[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【チャレンジカップ2023追い切り評価/全頭診断】トップ評価「S」は好時計を叩き出したこの2頭!

チャレンジカップ2023追い切り評価記事のサムネイル画像

チャレンジカップ2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではチャレンジカップの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

11月29日の馬場状態

栗東
この日の栗東は晴れで坂路、ウッドチップともに良馬場です。
坂路は全体的に時計がかかりがちで、ウッドチップは標準からやや時計が出やすい馬場でした。

目次(読みたい項目をタップ)

チャレンジカップ2023追い切り評価/全頭診断コメント

チャレンジカップ2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR 馬券が的中しない方へ

チャレンジC(G3)チャンピオンズC(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アドマイヤビルゴ

アドマイヤビルゴ 11月29日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.639.312.7馬なり
前走最終栗東CW(良)86.071.256.440.712.6馬なり

超良血馬のアドマイヤビルゴは栗東の坂路コースにて、同日ステイヤーズステークスに出走するレッドジェネシスと2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から僚馬より2馬身ほど馬なり先行し、4ハロン54秒6-上がり1ハロン12秒7で駆け上がりましたが、レッドジェネシスには1馬身遅れました。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

映像はありませんが、23日は馬なりで軽めに追われ、26日にはウッドチップで軽めに追っています。

最終追い切り映像を見た限り、時計はほとんど出ていませんが力強い歩様で坂路を駆けあがっています。

ただし、最後の1ハロン12秒7が示しているように、僚馬レッドジェネシスが終い抜け出したのに対してアドマイヤビルゴは末脚を伸ばしませんでした。

馬なりなので時計はそこまで気にしなくてもよさそうですが、終いの動きが目立たなかった点は少し気になるところです。

もっとも、昨年のカシオペアステークスでのちに天皇賞(秋)で3着に入線したプログノーシスを撃破したときの最終追い切り時計が良馬場坂路で馬なりにて4ハロン54秒7-上がり1ハロン12秒9だったので追い切り時計は目立たないもののこの馬なりに良化している感じはしました。

イズジョーノキセキ

イズジョーノキセキ 11月29日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.138.112.1馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  55.238.612.0馬なり

昨年の府中牝馬ステークスの勝ち馬イズジョーノキセキは栗東の坂路で単走を行いました。

レース当日も騎乗する岩田康誠騎手を背に、馬場の真ん中やや内目から馬なりで追われ、全体時計54秒1-上がり1ハロンは12秒1で走破しました。

映像はありませんが、1週前の24日にも坂路で馬なりにて追われて軽く調整されています。

エリザベス女王杯から中2週ですが、稍重で行われた前走最終時と比較すると今回のほうが時計は縮めています。

前走最終時からは軽めに流していますが、間隔が短いので特に問題はなさそうです。

ただ、映像を見ていると道中で右に左に動くシーンも見られました。

今までの追い切りでもこのような傾向はみられていましたが、相変わらず右往左往しているのは気になるところです。

前走エリザベス女王杯のときはS評価を打ちましたが、8着に敗れています。

今年のチャレンジカップはG3にしてはメンバーが揃っているので、前走と同じくらいの状態なら上位争いは厳しいかもしれません。

ウインマイティー

ウインマイティー 11月29日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.767.252.236.911.1強め
1週前栗東CW(良78.864.651.537.612.0強め
前走最終栗東CW(稍重)82.966.552.437.611.9馬なり

マーメイドステークス勝ち馬のウインマイティーは栗東のウッドチップコースで最終追い切りを行いました。

レース当日も騎乗する和田竜二騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われて6ハロン83秒7-上がり1ハロンは11秒1でフィニッシュしています。

映像はありませんが、1週前の23日に追われた追い切りが秀逸で、良馬場のウッドチップで外目から強めに追われて6ハロン78秒8-上がり1ハロン12秒0という好時計を叩き出しました。

また、2週前の16日にもウッドチップで馬場の外目から馬なりにて6ハロン79秒5-上がり1ハロン12秒3という好時計を叩き出しました。

最終追い切りに関しましては、JRAレーシングビュアー映像がなかったので限られた情報からしか判断できませんが、直近2週間とは違って上がり重視に追われて最後の1ハロンは11秒1を記録しています。

この3週間の動きを見てみると、目的に沿った動きができていて状態面はかなりよさそうです。

実はウインマイティーはこのチャレンジカップが引退レースとなりますが、舞台となる阪神芝2,000mはかつてマーメイドステークスを制したときと全く同じコースです。

時計を見た限りはしっかりと調整されていますし負荷をかけながらもラストランに向けて着々に良化している感じがしました。

エリザベス女王杯ではなくウインマイティーの能力に合ったチャレンジカップを選択している点からも、ここに対する意気込みが感じられますし、なかなかいい状態でレースに向かうことができそうです。

エヒト

エヒト 11月29日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.040.012.6馬なり
1週前栗東坂路(良)  51.037.412.6馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.738.512.0強め

今年の小倉記念を制したエヒトは栗東坂路にて、ジェットマックス(牡6、2勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで僚馬より0.5秒先行します。

全体時計は55秒0で上がり1ハロンは12秒6で同時併入しました。

17日と23日にも坂路で馬なりにて追われ、17日は全体時計52秒1-上がり1ハロン12秒4、23日は全体時計51秒0-上がり1ハロン12秒6でゴールしています。

23日は靄(もや)がかかっていてほとんど映像は見えませんが、シルエットからはこの馬らしい動きができていました。

そして、最終追い切りでもこの馬らしい、淡々とした走りが行えています。

最終追い切りは全体時計55秒0なので全く時計は出ていませんが、気持ちよさそうな動きを見せていたのは好感が持てました。

また、17日と23日に馬なりで時計を出しているので、最終追い切りは時計こそ目立ちませんがそこまで問題はなさそうです。

8番人気ながらも3着に入線した昨年のチャレンジカップほどは動けていないものの、年齢を重ねて落ち着きつつある今の状態でもベストは尽くせそうに思いました。

エピファニー

エピファニー 11月29日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)80.865.350.836.211.9一杯
前走最終栗東CW(良) 67.051.436.111.4一杯

関東馬のエピファニーは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から一杯に追われ、全体時計80秒8-上がり1ハロンは11秒9でゴールしました。

映像はありませんが22日には美浦のウッドチップコースで一杯に追われて5ハロン65秒7-上がり1ハロン11秒3、23日に早めに栗東に拠点を移し、26日には栗東坂路で軽めに流しています。

エピファニーは今回のメンバーのなかでは唯一の関東馬ですが、直前輸送ではなく、早めに入厩することで輸送のリスクを軽減しています。

ただ、栗東のウッドチップで行った最終映像を見た限り、少し頭が高くて前脚の動きも堅い感じがしました。

できることなら軽めに行われた26日の追い切りも見たいところですが残念ながら映像はありません。

直線に入ってからのクビの使い方はよかったですし、一杯とはいえ6ハロン80秒8-4ハロン50秒8-1ハロン11秒9でまとめあげているのも悪くありませんが、万全な状態かといわれると、まだまだ良化の見込みはありそうです。

ガイアフォース

ガイアフォース 11月29日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.039.112.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.039.211.9馬なり

今年の春はマイルで頭角を表し、秋は中距離路線で二階級を狙うガイアフォースは栗東の坂路において単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中やや内目から馬なりで追われて全体時計54秒0-上がり1ハロン12秒3の時計で軽く追われました。

映像はありませんが22日にも坂路でウィズアリープ(牝2、新馬)と併せて全体時計51秒9-上がり1ハロン12秒0で駆け抜けています。

最終追い切りは淡々と、リラックスした動きを見せていました。

ガイアフォースは追い切り映えする馬ではなく、過去の追い切りを見ても特別目立つ時計を出していません。

しかし、時計が目立たない中でも好走したのが今年のマイラーズカップや、安田記念、天皇賞(秋)です。

今回もいつも通り目立たない動き&時計でしたが大舞台で好走した時と同じような走りを見せています。

いつもの目立たない動きができていることが、この馬の好調を示していると思いました。

テーオーシリウス

テーオーシリウス 11月29日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)85.069.454.939.512.2馬なり
前走最終栗東CW(稍重)83.667.853.338.111.9馬なり

今年の小倉記念で2着のテーオーシリウスは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

小坂騎手(レース当日は斎藤新騎手が騎乗)が手綱を握り、外ラチ沿いから馬なりで追われて6ハロン85秒0-上がり1ハロン12秒2でまとめています。

前走福島記念から中2週ということで軽めの追い切りでしたが、道中舌を出しながらの追い切りです。

動きにもあまり覇気が感じられません。

福島記念のときも時計や動きは目立ちませんでしたが、その時よりも時計は劣っていたのは減点材料です。

なによりも、2着に入線した今年の小倉記念の時が栗東のウッドチップコースにて6ハロン82秒9-上がり1ハロン12秒0でまとめていて、キビキビとした気持ちの乗った動きを見せていました。

その時と比較すると明白に見劣りしているので、好仕上がりとはいいがたいです。

フェーングロッテン

フェーングロッテン 11月29日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.638.812.3馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  52.838.212.5馬なり

昨年のラジオNIKKEI賞を制したフェーングロッテンは栗東の坂路コースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗するムルザバエフ騎手が手綱を握り、馬場の真ん中から馬なりで追われて4ハロン53秒6-上がり1ハロン12秒3でまとめています。

映像はありませんが22日はウッドチップ、26日には坂路で軽めに追われていました。

最終追い切りを見た限り、軽快な脚さばきとピッチ走法で坂路を駆けあがっています。

全体時計は前走最終時よりも見劣りしますが、それでもこの馬らしい動きができていました。

なによりも、馬券に絡んだ今年の中山金杯や金鯱賞、鳴尾記念の時と遜色のない動き&タイムを記録していたので状態面は良いと思います。

しかしながら、近2戦は二桁着順に沈んでいます。

この2戦はどちらも中団から控える形の競馬になって敗れました。

フェーングロッテンは序盤で前目をつけたほうが力を発揮できるタイプです。

ゲートは決して下手ではないので、ムルザバエフ騎手が積極的な競馬を行ってくれれば近2戦の汚名返上も十分可能だと感じます。

フリームファクシ

フリームファクシ 11月29日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.338.912.2強め
前走最終栗東CW(良) 69.353.037.511.2馬なり

今年のきさらぎ賞を制したフリームファクシは栗東の坂路コースにて単走を行いました。

酒井騎手(レース当日は川田騎手が騎乗)が手綱を握り、馬場の真ん中から末強めに追われて4ハロン53秒3-上がり1ハロン12秒2でゴールしました。

映像はありませんが、22日には川田騎手を背に栗東のウッドチップで一杯に追われて、僚馬リューベックと併せ馬を行い、6ハロン81秒5-上がり1ハロン11秒3の好時計でまとめています。

今回はダービー以来、半年ぶりのレースとなりますが少し荒っぽい騎乗ながらもしっかりと強めに負荷をかけられました。

ただ、未勝利戦前に行われた追い切りでは坂路を馬なりで4ハロン51秒9で駆け抜けているように、良い時と比較すると時計は目立ちません。

ウッドチップで行われた1週前の追い切りでは好時計を記録しているので久々に向けて負荷をかけていましたが、良い頃の状態を取り戻すにはもう少し時間がかかりそうです。

ベラジオオペラ

ベラジオオペラ 11月29日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)81.366.051.736.711.3馬なり
前走最終栗東CW(良)86.270.855.638.912.0馬なり

今年の日本ダービーで4着に入線したベラジオオペラは栗東の坂路コースにて、アームズレイン(牡3、オープン)とモズリッキー(牡4、3勝クラス)と3頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する横山和生騎手が栗東に駆け付け、馬場の真ん中から馬なりで追われて、6ハロン81秒3-上がり1ハロン11秒3の時計でモズリッキーに2馬身先着、アームズレインとは同時併入しました。

映像はありませんが、22日にもウッドチップで馬なり追いを行い6ハロン81秒9-上がり1ハロン11秒5の時計を記録しています。

先に紹介したフリームファクシ同様、ベラジオオペラもダービー以来の実践となりますが、22日の追い切りの段階で全体時計81秒9という好時計を記録しました。

最終追い切りではさらに良化していて全体時計81秒3-4ハロン51秒7-終い1ハロンは11秒3で締めています。

終始速いラップを刻んでいましたし、しかも馬なりでこれだけの時計を叩き出したのはすばらしいです。

新馬戦の時もウッドチップで81秒5という素晴らしい時計を記録していましたが、その時の時計を更新して自己ベストを記録しています。

最終追い切り映像を見ても、特別派手な動きではありませんでしたが直線に入ってからじわじわと脚を伸ばしており、今年の春に見せた時と同じような動きができていました。

久々でも実践態勢は整っています。

ボッケリーニ

ボッケリーニ 11月29日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.439.512.3馬なり
1週前栗東CW(良)⑦99.366.852.037.111.5一杯
前走最終栗東CW(良)84.869.554.638.911.3馬なり

重賞善戦マンのボッケリーニは栗東の坂路コースでヴィヴァン(牡5、2勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗するモレイラ騎手を背に、僚馬を4馬身追走します。

馬場の真ん中やや内目から馬なりで追われて4ハロン53秒4-上がり1ハロン12秒3の時計でゴールし、僚馬に半馬身ほど先着しました。

1週前の23日には栗東のウッドチップコースにて馬場の外目から一杯に追い、7ハロン99秒3-上がり11秒5の時計で負荷をかけています。

ボッケリーニは今年で7歳馬ですが追い切りを見た限りは年齢を感じさせない走りはいまも健在です。

1週前の追い切りでは少し下を向きながらの走りで覇気は感じられませんでしたが、鳴尾記念を制したときの最終追い切りでもこのような走りを見せていたので、これがボッケリーニの走法といってもよいでしょう。

最終追い切りは軽めとはいえ、この馬らしい回転の速い脚さばきを見せていましたし、終いは僚馬を突き放すような走りを見せていたことから、気持ちも十分乗っていました。

レースに向けて順調に仕上がりつつあります。

マテンロウレオ

マテンロウレオ 11月29日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)85.469.754.338.211.3G前仕掛け
1週前栗東CW(良)79.764.950.536.211.5強め
前走最終栗東CW(良)87.770.754.939.412.3馬なり

昨年のきさらぎ賞を制したマテンロウレオは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中からゴール前で仕掛けられ、6ハロン85秒4-上がり1ハロン11秒3の時計でゴールしています。

1週前もウッドチップで強めに追われ、6ハロン79秒7-上がり1ハロン11秒5でまとめました。

ゴール前仕掛けということで、コーナーから直線に入るまではほとんどキャンター程度の動きでしたが、残り2ハロンあたりで気合をつけられるとそこからペースアップして終い重視の走りを見せています。

直線の短い阪神内回りコースを意識した走りを見せていた、マテンロウレオもそれに応えることができていました。

1週前はウッドチップで馬なりでしたが6ハロン79秒7-4ハロン50秒5-上がり1ハロン11秒5の時計でまとめています。

全体時計は優秀ですし、馬なりながらしっかりとした脚どりで駆け抜けることができています。

また、好走した大阪杯や天皇賞(春)の時の追い切りと比較しても時計は優秀でした。

近走凡走が続いていますが、久しぶりに良い頃の状態を取り戻している感じがしましたし、激走も見られるかもしれませんよ。

リカンカブール

リカンカブール 11月29日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.567.852.437.411.8馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.540.012.6一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する藤岡康太騎手を背に、馬場の内側から馬なりで追い、6ハロン83秒5-上がり1ハロン11秒8の時計でゴールしています。

映像はありませんが、1週前の22日も栗東のウッドチップで一杯に追われ、5ハロン68秒0-上がり1ハロン11秒4でまとめました。

1週前は一杯に追って負荷をかけて終い1ハロンが11秒4なので終い重視に負荷はかけました。

ただし、時計面でみたら馬場の真ん中から追ってこの時計なのでそこまで目立つものではありません。

最終追い切りは軽めなので時計は出ていませんがこの馬らしい地面を掻き揚げるような走りは健在でしたが、重賞メンバーが多数そろった今回、追い切り映像を見た限り上位争いは少し厳しいように感じます。

PR 馬券が的中しない方へ

チャレンジC(G3)チャンピオンズC(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとチャレンジC(G3)チャンピオンズC(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

チャレンジカップ2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ウインマイティー
ベラジオオペラ
ガイアフォース
フェーングロッテン
ボッケリーニ
マテンロウレオ
アドマイヤビルゴ
イズジョーノキセキ
エヒト
エピファニー
フリームファクシ
テーオーシリウス
リカンカブール
 
同評価内は50音順になります。

チャレンジカップ2023追い切り映像

チャレンジカップ2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 チャレンジカップ|JRA公式

チャレンジカップ2023の最終予想

チャレンジカップ2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)