[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【サウジアラビアRC2023追い切り評価/全頭診断】ボンドガールを上回る最高評価「S」はこの馬!

サウジアラビアロイヤルカップ2023追い切り評価記事のサムネイル画像

サウジアラビアロイヤルカップ2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではサウジアラビアロイヤルカップの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

10月4日の馬場状態

美浦
美浦はウッドチップコース、坂路ともに稍重で、ウッドチップコースは標準的な馬場状態です。
坂路は今週から正式に稼働しており、過去の数値がないので評価しづらいですが、栗東坂路と比較すると時計は出ておらず、調教映像を見てもタフな印象を持ちました。

栗東
美浦と同じく坂路、ウッドチップともに稍重です。
坂路、ウッドチップともに時計は平均的でした。

目次(読みたい項目をタップ)

サウジアラビアロイヤルカップ2023追い切り評価/全頭診断コメント

サウジアラビアロイヤルカップ2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR

サウジアラビアロイヤルカップ(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

ウインアクトゥール

ウインアクトゥール 10月4日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.367.352.838.412.3馬なり
前走最終新潟ダート(良) 68.351.738.112.4強め

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、単走で行われました。

レース当日も騎乗する横山武史騎手を背に、馬なりで馬場の外側から追われて6ハロン83秒3-上がり1ハロン12秒3を記録しています。

1週前はオープンしたての坂路コースで追われ、10月1日も坂路で追っています。

美浦の坂路は出来立てなので上がっている時計が速いか遅いかは判断しづらいですが、馬なりで良化していました。

最終追い切りの映像を見ていると、力強い足取りで動けていましたし、積極的な動作もよく見えます。

手前替えもスムーズでしたし、動きだけ見たら気持ちも十分乗っていました。

時計は特別目立ちませんが、仕上がりは悪くありません。

エコロマーズ

エコロマーズ 10月4日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  55.840.012.9馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.940.613.1馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で追われました。

助手が騎乗し、馬場の外側から馬なりで追われて全体時計55秒8-上がり1ハロン12秒9で走破しています。

映像はありませんが、1週前は栗東のウッドチップコースにて馬なりで併せ馬を行いました。

そして、10月1日も重馬場の栗東坂路で追われて4ハロン59秒9-上がり1ハロン13秒8を記録しています。

最終追い切りの映像を見た限りは少しよれている箇所があり、若さゆえかまだまだ操縦性に課題はありそうです。

また、この1週間で3本の時計があがっていますが馬なりとは言えいずれも目立っていません。

前走アスター賞の状態はキープしていますが上積みはなさそうです。

今回のサウジアラビアロイヤルカップは素質馬が多数そろっているのでその中で前走と同じ出来では上位争いは厳しいでしょう。

脚さばき自体は軽快で前向きさはあったものの、勝ち負けは厳しいと思います。

ゴンバデカーブース

ゴンバデカーブース 10月4日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)  51.136.311.5馬なり
1週前美浦南W(良)80.865.250.235.711.3強め
前走最終美浦南W(稍重)  52.237.311.9馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、ミエノジュピター(2歳新馬)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して馬場の外側から馬なりで追われ、4ハロン51秒1-上がり1ハロンは11秒5で僚馬と同時併入しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

1週前はカナテープ(4歳2勝クラス)と併せ馬を行い、6ハロン80秒8-上がり1ハロン11秒3という好タイムを残しました。

直線に入って促されてからは鋭く脚を活かしていましたし、上昇傾向にあったのです。

最終追い切りはレースを控えていることもあって追うことはありませんでしたが僚馬の真ん中からしっかりと脚を活かしていましたし、2週続けて併せ馬を行ったことで集中力を高められたと思います。

直線に入ってからも飛びのあるストライトは目に映えましたし、引っ張ったままの状態でもスピード感のある走りを見せていたのは好感触でした。

シュトラウスやボンドガールが強敵ですが、ゴンバデカーブースもいい馬だと思います。

シュトラウス

シュトラウス 10月4日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)  51.637.011.3馬なり
1週前美浦南W(良)81.065.650.736.911.8馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 68.852.437.611.4馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手を背にして外ラチぎりぎりから馬なりで追われ、4ハロン51秒6-上がり1ハロン11秒3の好時計を記録しています。

1週前もウッドチップコースで馬なりにて追われました。

休み明けの影響もあってか、少し身体が固そうな感じがしましたが、それでも6ハロン81秒0を記録しているので非凡な才能を感じます。

最終追い切りは中間で身体がほぐれた影響もあったのか、序盤から前向きさを感じさせる走りを見せており、鋭い脚さばきができています。

また、最終追い切りでは4ハロン51秒6-そして上がり1ハロン11秒3の好タイムを残していますがこれは外ラチ一杯を走ってのもので、もしも内側から追い切りを行っていたらもっとタイムを更新していたことでしょう。

走りに積極さも感じましたし休み明けでも万全の状態でレースに迎えられると思います。

ハッピーサプライズ

ハッピーサプライズ 10月4日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.967.452.337.711.9強め
前走最終美浦南W(稍重) 67.851.637.211.9一杯

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、ケーリーバンド(2歳未勝利)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、馬場の内側からゴール前で仕掛けるように追われて6ハロン83秒9-上がり1ハロンは11秒9を記録しています。

前走のカンナステークスから中1週で挑む影響もあってそこまで負荷はかけていませんが、幼さが残りながらも元気のある走りは好感が持てました。

直線で手前を替えてからも伸びを見せていましたし、少しずつレース感覚を身に付けているように感じます。

ただし、時計自体は特別目立っていません。

しかも、内回りを走ったうえでの時計なので高く評価しづらいです。

距離も前走より2ハロン伸びますし、前走と同じ状態での上位争いは容易ではないでしょう。

ボンドガール

ボンドガール 10月4日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)80.866.252.137.711.5馬なり
1週前美浦南W(良)83.567.752.937.911.4馬なり
前走最終美浦南W(稍重)83.967.752.337.811.6強め

有力馬のボンドガールは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

石川裕紀人騎手(レース当日は川田騎手が騎乗)が手綱を握り、馬場の外目から馬なりで追われて6ハロン80秒8-上がり1ハロン11秒5でゴールし、自己ベストを記録しました。

1週前は川田騎手が騎乗してヴァーンフリート(4歳3勝クラス)と併せ馬を行っています。

ボンドガールもシュトラウスと同じく休み明けで挑む馬で、1週前は少しよろよろしながらの走りでした。

レース感覚が鈍っている感じもしましたが、直線では鋭さを見せていたので中間の追い切りとしては悪くありません。

そして、最終追い切りでは序盤から飛ぶような走りで積極的な動きを見せており、馬場の外目から6ハロン80秒8-1ハロン11秒5という好タイムを叩き出しています。

しかも、直線では鋭い走りを見せていました。

少なくとも前走の新馬戦と同じくらいの状態には仕上がっていると思います。

ちなみにボンドガールが制した新馬戦は1~6着に入線した馬がすべて1勝以上していることから現在では伝説の新馬戦ともいわれています。

新馬戦くらいの状態だとしても今回上位争いは十分可能だと思います、勝ち負けに向けて順調に仕上げてきたと思います。

マイネルブリックス

マイネルブリックス 10月4日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(稍重)  55.440.713.2強め
前走最終美浦南W(良)84.367.652.438.512.0一杯

最終追い切りは美浦の坂路コースにて、単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中やや外目から強めに追われ、4ハロン55秒4-上がり1ハロン13秒2でゴールしています。

美浦の坂路コースはプレオープンしたばかりで履歴がないので正直時計だけでの判断は難しいところがありますが、強めに追われて4ハロン55秒4-上がり1ハロン13秒2は決して速くはありません。

追い切り映像を見ても、走りは地味でしたし頭も少し右の方向を向いていて前に集中できていませんでした。

レースに向けての気持ちも乗ってなさそうですし、時計も目立たずでした。

もしかしたら前走、放馬して競走除外になった影響もあるかもしれません。

良化はまだまだ先といったところでしょうか。

マリンバンカー

マリンバンカー 10月2日(月) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 69.052.336.811.3強め
前走最終美浦南W(良) 70.454.238.811.9馬なり

マリンバンカーは10月2日の月曜日に、美浦のウッドチップコースでコムダビチュード(2歳未勝利)と併せ馬を行っています。

レース当日も騎乗する岩部純二騎手を背に、馬場の真ん中あたりから強めに追われました。

コムダビチュードを3馬身ほど追走する形で追われて5ハロン69秒0-上がり1ハロン11秒3の時計を記録し、同時併入しています。

月曜日追い切りということでしたが、意外とキビキビ走れているのは好感が持てました。

コーナーの真ん中内目から追われていたとはいえ時計を見ても5ハロン69秒0-上がり11秒3は悪くありません。

前走時より良化しているのは間違いありません。

あとは前走よりも2ハロン伸びる舞台で、岩部騎手にとって実に2年ぶりとなる重賞の舞台でどこまでやれるかがポイントとなるでしょう。

相手は強敵ですが、人馬ともに重賞初制覇を狙いたいです。

レーヴジーニアス

レーヴジーニアス 10月4日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)85.668.952.337.011.3強め
前走最終函館W(良)  55.340.612.9強め

G1馬の両親を持つレーヴジーニアスは栗東のウッドチップコースにて、パーティーベルと2頭併せを行いました。

レース当日も手綱を握る横山和生騎手を背にして、パーティーベルを3~4馬身後方から追走しています。

馬場の外目、僚馬の内から強めに追われて6ハロン85秒6-上がり1ハロン11秒3でゴールし、僚馬にはクビ差先着しています。

筋肉量の多い馬で、短距離からマイルに適してそうな身体です。

最終追い切り映像を見た感じは、僚馬に並びかけるまではじわじわと脚を伸ばし、直線に並んでからもじわりとペースアップしています。

瞬発力はありませんでしたが、じりじりと追走する走りや体幹のきれいな走りは父モーリス譲りでしょう。

時計自体は特別目立っていませんが、この馬なりに力は発揮できると思います。

ただし、過去の戦績や追い切り映像を見た限りは、開幕週の高速馬場よりも時計のかかる馬場のほうがあってそうなので、今回良馬場でレースが行われるようでしたら力は発揮できないかもしれません。

PR

サウジアラビアロイヤルカップ(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとサウジアラビアロイヤルカップ(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

サウジアラビアロイヤルカップ2023追い切り評価ランキング

評価馬名
シュトラウス
ゴンバデカーブース
ボンドガール
ウインアクトゥール
マリンバンカー
レーヴジーニアス
エコロマーズ
ハッピーサプライズ
マイネルブリックス
 

サウジアラビアロイヤルカップ2023追い切り映像

サウジアラビアロイヤルカップ2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 サウジアラビアロイヤルカップ|JRA公式

サウジアラビアロイヤルカップ2023の最終予想

サウジアラビアロイヤルカップ2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)