阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【毎日王冠2022予想】1番人気は7勝!おすすめしたい3頭を紹介!

毎日王冠2022予想

毎日王冠2022予想の最終買い目を更新しました。

毎日王冠2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

毎日王冠2022の概要

毎日王冠は東京芝1,800mで開催されるレースです。

毎日王冠は天皇賞(秋)のステップレースという位置づけがされています。

ほかの前哨戦(オールカマー・京都大賞典)と比較すると、毎日王冠は天皇賞(秋)が開催される東京競馬場で行われることから、多くの有力馬が参戦します。

また、マイラー色の強い馬も参戦しやすく、ここを皮切りにマイルチャンピオンシップを目指す馬もいます。

いずれにせよスーパーG2と言われるほどに豪華メンバーが集まりやすいのが特徴です。

かつて、サイレンススズカが当時無敗だったエルコンドルパサーとグラスワンダーを完封したのも毎日王冠なのです。

今年はポタジェやレイパパレ、サリオスといったG1馬が出馬を表明しました

ここから大舞台に行くのはどの馬でしょうか。

毎日王冠2022の開催内容

開催日10月9日(日曜) 15:45発走
格付けG2
開催競馬場東京競馬場 東京11R
性齢芝1,800m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金6700万円

毎日王冠2022が開催される東京の芝1,800mの特徴

東京競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説

毎日王冠のスタート地点は2コーナーの奥ポケットです。

発走後、100m付近で2コーナーに差し掛かるため、内枠の馬のほうがコースロスなく本コースに入ることができます。

向こう正面の長さは500mほどあります。

スタートから向こう正面は基本的に緩い下り坂が続きますが、3コーナーの手前で一度上り坂を駆け上がります。

上り坂を過ぎたら再び下り勾配で3コーナーに差し掛かっていて、緩急のあるコースとなっています。

3.4コーナーはフラットに近い上り坂となっていて、大回りのカーブが描かれています。

最後の直線は約530mほどあります。

直線の長さは新潟に次ぐものがあるので末脚を存分に発揮しやすいです。

直線の真ん中付近で高低差2mほどの上り坂を駆け上がります。

坂を超えたら残り300mはフラットで、その先にゴールがあります。

東京の芝1,800mは根本的には東京1,600mと変わりません。

ただし、スタート地点が2コーナーの奥ということでコーナーがひとつ増加したことによる影響はあります。

具体的には、コーナーが増えたことでペースが落ち着きやすくなったのです。

そのため、東京芝1,600mと比較しても前半はゆったりする傾向が強く、中距離コースらしい舞台になっています。

ただし、ゆったりするため生粋のマイラーでも体力を温存しやすく、好走することが多いです。

現に、過去の毎日王冠ではシュネルマイスターやアエロリット、ダノンキングリーやインディチャンプが好走しています。

東京芝1,800mはマイラーや中距離馬が好走しやすい舞台となっています。

毎日王冠2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1レッドベルオーブ牡456.0幸英明
2ノースブリッジ牡456.0岩田康誠
3サリオス牡556.0松山弘平
4ダノンザキッド牡456.0戸崎圭太
5レイパパレ牝555.0川田将雅
6ポタジェ牡558.0吉田隼人
7キングストンボーイ牡456.0C.ルメール
8キングオブコージ牡657.0横山武史
9ジャスティンカフェ牡456.0福永祐一
10ハッピーアワー牡656.0川又賢治

過去10年の毎日王冠のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201214カレンブラックヒル1NHKマイルC(G1)1
27ジャスタウェイ12日本ダービー(G1)11
 38タッチミーノット8新潟記念(G3)2
201316エイシンフラッシュ4クイーンエリザベス2世C(G1)3
210ジャスタウェイ6関屋記念(G3)2
 37クラレント5エプソムC(G3)1
201412エアソミュール8札幌記念(G2)5
26サンレイレーザー11関屋記念(G3)7
 37スピルバーグ5メイS(OP)1
2015113エイシンヒカリ1エプソムC(G3)1
24ディサイファ4札幌記念(G2)1
 36イスラボニータ7中山記念(G2)5
2016119ルージュバック1エプソムC(G3)1
稍重27アンビシャス3宝塚記念(G1)16
 31ヒストリカル11エプソムC(G3)6
201718リアルスティール3札幌記念(G2)8
212サトノアラジン5安田記念(G1)1
 37グレーターロンドン4安田記念(G1)4
201819アエロリット1安田記念(G1)2
25ステルヴィオ3日本ダービー(G1)8
 31キセキ6宝塚記念(G1)8
201919ダノンキングリー1日本ダービー(G1)2
23アエロリット2安田記念(G1)2
 34インディチャンプ3安田記念(G1)1
202019サリオス1日本ダービー(G1)2
稍重25ダイワキャグニー4エプソムC(G3)1
 37サンレイポケット5新潟記念(G3)3
202111シュネルマイスター1安田記念(G1)3
27ダノンキングリー2安田記念(G1)1
 35ポタジェ4新潟大賞典(G3)2

【騎手】関西騎手が勝っている

騎手成績単勝率連対率複勝率
関西【7-5-4-29】15.6%26.7%35.6%
関東【2-5-6-63】2.6%9.2%17.1%

過去10年の毎日王冠では関西騎手が7勝で関東騎手が2勝でした。

また、複勝率でみても関東騎手は17%で関西騎手は35%と、関西騎手の好走率は非常に高いですね。

関東が舞台のレースですが、関西騎手が優勢であることは覚えておきたいですね。

ちなみに、関東騎手で2勝したのはいずれも戸崎圭太騎手でした。

今年の出走騎手で関西騎手は7人います。

・幸英明
・岩田康誠
・松山弘平
・川田将雅
・C.ルメール
・福永祐一
・川又賢治

【年齢】若い馬の活躍が目立つ

年齢成績単勝率連対率複勝率
3歳【4-2-0-11】35.3%35.3%35.3%
4歳【3-2-5-19】10.3%17.2%34.5%
5歳【2-3-3-25】6.1%15.2%24.2%
6歳【1-3-1-19】4.2%16.7%20.8%
7歳以上【0-0-1-22】0.0%0.0%4.3%

過去10年の毎日王冠では若い馬ほど好走率は高いです。

今年は3歳馬は不在ですが、4歳馬は多数集まりました。

6歳以上になると好走率も減少傾向にあるため、4.5歳馬が中心になるでしょう。

今年の出走馬で6歳以上はキングオブコージハッピーアワーの2頭になります。

毎日王冠(G2)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の毎日王冠の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【7-0-0-3】70.0%70.0%70.0%
2番人気【0-2-0-8】0.0%20.0%20.0%
3番人気【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
4~6番人気【1-4-6-19】3.3%16.7%36.7%
7~9番人気【1-0-2-27】3.3%3.3%10.0%
10番人気以下【0-2-1-33】0.0%5.6%8.3%

1番人気の信頼度はかなり高い

過去10年の毎日王冠において、1番人気は7勝していて1番人気の信頼度は非常に高いレースです。

そして、1番人気は2,3着には1頭も来ていないことから、勝つか飛ぶかの二択となっていることから、連単馬券で狙いやすいです。

7番人気以下の馬は5年連続連対していない

近5開催の毎日王冠だけ見ると、馬券に絡んだ15頭はすべて6番人気以上に支持されていました。

極端に人気を落とした馬、7番人気以下の馬は馬券から外してもよさそうです。

過去10年の毎日王冠の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-0-2-8】9.1%9.1%27.3%
2枠【2-0-0-10】16.7%16.7%16.7%
3枠【0-1-0-11】0.0%8.3%8.3%
4枠【0-4-3-8】0.0%26.7%46.7%
5枠【0-2-2-13】0.0%11.8%23.5%
6枠【3-1-3-12】15.8%21.1%36.8%
7枠【2-0-0-18】10.0%10.0%10.0%
8枠【2-2-0-16】10.0%20.0%20.0%

全体的に枠の影響は大きくない

過去10年の毎日王冠の勝ち馬の7頭が6~8枠から出ていて、一見外枠有利に見えます。

しかしながら、複勝率は4枠が最も優れています。

また、1.2枠も出走数に対して連対率や複勝率は高いアベレージです。

全体的にみると外枠がやや優勢の傾向がありますが、極端に大きな差ではありませんね。

過去10年の毎日王冠の前走クラス別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
重賞【9-10-9-84】8.0%17.0%25.0%
海外重賞【1-0-0-3】25.0%25.0%25.0%
重賞以外【0-0-1-8】0.0%0.00.0%

前走重賞組が馬券の中心

過去10年の毎日王冠で馬券に絡んだ29頭が前走重賞でした。

逆に、前走が非重賞だった馬14年のスピルバーグしか馬券に絡めていません。

前走のレース格は毎日王冠を好走するうえで非常に重要なファクターとなるでしょう。

今年の出走馬の中で前走が非重賞だった馬はキングストンボーイハッピーアワーレッドベルオーブが該当しました。

毎日王冠2022の注目馬3頭

今年の毎日王冠は10頭立てと小頭数ながらもG1馬が4頭集まり、スーパーG2にふさわしいメンツが集まったでしょう。

今年の出走馬の中から注目したい馬を3頭紹介します。

ポタジェ

ポタジェはそれまでは重賞善戦マンでした。

しかし、今年の大阪杯では人気のエフフォーリアが沈むのを尻目に好位から激走してレイパパレとの競り合いを制し、見事初優勝を手にしました!

昨年の毎日王冠でも3着に入線していて舞台適性と素材の高さは証明できています。

気になるのは前走の宝塚記念で、後方競馬から仕掛けるはずが全く動けずに凡走しています。

騎乗した吉田隼人騎手曰く、暑さが影響したとのことです。

毎日王冠は昨年も好走していますし、この時期は暑さもほとんどないのでここでも堅実した走りに期待できるでしょう。

休み明けは気になりますが、鉄砲も利くのでマークしておきたいですね。

★評価点
・昨年3着
・大阪杯の勝ち馬
・安定感がある

▼課題
・斤量58キロ

レイパパレ

レイパパレは昨年の大阪杯の勝ち馬でなおかつ今年の大阪杯でも2着に入線しました。

昨年はオールカマーから始動しましたが、オールカマーでは距離と中山特有の坂で苦しくなり、最後は思うように出し切れませんでした。

毎日王冠もオールカマーと同じく天皇賞(秋)の前哨戦ですが、距離や舞台はまるで別物です。

レイパパレは中距離の舞台で逃げるのが得意な牝馬なのでオールカマーよりも好走しやすいのではないでしょうか。

前走のヴィクトリアマイルは完全に距離不適正だったので全く度外視していいです。

鞍上も再び川田騎手が騎乗します。

ここから天皇賞(秋)に行くのか、エリザベス女王杯に向かうかは分かりませんが、ここでも勝ち負けできるだけの力はあるでしょう。

★評価点
・逃げと先行競馬が得意
・毎日王冠はオールカマーより合いそう
・前走の負けは気にしなくていい

▼課題
・開幕週の高速馬場に対応できるか

サリオス

サリオスはコントレイルが制した皐月賞とダービーで2着の馬で、幻の二冠馬といってもいいでしょう。

古馬になってからはマイルや短距離路線を中心に使われました。

血統的には中距離や長距離が合いそうですが、前走の安田記念は勝ち馬ソングラインにタイム差なしの3着で、久々に結果を残しました。

今回挑む毎日王冠は一昨年制した舞台です。

その時は好位から出し抜いて完勝しました。

ただし、その時よりもメンバーレベルは強化されています。

もっとも、サリオスも古馬になって着実に成長しているので、現在の相手関係でも十分通用するでしょう。

★評価点
・安田記念が強い内容
・若い時から高いポテンシャルを発揮していた
・メンバーレベルは置いといて、一昨年の毎日王冠を制している

▼課題
・久々の1,800m

毎日王冠2022予想の最終買い目

毎日王冠予想(曇り良馬場想定)

土曜日の東京競馬場は午前中こそ芝は稍重馬場でしたが、午後を境に良馬場に変わりました。

時計は開幕週らしくかなり出ていて5レースの新馬戦(芝2,000m)で勝ち馬のタイセイクラージュが1分47秒台の時計でゴールしました。

9レースのtvk賞は勝ち馬プラチナトレジャーの時計こそ2分00秒7で平凡ですが、上がり最速32秒9の末脚でごぼう抜きで勝ち切っているように時計は非常に出やすいです。

毎日王冠が開催される日曜日は夕方5時ごろから雨が降るみたいですが、それまではなんとか天気が持ってくれるらしいです。

そのため、うましるでは曇りの高速馬場を想定しながら毎日王冠の予想を行います。

◎本命 3 サリオス

ハーツクライ
サロミナ
母父Lomitas
主な勝ち鞍朝日FS(G1) 2019年
前走安田記念(G1) 3着

本命はサリオスにします。

前日の段階で単勝オッズ3.0倍の1番人気ですが、毎日王冠は過去10年で1番人気が7勝しているように、上位人気の信頼度は非常に高いです。

また、サリオス自身は一昨年の毎日王冠でも勝ち切っているように舞台適性はかみ合っています。

血統的には中距離や長距離でも健闘できる力はありそうですが、忙しいマイルレースの中で着実に結果を残し、ハーツクライ産駒らしく大器晩成しつつあるのがよいですね。

毎日王冠は中距離色も求められますが、サリオスはもともとダービーや皐月賞で好走しているので全く問題ありません。

ここを制したら天皇賞(秋)かマイルチャンピオンシップに向かうと思われますが、秋の初戦は確実に勝利を飾りたいですね。

〇対抗 6 ポタジェ

ディープインパクト
ジンジャーパンチ
母父Awesome Again
主な勝ち鞍大阪杯(G1) 2022年
前走宝塚記念(G1) 11着

対抗はポタジェにします。

前々走の大阪杯では低評価を覆す競馬ができていたのにもかかわらず、この毎日王冠で5番人気は配当妙味に尽きます。

斤量58キロは気になるところですが、もともとポタジェはどんな舞台でも堅実に走っているので連複馬券に最適な馬と言えるでしょう。

なによりも、昨年の毎日王冠で3着に入線しているのでここで好走する可能性も高いです。

そのときの1.2着馬がG1馬のシュネルマイスターとダノンキングリーだったことを考えれば大健闘といえます。

今回もメンツは揃いましたが、昨年のメンバー相手に善戦できているのでここでもチャンスは十分あるでしょう。

▲単穴 4 ダノンザキッド

ジャスタウェイ
エピックラヴ
母父Dansili
主な勝ち鞍ホープフルS(G1) 2020年
前走関屋記念(G3) 3着

ダノンザキッドは単穴にします。

まず、ダノンザキッドはホープフルステークスを制しているように本質は中距離が合っています。

グランアレグリアが制した21年のマイルチャンピオンシップでは3着に絡みましたが、マイルチャンピオンシップはもともとアルアインやペルシアンナイトなど、中距離色のある馬が好走しがちです。

2021年度は阪神で代替開催されていましたが、それでも競合相手に3着に入線していて、見せ場のある内容でした。

直線の長い競馬場で出し切れるのがダノンザキッドの強みで、東京の舞台は間違いなく合うでしょう。

手ごわいメンツが揃いましたが、昨年のマイルチャンピオンシップと比較すれば易しいレベルです。

地味にこれまで戦ってきた面子は強い相手が多かったので、ここは勝ち負けまでいけるかもしれませんよ。

△連下 5 レイパパレ

ディープインパクト
シェルズレイ
母父クロフネ
主な勝ち鞍大阪杯(G1) 2021年
前走ヴィクトリアマイル(G1) 12着

紅一点のレイパパレは連下にします。

雨が降ってタフな馬場になれば問答無用で本命にする予定でしたが、時計の出る良馬場になりそうなので評価を下げました。

2021年度の大阪杯を制したときが重馬場のなか1頭だけ抜群の手ごたえで勝ち切っているように、本質はタフな舞台が得意です。

しかしながら、良馬場でも好走する力は備えています。

今年の大阪杯がまさにそのパターンで、好位から抜け出し、ポタジェにこそ捉えられましたが2着に入線しました。

直線の長い舞台でも好走実績がありますし、芝1,800mも【2-0-0-0】と相性がいいです。

ほかに面白そうな馬がいたので評価を下げていますが勝ち負けしても全くおかしくない馬です。

△連下 8 キングオブコージ

ロードカナロア
ファイノメナ
母父Galileo
主な勝ち鞍AJCC(G1) 2022年
前走宝塚記念(G1) 17着

もう1頭、連下にキングオブコージを絡めます。

主な勝ち鞍はAJCCと目黒記念で重賞タイトルを2つ手にしているにもかかわらず前日の時点で単勝9番人気でオッズ51.4倍はかなり配当妙味が高いです。

芝1,800mは地味にキャリア初ですが、デビューしたての頃はマイルレースで勝ち負けしているように、案外噛み合う可能性は高いです。

鞍上も昨年ほど勢いはないとはいえ現役第一線で活躍している横山武史騎手なので、期待値も高いです。 配当がうまいので押さえておきます。

消し 2 ノースブリッジ

モーリス
アメージングムーン
母父アドマイヤムーン
主な勝ち鞍エプソムC(G3) 2022年
前走エプソムC(G3) 1着

前日評価で3番人気のノースブリッジは消します。

過去の戦績を見ると稍重以下の馬場で【3-0-1-0】に対し、良馬場は【2-0-0-3】でした。

雨で馬場が重くなるようでしたら狙いたかったのですが、今年の毎日王冠は良馬場で開催されそうなので消します。

単勝

3 サリオス

馬連流し

軸馬:3
相手:4、5、6、8、9

三連複フォーメーション

1頭目:3
2頭目:4、5、6、8、9
3頭目:4、5、6、8、9

以上になります。
毎日王冠の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次