[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【共同通信杯2023予想】激走に期待できる“中穴”2頭を紹介!昇級組に注目!

共同通信杯2023予想

共同通信杯2023予想の最終買い目を更新しました!

共同通信杯2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

共同通信杯2023の概要

共同通信杯は2月半ばに開催される3歳限定競走です。

この時期は京成杯やシンザン記念、きさらぎ賞のように3歳限定競走が多数行われますが、そのなかでも共同通信杯は有力馬の参戦が顕著です。

なぜなら、共同通信杯はG1が多数開催される東京競馬場で開催されるレースだからです。

東京競馬場ではダービーやNHKマイルカップをはじめ、古馬になれば天皇賞(秋)にジャパンカップ、安田記念など数多くのレースが行われる舞台です。

そのため、東京適性を確かめるうえでも、賞金を稼ぐうえでも共同通信杯は大きな役割を果たしているのです。

実際にここで好走したイスラボニータやドゥラメンテ、ディーマジェスティにスワーヴリチャード、さらにはエフフォーリアといった馬はダービーで連対実績がありました。

共同通信杯は優先出走権が得られるレースではありませんが、皐月賞やダービーとの結びつきが非常に強いのです。

また、芝1,800mという距離からマイラーにも対応しているのも特徴です。

このレースを皮切りに皐月賞に挑む馬は多数いますが、皐月賞の結果次第で同じ東京で開催されるダービーかNHKマイルにシフトできます。

例えば、アドマイヤマーズはここで2着入選したのち皐月賞で4着に敗れましたが、そののちNHKマイルにシフトして勝利を手にしました。

このことから、共同通信杯は将来性のあるレースなのです。

今年も2歳戦で活躍した馬が多数参戦します。

賞金を稼いでクラシックの扉を叩きたいですね。

共同通信杯2023の開催内容

開催日2月12日(日曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場東京競馬場 東京11R
コース芝1,800m
性齢3歳
斤量別定
1着賞金4000万円

共同通信杯2023が開催される東京の芝1,800mの特徴

東京競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説

東京の芝1,800mは毎日王冠や府中牝馬ステークスといったG2競走でも使われる、東京競馬場で有名なコースです。

スタート地点は2コーナーの斜め奥ポケットです。

スタートから160mほど先に最初に2コーナーカーブがあるため、内枠を引いた馬のほうがコースロスなく立ち回ることができます。

2コーナーは鈍角なので極端にペースを落とさずとも本線に入ることが可能です。

そして、向こう正面は非常に長いのが特徴で、スタートから3コーナーまでは750mもあります。

このため、極端に前傾ラップになることはないですし、最初の2コーナーまでの距離が短いとはいえポジション争いが熾烈になることもありません。

3.4コーナーは大きな半径なので減速しなくても立ち回れます。

また、4コーナーの途中にラスト3F標識があるため、スタンド前に近づくにつれ各馬はペースアップします。

最後の直線は約525mあります。

坂の途中に高低差2mの急坂がありますが、中山や阪神ほど坂は急ではありません。

坂をのぼり切ったら残り300mは平たんな道で、ゴール板はその先に立っています。

東京の芝1,800mはトップスピードをフルに活かせるコースです。

ワンターンコースでコーナーも大きいことから、コーナーワークが苦手な馬でも立ち回りやすいです。

また、最後の直線が長いことから末脚をフルに活かせるのも特徴です。

そのため、上がりの末脚に定評のある馬が好走しやすい舞台となっています。

ちなみに、共同通信杯が開催される2月は前年から使用された芝の保護から、Dコースを使用します。

開幕3周目の芝は痛みもそこまでないため、内ラチ沿いでも末脚を活かしやすい条件となっていますよ。

共同通信杯2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ダノンザタイガー牡356.0川田将雅
2コレペティトール牡356.0松山弘平
3キョウエイブリッサ牡356.0三浦皇成
4シーズンリッチ牡356.0吉田隼人
5タッチウッド牡356.0T.バシュロ
6タスティエーラ牡356.0福永祐一
7シルバースペード牡356.0吉田豊
8ファントムシーフ牡356.0C.ルメール
9レイベリング牡356.0M.デムーロ
10シュタールヴィント牡356.0戸崎圭太
11ウインオーディン牡356.0横山和生
12ロードプレイヤー牡356.0田辺裕信

過去10年の共同通信杯のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201318メイケイペガスター4若駒ステークス(OP)3
27ゴットフリート2朝日杯FS(G1)3
 34マイネルストラーノ9京成杯(G3)8
201417イスラボニータ1東スポ杯2歳S(G3)1
22ベルキャニオン3ホープフルS(OP)2
 35サトノアラジン2ラジオNIKKEI賞2歳S(G3)3
201511リアルスティール3新馬1
28ドゥラメンテ1セントポーリア賞(500万)1
 310アンビシャス4千両賞(500万)1
201614ディーマジェスティ6ホープフルS(OP)
稍重29イモータル5朝日杯FS(G1)9
 36メートルダール3京成杯(G3)3
201711スワーヴリチャード2東スポ杯2歳S(G3)2
28エリトディーニュ6セントポーリア賞(500万)2
 34ムーヴザワールド1東スポ杯2歳S(G3)3
201816オウケンムーン6500万1
21サトノソルタス3新馬1
 34エイムアンドエンド10京成杯(G3)10
201911ダノンキングリー3ひいらぎ賞(500万)1
24アドマイヤマーズ1朝日杯FS(G1)1
 36クラージュゲリエ4京都2歳S(G3)1
202016ダーリントンホール3葉牡丹賞(1勝)3
稍重22ビターエンダー4京成杯(G3)4
 37フィリオアレグロ2新馬1
202117エフフォーリア4百日草特別(1勝)1
29ヴィクティファルス7新馬1
 311シャフリヤール2新馬1
2022110ダノンベルーガ3新馬1
稍重25ジオグリフ1朝日杯FS(G1)5
 38ビーアストニッシド8シンザン記念(G3)4

【脚質】先行馬と差し馬が強い

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【0-2-1-9】0.0%16.7%25.0%
先行【6-3-6-17】18.8%28.1%46.9%
差し【3-5-2-22】9.4%25.0%31.3%
追込【1-0-1-29】3.2%3.2%6.5%

過去10年の共同通信杯の好走馬を脚質別にまとめました。

もっとも好走しているのが先行馬で6頭の勝ち馬をはじめ15頭が馬券に絡んでいます。

差し馬も有利で、3頭の勝ち馬を含め、10頭が馬券に絡みました。

逃げ馬は3頭が馬券に絡んでいますが勝ち馬はいません。

東京は向こう正面、スタンド前の直線が長いことから逃げ切るのは厳しいのでしょう。

また、追い込み馬も末脚が不発することが多いです。

共同通信杯では先行もしくは差し馬に注目したいですね。

今年の出走馬でこれまでに先行馬は8頭います。

・キョウエイブリッサ
・コレペティトール
・シュタールヴィント
・シルバースペード
・シーズンリッチ
・タスティエーラ
・ファントムシーフ
・レイベリング

そして、差しで活躍した馬は3頭いました。

・ウインオーディン
・ダノンザタイガー
・ロードプレイヤー

【上がり】上がり勝負になりやすい舞台

上がり成績単勝率連対率複勝率
1位【5-2-0-3】50.0%70.0%70.0%
2位【2-3-2-7】14.3%35.7%50.0%
3位【2-3-0-4】22.2%55.6%55.6%
4,5位【1-1-3-16】4.8%9.5%23.8%
6位以下【0-1-5-48】0.0%1.9%11.1%

過去10年の共同通信杯の勝ち馬5頭は上がり最速のタイムで勝利をつかみました。

また、馬券に絡んだ19頭が上がり3位以上の末脚でゴールしています。

共同通信杯の舞台となる東京競馬場は末脚をフルに活かせる競馬場なので、上がりの速い馬の活躍が目立っています。

これまでに速い上がりを叩き出した馬に注目したいですね!

今年の出走馬で前走上がり2位以上の末脚を出した馬は7頭いました。

ウインオーディン
(新潟2歳ステークス【新潟芝1,800m】、上がり2位33秒2)

コレペティトール
(こうやまき賞【中山芝1,600m】、上がり最速34秒6)

タスティエーラ
(新馬【東京芝1,800m】、上がり2位33秒5)

タッチウッド
(新馬【阪神芝2,000】、上がり最速34秒0)

ダノンザタイガー
(東スポ杯2歳ステークス【東京芝1,800m】、上がり2位34秒0)

ファントムシーフ
(ホープフルステークス【中山芝2,000m】、上がり2位34秒6)

ロードプレイヤー
(京都2歳ステークス【京都芝2,000m】、上がり最速35秒1)

【成績】過去レースの着順にも注目

過去10年の共同通信杯で馬券に絡んだ30頭のうちの20頭はこれまでに1度も3着以内敗れたことのない馬でした。

また、勝ち馬だけ見たら、メイケイベガスターとオウケンムーンを除いた8頭の馬がこれに該当しています。

逆に、過去に2度以上馬券外に敗れている馬は【0-1-1-31】と低実績です。

共同通信杯ではこれまで安定した走りを見せていたかどうかにも注目したいです。

今年の出走馬で2度以上着外に敗れていた馬は3頭いました。

・シュタールヴィント
・シルバースペード
・シーズンリッチ

共同通信杯(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の共同通信杯の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【1-3-1-5】10.0%40.0%50.0%
2番人気【1-1-3-5】10.0%20.0%50.0%
3番人気【4-2-1-3】40.0%60.0%70.0%
4~6番人気【4-3-2-21】13.3%23.3%30.0%
7~9番人気【0-1-2-25】0.0%3.6%10.7%
10番人気以下【0-0-1-19】0.0%0.0%5.0%

中位人気馬に注目

共同通信杯は出世の傾向が強いレースのため、上位人気に目が活きがちです。

しかし、意外にも1番人気と2番人気は合計2勝しか挙げていない上、複勝率も50%止まりでした。

1番人気の勝ち馬は2014年のイスラボニータ、2番人気の勝ち馬は2017年のスワーヴリチャードまでさかのぼらないといけません。

重賞のなかでは上位人気の信頼度は低いのです。

それに対して、好走しているのが3~6番人気の馬で、過去10年で16頭が馬券に絡んでいました。

共同通信杯では中位人気に支持された馬を評価したいですね。

過去10年の共同通信杯の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【3-1-0-6】30.0%40.0%40.0%
2枠【0-2-0-8】0.0%20.0%20.0%
3枠【0-0-0-11】0.0%0.0%0.0%
4枠【1-1-4-5】9.1%18.2%54.5%
5枠【2-1-0-11】14.3%21.4%21.4%
6枠【2-1-2-11】12.5%18.8%31.3%
7枠【1-3-3-11】5.6%22.2%38.9%
8枠【1-1-1-15】5.6%11.1%16.7%

当たりは1枠

過去10年の共同通信杯でもっとも好走馬を輩出しているのは1枠です。

出走馬10頭のうち、3頭の勝ち馬をはじめ、4頭が馬券に絡みました。

共同通信杯の舞台となる東京の芝1,800mはスタート直後に2コーナーがある上、馬場の状態がよい時期に行われることから、内枠有利なのでしょう。

しかしながら、2枠は勝ち馬ゼロで2頭しか馬券に絡んでおらず、3枠に至っては1頭も馬券内入選はありません。

共同通信杯では1枠こそ評価したいですが、内枠が総じて有利というわけではないです。

今年の共同通信杯で1枠に入ったのはダノンザタイガーです。

複勝率は外枠も高い

過去10年の共同通信杯で馬券に絡んだ30頭のうちの10頭が7~8枠の外枠馬でした。

共同通信杯の舞台となる東京は最後の直線が長いことから、外枠で脚を溜めた馬でも末脚を活かすことが可能です。

共同通信杯は1枠が有利ですが、外枠からも勝ち馬が出ていることから極端な枠順の有利不利は見られません。

過去10年の共同通信杯の前走レース格別成績

前走
レース格
成績単勝率連対率複勝率
G1【0-4-0-6】0.0%40.0%40.0%
G2【1-0-0-5】16.7%16.7%16.7%
G3【2-1-7-24】5.9%8.8%29.4%
L【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
OP【1-1-0-2】25.0%50.0%50.0%
1勝【4-2-1-21】14.3%21.4%25.0%
未勝利【0-0-0-9】0.0%0.0%0.0%
新馬【2-2-2-6】16.7%33.3%50.0%

前走昇級組が強い

過去10年の共同通信杯で馬券に絡んだ15頭が前走新馬、1勝、オープンレースを使われていました。

そのうち、前走が1勝クラスの馬は4頭の勝ち馬をはじめ、7頭が馬券に絡んでいます。

また、前走が新馬の馬は12頭が出走し、6頭が馬券に絡みました。

過去の勝ち馬でみると、リアルスティールやダノンキングリー、エフフォーリアにダノンベルーガといった馬が昇級組に該当します。

共同通信杯は前走昇級組が結果を残しやすい舞台です。

今年の出走馬で昇級組は4頭いました。

コレペティトール
(前走こうやまき賞【1勝】)

シーズンリッチ
(前走百日草特別【1勝】)

タスティエーラ
(前走新馬)

タッチウッド
(前走新馬)

前走重賞組は相手候補に

過去10年の共同通信杯で馬券に絡んだ15頭は前走重賞レースを使われています。

そのうち、前走がG1だった馬は勝ち馬こそいませんが2着に4頭が絡みました。

また、前走G3組も勝ち馬は2頭にとどまりますが、2.3着に8頭が絡んでいます。

このことから、前走重賞組は相手候補に向いているといえます。

今年の出走馬で前走重賞を使われた馬は8頭いました。

ウインオーディン
(前走新潟2歳ステークス【G3】)

キョウエイブリッサ
(前走朝日杯FS【G1】)

シュタールヴィント
(前走京都2歳ステークス【G3】)

シルバースペード
(前走京成杯【G3】)

ダノンザタイガー
(前走東スポ杯2歳ステークス【G2】)

ファントムシーフ
(前走ホープフルステークス【G1】)

レイベリング
(前走朝日杯FS【G3】)

ロードプレイヤー
(前走京都2歳ステークス【G3】)

共同通信杯2023の注目馬3頭

出世レースの傾向が強い共同通信杯は毎年素質馬が参戦します。

今年の出走登録馬で上位人気しそうな3頭の馬を紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ダノンザタイガー

ダノンザタイガーはこれまで3戦使われすべて連対の実績があります。

前走の東スポ杯2歳ステークスでも末脚をフルに活かした競馬で勝ち馬ガストリックにコンマ1秒差の2着入選でした。

近3戦はいずれも上がり2位以上の末脚で好走している上、左回りの競馬場を使われていてなおかつ好走していることから、ここでも十分活躍するでしょう。

冠名ダノンの馬はダノンベルーガやダノンキングリーのように、勝ち馬が多数出ていますし、ここは馬券の中心になりそうです。

★評価点
・左回り実績がある
・末脚勝負に定評がある
・デビューから一度も着外なし

▼課題
・特にありません

レイベリング

新馬戦は東京のマイルでレースを行い、上がり最速33秒1の末脚で完勝!

2着のショウナンアビアスに3馬身半差つけて完勝しました。

続く朝日杯FSにおいても勝ち馬ドルチェモアにコンマ1秒差の3着に入選し、中身のある競馬ができています。

上がり勝負が得意なので共同通信杯の舞台に合うのは確かです。

前走だけ見ると時計のかかりやすい馬場で結果を残していますが、新馬戦は時計の出やすい馬場で好走しているように、高速馬場にも対応できるでしょう。

天候によって馬場が変化しても力を発揮できるのは強みですね。

ここはキャリア初めての1,800m戦ですが、どこまで出し切れるか注目です。

★評価点
・G1レースで3着
・新馬戦が強い競馬
・高速馬場でも力のいる馬場でも結果を残している

▼課題
・初の芝1,800mで距離延長となる

タスティエーラ

タスティエーラは新馬戦しか使っていませんが、その内容は秀逸。

今回と全く同じ東京芝1,800mを使われましたが、先行しながら上がり最速33秒5の末脚を使って2着馬に3馬身半差つけて勝利しています。

新馬戦しか使っていないものの、すでに完成された走りは重賞でも通用するでしょう。

共同通信杯は新馬戦から挑む馬も好走例が多いので、大きな心配もありません。

鞍上の福永騎手はテン乗りですが今月騎手を引退するのでベストを尽くした競馬にも期待です。

★評価点
・新馬戦が強い内容
・新馬戦で東京芝1,800mを経験済み

▼課題
・相手関係の強化

共同通信杯2023の穴馬2頭

共同通信杯は意外と上位人気よりも中位人気馬のほうが好走率は高いです。

今年の出走登録馬で配当に期待できそうな2頭の馬を紹介しましょう。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ファントムシーフ

新馬戦は阪神の芝1,600mで上がり最速33秒9の末脚で勝利を手にしました。

続く野路菊ステークスも中京の芝2,000mのコースで完勝しています。

前走のホープフルステークスは人気に対して4着に敗れたものの、勝ち馬のドゥラエデーレにコンマ2秒差と、そこまで差はありませんでした。

芝1,800mは初めてですが、これまで1,600mや2,000mで勝ち星を手にしているので距離は全く問題ないでしょう。

共同通信杯は上がり勝負になりやすいため、どれだけ末脚を引き出せるかがポイントとなりそうです。

★評価点
・距離は問題なさそう
・末脚に定評がある

▼課題
・主戦の福永騎手がほかの馬に騎乗する

ロードプレイヤー

新馬戦は新潟の芝1,800mの舞台で上がり32秒5という時計で最先着しました。

新潟は平たんで直線が長いうえ、全面野芝なのでスピードは出やすいコースですが、それをふまえても速い上がりでした。

続く百日草特別は東京の芝2,000mの舞台で上がり最速33秒1の末脚で2着に入選しています。

東京でも上がり33秒台前半の末脚を使えている点は評価できます。

前走の京都2歳ステークスは7着に敗れていますが、距離というよりはコース適性が影響していると思います。

過去の戦績を見ても左回りのほうが出し切れているので共同通信杯の舞台はロードプレイヤーにとって合うでしょう。

相手関係も手ごわいですが、末脚に関してはメンバーの中でもトップクラスなので、好走にも期待できそうです。

★評価点
・東京における上がりはメンバー最速
・好走に導いた田辺騎手が再び手綱を握る

▼課題
・相手関係の強化
・後方ポツンだけは避けたい

共同通信杯2023予想の最終買い目

共同通信杯2023の予想(晴れ良馬場想定)

共同通信杯が開催される日曜日の東京競馬場界隈は晴れの良馬場予報が出ています。

前日の土曜日も晴れ予報で気温も15度近くまで上昇するそうです。

晴れの良馬場、時計の出やすい馬場条件を想定しながら予想を行いました。

◎本命 1 ダノンザタイガー

ハーツクライ
シーズアタイガー
母父Tale of the Cat
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走東スポ杯2歳S(G2) 2着

本命はダノンザタイガーにしました。

これまでの戦績を見ても東京のこの舞台でベストを尽くせるでしょう。

雪の影響で馬場がタフになる可能性もありましたが、土日の天気と金曜日の積雪量を見る限り、雪の影響はなくなりそうです。

そのため、共同通信杯は時計の出やすい馬場条件下で開催される可能性が高く、高速馬場だったら末脚を思う存分活かすことができます。

また、共同通信杯で有利な1枠を引けたのも大きなポイントです。

この時期の3歳限定競走は過去データが少なく、予想が難解ですが有利な条件をいくつも手にしたダノンザタイガーを最終的に本命視することにしました。

〇対抗 6 タスティエーラ

サトノクラウン
パルティトゥーラ
母父マンハッタンカフェ
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走2歳新馬 1着

タスティエーラは単穴にしました。

前走の新馬戦が上がり最速33秒5の末脚を使いながら1分47秒2の好時計で勝利をつかんでいます。

新馬戦の中身を見る限り、重賞でも通用するだけの力を秘めている感じがしました。

このとき騎乗していたムーア騎手は短期免許で来日していたことから、今回は福永騎手が手綱を握ることになります。

福永騎手も引退まで目前ということで、ここは全力でレースに挑むことでしょう。

新馬戦しか使っていませんが、その内容が秀逸なので2番手評価にしました。

▲単穴 9 レイベリング

Frankel
Noyelles
母父Docksider
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走朝日杯FS(G1) 3着

対抗はレイベリングにします。

前走の朝日杯FSは不利な条件がありながらも3着に入選し、力のある競馬ができました。

不利がなければもっと着順を伸ばせた可能性もあります。

クラシックに挑むにはここは最低でも連対したいところですが、近2戦の内容を見る限りはここでも能力上位です。

鞍上のデムーロ騎手がなかなか勝ち切れていない心配こそありますが、馬のほうは大きな問題はなさそうですし、前走に引き続き勝ち負けにも期待したい馬です。

△連下 8 ファントムシーフ

ハービンジャー
ルパンII
母父Medaglia d’Oro
主な勝ち鞍野路菊S(OP) 2022年
前走ホープフルS(G1) 4着

ファントムシーフは連下にします。

新馬戦と野路菊ステークスはともに芝2,000の舞台で勝利をつかみました。

前走のホープフルステークスは4着に敗れたものの勝ち馬ドゥラエデーレとコンマ2秒差の4着です。

人気勢の中では上位入選していますし、小回りで直線の短い中山でも健闘したほうでした。

今回は初の東京でレースを行います。

東京は新馬戦(阪神)や野路菊ステークス(中京)の時みたいに直線が長いため、フルに末脚を活かせるでしょう。

データ的に距離短縮組が好走しているのも評価したいですし、抑えます。

単勝

1 ダノンザタイガー

馬連流し

軸馬:1
相手:6、8、9、12

三連複フォーメーション

1頭目:1
2頭目:6、8、9、12
3頭目:6、8、9、12

以上になります。
共同通信杯の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)