[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【京都ハイジャンプ2024予想】馬券で買いたい〝3頭〟はこちら!

京都ハイジャンプ2024予想記事のサムネイル画像

京都ハイジャンプ2024予想の最終買い目を更新しました!

京都ハイジャンプ2024のおすすめの有力馬3頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

京都ハイジャンプ2024の予想ポイント

  • 高配当が出やすいレース
  • 勝ち馬は逃げor先行馬から予想
  • 馬券の中心は1~3番人気、7人気以下の好走はほとんどない
  • 単勝率は7~8枠が高く、複勝率はあまり差はない
  • 前走、三木ホースランドJS組と阪神SJ組が優勢
目次(読みたい項目をタップ)

京都ハイジャンプ2024予想の最終買い目

京都ハイジャンプが開催される土曜日の京都競馬場の天気を見てみると、一日晴れの予報が出ていました。

前日金曜日10時時点の京都芝コースも含水率は8%の良馬場です。

障害コースは施行回数が少ないことから馬場の痛みも少ないですし、良好なコンディションであることは間違いありません。

うましるでは晴れの良馬場、高速馬場を想定しながら予想を行いました。

馬券が的中しない方へ

ヴィクトリアマイル(G1)京王杯スプリングC(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 7 スワヤンブナート

ジャスタウェイ
カトマンドゥ
母父Country Reel
主な勝ち鞍障害3歳未勝利 2023年
前走三木ホースランドジャンプS(OP) 3着

本命はスワヤンブナートにしました。

平場では2勝止まりの馬でしたが、昨年の10月に初めて障害レースを使われると、障害4戦すべてにおいて馬券に絡みました。

ジャンパーとしての才能は高そうです。

今回は7枠を引きましたが、京都ハイジャンプは外枠有利の舞台です。

また、前走が三木ホースランドジャンプステークスだった馬も好走率が高いですが、今年の出走馬で該当するのはスワヤンブナートのみでした。

データ的に好走要因が複数あるので本命にしました。

〇対抗 2 アサクサゲンキ

Stormy Atlantic
Amelia
母父Dixieland Band
主な勝ち鞍小倉サマージャンプ(J・G3) 2022年
前走ペガサスジャンプS(OP) 2着

対抗はアサクサゲンキにしました。

過去に重賞の小倉サマージャンプを連覇している馬で、実績はメンバー最上位です。

今年で8歳になりましたが前走のペガサスジャンプステークスにおいても2着入りしているように衰えは感じられません。

アサクサゲンキは先行競馬を得意としていますが、今回は馬番2番を引いたのでゲートさえ飛び出してしまえば自身の競馬を貫けるでしょう。

距離は少し長いかもしれませんが実績のある馬なので2番手評価にしました。

▲単穴 4 トライフォーリアル

リアルインパクト
エンプレスティアラ
母父黒船
主な勝ち鞍障害4歳以上未勝利 2023年
前走阪神スプリングジャンプ(J・G2) 5着

単穴はトライフォーリアルにしました。

主な勝ち鞍こそ障害未勝利止まりですが、昨年の京都ハイジャンプで2着、そして同年東京ジャンプステークスにおいても3着入りしており、重賞タイトルこそ手にしていませんが確かな実績を持っています。

特に、昨年の京都ハイジャンプは勝ち馬ダイシンクローバーとクビ差で惜しい競馬でした。

近3戦が崩れているので単穴までにしましたが、コース適性はあるのでここで勝ち負けできてもおかしくないでしょう。

△連下 8 サクセッション

キングカメハメハ
アディクティド
母父Diktat
主な勝ち鞍新潟ジャンプS(J・G3) 2023年
前走牛若丸ジャンプS(OP) 3着

サクセッションは連下にしました。

一昨年に障害に転向してからジャンパーとしての才能を開花させつつある馬で、昨年の新潟ジャンプステークスでうれしい初重賞タイトルを手にしています。

脚質的には差しの競馬を得意としていましたが、前走の牛若丸ステークスでは先行競馬で入線していて脚質に自在性が見られるのも良いでしょう。

今回はこのレースと相性のいい外枠を引けたのもポイントが高いです。

3,930mの距離でどこまでやれるか未知数ですが、近走、安定して上位争いしているのでここでの馬券内にも期待したいです。

単勝

7 スワヤンブナート

馬連流し

軸馬:7
相手:2、4、8

三連複フォーメーション

1頭目:7
2頭目:2、4、8
3頭目:2、4、8

京都ハイジャンプ2024の有力馬3頭

京都ハイジャンプは中山グランドジャンプの後に開催されるレースということで、J・G2にしては小粒になりやすいです。

今年も出走登録の時点で10頭と、出走割れしました。

今年の出走登録馬の中から有力候補を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

アサクサゲンキ

主な勝ち鞍
  • 小倉サマージャンプ (J・G3) 2022年
  • 小倉サマージャンプ (J・G3) 2021年
  • 小倉2歳ステークス  (G3) 2017年

今年で9歳になったアサクサゲンキはもともと平場の短距離で結果を残してきた馬でしたが障害に転向してからも小倉サマージャンプを連勝しており、実績は今年のメンバーの中でも最上位です。

今年はすでに2回障害レースを使われていますが、前走のペガサスジャンプステークスでは先行しながらビレッジイーグルに0.2秒差の2着でした。

3着のサンデイビス以下を5馬身突き放しており、能力の差を証明したことでしょう。

さすがにJ・G1の舞台では苦戦していますが、ローカル障害重賞ではまだまだ活躍しています。

脚色的にも京都ハイジャンプと相性のいい先行馬ですし、ここでの激走にも期待できそうです。

★評価点
・障害重賞の勝ち馬
・9歳でもまだやれている
・このレースと相性のいい先行馬
・同競馬場で行われた昨年の京都ジャンプステークスでも2着
・データと相性のいい前走中山組

▼課題
・稍重以下の馬場は苦手としている

スワヤンブナート

主な勝ち鞍
  • 障害3歳以上未勝利 2023年

スワヤンブナートは昨年の秋に障害に転向した馬です。

転向してから4戦すべてにおいて馬券に絡んでおり、ジャンパーとしての才能を開花させつつありました。

脚質的には逃げもしくは先行競馬を得意としているので京都ハイジャンプともかみ合う可能性は高いです。

また、前走が三木ホースランドジャンプステークスだった馬は京都ハイジャンプで好走傾向にありますが、今年は該当する馬がスワヤンブナートのみでした。

同じく、前走阪神組の勝率も高く、データ的には狙いたい1頭です。

京都ハイジャンプは腐ってもG2競走なので3,930mの距離でどこまでやれるかはやってみないと分かりません。

しかし、ここで好走するようでしたら距離の長い重賞も選択肢に増えます。

スワヤンブナートにとって試金石の1戦となるでしょう。

★評価点
・障害に転向してから一度も馬券を外していない
・逃げもしくは先行競馬が得意
・データと相性のいい前走三木ホースランドジャンプステークス組

▼課題
・3,930mはこの馬からしたら長い

サクセッション

主な勝ち鞍
  • 新潟ジャンプS (J・G3) 2023年

サクセッションは昨年の新潟ジャンプステークスの勝ち馬です。

新潟ジャンプステークスは後ろからの競馬になりましたが、早い位置からまくり上げてそのまま押し切りました。

これまでのレースを見てみると、先行競馬だけではなくまくりで好走しているケースも多いため、必ずしも先行にこだわらなくていいのはサクセッションの強みです。

先に紹介したスワヤンブナート同様3,930mの距離は初めてなのでどこまで通用するか分かりませんが、脚質的にはまくりができる馬なので後ろで自分のペースをコントロールできるのも良いでしょう。

重賞実績があるという意味では今年の出走馬の中で上位のポテンシャルを秘めているはずです。

自分のペースで競馬しつつ、ここ一番で動くことができれば上位争いもできるかもしれません。

★評価点
・新潟ジャンプステークスを勝利した重賞馬
・先行だけではなくマクリも可能
・自分のペースで競馬できる
・展開に左右されにくい

▼課題
・前走牛若丸ジャンプステークス組はこのレースと相性が悪い

馬券が的中しない方へ

ヴィクトリアマイル(G1)京王杯SC(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでヴィクトリアマイル(G1)京王杯SC(G2)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ここからは京都ハイジャンプの過去10年の傾向やデータ分析を見ていきましょう!

京都ハイジャンプ2024の概要

京都ハイジャンプは京都競馬場で開催されるJ・G2の障害重賞です。

J・G2に指定されている障害重賞は3レース存在していますが、他の阪神スプリングジャンプや東京ハイジャンプがJ・G1競走の前に行われるに対し、京都ハイジャンプはJ・G1の中山グランドジャンプのあとに開催されます。

中山グランドジャンプで好走した多くの馬が放牧に入っている上、ビッグレースのステップレースにも指定されていないことから京都ハイジャンプは他のJ・G2競走と比較すると小粒になりやすいです。

今年の出走馬も月曜日の時点で出走登録は10頭と、例年通り少頭数開催になるでしょう。

有力馬の参戦が乏しい反面、未勝利やオープンから挑む馬にとっては強豪不在ということもあって賞金加算できるチャンスです。

そのため、将来のジャンパー候補を見出す意義のほうが強いレースとなっています。

今年の出走馬はほとんどがオープンから挑む馬で混戦模様としていますが、それだけにここを制して大舞台へ名乗りを上げる馬の登場に注目したいです!

うましるでは中京で開催された2021年~2022年度も含めた過去10開催からデータをまとめました。

京都ハイジャンプ2024の開催内容

開催日5月11日(土曜) 13:50発走
格付けJ・G2
開催競馬場京都競馬場 8R
コース障害3,930m
性齢4歳以上
斤量別定
1着賞金4100万円

京都ハイジャンプ2024が開催される京都の障害3,930mの特徴

京都で開催された14~23年のタイム
平均タイム
(21~22年を除いた14~23年から算出)
4:35.1
レコードタイム4:21.6
(2012年 エムエスワールド)
中京(3,900m)で開催された21~22年のタイム
平均タイム
(過去2年)
4:20.9
レコードタイム4:14.8
(2021年 マーニ)

京都ハイジャンプの舞台となる京都の障害3,930mはダートコースの内側に設けられた障害コースを2周半強走ります。

スタート地点は2コーナーの出口付近です。

京都の障害コースは3コーナー付近に内回りと外回りの2つのコースが存在しますが、最初の1周目と最後の1周は外回りを、2周目は内回りコースを走ります。

京都の障害コースの最大のポイントは、2周目の内回りコース上に設置されているバンケットです。

京都のバンケットは高さ0.8m、長さ約16mの台のようなもので、一度この上に上がって再び下りる障害となっています。

他の競馬場では見ることのない京都オリジナルの障害となっていて、ここでバランスを崩す馬も少なくありません。

コース全体としては小回りの障害コースを2周半も走るため、タイトなコーナーを10回も回らなければなりません。

そのため、コーナーワークの器用さが求められます。

また、最後に芝コースに移ってからは直線距離が250mほどしかないため差しや追い込みも届きづらく、基本的には逃げや先行馬が活躍する舞台となっています。

京都ハイジャンプ2024の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ザメイダン牡860.0石神深一
2アサクサゲンキセ960.0小牧加矢太
3ヴァリアメンテ牡660.0西谷誠
4トライフォーリアルセ760.0五十嵐雄祐
5ラジェドールセ660.0大江原圭
6サンデイビス牡660.0上野翔
7スワヤンブナートセ560.0小野寺祐太
8サクセッションセ760.0伴啓太
9メイショウハチクセ1060.0中村将之
10メイショウアツイタ牡660.0森一馬

京都ハイジャンプの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2023
110ダイシンクローバー1中山グランドジャンプ(J・G1)3
23トライフォーリアル4障害4歳以上未勝利1
34ボルタフォリオ6障害4歳以上オープン9
2022
19タガノエスプレッソ1阪神スプリングジャンプ(J・G2)5
25ワーウルフ6三木ホースランドパークJS(OP)10
38ポルトラーノ3障害4歳以上(OP)3
2021
17マーニ3尖閣湾特別(1勝)6
24トラスト2ペガサスジャンプステークス(OP)2
311スマートアペックス1中山グランドジャンプ(J・G1)4
2020
11スズカプレスト5阪神スプリングジャンプ(J・G2)7
29ラテールプロミーズ6障害3歳以上未勝利1
33タガノエスプレッソ2三木ホースランドパークJS(OP)1
2019
17シゲルヒノクニ8障害4歳以上(OP)6
21ピエナクルーズ4三木ホースランドパークJS(OP)6
32メイショウタンヅツ5障害4歳以上未勝利1
2018
13アスターサムソン2三木ホースランドパークJS(OP)1
25ルペルノエール1中山グランドジャンプ(J・G1)4
31テイエムオペラドン4中山グランドジャンプ(J・G1)5
2017
18マドリードカフェ1障害4歳以上(OP)1
29テイエムオペラドン6障害4歳以上(OP)2
34スズカプレスト3障害4歳以上(OP)3
2016
12ニホンピロバロン1三木ホースランドパークJS(OP)1
210サンライズロイヤル3障害4歳以上(OP)2
36ドリームセーリング5障害4歳以上(OP)3
2015
114ルールプロスパー3六甲ステークス(OP)17
28マサライト6阪神スプリングジャンプ(J・G2)7
311アポロマーベリック2中山グランドジャンプ(J・G1)5
2014
17ルールプロスパー6三木ホースランドパークJS(OP)11
26メイショウヨウドウ3ペガサスジャンプステークス(OP)4
33トウシンボルト8三木ホースランドパークJS(OP)8
※2021年~2022年は中京開催

【配当】意外と荒れやすい

年度単勝馬連三連複三連単
2023200円1,370円5,650円17,220円
2022230円2,960円4,080円20,970円
20211,020円1,790円860円10,720円
20201,520円10,280円13,130円118,520円
20195,030円24,310円44,160円613,380円
2018430円350円720円3,630円
2017150円2,090円3,590円12,240円
2016140円430円1,550円3,100円
2015590円5,220円8,210円50,650円
20142,440円4,520円24,620円178,250円
平均配当1,175円5,332円10,657円102,868円

過去10年の京都ハイジャンプの配当をまとめました。

単勝は平均が1,175円、馬連は5,332円と高めです。

三連複は3度しか万馬券が出ていませんが、三連単は8回出ていてそのうち3回が10万円を超えていました。

障害重賞は多頭数になりづらく、京都ハイジャンプも例外ではありませんが、馬連を筆頭に意外と高配当が飛び出ていました。

【脚質】勝ち馬は全て逃げor先行馬

年度勝ち馬コーナー通過順
2023ダイシンクローバー【3-3-4-2】
2022タガノエスプレッソ【1-1-1-1】
2021マーニ【3-3-1-1】
2020スズカプレスト【2-2-2-2】
2019シゲルヒノクニ【4-5-2-2】
2018アスターサムソン【2-1-1-1】
2017マドリードカフェ【1-1-1-1】
2016ニホンピロバロン【3-3-2-2】
2015ルールプロスパー【1-1-1-1】
2014ルールプロスパー【1-1-1-1】

過去10年の京都ハイジャンプの勝ち馬はいずれも1~5番手以内で競馬していた馬です。

舞台となる京都障害3,930mが逃げや先行有利の舞台ですが、京都ハイジャンプにおいても例外ではありません。

それどころか、過去20年まで遡っても勝ち馬は全て逃げもしくは先行馬でした。

枠の並びから、前に行きそうな馬を予想していきたいです。

京都ハイジャンプの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-1-1-4】40.0%50.0%60.0%
2番人気【1-1-2-6】10.0%20.0%40.0%
3番人気【2-2-2-4】20.0%40.0%60.0%
4~6番人気【2-6-4-18】6.7%26.7%40.0%
7~9番人気【1-0-1-27】3.4%3.4%6.9%
10番人気以下【0-0-0-17】0.0%0.0%0.0%

上位人気馬の信頼度は高め

過去10年の京都ハイジャンプの勝ち馬を人気別にまとめました。

馬券に絡んだ30頭の内の16頭が1~3番人気に支持された馬です。

全体の半数以上を上位人気が占めていることから、京都ハイジャンプは上位人気優勢です。

7番人気以下の好走はほとんどない

過去10年の京都ハイジャンプで7番人気以下の馬は46頭出走しましたが、馬券に絡んだのは2頭のみでした。

京都ハイジャンプは少頭数開催にしては高配当が出やすいレースですが、7番人気以下の好走はほとんど見られません。

4~6番人気の中穴がこれまでに12頭絡んでいることから、大穴よりも中穴を積極的に絡めたほうが的中につながる可能性は高いです。

馬券が的中しない方へ

ヴィクトリアマイル(G1)京王杯SC(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとヴィクトリアマイル(G1)京王杯SC(G2)の無料予想がレース当日に受け取れますよ!

京都ハイジャンプの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-1-7】10.0%20.0%30.0%
2枠【1-0-1-8】10.0%10.0%20.0%
3枠【1-1-2-7】9.1%18.2%36.4%
4枠【0-1-2-9】0.0%8.3%25.0%
5枠【0-3-1-8】0.0%25.0%33.3%
6枠【1-1-0-13】6.7%13.3%13.3%
7枠【3-2-1-11】17.6%29.4%35.3%
8枠【3-1-2-13】15.8%21.1%31.6%

勝ち馬6頭が7~8枠

過去10年の京都ハイジャンプの勝ち馬6頭が7~8枠の馬でした。

7~8枠は勝率15%を超えており、好走率も優れています。

外枠を引いた馬は評価を上げても良いでしょう。

複勝率に大きな差はない

過去10年の京都ハイジャンプの枠番別成績を複勝率から見てみると、複勝率が30%を超えていたのは1,3,5,7,8枠でした。

単勝率だけ見たら外枠優勢ですが、複勝率に関しては内も中も高いです。

相手候補を探す際、枠の成績はそこまで気にしなくてもよさそうです。

京都ハイジャンプの過去10年の前走競馬場別成績

前走競馬場成績単勝率連対率複勝率
福島【1-2-2-16】4.8%14.3%23.8%
中山【1-4-4-13】4.5%22.7%40.9%
阪神【6-3-3-22】17.6%26.5%35.3%
小倉【0-0-1-5】0.0%0.0%16.7%

勝ち馬の多い前走阪神組、複勝率が高い前走中山組

過去10年の好走馬を前走競馬場別に見てみると、前走阪神だった馬が6勝しています。

ただし、複勝率がもっとも高かったのは前走中山だった馬で、複勝率は41%もありました。

勝ち馬を予想する際は前走が阪神、相手候補は前走中山だった馬から探してみるのもよいかもしれません。

今年の出走馬の中で前走が阪神だった馬は2頭、中山だった馬は4頭いました。

前走阪神
スワヤンブナート
(前走三木ホースランドジャンプS【OP】/3着)

トライフォーリアル
(前走阪神スプリングジャンプ【J・G2】/5着)

前走中山
アサクサゲンキ
(前走ペガサスジャンプS【OP】/2着)

サンデイビス
(前走ペガサスジャンプS【OP】/3着)

ザメイダン
(前走ペガサスジャンプS【OP】/8着)

メイショウアツイタ
(前走清秋ジャンプS【OP】/9着)

京都ハイジャンプの過去10年の前走レース別成績

前走レース成績単勝率連対率複勝率
三木ホースランドJS(OP)【3-2-2-9】18.8%31.3%43.8%
障害オープン【2-2-4-33】4.9%9.8%19.5%
阪神スプリングJ(J・G2)【2-1-0-4】28.6%42.9%42.9%
ペガサスJS(OP)【0-2-0-3】0.0%40.0%40.0%
牛若丸JS(OP)【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%

三木ホースランドJS組と阪神SJ組が優勢か

過去10年の京都ハイジャンプの好走馬を前走レース別にまとめました。

好走傾向が強いのが前走三木ホースランドジャンプステークスと阪神スプリングジャンプ組で、単勝率はどちらも18%を超えており、複勝率も40%超えています。

前走がペガサスジャンプステークスだった馬は【0-2-0-3】で勝ち馬こそ出ていませんが2着には2頭絡んでおり、連対率、複勝率ともに40%でした。

出走数が最も多い前走障害オープン組は【2-2-4-33】となっており、好走数に対して好走率は高くありません。

前走牛若丸ステークス組は【0-0-0-2】で全滅でしたが。

2019年のタマモプラネットは前走牛若丸ステークス組の馬で、1番人気に支持されていたものの4着に敗れています。

京都ハイジャンプを前走レース別に見てみると、以下のように評価するのがよいかもしれません。

S,前走三木ホースランドジャンプステークス&阪神スプリングジャンプ
A,前走ペガサスジャンプステークス
B,前走障害オープン
C,前走牛若丸ステークス

今年の出走登録馬をグループごとにまとめました。

Sスワヤンブナート
トライフォーリアル
Aアサクサゲンキ
サンデイビス
ザメイダン
Bメイショウハチク
ラジェドール
ヴァリアメンテ
Cサクセッション
D(非該当馬)メイショウアツイタ

以上になります。
京都ハイジャンプの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)