阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【マイルCS南部杯2022予想】1人気の複勝率は90%!おすすめはこの5頭!

マイルチャンピオンシップ南部杯2022

マイルチャンピオンシップ南部杯2022予想の最終買い目を更新しました!

マイルチャンピオンシップ南部杯2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

マイルチャンピオンシップ南部杯2022の概要

中央競馬はこの時期から本格的にG1シーズンに突入しますが、地方競馬においてもこの時期はJpn1(G1)シーズンです。

そのシーズン最初に行われるJpn1競走がマイルチャンピオンシップ南部杯です。

マイルチャンピオンシップ南部杯はその名称から中央競馬のマイルチャンピオンシップに通じるものがありますが全くその通りで、一言でいうと『砂のマイルチャンピオンシップ』です。

中央・地方所属馬問わず、ダートマイルのゼネラリストが多数参戦します。

勝った馬にはJBCクラシックもしくはJBCスプリントの優先出走権が与えられることからも、秋のJpn1シリーズに続く大事なレースとなっていますよ。

ちなみに、2020年のアルクトスはこの舞台で1.32秒7の時計で走破しました。

この記録はダートマイルの日本レコードとなっています。

マイルチャンピオンシップ南部杯2022の開催内容

開催日10月10日(月曜・祝) 18:15発走
格付けJpn1
開催競馬場盛岡競馬場 盛岡12R
コースダート1,600m
性齢3歳以上
斤量定量
1着賞金6000万円

マイルチャンピオンシップ南部杯2022が開催される盛岡のダート1,600mの特徴

盛岡競馬場 ダート1600mのコースで特徴を解説

盛岡競馬のダートマイルは非常に異質なコースとなっています。

その原因はスタート地点です。

ワンターンの左回りコースでスタート地点は2コーナーの奥ポケットというと聞こえはよいですが、ポケットの奥行きが非常に深いのです。

どれくらい深いかというと、スタート地点から本コースまでが400mもあるのです。

しかも、盛岡は向こう正面だけでも500m近くあるため、スタートから最初の3コーナーまで実質900m近くカーブのない道のりを駆け抜けます。

この間、スタートから3コーナーまでは緩い上り坂となっていてペースは落ち着きます。

坂のてっぺんは3コーナーにあり、高低差はスタートから見て約2.5mほどあります。

3.4コーナーは非常に大きなカーブが描かれていて、スピードを落とす必要はありません。

また、3コーナーのてっぺんから今度は急な下り坂になっていることからも、ペースアップしやすいです。

下り傾斜は4コーナーの終わりまで続き、その高低差は4.4mもあるのです。

最後の直線は約300mです。

直線に入ると今度は再び高低差1.5mほどの上り坂を駆け上がります。

上り坂を上った先にゴールがあります。

盛岡のダートマイルはスローからの上がり・瞬発力勝負になりやすいです。

なぜなら、前半が900mもの緩い上り坂を駆け上がるためペースが問われないからです。

しかし、3.4コーナーが下り坂で大きなカーブ、さらには残り距離から見ても絶妙にスパートをかけやすいためペースが必然的に上がりやすいです。

そのため、スピード色の強い舞台となっていますが、最後の直線で再び上り坂を駆け上がらなければいけないのでスタミナやパワーも求められます。

1,600mのコースながらも中山に匹敵する高低差があるので、ただのスピード一辺倒の馬ではなく、スタミナやパワーなど、総合力を兼ねそろえた馬が好走しやすい舞台となっています。

マイルチャンピオンシップ南部杯2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ソリストサンダー牡757.0吉田隼人
2ミスティネイル牝655.0松本剛志
3タイムフライヤー牡757.0森泰斗
4カフェファラオ牡557.0福永祐一
5オンザロックス牡957.0達城龍次
6イグナイター牡457.0田中学
7サンライズノヴァ牡857.0山本聡哉
8ヘリオスセ657.0武豊
9アルクトス牡757.0田辺裕信
10ヴァケーション牡557.0村上忍
11カミノコ牡757.0坂口裕一
12ゼットセントラルセ657.0陶文峰
13マイネルヘルツアスセ557.0菅原辰徳
14ゴールデンヒーラー牝455.0山本政聡
15シャマル牡457.0川須栄彦
16エアスピネル牡957.0富田暁

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2012110エスポワールシチー1エルムS(G3)2
26ダイショウジェット6日本テレビ盃(Jpn2)4
 31アドマイヤロイヤル3プロキオンS(G3)2
201318エスポワールシチー2かしわ記念(Jpn1)2
212ホッコータルマエ1帝王賞(Jpn1)1
 310セイクリムズン5プロキオンS(G3)2
2014110ベストウォーリア1プロキオンS(G3)1
29ボアゾンブラック2エニフS(OP)1
 35アドマイヤロイヤル4プロキオンS(G3)14
2015112ベストウォーリア1プロキオンS(G3)1
稍重21タガノトレール4オーバルスプリント(Jpn3)3
 314ワンダーアキュート2帝王賞(Jpn1)8
2016112コパノリッキー1帝王賞(Jpn1)1
稍重213ベストウォーリア2さきたま杯(Jpn2)2
 310ホッコータルマエ4帝王賞(Jpn1)4
2017111コパノリッキー1かしわ記念(Jpn1)1
稍重23ノボバカラ7キーンランドC(G3)10
 39キングズガード5プロキオンS(G3)1
2018112ルヴァンスレーヴ2JDD(Jpn1)1
27ゴールドドリーム1帝王賞(Jpn1)1
 33メイショウウタゲ5エニフS(OP)1
201913サンライズノヴァ4プロキオンS(G3)4
24アルクトス2プロキオンS(G3)1
 313ゴールドドリーム1かしわ記念(Jpn1)1
2020114アルクトス6エルムS(G3)6
稍重25モズアスコット2かしわ記念(Jpn1)6
 32モジアナフレイバー7千葉ダートマイル(OP)1
2021116アルクトス1さきたま杯(Jpn2)1
不良214ヒロシゲゴールド7クラスターC(Jpn3)3
 315ソリストサンダー2エルムS(G3)10

【脚質】先行勢有利

4角通過順位成績単勝率連対率複勝率
1番手【3-4-0-3】30.0%70.0%70.0%
2~3番手【6-4-4-7】28.6%47.6%66.7%
4~6番手【1-3-6-23】3.0%12.1%30.3%

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯の勝ち馬の9頭が4コーナーを過ぎた時点で1~3番手の位置にいました。

また、馬券に絡んだ21頭が3番邸内で4コーナーを通過していますね。

マイルチャンピオンシップ南部杯はスロー競馬になりやすいコース上、前残りで決着がつきやすいです。

【連覇】リピート好走が目立つ

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯では、2012~2013年のエスポワールシチーや2014~2015年のベストウォーリア、2016~2017年のコパノリッキーに2020~2021年のアルクトスのように、連覇が目立ちます。

前年以前にマイルチャンピオンシップ南部杯で好走した馬が翌年以降も結果を残しやすいリピーターレースとなっています。

今年の出走馬で昨年マイルチャンピオンシップ南部杯に出走していた馬は4頭います。

・アルクトス
・ソリストサンダー
・エアスピネル
・サンライズノヴァ

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【6-2-1-1】60.0%80.0%90.0%
2番人気【2-4-2-2】20.0%60.0%80.0%
3番人気【0-0-1-9】0.0%0.0%10.0%
4番人気【1-1-2-6】10.0%20.0%40.0%
5番人気【0-0-3-7】0.0%0.0%30.0%
6番人気以下【1-3-1-92】1.0%4.1%5.2%

抜群に信頼度の高い1.2番人気

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯に出走した1番人気は勝率6割、複勝率に至っては9割でした。

また、2番人気も勝率こそ2割ですが連対率6割、複勝率8割で高い数値です。

マイルチャンピオンシップ南部杯では1.2番人気の信頼度が非常に高いです。

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-1-2-11】0.0%7.1%21.4%
2枠【1-2-0-13】6.3%18.7%18.7%
3枠【0-1-2-16】0.0%5.3%15.8%
4枠【0-1-0-19】0.0%5.0%5.0%
5枠【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%
6枠【4-0-1-15】20.0%20.0%25.0%
7枠【4-1-2-13】20.0%25.0%35.0%
8枠【1-2-2-15】5.0%15.0%25.0%

外枠が有利だが内も侮れない

過去10開催のマイルチャンピオンシップ南部杯では、6~8枠に入った馬が9勝しています。

勝ち馬を見つけるだけなら外枠に入った馬を中心に選択したいですね。

しかし、複勝率でみると、6~8枠は25~35%で安定しているものの、1.2枠も約20%です。

相手候補は内枠からも出ているのが分かります。

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯の前走別成績

前走成績
Jpn1【4-3-3】
Jpn2【1-2-0】
Jpn3【0-2-0】
G3【5-2-5】
OP【0-1-2】

前走重賞組が強い

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯で馬券に絡んだ30頭のうちの27頭が前走重賞を使われています。

前走のレースにおける偏りこそ見られませんが、重賞から挑む馬が結果を残しやすい舞台です。

なお、重賞の格は特に問われていません。

前走Jpn1組もG3組も好走しています。

同年内のフェブラリーステークスに出走している馬は強い!?

過去10年の勝ち馬のうちの9頭が同年内のフェブラリーステークスに出走していました。

唯一、対象外だったのが2018年の勝ち馬ルヴァンスレーヴです。

3歳馬はフェブラリーステークスに出走できないので必然的に同年内のフェブラリーステークスに出走していた馬が勝ち切っています。

おそらくは左回りのダートマイルということで通じるものがあるのでしょう。

着順問わず、今年のフェブラリーステークスに出走していた馬は評価を上げてもよさそうです。

今年の出走馬の中で今年のフェブラリーステークスに出走していた馬は6頭います。

・カフェファラオ(1着)
・ソリストサンダー(4着)
・タイムフライヤー(5着)
・アルクトス(7着)
・サンライズノヴァ(8着)
・エアスピネル(9着)

マイルチャンピオンシップ南部杯2022の注目馬3頭

マイルチャンピオンシップ南部杯は上位人気、とりわけ1.2番人気の信頼度が高いレースです。

今年の出走馬の中から人気を集めそうな馬を3頭紹介します。

カフェファラオ

今年のフェブラリーステークスは好位から上がり最速34秒3の末脚で鋭く脚を伸ばして完勝し、フェブラリーステークス連覇を成し遂げました。

このときの時計が重馬場で時計が出やすかったとはいえ1分33秒8は非常に優秀な時計です。

カフェファラオの戦績を見ると、同じダートでもチャンピオンズカップやツーターンのかしわ記念で苦しくなっていることからも、ワンターンの左回りがベストであるのは言うまでもありません。

盛岡も左回りのワンターンマイルということで、陣営もおそらくカフェファラオの適性を考慮してこの舞台を選択したと思います。

起伏だけが課題ですが、先刻有利の舞台ですし、噛み合えば十分力を発揮できるでしょう。

初の東北遠征でいきなりタイトルを手にできるか、注目です。

★評価点
・今年のフェブラリーステークスを制覇
・データと相性がいいフェブラリーステークス出走組
・左回りのワンターンコースが得意

▼課題
・盛岡特有の起伏を乗り越えられるか

アルクトス

アルクトスは2020年と2021年のマイルチャンピオンシップ南部杯を制していて、その前の2019年も2着に入線しています。

リピーターの好走という面では今年の出走馬の中でもダントツで適性がありますね。

2020年度に関しては稍重で時計が出やすい条件下とはいえ1分32秒7という破格の時計でダートマイルレコードホルダーにもなりました。

今年はフェブラリーステークスの1戦しか使われていません。

半年以上間隔は空いてしまいましたが、坂路で調整を整えています。

史上2頭目となるマイルチャンピオンシップ南部杯3連覇を目指します。

★評価点
・マイルチャンピオンシップ南部杯を連覇
・データと相性がいいフェブラリーステークス出走馬
・舞台適性はメンバー一

▼課題
・前走から8か月くらい間隔が空いた

ソリストサンダー

ソリストサンダーは昨年のマイルチャンピオンシップ南部杯で3着に入線した馬です。

勝ち馬のアルクトスには離されましたが、2着のヒロシゲゴールドにアタマ差の3着で実力を証明しています。

今年は7歳になり、本来であれば能力のピークは過ぎているものの、前走のかしわ記念で2着に入線しています。

このとき、3着のテイエムサウスダンやカジノフォンテンを3馬身以上突き放して入線しているのでまだまだトップクラスのレースで通用しています。

ソリストサンダーもマイルチャンピオンシップ南部杯のリピーターとなるのでデータ的にも面白いでしょう。

前走のかしわ記念から5ヶ月くらい間隔が空いていますが鉄砲が利くのでそこまで心配しなくてもよさそうです。

今度こそJpn1のタイトルを手に入れたい。

★評価点
・昨年のマイルCS南部杯で3着
・かしわ記念は強い内容だった

▼課題
・鉄砲が利くとはいえ休み明け初戦となる

マイルチャンピオンシップ南部杯2022の穴馬2頭

マイルチャンピオンシップ南部杯は順当で決まる傾向が強いですが、年によっては伏兵も台頭します。

過去10年内には三連単10万円越えが2回ありました。

今年の出走馬で伏兵になりそうな馬を2頭紹介します。

タイムフライヤー

もともとは芝G1のホープフルステークスの勝ち馬です。

古馬になってからダートレースにも使用され、2020年のエルムステークスを制したことで地方大井に移動することになりました。

好走と凡走を繰り返していてなかなか馬券的に狙いづらい面はありますが、今年のフェブラリーステークスは15番人気の低評価を覆す走りで5着に入線しています。

なにげに2020年のフェブラリーステークスでも10番人気ながら5着入選しているので左回りのワンターンマイルが合うのかもしれないです。

ここでも人気はしないと思いますが、もしかしたら適性がかみ合って大激走するかもしれません。

あまりにも人気を落とすのであれば押さえておいてもよさそうです。

★評価点
・データと相性がいいフェブラリーステークス組
・フェブラリーステークスは2回掲示板入りしている

▼課題
・ムラッ気がある

ゴールデンヒーラー

現役最強の岩手競馬所属牝馬です。

適性範囲は短距離から中距離まで幅広く、盛岡と水沢という全くタイプの違う競馬場で結果を残している器用さが武器です。

何気に盛岡のダートマイルは前走の青藍賞が初めてでしたが、2番手の位置でしっかりとゴールを見据える競馬を行い2着馬に2馬身半差つけて完勝しました。

これまでの戦績を見ても面白そうな馬ですが、初のダートグレード競走、それもJpn1戦ということで相手関係は非常に強化されています。

中にはカフェファラオやアルクトスといったG1馬も集まりました。

キャリア史上もっとも手ごわい相手と戦うことになりますが、盛岡競馬の場数はメンバー随一。

かつてメイセイオペラが見せた地方馬の下克上を、地元盛岡で見せることができるでしょうか。

★評価点
・盛岡競馬を熟知している
・岩手競馬所属馬で現役最強牝馬

▼課題
・格上挑戦
・相手が強い

マイルチャンピオンシップ南部杯2022予想の最終買い目

マイルチャンピオンシップ南部杯(雨の不良馬場想定)

月曜日には地方盛岡競馬場でマイルチャンピオンシップ南部杯が開催されます。

開催時刻は18時過ぎですね。

盛岡競馬の天気を見ると、前日日曜日の夜11時ごろから雨が降り出します。

一番ひどいのが朝方で、とくに朝の7時から9時ごろは1時間あたり9mm近い激しい雨が降るようです。

それからは雨量自体は落ち着きますが、それでも1時間当たり1mmの雨が火曜日の明け方まで降るみたいです。

気温も15度前後とあまり上がらないので極悪ダートで開催される可能性も十分あるでしょう。

うましるでは、雨の不良馬場、非常に時計がかかることを想定しながらマイルチャンピオンシップ南部杯を予想します。

◎本命 15 シャマル

スマートファルコン
ネイティヴコード
母父アグネスデジタル
主な勝ち鞍オーバルスプリント(Jpn3) 2022年
前走オーバルスプリント(Jpn3) 1着

本命はシャマルにします。

これまでの戦績を見てもここで十分通用するだけの実力は感じていましたが、あくまでも相手候補として考えていました。

ところが、今年のマイルチャンピオンシップ南部杯は雨の影響でかなりの極悪馬場で開催されることが予想されます。

シャマルの過去の戦績を見ると、今年のサマーチャンピオンや東京スプリントにおいて、不良馬場のなか後続を出し抜いて、まるで水かきでもついているかのような競馬をみせました。

不良馬場では3戦2勝で実績は十分です。

逃げ~先行馬なので、馬場が悪化すればそれだけ前残りにも期待できますね。

今回は外枠を引きましたが、マイルチャンピオンシップ南部杯の舞台となる盛岡のマイルは最初のコーナーまでが長いため枠の影響は大きくありません。

鞍上の川須騎手も今年はシャマルやボンボヤージで重賞タイトルをつかんでいます。

まだG1タイトルは手にしていないので、この舞台で獲りに行ってください!

〇対抗 9 アルクトス

アドマイヤオーラ
ホシニイノリヲ
母父シンボリクリスエス
主な勝ち鞍マイルCS南部杯(Jpn1) 20年・21年
前走フェブラリーS(G1) 7着

対抗はアルクトスにします。

ここはさすがに譲れません。

マイルチャンピオンシップ南部杯はもともとリピーターレースと言われていて何度も出走している馬は好走傾向にあります。

アルクトスの場合は3年前に2着に入ると、一昨年と去年は勝利していて、もっともマイルチャンピオンシップ南部杯と相性がいいです。

今年は不良馬場開催が見込まれますが、昨年も不良馬場の中で勝ち切っています。

まさにリピーターレースにふさわしい活躍を見せていますね!

ここを制したら空前絶後の3連覇を成し遂げます。

休み明けは気になりますが、鉄砲も利くのでここは期待大です!

▲単穴 1 ソリストサンダー

トビーズコーナー
ラヴソースウィート
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍武蔵野S(G3) 2021年
前走かしわ記念(G1) 2着

単穴はソリストサンダーにします。

前日の段階で6番人気の馬ですが、昨年の武蔵野ステークスでは中団から脚を伸ばして勝利している重賞馬です。

昨年のマイルチャンピオンシップ南部杯にも出走していて3着に入線しているように、リピーターでもあります。

今年出走したレースはいずれも東京、ドバイ、そして川崎と全く舞台の異なる条件でしたが常に上位争いしていて能力の衰えはまるで感じません。

前走のかしわ記念は時計のかかる条件で長く脚を使って2着に絡んでいるように、力のいる馬場でじりじりと脚を運べます。 今年のマイルチャンピオンシップ南部杯も昨年同様不良馬場の開催が想定できるので、昨年のように末脚を存分に活かした競馬ができれば上位争いも可能でしょう。

消し 4 カフェファラオ

American Pharoah
Mary’s Follies
母父More Than Ready
主な勝ち鞍フェブラリーS(G1) 2022年
前走安田記念(G1) 17着

カフェファラオは消します。

フェブラリーステークスを連破しているように適性の高さは文句のつけようがありません。

しかし、カフェファラオは得意の舞台が非常に限定されています。

カフェファラオが最も得意とする舞台は東京のマイルダートです。

東京マイルダートは芝スピードでスピードが出やすく、地味に芝適性要素の高い馬が好走しやすかったりします。

そのため、スピード型の舞台であればカフェファラオも力を発揮できるでしょう。

ところが、明日挑む盛岡はもともと起伏が激しいことからスタミナやパワーも求められ、さらには終日強い雨が降るらしいです。

一時間の雨量も多いので不良馬場で力が問われる条件になる可能性も十分あるのです。

水田のようにぐちゃぐちゃになればパワーが求められるのでカフェファラオにとっては非常に苦しい舞台となるでしょう。

天候と起伏を考慮し、ここでは馬券から外すことにしました。

単勝

15 シャマル

馬連流し

軸馬:15
相手:1、3、8、9

三連複フォーメーション

1頭目:15
2頭目:1、3、8、9
3頭目:1、3、8、9

以上になります。
マイルチャンピオンシップ南部杯の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次