[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【シリウスステークス2023追い切り評価/全頭診断】上位人気の〝あの馬〟にトップ評価の「S」

シリウスステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

シリウスステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではシリウスステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

9月27日の馬場状態

栗東
坂路、ウッドチップともに良馬場で行われました。
坂路は全体的に時計がかかっており、ウッドチップも標準より気持ち時計はかかっていました。

目次(読みたい項目をタップ)

シリウスステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

シリウスステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR

シリウスステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アイコンテーラー

アイコンテーラー 9月27日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)84.269.154.138.311.4一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.138.211.9馬なり

前走BSN賞で力強い勝ちっぷりを見せたアイコンテーラーは栗東のウッドチップコースでウッドバイン(2歳新馬)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、外ラチ沿いから一杯に追われて6ハロン84秒2-上がり1ハロン11秒4で僚馬に3馬身先着しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

道中は少しうつむき加減で覇気のない動きです。

また、一杯に追われた割に時計は出ていません。

外ラチ沿いを走っていたので距離以上に走っているのは事実ですが、それでも時計は目立ちませんでした。

映像はありませんが22日にも栗東ウッドチップで一杯に追われていましたが、6ハロン84秒5-上がり1ハロン11秒5で今回と差はないです。

そしてなにより、好走した今年の愛知杯や昨年の中日新聞杯と比較しても積極的な動きを見せておらず、その時と比較するといまいち気持ちが乗っていない印象を持ちました。

前走BSN賞の勝ちっぷりでダートに活路を見出していましたが、追い切りを見た限りは好調とは言い難かったです。

ヴァンヤール

ヴァンヤール 9月27日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.438.312.5一杯
前走最終栗東坂路(良)  52.937.912.1強め

最終追い切りは栗東の坂路コースで単走を行いました。

助手が騎乗し、一杯に追われて4ハロン52秒4-上がり1ハロン12秒5を記録しています。

映像はありませんが1週前の21日にも坂路で一杯に追われて51秒4-上がり1ハロン12秒7を出していたので一杯負荷がかかっているのはよいでしょう。

最終追い切りは馬場のやや内から追われていましたが、少し首がななめを向きながらの走りでしたが力強い脚質は健在で、脚さばきも素早かったです。

もともとヴァンヤールは追い切りでは時計を出すタイプではありませんがそれでも上位争いに来ています。

そして何よりも坂路コースで一杯に追って負荷をかけた後はレースで上位争いできています。

今回も好調時と同じようなスケジュールで調整されているうえ。しっかりと消化しているので近走と同じくらいの状態は維持できていました。

カフジオクタゴン

カフジオクタゴン 9月27日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.238.112.2強め
前走最終函館W(良) 68.852.438.512.3一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースでアウェイキング(2歳新馬)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から末強めに追われ、全体時計53秒2-上がり1ハロン12秒2でアウェイキングに2馬身先着しています。

時計はありませんが、1週前の21日も栗東坂路で一杯に追われて4ハロン52秒9-上がり1ハロン2秒1を記録しました。

このとき併せたのが三冠馬コントレイルの全弟にあたるサンセットクラウド(4歳オープン)で、2馬身後方から追走して同時併入しました。

また、24日も坂路で一杯に追われているので思いっきり負荷が掛けられています。

最終追い切りでは一杯に走ったアウェイキングから4馬身ほど先行し、2馬身先着しました。

新馬のアウェイキングが無駄な動きが大きくてすこし走りづらいところがあったと思いますが、しっかりと前を向いて黙々と走りに集中できているのはよく、フォームがきれいだったのも好感が持てます。

時計自体は目立ちませんが、しっかり負荷をかけたことでレースに向けて着々と気持ちが乗っているように感じました。

キリンジ

キリンジ 9月27日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.367.852.837.912.0一杯
前走最終栗東坂路(稍重)  55.340.212.8強め

メンバー唯一の3歳馬であるキリンジは栗東のウッドチップコースで最終追い切りを行いました。

レース当日も騎乗する藤岡佑介騎手が手綱を握り、馬場の真ん中から一杯に追われて6ハロン83秒3-上がり1ハロン12秒0でゴールしています。

映像はありませんが、1週前の21日にもウッドチップコースにて藤岡佑介騎手が手綱を握り、一杯に追われました。

この時の時計は6ハロン84秒1-上がり1ハロン11秒9です。

キリンジはもともと追い切り映えするタイプではなく、また、時計を出すタイプでもありません。

しかしながら、一杯に負荷をかけたあとはレースで好走しています。

動きを見ても特別目立つところはなかったですし直線でも伸びを見せませんでしたが、そのなかで結果を残しているということはこの馬なりに調子はいいのでしょう。

藤岡佑介騎手が2週続けて手綱を握っているのも好感が持てますし、現状は維持できていると思います。

クリノドラゴン

クリノドラゴン 9月27日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.467.952.837.811.8一杯
前走最終栗東CW(良)83.367.852.837.912.0一杯

昨年の浦和記念の勝ち馬であるクリノドラゴンは栗東のウッドチップコースでニホンピロクリフ(5歳2勝クラス)と併せ馬を行いました。

ルーキーの田口貫太騎手(レース当日は武豊騎手が騎乗)が手綱を握り、 僚馬の内側から馬場の真ん中あたりで一杯に追われて6ハロン83秒4-上がり1ハロンは11秒8でした。

僚馬にはアタマ差先着しています。

1週前の21日にも田口騎手を背にウッドチップで一杯に追われました。

このときは6ハロン81秒4-上がり1ハロン12秒5でゴールしています。

1週前と比較すると全体時計は見劣っていますが、終い重視を意識したのかラスト1ハロンは最終時のほうがでていました。

ただし、併せたニホンピロクリフが2馬身後方から競馬を行い、クリノドラゴンの外目を回って最後アタマ差まで詰め寄っていることを考えると、僚馬のほうが出し切れています。

2勝クラスの馬に見劣りした点は少し評価を下げたいです。

もっとも、浦和記念前の最終追い切り時計が栗東のウッドチップコースで一杯に追われて6ハロン83秒2-上がり1ハロン12秒0なので、浦和記念の時くらいの状態は維持できています。

ゲンパチルシファー

ゲンパチルシファー 9月27日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.240.412.7一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.639.513.0一杯

最終追い切りは栗東の坂路でセイクリッドゲイズ(5歳3勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し外ラチ沿いから一杯に追われ、全体時計55秒2-上がり1ハロン12秒7でゴールしています。

なお、セイクリッドゲイズは馬なりでゲンパチルシファーを4馬身後方から追走し、後れをとったもののクビ差まで詰め寄っています。

評価が難しい馬で序盤はどこかもっさりしていたものの、ラスト2ハロンあたりからは脚の回転も速くて力のある走りを見せていました。

ただし、条件戦馬のセイクリッドゲイズが馬なりで後方から追走し、最後の最後はクビ差まで詰めていました。

ゲンパチルシファーは一杯に追われていたにも関わらず、馬なり+クラス戦の馬に差を縮められていたのは正直マイナス評価です。

時計も一杯に追われた割には目立っていませんし、ほかの馬と比較してもいい追い切りとは言い難かったです。

サンマルレジェンド

サンマルレジェンド 9月27日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.138.112.2一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.839.312.1一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースで単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から一杯に追われて全体時計53秒1-上がり1ハロン12秒2で坂路を駆けあがりました。

時計自体は近走の中でも出ている方ですし、力強い脚さばきや前を意識しながら走行できている点は評価できます。

ただし、少し操縦性に難があるのか時折右や左に寄れているのは気になりました。

一杯に追われて真剣に追われていたのですがコントロールは難しそうです。

調子自体は悪くなさそうなのでB評価にします。

サンライズホープ

サンライズホープ 9月27日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.338.212.5一杯
前走最終栗東坂路(重)  53.838.312.0強め

重賞2勝馬のサンライズホープは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から一杯に追われて4ハロン53秒3-上がり1ハロン12秒5でゴールしました。

サンライズホープは大型馬で筋肉量の多い馬です。

最終追い切り映像を見た限りは大きな馬体を駆使して飛ぶような走りを見せていました。

ただし、昨年勝利したみやこステークスや4着に入線した東京大賞典の時はもっと大きく動けていましたし、力強い走りで坂路を駆けあがっていました。

そのときと比較すると正直なところ迫力に欠けます。

決して動きは悪くないですし力は出し切れると思いますが、良いころと比較すると見劣りしました。

トウセツ

トウセツ 9月27日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.039.614.1強め
前走最終栗東坂路(良)  54.539.513.3一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースでナイトアクアリウム(3歳2勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗するデムーロ騎手を背に、僚馬から2馬身ほど先行して強めに追い切りを行っています。

全体時計54秒0-上がり1ハロンは14秒1で駆け抜けましたが最終的にはナイトアクアリウムに1馬身ほど遅れを取ってしまいました。

追い切り映像がないので評価が難しいですが、1週前の22日、そしてそのまえの中間17日も栗東のウッドチップで一杯に追われています。

しかしながら、時計自体は2本とも平凡で、最終追い切りも時計は目立たず、下級クラスの馬に先着を譲ってしまったのもマイナスでした。

レース当日騎乗するデムーロ騎手がまたがった点はよいのですが、ここでの激走は少し厳しいと感じました。

ニューモニュメント

ニューモニュメント 9月27日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.738.912.9一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.539.012.6馬なり

今年の川崎記念で3着に入線したニューモニュメントは栗東の坂路コースでオーマイオーマイ(6歳1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し馬場の真ん中くらいから一杯に追われたオーマイオーマイを6馬身後方から追走しています。

ニューモニュメントも一杯に追われ、全体時計52秒7-上がり1ハロン2秒9でオーマイオーマイに2馬身先着しました。

1週前も栗東坂路で強めに追われて4ハロン52秒8-上がり1ハロン12秒5を記録し、負荷はかけられています。

淡々とした走りで脚さばきも軽快ですし、しっかり前に集中して走れていたのは好感が持てます。

最終追い切りの時計は特別速くありませんが、今年3着に入選した川崎記念のときの最終追い切り時計も栗東坂路(重馬場)で一杯に追われて4ハロン53秒9-上がり1ハロン12秒9で、重馬場を考慮しても時計は目立っていません。

もともとニューモニュメントは時計を出すタイプではないのでそのあたりは気にしなくてもよいと思います。

きびきび走れていましたし、状態は維持できているように感じました。

ハギノアレグリアス

ハギノアレグリアス 9月27日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.638.412.2強め
前走最終栗東坂路(良)  54.439.712.4馬なり

今年の名古屋大賞典を制したハギノアレグリアスは栗東の坂路コースでブレイクボーイ(3歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する岩田望来騎手を背に、ブレイクボーイ(強め)を半馬身追走しています。

ハギノアレグリアスも僚馬の内から強めに追われて4ハロン53秒6-上がり1ハロン12秒2で5馬身先着しています。

序盤から行きっぷりのいい走りを見せていて好調をキープしています。

とくに残り1ハロンから軽く仕掛けられるとグンと加速して僚馬をみるみる突き放す走りは印象に残りました。

時計や動きを見た限り、安定して上位入選している近走とそこまで差はないことから好調をキープしているのは間違いありません。

何なら脚色こそ違えど前走最終時よりも好タイムを記録しているのも好感が持てます。

状態は極めてよいといえますしここでの上位争いにも期待できるでしょう。

フルヴォート

フルヴォート 9月27日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.839.812.0強め
前走最終栗東坂路(重)  54.639.511.8一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、タイセイアベニール(8歳オープン)と2頭併せを行いました。

タイセイアベニール(強め)から8馬身先行して、助手を背に馬場の真ん中から強め追われています。

全体時計は54秒8で上がり1ハロンは12秒0でタイセイアベニールに2馬身半先着しました。

映像はありませんが、1週前も栗東坂路で一杯に追われて4ハロン53秒4-上がり1ハロン11秒9を記録しています。

このとき負荷をかけたため、今回は気持ち緩めでしたが負荷をかけた影響もあってか、脚の回転が速くてしっかり動けていました。

また、今回の最終追いでは終い重視で追われていましたが、3ハロン39秒8からの2ハロン25秒1-1ハロン12秒0でまとめていて要望に応える走りができていたのも好感が持てます。

前走最終時と同じくらいの状態には仕上がっていますしレースでも出し切れると思います。

ヘラルドバローズ

ヘラルドバローズ 9月27日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)78.564.450.736.812.0一杯
前走最終栗東CW(良)84.869.454.038.011.6一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースで単走を行いました。

川又騎手(レース当日は松山騎手が騎乗)が手綱を握り、馬場の外目から一杯に追われて6ハロン78秒5-上がり1ハロン12秒0を記録しました。

映像はありませんが、1週前も栗東のウッドチップで一杯に追われて7ハロン96秒1-上がり1ハロン11秒9を記録しています。

2週続けて負荷をかけたことになりますが、全体時計78秒5は優秀です。

今回シリウスステークに出走する馬でウッドチップコースにて追い切りを行った馬はアイコンテーラーとキリンジがいますが、最速の時計を記録しました。

走り自体は少し前傾姿勢で走っていましたが、もともとヘラルドバローズはこのような走りをする馬なので気にしなくてよいです。

時計は優秀でしたし、負荷をかけたことで上積みも見られました。

身体の大きな馬なので大回りの阪神ダートは合うはずなので、レース当日も注目したい1頭です。

ロードブレス

ロードブレス 9月27日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.839.512.7強め
前走最終函館W(良) 74.659.744.214.4馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースでテーオーステルス(4歳3勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も手綱を握る川須騎手を背に、馬場の外側から強めに追われて4ハロン53秒8-上がり1ハロンは12秒7で僚馬と同時併入しました。

映像はありませんが、1週前も栗東坂路で強めに追われて4ハロン56秒3-上がり1ハロン12秒4を記録しています。

走り自体はきびきびと動いていたのですが、最後の最後にテーオーステルスに捕らえられていました。

ロードブレスは長期休養以前の2021年度、例えば2着に好走した一昨年のみやこステークスの映像を見ても分かるように、終盤に僚馬に詰め寄られるとそこからグンと加速して勝負根性を発揮していました。

今回の最終追いでも捕らえらまいと勝負根性が見えましたが、使える脚が短くて最終的につかまっています。

年齢的にも7歳馬なので身体的な衰えもあるでしょうし、なによりも原因不明の脚部不安で1年以上休養したことでかつての能力を失った感じがしました。

気持ちは乗っているのですが、全盛期と比較すると衰えは否めません。

PR

シリウスステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとシリウスステークス(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

シリウスステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ハギノアレグリアス
ヘラルドバローズ
ヴァンヤール
カフジオクタゴン
キリンジ
クリノドラゴン
サンマルレジェンド
サンライズホープ
ニューモニュメント
フルヴォート
アイコンテーラー
ゲンパチルシファー
トウセツ
ロードブレス
 

シリウスステークス2023追い切り映像

シリウスステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 シリウスステークス|JRA公式

シリウスステークス2023の最終予想

シリウスステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)