[おすすめPR] スプリンターズステークス(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【ラジオNIKKEI賞2023予想】本命馬3頭+激走に期待できる〝中穴2頭〟はこちら!

ラジオNIKKEI賞2023予想記事のサムネイル画像

ラジオNIKKEI賞2023予想の最終買い目を更新しました!

ラジオNIKKEI賞2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

ラジオNIKKEI賞2023の予想ポイント

  • 馬券の中心は斤量53~55キロの馬
  • 過去10年で牡馬が10勝、牝馬の馬券内は1頭のみ
  • 1枠2枠が有利
  • 前走L&OP組が活躍、前走重賞組は相手候補に

うましるの管理人です!

先週開催されたレースの中で予想が的中したレースがあったので報告します!

宝塚記念

着順予想結果人気
1着本命5番 イクイノックス1番人気
2着連下6番 スルーセブンシーズ10番人気
3着連下9番 ジャスティンパレス2番人気

単勝1.3倍!
馬連23.4倍!!
三連複40.3倍を完全的中!!!!

今年の宝塚記念はG1馬が8頭も参戦し、グランプリレースにふさわしい一戦となりました!

その中で圧倒的な支持を集めた1番人気のイクイノックスが大外一気の競馬で他馬をねじ伏せ優勝!!

見事4つ目のG1タイトルを手にしたのです!!!

ポテンシャル、戦績、追い切り、いずれをとってもトップクラスでしたが、未経験の阪神競馬場でも出し切ってくれて感動しました!

しかも!

抑えておいた10番人気のスルーセブンシーズと2番人気のジャスティンパレスも馬券に絡んでくれたため、単勝・馬連・三連複を完全的中!

全券種総取りできたのです!\(^o^)/

今年の宝塚記念はレース的にも馬券的にも大満足でした!

さて、今週からは波乱の夏競馬が開催されます!

よく荒れるので非常に難儀ですが、今後も馬券的中を目標に予想に取り組んでまいります。

引き続きうましるをよろしくお願いします!!

ここからはラジオNIKKEI賞の予想をみていきましょう!

目次(読みたい項目をタップ)

ラジオNIKKEI賞2023の概要

ラジオNIKKEI賞は福島競馬場で開催される3歳限定ハンデ競走です。

由来の「ラジオNIKKEI」とは競馬中継を放送しているラジオ放送局からきています。

このレースの最大の特徴は、「3歳馬限定のハンデ重賞」ということで、この条件で開催されるレースは一年を通してラジオNIKKEI賞しかありません。

そもそも、春のクラシック路線で活躍したほとんどの馬は夏の時期は放牧に出されます。

そのため、有力馬がラジオNIKKEI賞に参戦することはまずありません。

ではどのような馬が参戦するかというと、秋に向けて賞金を稼ぎたい馬です。

いわゆる夏の上がり馬が参戦することが多く、ここで賞金を稼ぐことができればほぼ確実に秋華賞や菊花賞といった最後の一冠レースに出走できるのです。

このため、有力馬が参戦しがちに思いますが、実際のところは重賞でパッとしなかった馬やそもそも重賞が初めてという馬が参戦するため知名度の低い馬ばかり揃います。

しかもこの時期の3歳馬はデータがそこまで存在しないのにハンデキャップに指定されているため、勝ち馬探しは容易ではなく、荒れる傾向が多いです。

しかしながら、ここで結果を残したフィエールマンやパンサラッサはのちのG1レースで活躍していますし近年は有力馬のステップレースとしても注目されつつあるのです。

波乱のラジオNIKKEI賞。

ここを制して秋の大舞台に飛越したいですね!

2022年 ラジオNIKKEI賞(GⅢ) | フェーングロッテン | JRA公式

ラジオNIKKEI賞2023の開催内容

開催日7月2日(日曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場福島競馬場 福島11R
コース芝1,800m
性齢3歳
斤量ハンデ
1着賞金4000万円

ラジオNIKKEI賞2023が開催される福島の芝1,800mの特徴

福島競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説
スタート地点スタンド側の真ん中やや右
コース右回り
Aコース使用
1周の距離1,600m
直線距離292,0m
高低差1.9m
フルゲート16頭

ラジオNIKKEI賞が開催される福島芝1,800mは福島競馬場を1周半回ります。

スタート地点は4コーナー寄りの直線で、いきなりちょっとした上り坂を上ってすぐ下り傾斜を駆け下りながら1コーナーに向かいます。

コーナーは1.2コーナー、3.4コーナーともに長方形です。

ローカル競馬場の中では全長が大きく、比較的立ち回りやすいです。

2コーナーから向こう正面にかけて上り傾斜を上るとそこからしばらくはフラットな道のり、3~4コーナーのはじめまで起伏はありません。

そしてレースも終盤を迎えるため、差しや追い込み馬のなかにはまくりを仕掛ける馬もいます。

4コーナーから直線にかけて下り傾斜になるため、このあたりになるとどの脚質の馬もスパートを仕掛けます。

最後の直線は約292mです。

直線入りの段階では下り傾斜が続きますが、ゴール直前にはスタート直後に駆け上がった上り坂が再びあります。

高低差自体は1m少々なので中山や阪神ほど傾斜がきついわけではありません。

この坂を超えたらゴールはすぐそこです。

福島競馬場は特別大きな坂はありません。

しかし、小刻みに起伏に富んでいるのが特徴で、ペース配分は意外と難しいです。

ローカル競馬場なのでコース実績のない馬が多いと思いますが、「右回り+小回り+アップダウン」があるという点は中山競馬場と被るところもあるのです。

そのため、中山で結果を残している馬は福島でも好走しやすかったりしますよ。

福島の芝1,800mはここをチェック!

  • 小回りで起伏の多い舞台
  • スタミナ自慢が好走しやすい、パワーも求められる
  • 関東騎手の好走率が高い
  • ステイゴールド系産駒やハービンジャー産駒が好走している
  • 開催前期は内が伸びるが後期は全く伸びなくなる
  • 開催前期は前の馬、後期はうしろの馬が好走しやすい

ラジオNIKKEI賞2023の出走馬

【参考レース】2023年 ラジオNIKKEI賞|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1コレペティトール牡355.0田辺裕信
2グラニット牡355.0嶋田純次
3スズカハービン牡354.0M.デムーロ
4オメガリッチマン牡356.0横山典弘
5シーウィザード牡355.0三浦皇成
6エルトンバローズ牡355.0西村淳也
7シルトホルン牡354.0大野拓弥
8セオ牡356.0松若風馬
9ウヴァロヴァイト牝355.0菅原明良
10バルサムノート牡357.0松岡正海
11アグラシアド牝354.0津村明秀
12ダイシンヤマト牡353.0吉田豊
13アイスグリーン牡356.0幸英明
14レーベンスティール牡356.0戸崎圭太
15エマヌエーレ牡354.0石橋脩
16マイネルモーント牡355.0石川裕紀人

ラジオNIKKEI賞の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
13フェーングロッテン3白百合S(L)1
27ショウナンマグマ8プリンシパルS(L)11
31サトノヘリオス2皐月賞(G1)17
2021
稍重
12ヴァイスメテオール4プリンシパルS(L)4
210ワールドリバイバル11皐月賞(G1)12
314ノースブリッジ7青葉賞(G2)13
2020
稍重
11バビット8早苗賞(500万)1
211パンサラッサ71勝1
32ディープキング51勝2
2019
114ブレイキングドーン3京都新聞杯(G2)6
22マイネルサーパス9日本ダービー(G1)11
313ゴータイミング6500万1
2018
12メイショウテッコン2白百合S(OP)1
26フィエールマン1山藤賞(500万)1
37キボウノダイチ9500万1
2017
111セダブリランテス2早苗賞(500万)1
27ウインガナドル8夏木立賞(500万)1
31ロードリベラル9江の島特別(1,000万)9
2016
11ゼーヴィント1プリンシパルS(OP)3
26ダイワドレッサー9オークス(G1)8
315アーバンキッド5NHKマイルカップ(G1)16
2015
13アンビシャス1プリンシパルS(OP)1
212ミュゼゴースト4白百合S(OP)3
36マルターズアポジー12プリンシパルS(OP)17
2014
19ウインマーレライ5青葉賞(G2)8
24クラリティシチー1500万1
33ウインフェニックス7皐月賞(G1)11
2013
111ケイアイチョウサン8稲村ケ崎特別(1,000万)7
24カシノピカチュウ14皐月賞(G1)9
33アドマイヤドバイ5500万1

【オッズ】単勝オッズ50倍以上は来ない

オッズ成績単勝率連対率複勝率
2.0~2.9倍【1-1-0-0】50.0%100.0%100.0%
3.0~ 3.9倍【0-1-0-3】0.0%25.0%25.0%
4.0~ 4.9倍【3-0-0-5】37.5%37.5%37.5%
5.0~ 6.9倍【0-0-1-11】0.0%0.0%8.3%
7.0~ 9.9倍【4-1-2-16】17.4%21.7%30.4%
10.0~14.9倍【0-1-3-14】0.0%5.6%22.2%
15.0~19.9倍【0-4-1-11】0.0%25.0%31.3%
20.0~29.9倍【2-1-1-13】11.8%17.6%23.5%
30.0~49.9倍【0-1-2-19】0.0%4.5%13.6%
50.0倍以上【0-0-0-24】0.0%0.0%0.0%
※単勝オッズ1倍台の馬は過去10年間1頭もいませんでした。

過去10年のラジオNIKKEI賞で馬券に絡んだ30頭の単勝オッズを見てみると、もっともオッズが高かったのは2013年のカシノピカチュウ(43.1倍)でした。

単勝オッズ50倍以上の馬はこれまで24頭が出走していますが1頭も馬券に絡んでいません。

ラジオNIKKEI賞は伏兵の台頭もしばしばみられるため、荒れるイメージがあります。

ところが極端に人気を落としている馬は好走していません。

単勝オッズ50倍以上の馬は評価を下げてもよいでしょう。

【斤量】極端に軽い馬と重い馬は苦戦している

斤量成績単勝率連対率複勝率
51キロ以下【0-0-0-17】0.0%0.0%0.0%
52キロ【0-0-1-8】0.0%0.0%11.1%
53キロ【1-4-4-32】2.4%12.2%22.0%
54キロ【5-3-3-32】11.6%18.6%25.6%
55キロ【2-3-1-9】13.3%33.3%40.0%
56キロ【1-0-1-15】5.9%5.9%11.8%
56.5キロ【1-0-0-0】100.0%100.0%100.0%
57キロ以上【0-0-0-3】0.0%0.0%0.0%

過去10年のラジオNIKKEI賞の好走馬を斤量別にまとめました。

もっとも好走しているのは斤量54キロの馬で、これまで5勝しています。

斤量55キロの馬も出走数に対して好走しており、連対率33%、複勝率40%でした。

対して、斤量52キロ以下の馬は26頭出走していますが馬券に絡んだのは2020年のディープキングのみです。

また、斤量56キロ以上の馬も好走率が少なく、メイショウテッコンとアーバンキッド、アンビシャスの3頭しか馬券内に入選しませんでした。

ラジオNIKKEI賞は斤量54&55キロの馬を評価し、斤量52キロ以下と56キロ以上の馬は評価を下げたいです。

今年の出走馬で斤量56キロ以上の馬は5頭いました。

なお、斤量52キロ以下の馬の出走はありません。

斤量56キロ以上
アイスグリーン(56キロ)
オメガリッチマン(56キロ)
セオ(56キロ)
バルサムノート(57キロ)
レーベンスティール(56キロ)

【性別】牝馬は不利

性別成績単勝率連対率複勝率
牡馬【10-9-10-94】8.1%15.4%23.6%
牝馬【0-1-0-22】0.0%4.3%4.3%

過去10年のラジオNIKKEI賞の勝ち馬はいずれも牡馬でした。

また、馬券に絡んだ29頭も牡馬です。

牝馬は過去10年で23頭が出走しましたが馬券に絡んだのは2016年のダイワドレッサーのみでした。

ラジオNIKKEI賞は牝馬が不利になりやすいです。

今年の出走馬で牝馬は2頭いました。

・アグラシアド
・ウヴァロヴァイト

ラジオNIKKEI賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでラジオNIKKEI賞(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ラジオNIKKEI賞の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
2番人気【2-0-1-7】20.0%20.0%30.0%
3番人気【2-0-0-8】20.0%20.0%20.0%
4~6番人気【2-1-4-23】6.7%10.0%23.3%
7~9番人気【2-5-4-19】6.7%23.3%36.7%
10番人気以下【0-2-1-53】0.0%3.6%5.4%

上位人気の信頼度は高くない

過去10年のラジオNIKKEI賞で1番人気から3番人気まで、それぞれ2頭ずつ勝ち馬がでています。

全体的に見ると上位人気馬が勝利している傾向がありますが、複勝率で見るともっとも高くても1番人気の40%が最高でした。

ラジオNIKKEI賞は荒れやすいレースということもあり、上位人気の信頼度はそこまで高くないのです。

人気馬+穴馬の組み合わせが美味しい

過去10年のラジオNIKKEI賞の連対馬を見てみると、1番人気~3番人気が2着内を締めたのは2018年のみでした。

それ以外の年は4番人気以下の馬が1頭以上馬券に絡んでおり、1~3番人気+5番人気以下の組み合わせで連対を占めた年は5回もありました。

ラジオNIKKEI賞は人気馬と穴馬を織り交ぜて買うのがよさそうです。

ラジオNIKKEI賞の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【3-1-2-10】18.8%25.0%37.5%
2枠【2-2-3-9】12.5%25.0%43.8%
3枠【1-1-1-13】6.3%12.5%18.8%
4枠【0-0-0-18】0.0%0.0%0.0%
5枠【1-3-1-15】5.0%20.0%25.0%
6枠【1-2-0-17】5.0%15.0%15.0%
7枠【1-0-2-17】5.0%5.0%15.0%
8枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%

内枠有利

過去10年のラジオNIKKEI賞の勝ち馬5頭が1.2枠の馬でした。

好走率を細かく見ると、1.2枠は連対率が25%で全ての枠の中でトップです。

また、複勝率も1枠は38%、2枠に至っては44%もありました。

人気落ちのカシノピカチュウ(14番人気)やバビット(8番人気)、ロードリベラル(9番人気)も1.2枠から発走しています。

ラジオNIKKEI賞が開催されるのは開幕週の福島です。

芝がリフレッシュされた状態でレースを行うため内でも脚を活かせられるため、内のほうが好走率は高いのです。

内枠を引いた馬は評価を上げましょう。

ラジオNIKKEI賞の過去10年の前走クラス別成績

前走クラス成績単勝率連対率複勝率
G1【0-4-3-21】0.0%14.3%25.0%
G2【2-0-1-13】12.5%12.5%18.8%
G3【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
L【2-1-0-7】20.0%30.0%30.0%
OP【3-1-1-13】16.7%22.2%27.8%
2勝【1-0-1-7】11.1%11.1%22.2%
1勝【2-4-4-48】3.4%10.3%17.2%

重賞クラスは相手候補に

過去10年のラジオNIKKEI賞で前走重賞から挑む馬は50頭いましたが勝利したのはブレイキングドーンとウインマーレライのみでした。

それ以外の馬は2着以下に敗れています。

特に前走がG3だった馬はこれまで6頭いましたが1頭も馬券に絡むことはありませんでした。

このことから重賞組は軽視したいところですが、複勝率を見ると前走がG1だった馬は25%と比較的安定しています。

前走がG2の馬も複勝率は19%でした。

前走重賞組は2.3着の相手候補に向いているようです。

今年の出走馬で前走が重賞レースだった馬は5頭いました。

・エマヌエーレ
(前走毎日杯【G3】/5着)

・オメガリッチマン
(前走京都新聞杯【G2】/6着)

・グラニット
(前走皐月賞【G1】/12着)

・コレペティトール
(前走共同通信杯【G3】/7着)

・シーウィザード
(前走ニュージーランドT【G2】/10着)

ラジオNIKKEI賞2023の有力馬3頭

夏競馬の幕開けとともに開催されるラジオNIKKEI賞は順当で決まることがほとんどなく、基本的に荒れやすいです。

今年の出走馬のなかでこのレースを制するのはどの馬でしょうか。

注目したい3頭の有力馬を紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

レーベンスティール

今年の注目馬はレーベンスティールです。

父がリアルスティールで母の父がトウカイテイオー、その父はシンボリルドルフという古参ファンが喜びそうな血統背景です。

しかしながら、血統が魅力的なだけではなく実力も兼ねそろえています。

新馬戦は2着に敗れましたがそのときの1着馬がのちの皐月賞馬ソールオリエンスで、クビ差でした。

このとき3着以下は5馬身以上突き放しているため明らかに2頭だけパフォーマンスが抜けていたのです。

その後は勝利をつかんでクラス戦入りを果たし、前走の1勝クラス戦は先行しながら上がり最速33秒0の末脚で圧勝してしまいました。

ポテンシャルだけ見たら春のクラシック組と戦ってもいい所いけると思いますし、今年の出走馬のなかでは群を抜いて期待値が高いです。

データと相性の悪い56キロ以上の馬ですが、枠順や追い切り次第では本命も視野に入れています。

★評価点
・新馬戦と前走1勝クラスが強い競馬
・血統が魅力的
・中山実績がある

▼課題
・56キロを背負う

ウヴァロヴァイト

前走のスイートピーステークスでは中団から上がり33秒2の末脚を使って勝利をつかみました。

オークスの優先出走権を獲得したものの、リバティアイランド1強を考慮してか、出走を断念してこちらを選択しました。

これまでのキャリアを見ると直線の長い東京をメインとしているため、起伏に富んだ右回りの福島でどこまでやれるかが最大の焦点となるでしょう。

新馬戦が小回りの札幌で2着なのである程度対応はできると思いますが…。

キレのある末脚が持ち味なので、開幕週の馬場とは合いそうです。

コース適性さえかみ合えば激走にも期待できるでしょう。

★評価点
・末脚にキレがある
・高速馬場で出し切れる

▼課題
・福島で出し切れるかどうか
・データと相性の悪い牝馬

バルサムノート

新馬戦こそ快勝したものの、その後3戦は勝利から遠ざかっていました。

しかし、前走の白百合ステークスでは後方からの差し切り競馬が見事はまり、上がり33秒6の末脚を使って勝利をつかみました。

2着馬アイスグリーンとの着差こそクビ差でしたが、3着には今回有力馬のレーベンスティールに先着したセオや皐月賞に出走したワンダイレクトといった面子に勝利しています。

相手関係を見ると強い相手に勝ち切れたのは高く評価できるでしょう。

課題はコース適性です。

中山は1戦1敗なので似たコースの福島でかみ合うかは分かりません。

また、トップハンデ57キロを課せられた点もマイナスです。

ラジオNIKKEI賞は57キロ組がことごとく敗れているのでデータ的にトップハンデはつらいものがあります。

しかしながら、前走を見る限りは非凡な才能を感じますし、出し切ることができれば侮れない1頭だと思います。

★評価点
・前走は強い相手に勝利した
・スローからの瞬発力に長けている

▼課題
・トップハンデ57キロを背負う
・中山競馬場で5着に敗れている

ラジオNIKKEI賞2023の穴馬2頭

ラジオNIKKEI賞は伏兵もたびたび台頭します。

今年も骨のあるメンバーが揃ったのは予想し甲斐がありますよ。

今年の出走登録馬で配当に期待できそうな2頭の馬をまとめました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

グラニット

グラニットのベストバウトは前々走のスプリングステークスです。

ここは13番人気の低評価でしたが、ノーマークから逃げの一手を打ちます。

しかも、テン34秒4-上がり37秒2の超ハイペースに持ち込みます。

結果は4着と惜しくも馬券に絡めませんでしたが大健闘しました。

皐月賞も同じく逃げましたがここは重馬場も影響して為す術なく敗れ、その後は無理にレースを使わず、こちらに照準を定めました。

スプリングステークスのときのように、強い逃げがはまればチャンスはありそうです。

地味に去年の今頃挑んだ福島の未勝利戦を勝利しているので福島実績があるのもポイントが高いです。

斤量も55キロと重すぎず軽すぎません。

枠次第で激走もあり得るでしょう。

★評価点
・スプリングステークスが強い内容
・福島実績がある

▼課題
・前走の反動と休み明けで出し切れるか

シーウィザード

穴馬としてはシーウィザードも面白そうです。

昨年の芙蓉ステークスでは中山芝2,000mの舞台で先行しながら押し切り勝ちを手にしています。

スローから上がり34秒6の競馬で後続の脚を削ぎつつ勝ちました。

時計や上がりは目立ちませんが、このときの2着馬ゴールデンハインドはのちに重賞フローラステークスを制しており、5着のキミノナハマリアも君子蘭賞を制して2勝クラス入りしています。

意外と強い相手に勝ち切れたのは評価できます。

近走、特にニュージーランドトロフィーとスプリングステークスは大きく敗れていますが、どちらも出遅れて後方競馬になっているのが原因です。

ゲートを克服して前目の競馬ができれば面白い存在になるはずです。

★評価点
・芙蓉ステークスの勝ち馬
・中山で勝利実績がある

▼課題
・ゲートが課題

ラジオNIKKEI賞2023追い切り評価

ラジオNIKKEI賞2023追い切り評価はこちらの記事でご確認ください。

ラジオNIKKEI賞2023予想の最終買い目

ラジオNIKKEI賞予想(晴れの良馬場想定)

ラジオNIKKEI賞が開催される福島県福島市界隈の日曜日の天気を見てみると、晴れ予報が付いていました。快晴でレースが行われるでしょう。

馬場状態に関してですが、金曜日の午前10時の時点で芝は稍重、クッション値は12%ほどです。

しかしながら、土曜日の午前7時の時点ではクッション値が8.8%ほどまで回復していました。

土曜日は稍重馬場でレースが行われていましたが、時計を見る限りは遅すぎず、早すぎずといったところです。

明日は晴れるようなので土曜日よりは時計は出るでしょう。

うましるでは晴れの良馬場、稍時計の出やすい馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

ラジオNIKKEI賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 14 レーベンスティール

リアルスティール
トウカイライフ
母父トウカイテイオー
主な勝ち鞍3歳1勝クラス 2023年
前走3歳1勝クラス 1着

本命はレーベンスティールにしました。

クラス戦から挑む馬なので格上挑戦となりますが、新馬戦ではのちの皐月賞馬ソールオリエンスにクビ差の2着。

前走は2着馬ワイドアラジンに5馬身差つけて完勝と、これまでの戦績を見る限りG1に出走してもおかしくない器です。

ハンデ56キロはデータ的に相性が悪いですが、レーベンスティールは非凡な才能を持っているため能力だけでハンデを克服できると信じたいです。

ここを制したら最後の一冠である菊花賞にも出走できますし、勝ち負けしてほしいです。

〇対抗  6 エルトンバローズ

ディープブリランテ
ショウナンカラット
母父ブライアンズタイム
主な勝ち鞍3歳1勝クラス 2023年 
前走3歳1勝クラス 1着

エルトンバローズは対抗にしました。

こちらもレーベンスティール同様クラス戦から格上挑戦する馬です。

前走の1勝クラスは2着にシルヴァーデュークに2馬身差で勝利しているように、世代の中でもポテンシャルは高く感じました。

追い切りもこれでもかというくらいに負荷がかけられていますしここメイチで仕上げている感じは伝わっています。

賞金加算のためにもここは勝ち負けに加わりたいです。

▲単穴 10 バルサムノート

モーリス
エピセアローム
母父ダイワメジャー
主な勝ち鞍白百合S(L) 2023年
前走白百合S(L) 1着

バルサムノートは単穴にしました。

ダービーの日に開催された前走白百合ステークスでは後方からの末脚勝負で勝利をつかんでいます。

小回り適性がポイントになりますが、新馬戦では小回り小倉で勝利しているのである程度は適性を証明しています。

追い切りもよかったですし、ベストな態勢で挑むでしょう。

相手関係は強化されていますが自分の競馬を貫いてほしいです。

△連下  9 ウヴァロヴァイト

サトノクラウン
エイグレット
母父サンデーサイレンス
主な勝ち鞍スイートピーS(L) 2023年
前走スイートピーS(L) 1着

牝馬のウヴァロヴァイトは連下にしました。

前走のスイートピーステークスは後方から上がり最速33秒1のスピードで勝利しているように、長く脚を活かせられる舞台が大得意です。

福島はどちらかというと小回りに区分されますが、新馬戦ではドゥアイズとタイム差なしの2着入りを果たしているように、全長の短いコースでも立ち回れているのは評価できるでしょう。

データ的には牝馬は消しでよいですが、これまで戦ってきた相手関係を考慮して抑えることにしました。

△連下  4 オメガリッチマン

イスラボニータ
エルカラファテ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走京都新聞杯(G2) 6着

オメガリッチマンも抑えることにします。

今年の京成杯は中団から押し上げて競馬を行いました。

勝ち馬ソールオリエンスには足元にも及びませんでしたが、それでも2着入りしている点は評価したいです。

内枠の横山典弘騎手がどのような競馬を行うのか未知数ですが、コースロスなく立ち回りながら一瞬の隙をついて上位争いに加わりたいです。

単勝

14 レーベンスティール

馬連流し

軸馬:14
相手:2、4、6、9、10

三連複フォーメーション

1頭目:14
2頭目:2、4、6、9、10
3頭目:2、4、6、9、10

以上になります。
ラジオNIKKEI賞の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)