[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【愛知杯2024追い切り評価/全頭診断】重賞初挑戦の〝アノ馬〟にトップ評価「S」

愛知杯2024追い切り評価記事のサムネイル画像

愛知杯2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では愛知杯の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

1月10日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路が稍重、ウッドチップは良馬場でした。
坂路の1番時計はショウナンラスボスの4ハロン52秒4と遅めです。
ウッドチップの1番時計はブレットフライとシャドウルパンの6ハロン80秒4となっており、まずまず時計は出ています。

栗東
この日の栗東は坂路、ウッドともに良馬場でした。
坂路の1番時計はルクスノアとジョーローリットの4ハロン51秒1です。
これ以外にも51秒台を出している馬は複数いるのでそこそこ時計は出ています。
ウッドチップの1番時計はカルネアサーダの6ハロン79秒9ですが、81秒台を切ったのは5頭のみで数値ほど時計は出ておらず、標準くらいの馬場です。

目次(読みたい項目をタップ)

愛知杯2024追い切り評価/全頭診断コメント

愛知杯2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

愛知杯(G3)日経新春杯(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アレグロモデラート

アレグロモデラート 1月10日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)⑦99.166.852.237.411.6一杯
1週前美浦南W(良)83.668.052.838.111.8馬なり
前走最終美浦南W(良)82.365.751.537.712.1馬なり

2勝クラスから飛び級で挑むアレグロモデラートは栗東のウッドチップで単走を行いました。

レース当日も騎乗する富田騎手を背に、馬場の外目から一杯に追われて7ハロン99秒1-上がり1ハロン11秒6でゴールしました。

1週前は昨年のダービー(G1)で3着に入線したハーツコンチェルト(牡4、オープン)ともう一頭の馬(名称不明)と3頭併せを行い、馬なりで馬場の外目から6ハロン83秒6-上がり1ハロン11秒8の時計で同時併入しています。

1週前は格上のハーツコンチェルトより0.9秒先行しての追い切りでしたが、直線に入って並びかけられてからも前を死守しようと粘り切っていたのは好感が持てます。

しかも、このときハーツコンチェルトは末一杯に追われていたのに対し、アレグロモデラートは馬なりだったので着差以上に健闘しました。

そして、最終追い切りは栗東のウッドで調整しました。

アレグロモデラートは関東馬ですが早めに栗東に滞在することで直前の長距離輸送におけるリスクを回避しています。

そして、1週前とは一転して一杯に追われて負荷をかけましたが道中行きっぷりの良い動きを見せていましたし、輸送疲れはなさそうです。

時計も27日に自己ベスト80秒9を出して、今回は自己3位の時計である6ハロン82秒2を出していて好調をキープしていることでしょう。

飛び級のレースとなりますが、ハンデ51キロの恩恵もありますし初重賞制覇に向けて意欲ある内容だったと思います。

ウインピクシス

ウインピクシス 1月8日(月) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)  54.138.411.6馬なり
前走最終美浦南W(稍重)82.765.851.137.111.8馬なり

昨年のクイーンステークス(G3)で2着のウインピクシスは美浦のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から馬なりで追われて4ハロン54秒1-上がり1ハロン11秒6で走破しています。

前走ターコイズステークス(G3)から中3週と間隔が短いものの、中間は坂路を5本、ウッドを2本入れていました。

最終追い切りではこの馬らしい淡々とした走りができています。

これまで1か月スパンで使われているので疲れがあってもおかしくありませんが、追い切りを見た限りは順調に動けていたので体調はよさそうでした。

ただし、時計面を見てみると今回の時計は全体的に遅いです。

ウインピクシスは昨年の福島記念(G3)において馬なりで4ハロン52秒8-上がり1ハロン11秒1という好時計を記録していたので、そのころのほうがよい状態に仕上がっていました。

しかしながら、今回の追い切りも決して悪い内容ではありません。

小倉は1戦1勝と相性のいい舞台ですし、現在の状態でも好走に期待できそうです。

エニシノウタ

エニシノウタ 1月11日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.939.812.9一杯
前走最終栗東坂路(稍重)  53.438.913.1末強め

エニシノウタは栗東坂路でワールドウインズ(セ7、オープン)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から僚馬を2馬身追走する形で一杯に追い、4ハロン53秒9-上がり1ハロン12秒9で同時併入しています。

映像はありませんが1週前の3日にも栗東坂路で併せ馬を行っています。

このときはウイングスオヴラヴ(セ5、1勝)を3馬身追走する形で一杯に追って全体時計54秒0-上がり1ハロン13秒0で、僚馬より1馬身遅れました。

1週前、最終追い切りともに共通しているのが一杯に追っている割には時計がまるで出ていないことです。

本当ならもっといいタイムで駆け抜けてほしいところですが、2週続けて時計面は目立っていません。

馬体を見てもなんとなく細い感じがしましたし、あまりいい仕上がりには感じませんでした。

エリカヴィータ

エリカヴィータ 1月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切小倉ダート(重) 74.858.142.412.2馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 68.652.937.611.3馬なり

エリカヴィータは他馬より一足先に現地に乗り込み、小倉ダートで単走を行っています。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追い、5ハロン74秒8-上がり1ハロン12秒2で走破しています。

今回は中3週ということで中間は坂路が5本、ウッドが2本と少なめですが間隔が短いのでそこまで気にしなくてよいでしょう。

映像はありませんが、1週前の3日は美浦ウッドでルージュクレセント(牝4、1勝)と2頭併せを行っています。

このときは僚馬より0.3秒先行する形でゴール前で仕掛けられ、5ハロン68秒4-上がり1ハロン11秒4でゴールし、実戦形式の追い切りができました。

映像がないので判断しづらいですが、終い1ハロン11秒4の時計はこの馬にしては速いですし、想定通りの動きができたのではないでしょうか。

最終追い切り映像も公開されていなかったので限られた情報で判断しますが、関東馬なので一足早く現地入りして直前の輸送リスクを回避しています。

軽い調整でしたが動き自体は軽快だったようですし、輸送も問題なくクリアしている感じがしました。

1週前もこの馬なりに動けているように見えましたし、仕上がり具合は良好でしょう。

グランスラムアスク

グランスラムアスク 1月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.667.052.038.012.1直強め
前走最終函館W(重  56.640.812.9馬なり

条件戦上がりのグランスラムアスクは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から直線強めに追われて6ハロン83秒6-上がり1ハロン12秒1でまとめています。

映像はありませんが1週前の1月3日には栗東坂路でコントレイルの全弟であるサンセットクラウド(牡5、3勝クラス)と併せて一杯に追われました。

この時の時計は7ハロン98秒6-上がり13秒1で僚馬に2馬身遅れています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

1週前に負荷をかけましたが最終追い切りでも直強めで気合を入れています。

5か月ぶりのレースということもあってか、全体的に身体は太いです。

また、直線に入って手前を替えてから伸びてもよかったのですが、いまいちスピードに乗っている感じがしませんでした。

1週前と比較すると時計面で良化しているのは間違いありませんが、まだまだ本調子ではなさそうです。

ここを一回使ったほうがもっと良くなるように見えました。

コスタボニータ

コスタボニータ 1月11日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  61.744.813.6馬なり
1週前栗東坂路(良)  54.239.612.3末強め
前走最終栗東坂路(良)  53.238.712.4一杯

中山金杯(G3)除外のため、こちらに切り替えたコスタボニータは栗東坂路で最終調整を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中やや内側から馬なりで単走を行い、全体時計61秒7-上がり1ハロン13秒6で走破しています。

1週前の3日も栗東坂路で末強めに追われ、全体時計54秒2-上がり1ハロン12秒3でまとめています。

このときは末強めということで序盤こそ軽めでしたが中盤からじわりと加速し、力強い歩様で坂路を駆けあがっていました。

そして、最終追い切りは完全に馬なりでしたが、とにかく気合が乗っていません。

序盤のうつむき加減の走りは3日の坂路追いでも見られましたが、今回は中盤以降もクビを上げたりよれたり走りに集中している感じがしませんでした。

陣営からしたら元々中山金杯に出走予定だったため、急遽相性のいい舞台ということで愛知杯を選択したと思います。

3日に末強めに追ったため今回は完全に馬任せでしたが、気合が明らかに乗っていないのはマイナスです。

ポテンシャルの高い馬だけに現在の状態でどれだけやれるか気になるところです。

セントカメリア

セントカメリア 1月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  56.140.012.5
前走最終栗東坂路(良)  53.938.912.3強め

オープン上がりのセントカメリアは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中外目から末強めに追われて全体時計56秒1-上がり1ハロン12秒5でまとめています。

前走から中2週ですが、いつも通り1日2本の坂路を直前まで出しており、いつも通りのローテーションを挟めているのは好感が持てます。

間隔を詰めていることから最終追い切りはまるで時計は出していません。

しかしながら、軽快な動きは健在でしたし状態面はよさそうです。

ただし、末強めに追われた割に終い時計は2ハロン25秒5-1ハロン12秒5と出ていません。

見た目では分かりませんが、内面で疲労も蓄積されているのかもしれないです。

もともと追い切りでは時計を出すタイプの馬ではありませんが、今回は末強めにしては時計が目立っていませんし、絶好のコンディションとは言い難かったです。

タガノパッション

タガノパッション 1月8日(月) 評価D
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.438.412.9馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  54.139.113.0馬なり

タガノパッションは8日に栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追い、全体時計53秒4-上がり1ハロン12秒9で駆け抜けています。

前走から3カ月以上レース間隔が空いていますが、調教が再開されたのは12月24日ごろからで、8本の時計を出していました。

10日や11日にも坂路で追い切りを行っていますが時計を出したのは8日なので実質的には8日が最終仕上げとなっています。

最終追い切り映像が公開されていなかったので判断の難しいところですが、馬なりとは言えいい時期に比べたら時計は平凡で目立っていません。

また、8日以降にも坂路で調整していることから、管理する武幸四郎調教師からしたらまだまだ発展途上と考えられているのかもしれません。

時計自体は馬なりなので及第点と捉えるとしても、他馬とは違った最終追い切り仕上げや、その後にさらに調整していることから、まだまだ改善の余地はあるのでしょう。

今回のタガノパッションに関しては追い切りよりもレース当日のパドックや返し馬で状態を確認したほうがよいかしれません。

テリオスマナ

テリオスマナ 1月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  56.039.412.2一杯
前走最終函館W(良) 70.654.440.012.8馬なり

2階級挑戦となるテリオスマナは栗東坂路で単走を行いました。

レース当日も騎乗する藤懸騎手を背に、馬場の外目から一杯に追われて全体時計56秒0-上がり1ハロン12秒2でゴールしました。

映像はありませんが、1週前の1月3日にも坂路で一杯に追われており、この時は自己ベストとなる4ハロン51秒9を出しています。

ちなみに、昨年の28日から本格的に調教を行っていますが、このときも坂路追で51秒9を出しました。

2週続けて坂路で時計を出した後ですが、最終追い切りでも一杯に追われました。

ただ、負荷をかけすぎたのか、全体時計に関しては直近2週間と比較すると大きく見劣りします。

また、追い切り映像を見ても気合の乗った走りをしていたものの首の使い方がオーバーで後ろ脚の幅も広くてシャープな動きとは言い難いです。

7か月ぶりのレースなので急ピッチで仕上げていますが、良化するのはここを一線使ってからだと思います。

フラーズダルム

フラーズダルム 1月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)81.866.852.737.711.9一杯
前走最終栗東CW(良)84.568.653.938.712.1直強め

フラーズダルムは栗東のウッドチップでメイショウシロガネ(牡6、2勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、僚馬を0.5秒追走する形で馬場の真ん中から一杯に追われて6ハロン81秒8-上がり1ハロン11秒9の時計でアタマ差先着しています。

中3週ということで中間の追い切りは3日の1本のみとなっていて、それ以前は28日にプールで3周ならしていました。

中間追い切り本数自体は少なめですが、最終追い切りでは4番目に速い81秒8という時計を出していました。

ただし、追い切り映像を見た限りは四肢に力が入っておらず、気合の乗った動きとは言えません。

もっとも、フラーズダルムはこれまでの追い切りを見てもピッチの利いた走りでクールに淡々と調整しながら本番でも善戦しているので、この馬に限ってみれば今回の動きでも順調に仕上がっているように見えました。

ミスフィガロ

ミスフィガロ 1月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.139.912.5馬なり
前走最終栗東芝(重)81.465.250.737.012.1馬なり

3勝クラスで善戦しているミスフィガロは栗東の坂路で単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中から馬なりで追われて4ハロン55秒1-上がり1ハロン12秒5で坂路を駆けあがりました。

前走から中2週ですが、中間は坂路で5本、ウッドで3本時計を出しており、乗りこなし量は十分です。

ただし、最終追い切り映像を見た限りはどこか気合の乏しい動きを見せていました。

脚さばきもどこか硬いですし、気持ちの乗った動きとは言い難いです。

前走から中2週が影響しているのか、それともこの間に本数をこなしたことが原因なのかは分かりませんが、前向きな追い切りではありませんでした。

ミッキーゴージャス

ミッキーゴージャス 1月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.539.112.2末強め
前走最終栗東CW(稍重)⑦99.167.853.137.311.2強め

両親ともにG1馬の良血馬であるミッキーゴージャスは栗東坂路で単走を行いました。

斎藤騎手(レース当日は川田騎手が騎乗)が手綱を握り、馬場の真ん中やや外目から末強めに追われて全体時計54秒5-上がり1ハロン12秒2でまとめました。

映像はありませんが、1月4日にはウッドチップで川田騎手を背にエーデルブルーメ(牝5、3勝クラス)と併せ、僚馬を1.1秒追走する形で強めに追い、6ハロン84秒4-上がり1ハロン11秒1の時計で2~3馬身先着しています。

1週前追い切りは映像こそありませんが時計面は優秀ですし、終い1ハロン11秒1でまとめあげたのもよいでしょう。

もともとミッキーゴージャスは終い時計が伸びるタイプですが1週前の段階である程度自身の力を発揮していました。

最終追い切りは坂路で末強めでした。

序盤こそソラを使う場面もありましたがその後は前を向いて淡々とした動きを見せています。

後ろ脚の踏み込みは少し浅い感じもしますが、脚さばきは機敏でしたし順調に動けています。

現役時代の両親の活躍を見た限りは仔であるミッキーゴージャスも高いポテンシャルを秘めていると思います。

久々の重賞戦でどのような走りを見せてくれるか、期待したい1頭です。

ルージュスティリア

ルージュスティリア 1月10日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.037.812.4馬なり
前走最終栗東CW(良)  53.437.711.4馬なり

一昨年のフローラステークス(G2)以来の芝2,000m戦となるルージュスティリアは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追われて4ハロン53秒0-上がり1ハロン12秒4で坂路を駆けあがっています。

今回は前走ターコイズステークス(G3)から中3週のレースとなりますが、中間は坂路で6本、ウッドで1本時計を残していました。

ちなみに、唯一行ったウッドの追い切りは今月4日のもので、このときはレース当日騎乗するモリス騎手が手綱を握って。馬なりでアナレンマ(セ6、2勝クラス)と併せ馬を行っています。

最終追い切りも坂路で馬なりでしたが、序盤からさっそうと坂路に現れ、踏み込みの強い走りで威勢よく坂路を駆けあがりました。

馬なりながらも気合が乗っていて気持ちの面では今回の出走馬のなかで一番前向きさが感じられます。

気合が乗りすぎていたのか、序盤こそ右往左往する場面がたびたび見られて操縦性に難がありそうに見えましたが、中盤以降は折り合いをつけてまっすぐ走ることができています。

この馬の癖が少し見えた追い切りでしたが直近の追い切りと比較しても全面的に前向きさが見えていたのか好感が持てますし、今の状態でどのようなレースを見せてくれるか、いまから楽しみな1頭になりました。

ローゼライト

ローゼライト 1月10日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.238.312.6馬なり
前走最終栗東CW(稍重)83.868.553.838.912.1末強め

昨年の新潟牝馬ステークス(L)で3着のローゼライトは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追われて全体時計52秒2-上がり1ハロン12秒6でまとめています。

中間は12月28日から1月8日の間で坂路時計が7本、ウッドの時計は1本のみとなっています。

ちなみに唯一行ったウッド追い切りは今月3日のもので、このときは馬場の真ん中ら一杯に追われて7ハロン96秒3の自己記録を更新しました。

最終追い切り映像がラスト1ハロン分(約10秒)くらいしかなかったので判断が難しいところではありますが、全体時計52秒2はこの馬の自己ベストです。

終い時計は12秒6と、物足りない感じもしましたが馬なりで自己ベストを出している点は評価したいです。

また、限られた映像の中でも力強い脚さばきが見られたのでこの馬なりに好仕上がりに見えました。

馬券が的中しない方へ

愛知杯(G3)日経新春杯(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると愛知杯(G3)日経新春杯(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

愛知杯2024追い切り評価ランキング

評価馬名
アレグロモデラート
ルージュスティリア
ローゼライト
ウインピクシス
エリカヴィータ
フラーズダルム
ミッキーゴージャス
エニシノウタ
グランスラムアスク
コスタボニータ
セントカメリア
テリオスマナ
ミスフィガロ
タガノパッション
同評価内は50音順になります。

愛知杯2024追い切り映像

愛知杯2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 愛知杯|JRA公式

愛知杯2024の最終予想

愛知杯2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)