福島競馬場 芝1800mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

福島競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説

この記事では、福島競馬場 芝1800mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

福島の芝1800はここをチェック!

・先行馬有利!末脚勝負の馬には少し厳しいコース
・戸崎、田辺、津村騎手の相性がいい!
・枠順の有利不利は少ない

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

福島の芝1800mは、春の福島で開催される福島牝馬ステークス、夏に開催されるラジオNIKKEI賞の舞台です。主に2.3歳の未勝利戦や500万条件下で使用されます。

1コーナーまでの距離が約305mと、ローカル開催される他場よりも距離が長いのが特徴です。1~2コーナーまでは他場に比べてそこまで勾配はなく、向こう正面を過ぎたあたりから緩やかな上り坂があります。

3~4コーナーにかけてスパイラルカーブがあり、残り400mから下り坂に差し掛かり残り150mから再び上り坂を上るコース形態となっています。

近3年内の血統面での複勝率をみると

  • ディープインパクト
  • メイショウサムソン
  • ルーラーシップ
  • トーセンホマレボシ

産駒が複勝率30%を超えていています。

次に、騎手の近3年内の複勝率は

  • 戸崎騎手
  • 田辺騎手
  • 津村騎手

の複勝率40%を超える成績で非常に安定しています。

また、近3年内の複勝率を枠順でみてみると

1枠 23.9%
2枠 17.1%
3枠 22.6%
4枠 19.9%
5枠 23.0%
6枠 18.5%
7枠 19.5%
8枠 21.6%

と1200m戦にしてはそこまで枠順の有利不利はありません。

脚質別に見ると逃げ、先行馬が近3年内の複勝率30%を超えていて非常に有利です。

4コーナーからゴール板までの距離が短いので差し、追い込み馬にとっては発揮しづらい舞台であることから逃げ、先行馬を中心に買いたいですね。

福島競馬場の各コースの特徴を知る!

福島競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2600mのコース特徴へのリンク画像

福島競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1150mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1700mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる