阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【エーデルワイス賞2022予想】本命に推したい馬を3頭紹介します!

エーデルワイス賞2022予想

エーデルワイス賞2022予想の最終買い目を更新しました!

エーデルワイス賞2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

エーデルワイス賞2022の概要

エーデルワイス賞は北海道の門別競馬場で開催される2歳牝馬限定競走です。

1998年に設立されたエーデルワイス賞は中央所属馬が参戦できる唯一の2歳牝馬競走です。

設立当初は札幌や当時存在していた旭川競馬場で開催されることもありましたが、2009年から門別のダート1,200mで固定されています。

2歳の牝馬限定という限られた枠組みでしか出走できない稀有なレースです。

中央所属馬も毎年のように参戦しますが、ほかの重賞と比較すると場数を踏んでいるホッカイドウ競馬所属の馬も多数好走していますよ。

今年も馬券的中目指して、データをまとめました!

エーデルワイス賞2022の開催内容

開催日10月20日(木曜) 20:00発走
格付けJpn3
開催競馬場門別競馬場 門別11R
コースダート1,200m
性齢2歳牝馬
斤量馬齢
1着賞金2000万円

エーデルワイス賞2022が開催される門別のダート1,200mの特徴

門別競馬場 ダート1200mのコースで特徴を解説

門別競馬場には内と外、2つのコースが存在しますが、エーデルワイス賞が開催される門別ダート1,200mでは外回りコースを使用します。

スタート地点は2コーナーの奥ポケットです。

最初のコーナーまでは470mもあるためポジション争いはそこまで熾烈にならないです。

短距離戦なのでペースは早くなりがちですが、門別のダート1,200mは短距離にしては比較的ゆったりとしたペースで進行します。

1,2コーナーは鋭角なカーブとなっていて、差しや追い込み馬は必然的に外を振り回されながら進出するでしょう。

最終コーナーからゴールまでの長さは330mと、横長のコースとなっています。

向こう正面、スタンドともに直線が長いのが特徴で、コーナーワークが苦手な馬でも好走しやすい舞台です。

また、直線が長いということはそれだけ長く脚を使うことができるので、トップスピードに長けた馬や最高速度を長く使える馬が好成績を残します。

2歳牝馬競走なのでデータは読み取りにくいですが、スピードや持続力のある馬が好走しがちですよ。

エーデルワイス賞2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ニーナブランド牝254.0木幡巧也
2エムオーチロ牝254.0小野楓馬
3キューティロメラ牝254.0岩橋勇二
4ラビアータ牝254.0服部茂史
5マルカラピッド牝254.0小沢大仁
6スティールグレイス牝254.0桑村真明
7フユノソラ牝254.0山本政聡
8サヤオンニ牝254.0阪野学
9アサクサロック牝254.0松井伸也
10レモンアイカー牝254.0阿部龍
11エコロアイ牝254.0武豊
12ライトニングブルー牝254.0落合玄太
13アンフォラ牝254.0山本咲希到
14トモジャミ牝254.0津村明秀
15メイドイットマム牝254.0井上俊彦
16サワヤカローズ牝254.0五十嵐冬樹

過去10年のエーデルワイス賞のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2012110ハニーパイ5フローラルカップ(G)2
稍重212ピッチシフター11フローラルカップ(G)4
 38ヴェントス4未勝利1
201315フクノドリーム1すずらん賞(OP)1
稍重23ラブミーブルー12フローラルカップ(G)8
 316ピクニックソング9ヤマボウシ賞(500万)7
2014111ウィッシュハピネス1未勝利1
稍重21ジュエルクイーン8イノセントカップ(G)2
 312ネガティヴ15ジュニアグランプリ(G)3
201513タイニーダンサー2フローラルカップ(G)1
212モダンウーマン3リリーカップ(G)1
 34ディーズプラネット6札幌2歳S(G3)10
2016114リエノテソーロ1すずらん賞(OP)1
稍重21アップトゥユー6リリーカップ(G)3
 312ピンクドッグウッド2リリーカップ(G)4
201719ストロングハート2フローラルカップ(G)2
不良211グラディオーラ4リリーカップ(G)2
 312リコーデリンジャー10フローラルカップ(G)4
2018116アークヴィグラス4リリーカップ(G)1
稍重215デンバーテソーロ1未勝利1
 311エムティアン3JRA認定ウィナーズ(OP)2
2019114コーラルツッキー7リリーカップ(G)7
28アザワク2日高町建設協会特別(OP)1
 315ミナトノヨーコ11フローラルカップ(G)7
2020111ソロユニット1リリーカップ(G)1
29ミコブラック4ヤマボウシ賞(1勝)4
 36マーサマイディア5フローラルカップ(G)6
2021110スピーディキック3リリーカップ(G)1
213ヒストリックノヴァ1未勝利1
 312エイシンヌプリ5フローラルカップ(G)3

【所属】ホッカイドウ所属馬が健闘している!

所属成績単勝率連対率複勝率
ホッカイドウ競馬【7-7-7-91】6.3%12.5%18.8%
美浦【2-2-1-24】6.9%13.8%17.2%
栗東【1-1-2-7】9.1%18.2%36.4%

過去10年のエーデルワイス賞を所属別にまとめました。

馬券に絡んだ21頭がホッカイドウ競馬に所属している馬です。

また、勝ち馬の7頭もホッカイドウ所属馬でした。

交流重賞は中央勢が馬券内を独占することが多いですが、エーデルワイス賞においては地元北海道の馬が成績リードしています。

なお、過去10開催のうちの8開催でJRA勢が最低1頭は馬券に絡んでいました。

ホッカイドウ勢有利の舞台ですが、JRA勢が完全に劣勢というわけでもありませんね。

【配当】高配当が飛び出しやすいレース

過去10年のエーデルワイス賞の配当を見ると、2020年を除いた9開催で三連単万馬券が出ています。

そのうちの4回で10万円以上の高配当が出ていて、さらにそのうち1回は100万円馬券が飛び出ています。

交流重賞は堅く決まるイメージがありますが、エーデルワイス賞は荒れやすい傾向が強いレースなのです。

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のエーデルワイス賞の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-2-0-4】40.0%60.0%60.0%
2番人気【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
3番人気【1-1-1-7】10.0%20.0%30.0%
4番人気【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
5番人気【1-0-2-7】10.0%10.0%30.0%
6~9番人気【1-2-2-35】2.5%7.5%12.5%
10番人気以下【0-2-3-58】0.0%3.2%7.9%

上位人気で信頼できるのは1番人気のみ

過去10年のエーデルワイス賞の好走馬を人気別にまとめました。

1番人気は過去10年で4勝、そして2着には2回入っていて複勝率は60%です。

ところが、2番人気は2勝で馬券内4回、3番人気は1勝で馬券内3回です。

1番人気こそそこそこ成績を収めていますが、2番人気以降の馬は好走率がそこまで高くありません。

エーデルワイス賞は1番人気以外の上位勢の信頼度は低いです。

人気落ちも頻繁に馬券に絡む

過去10年のエーデルワイス賞では6番人気以下の馬が10頭馬券に絡んでいます。

勝ち馬こそ上位勢が占める傾向がありますが、相手候補には平気で二けた人気の馬が飛び込むこともありますよ。

ちなみに馬券に絡んだ6番人気以下の10頭はいずれも前走が重賞レースで3着以下に敗れていました。

そして、そのうちの7頭が前走が門別競馬場のレースでした。

過去10年のエーデルワイス賞の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-2-0-14】0.0%12.5%12.5%
2枠【1-1-0-16】5.6%11.1%11.1%
3枠【1-0-2-17】5.0%5.0%15.0%
4枠【0-0-0-20】0.0%0.0%0.0%
5枠【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%
6枠【4-1-4-11】20.0%25.0%45.0%
7枠【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%
8枠【2-2-2-14】10.0%20.0%30.0%

外枠優勢

過去10年のエーデルワイス賞を枠順別にみると、勝ち馬の8頭が5枠より外から出ています。

また、馬券に絡んだ23頭が外枠でした。

エーデルワイス賞で好走するのは5枠より外を引いた馬ですね。

過去10年のエーデルワイス賞の前走別成績

前走着順成績
1着【7-4-1】
2着【2-2-1】
3着【0-1-2】
4着【0-2-2】
5着以下【1-1-4】

前走好走馬が有利

過去10年のエーデルワイス賞の好走馬を見ると、前走で1着だった馬が7勝し、前走2着だった馬も2勝しています。

また、9頭の勝ち馬が前走で連対していました。

さらに、過去10年のエーデルワイス賞で連対した20頭のうち、2019年のコーラルツッキーと2013年のラブミーブルーを除く18頭が前走で連対しています。

連対圏に絡んだ馬も前走の着順が大きく影響しています。

今年の出走馬の前走着順をまとめました。

前走1着馬
・エムオーチロ
・マルカラピッド
・スティールグレイス
・アサクサロック
・トモジャミ

前走2着馬
・キューティロメラ
・フユノソラ

エーデルワイス賞2022の注目馬3頭

エーデルワイス賞の勝ち馬は人気馬が入選する傾向が強いです。

今年の出走馬で本命にしたい馬を3頭紹介します。

スティールグレイス

今年の中心になるであろうホッカイドウ所属馬です。

デビューから一貫して門別を使われているのが特徴で、デビューは4月と速いのもポイントが高いです。

また、この時期の門別重賞であるリリーカップとフローラルカップを勝利していて、どちらも2着以下を大きく突き放して完勝しています。

この2戦の内容を見ても、同期との勝負付けは済んでいるように感じました。

人気すると思いますが、重い印の候補です。

★評価点
・すでに重賞連勝
・門別が大得意
・同期と勝負付けはすましている

▼課題
・特にありません

トモジャミ

中央勢で一番信頼度の高い馬です。

これまでに福島・新潟・中山と舞台がまるで違う条件下で連対しました。

前走は外枠から芝スタートの利を大いに活かした先行競馬で押し切り勝ちを決めています。

2着馬のリリージェーンを3馬身差突き放しているだけではなく、かかりがちな条件下で脚を長く使えたのも好材料です。

門別は初めてですが脚質的には合いそうですし、タフな条件下でレースが行われるようでしたら積極的に狙いたいです。

★評価点
・舞台を問わず力を発揮できる
・これまで連対を逃したことがない

▼課題
・できれば時計のかかる馬場のほうが持続力で勝負できる

サルトアンヘル

前走のブロッサムカップを皮切りに、再びサルトアンヘルが重賞に挑みます。

ここは初めての交流重賞ですが、サルトアンヘルはこれまで門別しか使われていないので舞台適性は文句なく合うでしょう。

もともと短距離でデビューしましたが、前走は初めて走るダート1,700mの距離を先行しながら馬券内に入線しました。

さすがに勝ち馬にはかないませんでしたが、短距離馬にもかかわらずこれだけ走れたら十分です。

今回は前走よりも距離が大幅に短くなり、得意のダート1,200mで走ります。

久々の得意舞台で脚を思う存分活かしてほしいです。

★評価点
・前走で体力の多さが証明された

▼課題
・大幅距離短縮でついていけるか

エーデルワイス賞2022の穴馬2頭

エーデルワイス賞はヒモ荒れが顕著で、過去には100万円馬券が飛び出たこともありました。

今年の出走馬で穴馬になりそうな馬を2頭紹介します。

アサクサロック

これまで門別の1,000m競走しか使われていませんでした。

前走のフルールカップでは後ろからの競馬で長く脚を使い、そのまえの未勝利戦は先頭をキープしながら勝利しました。

この2戦の走りを見る限り、前でも後ろでも競馬できるのはもちろんのこと、どんな馬場にも対応できていますね。

オールラウンダー気質の強い馬で、ここで馬券に絡んだら今後も大舞台で活躍の場を設けることでしょう。

★評価点
・門別が得意

▼課題
・相手関係が強いかもしれない

ニーナブランド

中央から参戦するニーナプラントはここが初のダート戦です。

これまで3戦1勝で、デビュー戦しか勝利していません。

そして、前走の函館2歳ステークスとすずらん賞は大敗しています。

芝しか走っていないので適性は未知数ですが、新馬戦が良馬場の芝1,000mで、逃げの競馬で最後に末脚を伸ばしています。

この1戦のように、スピードと最高速度をキープする力は持っていますね。

雨が降って時計の出やすい高速ダートになるようでしたら、芝で培った走りを思う存分発揮できるかもしれませんよ。

★評価点
・時計勝負で台頭するかもしれない

▼課題
・初のダート

エーデルワイス賞2022予想の最終買い目

エーデルワイス賞予想(晴れ良馬場想定)

水曜日の午前の段階でエーデルワイス賞が開催される木曜日夜の天気予報を見ています。

門別競馬場がる北海道の日高地域は水曜日・木曜日ともに晴れ予報です。

火曜日に開催されたレースを見ても良馬場で開催されているので、雨が降らなければ間違いなく良馬場開催されるでしょう。

火曜日のレースを見る限りは時計のかかる良馬場という感じだったので、この傾向を維持しながらレース開催を迎えると思います。

パサパサダートで結果を残している馬を中心に、予想をまとめました。

◎本命 14 トモジャミ

ヘニーヒューズ
ヤマノローラ
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走2歳未勝利 1着

本命はトモジャミにします。

過去の3戦はすべて良馬場のレースで馬券に絡んでいます。

それだけではなく、中山や新潟、福島といった舞台適性がガラリと変わる中で連対しているので、どんな舞台でも力を発揮できる馬です。

今回は初めての門別ですが、どんな舞台でも結果を残しているので問題なさそうです。

血統的にも父が短距離ダートホースを多数輩出しているヘニーヒューズなので、初の重賞戦とはいえ好走の可能性は高いですね。

〇対抗 6 スティールグレイス

ハタノヴァンクール
ファーマシスト
母父Shamardal
主な勝ち鞍リリーカップ(G) 2022年
前走リリーカップ(G) 1着

門別競馬の有力馬であるスティールグレイスは対抗に選択しました。

門別所属馬と比較してもすでに重賞タイトルを2つ手にしているだけに、抜けた能力を持っているのは明白です。

特に、前走のリリーカップは2着馬を3馬身差つきはなしての完勝劇でした。

良馬場開催は久々ですが、新馬戦は勝ち切っているので問題ないでしょう。

今回は中央からも4頭の刺客が参戦しますが、十分太刀打ちできる力は秘めていますよ。

▲単穴 9 アサクサロック

ダンカーク
アイスカチャン
母父ゴールドヘイロー
主な勝ち鞍フルールカップ(G) 2022年
前走フルールカップ(G) 1着

アサクサロックは単穴にします。

デビュー戦こそ逃げの競馬で勝ち星をつかみましたが、前走のフルールカップは出遅れで後手の競馬になりました。

それでも、後方から一気を仕掛けて勝ち切っているように、どんな展開でも末脚を活かせる長所があります。

出し切れれば中央勢にも、同じホッカイドウ所属馬にも勝ち負けできると思うので、まずは邪魔されずに出し切りやすいポジションを確保してほしいですね。

単勝

14 トモジャミ

馬連流し

軸馬:14
相手:6、9、11、12

三連複フォーメーション

1頭目:14
2頭目:6、9、11、12
3頭目:6、9、11、12

以上になります。
エーデルワイス賞の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次