[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【東スポ杯2歳ステークス2023予想】馬券で買いたい〝5頭〟はこちら!

東京スポーツ杯2歳ステークス2023予想記事のサムネイル画像

東京スポーツ杯2歳ステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

東京スポーツ杯2歳ステークス2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の予想ポイント

  • 上がり勝負になりやすい
  • ノーザンファーム生産馬が圧倒的に強い
  • 馬券の中心は1~6人気、近4年は7人以下は全て馬券外
  • 内枠有利、特に1枠は当たり枠【4-0-3-4】
  • 前走芝1,800m組が一番強い
目次(読みたい項目をタップ)

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の概要

東スポ杯2歳ステークスは東京競馬場で開催される2歳限定競走です。

この時期になると2歳限定競走も増えつつありますが、東スポ杯2歳ステークスは将来性の高いレースとして認知されています。

なぜなら、舞台となる東京芝1,800mは毎日王冠や府中牝馬ステークスでも使用されており、3歳以降のビッグレースに対応することが多いからです。

近走で上位入選した馬を見てみると、イクイノックスやコントレイル、スワーヴリチャードにワグネリアンといったのちの名馬がいます。

本競走で好走した馬の多くが翌年以降のレースで頭角を表していることから出世レースとしても注目されているのです。

毎年有力馬が参戦してレースリーディングが高くなったため、2021年よりG2に昇格しました。

今年は10頭の少数立てですが、この中に未来の競馬界の中心となる馬がいるかもしれません。

出世レースとしても、注目したいです!

2022年 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅡ) | ガストリック | JRA公式

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の開催内容

開催日11月18日(土曜) 15:30発走
格付けG2
開催競馬場東京競馬場 11R
コース芝1,800m
性齢2歳
斤量馬齢
1着賞金3800万円

東京スポーツ杯2歳ステークス2023が開催される東京の芝1,800mの特徴

東京競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説
スタート地点2コーナーの斜めポケット
コース左回り
Cコース使用
1周の距離2,120.8m
直線距離525.9m
高低差2.7m
フルゲート18頭

舞台となる東京芝1,800mは毎日王冠や府中牝馬ステークスでも使用されています。

スタート地点は1~2コーナーの間にあるポケットで、最初の2コーナーまでの距離は約160mです。

2コーナーを過ぎたら本線に入り、そこからゴールまでワンターンコースとなっています。

向こう正面は約600mと長いです。

ゆるやかな下り傾斜が大部分を占めますが、中距離コースということで各騎手はセーブしながら後半に備えます。

3~4コーナーは大回りなので極端にペースダウンしなくても立ち回ることができます。

また、4コーナーの途中にラスト3ハロンの標識が立っているのでこのあたりからスパートを仕掛けることが多いです。

最後の直線は約525mと長く、長く脚を活かせます。

道中には高低差2mの上り坂がありますが、勾配は中山や阪神ほどキツくありません。

坂を上ったら残り300mは平坦な道のりとなっており、その先にゴールがあります。

東京芝1,800mは序盤がスローで後半からペースアップしがちです。

直線も長いので脚を存分に活かすことができます。

上がりタイムも速くなりやすいのでスピードに長けた馬が活躍しやすいコースとなっています。

東京の芝1,800mはここをチェック!

  • スローからの瞬発力勝負になりやすい
  • 多くのG1前哨戦に使われる
  • 差しや追い込みが決まりやすい

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の出走馬

【参考レース】2023年 東京スポーツ杯2歳ステークス|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1シュバルツクーゲル牡256.0西村淳也
2サークルオブジョイ牡256.0北村友一
3ファーヴェント牡256.0横山武史
4ミカエルパシャ牡256.0松山弘平
5ショウナンラプンタ牡256.0鮫島克駿
6ガイアメンテ牡256.0T.マーカンド
7シュトラウス牡256.0J.モレイラ
8シャンパンマーク牡256.0戸崎圭太
9フォルラニーニ牡256.0C.ルメール
10テリオスルル牝255.0三浦皇成

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
13ガストリック5新馬1
26ダノンザタイガー2未勝利1
38ハーツコンチェルト1新馬1
2021
11イクイノックス1新馬1
23アサヒ4未勝利1
32テンダンス6未勝利1
2020
13ダノンザキッド1新馬1
22タイトルホルダー5新馬1
310ジュンブルースカイ3萩ステークス(L)2
2019
16コントレイル1新馬1
25アルジャンナ2新馬1
31ラインベック3中京2歳ステークス(OP)1
2018
12ニシノデイジー8札幌2歳ステークス(G3)1
24アガラス7コスモス賞(OP)2
35ヴァンドギャルド4新馬1
2017
13ワグネリアン1野路菊ステークス(OP)1
27ルーカス2新馬1
35シャルルマーニュ3アイビーステークス(OP)2
2016
稍重
16ブレスジャーニー2サウジアラビアRC(G3)1
29スワーヴリチャード4未勝利1
31ムーヴザワールド1新馬1
2015
110スマートオーディン4萩ステークス(OP)2
29プロディガルサン2芙蓉ステークス(OP)1
31マイネルラフレシア6アイビーステークス(OP)1
2014
11サトノクラウン4新馬1
22アヴニールマルシェ1新潟2歳ステークス(G3)2
311ソールインパクト9未勝利1
2013
11イスラボニータ2いちょうステークス(OP)1
28プレイアンドリアル4ジュニアグランプリ1
34クラリティシチー5いちょうステークス(OP)3

【上がり】上がり勝負になりやすい

上がり3F成績単勝率連対率複勝率
1位【6-2-2-2】50.0%66.7%83.3%
2位【3-5-2-4】21.4%57.1%71.4%
3位【0-0-1-6】0.0%0.0%14.3%
4~5位【1-2-4-14】4.8%14.3%33.3%
6位以下【0-1-1-57】0.0%1.7%3.4%

過去10年の東スポ杯2歳ステークスの勝ち馬6頭が上がり最速の末脚で勝利しています。

また、上がり最速の脚を使った馬は過去10開催すべてで馬券に絡んでいました。

東スポ杯2歳ステークスは上がり勝負になりやすいので、これまでの戦績から末脚に定評のある馬をチョイスしたいです。

ちなみに、過去10年の上がり最速タイムの平均は33秒5でした。

今年の出走馬が過去に出した上がり最速タイムをまとめました。

シャンパンマーク(33秒1)
ファーヴェント(33秒4)
サークルオブジョイ(34秒1)
シュトラウス(34秒3)
ショウナンラプンタ(34秒3)
テリオスルル(34秒4)
フォルラニーニ(34秒6)
ミカエルパシャ(34秒6)
シュバルツクーゲル(35秒0)
ガイアメンテ(36秒8)

【生産者】ノーザンファーム生産馬の庭

生産者成績単勝率連対率複勝率
ノーザンF【4-7-3-24】10.5%28.9%36.8%

過去10年の東スポ杯2歳ステークスの勝ち馬4頭、そして馬券に絡んだ14頭がノーザンファーム生産馬でした。

実に半数近い馬が馬券に絡んでおり、この中にはイクイノックスやダノンザキッド、ワグネリアンにスワーヴリチャードといったのちのG1馬も含まれています。

ノーザンファーム生産馬はクラシック競走を目標に育成することが多く、若くして洗練された馬が多数いました。

馬券予想の際はノーザンファーム生産馬にも注目したいです。

今年の出走馬でノーザンファーム生産馬は5頭いました。

・ガイアメンテ
・サークルオブジョイ
・シュトラウス
・テリオスルル
・フォルラニーニ

PR

東スポ杯2歳ステークス(G2)マイルチャンピオンS(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで東スポ杯2歳ステークス(G2)マイルチャンピオンS(G1)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-1-2-3】40.0%50.0%70.0%
2番人気【2-4-0-4】20.0%60.0%60.0%
3番人気【0-0-3-7】0.0%0.0%30.0%
4~6番人気【3-4-4-19】10.0%23.3%36.7%
7~9番人気【1-1-1-24】3.7%7.4%11.1%
10番人気以下【0-0-3-7】0.0%0.0%0.0%

上位人気の信頼度が高いレース

過去10年の東スポ杯2歳ステークスで1番人気は【4-1-2-3】、2番人気は【2-4-0-4】で、複勝率は60~70%ありました。

馬券に絡んだ30頭のうちの13頭が1~2番人気に支持された馬です。

東スポ杯2歳ステークスは上位人気に支持された馬が好走しやすいです。

人気をもとに予想するのもよいでしょう。

中位人気馬も台頭しやすい

過去10年の東スポ杯2歳ステークスで4~6番人気の馬は【3-4-4-19】でした。

3頭の勝ち馬をはじめ、10頭が馬券に絡んでいます。

過去の好走馬を見てみると、サトノクラウンやスワーヴリチャード、タイトルホルダーといったのちのG1馬が意外とこのレースでは中位人気扱いされていたのです。

中位人気の馬でも激走の可能性は高いので馬券予想の際は注視したいです。

近4開催は7番人気以下の馬の出番がない

直近4開催の東スポ杯2歳ステークスに絞ってみると、7番人気以下の馬は1頭も馬券に絡んでいません。

近年は1~6番人気の馬で決着づくことが増えています。

このことから、極端に人気のない馬は評価を下げてもよいかもしれません。

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【4-0-3-4】36.4%36.4%63.6%
2枠【0-3-1-8】0.0%25.0%33.3%
3枠【3-1-2-6】25.0%33.3%50.0%
4枠【0-0-0-13】0.0%0.0%0.0%
5枠【0-2-1-11】0.0%14.3%21.4%
6枠【2-1-0-13】12.5%18.8%18.8%
7枠【0-2-2-14】0.0%11.1%22.2%
8枠【1-1-1-14】5.9%11.8%17.6%

内枠有利

過去10年の東スポ杯2歳ステークスで1~3枠の馬は7勝、3着内には17頭が入線していました。

開催後期の東京開催で内の痛みがあってもおかしくありませんが、近年は最終開催週まで東京の馬場は時計が出ています。

その影響もあるのか、内枠の馬の好走事例が目立ちました。

内枠を引いた馬は評価を上げてもよさそうです。

4枠は死に枠

過去10年の東スポ杯2歳ステークスで4枠からは13頭が出走しましたが、1頭も馬券に絡めていませんでした

このなかには2015年のロスカボス(1番人気)や2018年のヴェロックス(2番人気)、2020年のレインフロムヘヴン(4番人気)のように、人気を背負いながらも敗れてしまった馬もいます。

特にヴェロックスは勝ち馬ニシノデイジーと同タイムでありながら4着に敗れていました。

4枠は死に枠と考えてもよさそうです。

今年の東京スポーツ杯2歳ステークスで4枠を引いた馬はミカエルパシャです。

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年の前走着順別成績

前走着順成績単勝率連対率複勝率
前走1着【9-8-7-53】11.7%22.1%31.2%
前走2着【1-2-2-8】7.7%23.1%38.5%
前走3着以下【0-0-1-22】0.0%0.0%4.3%

前走1着馬が有利

過去10年の東スポ杯2歳ステークスの勝ち馬9頭と馬券に絡んだ24頭は前走のレースを勝利していました。

前走の勝ち馬が引き続き好走する傾向が強いです。

今年の出走馬の中で前走勝利していた馬は7頭いました。

サークルオブジョイ(前走新馬戦)
シャンパンマーク(前走新馬戦)
シュバルツクーゲル(前走新馬戦)
ショウナンラプンタ(前走新馬戦)
ファーヴェント(前走新馬戦)
フォルラニーニ(前走新馬戦)
ミカエルパシャ(前走新馬戦)

なお、前走2着馬も成績は悪くありませんが今年は該当する馬が1頭もいませんでした。

前走3着以下は実績が乏しい

過去10年の東スポ杯2歳ステークスで前走3着以下に敗れた馬は23頭出走しましたが、馬券に絡んだのは2013年のクラリティシチーのみでした。

それ以外の馬は馬券外に敗れています。

馬券予想の際は前走3着以下に敗れている馬は評価を下げてもよいかもしれません。

今年の出走馬の中で該当した馬は3頭いました。

ガイアメンテ
(前走札幌2歳ステークス【G3】/6着)

シュトラウス
(前走サウジアラビアRC【G3】/3着)

テリオスルル
(前走サフラン賞【1勝クラス】/3着)

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年の前走距離別成績

前走距離(芝)成績単勝率連対率複勝率
2,000m【0-3-1-20】0.0%12.5%16.7%
1,800m【9-5-6-45】13.8%21.5%30.8%
1,600m【1-2-3-13】5.3%15.8%31.6%

前走芝1,800mが一番強い

過去10年の東スポ杯2歳ステークスの勝ち馬9頭、そして馬券に絡んだ20頭が前走芝1,800mを使っていました。

東スポ杯2歳ステークスは芝1,800mの中距離コースですが、前走も同距離を使われている馬が活躍しています。

ちなみに前走が芝1,600mだった馬は【1-2-3-13】で勝ち馬は2016年のブレスジャーニーしかいません。

また、前走芝2,000mだった馬は【0-3-1-20】で勝ち馬ゼロでした。

馬券予想の際は前走の距離にも注目したいです。

今年の出走馬で前走が芝1,800mだった馬は3頭いました。

ガイアメンテ
(前走札幌2歳ステークス【G3】/6着)

サークルオブジョイ
(前走新馬/1着)

ファーヴェント
(前走新馬戦/1着)

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の有力馬3頭

今年の東スポ杯2歳ステークスも将来性の高そうな馬が多数参戦しました。

どの馬が勝利するか、いまから楽しみです。

今年の出走登録馬の中で上位人気に支持されそうな馬を3頭まとめました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

シュトラウス

主な勝ち鞍

・2歳新馬 2023年

父は名マイラーのモーリス、母のブルーメンブラットも現役時代にマイルチャンピオンシップを制しました。

血統だけ見たらマイル色の強い馬で、新馬戦では不良馬場の中逃げて2着馬に9馬身差の圧勝でデビューを飾ったのです。

前走のサウジアラビアロイヤルカップでも連勝を狙い、直線でも長く脚を使ったのですが勝ち馬ゴンバデカーブースに突き放され、ボンドガールにも最後はセリ負けての3着でした。

敗れはしましたが上位2頭が強い競馬を見せていたので善戦はできたと思っています。

前走で賞金加算できなかったので今回は臨戦となりますが、これまでと違って距離が1ハロン伸びるのでそのなかでどこまでやれるかが課題となりそうです。

データと相性の悪い前走3着以下に敗れた馬というのも気になりますし、陣営からしたらサウジアラビアロイヤルカップで賞金加算したかったはずなので、今回万全な状態に仕上がっているか、馬の状態を見ながら馬券の取捨選択を決めたいです。

★評価点
・新馬戦が強い
・前走は相手が強かった
・良血馬             
・モレイラ騎手が騎乗
・ノーザンファーム生産馬

▼課題
・距離が1ハロン伸びる
・前走3着以下に敗れている馬はこのレースと相性がよくない

シャンパンマーク

主な勝ち鞍

・2歳新馬 2023年

前走の新馬戦では先行しながら上がり最速33秒1の末脚でデビュー戦を制しました。

この1戦しか使われていませんが、東スポ杯2歳ステークスは上がり勝負になりやすいため新馬戦で鋭く脚を活かせたのは好感が持てます。

また、今年の出走登録馬の中ではもっとも速い上がりを使えているのも評価したいです。

血統的にも半兄に今年のNHKマイルカップを制したシャンパンカラーがいる良血馬ですし、末脚勝負になればチャンスはあるかもしれません。

★評価点
・上がりの末脚に定評がある
・メンバー最速の上がりを使っている
・半兄にG1馬のシャンパンカラー

▼課題
・新馬戦の勝ち時計は速くない

ファーヴェント

主な勝ち鞍

・2歳新馬 2023年

新馬戦では先行しながら早めに動いて上がり最速33秒4の末脚で勝利をつかみました。

この新馬戦は超がつくほどのスロー展開で上がり3ハロン勝負となりましたが、末脚をフルに活かして2着馬ゲンヨウサイに2馬身差で完勝しています。

東スポ杯2歳ステークスも上がり勝負になりやすいため、新馬戦で上がり勝負で勝ち切っているのは高く評価できます。

もともと短期免許で来日していたムーア騎手が騎乗予定でしたが、騎乗停止処分を食らってしまったので代わりに横山武史騎手が騎乗することになりました。

横山武史騎手も近年力をつけているので乗り替わりはそこまで大きな欠点ではありません。

ハーツクライのラストクロップがどのような競馬を見せてくれるか注目したいです。

★評価点
・上がりの末脚に定評がある
・上がり3ハロン線で出し切れた
・データと相性のいい前走芝1,800m組

▼課題
・新馬戦の時計自体は目立たない

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の穴馬2頭

東スポ杯2歳ステークスはたびたび中位人気馬も絡みます。

今年の出走登録馬の中から配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

フォルラニーニ

主な勝ち鞍

・2歳新馬 2023年

フォルラニーニの新馬戦は中山芝2,000mです。

開幕週とは言え稍重で時計がかかってもおかしくない舞台でしたが前残り有利の展開を味方につけて勝利をつかみました。

2着のエクセルゴールドに3馬身半差突き放しての完勝で、圧倒的1番人気に応えたのです。

この新馬戦は終盤までスロー展開で残り2ハロン勝負となりました。

上がり2ハロンで一気に加速して好走しているように、瞬発性とキレのある脚には期待できるでしょう。

東スポ杯2歳ステークスは上がり勝負になりやすいため、かみ合えばチャンスはありそうです。

★評価点
・新馬戦は上がり勝負で勝利した
・好調なルメール騎手が騎乗する

▼課題
・左回りで直線の長い東京でも力を発揮できるか

サークルオブジョイ

主な勝ち鞍

・2歳新馬 2023年

新馬戦から挑むサークルオブジョイも面白そうです。

デビュー戦は阪神の芝1,800mで7頭立ての5番人気と、そこまで高く評価されていませんでした。

しかしながら、中盤から早めに動いて上がり34秒1の末脚を使って勝利を収めています。

スローからの上がり勝負で好走できた点については東スポ杯2歳ステークスともかみ合いそうです。

また、データと相性のいいノーザンファーム生産馬ですし前走芝1,800m組という点もポイントが高いです。

今回はどれだけ人気するか分かりませんが、データ的には好走要因がたくさんあるので、面白い存在となりそうです。

★評価点
・ノーザンファーム生産馬
・前走芝1,800mから挑む
・上がりの末脚もまずまず

▼課題
・新馬戦よりも好メンバーが揃った

東京スポーツ杯2歳ステークス2023追い切り評価

東京スポーツ杯2歳ステークス2023追い切り評価はこちらの記事でご覧ください。

東京スポーツ杯2歳ステークス2023予想の最終買い目

東スポ杯2歳ステークスの予想(晴れの良馬場想定)

東スポ杯2歳ステークスが開催される東京競馬場界隈の土曜日の天気は晴れです。

気温は15度前後で秋らしい気温となっていました。

降水確率も昼間に20%が最大で、昼過ぎは0%となるため間違いなく晴れで行われるでしょう。

気になる馬場状態ですが、前日の金曜日は昼頃まで雨が降っていて午前8時半の時点で含水率は約17%、馬場は稍重でした。

しかしながら、東京競馬場は暗渠設備が整っていて雨が降らなければ馬場の回復にも期待できます。

また、今週からCコースを使用するため引き続き良好なコンディションに期待できるでしょう。

うましるでは晴れの良馬場、そこそこ時計の出る馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

PR 馬券が的中しない方へ

東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)マイルチャンピオンS(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 2 サークルオブジョイ

Constitution
マース
母父Colonel John
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走2歳新馬 1着

本命はサークルオブジョイにしました。

前走は5番人気ながらも上がり34秒1の末脚で勝利しています。

2着馬との差は大きくありませんが、低評価を覆す走りで結果を残していますし勝ち時計も良いです。

また、サークルオブジョイは今回取り上げた【ノーザンファーム生産馬】【前走1着馬】【内枠】【前走1,800m】など好走要因も多いです。

今年の東スポ杯2歳ステークスは素質馬がたくさん揃っているので人気を落とすと思いますが、データ的に非常に面白い存在なので、ボール球でホームランを狙う感覚でこの馬から行くことにしました。

〇対抗 9 フォルラニーニ

エピファネイア
リナーテ
母父ステイゴールド
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走2歳新馬 1着

対抗はフォルラニーニにしました。

前走の新馬戦は中山の芝2,000mで行われました。

終始スローで残り3ハロンからペースアップして楽勝しており、1頭だけ余裕のある走りを見せています。

勝ち時計自体は平凡ですが、まだまだ底を見せていません。

しかも、ルメール騎手は今回有力候補のシュトラウスにも騎乗経験がありましたがフォルラニーニに騎乗します。

こちらのほうが勝ち負けできると判断しているはずです。

血統的にも母の兄がサトノダイヤモンドでルメール騎手にとっても思い入れのある馬です。

新馬戦の走り以上のレースに期待したいです。

▲単穴 8 シャンパンマーク

キズナ
メモリアルライフ
母父Reckless Abandon
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走2歳新馬 1着

単穴はシャンパンマークにしました。

前走は開幕週の東京芝2,000mで勝利しました。

このレースは1,000m通過タイムが1分4秒4で超がつくほどのスロー展開でした。

そのなかで、上がり3ハロン33秒1の末脚を使って勝利しているように、末脚勝負に定評があります。

東スポ杯2歳ステークスも上がり勝負になりやすい東京芝1,800mが舞台なので新馬戦のような展開になれば思う存分脚を活かせるでしょう。

持ち上がりタイムは今回の出走馬の中でも最速ですし、展開次第でアタマまで狙えるはずです。

△連下 7 シュトラウス

モーリス
ブルーメンブラット
母父アドマイヤベガ
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走サウジアラビアRC(G3) 3着

シュトラウスは連下にしました。

前走のサウジアラビアロイヤルカップは相手が強く、先に抜け出したゴンバデカーブースはもとより、牝馬のボンドガールとも最後は競り合いましたがわずかに遅れてしまいました。

もっとも、直線入りの時点で長く脚を使えたことは評価できますし、連対した2頭が強い馬だったことからも着順はそこまで悲観しなくていいです。

ただ、サウジアラビアロイヤルカップで騎乗したルメール騎手がフォルラニーニを選択しているのはマイナスですし、データ的にも前走3着以下に敗れた馬の好走事例が乏しい点はもっとマイナスでした。

そのため、相手候補にしています。

△連下 3 ファーヴェント

ハーツクライ
トータルヒート
母父ストリートクライ
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走2歳新馬 1着

ファーヴェントも抑えます。

新馬戦はスローからの上がり勝負で勝利しています。

このときの時計自体は目立ちませんが、残り3ハロン勝負でしっかり脚を活かせた点は評価できるでしょう。

東京コースは今回が初となりますが、左回りの新潟で勝ち切っているのである程度対応できそうなのも好感が持てます。

また、最終追い切りでは軽快な動きを見せていて、新馬戦の時よりも状態面はよさそうでした。

テン乗りですがリーディング上位の横山武史騎手が手綱を握るのもよいですし、馬券内も狙えるでしょう。

単勝

2 サークルオブジョイ

馬連流し

軸馬:2
相手:3、7、8、9

三連複フォーメーション

1頭目:2
2頭目:3、7、8、9
3頭目:3、7、8、9

以上になります。
東京スポーツ杯2歳ステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)