[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【京都2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断】シンエンペラーを上回る「S評価」はアノ馬!

京都2歳ステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

京都2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では京都2歳ステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

11月22日の馬場状態

美浦
美浦はウッドチップ、坂路ともに良馬場です。
ウッドチップは全体的に時計が出ており、坂路も平均以上のタイムが出ていました。

栗東
この日の栗東はウッドチップ、坂路ともに良馬場でした。
ウッドチップは標準くらいの時計で坂路は全体的に時計がかかっている感じです。

目次(読みたい項目をタップ)

京都2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

京都2歳ステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR 馬券が的中しない方へ

京都2歳ステークス(G3)ジャパンカップ(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

オールナット

オールナット 11月22日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.840.412.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.840.312.4馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースで単走を行いました。

レース当日騎乗する北村友一騎手を背に、馬場の外目から馬なりで追われて全体時計55秒8-上がり1ハロン12秒3で走破しています。

映像はありませんが1週前も北村友一騎手とともに坂路で2本行い、一番時計が4ハロン54秒0-上がり1ハロンは11秒9でした。

また、19日は助手騎乗で坂路を2本走っていました。

ちなみに、最終追い切りでも2本使っているように、脚色自体は馬なりですが一日に複数回行うことで走りの感触をつかもうとしている姿勢は好感が持てます。

肝心の動きに関しましても、序盤こそ舌を出しながらの走法でしたが身体や脚の動きもよくて力強い走りが行えていました。

馬なりとはいえ時計自体は目立ちませんが、22日の栗東坂路は全体的に時計がかかりがちだったのでそこまで心配いらないでしょう。

また、前走最終時とほとんど差はないので前走と同じくらいの状態で仕上がっている感じがします。

北村友一騎手が2週続けて追い切りに騎乗している点も意欲を感じましたし、レースに向けて順調に良化しつつありました。

カズゴルティス

カズゴルティス 11月22日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.638.712.1馬なり
1週前栗東CW(良)⑦98.867.652.937.912.3一杯
前走最終栗東坂路(良)  55.739.112.4馬なり

最終追い切りは栗東の坂路で単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から馬なりで追われて4ハロン53秒6-上がり1ハロンは12秒1でした。

1週前はレース当日騎乗する和田騎手を背に、栗東のウッドチップでリミットバスター(牡3、2勝クラス)と2頭併せを行い、一杯に追われましたが0.5秒遅れており、時計も目立ちません。

最終追い切りは1週前に負荷をかけたため軽めに流しました。

脚さばき自体は軽快だったものの、頭の使い方があまりよくなくてところどころ斜行している点は少し安定感に欠けています。

時計自体は悪くないのですが、少し難しそうな馬です。

また、クセが強い割にはそこまで時計を出していないのもマイナスで、あまりよい追い切りではなかったです。

キープカルム

キープカルム 11月22日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  56.540.812.7馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.638.212.7一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースで単走を行いました。

レース当日も騎乗する鮫島騎手を背に、馬場の内目から馬なりで追われて4ハロン56秒5-上がり1ハロン12秒7で駆け抜けています。

時計はありませんが、1週前の15日にはモンサンケコア(牡2、新馬)と併せて強めに追われました。

このときの時計は全体時計51秒2と速かったものの上がり1ハロンは13秒2で終い時計は遅く、僚馬に1馬身遅れていました。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

最終追い切り映像を見た限り、きびきびとした動きを見せていたのはよく、脚の使い方もよかったです。

ところどころ右往左往している点は気になったものの、しっかりと動けていましたし管理する中竹調教師曰く「いいリズムで走れている」とコメントされているように、淡々とした走りができていました。

1週前の追い切りを見た限りスタミナが気になりますが、前走の未勝利戦は今回と同じ芝2,000mのコースで勝利しているのでペース配分をしっかり行えば問題なく走破できるでしょう。

ギャンブルルーム

ギャンブルルーム 11月22日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.538.612.1馬なり
前走最終札幌ダート(良) 66.350.637.212.2G前仕掛け

札幌2歳ステークスで3着のギャンブルルームは栗東の坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の内側から馬なりで追われ、全体時計52秒5-上がり1ハロンは12秒1の時計で坂路を駆け抜けています。

映像はありませんが1週前は栗東ウッドチップでゴールドハイアー(牡5、オープン)を追走する形で強めに追い、外目から7ハロン96秒6-上がり1ハロン11秒4の時計で半馬身先着しました。

1週前に負荷をかけたため今回は馬なりでサッと仕上げていますが、序盤から力強い歩様で動けています。

前走の札幌2歳ステークスの時の最終追い切りでも力強く気持ちのこもった走りを見せていましたが、今回も引き続き時計のかかる坂路でしっかり時計を出していることから、好調をキープしているように感じました。

コスモエスメラルダ

コスモエスメラルダ 11月22日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)84.668.253.038.511.5馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.052.838.412.1馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、同厩のヒットザシーン(牝5、2勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する柴田大知騎手を背に、馬場の外目から僚馬を0.7秒追走する形で馬なりにて追われ、6ハロン84秒6-上がり1ハロン11秒5の末脚で僚馬に2馬身先着しました。

映像はありませんでしたが1週前も柴田大知騎手騎乗の元、馬なりで追われて6ハロン85秒7-上がり1ハロン12秒3でした。

これまでは終い時計が少し見劣ることがありましたが、最終追い切りでは僚馬の外側を回りながらも最後にしっかり伸びているように好気配でした。

しかも、コスモエスメラルダは道中左手前で追っていて、手前を替えずに加速しているように、脚の使い方自体は器用ではないものの、一気に伸びを見せていたのは良い意味で印象に残りました。

器用なタイプではないかもしれませんが、同じ手前でしっかりと終い時計を叩き出しているのは能力の高さを感じられます。

また、2週続けて追い切りに騎乗した柴田大知騎手は久々の重賞参戦ということで意欲もあるはずです。

今回は素質馬が多数そろいましたが、出し切れれば面白い存在になるかもしれません。

コスモキュランダ

コスモキュランダ 11月22日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)85.368.353.239.112.7馬なり
1週前美浦南W(良)83.166.451.337.111.8馬なり
前走最終美浦南W(良) 67.652.537.211.8G前仕掛け

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中から馬なりで追われて6ハロン85秒3-上がり1ハロン12秒7でゴールしています。

1週前はウッドチップで3頭併せを行い、僚馬の真ん中からもまれるように追い切りを行いましたが、直線で集中力が切れた感じを見せており、最後は一番遅れをとっています。

もっとも、時計自体は悪くありません。

最終追い切りの動きを見てみると、頭が高い印象を持ちました。

1週前も馬なりで追われていましたが、そのときは多頭数で追われた影響もあってか、時計自体はよかったです。

ただし、最終追い切りは単走の影響もあってか、時計も出ていませんでした。

もまれたほうが闘争心を発揮するタイプなのかもしれませんが、コスモキュランダは先行馬なので単騎で走ることになればどれだけ走りに集中できるかは分かりません。

最終追い切りを見た限りは他馬と並んでレースを行ったほうが走れるタイプに感じました。

展開次第で力を発揮できそうです。

サトノシュトラーセ

サトノシュトラーセ 11月22日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.468.453.538.411.8強め
前走最終栗東PT(良)81.066.452.939.211.1馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から強めに追い、6ハロン83秒4-上がり1ハロンは11秒8でゴールしています。

映像はありませんが、1週前はウッドチップコースでダービー馬のドウデュース(牡4、オープン)と併せました。

馬場の外目から一杯に追われ、6ハロン82秒2-上がり1ハロン11秒6の時計でゴールしています。

このときドウデュースから7馬身ほど先行しましたが最終的にはドウデュースに捕らえられて0.7秒遅れをとっているものの、併せたのがダービー馬であることを考慮すればそこまで悲観しなくてもよいでしょう。

また、19日にも栗東ウッドで一杯に追われ、アドマイヤビルゴ(牡6、オープン)と併せを行いました。

短期的に負荷をかけ続けていましたが、最終追い切りでも強めに追い切りを行っています。

有力馬の1頭ですが、映像を見た限りでは少し前脚の使い方が固い印象があり、手前替えもできていませんでした。

時計は少しずつ良化しているものの、とびきり抜けている感じもありません。

今回有力株の候補ですが、追い切りを見た限りは特別好感触というわけではなく、まずまずの出来栄えに感じました。

シンエンペラー

シンエンペラー 11月22日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.939.712.6馬なり
前走最終栗東坂路(良)  59.043.714.5馬なり

超良血馬のシンエンペラーは栗東の坂路で単走を行いました。

国分優作騎手(レース当日はJ.モレイラ騎手が騎乗)を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、4ハロン54秒9-上がり1ハロン12秒6で駆け抜けました。

時計はありませんが16日にはウッドチップで馬なりにて追われて外ラチ沿いから6ハロン88秒1-上がり1ハロン12秒6でゴールしています。

最終追い切り映像を見ていると、馬体重以上に大きく張りのある馬体を見せていました。

欧州血統の馬らしく、筋肉量が多くてパワーのありそうな身体をしていて、成長性の高さを感じます。

頭は少し高いものの力のこもった走りで坂路を駆けあがっていて気持ちは前向きです。

時計はほとんど出ていませんが、管理する矢作調教師曰く「フォームとはいろんな面で集中できるようにやっている」とコメントされているように、時計よりも走り方に力を入れているようです。

事実、前走の新馬戦もまったく時計を出していない中で勝ち切っているので時計は出さなくてもよいのでしょう。

発展途上の身ですが、この馬なりに仕上がっているように感じました。

ダノンザテイル

ダノンザテイル 11月22日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.538.812.9馬なり
前走最終栗東CW(良) 67.851.936.811.7馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、オメガインペリアル(牡2、新馬)と2頭併せを行いました。

管理する安田翔伍調教師自ら手綱を握り、馬場の内側から中央に斜行しつつも4ハロン53秒5-上がり1ハロン12秒9の時計で同時併入しました。

15日は坂路で、17日はウッドチップで馬なり調教を行っています。

最終追い切りを見た限り動き自体は問題ないですし身体全体を活かした走りができていて、この馬の動きはできていました。

ただ、道中で斜めに寄れているように少し操縦性は難しそうな感じです。

まっすぐ走ることができればいい馬だと思いますが、現時点ではワンランク評価を落としています。

ディスペランツァ

ディスペランツァ 11月22日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  56.441.413.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.639.612.3馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、ウィズユアドリームと2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗するM.デムーロ騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われて4ハロン56秒4-上がり1ハロンは13秒1でした。

映像はありませんが1週前は重馬場のウッドチップで外ラチ沿いから強めに追われて6ハロン84秒9-上がり1ハロン11秒6でゴールしています。

今回の最終追い切りでは併せ馬を行いましたが、ディスペランツァが真ん中でウィズユアドリームが外ラチ一杯だったので競り合ったというわけではなく、見方によっては単走と捉えてもよい内容です。

それでも、僚馬ウィズユアドリーム(牡3、3勝クラス)を4馬身ほど追走する形で追って最後は同時併入しているように、格上相手に併入まで持ち込めたのは一見悪くない感じがします。

もっとも、ウィズユアドリームは今回の追い切りでは頭が高くて走りに集中できていない感じがしたので一概には言えませんが…。

ディスペランツァの走り自体は淡々とした動きができていましたし、デムーロ騎手との折り合いもよさそうでした。

1週前追い切りは重馬場ウッドチップで強めに追われて負荷をかけていますし、ラスト1ハロン11秒6の時計を出してしっかりと終い時計を出したのは好感が持てます。

最終追い切りは時計こそ出ていませんが、感触を確かめるという面では悪い内容ではなかったですし、この馬なりに良化しているように思いました。

パワーホール

パワーホール 11月22日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.467.151.636.511.4一杯
1週前栗東CW(良)85.769.654.138.111.6馬なり
前走最終札幌芝(良) 70.055.040.012.6馬なり

札幌2歳ステークスで2着のパワーホールは栗東のウッドチップコースにてヒルノショパン(牡4、2勝クラス)と併せ馬を行いました。

古川吉洋騎手(レース当日は横山和生騎手が騎乗)を背に、僚馬を3馬身ほど追走する形で追われます。

馬場の外目、僚馬の内から一杯に追われて6ハロン82秒4-上がり1ハロンは11秒4の好時計を出しました。

1週前の15日にもウッドチップコースで追われていてこのときは馬なりで追われていました。

そして、9日もウッドチップで馬なりに手追われており、この時の時計は7ハロン98秒9-上がり1ハロン11秒9でした。

札幌2歳ステークスから3か月弱ぶりのレースになるため、9日と15日はレース感覚を養う形で軽めの追い切りを行っていますが、最終追い切りは一変して思いっきり負荷をかけています。

特別派手な動きは見せていませんでしたが、6ハロン82秒4-4ハロン51秒6-上がり1ハロン11秒4の時計は一杯に追われたことを考慮しても優秀です。

この一追いでどこまで良化するかは分かりませんが、レースに向けて着々と仕上がっている印象を受けました。

プレリュードシチー

プレリュードシチー 11月22日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  56.039.912.0馬なり
前走最終栗東CW(良)85.469.854.639.112.5一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、コーティアスマナー(牝2、未勝利)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する幸騎手を背に、外ラチ沿いから0.6秒先行する形で馬なり追いを行い、4ハロン56秒0-上がり1ハロン12秒0でゴールしました。

映像はありませんが1週前も栗東坂路で馬なりにて調教を行い、その時は4ハロン55秒1-上がり1ハロン12秒6です。

19日にも坂路で軽く流しています。

最終追い切りの動き自体は正直目立たないものの、全体時計が56秒0に対してラスト1ハロンは12秒0なので後傾ラップは刻んでいました。

特別目立つ動きを見せていませんが、軽めの追い切りの中でもしっかりと前に集中しながら走ることができていましたし、終い重視の動きもできていました。

この馬なりに良化しつつあるように感じます。

ホウオウプロサンゲ

ホウオウプロサンゲ 11月22日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.538.212.1強め
1週前栗東坂路(良)  52.337.612.3一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.138.812.4一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、モズアカボス(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する坂井瑠星騎手を背に、馬場の真ん中から一杯に追われた僚馬を0.5秒追走する形で追っています。

このとき強めに追って4ハロン52秒5-上がり1ハロン12秒1の時計で格上のモズアカボスに半馬身先着しました。

1週前は単走で坂路を一杯に追っています。

一杯に負荷をかけたため4ハロン52秒3-上がり1ハロン12秒3の時計を出していますが、とにかく右に左に斜行していて力強い動きと荒々しさが両方にじみ出ていました。

最終追い切りはおそらく早朝の時間帯でたくさんの馬が走っている中で追われましたが、1週前見せた粗削りな部分が取れてまっすぐ走れているのは大きな進歩です。

身体全体を活かして飛びのある動きを見せていましたし、最後に伸び脚を使って格上の馬に先着できたのもよいでしょう。

管理する矢作調教師も「前向きさが出てきた」とコメントしているように、走りに意欲を感じましたし、順調な仕上がりを見せていました。

ルカランフィースト

ルカランフィースト 11月22日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(良)  53.238.712.2強め
1週前美浦南W(良)85.068.453.038.011.8馬なり
前走最終美浦南W(良)  54.438.611.4馬なり

最終追い切りは美浦の坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から強めに追って全体時計53秒2-上がり1ハロン12秒2で走破しています。

1週前はウッドチップで馬なり追いを行い、6ハロン85秒0-上がり1ハロンは11秒8でした。

ウッドチップで追われた時は飛びのある走りを見せていましたが、最終追い切りは強めに追われた影響もあってか力のこもった動きが見られました。

時計自体は特別目立つものではありませんでしたが全体時計53秒2に対して終い1ハロンは12秒2なので後傾ラップで動けたのは悪くないでしょう。

ただし、今回の1週前追い切りの終い時計と前走最終追い切り時の終い時計を比較すると、後者のほうが時計は出ていました。

その点を考慮すると若干ですが見劣りする感じもしました。

今回は長距離輸送も挟みますし、いくつかの課題もあるのでその中でどこまで力を発揮できるか気になるところです。

PR 馬券が的中しない方へ

京都2歳ステークス(G3)ジャパンカップ(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると京都2歳ステークス(G3)ジャパンカップ(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

京都2歳ステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
コスモエスメラルダ
オールナット
ギャンブルルーム
ホウオウプロサンゲ
キープカルム
サトノシュトラーセ
シンエンペラー
ダノンザテイル
ディスペランツァ
パワーホール
プレリュードシチー
カズゴルティス
コスモキュランダ
ルカランフィースト
 
同評価内は50音順になります。

京都2歳ステークス2023追い切り映像

京都2歳ステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 京都2歳ステークス|JRA公式

京都2歳ステークス2023の最終予想

京都2歳ステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)