阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【北海道スプリントカップ2022予想】1人気の複勝率は100% !!

北海道スプリントカップ2022予想

北海道スプリントカップ2022の注目馬3頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!

北海道スプリントカップ2022の最終買い目予想を更新しました。

タップできる目次

北海道スプリントカップ2022の概要

北海道の競馬場は4つありますが、門別競馬場はその中でも唯一サラ系(サラブレッド)がレースを繰り広げる地方競馬場です。

門別競馬は北海道の雪解けのため、半年近くしか開催されません。

今年は4月の中旬から開催されましたが、シーズン最初に開催される重賞競走が北海道スプリントカップです。

同じ週に開催される「さきたま杯」も1,400mの短距離戦なので、短距離重賞が被ることになります。

また、さきたま杯のほうが北海道スプリントカップよりも格上なので、より上を目指す馬はさきたま杯に向かいます。

こちらを選択する馬は典型的なスプリンターや確実に賞金を重ねようとする馬、そして初重賞タイトルを狙う馬が参戦する傾向が強いです。

北海道スプリントカップ2022の開催内容

開催日6月2日(木曜) 20:00発走
格付けJpn3
開催競馬場門別競馬場 門別11R
コースダート1,200m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金2200万円

北海道スプリントカップ2022が開催される門別のダート1,200mの特徴

門別競馬場のダート1,200mのスタート地点は2コーナーのポケットです。

中山のダート1,200mとコース形態は似ていて右回りのワンターンコースを使用します。

スタートから最初のコーナーまでの距離は470mと、地方競馬の中では距離は長めです。

最初のコーナーまでの距離が長いので枠の影響は大きくないように見えますが、外に入った逃げ・先行馬はスタート直後に内ラチに寄ります。

すると、内の馬は包まれやすくなるのでわずかですが内枠の馬の方が好走率は低めになっています。

コーナーはやや鋭角で、最後の直線からゴールまでの距離は約330mあります。

同週開催のさきたま杯の舞台となる浦和競馬が直線が200mしかないのに対し、門別はスタンド側の直線も長いので差しや追い込み馬も台頭しやすいです。

北海道スプリントカップ2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ダンシングプリンス牡657落合玄太
2ハートプレイス牡456今野忠成
3メイショウミズカゼ牡856岩橋勇
4アザワク牝554桑村真
5スマートダンディー牡856秋山真一郎
6スティールペガサス牡556阿部龍
7ヒロシゲゴールド牡757武豊
8リュウノユキナ牡757柴田善臣
9フジノパンサー牡956石川倭
10ヴォーガセ856宮崎光

過去10年の北海道スプリントカップのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2012110セレスハント3かきつばた記念(Jpn3)5
22タイセイレジェンド2欅S(OP)7
 39トウショウカズン1さきたま杯(Jpn2)3
201311セレスハント3かきつばた記念(Jpn3)6
28マルカバッケン1栗東S(OP)1
 311ティアップワイルド2さきたま杯(Jpn2)5
2014114アドマイヤサガス3千葉S(OP)9
不良27スノードラゴン1高松宮記念(G1)2
 32セレスハント5東京スプリント(Jpn3)6
201518シゲルカガ2東京スプリント(Jpn3)2
26ボアゾンブラック5アンタレスS(G3)15
 35ダノンレジェンド1東京スプリント(Jpn3)1
2016111ダノンレジェンド1東京スプリント(Jpn3)3
不良28ノボバカラ2かきつばた記念(Jpn3)1
 35スノードラゴン3かきつばた記念(Jpn3)5
201713ニシケンモノノフ1黒船賞(Jpn3)5
不良214ショコラブラン2かきつばた記念(Jpn3)3
 39スノードラゴン3高松宮記念(G1)7
201813テーオーヘリオス1天王山S(OP)1
25ラブバラット3東京スプリント(Jpn3)6
 310スノードラゴン5東京スプリント(Jpn3)7
2019112ヤマニンアンプリメ1かきつばた記念(Jpn3)2
稍重216メイショウアイアン8エビスビール特別3
 33ノボバカラ4栗東S(OP)1
2020113メイショウアイアン6キンシャサノキセキプレミアム(OP)3
29マテラスカイ1サウジC(G1)2
 312スズカコーズライン2天王山S(OP)4
2021114ヒロシゲゴールド3東京スプリント(Jpn3)5
21リュウノユキナ1東京スプリント(Jpn3)1
 34スマートアルタイル2天王山S(OP)1

【所属】JRA勢が圧倒的に強い

過去10開催で馬券に絡んだ30頭のうちの26頭がJRA所属馬でした。

中央勢の勢いは北の大地においてもとどまることを知らないようです。

ちなみに、馬券に絡んだ4頭のうちの3頭が地元北海道所属馬です。

本州以南の地方馬にとっては厳しいデータですね。

【年齢】6歳馬優勢

過去10開催の勝ち馬の5頭が6歳馬でした。

また、馬券に絡んだ30頭のうちの12頭が6歳馬です。

年齢別に見ると6歳馬がもっとも好走馬を輩出しています。

ちなみに、ほかの年齢の馬を見ると4.5歳馬が7頭馬券に絡んでいます。

そして7歳馬が4頭、8歳馬以上の馬はなんと7頭も絡んでいました。

ダート実績豊富な高齢馬の活躍が目立つレースですね。

北海道スプリントカップ(Jpn3)の馬券をネット購入するなら楽天競馬がおすすめ

「楽天競馬」は、全国の地方競馬を買える有名なサービス。馬券の注文額の5%ほどが楽天ポイントとして還元されるキャンペーンを行っているため、他のサービスで投票をするより確実にお得です!

ポイントの還元率はなんと最大10%! 
1000円購入すると100円戻ってくるという、、、超お得なサービスです。

⇒楽天競馬アプリの無料ダウンロードはこちらから

過去10年の北海道スプリントカップの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-4-2-0】40.0%80.0%100.0%
2番人気【1-4-2-3】10.0%50.0%70.0%
3番人気【4-1-2-3】40.0%50.0%70.0%
4番人気【0-0-1-9】0.0%0.0%10.0%
5番人気【0-1-2-7】0.0%10.0%30.0%
6番人気以下【1-1-0-92】1.1%2.1%2.1%

1番人気の複勝率は100% !!

過去10開催で1番人気に支持されたすべての馬が馬券に絡んでいます!

1番人気は絶対不動ですね!

上位人気馬が中心

1番人気が抜けていますが、2.3番人気の馬も優秀な成績です。

3番人気以上の馬が過去10年で24頭馬券に絡んでいることからも、順と決着になることが多いです。

過去10年の北海道スプリントカップの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-0-11】7.7%15.4%15.4%
2枠【2-1-2-10】13.3%20.0%33.3%
3枠【0-1-1-16】0.0%5.5%9.0%
4枠【0-2-2-16】0.0%10.0%20.0%
5枠【1-2-2-15】5.0%15.0%25.0%
6枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%
7枠【3-1-2-14】15.0%20.0%30.0%
8枠【2-1-0-17】10.0%15.0%15.0%

外枠の馬が有利

過去10開催の勝ち馬の7頭が5枠よりも外の馬でした。

ただし、複勝率は2枠の馬と7枠の馬が30%を超えていてそこまで差はありません。

内枠からも3頭勝ち馬を輩出しているように、枠の影響は大きくないものの、わずかながら外枠が有利です。

過去10年の北海道スプリントカップの前走別成績

前走レース成績
東京スプリント【3-2-3】
かきつばた記念【3-2-1】
前走OP【3-3-2】
前走距離成績
ダート1,200m【6-6-5】
ダート1,400m【4-3-3】
ダート1,800m【0-1-0】

レースの格は問われない

過去10開催の勝ち馬をレース別に見ると、前走重賞組もオープン組も結果を残しています。

このことから、前走の格は問われないのが分かります。

前走短距離組が好走

過去10開催の勝ち馬はいずれも前走がダート1,400m以下の短距離戦でした。

短距離路線で活躍している馬が好走しています。

北海道スプリントカップ2022の注目馬3頭

北海道スプリントカップは短距離戦ながらも順当で決まることが多いレースです。

手堅く馬券を的中させたい方には非常におすすめのレースですね。

今年の出走馬の中から注目したい馬を3頭紹介します!

リュウノユキナ

ダート重賞で堅実に走っているリュウノユキナは今年も北海道スプリントカップを選択しました。

なんといっても近走の連対率の高さがすばらしく、どんな舞台でも確実に上位入選する馬主孝行馬ですね。

近走はほんとうに惜しいレースが続いていてなかなか勝ち切れませんが、本当に運がないといってもいいくらいしっかりと走っています。

昨年も2着ですし舞台適性は文句ありません。

近走を見ると単勝では買いづらいですがいつ勝ってもおかしくないだけの力は持っています。

★評価点
・抜群の安定感
・データと相性のいい高齢馬
・連複馬券の軸馬に最適

▼課題
・単勝では買いづらい

ヒロシゲゴールド

昨年の勝ち馬であるヒロシゲゴールドが連覇を狙って再び北海道スプリントカップに挑みます。

昨年の北海道スプリントカップでは先行競馬から最終コーナーで追い上げを開始し、追撃するリュウノユキナを振り切ってゴールインしました。

その後挑んだマイルチャンピオンシップ南部杯においてもソリストサンダーやインティなどの面子をかわして2着に入線していて、実力の高さを見せています。

Z年層の東京スプリントはいまいちでしたが、昨年と同じ舞台であれば再び力を発揮することもできるでしょう。

★評価点
・昨年の勝ち馬で舞台適性が高い
・G1でも結果を残した実力馬
・データと相性のいい高齢馬

▼課題
・近走を見る限りわずかながら能力の衰えがあるかもしれない

ダンシングプリンス

昨年のカペラステークスを制し、前走はサウジアラビアで開催されたリヤドダートスプリント(G3)も制して勢いのあるダンシングプリンスが、今度は北海道の重賞タイトルを狙います。

デビューから逃げの競馬を得意としています。

前走のリヤドダートスプリントにおいても海外馬相手に果敢にハナを切ると自分の競馬に特化し横綱競馬で逃げ切りました。

2着に入線したイギリスのグッドエフォート相手に5馬身付けた完勝劇は国内でも海外でも高く評価されています。

今年の北海道スプリントカップでは、リュウノユキナとヒロシゲゴールドといった先行馬が有力視されていますが、ハナに立って自分の競馬を貫けばこの馬にもチャンスはありでしょう。

★評価点
・前走が非常に強い内容

▼課題
・海外帰り

北海道スプリントカップ2022の最終買い目予想

本命 8 リュウノユキナ

ヴァーミリアン
ネオカラー
母父クロフネ
主な勝ち鞍クラスターC(Jpn3) 2021年
前走東京スプリント競走(Jpn3) 2着

今年の北海道スプリントカップの本命馬は7番のリュウノユキナです。

近走を見る限り、どんな舞台でも堅実に走っていていつ勝ち星を手にしてもおかしくない馬です。

そのため、馬連や三連複といった連軸馬券の候補としては最適です。

昨年の北海道スプリントカップにおいてもヒロシゲゴールドの2着に入線しているので舞台適性は問題ありません。

くわえて、今年の北海道スプリントカップは雨で稍重か重馬場くらいで開催されるかもしれませんが、この馬は稍重馬場や重馬場、前走に至っては不良馬場で結果を残しているので雨が降っても力を発揮できる強みがあります。

火曜日の段階で断然1番人気に支持されていますが素直に本命にします。

対抗 1 ダンシングプリンス

パドトロワ
リトルブレッシング
母父バブルガムフェロー
主な勝ち鞍リヤドダートスプリント(G3) 2022年
前走リヤドダートスプリント(G3) 1着

対抗はダンシングプリンスにします。

高く評価したいのは前走、ドバイで開催されたリヤドダートスプリントです。

ハナに立って後続に脚を使わせた勝ちっぷりはG3戦ながらも迫力のある競馬で、多くの人にダンシングプリンスの非凡な才能を見せつけました。

今年の北海道スプリントカップのメンバーを見る限り、逃げ馬はほとんどいないのでドバイ同様ここもハナに立って競馬できるでしょう。

前々走のカペラステークスにおいてもここで人気しているリュウノユキナに先着しているのでポテンシャルはかなり高いです。

ドバイのような競馬ができれば勝利も手にすることは可能です。

単穴 7 ヒロシゲゴールド

サウスヴィグラス
エフテーストライク
母父ブラックタキシード
主な勝ち鞍北海道スプリントC(Jpn3) 2021年
前走東京スプリント競走(Jpn3) 6着

単穴にはヒロシゲゴールドを選択します。

昨年の北海道スプリントカップの勝ち馬なので舞台適性は全く問題ありません。

今年は雨の影響をうけそうですが、昨年のマイルチャンピオンシップ南部杯が不良馬場、前々走の千葉ステークスが重馬場の中で連対しているので、どんな馬場になっても対応できます。

前走の東京スプリントの敗因は少し気になりますが、今年はリュウノユキナ、ダンシングプリンス、そしてヒロシゲゴールドの3頭の能力が抜けているのでこの3頭で決まると予想します。

三連複

1、7、8

以上になります。
北海道スプリントカップ予想の参考にしてみてください!

北海道スプリントカップ(Jpn3)の馬券をネット購入するなら楽天競馬がおすすめ

「楽天競馬」は、全国の地方競馬を買える有名なサービス。馬券の注文額の5%ほどが楽天ポイントとして還元されるキャンペーンを行っているため、他のサービスで投票をするより確実にお得です!

ポイントの還元率はなんと最大10%! 
1000円購入すると100円戻ってくるという、、、超お得なサービスです。

⇒楽天競馬アプリの無料ダウンロードはこちらから

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次