きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【京都金杯2023予想】注目馬3頭+穴党におすすめしたい穴馬2頭はこちら!

京都金杯2023予想の最終買い目を更新しました!

京都金杯2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

京都金杯2023の概要

京都金杯は1月5日に開催される重賞競走で、一年の最初に開催される重賞です。

関東で開催される中山金杯も同日に行われ、2つの重賞を合わせて【東西金杯】と称することもあります。

例年京都競馬場で開催されますが、今年は京都競馬場改修工事のため、昨年に引き続き、中京競馬場で代替開催されることになりました。

さて、京都金杯の舞台となるのは芝1,600mです。

東日本で行われる中山金杯が芝2,000mで中距離馬が多数集まるのに対し、京都金杯は初春から状態を上げてきたマイラーが多数参戦しますよ。

過去にはダノンシャークやエアスピネル、サウンドキアラにダイアトニックといったのちのG1レースで馬券に絡む馬が多数結果を残しています。

金杯は年の最初に行われる重賞なので、G3レースながらも売り上げは上々。

また、競馬関係者にとっても最初の重賞を手にすることは縁起がよく、有力馬がたくさん参戦します。

今年も安田記念で1番人気に支持されたイルーシヴパンサーをはじめ、マテンロウオリオンやオニャンコポンといった面子が揃いました。

一年の計は金杯にあり。

西の金杯を制するのはどの馬でしょうか?!

京都金杯2023の開催内容

開催日1月5日(木曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場中京競馬場 中京11R
コース芝1,600m
性齢4歳以上
斤量ハンデ
1着賞金4300万円

京都金杯2023が開催される中京の芝1,600mの特徴

中京競馬場 芝1600mのコースで特徴を解説

中京の芝1,600mのスタート地点は1.2コーナーの中間奥に敷かれたポケットです。

スタートから最初の2コーナーまでの距離が短いため、外枠を引いてしまった逃げ・先行馬はそれだけ不利が生じやすいです。

向こう正面は途中までゆるやかな上り坂ですが、半ば付近のてっぺんを過ぎると長い下り坂に差し掛かります。

3.4コーナーは大回りコースとなっています。

大回りなので極端にペースダウンしなくてもコーナーを回ることが可能です。

この3.4コーナーは終始下り傾斜でなおかつラスト3Fの標識が立っていることからむしろペースアップすることが多いです。

最後の直線は約410mとかなり長いです。

また、直線上には中山の急坂に匹敵する上り坂があります。

そのため、後ろで力を温存していた差し・追い込み馬のほうが好走傾向にあるのが特徴です。

また、最後の坂はスタミナとパワーを有するため、中距離色の強い馬のほうが好走しています。

京都金杯2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ベレヌス牡658.0西村淳也
2プレサージュリフト牝454.0D.イーガン
3ピースワンパラディ牡757.5松山弘平
4アルサトワ牡657.5幸英明
5エアロロノア牡658.0福永祐一
6タイムトゥヘヴン牡558.0北村友一
7イルーシヴパンサー牡558.0岩田望来
8ヴィクティファルス牡557.0団野大成
9ダイワキャグニーセ958.0岩田康誠
10マテンロウオリオン牡457.0横山典弘
11エントシャイデン牡857.5坂井瑠星
12シュリ牡758.0鮫島克駿
13オニャンコポン牡456.0菅原明良
14カイザーミノル牡757,0荻野極
15シャーレイポピー牝553.0富田暁
16ミッキーブリランテ牡757.5藤岡佑介

過去10年の京都金杯のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201311ダノンシャーク1マイルCS(G1)6
23トライアンフマーチ6朝日チャレンジカップ(G3)11
 38ヤマニンウイスカー7キャピタルステークス(OP)1
201412エキストラエンド6毎日王冠(G2)9
26オースミナイン1ゴールデンホイップT(1,600万)1
 310ガルボ5阪神カップ(G2)2
201514ウインフルブルーム5チャレンジカップ(G3)8
21エキストラエンド4マイルCS(G1)5
 32マイネルメリエンダ7キャピタルステークス(OP)5
201617ウインプリメーラ3リゲルステークス(OP)5
214テイエムタイホー13阪神カップ(G2)16
 36ミッキーラブソング7タンザナイトS(OP)2
201716エアスピネル1菊花賞(G1)3
21ブラックスピネル6チャレンジカップ(G3)5
 35フィエロ5阪神カップ(G2)3
201819ブラックムーン4リゲルステークス(OP)5
213クルーガー3マイルCS(G1)7
 37レッドアンシェル1リゲルステークス(OP)1
2019112パクスアメリカーナ1リゲルステークス(OP)1
215マイスタイル5中日新聞杯(G3)8
 37ミエノサクシード11ターコイズステークス(G3)9
202013サウンドキアラ3リゲルステークス(L)3
26ダイアトニック2マイルCS(G1)10
 37ボンセルヴィーソ14渡月橋S(3勝)3
202112ケイデンスコール12オーロカップ(L)6
24ピースワンパラディ2キャピタルステークス(L)1
 313エントシャイデン14リゲルステークス(L)10
202217ザダル7富士ステークス(G2)7
211ダイワキャグニー11武蔵野ステークス(G3)8
 310カイザーミノル2天皇賞(秋)(G1)14

【配当】中山金杯よりも配当妙味あり

過去10年の京都金杯の配当を見てみると、馬連の万馬券は過去10年で2回飛び出し、三連単の万馬券は過去10年すべてにおいて出ています。

同日に開催される中山金杯の過去10年における馬連平均配当が3,000円台に対し、京都金杯は馬連平均配当が5,000円台でした。

このことから、中山金杯よりも波乱の可能性が高いレースなのです。

穴党は京都金杯のほうが予想しがいがあるでしょう。

【ハンデ】57キロ以上の馬が安定

ハンデ成績単勝率連対率複勝率
52キロ以下【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
53キロ【2-0-1-12】13.3%13.3%20.0%
54キロ【0-1-4-29】0.0%2.9%14.7%
55キロ【3-1-0-29】9.1%12.1%12.1%
56キロ【1-2-3-29】2.9%8.6%17.1%
56.5キロ【1-0-0-4】20.0%20.0%20.0%
57キロ【2-3-0-15】10.0%25.0%25.0%
57.5キロ【1-2-1-9】7.7%23.1%30.8%
58キロ以上【0-1-1-2】0.0%25.0%50.0%

過去10年の京都金杯の好走馬をハンデ別にまとめました。

好走率が低いのは斤量52キロ以下の馬でこれまで6頭が挑みましたが1頭も馬券に絡むことがありませんでした。

また、斤量54キロの馬もこれまで34頭が出走し、1頭も勝利していません。

好走しているのは重ハンデを課せられた馬です。

斤量57キロ以上を背負った馬は【3-6-2-26】で、56キロは3着以内6頭。55キロの馬も3勝しています。

このうち、2022年度は57.5キロを背負ったザダルとダイワキャグニーがともにワンツーを決めていました。

この2頭は重賞タイトルを手にしながらも近走の凡走から人気を落としていましたが、この舞台で復活を遂げています。

このことから、これまでの実績から人気を落とした重ハンデ馬の激走がたびたび見られるレースなのです。

今年の出走馬で斤量57キロ以上の馬は13頭います。

アルサトワ(57.5キロ)
イルーシヴパンサー(58キロ)
エアロロノア(58キロ)
エントシャイデン(57.5キロ)
カイザーミノル(57キロ)
シュリ(58キロ)
タイムトゥヘヴン(58キロ)
ダイワキャグニー(58キロ)
ピースワンパラディ(57.5キロ)
ベレヌス(58キロ)
マテンロウオリオン(57キロ)
ミッキーブリランテ(57.5キロ)
ヴィクティファルス(57キロ)

斤量54キロ以下の馬はシャーレイポピープレサージュリストの2頭が該当しました。

【左回り適性】左回りコースの重賞で馬券に絡んだ馬に注目!

京都金杯は近2年のみ中京で代替開催されています。

この2開催で馬券に絡んだ馬は人気落ちの馬も多いですね。

実は、近2開催で馬券に絡んだ6頭のうちの5頭(エントシャイデン以外)はいずれもこれまでに左回りの競馬場(東京・中京・新潟)における重賞で馬券に絡んだことのある馬でした。

ケイデンスコール新潟競馬場新潟2歳ステークス(1着)
ピースワンパラディ東京競馬場青葉賞(3着)
ザダル東京競馬場エプソムカップ(1着)
ダイワキャグニー東京競馬場エプソムカップ(1着)
カイザーミノル東京競馬場京王杯SC(3着)

今年も中京で代替開催されるので、左回りの重賞で実績のある馬がいれば抑えておくのもよさそうです。

今年の出走馬でこれまでに左回り競馬場における重賞で馬券に絡んだことのある馬は10頭いました。

イルーシヴパンサー(東京新聞杯1着)
エントシャイデン(京都金杯3着)
カイザーミノル(京都金杯3着)
シュリ(関屋記念2着)
タイムトゥヘヴン(京王杯SC3着)
ダイワキャグニー(京都金杯2着)
ピースワンパラディ(青葉賞3着)
プレサージュリスト(クイーンC1着)
マテンロウオリオン(NHKマイルC2着)
ヴィクティファルス(共同通信杯2着)

京都金杯(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の京都金杯の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-1-1-5】30.0%40.0%50.0%
2番人気【0-2-1-7】0.0%20.0%30.0%
3番人気【2-1-0-7】20.0%30.0%30.0%
4~6番人気【3-4-2-21】10.0%23.3%30.0%
7~9番人気【1-0-3-26】3.3%3.3%13.3%
10番人気以下【1-2-3-69】1.3%4.0%8.0%

上位人気の信頼度は低い

過去10年の京都金杯の好走馬を人気別にまとめました。

1番人気はこれまで10頭が出走し、5頭しか馬券に絡んでいません。

2.3番人気の馬もそれぞれ3頭ずつしか馬券に入選しませんでした。

また、中京で代替開催された近2年はともに二けた人気の馬が連対し、馬連の配当は8,000を超えています。

京都金杯はもともと上位人気の信頼度が高くありませんが、中京開催ではよりその傾向が強くなっていますよ。

過去10年の京都金杯の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【3-2-1-13】15.8%26.3%31.6%
2枠【2-2-0-15】10.5%21.1%21.1%
3枠【1-2-2-14】5.3%15.8%26.3%
4枠【2-0-3-15】10.0%10.0%25.0%
5枠【0-0-3-17】0.0%0.0%15.0%
6枠【2-1-0-17】10.0%15.0%15.0%
7枠【0-1-1-21】0.0%4.3%8.7%
8枠【0-2-0-23】0.0%8.0%8.0%

内枠のほうが好走率は高い

過去10年の京都金杯の好走馬を枠順別にまとめました。

もっとも好走率が高いのが1枠の馬で、これまでに3頭の勝ち馬が出ています。

中京で代替開催された2020年度も12番人気のケイデンスコールが勝利をつかみました。

逆に、7.8枠はそれぞれ2頭しか馬券に絡んでいません。

複勝率を見ても8%台と、それ以外の枠と比較すると著しく好走率を落としていました。

中山金杯同様、京都金杯においても7.8枠は死に目なのです。

今年の京都金杯で7.8枠を引いたのは7枠オニャンコポンカイザーミノル、8枠シャーレイポピーミッキーブリランテです。

過去10年の京都金杯の前走着順別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
前走1着【1-2-3-23】3.4%10.3%20.7%
前走2着【0-0-2-6】0.0%0.0%25.0%
前走3着【2-0-1-9】16.7%16.7%25.0%
前走4着【0-0-0-11】0.0%0.0%0.0%
前走5着【2-2-1-8】15.4%30.8%38.5%
前走6~9着【5-3-1-28】13.5%21.6%24.3%
前走10着~【0-3-2-50】0.0%5.5%9.1%

前走凡走組が激走しやすい

過去10年の京都金杯の好走馬を前走着順別にまとめました。

京都金杯は前走1着だった馬は過去10年で6頭しか馬券に絡んでいません。

対して、前走5着以下だった馬は7頭が勝利をつかみ、19頭が馬券に絡みました。

京都金杯は前走凡走からの巻き返しがたびたび見られるレースです。

前走で馬券に絡めていなくても、油断禁物なのです。

京都金杯2023の注目馬3頭

京都金杯は昨年以前にマイル路線で活躍した馬、もしくはマイルに路線変更した馬が参戦します。

今年の出走馬で注目したい馬を3頭紹介します。

イルーシヴパンサー

昨年の東京新聞杯は後方からの追い込み一気で上がり最速33秒1の末脚を使ってファインルージュやカラテに先着しました。

安田記念でも1番人気に支持されましたが、スローペースで出し切れずに敗退。

夏の関屋記念においても思うように力を発揮できずに11着に敗れています。

近2戦は東京新聞杯で見せたキレ味が全く見られませんでした。

得意の左回りですし、状態が昨年の東京新聞杯のころまで回復していたらここは強いですが、もしも戻っていなければ関屋記念の時のような大敗もあり得るでしょう。

当日のパドックと返し馬がポイントになりそうです。

★評価点
・東京新聞杯が強い
・安田記念で1番人気に支持された

▼課題
・近2戦が負けすぎ

マテンロウオリオン

昨年のこの時期に開催されたシンザン記念の勝ち馬です。

シンザン記念は今回と全く同じ中京の芝1,600mで行われましたが、先行から器用に出し抜いて勝利をつかみました。

NHKマイルカップでもダノンスコーピオンのクビ差2着ですし、世代の中では上位のマイラーです。

近3戦はいずれも大敗していますが、マイルCSは相手関係が強かったこと、その前の2戦(ダービーとスワンステークス)は距離が不適性だった可能性もあります。

ここは得意のマイルですし、前走よりも相手関係は楽なので、今年の初陣を飾りたいです。

★評価点
・同じ舞台で行われたシンザン記念の勝ち馬
・NHKマイルで2着

▼課題
・ここが正念場

プレサージュリスト

4歳の牝馬であるプレサージュリストは昨年のクイーンカップの勝ち馬です。

クイーンカップではのちに桜花賞・オークスを制するスターズオンアースに先着しました。

クラシックはいずれも着外でしたがもっとも上位入選したのが左回りのオークスです。

過去の戦績を見ても左回りの舞台で結果を残しているので、はじめての中京でも出し切れる可能性は高いですよ。

データと相性の悪い斤量54キロ組ですが、初の古馬戦でふたつめの重賞タイトルをつかみたい。

★評価点
・左回り巧者
・左回りのマイルは2戦2勝

▼課題
・データと相性が悪い54キロ組

京都金杯2023の穴馬2頭

京都金杯は波乱の要素を多大に含んだレースで、頻繁に荒れています。

今年の出走馬の中で配当に期待できそうな馬を2頭紹介します。

ダイワキャグニー

今年で9歳のダイワキャグニーはこれまで8勝していますが、そのすべてが左回りの東京競馬場のものでした。

東京専用機に思いますが、昨年の京都金杯でも2着に食い込んでいるように、中京でも台頭し、左回りコースが得意です。

その後は大敗が続いていますが…。

年齢的な衰えは否めませんが、昨年2着に入選した舞台ですし、抑えるのも面白いと思いますよ。

★評価点
・昨年2着
・左回りが得意

▼課題
・9歳馬
・京都金杯を最後、大敗が続いている

エアロロノア

昨年の京都金杯で1番人気に支持されたものの、人気に応えられず6着に敗れました。

近4戦は重賞レースを使われましたがいずれも馬券に絡めていません。

ところが、マイルCSは勝ち馬セリフォスとタイム差0.4秒の7着。

そして3走前の安田記念も7着とはいえ勝ち馬のソングラインとの差はわずか0.2秒でした。

着順以上に大敗していない点は評価したいですね。

これまで戦ってきた相手を比較すると今回はメンバーレベルが楽です。

近走の着順だけで人気を落とすのであれば、狙い目かもしれませんよ。

★評価点
・強い相手と戦ってきた
・昨年挑んだふたつのマイルG1は着順以上に負けていない

▼課題
・昨年の京都金杯は人気を裏切る結果となってしまった

京都金杯2023予想の最終買い目

京都金杯の予想(曇り良馬場想定)

今年の京都金杯は昨年に引き続き中京競馬場で開催されます。

木曜日の中京は曇りの予報がでていますが、降水確率は30%で降らない可能性が高いです。

また、前日までは晴れ時々曇りで降水確率も20%なので、雨の心配はそこまで気にしなくてもよいでしょう。

馬場状態ですが、開幕週なので正直なんともいえません。

しかしながら、冬時期ということで極端な高速馬場で開催される可能性は低いでしょう。

うましるでは曇りの良馬場、標準くらいの馬場を想定しながら予想を行います。

◎本命 7 イルーシヴパンサー

ハーツクライ
イルーシヴキャット
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍東京新聞杯(G3) 2022年
前走関屋記念(G3) 11着

昨年の東京新聞杯が非常に強い内容で、のちに安田記念で1番人気に支持されるほどでした。

安田記念は仕掛けが遅すぎて敗退しており、前走の関屋記念も状態面が悪かったように思います。

陣営もそれを察してか、関屋記念を最後、昨年はレースを使いませんでした。

ここは試金石となりますが、しっかりと休養をはさんだことで、東京新聞杯のときみたいな追い込みが見られることに期待したいです。

〇対抗 5 エアロロノア

キングカメハメハ
エアワンピース
母父ロックオブジブラルタル
主な勝ち鞍六甲S(L) 2022年
前走マイルチャンピオンS(G1) 7着

対抗はエアロロノアにします。

非重賞馬ですが、昨年は春秋マイルG1に出走しました。

どちらも馬券外に敗れていますが勝ち馬との差は0.4秒以内です。

メンバーレベルの高いG1レースで勝ち馬と接戦しているのは高く評価したいですね。

昨年戦ってきたメンバーと比較するとここは明らかに楽です。

騎乗する福永騎手も来月引退ですし、ベストを尽くした騎乗をしてもらいたいです。

▲単穴 2 プレサージュリフト

ハービンジャー
シュプリームギフト
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍クイーンC(G3) 2022年
前走秋華賞(G1) 9着

単穴はプレサージュリフトにしました。

これまでの戦績から左回りの舞台が得意なのは間違いありません。

また、キャリア5戦のうちの2勝はいずれもマイルでした。

このことから、左回りのマイルで行われる今年の京都金杯はプレサージュリフトにとってベスト条件といえるでしょう。

キャリア初の古馬戦ということで少し評価を下げていますが、ここで結果を残したら春のマイル路線への期待も高まりますね。

△連下 6 タイムトゥヘヴン

ロードカナロア
キストゥヘヴン
母父アドマイヤベガ
主な勝ち鞍ダービー卿CT(G3) 2022年
前走キャピタルS(L) 8着

タイムトゥヘヴンは連下にしました。

面白いのが3走前のエプソムカップで、重馬場で力が求められる条件下ながらも上がり33秒9の末脚で5着に入選。

勝ち馬のノースブリッジとタイム差0.2秒だったのです。

力のいる馬場で上がり33秒台を叩き出したのも立派ですし、最後の最後まで差を詰めた競馬はタフな舞台でも存分に活かせるでしょう。

中京は初めてですが後の直線上の坂が非常に長く力が求められるので、タイムトゥヘヴンの脚質に合うと思い馬券に絡めることにしました。

△連下 9 ダイワキャグニー

キングカメハメハ
トリプレックス
母父サンデーサイレンス
主な勝ち鞍エプソムC(G3) 2020年
前走富士S(G2) 14着

大穴でダイワキャグニーを抑えます。

左回りが得意な馬ですが、9歳という年齢もあって、前走の富士ステークスは得意の左回りでも二けた着順に沈みました。

しかしながら、前日の段階で単勝オッズ61倍の12番人気なら抑えておいてもそこまでリスクではありません。

昨年の2着馬ですし、保険を掛けることにしました。

単勝

7 イルーシヴパンサー

馬連ボックス

2、5、6、7、9

三連複ボックス

2、5、6、7、9

以上になります。
京都金杯の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次