[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【神奈川記念2023予想】本命におすすめしたい3頭+穴馬2頭はこちら!

神奈川記念2023予想記事のサムネイル画像

神奈川記念2023予想の最終買い目を更新しました!

神奈川記念2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

神奈川記念2023の予想ポイント

  • 1番人気の好走率が高い
  • 内枠ほど好走率が高い
  • ダート色の強い馬が優勢
  • 南関所属の騎手が優勢
  • 逃げ馬◎、先行馬〇
目次(読みたい項目をタップ)

神奈川記念2023予想の最終買い目

神奈川記念の予想(晴れの良馬場想定)

神奈川記念が開催される木曜日の川崎競馬場界隈の天気を見てみますと、一日晴れの予報が出ていました。

気温も13度近くと、冬を感じさせます。

前日水曜日は晴れでレースが行われていましたがその前日の雨の影響もあり、稍重で行われていました。

馬場傾向を見てみますと全体的に時計はかかっています。

うましるでは晴れの良馬場、標準くらいの馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

PR 馬券が的中しない方へ

朝日杯フューチュリティS(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  5 ユティタム

Justify
ジペッサ
母父City Zip
主な勝ち鞍青竜S(OP) 2023年
前走福島民友C(L) 6着

本命はユティタムにします。

デビューから3連勝を飾っており、3走前の青竜ステークスでは2着の2着馬に2馬身差の圧勝でした。

前々走のジャパンダートダービーは2,000mの距離が長かったのか、はじめて馬券から漏れてしまいましたがそれでも4着入りしています。

前走の福島民友カップは1番人気に支持されながらも初の古馬戦で6着に敗れてしまいました。
もっとも、このレースはマイナス4.2秒の超ハイペースだったため展開でも厳しかったです。

今回の舞台である川崎はコーナーが鋭角なため、道中で中弛みが発生しやすく前走ほど流れないでしょう。
青竜ステークスの内容を見る限りはマイルも合っていると思いますし、この馬を軸に行きます。

〇対抗  6 オマツリオトコ

ヴィットリオドーロ
マツリバヤシ
母父スマートボーイ
主な勝ち鞍兵庫ジュニアGP(Jpn2) 2022年
前走東京盃(Jpn2) 11着

対抗はオマツリオトコにします。

昨年のJBC2歳優駿で2着に入線しています。

このJBC2歳優駿は神奈川記念と全く同じ川崎のダート1,600mで行われていました。

すでにコース実績があるのは強みといえます。

今年は思うようなパフォーマンスを見せていない点は気になるものの、出し切れたらJBC2歳優駿の時のように強い相手にも善戦しています。

近走の成績は正直いまいちですが、かみ合うことを期待して2番手評価にしました。

▲単穴  8 バーデンヴァイラー

ドゥラメンテ
ヴィートマルシェ
母父フレンチデピュティ
主な勝ち鞍佐賀記念(Jpn3) 2023年
前走カノープスS(OP) 5着

バーデンヴァイラーは3番手評価にしました。

重賞を2勝している馬で、実績だけ見たら今回の出走馬の中でもトップクラスです。

近2戦は馬券外に敗れているものの掲示板は死守しているように、大崩れもありません。

ただ、今回はキャリア初のマイル戦ということ、それに加えてトップハンデ60キロの重斤量を背負います。

出し切れたらここでの上位争いも可能だと思いますが、いくつか不安要素もあるのですこし評価を落とすことにしました。

△連下  4 ヴィブラフォン

ドレフォン
ヴィンテージローズ
母父ゼンノロブロイ
主な勝ち鞍奥羽S(3勝クラス) 2023年
前走奥羽S(3勝クラス) 1着

ヴィブラフォンは連下にしました。

1勝クラスを勝ちあがるまでに時間がかかったものの、2勝クラスと3勝クラスはとんとん拍子で勝ちあがっています。

近走は特に大崩れもないですしデビュー時と比較すると大きな成長性も感じられました。

ダート1,600mは今回初めてとなりますが、過去にはダート1,400mや1,700mでの勝利実績もあるので対応してくれるはずです。

小回りの小倉や福島で勝利実績があることからも、全長の短い川崎とはかみ合いそうな感じがしますし、馬券に絡めることにしました。

△連下 10 マッドルーレット

カジノドライヴ
サクラアリア
母父マンハッタンカフェ
主な勝ち鞍カサブランカ特別 2022年
前走スポーツニッポン賞 2着

船橋競馬所属のマッドルーレットは連下にしました。

今回騎乗する森泰斗騎手は現在の南関所属騎手の中でもリーディング上位の成績を持っています。

また、川崎ダート1,600mにおける好走実績も豊富でした。

マッドルーレット自身も近走安定した走りを見せていますし、3走前の多摩オープンで3着入りしているように川崎における好走実績もありました。

データと相性の悪い外枠を引いてしまいましたが、このコースを熟知している森騎手なら打開策を用意していてもおかしくないでしょう。

中央勢が強力ですが、生涯1度しかない交流重賞の舞台で好走に期待したいです。

単勝

5 ユティタム

馬連流し

軸馬:5
相手:3、4、6、8、10

三連複フォーメーション

1頭目:5
2頭目:3、4、6、8、10
3頭目:3、4、6、8、10

神奈川記念2023の有力馬3頭

神奈川記念は今年に一度しか開催されない重賞競走ですが、骨のあるメンバーが参戦しました。

今年の出走馬の中から上位争いに期待できそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

バーデンヴァイラー

主な勝ち鞍
  • 佐賀記念    (Jpn3) 2023年
  • マーキュリーC (Jpn3) 2022年
  • 総武ステークス  (OP) 2022年

最初に紹介するバーデンヴァイラーは過去に佐賀記念とマーキュリーカップの2つの重賞を制しました。

好走と凡走を繰り返しているように感じますが、ダートの重賞レースであれば常に上位争いしています。

小回りコースの佐賀や中山でも実績をあげているように、鋭角なコーナーが設けられている舞台では力を発揮していました。

チャンピオンズカップを無理に使わずにこの舞台を選択していることからここに対するメイチ間は感じられますし、年末に勝利で兜の尾を締めようとしている感じも伝わります。

川崎競馬は初めてですが、出し切れる可能性は高いでしょう。

★評価点
・重賞2勝馬
・小回り実績がある

▼課題
・近3戦は善戦しているとはいえ馬券外に敗れている

オマツリオトコ

主な勝ち鞍
  • 兵庫ジュニアグランプリ (Jpn2) 2022年

オマツリオトコは昨年の兵庫ジュニアグランプリの勝ち馬で、今回と全く同じ舞台で開催される全日本2歳優駿でも2着入りしました。

今年の戦績を振り返ると、馬券に絡んだレースはサマーチャンピオンのみですが、これまで強豪相手に善戦していることを考えればそこまで着順は気にすることはありません。

ここは、かつて全日本2歳優駿で勝ち負けした舞台です。

条件さえかみ合えば善戦している馬なのでここでの巻き返しも狙えるでしょう。

★評価点
・川崎ダートで好走実績あり
・全日本2歳優駿で2着

▼課題
・事績不安定
・古馬になってからは勝ち切れていない

ニューモニュメント

主な勝ち鞍
  • ジュライS   (L) 2022年
  • ポルックスS (OP) 2023年

ニューモニュメントは重賞未勝利の馬ですがオープンレースで2勝している馬で、相手を選べば上位争いできるだの力を秘めています。

今年の川崎記念は強敵相手でしたが3着に入線しているようにJpn1の舞台でも馬券に絡んでいました。

もっとも、川崎記念はウシュバテソーロとテーオーケインズに突き放されての3着なので着順ほど高く評価はできませんが…。

今回の神奈川記念はそこまでメンバーレベルも高くないですし、出し切れるような気はします。

★評価点
・川崎記念で3着
・オープン特別で健闘している

▼課題
・重賞の勝利経験がない

神奈川記念2023の穴馬2頭

神奈川記念は骨のあるメンバーが参戦しています。

出走登録馬の中で配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ユティタム

主な勝ち鞍
  • 青竜S (OP) 2023年

中央所属のユティタムはフレッシュな3歳馬です。

今年の青竜ステークスでは2着に入線したコパノサディナに2馬身半差の圧勝でした。

しかしながら、ジャパンダートダービーでは4着、前走の福島民友カップでも6着と馬券外に敗れています。

早熟や相手関係に恵まれた可能性はありますが、前走の福島民友カップは休み明け、前走のジャパンダートダービーは距離不適性が原因で敗因は明白です。

これまでの走りを見る限りはマイルが相性いいと思うので今回距離短縮できたのは大きいでしょう。

一戦使われて身体もほぐれていると思いますし、金星をつかんでほしいです。

★評価点
・マイル向け
・青竜ステークスは強い競馬

▼課題
・近2戦の敗因が状態だとしたらここでも厳しいかもしれない

キャリックアリード

主な勝ち鞍
  • TUF杯 (3勝クラス) 2023年

牝馬のキャリックアリードはこれまで6戦走って【4-0-2-0】で複勝率100%の馬です。

デビュー戦から無理なく使われており、4歳秋にしてまだ「6戦しか使われていないものの、挑んだレースはすべて馬券内に絡んでいるように、素質と大事に使われている感じはします。

今回も前走から5カ月近く間隔をあけてレースに挑んでいますがキャリックアリードは鉄砲が利くタイプなので休み明けも不安にならないでしょう。

前走は2着馬に0.2秒差の完勝ですし、レースに挑む際は万全を喫しているのも好感が持てます。

今回はキャリア初の重賞戦ということでメンバーもそろいましたが、その舞台にあえて挑んでいるということはそれだけ勝ち負けできると判断していると思いますし、好走にも期待できそうです。

★評価点
・大事に扱われている
・複勝率100%の馬

▼課題
・相手関係の強化

PR 馬券が的中しない方へ

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

神奈川記念2023の概要

神奈川記念は川崎競馬場で開催される3歳以上のダート重賞です。

これまで神奈川記念というレースは開催されませんでした。

しかしながら、2024年から地方競馬はダート馬の活躍の場を設けるために大幅な改正が行われます。

そして、これまで2月に開催されたJpn1競走の川崎記念が4月に移設するため、間隔を埋めるために川崎記念が新設されました。

なお、神奈川記念は2023年12月の時点で今年限りの重賞競走と認定されています。

そのため、来年以降の開催はありません。

うましるではこれまで過去10年にさかのぼって重賞を予想していましたが神奈川記念に関しては古今開催がなく、過去データが存在しません。

そのため、舞台となる川崎ダート1,600mのデータと出走馬からコースの傾向をまとめました。

神奈川記念2023の開催内容

開催日12月14日(木曜) 20:10発走
格付け重賞
開催競馬場川崎競馬場 11R
コースダート1,600m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金2000万円

神奈川記念2023が開催される川崎のダート1,600mの特徴

川崎競馬場 ダート1600mのコースで特徴を解説

舞台となる川崎ダート1,600mは前日に行われた全日本2歳優駿と全く同じコースを使用し、ツーターンコースとなっています。

スタート地点は4コーナーの奥ポケットで最初の1コーナーまでの距離は約500mもあります。

最初のコーナーまで距離が長いため極端なポジション争いは発生しづらいです。

また、外枠からも先行しやすいため枠の影響も少ないです。

1~2コーナーはカーブがきついため各馬は減速しながら向こう正面に向かいます。

向こう正面から3~4コーナーにかけてはいったんペースアップしますが、3~4コーナーもカーブがきついので一旦緩みます。

しかしながら、川崎は最後の直線が約300mしかないため馬によっては3コーナーから、遅くても4コーナー付近からペースアップしつつ本線に向かいます。

最後の直線は約300mしかありません。

川崎はコーナーが南関競馬場で一番キツいです。

そのため、立ち回りの器用さが重要視されます。

なお、コース自体は全体を通して平坦となっているためペース配分は行いやすいです。

仕掛けどころや立ち回りが重要視される舞台なのです。

神奈川記念2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ポリゴンウェイヴ牡358.0落合玄太
2フォーヴィスム牡557.0笹川翼
3キャリックアリード牝454.0御神本訓史
4ヴィブラフォン牝454.0H.ドイル
5ユティタム牡355.0川田将雅
6オマツリオトコ牡356.0横山武史
7ビヨンドボーダーズセ857.0桑村真明
8バーデンヴァイラー牡560.0西村淳也
9インペリシャブル牡658.0矢野貴之
10マッドルーレット牡557.0森泰斗
11ニューモニュメント牡758.0小崎綾也

神奈川記念の過去10年のデータと傾向

過去10年のデータはありません。

神奈川記念が開催される川崎ダート1,600mの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【536-256-169-450/2,372】38.0%56.1%68.1%
2番人気【250-278-192-669/2,109】18.0%38.0%51.8%
3番人気【180-235-201-769/2,001】13.0%30.0%44.5%
4番人気【133-157-179-861/1,852】10.0%21.8%35.3%
5番人気【102-120-173-1,062/1,852】7.0%15.2%27.1%
6~9番人気【179-298-389-5,101/6,833】3.0%8.0%14.5%
10番人気以下【36-64-110-3,390/3,810】1.0%2.8%5.8%

1番人気の信頼度は高い

過去10年の川崎ダート1,600mを人気別にまとめました。

1番人気は勝率が38%もあります。

一般的に1番人気の単勝率は30%といわれているので38%は高い水準でした。

連対率も56%、複勝率68%は平均よりも高めです。

川崎ダート1,600mでは1番人気の好走率が高いです。

6番人気以下になると極端に好走率が落ちる

過去10年の川崎ダート1,600mで6番人気以下の馬は極端に好走率を落としています。

例えば、6~9番人気の馬の単勝率はたったの3%しかありません。

レース数でみると、33レース走って1頭勝ち負けできるレベルです。

このことから、6番人気以下になると勝ち負けは厳しいといえるでしょう。

PR 馬券が的中しない方へ

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

神奈川記念が開催される川崎ダート1,600mの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【128-149-135-1,009/1,421】9.0%19.5%29.0%
2枠【130-149-133-1,021/1,433】9.1%19.5%28.8%
3枠【157-160-198-1,457/1972】8.0%16.1%26.1%
4枠【183-201-167-1,695/2,246】8.1%17.1%24.5%
5枠【199-186-204-1,833/2,422】8.2%15.9%24.3%
6枠【227-186-184-2,066/2,663】8.5%15.5%22.4%
7枠【184-195-205-1,893/2,477】7.4%15.3%23.6%
8枠【208-182-187-2,097/2,674】7.8%14.6%21.6%

内枠ほど好走率が高い

過去10年の川崎ダート1,600mでもっとも好走率が高いのは1~2枠の内枠でした。

表を見てみると、外枠になればなるほど好走率を落としています。

舞台となる川崎ダート1,600mはスタートから最初の1コーナーまでの距離が長いため枠の有利不利はなさそうに感じますが、実際のところはロスなく立ち回ることができる内目の馬のほうが活躍傾向にあったのです。

神奈川記念が開催される川崎ダート1,600mの過去10年の血統傾向

血統系色成績単勝率連対率複勝率
サウスヴィグラスダート【49-50-43-348/632】10.0%20.2%29.0%
クロフネダート【35-32-35-248/452】10.0%19.1%29.1%
ゴールドアリュールダート【45-39-45-280/538】11.0%20.5%31.5%
パイロダート【29-25-25-211/369】10.0%18.6%27.2%
キングヘイロー【37-26-28-217/399】12.0%20.4%29.5%
ロージズインメイダート【28-32-27-224/398】9.0%19.3%28.0%
シンボリクリスエス【30-36-28-239/427】9.0%19.8%28.2%
ワイルドラッシュダート【25-15-15-112/222】15.0%24.0%33.0%
キングカメハメハ【13-31-19-154/280】6.0%20.3%29.1%
タイムパラドックスダート【21-17-25-200/326】8.0%7.0%11.1%
ネオユニヴァース【15-21-12-140/236】8.0%12.2%7.9%
ゼンノロブロイ【20-28-13-161/283】9.0%13.8%7.5%
ディープスカイ【13-10-10-75/141】12.0%10.5%11.7%

ダート色の強い馬が優勢

過去10年の川崎ダート1,600mの好走馬を血統別にまとめました。

好走していたのはサウスヴィグラスやクロフネ、ゴールドアリュールにパイロなどダート系頭の馬が好走しています。

芝系の馬だとキングヘイローやキングカメハメハ産駒も活躍していましたがダート色の強い馬のほうが好走数は多いことから、馬券予想の際はダート色の強い馬に注目したいです。

なお、今年の出走登録馬の中で表にまとめた産駒は1頭もいません。

しかしながら、血統背景から系色をまとめました。

ダート型
ヴィブラフォン(父ドレフォン)
インペリシャブル(父エスポワールシチー)
オマツリオトコ(父ヴィットリオドーロ)
ニューモニュメント(父ヘニーヒューズ)
ユティタム(父Justify)
ポリゴンウェイヴ(父ヘニーヒューズ)
マッドルーレット(父カジノドライヴ)

芝型
キャリックアリード(父キズナ)
バーデンヴァイラー(父ドゥラメンテ)
ビヨンドボーダーズ(父キンシャサノキセキ)
フォーヴィスム(父ドゥラメンテ)

神奈川記念が開催される川崎ダート1,600mの過去10年の騎手傾向

騎手成績単勝率連対率複勝率
森泰斗(船橋)【121-100-107-536/1,192】14.0%25.6%38.0%
真島大輔(大井)【111-91-69-423/965】16.0%29.1%39.1%
御神本訓史(大井)【81-63-49-257/643】18.0%32.0%42.9%
山崎誠士(川崎)【88-99-90-603/1,157】10.0%21.3%31.5%
的場文男(大井)【65-61-50-415/767】11.0%21.3%29.8%
戸崎圭太(中央)【63-30-24-135/369】25.0%36.9%46.4%
今野忠成(川崎)【63-62-61-444/816】10.0%19.8%29.5%
石崎駿(船橋)【46-44-36-257/509】12.0%23.5%32.9%
佐海誠二(大井)【56-56-43-312/622】12.0%24.0%33.2%
矢野貴之(大井)【51-52-40-249/535】13.0%15.2%13.8%
町田直希(川崎)【41-63-53-526/840】6.0%9.8%9.1%
本田正重(船橋)【30-31-30-182/364】11.0%12.8%14.2%
酒井忍(川崎)【40-38-57-229/499】11.0%11.7%19.9%
吉原寛人(金沢)【22-18-20-215/335】8.0%7.1%8.5%

所属は特にこだわらない

過去10年の川崎ダート1,600mの好走馬を騎手別にまとめました。

好走率が高かったのは森騎手や真島騎手、御神本騎手で、複勝率は30%を超えています。

この3騎手は地元川崎ではなく、大井や船橋などほかの南関競馬所属の騎手でした。

必ずしも川崎所属の騎手が有利というわけではなさそうです。

なお、表にまとめた騎手のなかで戸崎騎手と吉原騎手以外はすべて南関所属の騎手でした。

戸崎騎手は中央の騎手で唯一表にランクインしていますが、もともと地方大井所属の騎手です。

吉原騎手も表にランクインしていますが、好走率はほかの騎手よりも劣っていました。

このことから、川崎のダート1,600mは南関所属の騎手が優勢です。

神奈川記念が開催される川崎ダート1,600mの過去10年の脚質傾向

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【485-349-217-1,374/3,476】20.0%34.4%43.3%
先行【474-449-411-2,616/5,284】12.0%23.4%33.8%
差し【387-493-609-4,961/7,939】6.0%13.6%23.1%
追込【70-117-176-3,137/3,863】2.0%5.3%10.4%

逃げ馬◎、先行馬〇

過去10年の神奈川ダート1,600mでもっとも活躍しているのは逃げ馬です。

逃げ馬はこれまで3,476頭が出走して485頭が勝利、勝率は20%、複勝率は43%もありました。

その次に活躍していたのは先行馬で、単勝率12%、複勝率は34%あります。

対して、差しや追込といった後方待機組は凡走が多かったです。

舞台となる川崎ダート1,600mは最後の直線が短いうえ、3~4コーナーが鋭角です。

そのため、直線一気は届きづらいうえ、コーナーでまくりを開始したとしても余分に距離を走るため好走率は低かったです。

馬券予想の際は逃げや先行馬に注目したほうがよいでしょう。

神奈川記念が開催される川崎ダート1,600mの過去10年の位置取り傾向

4コーナー通過順成績単勝率連対率複勝率
1番手【594-340-197-519/2,781】36.0%56.6%68.5%
2番手【295-344-205-561/2,249】21.0%45.5%60.1%
3番手【225-226-249-706/2,106】16.0%32.1%49.8%
4番手【109-154-218-882/1,844】8.0%19.3%35.3%
5番手【84-138-183-995/4,605】6.0%15.9%28.9%
6番手以降【109-206-361-10,224】1.0%2.9%6.2%

前目でコーナーを通過しておきたい

過去10年の川崎ダート1,600mの好走馬を4コーナー通過順位別にまとめました。

もっとも勝利が多かったのは4コーナーを先頭で通過した馬で、単勝率36%、複勝率は68.5%もありました。

その次に好走しているのが2番手で通過した馬です。

そして、コーナー通過順位が下がるにつれて好走率も比例して落ちていました。

脚質の項目でも解説しましたが、川崎は最後の直線が短いうえコーナーが鋭角です。

そのため、差しや追込馬は好走しづらい舞台となっており、相対的に前で競馬している馬のほうが活躍しているのです。

川崎ダート1,600mを予想する際、脚質はもちろんのこと、積極的な競馬に期待できる馬、もしくは騎手に注目したいです。

以上になります。
神奈川記念の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)