[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【北九州記念2024予想】本命で狙いたい3頭+穴党におすすめしたい2頭はこちら!

北九州記念2024予想記事のサムネイル画像

北九州記念2024予想の最終買い目を更新しました!

北九州記念2024のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

北九州記念2024の予想ポイント

  • 人気薄→人気馬で決着すること多い
  • 牝馬の方が好走数、好走率が高い
  • 1番人気は15年連続勝利がない、相手候補に有力
  • 7番人気以下も度々馬券に絡む
  • 勝ち馬=内枠有利、相手候補=中枠有利
目次(読みたい項目をタップ)

北九州記念2024予想の最終買い目

北九州記念が開催される日曜日の小倉競馬場界隈の天気を見てみると、曇りのち雨の予報が出ていました。

雨は土曜日の17時ごろから0時ごろまで降っていったん止み、日曜日の正午から1時間当たり1mmの雨が降るようです。

雨量はそこまで多くありませんが、風速は5~8mなので荒れ気味なのは間違いないでしょう。

馬場傾向に関しまして、土曜日は終日曇りで芝はすべて良馬場でしたが、時計はレースによってまちまちで、平均以上の時計もあれば、平均以下もありました。

評価の難しいところですが、北九州記念が開催される頃は雨が降っているはずなので土曜日よりは重くなる可能性があります。

うましるでは雨の稍重~重馬場、時計のかかる馬場を想定しながら予想をまとめました。

馬券が的中しない方へ

北九州記念(G3)ラジオNIKKEI賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  4 グランテスト

ロードカナロア
オーヴィレール
母父シンボリクリスエス
主な勝ち鞍ライスシャワーC(3勝クラス) 2024年
前走ライスシャワーC(3勝クラス) 1着

本命はグランテストにしました。

脚質的には先行も差しも可能な馬ですが、今回は馬番4番を引いたうえ、積極騎乗に定評がある坂井騎手が手綱を握るのでおそらく前を狙ってくるはずです。

前走のライスシャワーカップでは先行しながら上がり33秒3の末脚で勝ち切っているように、前を走りながらも終いの末脚を発揮できています。

2走前の下関ステークスが今回と同じ小倉の舞台で、後方競馬になりながらも勝ち馬カンチェンジュンガと差のない4着まで持ってきているように、コース適性も問題ありません。

初めての重賞挑戦となりますが、追い切りでも時計を出していましたし、斤量の恩恵も得たのでここは一発に期待したいところです。

〇対抗 14 ナナオ

ロードカナロア
バイザディンプル
母父オルフェーヴル
主な勝ち鞍マーガレットS(L) 2024年
前走葵ステークス(G3) 3着

対抗はナナオにしました。

これまで手にした3つの勝利はすべて稍重以下の馬場でつかんだものです。

日曜日の小倉は雨の影響で例年のような超高速馬場ではなさそうです。

そういった意味では、日曜日の雨はナナオにとって恵みの雨となる可能性が高いです。

もっとも、雨がそこまで降らずに時計勝負になったとしても前走の葵ステークスのように好走できているので、どのような馬場でもある程度対応できるのもポイントが高いです。

短距離では崩れていないのも評価したいですし、和田騎手との相性も良いので、初の古馬戦でも実力を発揮してほしいです。

▲単穴  3 サーマルウインド

ドレフォン
ラフィエスタ
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍信越ステークス(L) 2023年
前走春雷ステークス(L) 2着

サーマルウインドは単穴にしました。

稍重以下ではなんと【3-0-0-0】と負けなしの馬です。

先に取り上げたナナオと同じく、日曜日の雨はサーマルウインドにとって追い風になること間違いありません。

前走の春雷ステークスも勝ち馬サトノレーヴとアタマ差の2着で強い競馬でした。

サトノレーヴが今年の函館スプリントステークスを勝利していることから強い相手に善戦しているのもポイントが高いです。

芝の痛みが少ない内枠を引けたのも良いですし、小倉で好成績を残している川田騎手が騎乗する点もよく、上位争いにも期待できるでしょう。

△連下 18 バースクライ

ハーツクライ
エィップトップ
母父Dubawi
主な勝ち鞍南総S(3勝クラス) 2023年
前走オーシャンS(G3) 3着

バースクライは連下にしました。

脚質的には差しの競馬を得意としている馬で、前走のオーシャンステークスでは直線の短い中山で上がり最速34秒1の末脚を使って3着入りしました。

トウシンマカオには完敗でしたが、2着のビッグシーザーにはハナ差で惜しい競馬でした。

また、このオーシャンステークスは稍重馬場で好走しています。

日曜日の小倉競馬界隈は雨の影響で稍重以下の馬場になる可能性が高いので、オーシャンステークスのようにかみ合えばチャンスはあるでしょう。

△連下 11 ジャスパークローネ

Frosted
Fancy Kitten
母父Kitten’s Joy
主な勝ち鞍北九州記念(G3) 2023年
前走APスプリント(G1) 11着

昨年の北九州記念を制したジャスパークローネも抑えます。

昨年は逃げの競馬でCBC賞と北九州記念を連破し、サマースプリント王者となりました。

脚質的には逃げを得意としており、昨年の北九州記念では超ハイペースに持ち込みながら2着のママコチャに勝ち切っています。

今回は6枠を引きましたが、内で主導権を握りそうな馬がテイエムスパーダとモズメイメイくらいなので、うまく2頭に割って入れば自身の競馬に持ち込めるはずです。

ただし、重賞2勝馬ということでトップハンデ58.5キロを背負ってしまったのはマイナスです。

追い切りを見た限り、海外帰りにしては動けていたので侮れませんが、斤量を考慮して相手までにしました。

△連下  6 ヤクシマ

Havana Grey
Satsuma
母父Compton Place
主な勝ち鞍クロッカスS(L) 2023年
前走安土城ステークス(L) 18着

ヤクシマも抑えます。

今年の巌流島ステークスが今回と同じ小倉芝1,200mの舞台で勝利しました。

ほとんど後ろの位置から競馬を行いましたが、稍重でハイペースの展開も味方し、直線一気で勝利しています。

日曜日も雨の影響で時計はかかりそうですし、小倉芝1,200mは上り傾斜がないため、ハイペースになりやすいです。

タフな馬場にける実績もありますし、追い切りも良く見えました。

巌流島ステークスのような展開になってくれれば面白い1頭になりそうです。

単勝

4 グランテスト

馬連流し

軸馬:4
相手:3、6、11、14、18

三連複フォーメーション

1頭目:4
2頭目:3、6、11、14、18
3頭目:3、6、11、14、18

北九州記念2024の有力馬3頭

今年の北九州記念は開幕週の小倉で行われるため、例年以上にスピード勝負になる可能性が高いです。

今年の出走登録馬の中から実績上位の馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ジャスパークローネ

主な勝ち鞍
  • 北九州記念 (G3) 2023年
  • CBC賞  (G3) 2023年

ジャスパークローネは昨年のCBC賞と北九州記念を連勝し、サマースプリントを優勝した馬です。

昨年のスプリンターズステークスでも逃げて4着と充実一途をたどり、近走は海外を拠点に競馬を行ってきました。

ただし、海外のレースでは思うような結果を残せておらず、世界の壁に阻まれた形となりました。

今回は4戦ぶりの国内戦です。

ジャスパークローネの脚色的には海外の馬場よりも日本の馬場のほうが合っていると思うので、国内のレースは歓迎したいです。

昨年勝利したレースなのでコース適性も問題ないでしょうし、今年の出走馬を見た限り、安定して逃げているのはピューロマジックくらいなので自身の競馬は行いやすいでしょう。

あとは、ハンデがどれほど課せられるかです。

月曜日午前の時点で斤量は未知数ですが、重賞2勝馬ということでおそらく重ハンデが課せられる可能性は高いです。

昨年よりも厳しい条件となるはずなので、ハンデを実力でカバーできるかがポイントとなるでしょう。

★評価点
・昨年の北九州記念の勝ち馬
・逃げの競馬が得意
・重賞連勝時にコンビを組んだ団野騎手が騎乗
・データと相性のいい前走芝1,200m

▼課題
・昨年よりもハンデは重くなりそう
・近4戦で結果を残せていない
・海外帰り緒戦

ピューロマジック

主な勝ち鞍
  • 葵ステークス (G3) 2024年

ピューロマジックは3歳の牝馬でここが初めての古馬戦となります。

2歳のころは目立たない成績でしたが今年に入ってにわかに調子をあげ、前走葵ステークスでも死に枠といわれた大外17番から果敢にハナに立ってそのまま押し切りました。

今年の葵ステークスは前残りが顕著でしたが、その中でも楽な手ごたえで押し切れたのは好感が持てました。

今回は初の古馬戦ですが、近走安定してハナに立てているのは好材料です。

葵ステークスの好時計で勝ち切れているので高速馬場にも対応できるはずです。

ただ、今回騎乗する松山騎手はこれまで10回騎乗したもの、1度も馬券に絡めていません。

2020年のタイセイアベニールや2021年のアウィルアウェイの2頭はどちらも2~3番人気に支持されていましたが着外に沈んでいました。

松山騎手と北九州記念の相性が悪いのはマイナスポイントです。

そのため、騎手目線で見たら横山和生騎手が騎乗したほうがよかったかもしれません。

一長一短ある馬ですが、脚色的には合いそうですし、どのような逃げを行うか注目したいです。

★評価点
・安定の逃げ
・葵ステークスが強い競馬
・葵ステークスで時計勝負に対応
・データと相性のいい牝馬&前走芝1,200m組&前走1着馬

▼課題
・松山騎手と北九州記念の相性はよくない

ナナオ

主な勝ち鞍
  • マーガレットS (L) 2024年

ナナオは前走の葵ステークスで3着入選した馬です。

これまでの好走傾向を見てみると、稍重や重馬場の舞台で好走していたので重馬場巧者のイメージがありました。

ところが、前走葵ステークスは一転して時計勝負の中で3着入りしています。

今年の葵ステークスは前有利の展開でしたが、先行しながら対応できた点は評価したいですし、時計勝負にも対応して人気のエトヴプレに1馬身差で先着できたのは評価したいところです。

今回はキャリア初の小倉開催となります。

雨が降らなければおそらく超高速馬場になると思うので、どこまでやれるか分かりません。

しかしながら、陣営が実績のある函館の函館スプリントステークスではなく、北九州記念を選択したあたり、こちらに勝機があると踏んでいるのは間違いないでしょう。

初の古馬混合戦で相手は強いですが、同期のピューロマジックと違って非重賞馬なのでハンデは軽くなるはずです。

ハンデの恩恵を活かして重賞初制覇を成し遂げたいところです。

★評価点
・重馬場が得意
・前走葵ステークスで高速馬場にも対応
・データと相性のいい牝馬&前走3着馬&前走芝1,200m組

▼課題
・超高速馬場でどこまでやれるか

北九州記念2024の穴馬2頭

過去10年の北九州記念はすべて万馬券が出ているように、北九州記念は配当妙味の高いレースです。

今年の出走登録馬の中から配当に期待できそうな馬を2頭取り上げました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

テイエムスパーダ

主な勝ち鞍
  • セントウルS (G2) 2023年
  • CBC賞   (G3) 2022年

テイエムスパーダは一昨年のCBC賞の勝ち馬です。

一昨年のCBC賞は小倉の芝1,200m、ちょうどこの時期に代替開催されましたが、新人の今村騎手とのコンビで逃げ切りました。

時計1分5秒8は現在も更新されていないレコードタイムでしたが、斤量48キロの恩恵の恩恵もあったのでそこまで高く評価しなくてよさそうです。

ただし、超高速馬場に対応できたのは重要で、今年の北九州記念も雨がなければ時計勝負になりそうなので脚色的には合いそうです。

その後、しばらくは惨敗が続いていましたが、昨年のセントウルステークスではまさかの逃げ切りで重賞2勝目を果たしました。

単勝万馬券の立会者となったのは記憶に新しいですし、このときは斤量55キロで押し切っているのでもしかしたら再度の激走もあり得るかもしれません。

その後は引き続き凡走が続いていますが、油断できない1頭です。

★評価点
・一昨年のCBC賞でレコード勝ち
・昨年のセントウルステークスも逃げて高配当を演じた
・逃げの競馬が得意
・データと相性のいい牝馬&前走芝1.200m組

▼課題
・ハナに立てないと辛い
・凡走のほうが目立つので狙って当てづらい

ヨシノイースター

主な勝ち鞍
  • 北九州短距離S (OP) 2024年

ヨシノイースターは今年の北九州短距離ステークスを制した馬です。

北九州短距離短距離ステークスでは好発を機って2番手の位置で競馬を行いつつ、直線では早めに並びかけつつ馬場の外目から脚を引き上げて勝利しました。

非重賞競走でしたが、ゾンニッヒやブトンドールといった実績馬相手に勝ち切れています。

強い相手に善戦したといえば、前走の春雷ステークスは3着に敗れたとはいえ勝ち馬サトノレーヴとの差は0.1秒でした。

サトノレーヴが今年の函館スプリントステークスを勝ち切っていることから負けて強しの競馬といえますし、時計も良いです。

小倉芝1,200mが【1-1-0-1】と安定しているのもポイントが高いですし、非重賞馬ですが侮れない1頭となるかもしれません。

★評価点
・近走強い相手にやれている
・小倉芝1,200mは【1-1-0-1】
・データと相性のいい前走芝1,200m組&前走3着馬

▼課題
・後ろからになると辛い

馬券が的中しない方へ

北九州記念(G3)ラジオNIKKEI賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで北九州記念(G3)ラジオNIKKEI賞(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ここからは北九州記念の過去10年の傾向やデータ分析を見ていきましょう!

北九州記念2024の概要

北九州記念は小倉競馬場で開催される芝の短距離重賞です。

レース名の北九州とは、福岡県北部にある市で、小倉競馬場の所在です。

もともと北九州記念は8月の下旬、札幌記念と同日に行われるのが通例でした。

ところが、今年は阪神競馬場のリフレッシュ工事の関係で従来と異なるレース番組が編成されています。

本来この時期に行われていた中京のCBC賞が札幌記念と同日開催になった代わりに、北九州記念が前倒しとなりました。

よって、今年に限れば北九州記念がサマースプリント第2戦に指定されています。

さて、北九州記念の舞台である小倉は夏開催時のみ新潟と同じく全面野芝開催となります。

4大馬場(東京・中山・京都・阪神)の洋芝+野芝のブレンドや、北海道競馬場(札幌・函館)の全面洋芝と異なり、全面野芝はとにかくスピードが出やすいです。

また、小倉の芝1,200mは上り傾斜が存在しないため、ほかの競馬場よりもスピードが出やすいです。

さらに、今年は開幕週開催なので、芝の痛みもなく、よっぽど雨が降らない限りは時計が出ると判断して良いでしょう。

思えば、2年前のCBC賞(芝1,200m)は開幕週の小倉で代替開催されましたが、その時の勝ち馬テイエムスパーダは1分5秒台の時計でコースレコードを塗り替えました。

以上のことから、今年の北九州記念に限れば超高速馬場適性に長けた馬を狙っていきたいです。

ハンデ戦の短距離重賞。

スピードトラックを制するのは、果たしてどの馬でしょうか?!

2023年 北九州記念(GⅢ) | ジャスパークローネ | JRA公式

北九州記念2024の開催内容

開催日6月30日(日曜) 15:35発走
格付けG3
開催競馬場小倉競馬場 11R
コース芝1,200m
性齢3歳以上
斤量ハンデ
1着賞金4100万円

北九州記念2024が開催される小倉の芝1,200mの特徴

小倉競馬場 芝1200mのコースで特徴を解説
スタート地点2コーナーのポケット
コース右回り
Aコース使用
1周の距離1,615.1m
直線距離293m
高低差3m
フルゲート18頭
平均タイム
(過去5年)
1:10.0
コースレコード1:05.8
(2022度 CBC賞【G3】テイエムスパーダ)
北九州記念のタイム
平均タイム
(過去10年)
1:08.2
レコードタイム1:06.6
(2018年 アレスバローズ)

小倉の芝1,200mはワンターンコースです。

スタート地点は2コーナーの奥ポケットで最初の3コーナーまでの距離は約479mです。

距離は長いものの、短距離戦にくわえて下り傾斜になっているため最初から全力で飛ばす馬がいるのでレース全体の流れとしてはハイペースになりやすいです。

小倉の3~4コーナーはスパイラルカーブが導入されているので、減速しなくても立ち回ることができます。

最後の直線は約291mで平坦なコースとなっています。

小倉の芝1,200mで注目したいのは、コース全体を通して上り傾斜が存在しないことです。

実は、小倉は上り傾斜が1コーナーに集中しているため、そこを通らない当該コースでは上りが存在しません。

平坦な道のりか下り傾斜しかないため、とにかくスピードがでやすいです。

また、3~4コーナーはスパイラルカーブを導入されているのでコーナーで加速しながら最後の直線に向かうことができます。

スパイラルカーブとは、コーナーの入り口から出口にかけて、コーナーの半径が小さくなるカーブのことです。

さらに、夏の小倉は時計の出やすい全面野芝です。

くわえて今年の北九州記念は開催初週に行われるため、雨が降らない限りは超高速馬場の可能性が高いです。

馬場が固く、巷ではコンクリ馬場と評されるほどバンバン時計が出やすい条件となっているのでスピード能力の高い馬が大活躍する舞台となっています。

小倉の芝1,200mはここをチェック!

  • 上り坂がほとんどないコース
  • スピードが求められる舞台
  • 好タイムが出やすい

北九州記念2024の出走馬

【参考レース】2024年 北九州記念|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1ディヴィナシオン牡756.0松本大輝
2テイエムスパーダ牝556.0酒井学
3サーマルウインド牝555.5川田将雅
4グランテスト牝453.0坂井瑠星
5メイショウソラフネ牡556.0横山典弘
6ヤクシマ牡455.0幸英明
7モズメイメイ牝455.0国分恭介
8トゥラヴェスーラ牡958.0永島まなみ
9ペアポルックス牡354.0松若風馬
10エイシンスポッター牡558.0角田大河
11ジャスパークローネ牡558.5団野大成
12ピューロマジック牝353.0松山弘平
13カンチェンジュンガ牡455.0斎藤新
14ナナオ牝352.0和田竜二
15ショウナンハクラク牡556.0小沢大仁
16ヨシノイースター牡657.0丸山元気
17メディーヴァル牡653.0小崎綾也
18バースクライ牝455.0西村淳也

北九州記念の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2023
115ジャスパークローネ5CBC賞(G3)1
29ママコチャ1安土城ステークス(L)1
31ストーンリッジ9福島テレビオープン(OP)3
2022
11ボンボヤージ16福島テレビオープン(OP)13
23タイセイビジョン3CBC賞(G3)2
316ナムラクレア1函館スプリントステークス(G3)1
2021
稍重
117ヨカヨカ5CBC賞(G3)5
26ファストフォース4CBC賞(G3)1
312モズスーパーフレア2高松宮記念(G1)5
2020
稍重
14レッドアンシェル8CBC賞(G3)3
210モズスーパーフレア1高松宮記念(G1)1
311アウィルアウェイ10CBC賞(G3)7
2019
116ダイメイプリンセス9アイビスサマーダッシュ(G3)6
25ディアンドル3葵ステークス(G)1
311アンヴァル5バーデンバーデンカップ(OP)2
2018
15アレスバローズ6CBC賞(G3)1
211ダイメイプリンセス4アイビスサマーダッシュ(G3)1
39ラブカンプー7アイビスサマーダッシュ(G3)2
2017
19ダイアナヘイロー3佐世保ステークス(1600万)1
212ナリタスターワン14アイビスサマーダッシュ(G3)9
318ラインスピリット15アイビスサマーダッシュ(G3)6
2016
19バクシンテイオー8バーデンバーデンカップ(OP)3
25ベルカント1アイビスサマーダッシュ(G3)1
38オウノミチ3バーデンバーデンカップ(OP)1
2015
13ベルカント2アイビスサマーダッシュ(G3)1
25ビッグアーサー1水無月ステークス(1600万)1
313ベルルミエール4CBC賞(G3)4
2014
11リトルゲルダ8アイビスサマーダッシュ(G3)4
28メイショウイザヨイ13佐世保ステークス(1600万)1
37カイシュウコロンボ17CBC賞(G3)11
※いずれも8月下旬開催

【オッズ】オッズで覚えておきたい2つの要素

開催年着順馬名人気単勝オッズ
20231ジャスパークローネ513.1倍
2ママコチャ13.0倍
20221ボンボヤージ16164.3倍
2タイセイビジョン36.2倍
20211ヨカヨカ58.8倍
2ファストフォース48.3倍
20201レッドアンシェル814.9倍
2モズスーパーフレア13.9倍
20191ダイメイプリンセス930.8倍
2ディアンドル35.5倍
20181アレスバローズ68.7倍
2ダイメイプリンセス47.7倍
20171ダイアナヘイロー35.7倍
2ナリタスターワン1446.2倍
20161バクシンテイオー821.7倍
2ベルカント11.5倍
20151ベルカント25.0倍
2ビッグアーサー12.5倍
20141リトルゲルダ818.9倍
2メイショウイザヨイ1335.3倍

過去10年の北九州記念で連対した20頭を見てみると、単勝オッズ5倍未満の馬は11頭出走していたものの、勝利はありませんでした。

また、過去10開催の内の8開催でウラ馬券決着となっています。

※ウラ馬券=「人気薄→人気馬」で決着すること。

2つの要素の共通点は、上位人気馬は勝ち切る傾向が少ないことです。

馬券予想で勝ち馬を予想する際は人気落ちの馬から狙っていったほうが良いかもしれません。

【性別】毎年必ず馬券に絡んでいる牝馬

性別成績単勝率連対率複勝率
牡・セン馬【4-4-4-84】4.2%8.3%12.5%
牝馬【6-6-6-59】7.8%15.6%23.4%

過去10年の北九州記念で馬券に絡んだ馬を性別ごとにまとめました。

牡・セン馬は12頭入線しているのに対し、牝馬は18頭が絡んでいます。

牝馬は過去10年どころか、距離が1,800mから1,200mに大幅短縮し、現行の条件で行われるようになった2006年以降、毎年必ず1頭以上が馬券内に入線しています。

また、今年の北九州記念と同じ時期・条件で行われた2021年と2022年のCBC賞の上位入選した馬の中にも牝馬がいました。

「夏は牝馬」の格言があるように、北九州記念は牝馬の目覚ましいので、馬券予想の際はぜひ抑えておきたいです。

今年の出走馬の中で牝馬は7頭いました。

・グランテスト
・サーマルウインド
・テイエムスパーダ
・ナナオ
・バースクライ
・ピューロマジック
・モズメイメイ

北九州記念の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【0-4-1-5】0.0%40.0%50.0%
2番人気【1-0-1-8】10.0%10.0%20.0%
3番人気【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
4~6番人気【3-2-2-23】10.0%16.7%23.3%
7~9番人気【4-0-2-24】13.3%13.3%20.0%
10番人気以下【1-2-3-77】1.2%3.6%7.2%

1番人気は15年連続勝利がない

過去10年の北九州記念で1番人気は【0-4-1-5】でした。

複勝率こそ50%で夏のハンデ重賞にしては悪くない成績ですが、単勝率に関しては0%となっています。

最後に勝利した1番人気馬は2008年のスリープレスナイトで、それ以降の15年は一度も1番人気は勝利していません。

1番人気は単勝や1着軸よりも相手候補として有力です。

7番人気以下の馬が馬券に絡む確率は80%!

過去10年の北九州記念で7番人気以下の馬が馬券に絡んだ年は8開催ありました。

そのうち、2014年度は3頭すべてが7番人気以下の馬で、2017年と2020年は7番人気以下の馬が2頭入線しています。

過去10年の三連複平均は10万8,932円、三連単は60万856円が示しているように、北九州記念は穴馬も頻繁に馬券に絡み、高配当に期待できるレースといえるでしょう。

馬券が的中しない方へ

北九州記念(G3)ラジオNIKKEI賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると北九州記念(G3)ラジオNIKKEI賞(G3)の無料予想がレース当日に受け取れますよ!

北九州記念の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-0-1-16】10.5%10.5%15.8%
2枠【2-1-0-16】10.5%15.8%15.8%
3枠【1-3-0-15】5.3%21.1%21.1%
4枠【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%
5枠【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%
6枠【1-2-4-13】5.0%15.0%35.0%
7枠【1-0-1-25】3.7%3.7%7.4%
8枠【2-0-2-25】6.9%6.9%13.8%

勝ち馬=内枠、相手候補=中枠

過去10年の北九州記念の勝ち馬4頭が1~2枠の馬でした。

1~2枠の単勝率はどちらも10.%で全枠順の中でもっとも高いです。

2022年の北九州記念で勝利したボンボヤージは16番人気の穴馬でしたが、1枠から経済コースを立ち回って優勝しました。

北九州記念は内枠の馬が勝ち切る傾向が強いです。

ただし、複勝率を見てみると、20%を超えていたのは3,4,6枠となっています。

相手候補に限れば内よりも中枠のほうが優勢でした。

北九州記念の過去10年の前走距離別成績

前走距離(芝)成績単勝率連対率複勝率
1,000m【3-3-2-26】8.8%17.6%23.5%
1,200m【7-6-8-97】5.9%11.0%17.8%
1,400m【0-1-0-13】0.0%7.1%7.1%
1,600m【0-0-0-3】0.0%0.0%0.0%

前走芝1,400m以上の馬は苦しい

過去10年の北九州記念の勝ち馬はいずれも前走が芝1,000mもしくは1,200mでした。

また、2~3着に入線した20頭のうちの19頭も前走芝1,000m~1,200mです。

前走が芝1,400m以上だった馬はこれまで17頭が出走しましたが、馬券に絡んだのは2023年のママコチャのみとなっています。

ママコチャはこの年のスプリンターズステークスを勝利する馬で、G1級の素質がなければ好走は厳しいといえるでしょう。

前走が芝1,400m以上だった馬は評価を下げても良いかもしれません。

今年の出走馬の中で前走芝1,400m以上の馬は2頭いました。

エイシンスポッター
(前走安土城ステークス【L】/1着)

ヤクシマ

(前走安土城ステークス【L】/18着)

北九州記念の過去10年の前走着順別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
1着【4-8-2-23】10.8%32.4%37.8%
2着【0-1-2-11】0.0%7.1%21.4%
3着【2-0-1-8】18.2%18.2%27.3%
4着【1-0-1-10】8.3%8.3%16.7%
5着【1-0-1-9】9.1%9.1%18.2%
6~9着【1-1-2-34】2.6%5.3%10.5%
10着以下【1-0-1-43】2.2%2.2%4.4%

前走1着馬は安定

過去10年の北九州記念で馬券に絡んだ14頭が前走1着でした。

前走1着馬は単勝率こそ11%で前走3着馬より劣っていますが、連対率は32%、複勝率は38%でもっとも高い数値でした。

また、前走上位入選している馬ほど好走率は高いです。

北九州記念は荒れやすい重賞競走ですが、前走上位入選した馬の好走傾向が強いため、前走の着順を見ながら予想するのも良いかもしれません。

今年の出走馬の中で前走1着だった馬は3頭いました。

エイシンスポッター
(前走安土城ステークス【L】)

グランテスト

(前走ライスシャワーカップ【3勝クラス】)

ピューロマジック

(前走葵ステークス【G3】)

北九州記念2024追い切り評価

北九州記念2024追い切り評価はこちらの記事でご覧ください。

以上になります。
北九州記念の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)