[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【天皇賞(春)2024追い切り評価/全頭診断】ドゥレッツァを上回る最高評価「S」はアノ馬!

天皇賞(春)2024追い切り評価記事のサムネイル画像

天皇賞(春)2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では天皇賞(春)の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

4月24日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路・ウッドともに稍重でした。
坂路は一番時計がマリンバンカーの4F51秒3ですが、それ以外の馬は全て52秒以降の時計だったため、時計はかかっています。
ウッドは6F70秒台後半の時計を出した馬が8頭もいます。それ以外の馬も時計を出していることから高速馬場傾向にありました。

栗東
この日の栗東も坂路・ウッドともに稍重馬場でした。
栗東坂路は一番時計がスマートクラージュの4F50秒4ですが、ここ数週間の中ではそこまで時計は出ておらず、標準くらいでした。
ウッドの最速はドナミントの6F79秒2です。それ以外の馬も80秒台の時計を出す馬が多くていつも通り時計は出ています。

目次(読みたい項目をタップ)

天皇賞(春)2024追い切り評価/全頭診断コメント

天皇賞(春)2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

天皇賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

ゴールドプリンセス

ゴールドプリンセス 4月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)84.367.553.038.211.9馬なり
1週前栗東CW(良)82.066.652.237.611.6馬なり
前走最終栗東CW(稍重)82.667.653.237.911.8強め

前走の松籟ステークス(3勝クラス)を勝利したゴールドプリンセスは栗東のウッドチップコースでグランアルティスタ(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して外ラチ沿いから4~5馬身先行する形で馬なり追いを行い、6F84秒3-上がり1F11秒9の時計で同時併入しています。

1週前の18日には栗東のウッドチップで単走を行っています。

このときも外ラチ沿いから馬なりで6F82秒0-上がり1F11秒6の自己ベストタイ記録を残しました。

1週前の6F82秒0という時計は昨年9月6日にも出していますが、このときは一杯に追われてしかも併せ馬で記録しています。

今回は馬なりで単走の中、この記録なので実質的には今回のほうが好記録といえるでしょう。

追い切り映像を見ても、馬なりながらも活気のある動きを見せていましたし、手前を替えてからもじわりじわりと気持ちよさそうに走ることができていました。

最終追い切りは併せ馬で単走です。

ここでも馬なりで追いましたが、1週前同様自分の走りができています。

コーナーから直線に掛けて、併せ馬に先を越されましたが直線ではじりじりと脚を伸ばして併入までも持っていきました。

冷静ながらも自分の走りができているので、調子はよさそうです。

相手関係は強力ですが、この馬なりにいい状態はキープできているでしょう。

サヴォーナ

サヴォーナ 4月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)82.667.152.437.511.7強め
1週前栗東CW(良)83.868.752.837.111.3一杯
前走最終栗東坂路(不良)  51.737.612.4強め

昨年の神戸新聞杯と今年の日経新春杯(どちらもG2)で2着入りしたサヴォーナは栗東のウッドチップコースで今回レースに出走するスカーフェイス(牡8、オープン)と併せ馬を行っています。

主戦の池添騎手を背中に乗せて、馬場の真ん中から僚馬を6馬身追走する形で強めに追い、6F82秒6-上がり1F11秒7の時計で1馬身半先着しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

1週前の17日にも池添騎手騎乗のもと、栗東ウッドチップで一杯に追われました。このときはアランヴェリテ(セ5、1勝クラス)と併せています。

馬場の真ん中から僚馬を2馬身追走し、6F83秒8-上がり1F11秒3の時計で6馬身先着しました。

1週前は僚馬の内から追い込みを行いました。

少し集中力を欠く場面もありましたが馬体は筋肉量が豊富でしたしムキムキですね。

直線では僚馬をあっさり置いて1F11秒3で走破しているように終いの時計も素晴らしいです。ただ、手前を替えるのに時間がかかっています。

そして、最終追い切りでは強めでスカーフェイスと併せています。

僚馬の内か6馬身追走する形で追っていましたが、直線で並びかけるとそこからはグンと加速して寄せ付けていません。

スピード感もありましたし、毛ヅヤもよくて状態面も万全ですね。

ただし、最終追い切りでも手前を替えるのが遅れていました。

2週続けて池添い騎手が騎乗したのも好感が持てますし、状態面はよさそうですが、この2週は手前を替えてから加速しているので、レース本番でも追い出しには少し時間がかかるかもしれません。

サリエラ

サリエラ 4月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)84.467.852.637.111.7末強め
1週前栗東CW(良)82.366.251.036.711.6末一杯
前走最終美浦南W(良)84.567.551.736.211.2馬なり

良血馬のサリエラは栗東のウッドチップコースでサトノエピック(牡3、オープン)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から僚馬より4~5馬身先行する形で末強めに追われて6F84秒4-上がり1F11秒7の時計を出しましたがクビ差遅れました。

1週前も栗東のウッドチップコースでアルマーザアミール(牡3、未勝利)と併せ馬を行っています。

ここでは馬場の外目から僚馬を3~4馬身追走する形で末一杯に追われて6F82秒3-上がり1F11秒6の時計で1馬身先着しました。

サリエラは関東馬ですが長距離輸送を考慮して早めに栗東入りしました。

1週前はアルマーザアミールと併せましたが、チークピーシーズを装着した影響もあってか、重心を低くしながらも回転の速い脚さばきで走破することができています。

末一杯に追って自己2番目に速い6F82秒3の時計を出すことができました。この段階でもいい動きを見せていましたが、負荷をかけたことで最終追い切りの良化に期待したいです。

その最終追い切りでも末強めで力量を試しています。

僚馬の外目から動きましたが、1週前より気持ちはやや乗っていません。ただ、脚さばきの速さは健在です。

ただし、直線では末強めに追ったものの、終い1Fの時計が11秒7でそこまで目立たず、先に抜け出したサトノエピックにクビ差遅れてしまいました。

サリエラが末強めに対してサトノエピックは馬なりだったことも減点材料です。

水曜日の時点でサリエラは単勝4番人気に支持されていますが、2週続けて追い切りを見た感じ、そこまでポテンシャルは高いようには見えません。

全姉サラキアのように覚醒する可能性もありますが、今回の追い切りを見た限りは少なくとも今ではなさそうです。

シルヴァーソニック

シルヴァーソニック 4月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  53.138.712.6馬なり
1週前栗東CW(良)80.164.850.836.111.4一杯
前走最終栗東坂路(不良)  52.638.012.4末強め

昨年の天皇賞(春)で3着入線したシルヴァーソニックは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追い、4F53秒1-上がり1F12秒6の時計で走破しています。

1週前は水口騎手が騎乗(レースではM.デムーロ騎手が騎乗)し、ブラックルチル(牡3、未勝利)と併せています。

馬場の外目から僚馬を6~7馬身追走する形で一杯に追い、6F80秒1-上がり1F11秒4の自己ベストで1馬身先着しました。

1週前追い切りでは馬場の外目から一杯に追われた中で、自己ベストを更新しました。

8歳馬でも時計を出しているのは素晴らしいですね。

動きに関しても後方から僚馬を捕えようと気持ちの乗った動きができていましたし、昨年の天皇賞(春)の時と同じような動きができています。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは馬なりで軽く流しています。

軽めでしたが、しっかりと前を見据えて淡々と力の乗った動きができていました。

前走阪神大賞典は休み明けということもあって11着に崩れてしまいましたが、今回の最終追い切りは一回叩いたことも影響したのか、上積みが見られました。

動きを見る限り、昨年の天皇賞(春)と同じくらいの仕上がりにも見られます。

長距離レースとは相性のいい馬なので、ここでの巻き返しにも期待できそうです。

スカーフェイス

スカーフェイス 4月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)84.168.553.738.311.8一杯
1週前栗東坂路(良)  52.938.512.3強め
前走最終栗東坂路(良)  54.039.512.6末強め

スカーフェイスは栗東のウッドチップコースで、同レースに出走するサヴォーナ(牡4、オープン)と2頭併せを行っています。

助手が騎乗して馬場の真ん中から僚馬より6馬身先行する形で一杯に追い、6F84秒1-上がり1F11秒8の時計を出しましたが1馬身半遅れてしまいました。

中2週で間隔は短いものの、18日には坂路で強めに追って4F52秒9-上がり1F12秒3の時計を出しています。

1週前はほとんど回りに馬がいない中で単走を行いました。

前半は淡々推した動きを見せており、途中で鞭が入ってからは伸びようとしていますが、終い1F12秒3なのでそこまで好タイムではありません。

終始左手前だったのも気になりますし、負荷をかけた割にはそこまで目立ちませんでした。

1週前に負荷をかけましたが、最終追い切りでも一杯に追いました。

ここでは今回同レースに出走するサヴォーナと併せていますが、コーナーではそこまではきはきとした動きを見せていません。

直線である程伸びようとしましたが、クビの使い方もいまひとつです。

直線に入ってしばらくすると追込態勢に入りましたが、終い1F11秒8でサヴォーナには並ぶことすらできませんでした。

最終追い切りは時計面や動きを見てもそこまでいいようには見えません。

気持ちもそこまで乗ってなさそうでしたし、好調とは言い難かったです。

スマートファントム

スマートファントム 4月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)84.369.154.639.712.0馬なり
前走最終栗東CW(良)82.166.151.536.911.6馬なり

前走の御堂筋ステークス(3勝クラス)を勝利したスマートファントムは栗東のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追って6F84秒3-上がり1F12秒0の時計でゴールしています。

映像はありませんが、18日には栗東ウッドチップコースで石橋調教師自ら手綱を握ってノボリショウリュウ(牡3、1勝クラス)と併せて一杯に追いました。

このときは馬場の外目から追って6F84秒8-上がり1F11秒3の時計を記録しています。

一杯に追いましたが、全体時計はそこまで目立つものではありませんが、負荷をかける意味では値のある追い切りだったと思います。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは軽めに済ましています。

全多的に馬体は絞れている感じはしますし、直線に入ってからはある程度伸びを見せています。

ただ、前脚の動きに固さが見られました。

今回は中4週でレースに挑む形となり、ちょうどよい間隔でレースを使われますが、少ししなやかさが足りない印象を受けました。

タスティエーラ

タスティエーラ 4月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(稍重)  55.540.412.4馬なり
1週前美浦南W(良)82.866.250.635.811.0馬なり
前走最終美浦南W(稍重)84.068.352.737.511.9馬なり

昨年のダービー馬であるタスティエーラは美浦の坂路でダノンラスター(セ8、オープン)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して僚馬を4馬身追走する形で馬なり追いを行い、全体時計55秒5-上がり1F12秒4の時計で同時併入しています。

1週前は昨年のサウジアラビアロイヤルカップ(G3)の勝ち馬であるゴンバデカーブース(牡3、オープン)と併せています。

このときも助手が騎乗して、馬場の外目から僚馬より2~3馬身先行する形で馬なり追いを開始し、6F82秒8-上がり1F11秒0の時計で半馬身先着しています。

1週前は2歳重賞タイトルを手にしたゴンバデカーブースと並走し、強い相手と併せています。

このときは馬なりで追いましたが、コーナーの段階から推進力のある走りを見せていました。

直線に入ってからは内目で先に抜け出したゴンバデカーブースを捕えようと脚を伸ばし、終い2F11秒8から1F11秒0の加速ラップで最後は差し返しています。

ゴンバデカーブースは一杯に追っているのに対してタスティエーラは馬なりだったので、着差以上に強さを証明しました。

最終追い切りは美浦坂路で軽く流しています。

時計は全く出ていませんが、軽めの調整なので問題ないでしょう。

少し頭の使い方に無駄がありそうでしたが、それ以外の面では特に問題はなさそうです。

2週続けて追い切りを見ましたが、ゴンバデカーブースと比較すると四肢が長くて長距離向けの馬体をしています。

前走の大阪杯(G1)において大きく崩れてしまったため、状態面が心配でしたが今回の最終追い切りを見る限りは問題なさそうです。

昨年の菊花賞(G1)で2着入りしていることから長距離適性にも期待できますし、出し切ることができればここでも上位争いに期待できそうです。

チャックネイト

チャックネイト 4月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 69.052.938.012.0馬なり
1週前美浦南W(良) 66.850.735.910.9強め
前走最終美浦南W(良)82.866.551.736.711.6直強め

今年のAJCC(G2)を制したチャックネイトは美浦のウッドチップコースでエコロカイザー(牡3、未勝利)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して馬場の3分どころから僚馬を2馬身追走する形で馬なり追いを行い、5F69秒0-上がり1F12秒0の時計で同時併入しています。

1週前の18日にも美浦ウッドでデュアルウィルダー(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

この時は助手騎乗の元、僚馬より1馬身半先行する形で外ラチ沿いから強めに追い、5F66秒8-上がり1F10秒9の伸び脚を使って併入しています。

1週前は外ラチ沿いから動きましたが、活気のある動きができています。

直線では手前を替えるのが遅れてしまいましたが、終い1F10秒9は素晴らしいです。

約3か月ぶりのレースですがしっかり伸びを見せていて休み明けの影響は感じられません。

そして、最終追い切りでも2頭併せで追いこみました。

併せたエコロカイザーと比較すると落ち着いた走りができており、直線でも楽な手ごたえで併入しています。

最終追い切りは馬なりということもあって時計は目立っていませんが、この馬の動きは健在でした。

芝3,000m以上のレースは今回が初めてですが、馬体を見る限りは四肢が長くて長距離向けだと思います。

追い切り内容も良かったですし、いい状態でレースに挑むことができるでしょう。

ディープボンド

ディープボンド 4月24日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)81.566.352.137.512.0G前一杯
1週前栗東CW(良)80.165.150.936.611.4一杯
前走最終栗東CW(不良)82.066.551.436.711.5一杯

3年連続天皇賞(春)で2着入りしているディープボンドは栗東のウッドチップコースでアウトレンジ(牡4、オープン)とドラゴンキッド(牡3、未勝利)と3頭併せを行っています。

今回初コンビを組む幸騎手を背に乗せて、馬場の真ん中からアウトレンジを3馬身追走する形でゴール前一杯に追われて、6F81秒5-上がり1F12秒0の時計でアウトレンジに1馬身先着しました。

1週前の18日にも栗東ウッドチップの追い切りにおいて幸騎手が騎乗しています。

このときはハンディーズピーク(牡6、3勝クラス)と併せて馬場の外目から一杯に追い、6F80秒1-上がり1F11秒4の時計で2馬身半先着しました。

1週前の追い切りは直線の映像しかありませんでしたが、7歳馬とは思えないほど若々しい馬体で毛ヅヤもよく、いつも通りの動きができています。

全体時計80秒1-上がり1F11秒4の時計も素晴らしいですね。

最終追い切りも引き続きゴール前で一杯に追い、入念に負荷をかけています。

ここでは2頭の併せ馬の真ん中から追い切りを行いましたが、直線では3頭並びながらも1頭だけ抜け出して外から動いたアウトレンジに1馬身先着することができました。

1週前と比較すると終いの伸びは速くありませんが、僚馬を寄せ付けない動きができているのはさすが重賞路線をくぐってきただけのことはあります。

馬体を見ても昨年と差はなさそうです。

今回初コンビを組む幸騎手が2週続けて騎乗したのも好感が持てますし、よい仕上がりです。

これまでの天皇賞(春)同様、ベストな状態でレースできるでしょう。

テーオーロイヤル

テーオーロイヤル 4月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)86.470.855.239.111.9馬なり
1週前栗東CW(良)⑦96.865.150.436.411.5一杯
前走最終栗東CW(不良)83.267.552.437.811.9馬なり

長距離重賞を3勝しているテーオーロイヤルは栗東のウッドチップコースでストームバンガード(牡3、1勝クラス)とサラサハウプリティ(牝4、2勝クラス)と3頭併せを行いました。

主戦の菱田騎手を背に乗せて、馬場の真ん中からストームバンガードを3~4馬身追走する形で馬なり追いを行い、6F86秒4-上がり1F11秒9で軽めの調整を行いました。なお、ストームバンガードには半馬身遅れています。

1週前も菱田騎手騎乗の元、栗東ウッドで追い切りを行いました。

このときは単走を行い、馬場の真ん中から一杯に追われて7F96秒8-上がり1F11秒5で走破しています。

1週前追い切りでは頭を低くしながら走っていますが、これはいつものテーオーロイヤルの追い方なので問題ありません。

少し腹回りが太い感じもしますが、全身を長く伸ばしながら追うことができました。

5F65秒1はこの馬の自己ベストですし、状態面はよさそうです。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは軽めでした。

1週前に負荷をかけた影響もあって身体は締まっています。

直線に入ってからの動きは僚馬に隠れて少し分かりづらかったものの、2頭の後ろからじっくり脚を溜めつつ残り1Fを11秒9の時計で駆け抜けることができました。

時計は全く出していませんでしたが、終い2F12秒3-1F11秒9で加速ラップを刻んでいますし、追えばもっと時計を出すことができたでしょう。

馬体も絞ることができていますし。順調に良化しているのが伝わります。

ここは得意の長距離レースですし、追い切りを見る限りは人馬ともに初G1制覇に期待してよさそうです。

ドゥレッツァ

ドゥレッツァ 4月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)81.966.552.037.311.7強め
1週前栗東CW(良)⑦98.666.451.536.511.2強め
前走最終美浦南W(重)83.266.551.536.611.4馬なり

昨年の菊花賞馬であるドゥレッツァは栗東のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から強めに追い、6F81秒9-上がり1F11秒7の時計で最終調整を終えました。

1週前の17日には戸崎騎手が栗東まで駆け付けて、ウッドチップコースでレッドアヴァンティ(牡5、2勝クラス)と併せています。

このときは馬場の真ん中から僚馬を3~4馬身追走する形で強めに追い、7F98秒6-上がり1F11秒2の時計で併入しました。

ドゥレッツァは関東馬ですが、長距離輸送を考慮して早めに栗東にインしています。

17日の追い切りは戸崎騎手と臨みました。

シャドーロールの影響もあってか前に集中しつつもコーナーの段階から軽快な動きができています。

しかしながら、直線で強めに促してからは本能に火が点いたのか、一気に追込態勢に入って終い1F11秒2で走破しています。

久々でもしっかり動けており、G1馬らしい貫禄ある動きができました。

最終追い切りも引き続き強めで追い切りを行っています。

ここは単走だったこともあって直線入りの時点では若干気持ちは乗っていませんでしたが、直線を駆けるにつれてじりじりと追込態勢を見せており、最終的には1F11秒7の時計で走破しています。

前走の金鯱賞(G2)以来、1カ月半ぶりのレースですが追い切りを見る限りは休み明けの影響はなさそうです。

1週前、最終追い切りともにこの馬らしい走りができていたのもよかったですし、得意の長距離レースでも力は発揮できる状態に仕上がっています。

ハピ

ハピ 4月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  55.139.712.6末強め
1週前栗東坂路(良)  53.038.412.3末強め
前走最終栗東坂路(良)  53.638.712.5馬なり

ダート馬のハピは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して末強めに追い、4F55秒1-上がり1F12秒6で登坂しています。

今回は中2週の挑戦となりますが、中間は坂路で10本時計を出しており、坂路に特化した調整が行われています。

1週前も栗東坂路で単走を行い、末強めで4F53秒0-上がり1F12秒3でした。

四肢の回転はそこそこ速いものの、内ラチ沿いにアタマが向いていて走りに集中できていません。

終盤は前を向いてくれましたが、それでも終い1Fのタイムが12秒3でそこまで目立ちませんでした。

最終追い切りでも1週前同様坂路で末強めに追いましたが、ここではたまに斜行しており安定していません。

終い1F時計は12秒6で1週前よりも見劣りしています。

もともと芝適性はない馬ですが、追い切りを見ても特に目立たず、あまりよい仕上がりとはいえませんでした。

ヒンドゥタイムズ

ヒンドゥタイムズ 4月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)86.270.355.139.612.3馬なり
1週前栗東CW(良)⑦99.267.652.837.311.3馬なり
前走最終栗東CW(良)83.968.953.537.811.9馬なり

昨年の小倉大賞典(G3)を勝利したヒンドゥタイムズは栗東のウッドチップコースでタガノエルピーダ(牝3、オープン)と併せました。

助手が騎乗して外ラチ沿いから馬なりで追って6F86秒2-上がり1F12秒3の時計でタガノエルピーダにクビ差先着しています。

1週前の17日も栗東ウッドで馬なり追いを行いました。

このときはマルチャレアル(牡3、オープン)と併せて外ラチ沿いから僚馬より4馬身先行する形で馬なり追いを行い、7F99秒2-上がり1F11秒3の時計で1馬身半先着しています。

1月以来のレースでしたがコーナーでは気持ちよさそうに動くことができています。

直線に入って少し視線が前からそれる場面があったものの、一杯に追われた僚馬を楽にかわして先着しているように、重賞馬らしい能力のある動きを見せています。

最終追い切りも引き続き馬なりで調整しました。

ここで外ラチ沿いから回っており、直線ではじりじり脚を伸ばして前にいたタガノエルピーダを差し切っています。

時計自体は平凡で、大きな上積みは感じられませんでしたが現状維持はできています。

プリュムドール

プリュムドール 4月25日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)84.768.252.937.211.1馬なり
1週前栗東CW(良)81.866.451.936.411.2一杯
前走最終栗東CW(不良)86.169.853.137.611.2馬なり

長距離路線で活路を見出そうとしているプリュムドールは25日の木曜日に栗東のウッドチップコースでオーケーカルメン(牝3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レースで騎乗する和田騎手を背に、馬場の外側から僚馬を9馬身追走する形で馬なり追いを行い、6F84秒7-上がり1F11秒1の時計でクビ差先着しています。

1週前の18日にも和田騎手とともに栗東ウッドで調整しました。このときはコトホドサヨウニ(牡3、1勝クラス)と併せています。

馬場の外側から僚馬を15馬身追走する形で一杯に追い、6F81秒8-上がり1F11秒2の好時計で1馬身先着しています。

1週前はウッドで一杯に追いましたが、6F81秒2の時計はこれまでで2番目に速い時計となっています。

コーナーの時点からリズムよく駆けることができていますし、直線に入ってからもじりじりと末脚を伸ばしています。見た目はそこまで負担がかかっていないように見えますが、時計はしっかり出しており好感触でした。

1週前に一杯に追ったため、最終追い切りは馬なりで軽めでしたが、コーナーの時点で跳びのある動きを見せていました。

直線で手前を替えてからは僚馬がじりじりと迫りましたが終い1F11秒1の時計を出してクビ差退けています。

最終追い切りはオーケーカルメンの動きも悪くありませんでしたが、プリュムドールは9馬身後方から追走して先着していることから着差以上に良い内容だったと思います。

2週続けて和田騎手が手綱を握って感触を掴んだのも良かったですし、いいお動きができていました。

ブローザホーン

ブローザホーン 4月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  55.040.413.3末強め
1週前栗東芝(稍重) 68.052.838.612.6馬なり
前走最終栗東坂路(不良)  54.239.713.0馬なり

今年の日経新春杯(G2)を勝利したブローザホーンは栗東坂路でダート重賞馬のディクテオン(セ6、オープン)と併せました。

レース当日も騎乗する菅原騎手を背に、僚馬を2馬身追走する形で末強めに追い、全体時計55秒0-上がり1F13秒3の時計を出しましたがアタマ差遅れています。

1週前は栗東の芝コースでジャスティンライズ(牡3、未勝利)と併せました。

このときは助手が騎乗して馬場の3分どころから僚馬より2馬身先行する形で馬なり追いを行い、5F68秒0-上がり1F12秒6の時計で併入しています。

1週前は芝コースで調整しました。

勝利した日経新春杯の時と比べると、なんとなく馬体が細い感じがします。

手前を替えることなく走破していますし、トモの張りもそこまででした。

時計も出ていませんし、1週前追い切りはそこまで見栄えする内容ではありません。

最終追い切りは坂路で調整しています。

このときはディクテオンを置いて末強めに追いましたが、若干軸のブレが見られます。

末強めに追った割に終い時計13秒3と目立ちません。

ブローザホーンは坂路で時計を出すタイプではありませんが、それでも前走阪神大賞典(G2)のときの坂路における終い時計が馬なりで13秒0なので、末強めに追った今回のほうが時計は遅いのは引っ掛かります。

2週続けて追い切りをチェックしましたが、 好走した直近2戦と比較すると課題がいくつか見えました。

あまりよさそうではありません。

マテンロウレオ

マテンロウレオ 4月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)83.768.553.838.711.8馬なり
1週前栗東CW(良)⑦94.265.551.537.011.9叩き一杯
前走最終栗東CW(良)84.368.653.037.811.3馬なり

マテンロウレオは栗東のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追い、6F83秒7-上がり1F11秒8で走破しています。

1週前の17日も栗東ウッドチップで単走を行っています。

このときは馬場の真ん中から叩き一杯に追われて7F94秒2-上がり1F11秒9の時計を記録しました。

1週前の7F94秒2の時計はこれまでの追い切りで2番目に速い時計となっています。

自己ベストが2022年4月6日、皐月賞(G1)前に出していましたが、そのときに近い時計を出しました。

少し頭が高い感じもしましたが体格は立派ですし、追って一伸びしているように反応も良いですね。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは軽めでした。

序盤から中盤にかけては冷静な走りを見せていましたが、残り1Fあたりでじりじり差し脚を伸ばしています。

馬なりでも気持ちの乗った動きができていました。

時計は特別目立たないものの、追えば動けそうですし、横山典弘騎手がこの舞台でどのような競馬を行っても対応してくれると思います。

メイショウブレゲ

メイショウブレゲ 4月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  53.939.112.7馬なり
前走最終栗東坂路(不良)  53.839.812.8末強め

今年の万葉ステークス(OP)の勝ち馬メイショウブレゲは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追って4F53秒79-上がり1F12秒7で走破しています。

映像はありませんが、1週前の17日には栗東ウッドチップコースで一杯に追われて6F82秒4-上がり1F11秒8の時計を記録しました。

このウッド追いでは馬場の真ん中から追っていますが、メイショウブレゲはいい時期なら6F78秒1や80秒台の時計を何度も出しており、ウッドで時計を出すタイプなので、その中で馬場の真ん中から一杯に追われながらも6F82秒4は少々物足りないです。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは軽めの調整でしたが負荷をかけた影響舞って途中までは四肢の回転が速かったものの、最後の一追いで失速してしまいました。

ステイヤーのはずですが登坂しきる前に脚の回転が遅くなったのは気になります。

前走阪神大賞典(G2)の最終追い切りの時も最後の一追いで脚の回転が止まりつつあるため、前走と同じくらいの仕上がりです。

その阪神大賞典では8着に敗れているのでそのときより相手関係が強化される今回、上位争いは容易ではないでしょう。

ワープスピード

ワープスピード 4月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.067.152.037.111.3強め
1週前美浦南W(良)82.466.251.537.211.4強め
前走最終美浦南W(重)82.766.151.537.511.9強め

前走の阪神大賞典(G2)で2着入線したワープスピードは美浦のウッドチップコースでジッピーレーサー(セ7、2勝クラス)と併せました。

レース当日も騎乗する三浦騎手を背に、馬場の真ん中から僚馬を4~5馬身追走する形で強めに追って6F83秒0-上がり1F11秒3の時計で併入しています。

1週前の17日にも美浦ウッドで追い切りを行いました。

この日は菅原騎手が騎乗してデコラシオン(牡5、3勝クラス)と併せています。

馬場の真ん中から僚馬より5馬身先行する形で強めに追って6F82秒4-上がり1F11秒4の自己ベストで併入しました。

1週前は自己ベストを記録しているものの、馬場の真ん中から追ってのものです。

また、自己ベストとはいえ82秒4はそこまで速くないので高く評価しなくてよいでしょう。

動きに関しては、コーナーでは淡々としつつも直線では長い馬体を駆使した動きを見せており、この馬らしい動きができていました。

1週前に負荷をかけましたが最終追い切りも引き続き強めに追っています。

1週前と違って僚馬の内側から追われましたが、馬体面も動きに関してもいい意味で1週前と差はありません。

終い1F11秒3はこの馬にとってこれまでのウッド追いで最速ですし、差し馬らしい走りはここでもできるでしょう。

前走阪神大賞典と比較しても末脚に伸びが見られましたので後方有利の展開になるようでしたらベストを尽くせそうです。

馬券が的中しない方へ

天皇賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると天皇賞(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

天皇賞(春)2024追い切り評価ランキング

評価馬名
ディープボンド
シルヴァーソニック
タスティエーラ
テーオーロイヤル
チャックネイト
ドゥレッツァ
プリュムドール
ワープスピード
ゴールドプリンセス
サヴォーナ
サリエラ
ヒンドゥタイムズ
マテンロウレオ
スカーフェイス
スマートファントム
ハピ
ブローザホーン
メイショウブレゲ
 
同評価内は50音順になります。

天皇賞(春)2024追い切り映像

天皇賞(春)2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 天皇賞(春)|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2024年 天皇賞(春)|JRA公式

天皇賞(春)2024の騎手予想

天皇賞(春)2024で買いたい騎手トップ3を公開しています。

天皇賞(春)2024の最終予想

天皇賞(春)2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)