[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【東スポ杯2歳S2023追い切り評価/全頭診断】シュトラウスに並ぶトップ評価「S」はこの2頭!

東スポ杯2歳ステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

東京スポーツ杯2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では東京スポーツ杯2歳ステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

11月15日の馬場状態

美浦
ウッドチップ、坂路、ポリトラックすべてが良馬場でした。
ウッドチップは標準どおりの馬場で、時計を出している馬も時折見られます。
坂路はリニューアルオープンして1か月以上経ちましたが、オープン当初に比べたら時計は出ていました。
ポリトラックはいつものように高速馬場です。

栗東
栗東のウッドチップは稍重、坂路は良馬場でした。
ウッドチップはやや時計がかかっており、坂路も良馬場の表記ほど時計は出ておらず、どちらも時計のかかる馬場です。

目次(読みたい項目をタップ)

東京スポーツ杯2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR 馬券が的中しない方へ

東スポ杯2歳ステークス(G2)マイルチャンピオンS(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

ガイアメンテ

ガイアメンテ 11月15日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.266.451.937.611.9強め
1週前栗東CW(良) 69.252.437.211.2強め
前走最終札幌芝(良)65.649.835.711.4馬なり

ガイアメンテは、栗東のウッドチップコースにて、併せ馬(牡2、ショウナンガチ)を行いました。

酒井学騎手(レース当日はT.マーカンド騎手が騎乗)を背に、馬場の外側から強めで追われ、6ハロン82秒2-上がり1ハロン11秒9の時計で併せた馬に0.3秒先着しました。

1週前追い切りでは、酒井騎手を背に併せ馬(牡3、ショウナンバシット)を行い、強めで追われ同時併入しました。

最終追い切りでもまだ幼さを見せる部分が見られましたが、それでも好タイムを出せるだけの能力は備わっていると思います。

早くから素質馬と評価の高かった本馬ですが、前走の札幌2歳ステークス(G3)では、気性の荒さから出遅れが原因で1番人気を裏切る格好となりました。

中間は調教でメンコの効果が現れていることはプラス材料です。いずれにしましても当日のテンションが鍵になりそうです。

サークルオブジョイ

サークルオブジョイ 11月15日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)84.568.953.738.311.7馬なり
前走最終栗東CW(良)⑦98.767.753.337.812.0馬なり

サークルオブジョイは、栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、6ハロン85秒5-上がり1ハロン11秒7の時計で駆け抜けました。

最終追い切りでも馬なりで好タイムを叩き出すところに非凡な才能を感じました。

また、前走の新馬戦ではスタートで出遅れるも差し切り勝ちをするところにもセンスを感じます。

ダート良血馬という感じもしますが、芝もこなせることを前走で見せましたので、楽しみな1頭になりそうです。

シャンパンマーク

シャンパンマーク 11月15日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)85.769.053.438.011.4馬なり
前走最終美浦坂路(稍重)56.040.012.2馬なり

シャンパンマークは、美浦のウッドチップコースにて併せ馬(牡6、テイエムサウスダン)を行いました。

レース当日も騎乗する戸崎圭太騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、6ハロン85秒7-上がり1ハロン11秒4の時計で同時併入しました。

1週前追い切りでは、美浦のウッドチップコースでテイエムサウスダンと併せ馬を行い、絶好の動きを披露しています。

さらに今回の最終追い切りでも1週前追い切りと同じくダート重賞で実績のあるテイエムサウスダンを3馬身前に置いて追走する併せ馬となりましたが、徐々に差を詰めると直線では楽な手応えで2週連続の併入には、改めて力強さを感じられました。

キズナ産駒の本馬は、今年のNHKマイルカップ(G1)を制したシャンパンカラーの半弟にあたります。

管理する蛯名正義調教師は「新馬戦を使って、基礎が1段上がったと思います」とコメントしています通り、手応えは十分だと思われます。また、東京コースを経験している部分はプラス材料になりそうです。

シュトラウス

シュトラウス 11月15日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(良)  50.937.412.3強め
前走最終美浦南W(稍重)51.637.011.3馬なり

前走のサウジアラビアロイヤルカップ(G3)で3着でしたシュトラウスは、美浦の坂路コースにて、併せ馬(牡4、グランシエロ)を行いました。

黛弘人騎手(レース当日はJ.モレイラ騎手が騎乗)を背に、馬場の真ん中から強めで追われ、全体時計50秒9-上がり1ハロン12秒3の時計で併せた馬に2馬身先着しました。

最終追い切りの全体時計は、1番時計タイとなる好タイムで改めて能力の高さがうかがえました。

モーリス産駒の本馬の母はマイルチャンピオンシップの勝ち馬ブルーメンブラットで産駒の約半数が新馬戦で勝ち上がりを見せているだけに産駒には仕上がりが早い傾向が見られます。

ただ、前走のサウジアラビアロイヤルカップ(G3)では、気性悪さが目立った様子で鞍上のルメール騎手も「もう少し勉強が必要」とコメントしたようにレース当日の折り合いが本馬にとって、最大の注目点といえるのではないでしょうか。

シュバルツクーゲル

シュバルツクーゲル 11月15日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦P(良)71.454.939.911.1馬なり
1週前美浦坂路(良)  55.040.112.7馬なり
前走最終美浦P(良)69.153.239.111.6馬なり

シュバルツクーゲルは、美浦のポリトラックコースにて、併せ馬(牡3、トラマンダーレ)を行いました。

助手を背に、馬場の外側から馬なりで追われ、5ハロン71秒4-上がり1ハロン11秒1の時計で併せた馬と同時併入しました。

1週前追い切りの併せ馬(牡2、エレクトリックブギ)では、追走する形で最後は0.1秒先着しています。

キズナ産駒の本馬は、稍重となったデビュー戦で馬場を苦にせず、好位から抜け出すレースを見せました。

管理する鹿戸雄一調教師は「初戦は80%くらいの出来で上積みはある」とコメントしているように今回の最終追い切りで、その上積みが見られたと思います。

調教タイムも優秀ですし、一発が期待できる存在かも知れません。

ショウナンラプンタ

ショウナンラプンタ 11月15日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)52.637.911.9馬なり
前走最終栗東坂路(良)54.239.912.2馬なり

ショウナンラプンタは、栗東の坂路コースにて、単走を行いました。

レースでも騎乗する鮫島克駿騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計52秒6-上がり1ハロン11秒9の時計で駆け上がりました。

キズナ産駒の本馬はデビュー戦で2着に2馬身半を付けて快勝しましたが、2着だったサトノシュトラーセは次走の未勝利戦で5馬身差の圧勝でした。

そう考えますと、本馬のデビュー戦はレベルの高いレースだったといえますし、レース後、鞍上の鮫島克駿騎手も「強い内容でした。大物感があります」とコメントしています。

さらには、今回の最終追い切りでは、力強さがあるように映りましたので、台風の目になりそうな1頭です。

テリオスルル

テリオスルル 11月15日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)83.566.952.137.911.6強め
前走最終美浦南W(良)69.954.239.211.6馬なり

テリオスルルは、美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手を背に、馬場の真ん中から強めで追われ、6ハロン83秒5-上がり1ハロン11秒6の時計で走破しました。

最終追い切りを見る限り、軽やかなステップで走りに身軽さが見受けられました。

今回、紅一点となる部分をうまく利用できれば、面白い存在だと思います。

また、前走の新馬戦では、マイペースに持ち込み、直線でも最後までしぶとく粘った脚を持っていますので、レース当日にさらなる上積みを期待したいところです。

ファーヴェント

ファーヴェント 11月15日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)53.338.111.9馬なり
前走最終栗東坂路(良)54.538.111.8馬なり

ファーヴェントは、栗東の坂路コースにて、併せ馬(牡5、ヴィアルークス)を行いました。

西塚洸二騎手(レース当日は横山武史騎手が騎乗)を背に、馬場の外側から馬なりで追われ、全体時計53秒3-上がり1ハロン11秒9の時計で併せた馬に0.6秒先着しました。

最終追い切りでは、併せた馬と見比べても明らかに軽快な動きで余裕さえ感じさせられる走りに見えました。

管理する藤原英昭調教師は「ハーツクライ産駒で姉(サーマルソアリング)と比べても柔らかいし切れもある。広い東京コースでやれるのもいいと思う」と期待を寄せています。

デビュー前から素質馬と称され、そのデビュー戦ではポテンシャルの高さが見受けられました。レースセンスも良く、ここでも上位争いになる確率は高いのではないでしょうか。

フォルラニーニ

フォルラニーニ 11月15日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)84.268.352.637.911.8馬なり
前走最終美浦南W(良)84.768.754.438.711.7馬なり

フォルラニーニは、美浦のウッドチップコースにて、併せ馬(牡3、レヴォルタード)を行いました。

津村明秀騎手(レース当日はC.ルメール騎手が騎乗)を背に、馬場の外側から馬なりで追われ、6ハロン84秒2-上がり1ハロン11秒8の時計で併せた馬と同時併入しました。

最終追い切りでは、まだ幼い点も見えましたが、それと同時に力強さが見えたのも確かです。

エピファネイア産駒の本馬の母リナーテの半兄はサトノダイヤモンドで近親には昨年のホープフルステークス(G1)を制したドゥラエレーデがいますので、本馬も早い時期から活躍が見込めそうです。

9月のデビュー戦でも2着に3馬身半差の圧勝を見せているだけに先々が楽しみな1頭であることは間違いありません。

ミカエルパシャ

ミカエルパシャ 11月15日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.937.611.9馬なり
前走最終栗東坂路(良)53.037.812.5馬なり

ミカエルパシャは、栗東の坂路コースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する松山弘平騎手を背に、馬場の内側から馬なりで追われ、全体時計51秒9-上がり1ハロン11秒9の時計で駆け上がりました。

新馬戦では、積極的にハナを切り1ハロンのラップタイム全てを最速で駆け上がり、3ハロンも最速の34秒6を繰り出し、ノーステッキのまま2着に2馬身半差を付けました。

このような加速ラップでは後続馬が追いつけたくても追いつけない脚を披露しました。

3カ月ぶりとなる実践ですが、最終追い切りを見る限り、特に問題はなさそうですし、管理する橋口慎介調教師は「瞬発力があるので広い東京コースはいいと思います」と舞台替わりも歓迎するコメントもしています。

鞍上の松山弘平騎手がファーヴェントとどちらを選択するかも注目でしたが、本馬を選んだということは、それだけ素質が高いと思われます。

PR

東スポ杯2歳ステークス(G2)マイルチャンピオンS(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると東スポ杯2歳ステークス(G2)マイルチャンピオンS(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

東京スポーツ杯2歳ステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
シュトラウス
ファーヴェント
ミカエルパシャ
ガイアメンテ
シャンパンマーク
サークルオブジョイ
シュバルツクーゲル
ショウナンラプンタ
テリオスルル
フォルラニーニ
 
同評価内は50音順になります。

東京スポーツ杯2歳ステークス2023追い切り映像

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 東京スポーツ杯2歳ステークス|JRA公式

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の最終予想

東京スポーツ杯2歳ステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)