)を世界レコードで勝利し、秋華賞(G1)でも2着入りを果たしたマスクトディーヴァは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追い、4F55秒0-上がり1F12秒4で登坂しています。

映像はありませんが、1週前の27日には栗東のウッドチップでジーニアスバローズ(牡4、1勝クラス)と併せました。

助手が騎乗して馬場の外側から僚馬を2.1秒追走する形で馬なり追いを行い、6F85秒8-上がり1F12秒1の自己ベストで併入まで持ってきています。

最終追い切りは坂路で単走、馬なりで軽く終わらせています。

時計自体は目立っていませんが、前走東京新聞杯(G3)を使われた影響もあって身体は締まりました。

序盤は舌を出していましたが手前を替えてからは引っ込めて前に集中できています。

軽快な動きもできており、リズムよく走ることができているのも好印象です。

時計自体は4F55秒0で目立っていませんが、マスクトディーヴァは好走したローズステークスや秋華賞においても坂路で行われた最終追い切り時は時計を出していません。

その中で高いパフォーマンスを発揮しているので時計が無くても問題ないです。

動きや馬体はよかったですし、出遅れさえクリアできれば前走の巻き返しも可能でしょう。

モズゴールドバレル

モズゴールドバレル 4月3日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良) 66.351.537.111.2一杯
1週前栗東坂路(不良)  52.438.312.7一杯
前走最終栗東CW(良) 67.151.036.111.0一杯追伸

2走前の秋色ステークス(3勝クラス)を勝利したモズゴールドバレルは栗東のウッドチップでモズロックンロール(牡4、3勝クラス)と併せました。

レース当日も騎乗する藤岡佑介騎手を背に、馬場の4分どころから僚馬を3馬身追走する形で一杯に追い、5F66秒3-上がり1F11秒2の自己ベストでクビ差先着しています。

1週前の27日には栗東坂路で桜花賞(G1)に出走するエトヴプレと併せました。

このときは僚馬を2馬身半追走する形で一杯に追い、4F52秒4-上がり1F12秒7の時計を出しましたがアタマ差遅れています。

1週前の坂路調教は一杯に追われた影響もあって序盤から力強い走りができています。

隣で走っていたエトヴプレと比較しても分かるように、ウッドの蹴り上げも多くて踏み込みに力が入っているのも好感触でした。

終いが甘くなったのだけが気になりましたが負荷をかける意味では値のある追い切りです。

そして、最終追い切りでもウッドで引き続き一杯に追いました。

このときは藤岡佑介騎手が騎乗しましたが重心を低くしながらも飛びのある動きができています。

少し頭が低すぎる感じもありますが、それでも前に集中して僚馬をかわして先着しているようにスピード感が見られました。終い1F11秒2の伸びも良いですしね。

今回は2週続けて強く追っていることから、ここに対する意欲が感じられました。

収得賞金的にもヴィクトリアマイルに向かうのであればここでの勝利は欠かせませんし、メイチで挑む可能性も非常に高いです。

陣営の思惑に応えて動けていたのも良いですし、レース本番でも注目したいです。

モリアーナ

モリアーナ 4月3日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 68.351.936.611.4馬なり
1週前美浦南W(稍重) 69.853.237.311.3馬なり
前走最終美浦南W(良⑦93.264.751.037.412.0直強め

昨年の紫苑ステークス(G2)の勝ち馬であるモリアーナは美浦のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追い、5F68秒3-上がり1F11秒4で軽く済ませています。

1週前の27日にも美浦ウッドで単走を行っています。

このときも助手が騎乗して馬場の4分どころから馬なりで5F69秒8-上がり1F11秒3の時計を刻んでいます。

1週前の追い切りは大阪杯に向けた調整ともいえますが、馬なりながらもスムーズな動きができていました。

終いの伸びも11秒3で追込馬らしい走りができています。

ただ、手前は替えていませんでした。

最終追い切りも引き続き美浦ウッドで単走です。

1週前に引き続き馬なりながらも攻めの意欲が見られます。

ここでも終いの伸びは1F11秒4でしっかりと脚を引き出していました。

ただ、最終追い切りも手前は替えていません。

モリアーナは昨年の秋華賞(G1)あたりから手前替えがなくなりました。

その中でも上位争いしているのでそこまで悲観しなくてもよいかもしれません。

ただ、勝利した紫苑ステークスの最終追い切りでは手前替えできています。

手前替えしなくても走るタイプの馬はいますが、本質的には手前を替えることができたほうが出し切れると思います。

今回の追い切りでは2週続けてスピード感のある走りを見せましたが、この1点だけが気になりました。

ライラック

ライラック 4月3日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 67.352.037.611.4馬なり
前走最終美浦坂路(良)  50.437.512.8強め

ライラックは美浦のウッドチップコースでテラフォーミング(牡5、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する戸崎騎手を背にしえ、馬場の真ん中から僚馬を1馬身追走する形で馬なり追いを行い、5F67秒3-上がり1F11秒4の時計で2馬身先着しています。

映像はありませんでしたが1週前の27日にも戸崎騎手が騎乗して美浦ウッドでテラフォーミングと併せました。

この時の時計は馬場の真ん中から馬なりで追って65秒9-上がり1F11秒3です。

採取追い切りは軽めの追い切りでしたがコーナーワークの時点から躍動感のある動きを見せています。

そして、直線に入ってからじりじりと加速して2F12秒5から1F11秒4で末脚を引き出しています。

全体時計は平凡ですが、要所で反応した上で鋭く加速できており、良い動きを見せています。

瞬時に加速できていることからも状態面はよいですし、3か月ぶりのレースにもかかわらず追込馬らしい動きができたのもよいでしょう。

マイルは久々となりますが、阪神外回りコースは末脚を引き出しやすいのでライラックの脚色ともかみ合いそうです。

2週続けて戸崎騎手が追い切りに騎乗したのも好感が持てますし、ここでも上位争いに期待できるでしょう。

馬券が的中しない方へ

阪神牝馬ステークス(G2)桜花賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると阪神牝馬ステークス(G2)桜花賞(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

阪神牝馬ステークス2024追い切り評価ランキング

評価馬名
マスクトディーヴァ
モズゴールドバレル
ライラック
ゴールドエクリプス
シングザットソング
ドゥアイズ
モリアーナ
ウンブライル
サブライムアンセム
スピーディキック
テンハッピーローズ
 
同評価内は50音順になります。

阪神牝馬ステークス2024追い切り映像

阪神牝馬ステークス2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 阪神牝馬ステークス|JRA公式

阪神牝馬ステークス2024の最終予想

阪神牝馬ステークス2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)