[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【マーキュリーカップ2023予想】本命馬3頭+配当に期待できそうな中穴2頭を紹介!

マーキュリーカップ2023予想記事のサムネイル画像

マーキュリーカップ2023予想の最終買い目を更新しました!

マーキュリーカップ2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

マーキュリーカップ2023の予想ポイント

  • 馬券の中心は中央馬(JRA組)
  • 逃げ、先行馬が圧倒的に強い
  • 基本的には上位人気馬が活躍
  • 内枠有利の舞台
  • 前走ダート1,700m以上から挑む馬が好走
目次(読みたい項目をタップ)

マーキュリーカップ2023の概要

マーキュリーカップは岩手県にある盛岡競馬場で開催される中距離ダート競走です。

一級品の馬は先々週に開催された帝王賞に出走するか、早めの休養を取る馬が大半です。

マーキュリーカップはローカル競馬場のJpn3競走ということもあり、基本的には一流馬の参戦はありません。

しかしながら、帝王賞を除けば前後に中距離ダート重賞は開催されないので、ここで賞金加算したい馬が多数そろい、Jpn3にしてはメンバーが揃いがちなレースでもあります。

しかしながら、舞台となる盛岡は高低差が非常に激しく、出走馬の地力が問われやすいです。

そのため、舞台適性がかみ合えば格下でも勝ち切ることがありますし、逆に強い馬でもコース適性が合わなければ凡走することも少なくありません。

非常にタフな舞台ですが、その分勝ち切ったら秋の大舞台に向けて一気に近づくのも事実で、競走馬にとって大事なレースなのです。

夏の盛岡で熱い戦いが繰り広げられようとしています。

2022年マーキュリーカップ JpnIII|第26回|NAR公式

マーキュリーカップ2023の開催内容

開催日7月17日(月曜・祝) 18:15発走
格付けJpn3
開催競馬場盛岡競馬場 盛岡12R
コースダート2,000m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金3000万円

マーキュリーカップ2023が開催される盛岡のダート2,000mの特徴

盛岡競馬場 ダート2000mのコースで特徴を解説

盛岡競馬場のダート2,000mは4コーナーの奥ポケットがスタート地点です。

スタートから最初のコーナーまでは500mもあります。

また、スタートからしばらく上り傾斜なので極端にペースアップしません。

この上り坂は1コーナー付近で一度平坦になりますが、再び上りになって3コーナーまで続きます。

向こう正面は400mほどありますがここでも上り坂なのでペースは落ち着きます。

レースが動くのは3コーナーに差し掛かる場面です。

これまで長々と続いた上り坂は3コーナーを境に終わります。

それと同時に今度は急な下り傾斜を一気に下ります。

この下り坂は3.4コーナーを超えて直線入り口まで続くのでペースは一気に上がります。

最後の直線は約300mです。

直線入りの段階で長く続いた下り坂は終わり、今度はスタート直後に駆け上がった坂道を再び駆け上がります。

坂を超えた先にゴール板が立っています。

盛岡のダート2,000mは中京ダートと似ていて、上り坂と下り坂が大半を占めています。

しかも、高低差は4.4mもあり、中京ダートの高低差(3.4m)とは比較になりません。

中京以上にタフなコース形態となっているため、スタミナとパワーが求められるのです。

マーキュリーカップ2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ノーブルサターン牡954.0高松亮
2サンライズホープ牡655.0幸英明
3ヴァケーション牡654.0村上忍
4テリオスベル牝653.0江田照男
5スズカゴウケツ牡654.0菅原辰徳
6サイファリス牝752.0松本剛志
7バーデンヴァイラー牡555.0坂井瑠星
8フレイムウィングスセ654.0山本政聡
9ウィルソンテソーロ牡455.0川田将雅
10ミスティネイル牝752.0松本一心
11レールガン牡654.0高橋悠里
12サンライズハイアー牡754.0松戸政也
13メイショウフンジン牡554.0酒井学

マーキュリーカップの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
稍重
18バーデンヴァイラー2アンタレスS(G3)15
22テリオスベル7スレイプニルS(OP)1
31ヴァケーション10スレイプニルS(OP)2
2021
12マスターフェンサー4平安ステークス(G3)11
23バンクオブクラウズ1スレイプニルS(OP)2
39ヒストリーメイカー2アンタレスS(G3)2
2020
13マスターフェンサー1スレイプニルS(OP)2
29デルマルーヴル3フェブラリーS(G1)15
31ランガディア6一条記念(重賞)1
2019
11グリム1アンタレスS(G3)2
23ノーブルサターン4アハルテケS(OP)3
39テルペリオン3スレイプニルS(OP)1
2018
110ミツバ2平安ステークス(G3)4
28ヨシオ4マリーンS(OP)4
314フェニックスマーク1ブリリアントS(OP)1
2017
稍重
12ミツバ1ブリリアントS(OP)1
23ピオネロ2平安ステークス(G3)4
35クロノスターオー3平安ステークス(G3)14
2016
11ストロングサウザー2平安ステークス(G3)9
210タイムズアロー9京成盃GM(重賞)4
314マイネルバイカ5ダイオライト記念(Jpn2)5
2015
114ユーロビート6帝王賞(Jpn1)4
27ソリタリーキング3平安ステークス(G3)12
312トウショウフリーク5アンタレスS(G3)12
2014
19ナイスミーチュー4平安ステークス(G3)6
211クリソライト3大沼ステークス(OP)11
35シビルウォー6帝王賞(Jpn1)5
2013
13ソリタリーキング4平安ステークス(G3)9
29シビルウォー2JCダート(G1)9
32グランドシチー1マーチS(G3)1

【所属】中央馬が中心。岩手所属馬は2頭しか馬券に絡んでいない

所属成績単勝率連対率複勝率
中央(JRA)【9-9-8-24】18.0%36.0%52.0%
大井【1-0-0-4】20.0%20.0%20.0%
船橋【0-1-0-8】0.0%11.1%11.1%
岩手【0-0-2-44】0.0%0.0%4.3%
上記以外【0-0-0-26】0.0%0.0%0.0%

過去10年のマーキュリーカップの勝ち馬9頭が中央所属の馬でした。

また、馬券に絡んだ26頭も中央所属馬です。

残りの4頭は地方所属馬でしたが、内訳を見てみると大井馬が1頭、船橋の馬が1頭、そして地元岩手競馬所属の馬は2頭しか馬券に絡んでいませんでした。

マーキュリーカップは東北で開催されるレースですが、圧倒的に中央所属の馬が活躍しています。

今年の出走馬で中央所属の馬は5頭います。

・ウィルソンテソーロ
・サンライズホープ
・テリオスベル
・バーデンヴァイラー
・メイショウフンジン

【脚質】好走率は逃げ。勝ち馬は先行馬

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【3-3-2-3】27.3%54.5%72.7%
先行【7-7-5-22】17.1%34.1%46.3%
差し【0-0-3-39】0.0%0.0%7.1%
追込【0-0-0-42】0.0%0.0%0.0%

過去10年のマーキュリーカップの好走馬を脚質別にまとめました。

逃げ馬はこれまで3勝し、7頭が馬券に絡んでいます。

先行馬は7勝し、19頭が馬券に絡んでいました。

逃げ&先行馬は合計で27頭3着内に入線していたのです。

舞台となる盛岡ダート2,000mは地方競馬にしては直線が長いほうですが、道中の傾斜で体力がそがれやすいです。

そのため、差しや追い込み馬は出し切る前に体力を消耗しており不発しやすく、間接的に逃げや先行といった前で競馬する馬が好走しているのです。

マーキュリーカップでは逃げもしくは先行馬に注目しましょう。

【馬体重】斤量500キロ越えの馬が活躍している

馬体重成績単勝率連対率複勝率
400~419キロ【0-0-0-3】0.0%0.0%0.0%
420~439キロ【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
440~459キロ【0-1-0-7】0.0%12.5%12.5%
460~479キロ【4-3-2-30】10.3%17.9%23.1%
480~499キロ【1-5-4-28】2.6%15.8%26.3%
500~519キロ【4-0-1-21】15.4%15.4%19.2%
520~539キロ【0-1-1-9】0.0%9.1%18.2%
540キロ以上【1-0-2-7】10.0%10.0%30.0%

過去10年のマーキュリーカップの好走馬を馬体重別にまとめました。

もっとも勝率が高かったのは馬体重500~519キロの馬で、4頭の勝ち馬を輩出し、単勝率は15.4%でした。

連対率がもっとも高かったのは馬体重460~479キロの馬で17.9%、複勝率がもっとも高かったのは馬体重540キロ以上の馬で30%です。

マーキュリーカップは馬体の大きな馬が活躍傾向にあるようです。

今年の出走馬で前走馬体重が500キロを超えていた馬は5頭いました。(かっこは前走馬体重)

サンライズホープ(542キロ)
バーデンヴァイラー(512キロ)
メイショウフンジン(518キロ)
スズカゴウゲツ(500キロ)
ノーブルサターン(550キロ)

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

マーキュリーカップの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-1-2-4】30.0%40.0%60.0%
2番人気【3-2-1-4】30.0%50.0%60.0%
3番人気【0-3-2-5】0.0%30.0%50.0%
4番人気【3-2-0-5】30.0%50.0%50.0%
5番人気【0-0-2-8】0.0%0.0%20.0%
6番人気以下【1-2-3-80】1.2%3.5%7.0%

基本的には上位人気馬が強い

過去10年のマーキュリーカップの勝ち馬を見てみると、1,2,4番人気の馬がそれぞれ3勝ずつ、合計で9勝挙げていました。

6番人気以下の馬は6頭しか馬券に絡んでいないことからも、上位人気に支持された馬に注目したいです。

ただし、3番人気馬は過去10年で勝利ゼロ、5番人気馬は2頭しか馬券に絡んでおらず、しかもいずれも3着でした。

ほかの交流重賞と比較すると上位人気馬の信頼度はそこまで高くはありません。

下位人気馬は地方勢が絡む

過去10年のマーキュリーカップで6番人気以下の馬は6頭馬券に絡んでいました。

この6頭のうちの4頭が地方所属の馬でした。

人気落ちの地方馬は時々馬券に絡むことがありますよ。

マーキュリーカップの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-2-6】10.0%20.0%40.0%
2枠【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
3枠【2-3-0-11】12.5%31.3%31.3%
4枠【0-0-2-18】0.0%0.0%10.0%
5枠【1-2-0-17】5.0%15.0%15.0%
6枠【2-2-3-13】10.0%20.0%35.0%
7枠【0-1-1-18】0.0%5.0%10.0%
8枠【2-0-1-17】10.0%10.0%15.0%

内枠に入った馬が走る

過去10年のマーキュリーカップの勝ち馬5頭が1~3枠の馬でした。

単勝率だけ見たら外枠との差は大きくありませんが、複勝率で見ると1,2枠は40%、3枠も31%です。

複勝率を見てみると内に入った馬が好走しているのが分かります。

マーキュリーカップは内枠有利の舞台といえるでしょう。

マーキュリーカップの過去10年の前走距離別成績

前走距離成績単勝率連対率複勝率
1400m【0-0-0-4】0.0%0.0%0.0%
1500m【0-2-0-14】0.0%12.5%12.5%
1600m【0-2-0-15】0.0%11.8%11.8%
1700m【2-1-1-12】12.5%18.8%25.0%
1800m【2-1-2-11】12.5%18.8%31.3%
1900m【3-2-3-18】11.5%19.2%30.8%
2000m【2-2-3-24】6.5%12.9%22.6%
2100m【1-0-0-4】20.0%20.0%20.0%
2400m【0-0-1-1】0.0%0.0%50.0%
2500m【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%

ダート1,700m以上から挑む馬に注目したい

過去10年のマーキュリーカップの好走馬を前走距離別にまとめました。

単勝率が10%を超えているのは前走1,700~1,900m組と2,100m組です。

複勝率が20%を超えていたのは前走1,700~2,400mを使われた馬でした。

マーキュリーカップの舞台となる盛岡ダート2,000mはアップダウンが激しいので距離以上にスタミナを消耗します。

そのため、長距離レースで結果を残していた馬は活躍傾向にありました。

マーキュリーカップを予想する際は前走レースの距離にも目を配りたいです。

今年の出走馬で前走ダート1,700m以上の距離を使われた馬は8頭いました。(かっこは前走距離)

サンライズホープ(1,900m)
テリオスベル(1,900m)
メイショウフンジン(1,800m)
ヴァケーション(2,000m)
スズカゴウゲツ(2,000m)
ノーブルサターン(2,000m)
フレイムウィングス(2,000m)
レールガン(2,000m)

マーキュリーカップ2023の有力馬3頭

マーキュリーカップは秋を見据えて賞金を稼ぎたい中距離馬が多数参戦します。

今年も各路線からすでに実績を重ねている馬が参戦しました。

今年の出走馬で好走するのはどの馬でしょうか?!

今年の出走登録馬の中から注目したい馬を3頭まとめました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

バーデンヴァイラー

主な勝ち鞍

・佐賀記念    (Jpn3) 2023年
・マーキュリーC (Jpn3) 2022年
・総武ステークス (OP)  2022年

今年の注目株はバーデンヴァイラーです。

昨年のマーキュリーステークスでは中団から早めに抜け出して勝利をつかみました。

その後も佐賀記念を制したり、名古屋大賞典で3着入りしたりと、ローカル重賞における活躍が目立っています。

昨年と全く同じ舞台ですし、マーキュリーカップはミツバやマスターフェンサーが連覇を成し遂げているようにコース適性が問われやすいです。

すでに実績を残しているバーデンヴァイラーは注目株といえるでしょう。

★評価点
・昨年の勝ち馬
・先行競馬が得意
・500キロ近い馬

▼課題
・福永騎手は引退したので誰が乗るか

テリオスベル

主な勝ち鞍

・クイーン賞   (Jpn3) 2022年
・スレイプニルS  (OP) 2022年

テリオスベルは牝馬ですが、牡馬混合戦にも積極的に参戦しています。

今年の川崎記念はウシュバテソーロやテーオーケインズといった強豪が立ちはだかりましたが、逃げ粘りの競馬で4着に入線しました。

ウシュバテソーロやテーオーケインズには完敗でしたが、それでも牝馬で4着は大したものです。

マーキュリーカップは前を走る馬が有利なので脚質的にもあっています。

そしてなにより昨年のマーキュリーカップで2着入りしているのでコース適性も証明済みです。

相手関係も近走の中では楽ですし、勝ち負けも十分あり得るでしょう。

★評価点
・昨年の2着馬
・Jpn1の川崎記念で4着
・前の競馬が得意

▼課題
・前走が少し崩れすぎた

サンライズホープ

主な勝ち鞍

・みやこステークス  (G3) 2022年
・シリウスステークス (G3) 2021年
・三宮ステークス   (OP) 2021年

昨年のみやこステークスは11番人気の低評価でしたが、直線で末脚をフルに伸ばして勝利をつかみました

しかしながら、今年に入って挑んだ3戦はすべて二桁着順に敗れています。

差しの競馬が得意なのですが、走る時と走らない時の差が非常に激しく、強く狙いづらい馬です。

今回の舞台である盛岡ダート2,000mは前目有利なので勝ち負けするには早めの進出がポイントになります。

勝つときは勝つ、負けるときは負ける馬でなおかついつ走るのかさっぱり読めない馬ですが、距離は持ちそうですし一発あるかもしれません。

★評価点
・差しの競馬が得意
・距離は持ちそう

▼課題
・走らない時はとにかく走らない
・近3戦いずれも大敗

マーキュリーカップ2023の穴馬2頭

マーキュリーカップは過去10年間で6頭の6番人気馬が馬券に絡んでいました。

基本的には上位人気馬優勢ですが、ときどき下位人気馬が台頭します。

穴馬にも目が離せませんね。

今年の出走登録馬の中で配当に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ウィルソンテソーロ

主な勝ち鞍

・かきつばた記念 (Jpn3) 2023年

前走かきつばた記念勝ち馬のウィルソンテソーロも面白そうです。

かきつばた記念はこれまでのキャリアでもっとも短い1,500m戦でしたが先行競馬で勝利を収めました。
人気のドライスタウトやヘリオスに先着し、マイル以下でも頭角を表しました。

しかし、今回はダート2,000mに距離を大きく伸ばしました。
これまでの戦績を見てみると、ダート1,800mで勝利があるので距離は問題なさそうです。

ただし、データ的には前走1,600m以下から挑む馬は勝ち切れていません。
ウィルソンテソーロも前走が1,500mなのでデータに当てはまってしまいました。

実力は確かですが、ほかにも面白い馬は多数いるため相手候補で考えたいと思います。

★評価点
・過去に中距離ダートで勝利している
・重賞実績がある

▼課題
・データと相性の悪い前走1,600m以下を使われた

ヴァケーション

主な勝ち鞍

・全日本2歳優駿    (Jpn1) 2019年
・一條記念みちのく大賞 (重賞) 2023年
・シアンモア記念    (重賞) 2022年
・秋の鞍        (重賞) 2020年

岩手所属のヴァケーションは昨年のマーキュリーカップで3着入線しました。

10番人気の低評価でしたが、中団から上がり2位の38秒1の末脚で3着まで伸びてきたのです。

その後も地方競馬の重賞であれば上位争いに加わっているので能力の衰えは感じません。

今回も人気しなさそうなので、ノーマークを逆手にとって昨年同様台頭してほしいです。

★評価点
・昨年3着
・コース適性が高い

▼課題
・昨年はかみ合った印象もある

マーキュリーカップ2023予想の最終買い目

マーキュリーカップ予想(曇りの重馬場想定)

マーキュリーカップが開催される岩手県盛岡市の天気予報を見てみると、月曜日は一日曇りの予報が出ていました。

ただし、前日日曜日は終日不良馬場でレースが行われています。

時計に関しては、不良馬場にしてはそこそこ出ていましたが、極端に高速馬場というわけではありません。

月曜日は曇りとはいえ気温自体は32度近くまで上昇するようなので馬場は回復するでしょう。

うましるでは曇りの重馬場、時計の出やすい馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

◎本命 7 バーデンヴァイラー

ドゥラメンテ
ヴィートマルシェ
母父フレンチデピュティ
主な勝ち鞍佐賀記念(Jpn3) 2023年
前走目黒記念(G2) 18着

本命はバーデンヴァイラーにしました。

昨年のマーキュリーカップでは中団から早めにまくって勝利をつかんでいます。

この時の馬場が稍重で時計の出やすい条件でした。

今年も稍重~重で時計が出る可能性があるので、出し切りやすい舞台になると思います。

福永騎手が引退したため坂井瑠星騎手が騎乗することになりますが、坂井騎手は積極的な騎乗に定評があるので早めの仕掛けで出し切りやすいレース展開を作ってくれることに期待したいです。

〇対抗 2 サンライズホープ

マジェスティックウォリアー
オーパスクイーン
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍みやこS(G3) 2022年
前走平安S(G3) 15着

対抗はサンライズホープにしました。

昨年のみやこステークスでは後方から上がってきて直線で末脚をフルに伸ばして勝利をつかんでいます。

勝つときと負ける時の差が激しいため、強気には狙いづらいですが、盛岡は3.4コーナーが下り坂なのでまくりを決めやすいです。

データと相性のいい内枠を引けたのもよいですね。

はじめての盛岡ですが、サンライズホープの脚質と合いそうです。

▲単穴 4 テリオスベル

キズナ
アーリースプリング
母父クロフネ
主な勝ち鞍クイーン賞(Jpn3) 2022年
前走平安S(G3) 16着

牝馬のテリオスベルは単穴にします。

昨年のマーキュリーステークスでは前半こそ後方競馬でしたが向こう正面で一気にまくって早めに先頭に立つと、そのまま粘りの競馬で2着入りしました。

その後のレースを見ても重賞の舞台で馬券に絡んでいますし、牡馬混合戦でも好走しているので能力以上のポテンシャルはあるでしょう。

前走の平安ステークスは負けすぎていますが、後手の競馬となってしまって自身の力を発揮できませんでした。

今回は内枠を引けたのでよっぽど出遅れない限りは前目の競馬ができるはずです。

そのまま、粘りの競馬に持っていければチャンスは十分あるでしょう。

△連下 9 ウィルソンテソーロ

キタサンブラック
チェストケローズ
母父Uncle Mo
主な勝ち鞍かきつばた記念(Jpn3) 2023年
前走かきつばた記念(Jpn3) 1着

連下はウィルソンテソーロにしました。

前走のかきつばた記念は初めての重賞レースでしたが、先行しながら競馬を行い、直線でも上がり最速の末脚を使って勝利をつかみました。

ここでも人気の一角になりそうですが、データ的には前走1,600m以下の舞台から挑む馬になるのでその点は評価を下げたいです。

また、前走かきつばた記念は勝利を手にしたとはいえ2着のドライスタウトの差はハナ差でした。

極端に強い勝ち方ではなかったのです。

ダート1,800mの勝利経験があるため今回の舞台でもかみ合う可能性はありますが、前走の着順で課題人気するようでしたら少し危険な人気馬かもしれません。

単勝

7 バーデンヴァイラー

馬連流し

軸馬:7
相手:2、3、4、9

三連複フォーメーション

1頭目:7
2頭目:2、3、4、9
3頭目:2、3、4、9

以上になります。
マーキュリーカップの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)