[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【小倉2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断】上位人気の〝アノ2頭〟にトップ評価「S」

小倉2歳ステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

小倉2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では小倉2歳ステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

8月30日の馬場状態

美浦
晴れの良馬場でした。
朝から気温が高く、強めや一杯ではなく馬なりや終い重視で追う陣営が多かったです。
ウッドチップは比較的時計が出ており、ラスト1ハロンを11秒台で走破する馬も多数いました。

栗東
晴れの良馬場でした。
坂路は少し時計がかかっています。この日の1番時計はディーエストッキー(2歳未勝利)の4ハロン50秒6でした。
ウッドチップの時計は平均的です。

目次(読みたい項目をタップ)

小倉2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

小倉2歳ステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

小倉2歳ステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アスクワンタイム

アスクワンタイム 8月30日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.837.711.9一杯
1週前栗東坂路(稍重)  52.537.812.3強め
前走最終栗東坂路(良)  54.438.412.3馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から一杯に追われ、全体時計52秒8-上がり1ハロン11秒9で追い切りを行いました。

1週間前も坂路で調教されています。

このときは強めに追われて4ハロン52秒5-1ハロン12秒3の時計で駆け抜けました。

力強く坂路を駆け上がっていたものの、少し重心が右に寄れていたので走りのフォームはまだ安定していません。

最終追い切りの走りを見てみると、1週前よりは改善されていましたが若干右に傾きながら走っていました。

もっとも、力強い脚さばきは健在でしたし、脚の回転も良かったです。

小倉は右回りコースなので右に寄れる癖もそこまで影響はないでしょう。

重賞タイトルに向けての態勢は整っています。

キャンシーエンゼル

キャンシーエンゼル 8月30日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.638.312.5馬なり
1週前栗東CW(稍重)⑦97.567.153.338.412.0一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.739.612.1強め

最終追い切りは栗東の坂路コースにて単走で行いました。

レース当日も騎乗する松山弘平騎手が手綱を握り、馬なりで追われて4ハロン53秒6-上がり1ハロンは12秒5でした。

1週前は栗東のウッドチップコースで追われています。

このときは障害オープンのテイエムクロムシャと併せて7ハロン97秒5-上がり1ハロン12秒0でした。

馬場の外目から一杯に追われており、直線で促されてからもじわりと脚を伸ばして併入しており、動きは悪くありません。

坂路で行われた最終追い切りでもきびきびと走れていますし軸も安定しています。

前走坂路時よりも全体時計は1秒近く更新していましたし、状態面は維持できていました。

セイウンデセオ

セイウンデセオ 8月30日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.738.412.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.637.812.6強め

セイウンデセオは栗東坂路にて、コマンダンテ(5歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も手綱を握り今村聖奈騎手が騎乗し、馬なりで追われて全体時計52秒7-上がり1ハロン12秒4で坂路を駆け上がりました。

飛びのある走りが印象的で、坂路を力強く駆け抜けました。

力強さがありながらも動きは軽快でしたし、この馬らしい走りができたでしょう。

騎乗した今村騎手も「思っていた以上に時計が出ており、前走よりもよくなっている」と評価しており、上積みを実感されていました。

動きはよかったですし、順調に仕上がっています。

テイエムチュララン

テイエムチュララン 8月30日(水) 評価D
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切連闘のため軽め
前走最終小倉ダート(良) 76.358.042.012.7馬なり

九州産駒のテイエムチュラランは連闘で挑むため、最終追い切りは行っておらず、軽めの調整で済ませています。

追い切りを行っていないのでD評価にしました。

余談ですが、前走のひまわり賞では2着馬アイタカに3馬身半差の圧勝でした。

近2戦は九州産駒馬としか対戦しておらず、今回は初めて北海道産馬と対決します。

ポテンシャル的には北海道生まれの競走馬のほうが能力は高いと言われていますが、小倉芝1,200mの舞台で連勝した勢いがあるのは強みです。

コース適性は近2戦で証明しているので前走くらい状態がよければ面白い存在になるかもしれないです。

ドナヴィーナス

ドナヴィーナス 8月30日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)  54.237.812.0一杯
前走最終栗東芝(良) 65.049.635.511.3馬なり

ドナヴィーナスは栗東のウッドチップコースにて、最終追い切りを行いました。

レース当日も騎乗する川島騎手を背に馬場の外目から一杯に追われ、4ハロン54秒2-上がり1ハロンは12秒0で走破しています。

序盤からスピード感のある走りを見せていましたが、時計自体はそこまで目立っていません。

また、ドナヴィーナスは精神的な幼さがある馬らしくて課題も多いようですが、最終追い切りでは人馬の息はあっているように見えました。

時計は目立たないので上位争いは容易ではないですが、折り合いの面では新馬戦の時よりも成長しているように感じました。

パッシングシャワー

パッシングシャワー 8月30日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.939.212.1馬なり
前走最終栗東CW(良)83.967.552.137.511.6馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

レース当日も騎乗する西村淳也騎手が手綱を握り、馬場の真ん中から馬なりで追われ、4ハロン53秒9-上がり1ハロン12秒1で坂路を駆け上がっています。

前脚の動きは良いものの、後ろ脚の踏み込みが少し甘い感じがします。

もっとも、時計自体は悪くありません。

映像はありませんが、1週前も坂路で調教されその時は馬なりで4ハロン56秒1-上がり1ハロンが12秒5でした。

1週前と比較するとは時計は出ていましたし、仕上がり具合は順調といえるでしょう。

ビッグドリーム

ビッグドリーム 8月30日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.668.153.338.211.9馬なり
前走最終栗東CW(稍重)76.962.749.937.312.9一杯

新馬戦で衝撃のデビューを飾ったビッグドリームは栗東のウッドチップコースにて、3頭併せを行いました。

併せたのはドレシャスとマイネルティグレ(どちらも2歳新馬)です。

レース当日も騎乗する幸騎手が手綱を握り、馬なりで外ラチ沿いを追われ、6ハロン83秒6-上がり1ハロン11秒9で走破しました。

マーネルティグレに併入し、ドレシャスには半馬身先着しています。

映像はありませんが、1週前には稍重馬場のウッドチップコースにて一杯に追われて6ハロン77秒1という好タイムを残しました。

1週前に負荷をかけたため、今回は馬なりで調整する程度でしたが序盤からリズムよく走れています。

直線に入ってからも自然な流れで加速できており、最後は1ハロン11秒9の時計で入線できていました。

動きも申し分ありませんでしたし、リラックスしながらも要所で動けているのでレースセンスの高さがうかがえる走りです。

1週前と最終追い切りを見た限り、新馬戦の時と同様、もしくはそれ以上の出来だと思います。

なんといっても新馬戦があの内容だったので今回も前走時と同じくらいのパフォーマンスで競馬できれば勝ち負けも十分狙えるでしょう。

フォルテローザ

フォルテローザ 8月30日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.438.612.5強め
前走最終栗東坂路(良)  53.338.712.4馬なり

ここで初勝利を狙いたいフォルテローザは栗東の坂路コースにて2頭併せを行いました。

併せたのはヤマニンサンパ(5歳オープン)です。

助手が騎乗し、馬場の真ん中外目から強めに追われて4ハロン53秒4-上がり1ハロン12秒5で僚馬に併入しました。

少し評価が難しいですが、走り自体にパワーは感じられます。

頭を低くしながら追い切りできており、気持ちも乗っていました。

ただし、走りに無駄な動きがあったのも事実で、走行中も少し右に左に動いていたので決してきれいなフォームではありません。

追い切りを見た限り一長一短ある馬で、粗削りな感じがします。

データ的には面白い要素がいくつかあるので推したい1頭ですが、追い切りだけを評価するなら下から数えたほうが早いと判断しました。

ミルテンベルク

ミルテンベルク 8月30日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切小倉ダート(良)  59.642.812.3馬なり
1週前栗東CW(良)   38.410.9強め
前走最終栗東坂路(良)  56.940.712.3馬なり

阪神の新馬戦を勝利したミルテンベルクは小倉のダートコースで最終追い調整を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追われ、4ハロン59秒6-上がり1ハロン12秒3で走破しています。

1週間前追い切りではレースでも騎乗する藤岡康太騎手を背に一杯に追われました。

このときテイエムヒマラヤ(4歳2勝クラス)と併せ馬を行いましたが、序盤から飛びのある走りで力強く走っています。

直線に入ってからうながされるとさらにペースアップして僚馬に0.8秒も先着、上り時計10秒9という破格の時計を叩き出しました。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

1週前に負荷をかけたため、今回は早めに現地入りして軽めに調整を行っています。

軽めなので時計は全く出ていませんし発汗もすごかったのですが、1週前の好走のあとなのでそこまで気にしなくてもよいでしょう。

パサパサで時計のかかるダートコースでしたが脚さばきは軽快でしたし、この馬の動きはできていました。

1週前の時計を見た限りは今回のメンバーの中でもポテンシャル面で上位だと思いますし、枠順次第で馬券に絡めたいです。

メイプルギャング

メイプルギャング 8月30日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.337.712.3一杯
1週前栗東CW(良)  53.537.611.3強め
前走最終栗東坂路(良)  54.139.412.2強め

新潟のダートコースで初勝利を手にしたメイプルギャングは栗東の坂路コースで最終調整を行いました。

レース当日も騎乗する角田大河騎手が手綱を握り、馬場の外目から一杯に追われて全体時計51秒3-上がり1ハロン12秒3でゴールしています。

1週前はウッドコースで追い切りを行いました。

安定した走りでフォームも綺麗ですし、直線に入ってから上がり1ハロン11秒3の好タイムで走破したのも評価したいです。

最終追い切りは坂路で一杯に追われました。

4ハロン51秒3の時計は今回小倉2歳ステークスに出走する坂路調教された馬のなかで最速です。

1週前の栗東ウッドチップコースでも時計を出していたので、スピード型の競馬になれば力を発揮できるでしょう。

ただ、最終追い切りのラスト1ハロン時計が12秒3なので使える脚はそこまでなさそうです。

切れのある脚はもっていますが、この馬の良さをうまく引き出すには騎乗する角田大河騎手の手腕にかかっているでしょう。

小倉2歳ステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録すると小倉2歳ステークス(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

小倉2歳ステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ビッグドリーム
ミルテンベルク
アスクワンタイム
メイプルギャング
キャンシーエンゼル
セイウンデセオ
ドナヴィーナス
パッシングシャワー
フォルテローザ
テイエムチュララン

小倉2歳ステークス2023追い切り映像

小倉2歳ステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 小倉2歳ステークス|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 小倉2歳ステークス|JRA公式

小倉2歳ステークス2023の最終予想

小倉2歳ステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)