スプリンターズS(G1)とシリウスS(G3)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【新潟記念2022予想】サマーシリーズ連対馬に注目!デムーロ騎手が絶好調

新潟記念2022予想

新潟記念2022の注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!

新潟記念2022予想の最終買い目を更新しました。

~~~★的中情報☆~~~

皆さん収支はいかがでしょうか?!

うましるでは毎週開催される重賞の展開と予想を行っています^^

先週開催された新潟2歳ステークスでは◎を打ったキタウイングが長く脚を使ってくれて見事勝利\(^o^)

また、2着には同じく末脚に定評のあるウインオーディンが馬券に絡んでくれました!!!

データ通り、前走の上がりの速い馬を選択して見事的中!

単勝8.1倍と馬連12.9倍が的中しました!!!

今週は夏競馬最終週!

札幌2歳ステークスと小倉2歳ステークス、そして激ムズハンデ重賞の新潟記念のデータを公開しています。

週末には予想も公開するのでぜひチェックしてみてくださいね(*’▽’) ~~~~~~~~~~~~

タップできる目次

新潟記念2022の概要

新潟記念はサマー2000シリーズを締めくくる新潟の名物競走です。

用いられるコースは芝の2,000mで、典型的な中距離コースとなっています。

しかしながら、出走するメンバーは骨のある馬ばかりです。

その理由は、ハンデ戦が導入されていることと、開催時期が影響しています。

春に活躍した有力馬のほとんどはハンデ戦を嫌って秋に開催されるオールカマーや毎日王冠、京都大賞典をステップにします。

しかし、見劣りながらもハンデの恩恵を受けられる馬はあえて新潟記念を使って収得賞金を稼ぐ傾向があります。

また、秋を目前にしているとはいえ、新潟記念は区分的には夏競馬なので荒れる傾向が強いです。

今年も骨のあるメンバーばかりが揃ってしまった新潟記念。

骨のあるメンバーの中から、どの馬が勝ち切るのか、注目です!

新潟記念2022の開催内容

開催日9月4日(日曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場新潟競馬場 新潟11R
コース芝2,000m(外)
性齢3歳以上
斤量ハンデ
1着賞金4300万円

新潟記念2022が開催される新潟の芝2,00m(外)の特徴

新潟競馬場 芝2000m(外)のコースで特徴を解説

新潟の芝2,000mは2つコースが存在します。

コーナーを4つ回る内回りコースとワンターンの外回りコースがあり、新潟記念では外回りの芝2,000mコースを使用します。

スタート地点は2コーナーの奥ポケットで、スタートから最初のコーナーまでは約950mもあります。

コーナーに近づくにつれ上り坂を駆け上がるコースとなっているため各馬息を入れるようにペースを落とします。

3.4コーナーは大回りのスパイラルコースとなっています。

カーブが緩くて広いため各馬一段となってコーナーを回ります。

3コーナーに坂の頂上が設けられていて、そこから下り坂を駆け下りるのでカーブではほとんどペースが落ちません。

4コーナーを過ぎると最後の直線に入ります。

直線に入って1Fほどは若干のアップダウンが存在しますが、そこを過ぎればあとはフラットな道となっています。

直線の長さは約659mで、日本の競馬場で一番長い直線コースが待ち受けています。

新潟競馬場は直線がとにかく長いのが特徴です。

最後の直線に入ってから3Fほど走るため、各馬はトップスピードを思う存分活かして走ることが可能です。

このようなコース形態となっているので、足を長く活かせる差しや追い込み馬はほかの競馬場と比較しても好走率が高いです。

また、新潟競馬場は全面野芝が敷かれていて、とにかくスピードを活かしやすいです。

もちろん、2000mの距離を長く走るための持久力も試されます。

意外かもしれませんが、新潟の芝2,000mは瞬発力と同じくらいトップスピードを維持する持久力が求められます。

スピードだけではなく、スピードを維持するためのスタミナも問われやすい舞台となっています。

新潟記念2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1イクスプロージョン牡456.0三浦皇成
2プレシャスブルー牡855.0M.デムーロ
3レッドジェネシス牡456.5内田博幸
4サンレイポケット牡757.5鮫島克駿
5ヒートオンビート牡557.0池添謙一
6カラテ牡657.5菅原明良
7ゴールドスミスセ853.0吉田豊
8ディアマンミノル牡555.0荻野極
9エヒト牡557.0田中勝春
10ココロノトウダイ牡555.0戸崎圭太
11プリマヴィスタ牡553.0松岡正海
12フォワードアゲンセ553.0江田照男
13カナリキケン牝449.0木幡初也
14コトブキテティス牝551.0武藤雅
15スカーフェイス牡655.0岩田康誠
16カイザーバローズ牡455.0津村明秀
17ユーキャンスマイル牡757.0石橋脩
18フェーングロッテン牡353.0松若風馬

過去10年の新潟記念のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201211トランスワープ7函館記念(G3)1
27タッチミーノット9七夕賞(G3)12
 39アスカクリチャン8小倉記念(G3)6
201314コスモネモシン10クイーンS(G3)7
稍重29エクスペディション8小倉記念(G3)6
 38ファタモルガーナ7七夕賞(G3)6
2014113マーティンボロ1小倉記念(G3)2
216クランモンタナ5マレーシアC(1600万)1
 315ラストインパクト3小倉記念(G3)6
201513パッションダンス6小倉記念(G3)6
稍重26マイネルミラノ9函館記念(G3)8
 34ファントムライト13モンゴル大統領賞(OP)16
2016117アデイインザライフ2常総S(1600万)1
214アルバートドック1七夕賞(G3)1
 312ロンギングダンサー9新潟大賞典(G3)6
201711タツゴウゲキ6小倉記念(G3)1
211アストラエンブレム1エプソムC(G3)2
 37カフジプリンス12小倉記念(G3)5
201811ブラストワンピース1日本ダービー(G1)5
25メートルダール6大阪杯(G1)10
 34ショウナンバッハ13福島TVOP(OP)7
201917ユーキャンスマイル2天皇賞(春)(G1)5
25ジナンボー6ジューンS(3勝)1
 36カデナ8小倉記念(G3)2
2020117ブラヴァス2七夕賞(G3)2
25ジナンボー3七夕賞(G3)9
 316サンレイポケット5ジューンS(3勝)1
2021116マイネルファンロン12函館記念(G3)14
217トーセンスーリヤ3函館記念(G3)1
 313クラヴェル2中京記念(G3)3

【実績】重賞で馬券に絡んでいるか確認したい

過去10開催の新潟記念の勝ち馬はいずれもこれまでに重賞で馬券に絡んだ経験がありました。

また、馬券に絡んだ30頭のうちの25頭が同じくこれまでに重賞で3着以内に絡んでいます。

荒れる傾向が強い新潟記念ですが、各馬の過去の実績をくみ取ってみるのもいいでしょう。

ちなみに、今年の出走馬18頭のうち、過去に重賞で3着以内に絡んだ馬は11頭います。

・エヒト(七夕賞1着)
・カイザーバローズ(新潟大賞典2着)
・カラテ(東京新聞杯1着)
・ココロノトウダイ(中山金杯2着)
・サンレイポケット(新潟大賞典1着)
・スカーフェイス(函館記念3着)
・ヒートオンビート(七夕賞2着)
・フェーングロッテン(ラジオNIKKEI賞1着)
・プレシャスブルー(新潟大賞典3着)
・ユーキャンスマイル(新潟記念1着)
・レッドジェネシス(京都新聞杯1着)

【騎手】デムーロ騎手が絶好調

全盛期のころを知っている人からしたら調子を落としているように感じるM.デムーロ騎手。

ところが、新潟記念に限ってみると過去10年で6回騎乗し、【2-3-0-1】の好成績を残しています。

昨年も12番人気のマイネルファンロンを勝利に導いているのでその実力は本物でしょう。

今年はプレシャスブルーに騎乗予定のデムーロ騎手。

騎手買いされる方はぜひ押さえてください!

【年齢】3歳馬は軽視したい

過去10年の新潟記念では3歳馬は8頭参戦しましたが、馬券に絡んだのは18年の勝ち馬ブラストワンピースのみでした。

15年のミュゼスルタン(1番人気)や20年のワーケア(1番人気)、21年のラーゴム(7番人気)など、過去に重賞実績のあった3歳馬はことごとく敗れています。

新潟記念では古馬の年齢に差はありませんが、3歳馬は不振傾向にあるので注意したいですね。

今年はラジオNIKKEI賞を制したフェーングロッテンが唯一の3歳馬の参戦となります。

新潟記念(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の新潟記念の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
2番人気【3-0-1-6】30.0%30.0%40.0%
3番人気【0-2-1-7】0.0%20.0%30.0%
4番人気【0-0-0-10】0.0%0.0%0.0%
5番人気【0-1-1-8】0.0%10.0%20.0%
6番人気【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
7~9番人気【1-3-4-23】3.2%12.9%25.8%
10番人気以下【2-0-3-73】2.6%2.6%6.4%

上位勢の信頼度は低い

過去10開催の新潟記念の好走馬を見ると、1.2番人気は合計で5勝しています。

ところが、3~5番人気は勝ち馬がいません。

対して、6番人気から12番人気の馬は5勝しているように、新潟記念は不人気馬が頻繁に馬券に絡んでいます。

新潟記念は上位人気の信頼度はそこまで高くありません。

過去10年の新潟記念の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【3-0-0-15】16.7%16.7%16.7%
2枠【1-0-1-16】5.6%5.6%11.1%
3枠【1-3-1-14】5.3%21.1%26.3%
4枠【1-2-2-15】5.0%15.0%25.0%
5枠【0-0-2-18】0.0%0.0%10.0%
6枠【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%
7枠【1-1-2-22】3.8%7.7%15.4%
8枠【3-2-1-22】10.7%17.9%21.4%

最内&最外>中枠

過去10年の新潟記念の勝ち馬を見ると、1枠と8枠からそれぞれ3頭の勝ち馬を輩出しています。

勝ち馬を見るなら極端な内枠もしくは外枠の馬から選択したいところ。

ただし、複勝率を見るともっとも数値が高いのが3.4枠で25%を超えています。

新潟記念は枠の影響はそこそこ大きいですが、勝ち馬は内もしくは外の馬からチョイスし、相手候補は中枠から選ぶのが良いかもしれません。

過去10年の新潟記念の前走別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
小倉記念【3-1-4-20】10.7%14.3%28.6%
函館記念【2-2-0-10】14.3%28.6%28.6%
七夕賞【1-3-1-14】5.3%21.1%26.3%
ダービー【1-0-0-4】20.0%20.0%20.0%
天皇賞(春)【1-0-0-2】33.3%33.3%33.3%

サマーシリーズ連対馬が優勢!

過去10開催の新潟記念の好走馬を見てみると、勝ち馬で目立つのは前走が小倉記念や函館記念、七夕賞といったサマー2000シリーズを使われた馬が多いです。

前走がサマー2000対象レースだった馬は、新潟記念で結果を残すと、この年のサマー2000チャンピオンになれる可能性が高いです。

そのため、出走馬によっては新潟記念をメイチにとらえて出走する馬もいますよ。

前走がサマー2000対象レースでなおかつ好走した馬は要チェックしましょう。

今年の出走馬で前走サマー2000レースだった馬は下記の6頭です。

・エヒト(七夕賞1着)
・サンレイポケット(函館記念5着)
・スカーフェイス(函館記念3着)
・ヒートオンビート(七夕賞2着)
・プリマヴィスタ(前々走七夕賞9着)※前走小倉記念は出走取り消し
・レッドジェネシス(七夕賞15着)

前走G1組も好走

過去10年の新潟記念では前走がG1だった馬は10頭が出走し、2頭が勝ち星を手にしました。

絶対数こそ少ないですが、前走G1組も好走しています。

今年の出走馬で前走がG1だった馬は3頭います。

・カラテ(安田記念16着)
・コトブキテティス(エリザベス女王杯13着)
・ユーキャンスマイル(天皇賞(春)13着)

関屋記念ではなくあえてこちらを選択したカラテや、19年度の勝ち馬ユーキャンスマイルに注目したいですね!

新潟記念2022の注目馬3頭

例年通り、今年も骨のあるメンツばかりが揃った新潟記念。

レース前から荒れる香りがプンプンしています。

今年の新潟記念で注目度の高い馬を3頭紹介します。

ヒートオンビート

月曜日の段階で1番人気に支持されているヒートオンビートが人気の一角です。

これまで重賞では常に上位に入線し、2走前の天皇賞(春)でも4着に入線しました。

舞台適性の幅が広く、東京や阪神、福島といった全く異なる舞台で結果を残しています。

新潟競馬場は初めてですが、どんな舞台にも順応に対応できる力があるのでそこまで気にすることはないでしょう。

前走の七夕賞では上がり最速34秒3の末脚で2着に入線しています。

新潟はトップスピードを維持しやすい舞台なのでヒートオンビートの脚質には合うでしょう。

悲願の初重賞制覇なるか、注目です。

★評価点
・舞台適性の幅が広い
・末脚に定評がある

▼課題
・器用貧乏で勝つための武器が欲しい

サンレイポケット

メンバー随一の左回り巧者であるサンレイポケットも注目したい馬です。

サンレイポケットは2年前の新潟記念で3着に入線している馬で、昨年の新潟大賞典も制しています。

新潟はこれまでに3戦挑んで【1-1-1-0】とすべて馬券に絡んでいるように新潟は得意としていますね。

また、昨年の天皇賞(秋)やジャパンカップではコントレイルやエフフォーリアといった強敵相手に4着に入線。

左回りでは一流ホース相手にも太刀打ちできるだけの力があります。

得意の新潟の舞台で、2つめの重賞タイトルを狙います。

★評価点
・左回り巧者
・新潟はすべて馬券に絡んでいる

▼課題
・好走と不振のムラが少しある

イクスプロージョン

今年に入って上がり調子のイクスプロージョンが重賞タイトルを狙います。

今年は5戦レースを使われましたがすべて左回りのコースでした。

そして、いずれのコースでも馬券に絡んでいて、左回り適性が感じられます。

前走の関越ステークスでは時計の出る高速馬場のなか、キングストンボーイの追撃を退け勝利しました。

時計の出る馬場を得意としていますが、4走前の熊野特別では時計のかかる稍重馬場で好走しているので、タフな馬場でも結果を残しています。

新潟記念は開催最終週に行われるのでタフな馬場における適性も重視されます。

開催最終週でどのような馬場になったとしても、好走できるだけの脚があるのはプラス評価したいですね。

久々の重賞でどこまで健闘できるでしょうか。

楽しみな1頭です。

★評価点
・左回り巧者
・上がり調子
・高速馬場でもタフな馬場でも対応可能

▼課題
・データと相性の悪い重賞凡走馬

新潟記念2022の穴馬2頭

新潟記念は荒れる中距離重賞です。

今年の出走馬を見る限り、だれが馬券に絡んでもおかしくありませんね。

今年の出走馬の中から激走する可能性を秘めた穴馬を2頭まとめました。

カラテ

マイルの常連であるカラテが、久々に芝2,000mの舞台に挑みます。

カラテはもともとマイルで頭角を露わにしている馬なので、脚質的には半月前に開催された関屋記念が合っていたはずです。

ところが、陣営はそれを踏まえた上であえて中距離の新潟記念に出馬することを決めました。

これまで芝の2,000mは【1-0-0-8】で調子を落としているように思いますが、最後に芝2,000mを走ったのは今から2年半前の20年春です。

カラテが本格化したのは21年の初冬なので、これまでの芝2,000mにおける戦績は度外視してもよさそうです。

今年は1,800mが舞台の中山記念でも好走しているように、いまのカラテであれば芝2,000mにも対応できそうです。

ここの結果次第で秋のレースプランも大きく変わることを考えたら、大事な一戦となりますね。

★評価点
・関屋記念ではなく新潟記念を選んだことから陣営の本気度がうかがえる
・過去の芝2,000mの戦績は気にしなくてもよい

▼課題
・久々の芝2,000m

エヒト

陣営の新潟記念に対しての覚悟ならエヒトも負けていません。

前走の七夕賞では好位から3.4コーナーでスパートを仕掛け、直線でも力をフルに発揮して重賞初勝利を手にしました。

勢い真っただ中ですが、舞台が福島から新潟と、真逆と言ってもいい舞台に変わるのは少し気になるところ。

また、重賞タイトルをつかんだことで斤量が前走の54キロから57キロに大幅増減するのもマイナスポイントです。

しかしながら、今年の新潟サマーシリーズ2000でエヒトはポイントランキング第3位に入っています。

エヒトよりもポイントの高いハヤヤッコとジャックドールは新潟記念に出走しないため、着順次第でエヒトの優勝も見えてきました。

エヒトは新潟記念で4着以上に入線し、なおかつヒートオンビートが2着以下に入線すれば優勝となり、賞金が加算されます。

優勝するためにも陣営はメイチで仕上げてくることでしょう。

舞台適性がかみ合うかは未知数ですが、当日の仕上げ次第で馬券に絡めても面白そうです。

★評価点
・サマー2000チャンピオンに王手

▼課題
・斤量増加
・前走から見て舞台が大きく変わる

新潟記念2022予想の最終買い目

新潟記念(晴れ良馬場想定)

新潟の天気は正直かなり読みづらいです。

以前も雨予報が入っていたにもかかわらず、当日に晴れる予報が出て思ったよりも馬場は悪化しなかった時があります。

今週末の新潟界隈の予報を見ると、金曜日時点で芝は良馬場ですがダートは稍重馬場です。

土曜日は午後から少し雨が降り、夜中も降るようです。

しかし、日曜日になると天気は回復し、気温も29度近くまであがるそうです。

そのため、うましるでは新潟記念が開催される日曜日は晴れの良馬場を想定しながら予想を行います。

◎本命 6 カラテ

トゥザグローリー
レディーノパンチ
母父フレンチデピュティ
主な勝ち鞍東京新聞杯(G3) 2021年
前走安田記念(G1) 16着

本命はカラテにします。

昨年の東京新聞杯の勝ち馬で、その後の戦績をみてもベスト距離は明らかにマイルであることは明白です。

ところが、同競馬場で開催されるサマーマイルの関屋記念ではなく、好走実績が極端に少ない芝2,000mの新潟記念に参加しました。

これまで凡走続きだった芝2,000mの戦績は本格化する前のデータなので気にすることはないですが、関屋記念ではなくあえてこちらを選択する陣営の考えは尊重したいです。

実際に本格化した後は芝1,800mの中山記念でも結果を残しているように距離は伸ばしても問題ないでしょう。

出し切れるようでしたらメンバー最上位の実力馬です。

距離延長を乗り越え、秋の大舞台の選択肢を増やしたいですね。

〇対抗 5 ヒートオンビート

キングカメハメハ
マルセリーナ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍美濃S(3勝クラス) 2021年
前走七夕賞(G3) 2着

対抗にはヒートオンビートを選択しました。

現時点で1番人気に支持されていますが、過去の戦績をほかの馬と比較すればするほど、ヒートオンビートを軸にしたくなります。

それほどこの馬の安定した戦績は目を張るものがありますね。

G1の天皇賞(春)でも4着に入線していますし、どんな舞台でも上位争いできる安定感は、初の新潟のレースでも信頼できます。

また、前走の七夕賞はエヒトに敗れたとはいえ2着に入線しているので、着順次第ではヒートオンビートがサマーシリーズ2000のチャンピオンになる可能性も残っているのです。

サマーチャンピオンを目指すか、純粋に初重賞タイトルを狙っているかは未知数ですが、どちらにしろ仕上げてくるため、この馬が激走する可能性は高いでしょう。

▲単穴 2 プレシャスブルー

ディープインパクト
オンワードミシェル
母父アンバーシャダイ
主な勝ち鞍初富士S(3勝クラス) 2020年
前走関越S(OP) 12着

単穴にはプレシャスブルーを選択します。

プレシャスブルーは騎手で買いました。

考察の段階でも触れましたが、今回プレシャスブルーに騎乗するM.デムーロ騎手はとにかく新潟記念と相性がいい騎手です。

近年は下り調子ですが、新潟記念だけは別人のように活躍し、昨年も12番人気のマイネルファンロンを勝利に導いていてその実力は本物です。

プレシャスブルー自身は8歳のディープインパクト産駒ということで非常に買いづらいですが、騎手の力量で上位争いできるかもしれません。

土曜日の段階で13番人気の単勝オッズ40.5倍で配当妙味も大きいので馬券に絡めることにしました。

抑え 17 ユーキャンスマイル

キングカメハメハ
ムードインディゴ
母父ダンスインザダーク
主な勝ち鞍阪神大賞典(G2) 2020年
前走天皇賞(春)(G1) 13着

ユーキャンスマイルも抑えておきます。

7歳馬という年齢にくわえて、近走の凡走続きが響いて土曜日の段階で10番人気の馬です。

しかしながら、これまで挑んだレースがいずれもG1もしくはG2で、常に一流ホースとレースを繰り広げていました。

今回は久々のG3戦でこれまで戦ってきた相手レベルと比較するとはるかに楽です。

いわゆる格下戦になるので、実力を発揮すれば上位争いできる可能性もあります。

3年前のこの舞台の勝ち馬ですし、久々の舞台で思う存分末脚を活かしてほしいです。

単勝

6 カラテ

馬連流し

軸馬:6
相手:2、4、5、15、17

三連複フォーメーション

1頭目:6
2頭目:2、4、5、15、17
3頭目:2、4、5、15、17

以上になります。
新潟記念の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次