[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【ラジオNIKKEI賞2023追い切り評価/全頭診断】レーベンスティールを上回るトップ評価「S」はこの2頭!

ラジオNIKKEI賞2023追い切り評価記事のサムネイル画像

ラジオNIKKEI賞2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではラジオNIKKEI賞の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

6月28日の馬場状態

栗東(晴れの稍重)
開門直後こそ時計がかかりがちでしたが、その後は標準くらいの馬場まで回復していました。
もっとも時計が出たのはエヒトの4ハロン48秒9でした。
ウッドチップコースはいつも通りに時計が出ています。

美浦(曇りの良馬場)
ウッドチップコースはラスト1ハロン11秒台前半を記録する馬が多く、比較的高速馬場でした。
一番時計はオータムエッジが出した5ハロン62秒3です。
ポリトラックは全体数が少ないものの、いつも通り時計は出ています。

目次(読みたい項目をタップ)

ラジオNIKKEI賞2023追い切り評価/全頭診断コメント

ラジオNIKKEI賞2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

ラジオNIKKEI賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アイスグリーン

アイスグリーン 6月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  53.938.812.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.039.712.8馬なり

アイスグリーンは栗東坂路において、単走にて最終追い切りを行いました。

助手騎乗の元、淡々とした走りで全体時計53秒9-ラスト1ハロン12秒1の時計を叩き出しています。

前走白百合ステークスのときと比較すると、全体時計とラスト1ハロンはともに今回のほうが出ています。

しかも、馬なりで前走よりも速い時計を出しているため成長性に期待できました。

馬場を掻き込むような走りでリズムよく走れていましたし、順調に仕上がっています。

アグラシアド

アグラシアド 6月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  51.837.112.3馬なり
1週前栗東CW(稍重)82.367.353.038.412.6馬なり
前走最終栗東坂路(重)  53.738.811.8強め

アグラシアドは僚馬エグモント(4歳1勝クラス)とともに、栗東坂路で併せ馬を行いました。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

助手騎乗の元、エグモントを追走する形で追い切りを行っています。

序盤から前傾姿勢でスピードのある走りを見せつつ、終いに軽く仕掛けられるとそこから一気に動いてラスト1ハロン12秒3で先着しました。

時計はそこまで速くありませんが僚馬に並びかけてから追い抜こうとする気持ちが感じられましたし、仕掛けられてからの反応も悪くありません。

全体ラップも51秒8とこの日の栗東坂路組のなかでは速い時計を出していて順調に仕上がっているでしょう。

ウヴァロヴァイト

ウヴァロヴァイト 6月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)86.370.154.939.512.2馬なり
1週前美浦南W(良) 68.153.038.111.2馬なり
前走最終美浦南W(重)86.869.854.339.212.3馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて行われています。

レース当日も手綱を握る菅原明良騎手が2週続けて追いきりに騎乗しました。

馬なりで6ハロン86秒3-ラスト1ハロン12秒2の時計を記録しています。

全く追わずに馬なりで追い切りしていますが、ウヴァロヴァイトもリラックスした走りができていましたし動きも軽快でした。

1週間前にラスト1ハロン11秒2をマークしているため軽めの調教でしたが動きは問題なさそうですし仕上がりは良好だと思います。

ラジオNIKKEI賞は牝馬にとって鬼門ですが、勝てば31年ぶりの牝馬Vとなりますので、歴史を塗り替えたいです。

エマヌエーレ

エマヌエーレ 6月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  52.237.811.9馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.537.512.3馬なり

1/5の抽選を突破したエマヌエーレは栗東坂路にて最終追い切りを行いました。

馬なりで追われていましたが、力強く前へ前へ走っていてラスト1ハロンは11秒9を記録しています。

全体時計52秒2も優秀ですし順調に仕上がっている感じはしました。

前走毎日杯のときのほうが全体時計は出ていますが、上がり1ハロンに関しては今回のほうが出ているため、瞬発性が求められる条件でレースが行われるようでしたら、かみ合うかもしれません。

エルトンバローズ

エルトンバローズ 6月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  56.642.012.9馬なり
前走最終栗東CW(良)84.468.152.336.911.6馬なり

最終追い切りは栗東坂路にて、単走で行われました。

助手騎乗の元、外ラチ沿いから軽めに追われて全体時計56秒6-上がり1ハロン12秒9で走破しています。

最終追い切りの時計は正直平凡よりも下です。

しかしながら、1週間前にはウッドコースにてラスト1ハロンを10秒9、2週前はラスト1ハロン11秒4という猛時計を出していたようなので、無理させなかったという点で見ると、最終追い切りの時計は気にしなくてもよいでしょう。

軽めながらもまっすぐ軽快に走れていたので動きも問題ありませんし、レースに向けて注目したいです。

オメガリッチマン

オメガリッチマン 6月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)83.568.553.137.711.3一杯
前走最終栗東CW(良)85.968.952.938.211.9馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにおいて、併せ馬を行っています。

安田翔伍調教師自ら騎乗し、僚馬カレンノンノ(3歳未勝利)を大きく離れた後方から追走します。

直線でもカレンノンノが先にいましたが、直線で仕掛けると伸びのある走りでぐいぐい捉えにかかります。

最終的には良馬に半馬身差先着しました。

仕掛けられてからの動きが非常に良く、長く脚を使えているのが印象的です。

特にラスト1ハロンでは一気に加速しているのも好感触でした。

馬体を見ても筋肉量は豊富ですし、起伏のある福島でも十分出し切れるのではないかと思います。

グラニット

グラニット 6月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)85.168.353.939.411.9馬なり
1週前美浦南W(良)85.168.853.438.712.1強め
前走最終美浦南W(良) 68.253.438.912.0馬なり

グラニットは美浦のウッドチップコースにて、レース当日に騎乗する嶋田純次騎手が手綱を握りました。

コルテニア(6歳2勝クラス)とテトラルキア(8歳障害オープン)と3頭併せを行っています。

2頭の併せ馬を5馬身近く後方から追走しています。

馬場の真ん中からコーナーを駆け抜け、直線に入ると前の2頭を目標に加速して併入しました。

直線に入ってからの動きが非常にスムーズで並んでからさらに伸びがあった点もよいでしょう。

動きはよいのでレース本番でも粘りの逃げに期待できると思います。

コレペティトール

コレペティトール 6月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  52.838.712.3一杯
1週前栗東坂路(良)  51.937.612.6一杯
前走最終栗東坂路(良)  51.938.412.4強め

最終追い切りは栗東の坂路で行われました。

助手騎乗の元、単走で1週間前同様一杯に追われて全体時計52秒8-上がり1ハロン12秒3で走破しています。

時計自体は一杯に追われた割にはそこまで目立ちませんでしたが、時計のかかりやすい時間帯に追い切りを行っているのでその影響もあるかもしれません。

一歩の幅の大きく、力強く駆け上がっているので状態はよさそうに感じました。

シーウィザード

シーウィザード 6月28日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 70.253.838.812.0馬なり
1週前美浦南W(良)85.168.553.438.511.5馬なり
前走最終美浦南W(良)84.168.653.538.912.1馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、併せ馬で行われています。

三浦皇成騎手の手綱の元、フォローウィンド(2歳新馬)を3馬身後方から追走しました。

コーナーでは内から追い切りを行いつつ、直線に入ってフォローウィンドを捉えにかかりますが、なかなか伸び切れず最後の最後でぎりぎり併入しています。

時計も全体時計が5ハロン70秒2なので馬なりとはいえ時計は出ていません。

1週間前のほうがまだ時計はでていましたが、ここでも促されていないと動かなかったのでレースに向けての姿勢は整っていない感じがします。

最終追い切りを見てもパッとしませんでしたし、ここは評価を落としたいです。

シルトホルン

シルトホルン 6月28日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)83.867.652.737.811.3馬なり
前走最終美浦南W(良)86.070.055.139.912.0馬なり

シルトホルンは美浦の南ウッドチップコースで最終追い切りを行いました。

騎乗したのはレース当日も手綱を握る大野騎手で、僚馬ロジティナ(8歳3勝クラス)と併せ馬を行っています。

ロジティナを5馬身後方から追走し、コーナーワークで手前を器用に変えつつ先手を取ると、迫るロジティナとの差は引き離すかのようにスピードを上げました。

ラスト1ハロン11秒3の好時計で先着しています。

重心をやや低くしながらもフットワークは軽くて器用に立ち回れていましたし手前替えもスムーズでした。

直線に入ってからの伸びもよく、ラスト1ハロンのタイムはこの日の美浦南ウッドチップコースで追い切りを行ったラジオNIKKEI賞出走予定馬で最速です。

しかも、馬なりで時計を出しているのでかなり順調に仕上がっているでしょう。

本番でも追い切りのような動きが見られるようでしたら上位争いに加われると思います。

スズカハービン

スズカハービン 6月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)82.067.552.637.411.6馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.938.812.3馬なり

スズカハービンは栗東のウッドチップコースにて、サンレイポケット(8歳オープン)と併せ馬を行いました。

騎乗したのは秋山俊樹騎手で、サンレイポケットを4馬身後方から追走しています。

コーナーは外ラチ一杯に回しつつ、直線でも余裕のある走りで併入しました。

馬なりで調整されていましたが、直線に入ってからの脚さばきも軽くて気持ちよさそうに走っています。

直線では後ろから迫りくるサンレイポケットと併入していますが、あちらが追われているのに対してこちらは馬なりなのでスズカハービンのほうが余裕のある仕上がりでした。

ラスト1ハロンの時計も出ていますし、状態はよいでしょう。

セオ

セオ 6月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  54.239.212.6馬なり
前走最終栗東CW(良)79.865.151.536.711.5馬なり

最終追い切りは栗東坂路において、僚馬ラストレムナント(3歳未勝利)と追い切りを行いました。

助手さん騎乗の元、前半から中盤にかけては馬なりで駆け抜けています。

終盤に促されつつ追い出しを図りますが、反応はそこまでよくありません。

結果的には僚馬に詰め寄りつつ併入しましたが、ラスト1ハロンの時計12秒6は正直なところ遅いです。

もっとも、助手曰く息を整える程度の調整だったので、時計は気にしていないのかもしれません。

それでも、そこまで仕上がっている感じはしなかったので及第点までとしておきます。

ダイシンヤマト

ダイシンヤマト 6月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 68.253.138.512.2馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 69.954.740.012.3馬なり

最終追い切りはレース当日に騎乗予定の吉田豊騎手の手綱の元、美浦の南ウッドチップコースにて行われました。

単走で追い切りを行い、全体時計68秒2-ラスト1ハロンは12秒2で走破しています。

2週続けて吉田豊騎手が追い切りに騎乗している点からもここメイチに仕上げているのは好感が持てます。動きも悪くありません。

時計は目立ってはいませんが前走最終追い切り時と比較すると全体時計は今回のほうが速くなっているため、成長性は感じられます。

相手関係は手ごわくなりますが、どこまでやれるか見ものです。

バルサムノート

バルサムノート 6月28日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  54.239.111.6馬なり
1週前栗東坂路(良)  54.138.911.8馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.640.412.4馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにおいて、単走で行われました。

助手騎乗の元、馬場の真ん中から力強く駆け抜けラスト1ハロン11秒6で走破しました。

全体時計こそ54秒2ですが、ラスト1ハロン11秒6の時計はこの日の最速タイで、終い重点の追い切りとしてはかなり負荷がかかったように感じます。

走行中は少し気難しさも見せており、気性面に関してはまだまだ改善の余地があるでしょう。

それでも前走白百合ステークスは大きく持たれながらも勝ち切っているように潜在能力は非常に高いです。

今回の追い切りでも上がり時計は出ていますし能力の高さはキープしているので、レース本番でも上位争いに期待できるでしょう。

マイネルモーント

マイネルモーント 6月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦PT(良) 67.451.137.211.6強め
前走最終美浦南W(良) 67.652.437.811.6馬なり

最終追い切りは美浦のポリトラックコースにおいて、僚馬マイネルビジョン(3歳2勝クラス)と併せ馬を行いました。

マイネルビジョンを2馬身後方から追走し、最後は併入する形で走破しています。

全体時計67秒4は全出走馬の中でも出ていますが、ポリトラックはもともと速いタイムが出やすいので過信はしづらいです。

もっとも、動き自体は落ち着いていましたし、仕掛けられると長く脚を使えているので仕上がり自体は悪くありません。

気性難の馬らしいですが、最終追い切りを見る限りは問題なさそうですし、この状態のままレースに挑みたいです。

レーベンスティール

レーベンスティール 6月29日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 69.453.739.011.4馬なり
1週前美浦南W(良) 69.453.438.111.5馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.152.237.511.2馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースにて、僚馬セイルオンセイラー(4歳3勝クラス)と併せ馬を行いました。

僚馬を1馬身半追走し、直線ではセイルオンセイラーの横について追い比べをするかのように並走し、同時併入しました。

全体時計69秒4は正直なところ目立ちませんがラスト1ハロンの時計11秒4は優秀です。

終い重視で調整されているので上がりで好時計を出せたのは評価したいです。

ただし、前走の最終追い切りと比較すると全体時計もラスト1ハロンの時計も今回より見劣ります。

管理する田中調教師も「(出来は)まずまずの状態」とコメントされているので、前走のほうが仕上がっている感じはしました。

それでも、終い時計は平均以上に出ておりポテンシャルの高さは健在です。

完全な仕上がりでなくとも勝ち負けは十分可能だと思います。

ラジオNIKKEI賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録するとラジオNIKKEI賞(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

ラジオNIKKEI賞2023追い切り評価ランキング

評価馬名
シルトホルン
バルサムノート
アイスグリーン
ウヴァロヴァイト
エマヌエーレ
エルトンバローズ
オメガリッチマン
グラニット
レーベンスティール
アグラシアド
コレペティトール
スズカハービン
セオ
ダイシンヤマト
マイネルモーント
シーウィザード
 

ラジオNIKKEI賞2023追い切り映像

ラジオNIKKEI賞2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 ラジオNIKKEI賞|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 ラジオNIKKEI賞|JRA公式

ラジオNIKKEI賞2023の最終予想

ラジオNIKKEI賞2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)