日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【桜花賞2023予想】本命におすすめしたい3頭+穴馬2頭はこちら!1人気は8連敗中…

桜花賞2023予想

桜花賞2023予想の最終買い目を更新しました!

桜花賞2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

桜花賞2023の概要

桜花賞は阪神競馬場で開催される芝1,600mの競走です。

デビューしたすべての牝馬が最初に目指す桜花賞は、芝1,600mが舞台なのでのちの中距離馬やマイラー、さらには短距離馬も参戦します。

そもそもこの時期の3歳馬は適性距離がいまいちつかみづらい面もあるので、なおのことそれまでに活躍した3歳牝馬が一挙に集います。

桜花賞の結果次第でオークスに向かう馬もいれば、距離適性を考慮してNHKマイルカップや夏のスプリンター重賞に向かう馬もいます。

この桜花賞の結果次第で今後の路線を決める陣営も多いので、競走馬にとっては非常に重要な一戦なのです。

ところで桜花賞は「クラシックレース」に指定されています。

クラシックレースとは、本場イギリスのレースを日本式にモチーフしたレースで、「桜花賞・皐月賞・オークス・ダービー・菊花賞」の5つが該当します。

いずれのレースも3歳のときしか出走することができず、生涯一度しか出走できません。

そのため、これらクラシックレースは他のG1競走と比較しても格式の高いレースに設定されていて、ほとんどの3歳馬はここを目標に日々鍛錬を行います。

今年も桜前線とともにクラシックレースが幕を開けようとします。

桜の女王になるのはどの馬でしょうか?!

桜花賞2023の開催内容

開催日4月9日(日曜) 15:40発走
格付けG1
開催競馬場阪神競馬場 阪神11R
コース芝1,600m
性齢3歳牝馬
斤量定量
1着賞金1億4000万円

桜花賞2023が開催される阪神の芝1,600mの特徴

阪神競馬場 芝1600mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面の真ん中やや左側
コース外回りの右回りコース
1周の距離Aコース=2,089m
Bコース=2,113m
直線距離Aコース=473.6m
Bコース=476.3m
高低差2.4m
フルゲート18頭

桜花賞が開催される阪神芝1,600mは阪神JFやチューリップ賞でも全く同じコースを使用します。

そのため、今回出走する馬によってはすでに経験済みの馬も少なくありません。

阪神は内回りコースと外回りコースが存在しますが、芝1,600mでは外回りコースを使用します。

スタート地点は向こう正面の真ん中でスタンドから見てやや左の位置です。

最初のコーナーまで約444mある向こう正面を駆け抜けます。

3.4コーナーは外回りらしく非常に大きなカーブを描いていています。

そのため、減速しなくても立ち回ることが可能です。

また、4コーナーの途中に残り600mの標識が立っており、そのあたりから直線に向けて少しずつ下り傾斜になるためペースアップしやすい造りになっています。

最後の直線は約474mです。

直線の長さは右回りの競馬場の中でも最長で、最高速度を維持しやすいです。

直線入りからしばらくは下り傾斜ですが、ゴール板から200m手前に阪神名物の急な上り坂が立ちはだかります。

この坂は高低差こそ1.8mですが120mの間にあるため実際は数値以上に急です。

坂を駆け上がったらその先にゴール板が立っています。

阪神の芝1,600mは最後の直線が長いこと、そしてコーナーからペースアップしやすい特徴があります。

そのため、脚を溜めて出し切る傾向になりやすいです。

前半は極力スロー展開で余力を残しながら、上がり3ハロンで一気に動き出す競馬が多く、後傾ラップになることが多いです。

スロー⇒瞬発力勝負になるため、これまでのレースで上がりタイムが優秀な馬に注目したいですね。

脚質的には長く脚を使える舞台のため、差しや追い込み馬の好走率も高い舞台となっています。

阪神の芝1,600mはここをチェック!

  • 数多くの重賞が行われている
  • ワンターンコース
  • 上がり勝負になりやすい
  • 8枠は若干好走率が低い
  • 関西騎手が強い

桜花賞2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ブトンドール牝355.0池添謙一
2ライトクオンタム牝355.0武豊
3リバティアイランド牝355.0川田将雅
4ドゥアイズ牝355.0吉田隼人
5ハーパー牝355.0C.ルメール
6モズメイメイ牝355.0和田竜二
7コンクシェル牝355.0丸山元気
8キタウイング牝355.0杉原誠人
9コナコースト牝355.0鮫島克駿
10エミュー牝355.0松山弘平
11シンリョクカ牝355.0吉田豊
12シングザットソング牝355.0岩田望来
13ドゥーラ牝355.0戸崎圭太
14ペリファーニア牝355.0横山武史
15ジューンオレンジ牝355.0富田暁
16ムーンプローブ牝355.0北村友一
17ラヴェル牝355.0坂井瑠星
18トーセンローリエ牝355.0横山和生

過去10年の桜花賞のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201317アユサン7チューリップ賞(G3)3
214レッドオーヴァル2チューリップ賞(G3)7
 39プリンセスジャック14チューリップ賞(G3)8
2014118ハープスター1チューリップ賞(G3)1
212レッドリヴェール2阪神JF(G1)1
 310ヌーヴォレコルト5チューリップ賞(G3)2
201516レッツゴードンキ5チューリップ賞(G3)3
27クルミナル7チューリップ賞(G3)11
 31コンテッサトゥーレ8チューリップ賞(G3)6
2016113ジュエラー3チューリップ賞(G3)2
212シンハライト2チューリップ賞(G3)1
 310アットザシーサイド6フィリーズR(G2)2
2017110レーヌミノル8フィリーズR(G2)2
稍重26リスグラシュー3チューリップ賞(G3)3
 314ソウルスターリング1チューリップ賞(G3)1
2018113アーモンドアイ2シンザン記念(G3)1
21ラッキーライラック1チューリップ賞(G3)1
 39リリーノーブル3チューリップ賞(G3)3
201918グランアレグリア2朝日杯FS(G1)3
216シゲルピンクダイヤ7チューリップ賞(G3)2
 34クロノジェネシス3クイーンカップ(G3)1
202019デアリングタクト2エルフィンS(L)1
217レシステンシア1チューリップ賞(G3)3
 33スマイルカナ9チューリップ賞(G3)7
202114ソダシ2阪神JF(G1)1
218サトノレイナス1阪神JF(G1)2
 32ファインルージュ8フェアリーS(G3)1
202218スターズオンアース7クイーンカップ(G3)2
26ウォーターナビレラ3チューリップ賞(G3)5
 31ナムラクレア6フィリーズR(G2)2

【新馬戦】新馬戦で連対していると◎

新馬戦の着順成績
1着【8-7-7】
2着【2-2-1】
3着【0-1-1】
4着【0-0-1】
5着以下【0-0-0】

過去10年の桜花賞で馬券に絡んだ23頭が新馬戦を勝利し、残りの5頭は新馬戦で2着でした。

新馬戦で3着だった馬は極端に好走率を落としており、5着以下になると1頭も馬券に絡めていません。

桜花賞は開催時期が早いのでデビュー戦ですでに身体ができている馬が好走傾向にあります。

新馬戦のデータも桜花賞の予想に役立つかもしれませんよ。

今年の出走馬で新馬戦3着以下に敗れていた馬は5頭いました。

エミュー(4着)
キタウイング(4着)
ジューンオレンジ(10着)
ドゥーラ(4着)
・ムーンプローブ(5着)

【血統】キングカメハメハの“孫”が強い

血統成績単勝率連対率複勝率
ディープインパクト【3-4-2-27】8.3%19.4%25.0%
ダイワメジャー【1-2-1-10】7.1%21.4%28.6%
エピファネイア【1-0-0-2】33.3%33.3%33.3%
ドゥラメンテ【1-0-0-1】50.0%50.0%50.0%
ハーツクライ【0-1-1-6】0.0%12.5%25.0%
キズナ【0-0-1-5】0.0%0.0%16.7%
ルーラーシップ【0-0-1-3】0.0%0.0%25.0%
母父キングカメハメハ【0-0-2-6】0.0%0.0%25.0%
※太文字は種牡馬の父がキングカメハメハ。

過去10年の桜花賞好走馬を血統でまとめました。

ディープインパクト産駒は3勝をはじめ、9頭が3着以内に入選していました。

これまで高いパフォーマンスを発揮していたディープインパクトでしたが、2019年に亡くなったため、今年はライトクオンタムしかいません。

その他の血統で注目したいのがキングカメハメハ系産駒です。

父方がキングカメハメハのドゥラメンテ産駒からはスターズオンアースが勝利をつかんでいます。

同じく、父キングカメハメハのルーラーシップ産駒も2018年度のリリーノーブルが3着に入選しました。

母の父キングカメハメハもこれまで8頭が出走し、ソダシとデアリングタクトが勝利しています。

近年の桜花賞はキングカメハメハの孫が活躍傾向にありますよ。

今年の出走登録馬でキングカメハメハの孫は6頭います。

◆ドゥラメンテ産駒
・シングザットソング
・ドゥーラ
・リバティアイランド

◆ルーラーシップ産駒
・ドゥアイズ

〇母父キングカメハメハ
・コナコースト
・シンリョクカ

【馬体重】459キロ以下の馬に勝利なし

馬体重成績単勝率連対率複勝率
459キロ以下【0-5-5-92】0%4.9%9.8%
460~499キロ【10-5-5-50】14.3%21.4%28.6%
500キロ以上【0-0-0-6】0%0%0%

過去10年の桜花賞を馬体重で見てみると、459キロ以下で挑んだ馬は1頭も勝利を手にしていません。

勝ち馬はいずれも460キロ~499キロの馬だったのです。

桜花賞の舞台となる阪神競馬場は最後の直線上に急坂があるため、小柄な馬は坂を駆け上がるのに苦労するのでしょう。

上り坂は馬体が大きくてパワーのある馬のほうが駆け上がりやすいため、桜花賞では競走馬の馬体重にも注目したいです。

今年の出走登録馬で前走のレースにおいて馬体重が460キロ以上だった馬は6頭いました。

ドゥーラ(476キロ)
ハーパー(466キロ)
ブトンドール(494キロ)
ペリファーニア(496キロ)
ムーンプローブ(464キロ)
リバティアイランド(462キロ)

なお、上記で上げた「新馬戦で連対している」「キングカメハメハの孫(母父キンカメ含む)」「馬体重460キロ以上」の3つ全てに該当する馬はリバティアイランドのみです。

桜花賞(G1)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の桜花賞の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【1-3-1-5】10.0%40.0%50.0%
2番人気【4-3-0-3】40.0%70.0%70.0%
3番人気【1-2-2-5】10.0%30.0%50.0%
4~6番人気【1-0-3-26】3.3%3.3%13.3%
7~9番人気【3-2-3-22】10.0%16.7%26.7%
10番人気以下【0-0-1-87】0.0%0.0%1.1%

1番人気はこれまで8連敗中

過去10年の桜花賞で1番人気は【1-3-1-5】の成績でした。

最後に勝利したのは2014年のハープスターで、それから8年連続で勝ち切れていないのです。

複勝率が50%という点から見ても、桜花賞で1番人気は評価しづらいです。

今年はリバティアイランドがおそらく1番人気でレースに向かうと思います。

騎乗するのはかつてハープスターでごぼう抜きを決めた川田騎手です。

不名誉な1番人気のジンクスを覆すことができるか、見ものです。

2番人気が好調

1番人気とは対照的に、2番人気は【4-3-0-3】で、4頭の勝ち馬をはじめ、7頭が馬券に絡んでいます。

桜花賞は2番人気の信頼度が高いレースといえるでしょう。

余談ですが、三冠牝馬のデアリングタクトとアーモンドアイ、そして後々マイルG1を手にするグランアレグリアやソダシといった名馬は桜花賞の時点では2番人気でした。

二けた人気の馬に出番はない

過去10年の桜花賞で10番人気以下の馬は88頭が出走しましたが、馬券に絡んだのは2013年度のプリンセスジャックのみです。

それ以降、二けた人気の好走例は見つかりません。

9番人気の馬も2020年度のスマイルカナしか馬券に絡んでおらず、それ以外はいずれも1~8番人気の馬が入選していました。

桜花賞は軸・相手ともに1~8番人気の馬からチョイスするのがよさそうです。

過去10年の桜花賞の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-1-3-15】0.0%5.3%21.1%
2枠【1-0-2-16】5.3%5.3%15.8%
3枠【1-2-0-17】5.0%15.0%15.0%
4枠【3-1-0-16】15.0%20.0%20.0%
5枠【2-0-4-14】10.0%10.0%30.0%
6枠【0-2-0-18】0.0%10.0%10.0%
7枠【2-1-1-26】6.7%10.0%13.3%
8枠【1-3-0-26】3.3%13.3%13.3%

中枠が活躍している

過去10年の桜花賞の好走馬を枠順別にまとめました。

勝ち馬を多く輩出しているのは4.5.7枠です。

この3つの枠だけで7頭の勝ち馬を輩出していました。

複勝率で見ると5枠が30%でもっとも高く30%もありました。

次いで、1枠が21%、4枠が20%です。

桜花賞は内から外目の枠を引いたほうが好走傾向にあります。

6枠だけは×

過去10年の桜花賞で6枠は一度も勝ち馬がでていません。

それどころか、最後に勝ち馬がでたのは1963年のミスマサコで、なんと60年も勝ち馬がでませんでした。

桜花賞は外枠がやや有利ですが、6枠だけはなぜか好走馬が一切出ないハズレ枠なのです。

今年の桜花賞で6枠に入った馬はシンリョクカシングザットソングです。

過去10年の桜花賞の前走レース別成績

前走レース成績単勝率連対率複勝率
チューリップ賞(G2)【4-8-6-30】8.3%25.0%37.5%
阪神JF(G1)【1-2-0-3】16.7%50.0%50.0%
フィリーズR(G2)【1-0-2-46】2.0%2.0%6.1%
クイーンカップ(G3)【1-0-1-17】5.3%5.3%10.5%
シンザン記念(G3)【1-0-0-1】50.0%50.0%50.0%
フェアリーS(G3)【0-0-1-4】0%0%20.0%
フラワーカップ(G3)【0-0-0-8】0%0%0%

前走チューリップ賞組と阪神JF組が強い

過去10年の桜花賞の好走馬を前走レース別にまとめました。

安定した成績を残しているのは前走チューリップ賞組です。

近6年は勝ち馬がでていませんが、それ以前は4連勝していました。

また、近6年で馬券に絡んだ18頭のうちの8頭が前走チューリップ賞であることからも、チューリップ賞組は相変わらず好走しています。

そして、前走阪神JF組も優秀です。

過去10年で6頭しか出走していませんが、2021年度はソダシとサトノレイナスがぶっつけで挑んでワンツーを決めています。

桜花賞はこのふたつのレースから挑む馬を評価したいですね。

今年の出走登録馬で該当する馬をまとめました。

★前走阪神JF
リバティアイランド(1着)
シンリョクカ(2着)
ラヴェル(11着)

◆前走チューリップ賞
モズメイメイ(1着)
コナコースト(2着)
ペリファーニア(3着)
キタウイング(7着)
ドゥーラ(15着)

牡馬混合重賞で勝利した馬に注目したい

年度馬名牡馬混合重賞着順
2014ハープスター(1着)新潟2歳ステークス(G3)1着
レッドリヴェール(2着)札幌2歳ステークス(G3)1着
2016ジュエラー(1着)シンザン記念(G3)2着
2018アーモンドアイ(1着)シンザン記念(G3)1着
2019グランアレグリア(1着)サウジアラビアRC(G3)1着
2021ソダシ(1着)札幌2歳ステークス(G3)1着

過去10年の桜花賞ではこれまでに札幌2歳ステークスやシンザン記念といった牡馬混合重賞で勝利した馬が活躍しています。

牝馬は基本的に牝馬限定重賞に向かう傾向がありますが、時々牡馬混合戦に出走して勝利を手にした馬もいます。

そのような馬は高い素質を持ち合わせている可能性が高く、牝馬限定の桜花賞でも勝ち負けを繰り返しています。

これまでに牡馬混合重賞で勝利実績のある馬がいたら評価をあげてもよさそうです。

今年の出走登録馬で牡馬混合重賞の勝利実績のあった馬は4頭いました。

キタウイング
(新潟2歳ステークス)

ドゥーラ
(札幌2歳ステークス)

ブトンドール
(函館2歳ステークス)

ライトクオンタム
(シンザン記念)

桜花賞2023の注目馬3頭

クラシック初戦を飾る桜花賞に今年も数多くの牝馬が参戦します。

今年の出走登録馬で注目を集めている馬を3頭紹介しましょう。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

リバティアイランド

大本命はリバティアイランドです。

新馬戦は時計の出やすい新潟が舞台とはいえ、上がり最速31秒4という異次元の末脚で勝利をものにし、一気に注目を浴びました。

続くアルテミスステークスは2着に敗れましたがここは直線の位置取りに苦労していました。

それでも最後の最後には末脚を痛烈に発揮し勝ち馬ラヴェルのクビ差まで詰め寄り、負けて強しの競馬だったのです。

前走の阪神JFでは新馬戦で見せた末脚競馬を思う存分披露し、危なげなくG1タイトルを手にしました。

ここは明け初戦になりますが、近年は阪神JFからの直行で桜花賞を制している馬も少なくないので全く問題ありません。

斤量的にも好走している460キロ以上の馬ですし、川田騎手が継続するのもよいですね。

相手関係を見てもリバティアイランドだけが突出してポテンシャルが高いです。

ここは間違いなく1番人気になると思いますが、よっぽどのことがない限り本命候補です。

★評価点
・新馬戦の末脚が別格
・同コースで行われた阪神JFを勝利
・末脚勝負が得意
・キングカメハメハの孫
・川田騎手が騎乗

▼課題
・なにもありません

ライトクオンタム

ディープインパクトのラストクロップ(最後の産駒)であるライトクオンタムも桜花賞に向かいます。

少し余談に入りますが、ライトクオンタム世代のディープインパクト産駒は6頭しかいません。

しかし、数少ない産駒の中からシンザン記念勝ち馬のライトクオンタムやきさらぎ賞で2着のオープンファイアを輩出しているあたり、ディープインパクト産駒のすばらしさを感じます。

話が逸れました。

ライトクオンタムは前走のシンザン記念において牡馬相手に後方からの差し切り競馬で勝利を収めています。

シンザン記念を制した牝馬は過去にアーモンドアイとジェンティルドンナ、そしてサンクテュエールがいますが、アーモンドアイとジェンティルドンナは桜花賞をはじめ、三冠牝馬のタイトルを手にしました。

シンザン記念⇒桜花賞は出世コースなのです。

前走の内容を見る限りは末脚勝負を得意としているので阪神マイルでも実力を発揮できるでしょう。

あえていうなら、桜花賞は馬体重460キロ以上の馬が好走しているので、馬体重420キロ台のライトクオンタムが力尽きずに出し切れるかどうかです。

その点さえ乗り越えたらここでの激走にも期待できるでしょう。

★評価点
・シンザン記念を制した牝馬
・末脚勝負に定評がある
・武豊騎手が騎乗

▼課題
・データと相性の悪い小柄な牝馬

ハーパー

前走のクイーンカップは稍重馬場ながらも1,600mを1分33秒1の好時計で勝利しました。

マイルは連勝中なので距離適性は全く問題ありません。

また、2走前に阪神マイルを経験しているので舞台適性による不安も全くないです。

クイーンカップ組はチューリップ賞や阪神JF組と比較すると好走率が落ちていますが、昨年のスターズオンアースはクイーンカップからこの舞台を制しているので油断はできないでしょう。

この時期の3歳牝馬にしては馬体も大きくて阪神でも立ち回れると思います。

テン乗りとは言えルメール騎手が騎乗するのも心強いです。

リバティアイランドは強敵ですが、2.3着なら十分ありえますよ。

★評価点
・クイーンカップは好時計で勝利をつかんだ。
・馬対の大きい馬
・ルメール騎手が騎乗する

▼課題
・リバティアイランドが強いので2.3着が有力か

桜花賞2023の穴馬2頭

桜花賞は中位人気馬の激走もたびたび見られます。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ドゥアイズ

ルーラーシップ産駒のドゥアイズは新馬戦しか勝利はないものの、それ以降の4レースは札幌、阪神、そして東京と、全く舞台の異なるコースで2.3着に入選していました。

どんなコースでも堅実に上位入選できるだけの力を持っています。

前走のクイーンステークスもハーパーの2着に敗れたとはいえ、クビ差2着なのでほとんど差はありませんでした。

その前の阪神JFもリバティアイランドに完敗したとはいえ2着のシンリョクカにはクビ差です。

今年は有力馬が多数参戦しましたが、常に勝ち負けを繰り広げているドゥアイズも上位争いできるだけの力を秘めていますよ。

★評価点
・どんな競馬場でも力を発揮している
・キングカメハメハの孫
・先行も差しもできる

▼課題
・2.3着が濃厚か

ペリファーニア

ペリファーニアは半兄に年度代表馬のエフフォーリアがいる良血馬です。

新馬戦は他馬の後退の影響で危うく接触するトラブルがありながらも、最後の直線では余裕を残しながら完勝しました。

前走のチューリップ賞は相手関係が強化されましたが、そこでも3着に入選しています。

勝ったモズメイメイとのタイム差はなく、勝利をつかんでいた可能性もあったのです。

ここはチューリップ賞と全く同じ舞台なのでコース適性に不安はありませんし、兄の活躍を見てもポテンシャルに期待できる馬です。

兄エフフォーリアは京都記念を最後、志半ばで引退しましたが半妹のペリファーニアが兄の意思を汲んで、G1タイトル制覇に向かいます。

★評価点
・半兄がエフフォーリア
・チューリップ賞は勝ちもあり得た3着

▼課題
・勝ち星が新馬戦のみで大きな成果をあげていない

桜花賞2023予想の最終買い目

桜花賞予想(晴れの良馬場想定)

桜花賞が開催される阪神競馬場界隈の日曜日は晴れの良馬場が出ています。

金曜日の雨で馬場が湿り、土曜日も稍重馬場でレースが行われました。

土曜日の芝レースの内容を見る限り、時計はかかっていましたが、明日はおそらく晴れで良馬場まで回復するでしょう。

先週のレースを見た限り、良馬場では時計がでていたので良馬場開催になるのであれば時計は出やすい馬場になると思います。

うましるでは晴れの良馬場、時計の出やすい馬場を想定しながらレース予想を行います。

◎本命 3 リバティアイランド

ドゥラメンテ
ヤンキーローズ
母父All American
主な勝ち鞍阪神ジュベナイルF(G1) 2022年
前走阪神ジュベナイルF(G1) 1着

本命は1番人気が想定されるリバティアイランドにします。

シンプルに出走馬の中でもっともポテンシャルが高いと思いました。

なんといっても新馬戦において、古馬でも出せない上がり最速31秒台の末脚を発揮したことが印象深く、それだけでもリバティアイランドの非凡な才能が感じられます。

敗れたアルテミスステークスも進路取りに苦労しながらラヴェルのクビ差2着なので展開次第では勝ち負けも十分ありました。

そして前走の阪神JFでは持ち前のポテンシャルをフルに活かした競馬で楽勝しています。

阪神JFと比較するとメンバーレベルは上がっていますが、それでも能力は一枚以上上だと思います。

データと相性の悪い1番人気馬になると思いますが、ここは本命にすることにしました。

〇対抗 5 ハーパー

ハーツクライ
セレスタ
母父Jump Start
主な勝ち鞍クイーンC(G3) 2023年
前走クイーンC(G3) 1着

今年の桜花賞はリバティアイランドを除けば混戦模様ですが、そのなかで2番手評価したのはハーパーです。

阪神は新馬戦と未勝利戦の2戦使われ【1-1-0-0】と相性がよく、特に未勝利戦は今回と全く同じ阪神芝1,600mで勝利を収めました。

初重賞となった前走のクイーンカップは6番手評価だったものの人気のドゥアイズを最後の最後捉えて勝利しており、実力の高さを証明しています。

このとき騎乗していた川田騎手はリバティアイランドを選択しましたが、代打で騎乗するのはルメール騎手なのでそこまで悲観することはありません。

リバティアイランドを除けば実力は上位だと思いますし、馬券内も十分あり得る一頭です。

▲単穴 2 ライトクオンタム

ディープインパクト
イルミナント
母父Quality Road
主な勝ち鞍シンザン記念(G3) 2023年
前走シンザン記念(G3) 1着

ライトクオンタムは単穴にしました。

数少ないディープインパクトのラストクロップとして挑むライトクオンタムは前走のシンザン記念において差し切り勝ちを決めています。

牡馬混合重賞を制した牝馬は桜花賞でも活躍する傾向がありますが、ライトクオンタムもその流れに続いてほしいところ。

今年のシンザン記念はメンバーレベルが正直高くありませんでしたが、それでも牡馬相手に勝ち切れたのは一定の評価をしたいですね。

小柄な牝馬の好走率はそこまで高くはありませんが、ディープインパクト産駒はこの舞台とも相性いいですし、中京のタフな直線で結果を残しているので阪神でも対応できると願いたいです。

△連下 4 ドゥアイズ

ルーラーシップ
ローズマンブリッジ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走クイーンC(G3) 2着

ドゥアイズは連下にしました。

ドゥアイズの最大の魅力は舞台適性問わず結果を残していることです。

これまで阪神・札幌・東京の重賞レースを使われましたがいずれも馬券内に入選しています。

求められる要素がまるで違った競馬場でそれぞれ好走しているので非常に器用な馬だと感じました。

実力も高く、前々走の阪神JFはG1の舞台で3着入選しています。

そして、前走のクイーンカップも最後の最後にハーパーに差されはしましたが、クビ差の2着入選であわや勝利もありえたのです。

主戦を務める吉田隼人騎手もフィリーズレビュー勝ち馬のシングザットソングではなくこちらを選択しているのでドゥアイズとともに勝ち負けを狙っているはずです。

重賞レースにおける安定感を評価し、馬券に絡めることにしました。

△連下 14 ペリファーニア

モーリス
ケイティーズハート
母父ハーツクライ
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走チューリップ賞(G2) 3着

ペリファーニアも抑えます。

新馬戦の内容がよく、レース序盤で他馬と接触するかもしれないアクシデントがありながらも涼しい顔で楽勝しました。

前走のチューリップ賞は3着に敗れましたが勝ち馬モズメイメイとの差はほとんどなくて勝ち負けも十分あり得たのです。

父は晩成型のモーリスですが、ペリファーニアの場合はデビューした段階からすでに高いポテンシャルを発揮しています。

考えてみれば半兄のエフフォーリアも3歳春の段階で頭角を表していました。

ペリファーニアも兄同様若くして力をつけるタイプだと思うのでここでの好走にも期待したいです。

△連下 11 シンリョクカ

サトノダイヤモンド
レイカーラ
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走阪神ジュベナイルF(G1) 2着

阪神JFで2着のシンリョクカも抑えました。

前走の阪神JFは12番人気の低評価でしたが前が総崩れの展開が味方し、後ろから脚を伸ばして2着に入選しています。

勝ち馬リバティアイランドとの差は小さくありませんでしたが、それでも2着を死守しました。

今年の桜花賞は賞金ボーダーが高く、阪神JFで2着のシンリョクカですら競走除外の可能性がありましたが、運よく出走することができ、陣営は一安心していることでしょう。

ここは阪神JFよりはメンバーレベルが上がっていますが腐ってもG1の舞台で2着に入選しています。

昨年のピンハイのように、過小評価を覆す走りを見せてほしいです。

単勝

3 リバティアイランド

馬連流し

軸馬:3
相手:2、4、5、11、14

三連複フォーメーション

1頭目:3
2頭目:2、4、5、11、14
3頭目:2、4、5、11、14

以上になります。
桜花賞の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)