[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【オーシャンステークス2023予想】おすすめしたい3頭はこちら!リピーターが好走!

オーシャンステークス2023予想

オーシャンステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

オーシャンステークス2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

オーシャンステークス2023の概要

オーシャンステークスは中山競馬場で開催される短距離レースです。

前週に開催された阪急杯と同じく勝ち馬には高松宮記念の優先出走権が与えられます。

そのため、高松宮記念を目指す馬や、ここを叩きの一戦として利用する陣営も多いです。

また、オーシャンステークスが開催される中山芝1,200mは秋季最強スプリンターを決めるスプリンターズステークスと全く同じ舞台です。

そのため、スプリンターズステークスで好走した馬や中山巧者はオーシャンステークスを選択するケースも多いですよ。

ところで、近3年は京都競馬場が改修工事に入っているため、本来京都で行われていたシルクロードステークスが中京芝1,200mで代替開催されました。

実は、高松宮記念も中京の芝1,200mで開催されるため、近3年に限れば有力馬のほとんどがシルクロードステークスを選択していました。

中京で代替開催されたシルクロードステークスを好走したら、舞台適性から高松宮記念での激走にも期待できるからです。

そのため、本来高松宮記念のステップレースに当たる阪急杯やオーシャンステークスはメンバーレベルが劣りつつあるのです。

それでも、今年のオーシャンステークスは昨年の高松宮記念を制したナランフレグが参戦することで一定のリーディングは維持しました。

今年ここを制して高松宮記念に向かうのはどの馬でしょうか?!

オーシャンステークス2023の開催内容

開催日3月4日(土曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場中山競馬場 中山11R
コース芝1,200m
性齢4歳以上
斤量別定
1着賞金4300万円

オーシャンステークス2023が開催される中山の芝1,200mの特徴

中山競馬場 芝1200mのコースで特徴を解説

オーシャンステークスが開催される中山の芝1,200mは外回りコースを使用しています。

スタート地点が外回り2コーナーの出口付近で、3コーナーまでの距離は約275mと短いです。

また、向こう正面から3.4コーナーは下り傾斜となっているためポジション争いも相まってテンが速くなりやすいです。

3コーナーはカーブが緩いためスピードを活かしながらカーブできます。

しかし、4コーナーは3コーナーと比較すると鋭角なので、立ち回りが下手な馬だと大外ぶん回しになることも少なくありません。

最後の直線は310mと、ローカル競馬場並みに短いです。

しかも、残り200m付近から高低差2.2mの急坂も待ち受けています。

いくら短距離戦とはいえ、それまでに脚を使い果たした馬はこの急坂で脚が止まってしまうこともしばしばあります。

そして、坂を上りきった先にゴール板が立っています。

中山芝1,200mは短距離戦なのでスピード一辺倒の競馬になりやすいですが、実際は最後の最後に待ち受けている急坂のために、スピードだけではなくパワー要素も求められます。

また、中山は小回りコースに分類されるため、コーナリングの器用さも重要です。

他の競馬場で結果を残していた馬でも中山の舞台で凡走する馬もいるため、過去の戦績から中山実績の強い馬を優先的に狙うのがよいでしょう。

オーシャンステークス2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ディヴィナシオン牡657.0菅原明良
2ナランフレグ牡759.0丸田恭介
3グラスミヤラビ牝455.0柴田善臣
4ロードマックス牡557.0団野大成
5ジャズエチュード牝555.0石川裕紀人
6ジュビリーヘッド牡657.0横山和生
7オパールシャルム牝655.0武藤雅
8カイザーメランジェ牡857.0黛弘人
9ヴェントヴォーチェ牡657.0C.ルメール
10レイハリア牝555.0吉田豊
11キミワクイーン牝455.0岩田康誠
12タイムトゥヘヴン牡557.0大野拓弥
13エイシンスポッター牡457.0角田大河
14スンリ牝555.0B.ムルザバエフ
15ジャスパージャック牡757.0北村宏司
16マリアズハート牝755.0吉田隼人

過去10年のオーシャンステークスのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201318サクラゴスペル2ラプスラズリS(OP)1
25ダッシャーゴーゴー1シルクロードS(G3)2
 313ツルマルレオン7京洛ステークス(OP)4
201411スマートオリオン3アクアマリンS(1,600万)1
215スノードラゴン11根岸ステークス(G3)11
 316レッドスパーダ9東京新聞杯(G3)13
2015112サクラゴスペル7ラプスラズリS(OP)2
稍重24ハクサンムーン1阪神カップ(G2)18
 313ベステゲシェンク4シルクロードS(G3)4
2016111エイシンブルズアイ5洛陽S(1,600万)2
22ハクサンムーン4スプリンターズS(G1)12
 37スノードラゴン8香港スプリント(G1)8
201719メラグラーナ1ラプスラズリS(OP)1
22ナックビーナス3京都牝馬S(G3)7
 34クリスマス4カーバンクルS(OP)4
201817キングハート10シルクロードS(G3)8
213ナックビーナス2シルクロードS(G3)5
 310ダイメイフジ1斑鳩S(1,600万)1
2019114モズスーパーフレア1カーバンクルS(OP)1
212ナックビーナス2カーバンクルS(OP)2
 36ダイメイフジ7阪急杯(G3)17
202012ダノンスマッシュ1香港スプリント(G1)8
210ナックビーナス3タンザナイトS(OP)2
 31タワーオブロンドン2スプリンターズS(G1)1
202118コントラチェック11シルクロードS(G3)11
稍重23カレンモエ1京阪杯(G3)2
 34ビアンフェ6シルクロードS(G3)16
202217ジャンダルム2シルクロードS(G3)13
210ナランフレグ4シルクロードS(G3)3
 314ビアンフェ5シルクロードS(G3)9

【中山実績】中山の好走歴に注目

過去10年のオーシャンステークスの勝ち馬10頭のうち9頭がこれまでに中山の芝レースで馬券に絡んでいました。

唯一例外だった2016年の勝ち馬エイシンブルズアイはここがキャリア初の中山だったのです。

連対率に幅を広げても、中山実績がない馬はナランフレグのみで、初中山だった馬もカレンモエだけでした。

オーシャンステークスはトリッキーな中山が舞台ということもあり、中山適性が重要視される舞台です。

今年の出走馬でこれまでに中山の芝レースで3着以内に入選した馬は13頭います。

オパールシャルム
(幕張S【3勝】2着)

カイザーメランジェ
(春雷S【L】3着)

キミワクイーン
(サンライズS【3勝】1着)

グラスミヤラビ
(未勝利2着)

ジャスパージャック
(ラピスラズリS【L】1着)

ジャズエチュード
(新馬1着)

ジュビリーヘッド
(カーバンクルS【OP】1着)

タイムトゥヘヴン
(ダービー卿CT【G3】1着)

ディヴィナシオン
(2勝クラス3着)

ナランフレグ
(オーシャンS【G3】2着)

マリアズハート
(カーバンクルS【OP】2着)

レイハリア
(新馬2着)

ヴェントヴォーチェ
(春雷S【L】1着)

これまでに1戦以上中山を使われ、一度も馬券に絡んだことのない馬はスンリです。

なお、中山を一度も走ったことがない馬は2頭いました。

・エイシンスポッター
・ロードマックス

【脚質】近年は逃げ・先行馬が強い

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【1-2-2-5】10.0%30.0%50.0%
先行【6-4-1-24】17.1%28.6%31.4%
差し【3-3-4-54】4.7%9.4%15.6%
追い込み【0-1-3-46】0.0%2.0%8.0%

過去10年のオーシャンステークスの好走馬を見てみると、もっとも結果を残しているのが逃げ馬でこれまで5頭が馬券に絡みました。

その次に好走しているのは先行馬で、6頭の勝ち馬をはじめ11頭が3着以内に入選しています。

特に近5開催に限れば勝ち馬はいずれも最終コーナーを4番手以内で通過していました。

差しと追い込み馬に関しては、中団から末脚を伸ばす差し馬の成績は悪くありません。

しかし、追い込み馬は50頭中4頭しか馬券に絡んでおらず、不振傾向にありますね。

オーシャンステークスでは逃げ・先行馬を評価したいです。

【リピーター】前年出走組が活躍している

リピーター成績成績
ナックビーナス17,18,19,20年度2着
サクラゴスペル13,15年度1着
ハクサンムーン15,16年度2着
スノードラゴン14年度2着、16年度3着
ダイメイフジ18年,19年度3着
ビアンフェ21,22年度3着

過去10年のオーシャンステークスの好走馬を見てみると、4年連続で2着に入選したナックビーナスを筆頭に、サクラゴスペルやハクサンムーン、近年ではビアンフェなど前年の好走馬が再び馬券に絡んでいます。

もしも、昨年のオーシャンステークスに出走している馬がいて、なおかつ3着以内に入選しているのであれば高く評価したいところです。

今年の出走馬で前年のオーシャンステークスに出走していた馬は2頭います。

ナランフレグ(2着)
マリアズハート(7着)

オーシャンステークス(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のオーシャンステークスの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-3-1-3】30.0%60.0%70.0%
2番人気【2-2-1-5】20.0%40.0%50.0%
3番人気【1-2-0-7】10.0%30.0%30.0%
4~6番人気【1-2-4-23】3.3%10.0%23.3%
7~9番人気【1-0-4-25】3.3%3.3%16.7%
10番人気以下【2-1-0-66】2.9%4.3%4.3%

極端な大荒れは見られない

過去10年のオーシャンステークスを見てみると、1番人気は3勝、そして7頭が馬券に絡んでいました。

2番人気は複勝率50%で、3番人気になると複勝率30%と一気に好走率は下回ります。

しかし、配当を見ると過去10開催のうちの4開催において馬連1,000円以下で決着づいています。

コントラチェックやキングハートの活躍のために荒れるイメージがありますが、オーシャンステークスは短距離重賞の中では荒れにくいレースなのです。

過去10年のオーシャンステークスの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-2-1-14】10.5%21.1%26.3%
2枠【0-2-2-16】0.0%10.0%20.0%
3枠【0-1-1-18】0.0%5.0%10.0%
4枠【4-0-1-15】20.0%20.0%25.0%
5枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%
6枠【2-2-0-16】10.0%20.0%20.0%
7枠【1-1-2-16】5.0%10.0%20.0%
8枠【0-1-2-17】0.0%5.0%15.0%

内枠が有利

過去10年のオーシャンステークスで馬券に絡んだ16頭が1~4枠の内枠でした。

そして5枠から8枠の馬は14頭が馬券に入選しています。

全体数だけ見たら内と外枠に差はありませんが、複勝率を見ると内枠、特に1枠と4枠が高いです。

特に4枠は4勝、このうち二けた人気で勝利した2018年のキングハートや2021年のコントラチェックも4枠から発走していました。

オーシャンステークスは中山開催2週目の行われるため、内ラチ沿いの馬場が良好です。

そのため、コースロスなく立ち回れる内枠のほうが外枠よりもやや優勢なのです。

今年のオーシャンステークスで4枠に入ったのはオパールシャルムカイザーメランジェです。

過去10年のオーシャンステークスの前走別成績

前走同距離組が強い

前走距離成績単勝率連対率複勝率
芝1,200m【9-7-7-96】7.6%13.4%19.3%
芝1,400m【0-3-2-20】0.0%12.0%20.0%
芝1,600m【1-0-1-10】8.3%8.3%16.7%

過去10年のオーシャンステークスで馬券に絡んだ30頭のうちの23頭が前走芝1,200mを使われていました。

オーシャンステークスの舞台となる中山の芝1,200mは前半が下り傾斜でハイペースになりやすいです。

そのため、序盤から忙しくなり、マイル以上の適性がある馬はペースに対応しづらいです。

前走芝1,200mを使われた馬を中心に馬券を考えたいですね。

今年の出走登録馬で前走が芝1,200m以外の馬は4頭いました。

・オパールシャルム
・グラスミヤラビ
・ジャズエチュード
・タイムトゥヘヴン

シルクロードステークス組とG1組が優勢

前走レース成績単勝率連対率複勝率
シルクロードS(G3)【3-3-2-33】7.3%14.6%19.5%
ラピスラズリS(L)【3-0-0-8】27.3%27.3%27.3%
カーバンクルS(OP)【1-1-1-4】14.3%28.6%42.9%
香港スプリント(G1)【1-0-1-1】33.3%33.3%66.7%
スプリンターズS(G1)【0-1-2-3】0.0%16.7%50.0%

過去10年のオーシャンステークスの好走馬を前走レース別に見てみると、もっとも結果を残しているのは前走シルクロードステークス組でした。

それ以外には、前走が香港スプリントやスプリンターズステークスといったG1レースを使われている馬も好走しています。

非重賞競走に絞ってみると、ラピスラズリステークスやカーバンクルステークスなど、中山芝1,200mが舞台の競走を使った馬が好走していました。

オーシャンステークスでは表にまとめた5つのレースを使った馬を評価したいです。

今年の出走馬で該当する馬は7頭いました。

カイザーメランジェ
(前走シルクロードS11着)

ジュビリーヘッド
(前走カーバンクルS1着)

ディヴィナシオン
(前走カーバンクルS13着)

ナランフレグ
(前走香港スプリント10着)

マリアズハート
(前走シルクロードS5着)

レイハリア
(前走シルクロードS13着)

ヴェントヴォーチェ
(前走スプリンターズS11着)

オーシャンステークス2023の注目馬3頭

オーシャンステークスは短距離レースにしては比較的順当で決着づくことが多いです。

今年の出走馬で上位人気に支持されそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ナランフレグ

ナランフレグは昨年のオーシャンステークスで2着に入選したのち、重馬場開催となった高松宮記念を制しました。

また、昨年のスプリンターズステークスでも3着に入選していて実力の高さを証明しています。

データと相性の悪い追い込み馬になりますが、昨年は後方一気の競馬で2着に入選していますし、ナランフレグに関しては追い込みのデータは当てはめなくてもよさそうです。

リピーターはこの舞台でも結果を残しているのも評価が高いですね。

課題は海外帰り初戦と、斤量59キロを課せられた点でしょう。

特に後者は昨年よりも3キロも重いので、意外とレースに影響を及ぼすかもしれません。

課題もいくつかありますが、メンバー唯一のG1馬ということで馬券の中心になるのは間違いなさそうです。

★評価点
・高松宮記念勝ち馬
・昨年のオーシャンステークスで2着
・データと相性のいいリピーター

▼課題
・昨年よりも3キロも重い斤量59キロを背負う
・海外帰り初戦

ヴェントヴォーチェ

ヴェントヴォーチェは昨年札幌で開催されたキーンランドカップの勝ち馬です。

このキーンランドカップでは中団で競馬を行いつつ、大きく空いた内から一気に仕掛けて勝利をつかみました。

展開に恵まれた点も少なからずありましたが完璧な立ち回りをしたウインマーベルを捉えたのは大きいです。

また、昨年の中山芝1,200mで開催された春雷ステークスが非常に強く、2着に入選したタイセイビジョンを3馬身突き放して完勝しました。

タイセイビジョンが短距離重賞でコンスタントに馬券に絡んでいる馬なので、相手関係でみても強い競馬ができていたのです。

今回のオーシャンステークスはヴェントヴォーチェが力を発揮した春雷ステークスと同じ中山芝1,200mです。

スプリンターズステークスこそ不発でしたが、春雷ステークスのときのような競馬ができればここは勝ち負けも十分ありえるでしょう。

★評価点
・重賞馬
・春雷ステークスがものすごく強い内容

▼課題
・明け初戦

ジュビリーヘッド

非重賞馬で注目したいのがジュビリーヘッドです。

これまで中山は4戦使われ【2-1-1-0】と複勝率100%。

典型的な中山巧者といえるでしょう。

前走のカーバンクルステークスは久々の中山芝1,200mでした。

終始3番手くらいの位置で競馬を行いながら、最後の直線で馬場のよいところから一気に脚を伸ばして勝利していますね。

このカーバンクルステークスは稍重で行われましたが直線に入っても全く脚色が衰えていないことから力のいる舞台が大得意なのは明白です。

また、騎乗する横山和生騎手と管理する安田隆行厩舎は先日の阪急杯を制したアグリと全く同じ組み合わせです。

騎手や調教師目線で見ても短距離レースで実績を残していますね。

今年のオーシャンステークスは有力馬であるナランフレグが酷斤量を課せられ、それ以外に目立った馬がいないことから、いきなりも十分あり得ますよ。

★評価点
・中山巧者
・横山和生騎手×安田隆行調教師のコンビ
・小回りが得意

▼課題
・特にありません

オーシャンステークス2023の穴馬2頭

オーシャンステークスはときどき人気落ちの馬が馬券に絡みます。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな2頭の馬を紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

マリアズハート

牝馬のマリアズハートは今年の出走馬では数少ないリピーターです。

脚質的には差し~追い込み馬なので中山の芝1,200mが合うかどうかは正直むずかしいところがあります。

中山の成績自体は【3-3-0-3】と悪くありませんが、着外だった3つのレースはいずれもリステッド競走もしくは重賞のものなので、あまり高く評価しづらいですね。

しかしながら、近走は京阪杯で4着、シルクロードステークスでも5着と人気以上に結果を残しています。

昨年のスプリンターズステークスも8着に敗れたとはいえ上がり最速タイの33秒9の末脚を使えています。

同じく上がり最速のタイムで走ったナランフレグが3着に入選していることから、もう少し位置取りがよければ激走の可能性もあり得ました。

近年が勝ち切れていないので人気を落とすと思いますが、かみ合えば十分チャンスはあると思います。

★評価点
・データと相性のいいリピーター
・近走は着順ほど悪くない

▼課題
・中山でどこまで台頭できるか

キミワクイーン

キミワクイーンはこれまで重賞レースでこそ結果を残せませんでしたが、条件クラスでは常に上位争いしました。

とくに前走のサンライズステークスは初めての中山で馬体重+18キロでしたが先行競馬で勝利を手にしており、初めての舞台でもしっかりと勝ち星を手にすることができました。

ここは昨年のフィリーズレビュー以来となる重賞戦です。

相手関係は強力ですが、キミワクイーンも条件戦を通して力をつけました。

春の大舞台に向かうためにもここはメイチで挑みたいです。

★評価点
・前走は初中山で勝利を飾った
・昨年春よりも大きく成長している感じがする

▼課題
・これまで重賞で一度も馬券に絡んだことがない

オーシャンステークス2023予想の最終買い目

オーシャンステークス予想(晴れ良馬場想定)

オーシャンステークスが開催される土曜日の中山競馬場界隈は終日晴れ予報が出ています。

前日の金曜日も晴れなので、良馬場で開催される可能性は非常に高いです。

肝心の馬場状態ですが、先週のレースを見る限り、開催前期にしては時計がかかっていました。

しかし、先週はレースが開催される金曜日に雨が降ったこと、また、気温が極端に下がったためかかりやすい馬場になっていました。

今週は雨の影響がないので、先週よりも時計が出やすくなる可能性はあります。

うましるでは晴れの良馬場、時計の出やすい馬場を想定しながら予想をまとめました。

◎本命 6 ジュビリーヘッド

ロードカナロア
ローズノーブル
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍カーバンクルS(OP) 2023年
前走カーバンクルS(OP) 1着

本命はジュビリーヘッドにします。

重賞ではなかなか勝ち切れていませんが、条件戦では結果を残していますね。

特に前走のカーバンクルステークスは稍重馬場のなか力強い走りで勝利をつかみました。

今回は前走カーバンクルステークスと全く同じ中山の芝1,200mが舞台ですし、ジュビリーヘッド自体中山はこれまで4回走って一度も馬券外に敗れていません。

枠も内枠の偶数という絶好枠を引けましたしここは乾坤一擲の騎乗に期待です。

〇対抗 9 ヴェントヴォーチェ

タートルボウル
ランウェイスナップ
母父Distant View
主な勝ち鞍キーンランドC(G3) 2022年
前走スプリンターズS(G1) 11着

ヴェントヴォーチェは対抗にしました。

昨年のキーンランドカップは時計のかかる札幌の洋芝で末脚を活かして勝利をつかみました。

また、昨年の春雷ステークスではタイセイビジョン相手に0.5秒差突き放して完勝していて高いポテンシャルを感じます。

好走と凡走を繰り返していますが、出し切れた時の実力は折り紙付きです。

鞍上のルメール騎手も一昨年ほど調子は上がっていませんが、それでも昨年のキーンランドカップで勝利をつかみました。

ここを制することができれば高松宮記念の優先権が得られるため、注目したいです。

▲単穴 16 マリアズハート

シャンハイボビー
Maria’s Dance
母父Maria’s Mon
主な勝ち鞍韋駄天S(OP) 2022年
前走シルクロードS(G3) 5着

単穴はマリアズハートにしました。

オーシャンステークスは前年以前のリピーターが好走しやすい舞台ですが、マリアズハートはメンバーでも数少ないリピーター組です。(それ以外の馬はナランフレグのみです。)

近2戦を見ても重賞の舞台で人気以上に活躍していますし、かみ合えば馬券内に絡んでもおかしくありません。

中山実績も豊富です。

また、今年のオーシャンステークスはメンバーレベルが高くないので、展開が合えば激走も十分あり得るでしょう。

△連下 2 ナランフレグ

ゴールドアリュール
ケリーズビューティ
母父ブライアンズタイム
主な勝ち鞍高松宮記念(G1) 2022年
前走香港スプリント(G1) 10着

G1馬のナランフレグは連下にしました。

ナランフレグの出し切りやすい条件といったらタフな馬場です。

実際に昨年の高松宮記念は重馬場でパワーをフルに活かした追い込みで勝利をつかみました。

先週の時計のかかる馬場条件下であればチャンスはありそうでしたが、今週は晴れ間が多くて先週よりも馬場が軽い可能性があります。

くわえて、昨年よりも斤量が3キロも増加し、59キロを課せられる点も気になりました。

昨年の高松宮記念を制しているとはいえ、現在のスプリンター路線は抜けた馬不在なので、そのなかで斤量59キロは相当酷だと感じました。

データと相性のいいリピーターですし、これまでの実績から馬券には絡めますが抑えまでにしておきます。

△連下 14 スンリ

キズナ
ホットマンボ
母父Kingmambo
主な勝ち鞍巌流島S(3勝クラス) 2023年
前走巌流島S(3勝クラス) 1着

スンリも連下にしました。

近走を見る限り条件戦で常に馬券内に入選している安定感が魅力です。

今年のオーシャンステークスはそこまでメンバーレベルが高くないので初重賞でいきなりも十分あり得るでしょう。

しかし、メンバー唯一中山における実績がないのが引っ掛かりました。

なぜなら、オーシャンステークスは中山凡走組が勝ち切れていないからです。

それでも、メンバーの中では抜群の安定感を保っていますし、騎乗するムルザバエフ騎手も今週で短期面鏡が切れるためベストを尽くすでしょう。

不利なデータもいくつかありますが、実力は高い馬なので抑えることにしました。

単勝

6 ジュビリーヘッド

馬連流し

軸馬:6
相手:2、9、14、16

三連複フォーメーション

1頭目:6
2頭目:2、9、14、16
3頭目:2、9、14、16

以上になります。
オーシャンステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)