[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【安田記念2024予想】騎手で買いたい〝トップ3〟はこちら!

安田記念2024騎手予想記事のサムネイル画像

当記事では安田記念2024の過去10年の騎手データをまとめています。

競馬の勝ち負けは【馬の力7割:騎手の力3割】と言われています。

馬の力だけではなく騎手の腕もレースの勝敗を左右しており、騎手は競馬において欠かせない存在なのです。

安田記念の過去10年のデータから、好走騎手と好走馬を導き出し、安田記念2024で買いたい騎手トップ3を公開しています。

目次(読みたい項目をタップ)

安田記念2024で買いたい騎手トップ3

1位 パラレルヴィジョン×C.ルメール騎手

ルメール騎手は過去10年の安田記念で【1-3-2-2】と安定しており、直近6開催の安田記念は全て馬券に絡みました。

ただ、6開催で騎乗した馬はすべて有力馬のものなので、今回コンビを組むパラレルヴィジョンがどこまでやれるか正直難しいです。

しかしながら、パラレルヴィジョンの過去の6勝のうちの5勝もルメール騎手とのコンビでつかんでいたので人馬の相性はとても良いです。

パラレルヴィジョンにとって今回は初のG1の舞台となりますが、最強騎手ともいえるルメール騎手の手綱さばきでどこまでやれるか注目したいです。

C.ルメール騎手のおすすめポイント
  • ルメール騎手の過去10年の安田記念の成績は【1-3-2-2】
  • 連対率50%、複勝率75%の安定感
  • 6年連続安田記念で馬券に絡んでいた

2位 セリフォス×川田将雅騎手

過去10年の安田記念で唯一3勝しているのが川田将雅騎手です。

これまで3頭の馬を勝利に導き、そのなかには人気落ちのサトノアラジンやダノンキングリーもいました。

ただし、川田騎手は上位人気の支持されたソダシやダノンプレミアム、ペルシアンナイトで馬券外に沈んでいます。

過去10年の成績を見ても【3-0-0-7】と勝つか負けるかどちらかです。

人気馬を飛ばしているので安定感はありませんが、白黒はっきりしているという意味では狙いやすいでしょう。

川田将雅騎手のおすすめポイント
  • 過去10年の安田記念で唯一3勝している
  • 穴馬もたびたび勝利に導いている
  • 勝つか負けるか分かりやすい

3位 ロマンチックウォリアー×J.マクドナルド騎手

マクドナルド騎手は安田記念初参戦となりますが、ロマンチックウォリアーとのコンビ成績は【7-0-0-1】です。

勝利した7勝のうちの6勝がG1レースだったことを考えれば、人馬の相性は文句なしに良いといえるでしょう。

昨年のコックスプレートの舞台であるオーストラリアのムーニーバレー競馬場は縦長のオーバーコースで最後の直線がたったの173mしかありませんが、癖の強すぎる舞台でいきなり勝利していることから、人馬ともにどのような舞台でも対応できる適応力の高さも評価したいです。

ロマンチックウォリアーにとって日本の競馬は初となりますが、マクドナルド騎手が海外で活躍している上、東京競馬はムーニーバレーほどクセが強くないので、出し切りやすいはずです。

J.マクドナルド騎手のおすすめポイント
  • どのような競馬場でも馬の能力を引き出せる
  • コンビの単勝率は驚異の87.5%

安田記念2024の出走馬と騎手

【歴史&出走馬紹介】2024年 安田記念|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1カテドラル牡858.0斎藤新
2ガイアフォース牡558.0長岡禎仁
3レッドモンレーヴ牡558.0横山和生
4ジオグリフ牡558.0北村宏司
5ナミュール牝556.0武豊
6ドーブネ牡558.0菱田裕二
7ロマンチックウォリアーセ658.0J.マクドナルド
8エアロロノアセ758.0幸英明
9パラレルヴィジョン牡558.0C.ルメール
10ソウルラッシュ牡658.0J.モレイラ
11ウインカーネリアン牡758.0三浦皇成
12フィアスプライド牝656.0坂井瑠星
13ステラヴェローチェ牡658.0横山典弘
14コレペティトール牡458.0岩田康誠
15ヴォイッジバブルセ658.0Z.パートン
16エルトンバローズ牡458.0西村淳也
17セリフォス牡558.0川田将雅
18ダノンスコーピオン牡558.0戸崎圭太

安田記念の過去10年の騎手データ

騎手成績単勝率連対率複勝率
川田将雅【3-0-0-7】30.0%30.0%30.0%
C.ルメール【1-3-2-2】12.5%50.0%75.0%
戸崎圭太【1-2-0-6】11.1%33.3%33.3%
三浦皇成【0-1-0-2】0.0%33.3%33.3%
武豊【0-0-0-9】0.0%0.0%0.0%
岩田康誠【0-0-0-8】0.0%0.0%0.0%
横山典弘【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
坂井瑠星【0-0-0-3】0.0%0.0%0.0%
横山和生【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
西村淳也【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
J.モレイラ【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
幸英明【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
Z.パートン【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
馬券が的中しない方へ

安田記念(G1)鳴尾記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると安田記念(G1)鳴尾記念(G3)の無料予想がレース当日に受け取れますよ!

勝つか負けるかの川田将雅騎手

過去10年の川田将雅騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023ソダシ27
2022ダノンザキッド76
2021ダノンキングリー81
2020アドマイヤマーズ66
2019ダノンプレミアム216
2018ペルシアンナイト26
2017サトノアラジン71
2016サトノアラジン34
2015モーリス11
2014クラレント1110

過去10年の安田記念で川田将雅騎手は【3-0-0-7】でした。

勝つか負けるか、非常にシンプルです。

なお、川田騎手は2番人気に支持されたペルシアンナイトやダノンプレミアム、ソダシに騎乗して着外の年もあれば、7番人気のサトノアラジンや8番人気のダノンキングリーに騎乗して勝利した年もあります。

人気穴馬問わず、来るか飛ぶかのどちらかとなっているのである意味取捨選択しやすいです。

単勝や三連単馬券の1着軸など、1着固定で予想するのがよさそうです。

川田騎手は今年の安田記念で有力候補のセリフォスに騎乗します。

安定感抜群のC.ルメール騎手

過去10年のC.ルメール騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023シュネルマイスター13
2022シュネルマイスター22
2021グランアレグリア12
2020アーモンドアイ12
2019アーモンドアイ13
2018モズアスコット91
2017イスラボニータ18
2015ブレイズアトレイル176

過去10年の安田記念でC.ルメール騎手は8回騎乗し、【1-3-2-2】でした。

上位人気に支持された馬が中心なので馬質に恵まれていますが、中には2018年のモズアスコットのように9番人気の馬を勝利に導いた年もあります。

複勝率も75%と極めて安定しているのも特徴的で、前述した川田騎手とは打って変わって安定感に定評のある騎手といえるでしょう。

ただし、直近5開催で騎乗した馬は名牝アーモンドアイやグランアレグリア、そして、マイルのマイスターともいえるシュネルマイスターです。

いずれもマイルの大舞台で結果を残してきた馬ばかりでした。

今年の安田記念で騎乗するパラレルヴィジョンは前走ダービー卿CTで強い勝ちっぷりを見せたものの戦績はG3止まりとなっています。

これまで騎乗した馬より馬質は低くなるので、その中でどれだけの競馬を見せてくれるか注目したいです。

コース適性の高い馬に騎乗した戸崎圭太騎手の成績は良い

過去10年の戸崎圭太騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023ソングライン41
2022カテドラル1818
2021トーラスジェミニ135
2020ダノンキングリー57
2019アエロリット32
2018アエロリット52
2017ステファノス47
2015フィエロ24
2014リアルインパクト1413

過去10年の安田記念で戸崎圭太騎手は9回騎乗し、【1-2-0-6】でした。

好走と凡走を繰り返していますが、昨年の安田記念では前走ヴィクトリアマイルで初コンビを組んだソングラインと挑み、安田記念の連覇を成し遂げています。

また、2018年~2019年に騎乗したアエロリットもコース適性の高いリピーターでした。

好走した馬はいずれも安田記念の舞台とフィットしていた馬です。

コース適性の高い馬に騎乗したら上位争いに期待できるかもしれません。

今年の安田記念で戸崎騎手はダノンスコーピオンに騎乗します。

ダノンスコーピオンは同コースで行われたNHKマイルカップの勝ち馬ですが、しばらく馬券外が続いています。

前走の京王杯スプリングカップがにわかに復活の気配がうかがえたものの、ソングラインやアエロリット比較でみると能力弱化は否めないので、評価の難しい馬といえるでしょう。

2014年度を最後、馬券に絡んでいない三浦皇成騎手

過去10年の三浦皇成騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023ウインカーネリアン138
2020ダノンスマッシュ88
2014グランプリボス162

過去10年の安田記念で三浦皇成騎手は3回騎乗し、【0-0-1-2】でした。

3着に持ってきたグランプリボスは16番人気の超穴馬だったので、穴騎手としての活躍に期待したいところです。

ただし、グランプリボスで馬券に絡んだのは2014年のものでいまからちょうど10年前でした。

直近2開催はどちらも掲示板外に沈んでいることから、かつてほどの走りができるかというと未知数です。

今年は昨年に引き続き、ウインカーネリアンとのコンビで安田記念に参戦します。

6回以上騎乗で全滅のベテラン3騎手

過去10年の武豊騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023ジャックドール55
2022ファインルージュ35
2021カデナ146
2019ロジクライ119
2018リスグラシュー68
2017エアスピネル25
2016ディサイファ76
2015カレンブラックヒル97
2014トーセンラー814
過去10年の岩田康誠騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022ダイアトニック1714
2021ケイデンスコール510
2019サングレーザー65
2018リアルスティール415
2017クラレント149
2016ダノンシャーク117
2015ダノンシャーク510
2014フィエロ68
過去10年の横山典弘騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023マテンロウオリオン1511
2020ノームコア74
2019サクラアンプルール1511
2017アンビシャス515
2015サクラゴスペル1317
2014エキストラエンド1212

過去10年の安田記念で6回以上騎乗したものの、1度も馬券に絡まなかった騎手は下記3名です。(かっこ内は今回騎乗馬)

・武豊騎手(ナミュール)
・岩田康誠騎手(コレペティトール)
・横山典弘騎手(ステラヴェローチェ)

3騎手はすべて騎手歴の長いベテラン騎手ですが、ここ10年馬券に絡んでいませんでした。

武豊騎手は2番人気のエアスピネルや3番人気のファインルージュ、岩田康誠騎手は4番人気のリアルスティール、そして横山典弘騎手も5番人気のアンビシャスなど、馬質に恵まれた年もありましたが馬券外に沈んでいます。

(※ただし、エアスピネルもリアルスティールもアンビシャスも中距離で結果を残していた馬なので距離が短すぎた可能性はあります。)

過去10年以上前の安田記念にさかのぼると、3騎手とも安田記念を2勝以上していますが、直近10開催に限れば全く馬券に絡んでいないことから、安田記念で苦戦しているように見えました。

3回以下騎乗ですべて着外の6名

過去10年の坂井瑠星騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023ドルチェモア1718
2022ホウオウアマゾン1512
2019モズアスコット76
過去10年の横山和生騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023レッドモンレーヴ106
2017ロンギングダンサー1811
過去10年の西村淳也騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2023ガイアフォース84
2021ギベオン119
過去10年のJ.モレイラ騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2017コンテントメント1210
2014グロリアスデイズ136
過去10年の幸英明騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022エアロロノア167
2019ケイアイノーテック107
過去10年のZ.パートン騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2017ビューティーオンリー96

過去10年の安田記念で3回以下の騎乗で1度も馬券に絡まなかった騎手は下記の6名です。(かっこ内は今回騎乗馬)

・坂井瑠星騎手(フィアスプライド)
・横山和生騎手(レッドモンレーヴ)
・西村淳也騎手(エルトンバローズ)
・J.モレイラ騎手(ソウルラッシュ)
・幸英明騎手(エアロロノア)
・Z.パートン騎手(ヴォイッジバブル)

上記6騎手はいずれも馬券に絡めていませんが、坂井騎手が騎乗した2023年のドルチェモアを除いたすべての馬が人気以上の着順に入線していました。

馬質以上に活躍していることから、これまで馬券に絡めていないとはいえ今回激走する可能性は十分あるでしょう。

安田記念初参戦は4名

過去10年の安田記念で1度も騎乗がなかった騎手は4名いました。(かっこ内は今回騎乗馬)

・斎藤新騎手(カテドラル)
・長岡禎仁騎手(ガイアフォース)
・菱田裕二騎手(ドーブネ)
・J.マクドナルド騎手(ロマンチックウォリアー)

上記4名は過去10年どころかこれまでの安田記念を振り返っても1度も騎乗がなく、今回が人生初の安田記念参戦となります。

長岡騎手のガイアフォースやマクドナルド騎手のロマンチックウォリアーは人気する可能性が高いので、初参戦でも注目したいです。

安田記念2024の出走人馬のコンビ成績と評価

馬名騎手成績単勝率連対率複勝率
ウインカーネリアン三浦皇成【8-0-2-7】47.1%58.8%58.8%
エアロロノア幸英明【1-0-0-3】25.0%25.0%25.0%
エルトンバローズ西村淳也【4-0-0-3】57.1%57.1%57.1%
カテドラル斎藤新【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
ガイアフォース長岡禎仁【0-1-0-0】0.0%100.0%100.0%
コレペティトール岩田康誠【2-0-0-1】66.7%66.7%66.7%
ステラヴェローチェ横山典弘【1-1-0-1】33.3%66.7%66.7%
セリフォス川田将雅【2-1-0-2】40.0%60.0%60.0%
ソウルラッシュJ.モレイラ【0-1-0-1】0.0%50.0%50.0%
ダノンスコーピオン戸崎圭太【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
ドーブネ菱田裕二【0-0-0-0】
ナミュール武豊【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
パラレルヴィジョンC.ルメール【5-0-2-1】0.0%62.5%87.5%
フィアスプライド坂井瑠星【0-1-0-0】0.0%100.0%100.0%
レッドモンレーヴ横山和生【1-2-0-3】16.7%50.0%50.0%
ロマンチックウォリアーJ.マクドナルド【7-0-0-1】87.5%87.5%87.5%
ヴォイッジバブルZ.パートン【1-2-0-0】33.3%100.0%100.0%

ウインカーネリアン×三浦皇成騎手 評価S

ここ数年常にコンビを組んでおり、同コンビで8勝しています。

前目の競馬を得意としており、昨年の東京新聞杯ではナミュールを退けて優勝、今年の東京新聞杯も逃げて2着と安定していました。

前走の高松宮記念は自身初の1,200m戦でしたがしぶとく脚を使って4着と、厳しい条件下でも出し切れています。

ウインカーネリアンには三浦騎手がもっとも合っているといっても過言ではありません。

エアロロノア×幸英明騎手 評価B

これまで【1-0-0-3】で一見目立ちませんが、今年のマイラーズカップは中団で脚を溜めつつ、流れる展開がフィットして4着でした。

3着のニホンピロキーフとは1馬身半差でしたが、序盤の位置取り次第ではもっと詰められたかもしれません。

騎手の力量次第でまだまだ上を目指せる馬だと思います。

エルトンバローズ×西村淳也騎手 評価A

もともと福永騎手やC.ルメール騎手といった一流騎手が騎乗していましたが、西村騎手が騎乗してから初勝利を掴み、その勢いのままラジオNIKKEI賞や毎日王冠といった重賞レースを勝利しました。

昨年のマイルチャンピオンシップも勝ち馬ナミュールと0.2秒差の4着です。

今年はいまいち結果を残せていないのが気になるものの、西村騎手が育て上げた馬といっても過言ではなく、人馬の相性は良いです。

カテドラル×斎藤新騎手 評価C

前々走の小倉大賞典で初コンビを組んだものの、最後方から届かず7着でした。

今年8歳で近走凡走しているうえ、初コンビだったこともあって難しい競馬だったと思いますが、直線の短い小倉ではいくらなんでも後ろすぎました。

今回も引き続きコンビを組みますが、好走には期待しづらいです。

ガイアフォース×長岡禎仁騎手 評価A

前走のフェブラリーステークスで初コンビを組み、いきなり2着に持ってきています。

芝レースのような流れる展開の中で差し切っており、初騎乗ながらも仕事はできていました。

ただ、長岡騎手は2020年のフェブラリーステークスにおいて、しんがり人気のケイティブレイヴを2着に持ってきているので、フェブラリーステークスと相性がよかったのも事実です。

安田記念の舞台である芝1,600mを得意とする騎手は多くいるので、そのなかでどこまで力を引き出すことができるか注目したいです。

コレペティトール×岩田康誠騎手 評価A

昨年の元町ステークスからコンビを組み、今年の京都金杯において中団で脚を溜めながら、岩田騎手渾身のイン突きで初重賞を手にしました。

騎手の力量でつかんだ重賞タイトルといえるでしょう。

枠の恵まれたとはいえ、条件下で出し切れている点は高く評価したいですし、引き続きこのコンビで大舞台に挑めるのは歓迎したいです。

ステラヴェローチェ×横山典弘騎手 評価B

横山典弘騎手と3年ぶりにコンビを組みます。

2~3歳時は、共同通信杯こそ1番人気ながらも5着に敗れましたが、前年のサウジアラビアロイヤルカップや朝日杯FSで連対したことで、クラシックもすべて出走できました。

クラシックの活躍は横山騎手とのコンビがあったからこそといえるでしょう。

今回は3年ぶりの騎乗となりますが、横山典弘騎手は先週のダービーを勝利して勢いがあってもおかしくないのでどのような走りをするか注目したいです。

セリフォス×川田将雅騎手 評価B

川田騎手とはこれまで【2-1-0-2】です。

新潟2歳ステークスを勝利したときや、前走のマイラーズカップで騎乗したのが印象的です。

ただし、セリフォスがこれまで挑んだ安田記念では意外にも川田騎手は騎乗していません。

また、2年前のマイルチャンピオンシップの勝利もレーン騎手のものでした。

今回は人馬のコンビで初めて安田記念に挑みますが、川田騎手はこれまで3勝しているものの着外も7回と両極端なので、勝つか負けるかという意味では面白いコンビと言えます。

ソウルラッシュ×J.モレイラ騎手 評価S

モレイラ騎手は昨年のマイルチャンピオンシップと香港マイルでソウルラッシュに騎乗しました。

マイルチャンピオンシップはテン乗りでしたが、勝ち馬ナミュールとタイム差なしの2着で非常に惜しい内容となっています。

ナミュールの豪脚がなければG1馬になっていたので負けて強しの競馬といえるでしょう。

テン乗りながらも好走に導いていることから人馬の相性はとても良いです。

ダノンスコーピオン×戸崎圭太騎手 評価B

前走の京王杯スプリングカップで初コンビを組み、4着に持ってきました。

近走のダノンスコーピオンの戦績と比較したら驚くほどの躍進でしたが、位置取り次第では3着も狙えた内容です。

そういった意味ではもったいない競馬でしたがテン乗りだったことを考えればやむを得ないかもしれません。

今回もおそらく人気しないと思いますが、戸崎騎手は安田記念で乗れているので元G1馬としての威光を見せてほしいです。

ナミュール×武豊騎手 評価B

前走のヴィクトリアマイルで初コンビを組んだものの、直線では自慢の末脚を披露することなく8着に沈みました。

しかしながら、位置取り自体は悪くなかったですし流れる競馬でも出し切れるのがナミュールなので、状態面がよくなかったのかもしれません。

武豊騎手自身は過去10年の安田記念で凡走が続いていますが、ナミュールと東京マイルは合うはずなので、1回使ったことで良化に期待したいです。

パラレルヴィジョン×C.ルメール騎手 評価S

前走のダービー卿CTではルメール騎手が怪我のため離脱していたこともあり、戸崎騎手が代打騎乗を努めて勝利に導きました。

しかし、それ以前の5勝はすべてルメール騎手とのコンビでつかんでいます。

スローやハイペース、それどころか芝・ダート問わず堅実に勝ち星を掴めているのはパラレルヴィジョンの適性のみならず、ルメール騎手の適応力と勝負勘が見事フィットしているからこそつかめたものでしょう。

人馬の相性はとても良いです。

フィアスプライド×坂井瑠星騎手 評価A

坂井瑠星騎手がフィアスプライドに騎乗したのは2021年12月に行われた1勝クラスのみです。

中京芝1,600mで行われたレースで、道中中団で脚を溜めつつも、各馬の外から早めに動いて馬場の外目から仕掛けて伸びを見せました。

先行していたディヴィーナはセーフティリードを確保していたので届きませんでしたが、自慢の末脚を引き出して2着入りしている点は悪くないです。

今回は2年半ぶりの騎乗となりますが、人馬ともに力をつけているのでどのような走りを見せてくれるか楽しみです。

レッドモンレーヴ×横山和生騎手 評価S

昨年の京王杯スプリングカップを勝利して以降、常にコンビを組んでいます。

前走の京王杯スプリングカップは最高峰の位置から上がり最速33秒2という、信じられないほどの豪脚を以て先に抜けたウインマーベルに詰め寄りました。

ウインマーベルが思った以上にしぶとくて惜しくも2着でしたが、キレッキレの末脚はG1レベルとっても過言ではありません。

G1クラスの実力を持っている馬ですし、横山和生騎手とのコンビで力を引き出せているので相性は良いです。

ロマンチックウォリアー×J.マクドナルド騎手 評価S

マクドナルド騎手とのコンビでこれまで【7-0-0-1】と快進撃を続けています。

勝利した7勝のうちの6勝がG1、残りのひとつもG2でした。

人馬の相性は言うまでもありません。S評価です。

ヴォイッジバブル×Z.パートン騎手 評価A

ヴォイッジバブルの初勝利はパートン騎手とのコンビでつかんでいましたが、その後は様々な騎手が入れ替わり、一時は騎乗から外れています。

しかし、今年の香港ゴールドカップで久々にコンビを組むと、道中先行しながら先に抜け出したロマンチックウォリアーに詰め寄り、マッチレースに持ち込みました。

結果的には敗れてしまいましたがその差はクビ差で、もしかしたら香港最強馬に勝ち切れていた可能性もあります。

ロマンチックウォリアーをぎりぎりまで追い込んだのは紛れもなく人馬のコンビ相性がかみ合ったからです。

今回も同コンビでレースが見られるのが楽しみです。

馬券が的中しない方へ

安田記念(G1)鳴尾記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると安田記念(G1)鳴尾記念(G3)の無料予想がレース当日に受け取れますよ!

安田記念の過去10年の乗り替わりデータ

前走から成績単勝率連対率複勝率
継続騎乗【6-7-5-73】6.6%14.3%19.8%
乗り替わり【4-3-5-57】5.8%10.1%17.4%
乗り替わりで馬券に絡んだ馬と騎手
年度着順馬名騎乗騎手
20223サリオスD.レーン
20211ダノンキングリー川田将雅
3シュネルマイスター横山武史
20192アエロリット戸崎圭太
20181モズアスコットC.ルメール
20162モーリスT.ベリー
3フィエロ内田博幸
20151モーリス川田将雅
3クラレント田辺裕信
20141ジャスタウェイ柴田善臣
2グランプリボス三浦皇成
3ショウナンマイティ北村宏司
今回の乗り替わり騎手と馬
馬名今回騎乗騎手前回騎乗騎手
カテドラル斎藤新藤岡康太
ステラヴェローチェ横山典弘酒井学
ソウルラッシュJ.モレイラ団野大成
ドーブネ菱田裕二吉田隼人
パラレルヴィジョンC.ルメール戸崎圭太
フィアスプライド坂井瑠星C.ルメール
ヴォイッジバブルZ.パートンJ.マクドナルド

わずかに継続騎手優勢

過去10年の安田記念で馬券に絡んだ30頭のうちの18頭が前走からの継続騎手でした。

残りの12頭は前走からの乗り替わりとなっています。

好走率を見ても、前走継続騎乗組が乗り替わり組に勝っていました。

しかし、単勝率・連対率・複勝率はいずれもそこまで差がなく、むしろわずかとなっています。

過去7開催で乗り替わりの馬が1頭以上馬券に絡んでいることからも分かるように、安田記念は継続騎乗組が若干有利ですが、そこまで大きな差はありませんでした。

安田記念の過去10年のテン乗りデータ

成績単勝率連対率複勝率
【1-2-2-31】2.8%8.3%13.9%
※テン乗り=初めて騎乗すること
テン乗りで馬券に絡んだ馬と騎手
年度着順馬名騎乗騎手
20211ダノンキングリー川田将雅
20162モーリスT.ベリー
3フィエロ内田博幸
20142グランプリボス三浦皇成
3ショウナンマイティ北村宏司
今回のテン乗り騎手と馬
馬名今回騎乗騎手前回騎乗騎手
ドーブネ菱田裕二吉田隼人

テン乗り騎手の好走はしばらくない

過去10年の安田記念で乗り替わり組は12頭が馬券に絡んでいますが、そのうちの5頭がテン乗りです。

乗り替わり組の半数近くをテン乗りが占めていましたが、そのうちの4頭は2016年以前のものでした。

2020年以降に馬券に絡んだテン乗り騎手は2021年のダノンキングリーのみとなっており、近年はテン乗り騎手の好走事例が少なくなっています。

週明けの時点でテン乗りが確定しているのはドーブネのみ

今年の安田記念の出走馬の中で、月曜日の時点でテン乗りが確定しているのはドーブネのみでした。

それ以外の確定騎手はいずれも過去に1回以上同馬に騎乗しています。

なお、月曜日の時点で鞍上が未定のジオグリフも騎手次第でテン乗りになる可能性があります。

安田記念2024追い切り評価

安田記念2024追い切り評価はこちらの記事でご覧ください。

安田記念2024の最終予想

安田記念2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)