[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【神戸新聞杯2023追い切り評価/全頭診断】下位人気の〝アノ馬〟に最高評価の「S」

神戸新聞杯2023追い切り評価記事のサムネイル画像

神戸新聞杯2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では神戸新聞杯の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

9月20日の馬場状態

美浦
曇りのち晴れで湿度が高くまだまだ残暑が残っています。
ウッドチップの時計は比較的出ています。

栗東
晴れで芝のみ稍重、それ以外は良馬場でした。
坂路はやや時計がかかっており、一番時計はマイネルラウレアの4ハロン50秒6です。
ウッドチップコースやポリは平均的な時計でした。

目次(読みたい項目をタップ)

神戸新聞杯2023追い切り評価/全頭診断コメント

神戸新聞杯2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR

神戸新聞杯(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

サヴォーナ

サヴォーナ 9月21日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.437.812.1一杯
1週前栗東坂路(良)  52.138.212.7馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.239.111.9一杯

最終追い切りは栗東の坂路にて、単走で行われました。

助手が騎乗して馬場の外側から一杯に追われて全体時計52秒4-上がり1ハロンは12秒1でした。

1週前はコレペティトール(3歳3勝クラス)と2頭併せを行っています。

久々のレースということもあって少し頭が高い面も見られましたが、力強さと柔軟性を兼ねそろえた走りで動きは悪くありませんでした。

最終追い切りは一杯に追われていましたが、1週前に見せた走りの荒さがすっかりなくなりきれいなフォームで動けています。

脚さばきにも力強さがありましたし、1週前よりも良化していました。

ただし、一杯に追われた割に時計は出ていません。

サヴォーナの場合はもともと時計を出すタイプではありませんが、ここ一番で時計が目立っていないのは気になりました。

動きはよかったものの、時計自体は目立たなかったのでB評価にしました。

サスツルギ

サスツルギ 9月20日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.067.552.938.211.8馬なり
前走最終栗東CW(稍重)84.567.752.337.711.4強め

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、ゴールデンシロップ(5歳オープン)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する北村宏司騎手を背に、馬なりで僚馬を半馬身先行し、6ハロン83秒0-上がり1ハロン11秒8で同時併入しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

映像はありませんが1週前が強めに追って6ハロン85秒3-上がり1ハロン12秒、17日には坂路で一杯に追われて4ハロン54秒5-上がり1ハロンは12秒3でした。

調教の動きを見てみると、足取りはそこまでしっかりしておらず、頭もやや高くてきれいなフォームとは言い難いです。

そしてなによりも17日に一杯に追われた割に坂路時計が平凡で、1週前に強めに追われた時の時計も目立ちませんでした。

最終追い切りの時計も馬なりで平凡です。

クラス戦を連勝しているので一変あってもおかしくないのですが、前走最終時とそこまで差はなかったので相手関係が強化される今回、勝ち負けは厳しいと感じました。

サトノグランツ

サトノグランツ 9月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.137.812.0強め
1週前栗東CW(良)83.368.453.838.312.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.739.911.9馬なり

京都新聞杯勝ち馬のサトノグランツは栗東坂路で単走にて最終追い切りを行いました。

助手を背に馬なり、馬場の外側から強めに追われて4ハロン52秒1-上がり1ハロン12秒0の時計を記録しています。

良くも悪くも目立たない動きでしたが、時計に関しては前走ダービーや勝利した京都新聞杯の最終追い切りよりは出ていました。

ただし、春のダービーや京都新聞杯の調教時は1週前にウッドチップで一杯に追った後に坂路で軽めに仕上げています。

今回もローテーション自体は1週前に栗東ウッドチップで調整し、最後は坂路で仕上げていますが、ウッドチップでは馬なりで追っていました。

休み明けを考慮して、負荷をかけなかったのかもしれません。

この選択肢がレースでどう出るかは分かりませんが、歩様に特に大きな問題点はありませんし、軽めながらも時計は出していたので春よりは成長している感じがしました。

ショウナンバシット

ショウナンバシット 9月20日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.767.152.036.811.3馬なり
1週前栗東CW(良)83.367.952.738.312.3馬なり
前走最終栗東CW(良) 69.853.537.911.3馬なり

若葉ステークス勝ち馬のショウナンバシットは栗東ウッドチップでラケダイモーン(2歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗するデムーロ騎手を背に、僚馬の外側から馬なりで追われ、6ハロン83秒7-上がり1ハロン11秒3で半馬身先着しています。

1週前もウッドチップで追われて6ハロン83秒3-上がりハロンは12秒3でした。

2週続けて大きな馬体を活かした力強い動きが見られました。

また、最終追い切りでは上がり重視の時計を残していて、この日2番目に速い2ハロン22秒7の時計を残しています。

デムーロ騎手は今回4週続けてショウナンバシットの追い切りに乗っているようでここに対する思いも強いですし、ショウナンバシットも上がり重視の時計をしっかりと刻んでいました。

特別時計は目立っていませんが春時期よりも成長性を感じます。

シーズンリッチ

シーズンリッチ 9月20日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.766.852.737.711.5強め
1週前美浦南W(良)84.067.352.838.311.6一杯
前走最終美浦南W(重)83.266.651.236.711.7馬なり

毎日杯勝ち馬のシーズンリッチは栗東のウッドチップコースでサクセスシュート(4歳オープン)と併せ馬を行っています。

レース当日も騎乗する角田大河騎手を背に、僚馬の内から強めに追われ、6ハロン82秒7-上がり1ハロン11秒5の時計で僚馬に1馬身先着しました。

1週前は美浦のウッドチップコースで一杯に追われて6ハロン84秒0-上がり1ハロン11秒6です。

一杯に追われた割に時計は目立ちませんが、負荷をかけたという意味では十分成果はあったでしょう。

最終追い切りでは終始視線が左方向に向いていたのは気になりましたが、脚さばき自体は悪くありませんでしたし、キビキビと動けていたので負荷をかけたのが利いていると思います。

シーズンリッチは関東馬ですが、直前輸送を避けて15日に栗東入りしていました。

上位争いするために負担なく早めに輸送をクリアしている点は評価できますし、2週続けて角田大河騎手が追い切りに騎乗しているのもここメイチに仕上げている感じがします。

今回の舞台である阪神芝2,400mは毎日杯を制した阪神芝1,800mと同じく阪神外回りコースを使用します。

毎日杯の2着馬がのちに新潟記念を制したノッキングポイントですし、シーズンリッチにとって阪神外回りコースは距離さえ持てば出し切れる舞台です。

相手関係は強化されますが、ここに向けて順調に仕上がっている感じがしました。

スマートファントム

スマートファントム 9月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.937.512.4一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.038.412.1馬なり

最終追い切りは栗東坂路でクリノファンタジア(2歳新馬)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、外ラチ沿いから一杯に追われて4ハロン51秒9-上がり1ハロン12秒4で1馬身半差先着しています。

映像はありませんが、1週前に栗東のウッドチップコースでゴール前に一杯に追われていました。

このときの時計自体は6ハロン83秒8-上がり1ハロン11秒4なので特別目立つものではありません。

しかしながら、負荷をかけることには成功しており、最終追い切りの坂路時計51秒9は自己ベストを記録しています。

調教映像を見てもフットワークが軽快です。

ハービンジャー産駒にしては珍しく、脚の長い馬なので時計の出やすい現在の阪神ともかみ合いそうです。

相手関係は強化されますが、前走時よりも動き、時計ともによく順調に仕上がっていました。

ナイトインロンドン

ナイトインロンドン 9月20日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)83.367.150.436.111.6強め
1週前美浦南W(良)81.366.450.736.612.0強め
前走最終函館W(良)  52.637.712.6馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、障害馬のアランデル(5歳オープン)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中あたりから強めに追われて6ハロン83秒3-上がり1ハロン11秒6の時計を記録しました。

1週前、最終追い切りともにウッドチップで強めに追われています。

どちらも4ハロン50秒台半ばの時計を出しているのは評価できますし、母の父メジロマックイーンを彷彿させるような力強い走りは魅力に感じました。

現在の阪神はとにかく時計が出ているので、ナイトインロンドンの脚質に合うかは正直分かりません。個人的には高速馬場はかみ合わないと思います。

しかしながら、追い切りを見た限りはスタミナとパワーのある馬なので、それらの要素が求められる菊花賞で面白そうな存在になりそうです。

もしも菊花賞への出走が叶うようでしたら改めて注目したいです。

ハーツコンチェルト

ハーツコンチェルト 9月21日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)86.270.155.039.412.1馬なり
1週前栗東CW(良)82.666.451.836.911.2一杯
前走最終美浦南W(重)81.965.651.337.211.4馬なり

ダービーで3着のハーツコンチェルトは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も手綱を握る松山騎手を背に馬なりで追われて6ハロン86秒2-上がり1ハロン12秒1でゴールしています。

関東馬ですが2週間前に栗東に移動し、早めに輸送を終わらしています。

1週前も栗東のウッドチップで追い切りを行い、3頭併せで一杯に負荷をかけた結果、6ハロン82秒6-上がり1ハロン11秒2の好タイムを残しました。

1週前に負荷をかけたため最終追い切りは軽めの調整でしたが、前脚の動きが少し硬いように感じました。

これは思いっきり負荷をかけた1週間前の追い切りでも感じたことです。

休み明け初戦の追い切りというのも影響しているのかもしれませんが、ダービー前の最終追い切りのほうがいい動きを見せていました。

もっとも、ダービー前の最終追い切りのときは左回りで今回の追い切りは2週続けて右回りだったのでもしかしたらコーナーワークの違いが歩様に現れていたのかもしれません。

なぜなら、これまでの戦績を見ても左回り競馬場のほうが結果を残しているからです。

なお、今回の舞台となる阪神芝2,400mも右回りなのでハーツコンチェルトにとっては課題の一戦となるでしょう。

ただし、今回は敗れた若葉ステークスの時とは違って外回りコースを使用するので立ち回りの器用さはそこまで求められません。

ハーツコンチェルトはロングスパートに長けた馬なので外回りコースならベストを尽くせる可能性も高いです。

今回は人気の一角となりそうですし、個人的にも注目している馬ですが追い切りだけ見たらほかの馬のほうがいい動きを見せていました。

バールデュヴァン

バールデュヴァン 9月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.739.511.8馬なり
前走最終函館W(良) 68.553.038.912.4馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

レース当日も手綱を握る古川吉洋騎手を背に、馬なりで終い重視に追われて4ハロン55秒7-上がり1ハロン11秒8でゴールしています。

1週前も坂路で一杯に追われ、この時は全体時計50秒7という猛時計を出して一杯に負荷をかけています。

その後の追い切りなのでラスト重視に軽めで追われました。

序盤こそ頭が高くて全くの馬なりでしたが残り2ハロンあたりで促されるとそこから加速の態勢に入って2ハロン24秒4-上がり1ハロン11秒8を記録しています。

終い重視としては上々の内容ですし、浜田調教師の思惑通りの内容になったのではないでしょうか。

馬なりながらもスムーズに動くことができていたので追い切り自体はよかったです。

あとは、父が短距離タイプのミッキーアイルなので、2,400mの中距離でどこまでやれるかが最大のポイントになるでしょう。

ビキニボーイ

ビキニボーイ 9月21日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.639.512.2強め
前走最終栗東坂路(良)  54.839.412.3馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースで行われました。

助手が騎乗して強めに追われ、全体時計55秒6-上がり1ハロン2秒2で走破しています。

JRAレーシングビュアーにビキニボーイの追い切り映像が公開されていなかったため、時計や厩舎コメントからして評価できません。

1週前は栗東のウッドチップで一杯に追われて7ハロン96秒9-上がり1ハロンは11秒7でした。

これが実質的な最終追いで、栗東坂路で行った最終追い切りは動きを確認する程度でした。

しかしながら、強めに追われた割に特別時計は目立っていません。

前走最終時のほうが馬なりで時計が出ていることからも、前走ほどの上積みには期待しづらいでしょう。

ファントムシーフ

ファントムシーフ 9月21日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.338.111.7一杯
前走最終栗東CW(良)84.368.552.837.411.3馬なり

皐月賞で3着入りを果たしたファントムシーフは栗東の坂路コースで最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中から一杯に追われて全体時計53秒3-上がり1ハロン11秒7で坂路を駆けあがりました。

映像はありませんが、1週前も栗東のウッドチップコースで一杯に追われて6ハロン80秒4-4ハロン51秒0-1ハロン11秒2で走破しています。

全体時計、上がり時計ともに好タイムを出していましたし、脚色こそ違えど前走ダービー時よりも好タイムを残したのも評価したいです。

ただし、皐月賞の1週前追い切り時は6ハロン80秒3-4ハロン50秒8-1ハロン11秒5だったので全体的には皐月賞のときのほうが良化しています。

今回の最終追い切りも2週続けて一杯に追われましたが、時計自体はそこまで出ていません。

しかしながら、豪快な走りは健在で、ハービンジャー産駒らしくパワーをフルに活かした動きができているので休み明けでも動けるでしょう。

皐月賞の時と比較するとわずかに時計面で見劣りはありましたが、そこまで悪い状態ではないです。

現在の阪神は高速馬場傾向にありますが、そこさえかみ合えばチャンスはあると思います。

マイネルラウレア

マイネルラウレア 9月20日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  50.637.212.2一杯
前走最終栗東坂路(良)  51.937.312.2馬なり

若葉ステークス勝ち馬のマイネルラウレアは栗東の坂路でタガノデュード(2歳未勝利)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、タガノデュードを4馬身追走する形で一杯に追われ、4ハロン50秒6-上がり1ハロン12秒2の時計を記録しましたが、僚馬にはアタマ差遅れています。

映像はありませんが1週前は栗東のウッドチップで一杯に追われて6ハロン77秒9-4ハロン50秒4-上がり1ハロン11秒7という猛時計を叩き出しました。

最終追い切りでも一杯に追われて4ハロン50秒6時計面は非常に優秀です。

最終追い切りでは少し首の動きが大きく負荷をかけられていて苦しそうな姿も見せていましたが、2週続けて好時計を出しているのは高く評価できました。

皐月賞や若葉ステークスの時と比較すると段違いで過酷なトレーニングを積んでいて、ここに対してメイチで挑む姿勢が現れています。

前走京都新聞杯は5着でしたが勝ち馬サトノグランツとの着差はわずか0.1秒ですし、高速馬場にも対応しているので現在の阪神の馬場にもマッチするでしょう。

20日に追い切りを行った8頭のなかでは一番好走に期待できると感じました。

ロードデルレイ

ロードデルレイ 9月21日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.467.652.537.711.6強め
前走最終栗東CW(良)84.467.952.637.211.2強め

無敗の3連勝で初重賞に挑むロードデルレイは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

助手を背中に馬場の外側から強めに追われて6ハロン82秒4-上がり1ハロン11秒6でゴールしました。

中間の本数自体は少ないものの、前走赤倉特別から中2週で挑むためそこまで大きな問題はないです。

脚さばきは軽快ですし、脚の回転も速く、前走に引き続いて状態面は良いです。

休み明けで挑んだ前走赤倉特別の最終追い切り時よりも時計を出しているのも好感が持てます。

1回レースに使ったことで良化しているのは間違いありません。

初重賞、キャリア初の2,400m戦など課題も少なくないですが、追い切り自体はしっかりと動けていました。

PR

神戸新聞杯(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると神戸新聞杯(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

神戸新聞杯2023追い切り評価ランキング

評価馬名
マイネルラウレア
ショウナンバシット
シーズンリッチ
ナイトインロンドン
ファントムシーフ
ロードデルレイ
サヴォーナ
サトノグランツ
スマートファントム
ハーツコンチェルト
バールデュヴァン
サスツルギ
ビキニボーイ
 

神戸新聞杯2023追い切り映像

神戸新聞杯2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 神戸新聞杯|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 神戸新聞杯|JRA公式

神戸新聞杯2023の最終予想

神戸新聞杯2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)