[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【京都大賞典2023追い切り評価/全頭診断】上位人気の〝あの馬〟にトップ評価の「S」

京都大賞典2023追い切り評価記事のサムネイル画像

京都大賞典2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では京都大賞典の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

10月4日の馬場状態

美浦
美浦はウッドチップコース、坂路ともに稍重で、ウッドチップコースは標準的な馬場状態です。
坂路は今週から正式に稼働しており、過去の数値がないので評価しづらいですが、栗東坂路と比較すると時計は出ておらず、調教映像を見てもタフな印象を持ちました。

栗東
美浦と同じく坂路、ウッドチップともに稍重です。
坂路、ウッドチップともに時計は平均的でした。

目次(読みたい項目をタップ)

京都大賞典2023追い切り評価/全頭診断コメント

京都大賞典2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR

京都大賞典(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アイアンバローズ

アイアンバローズ 10月5日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)86.970.454.638.511.6強め
1週前栗東CW(良)81.766.752.637.812.2一杯
前走最終栗東CW(重)⑦98.167.453.238.311.9馬なり

天皇賞(春)以来のレースとなるアイアンバローズは栗東ウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して外ラチぎりぎりから強めに追われ、6ハロン86秒9-上がり1ハロン11秒6でゴールしています。

1週前もウッドチップで一杯に追われました。

このときは全体時計81秒7-上がり1ハロンは12秒2でこの馬の過去の履歴の中では時計が出ています。

最終追い切りでは1週前と比較すると6ハロン時計は大きく落ちていました。

また、映像を見た限り随所で気性の荒さも出ており、コントロールも難しそうです。

身体や下半身の動きは悪くありませんでしたが、精神的な幼さが出ていたのはマイナスでした。

神戸新聞杯以来の騎乗となる北村友一騎手がどのようにして競馬するのか注目したいです。

アフリカンゴールド

アフリカンゴールド 10月4日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)83.767.353.038.011.8一杯
1週前栗東CW(良)83.668.053.638.412.2一杯
前走最終札幌ダート(良)81.365.851.338.412.5一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬場の外側から一杯に追われて6ハロン83秒7-上がり1ハロン11秒8でゴールしています。

1週前も一杯に追われて6ハロン83秒6-上がり1ハロン12秒2を記録していました。

映像はありませんが9月21日も一杯、そして前走札幌記念の最終追い切り時も一杯と、とにかく実践を想定した追い切りが最近のアフリカンゴールドのスタイルとなっています。

しかしながら、肝心の動きを見てみると8歳馬ということもあってなかなか時計は出せていません。

動きも素早くないですし、年齢を考えたら致し方ない部分はあるでしょう。

ちなみに、12番人気ながらも激走した昨年の京都記念の最終追い切りタイムは栗東のウッドチップで6ハロン82秒1-上がり1ハロンは12秒2でした。

その時と比較すると全体時計は1秒以上見劣っていますし、下降曲線に入っているのは間違いありません。

丈夫な馬で怪我無く走り続けているのは立派ですが、勝ち負けは厳しいでしょう。

インプレス

インプレス 10月5日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.737.712.2一杯
前走最終栗東CW(良)83.867.852.837.811.7強め

10番人気ながらも前走の新潟記念で3着入選を果たしたインプレスは栗東坂路で単走追い切りを行いました。

障害騎手の小牧加矢太騎手(レース当日は藤岡佑介騎手が騎乗)を背に、馬場の真ん中やや内目から一杯に追われて全体時計52秒7-上がり1ハロン12秒2で坂路を駆け抜けています。

映像はありませんが1週前は藤岡佑介騎手が騎乗して栗東のウッドチップで一杯に追われていました。

この時の時計は6ハロン83秒4-上がり1ハロン11秒2で終い時計は良いものを見せていました。

ところが、最終追い切りは随所で右往左往しながらの走りで安定していません。

促されてからの反応もいまいちでしたし、時計も出ておらず…。

前走3着に入線した新潟記念の時も特別目立つ動きは見せていなかったので追い切りで動くタイプではないのかもしれませんが、それを差し引いても上積みは感じられませんでした。

ウインマイティー

ウインマイティー 10月4日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)82.966.552.437.611.9馬なり
1週前栗東CW(良)80.064.551.036.911.8一杯
前走最終札幌ダート(良) 68.352.138.812.5強め

昨年の京都大賞典で3着入線したウインマイティーは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追われ、6ハロン82秒9-上がり1ハロン11秒9でゴールしています。

1週前も栗東ウッドチップで単走を行い、一杯に追われて6ハロン80秒0という好時計でまとめました。

札幌記念からのレースということもあり、いくつかの輸送を乗り越えた状態なので映像を見た限り、体重以上に馬体が細く見えたのは少し気になったところです。

しかし、過去の映像と比較してももともと細めに見えるタイプでしたのでこの点は問題ないでしょう。

1週前は一杯で6ハロン80秒0という好タイムをマークしました。

そして、最終追い切りでもきびきびとした走りで前向きさが感じられ、ウインマイティ―自身がレースに向けて意欲的に取り組んでいる風にも見えました。

昨年の京都大賞典の追い切りや今年のマーメイドステークスでは一杯に追った時は好タイムを記録しています。

この傾向は今回の最終追い切りでも見られたので、6歳馬ですがいい状態を維持できているでしょう。

ヴェラアズール

ヴェラアズール 10月5日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.739.112.6馬なり
1週前栗東CW(良)84.267.352.337.111.5強め
前走最終栗東CW(良)82.266.652.137.211.3馬なり

昨年の京都大賞典の覇者であるヴェラアズールは栗東の坂路コースで単走を行いました。

レース当日も手綱を握り松山騎手を背に、馬場の外側から馬なりで追われて全体時計53秒7-上がり1ハロンは12秒6でした。

1週前も栗東のウッドチップで追われて6ハロン84秒2-上がり1ハロンは11秒5で、時計は特別目立っていないのは気になります。

この傾向は最終追い切りでも表れており、馬なりとはいえ時計が出ていません。

ヴェラアズールはウッドチップで最終追い切りを行うことが多かったので比較しづらいですが、一般の競走馬と比較しても時計が平凡なのは大きなマイナスポイントでした。

走り自体はきびきびと動けていますし、フォームもブレがなくて集中している点は好感が持てますが…。

陣営からしたらここは叩きの舞台として無理はさせず、この先の大舞台を見据えているような感じもしました。

少なくともここメイチで仕上げている感じはしませんでした。

ゼーゲン

ゼーゲン 10月5日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)82.166.951.836.711.7強め
1週前美浦南W(良)81.965.550.836.111.5一杯
前走最終美浦南W(良) 66.852.037.212.0馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、ヒシゲッコウ(7歳3勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して僚馬を10馬身以上追走する形で追い切りを行っています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

馬場の内側、そして僚馬の内から強めに追われて6ハロン82秒1-上がり1ハロン11秒7の時計を出して同時併入しました。

1週前も美浦のウッドチップで一杯に追われています。

このときもヒシゲッコウと併せて6ハロン81秒9-4ハロンは50秒8-上がり1ハロン11秒5という好タイムで僚馬に1馬身半ほど先着していました。

1週前の動きを見てみると、スピード感のある走りを見せていましたし直線で促されてからもしっかり脚を使えており、休み明けにしてはいい動きを見せていました。

最終追い切りでも馬場の内目から軽快な動きを見せていますし、推進力ある走りを見せています。

8歳馬ですがこれまでキャリア19戦しか使われていない馬なので若々しさも感じられましたし、いい動きができていました。

ディープボンド

ディープボンド 10月5日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.567.051.736.911.3一杯
1週前栗東CW(良)81.165.750.836.111.6一杯
前走最終栗東CW(良)81.265.951.737.311.7馬なり

今年の注目馬であるディープボンドは栗東のウッドチップコースで単走を行っています。

レース当日も騎乗する和田竜二騎手を背に、馬場の外目から稍一杯に追われて6ハロン82秒5-上がり1ハロン11秒3で駆け抜けました。

1週前もウッドチップで一杯に追われて6ハロン81秒1-上がり1ハロン11秒6の好タイムを記録しています。

2週続けて一杯に追われましたが、その期待に応えるように時計を出していました。

特に1週前の全体時計81秒1は優秀で、さすがはG1レースで4度2着入りしているだけの実績はあるように感じます。

ただし、今年2着に激走した天皇賞(春)の1週前追い切りではウッドチップで一杯に追われて6ハロン79秒8という猛時計を出しているのでその時ほど良化はしていません。

もっとも、最終追い切りの動きを見ても大きなストライド走法は健在でしたし、4ハロン時計51秒7-上がり1ハロン11秒3も他の馬と比較すると優秀でした。

2週続けて和田竜二騎手が騎乗している点もここに向けての意欲を感じますし、陣営からしたらG1タイトルを手にする上でもこの京都大賞典でなにかつかみたいところです。

目標はおそらく有馬記念だと思いますが、今年の京都大賞典はそこまで強敵がいないので現状のディープボンドでも上位争いは十分可能だと思います。

ビッグリボン

ビッグリボン 10月5日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)⑦99.067.552.837.611.5強め
前走最終栗東CW(良)83.768.653.738.211.3馬なり

今年のマーメイドステークスを制したビッグリボンは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する西村淳也騎手が手綱を握り、馬場の外側から強めに追われ、7ハロン99秒0-上がり1ハロン11秒5で駆け抜けています。

1週前も栗東のウッドチップで7ハロン追いを行いました。

このときも西村騎手が騎乗し、馬なりで7ハロン99秒4-上がり1ハロン11秒6を記録しています。

ビッグリボンの追い切り映像はJRAのレーシングビュアーに公開されていなかったので評価が難しいですが、時計を見た限りは7ハロン追いを2度行っているように、2,400mの舞台に合わせて調教を行っています。

西村淳也騎手が2週続けて追い切りに騎乗している点もここに対する意欲が感じられました。

時計自体は特別目立つものではないものの、前走マーメイドステークスくらいの仕上がりにあるんじゃないかと思っています。

相手は強力ですが、菊花賞馬キセキの妹で非凡な才能を持っていますし、ここでどのような競馬を行うか楽しみな1頭です。

ヒンドゥタイムズ

ヒンドゥタイムズ 10月5日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)84.869.453.938.311.7強め
1週前栗東CW(良)84.669.454.939.612.5馬なり
前走最終栗東CW(良)83.267.753.138.011.4馬なり

今年の小倉大賞典を制したヒンドゥタイムズは栗東のウッドチップコースでグロリアラウス(新馬)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、僚馬に先行する形で馬場の外側から強めに追われ、6ハロン84秒8-上がり1ハロン11秒7を記録しました。僚馬には半馬身先着しています。

1週前もウッドチップコースにおいて馬なりで追われており、その時は6ハロン84秒6-上がり1ハロンは12秒5で終い脚は目立ちません。

その時と比較すると最終追い切りの上がり1ハロン時計は11秒7で1週前よりも0.8秒更新しているので良化している感じはします。

ただし、今回併せたグロリアラウスに最後の最後に詰め寄られつつぎりぎり先着しているのは少し気になるところです。

なぜなら、ヒンドゥタイムズは重賞馬でグロリアラウスはデビュー前の新馬だからです。

時計を見ても制した小倉大賞典や前走七夕賞のときより見劣りしていますし、休み明けの影響もあるのかもしれませんが、動きを見てもいい時期と比較するとパッとしませんでした。

ヒートオンビート

ヒートオンビート 10月5日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.540.011.8馬なり
1週前栗東CW(良)81.166.251.536.911.8一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.939.112.2馬なり

前走の目黒記念で悲願の初重賞を手にしたヒートオンビートは栗東の坂路コースでアイザックバローズ(3歳2勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して僚馬を1馬身半ほど追走する形で馬場の真ん中から馬なりで追われ、4ハロン55秒5-上がり1ハロン11秒8で坂路を駆け抜け、同時併入しています。

1週前はレースで手綱を握る川田騎手を背に栗東のウッドチップで一杯に追われて6ハロン81秒1-上がり1ハロン11秒8を記録していました。

1週前にウッドチップで一杯⇒最終追い切りは坂路で軽く調整するパターンは前走の目黒記念でも見られたヒートオンビートに合わせた追い切りプログラムで、今回も同じような追い切りスケジュールを消化していました。

最終追い切りは時計こそ目立ちませんが、1週間前に負荷をかけたこともあって意図して無理はさせていません。

そのなかでもきびきびとした走りは見られましたし、身体も柔らかく、休み明けを感じさせない走りは健在でした。

頭は高いですがこれはこの馬の走りの癖で、前走目黒記念の時の坂路追いでも見られた傾向なので気にしなくていいでしょう。

力は出し切れると思います。

プラダリア

プラダリア 10月5日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.067.853.037.611.6強め
前走最終栗東坂路(良) 55.239.525.212.4強め

昨年の青葉賞馬であるプラダリアは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する池添騎手を背に、馬場の真ん中から強めに追われて6ハロン83秒0-上がり1ハロン11秒6でゴールしています。

映像はありませんが、1週前もウッドチップで強めに追って6ハロン84秒8-上がり1ハロン11秒6でゴールしていました。

重心を少し低くしながら走るスタイルはプラダリアのフォームですし、休み明けでも問題なく自分の走りができていました。毛艶も映えていましたし体調もよさそうです。

ただし、時計自体は好走した今年の日経新春杯や京都記念の時のほうが出ていました。

いい時と比較すると時計が出ていない点は気になります。

ただし、2週続けて池添騎手が追い切りに騎乗している部分は評価できますし、きれいな加速ラップを刻んでいるのもこれまでのプラダリアにはなかった走りでした。

収得賞金的にもそろそろ上位争いに加わりたい頃ですし、一発あってもおかしくありません。

B評価にしましたが激走も十分ある1頭だと思います。

ブローザホーン

ブローザホーン 10月4日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)82.265.750.637.412.4馬なり
前走最終函館芝(良) 70.953.739.212.2強め

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、単走で行われました。

レース当日も手綱を握る菅原騎手が手綱を握り、馬場の内目から馬なりで追われて6ハロン2秒2-上がり1ハロンは12秒4で駆け抜けています。

1週前も菅原騎手を背に美浦のウッドチップで追われて馬なりで6ハロン83秒7-上がり1ハロン12秒0を記録しています。

関西への輸送を控えているので2週続けて無理させていませんが、北海道からの輸送の負担もすっかり解消され、躍動感のある走りを見せていました。

2走前の函館記念のときの追い切りと比較しても推進力の走りが見られましたし状態面はよさそうです。

輸送に関しては3走前の烏丸ステークスの時に経験済みですし、陣営も当然そのことを熟知したうえで追い切りを行っているのですが、しっかり動けていたのでいいレースに期待できるでしょう。

ボッケリーニ

ボッケリーニ 10月5日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)84.869.554.638.911.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.739.112.0馬なり

今年の鳴尾記念を勝利し、2つ目の重賞タイトルを手にしたボッケリーニは栗東のウッドチップコースにて、ヴィヴァン(5歳2勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する浜中騎手を背に、僚馬を3~4馬身後方から追走しています。

馬場の外目から道中馬なりで追われて6ハロン84秒8-上がり1ハロン11秒3の時計で僚馬に同時併入しました。

完全に馬なりで時計は出していませんが、動き自体は休み明けでも軽快で、少し頭を下げながらの走りでいつものボッケリーニの走りができています。

そのなかでも、最後に促されてからは1ハロン11秒3を出しているように、気合は付けられていましたし軽めながらも中身のある最終追いでした。

なお、映像はありませんでしたが1週前にはウッドチップで一杯に追われて6ハロン81秒7-上がり1ハロン11秒2の好タイムを記録しているので負荷はかけられています。

好走した目黒記念や鳴尾記念、昨年の京都大賞典と比較すると年齢的な衰えもあるかもしれませんが、G2以下の重賞なら常に馬券に絡んでいる馬ですし、今年の京都大賞典はこれといって抜けた馬がいないので上位争いにも期待できそうです。

マイネルウィルトス

マイネルウィルトス 10月5日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.938.312.3強め
前走最終栗東坂路(良)  53.238.612.5馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外側から強めに追われて4ハロン52秒9-上がり1ハロン12秒3で坂路を駆けあがっています。

舌を出しながらの走りで走りのフォームもきれいではないです。

走り自体は力強く、時計も前走新潟記念の時よりも若干出ていますが、そのときは馬なりで今回は強めに追われているので一概に比較しづらいです。

1週前にもウッドチップで追われていましたが馬なりとはいえ6ハロン84秒9-上がり1ハロン11秒5はそこまで目立っていません。

2走前にA評価をつけた函館記念の時と比較するといい追い切りとは思いませんでした。

PR

京都大賞典(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると京都大賞典(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

京都大賞典2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ブローザホーン
ウインマイティー
ディープボンド
ゼーゲン
ビッグリボン
ヒートオンビート
プラダリア
ボッケリーニ
アイアンバローズ
アフリカンゴールド
インプレス
ヴェラアズール
ヒンドゥタイムズ
マイネルウィルトス
 

京都大賞典2023追い切り映像

京都大賞典2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 京都大賞典|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 京都大賞典|JRA公式

京都大賞典2023の最終予想

京都大賞典2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)