毎日王冠(G2)と京都大賞典(G2)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【日本テレビ盃2022予想】激走の可能性がある5頭はこちら!

日本テレビ盃2022予想

日本テレビ盃2022予想の最終買い目を更新しました。

日本テレビ盃2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

日本テレビ盃2022の概要

日本テレビ盃は船橋競馬場で行われる中距離ダートレースです。

1着馬には秋のJBCクラシックへの出走権が得られるレースで、秋の大一番に向けたレースと言えるでしょう。

そのため、中央勢のみならず地方馬からも好成績を残している馬が多数参戦します。

今年も3歳馬を中心に、知名度の高い馬が参戦しています。

どの馬が勝ち星を手にするのか、注目ですね!

日本テレビ盃2022の開催内容

開催日9月28日(水曜) 20:05発走
格付けJpn2
開催競馬場船橋競馬場 船橋11R
コースダート1,800m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金3500万円

日本テレビ盃2022が開催される船橋のダート1,800mの特徴

船橋競馬場 ダート1800mのコースで特徴を解説

船橋のダート1,800mは船橋競馬のコースを1周します。

スタートは4コーナーの奥ポケットです。

最初の1コーナーまでは約454mもあるため枠の影響はそこまで見られません。

船橋競馬場は1.2コーナーと3.4コーナーそれぞれでスパイラルカーブが導入されています。

スパイラルカーブとはコーナーの入りが大きく、出口が鋭くなることで、コーナーの後半のほうがペースが上がります。

ほとんどの競馬場はどちらか片方しかスパイラルカーブがありませんが、船橋は1周のコースの間に2か所もスパイラルカーブが導入されています。

向こう正面は約400mでほとんど単調な道で、3.4コーナーはスパイラルカーブ。

再びゴールに入ると、およそ300m走ってゴール板を通過します。

船橋は1周の距離こそ1,400mと小回りですが、コース全体がフラットで、しかもスパイラルカーブが2つあるからか、時計は出やすいです。

ほかの1,800mの舞台と比較しても好タイムが出やすいのが特徴で、スピードに乗りやすい馬が結果を残しています。

ただし、船橋の1,800mは年間を通してもほとんど開催されていません。

ほとんどの馬が初めて挑む舞台になると思うので、過去の戦績を見る際は走破時計を確認しましょう。

日本テレビ盃2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1フルデプスリーダー牡556.0横山武史
2ジュランビル牝654.0笹川翼
3ノットゥルノ牡355.0松山弘平
4マイネルヘリテージ牡353.0藤田弘治
5マンガン牡556.0山崎誠士
6クラウンプライド牡354.0福永祐一
7サルサディオーネ牝855.0矢野貴之
8ミューチャリー牡658.0真島大輔
9フィールドセンス牡856.0本橋孝太
10ギガキング牡456.0和田譲治
11メスキータ牡656.0菅原涼太
12ペイシャエス牡353.0菅原明良
13クレールアドレ牝351.0松本剛志
14グレートコマンダー牝854.0中島良美

過去10年の日本テレビ盃のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201219ソリタリーキング1東海S(G2)1
23サイレントメロディ3エルムS(G3)9
 311マグニフィカ4サンタアニタT(重賞)15
2013111ワンダーアキュート1帝王賞(Jpn1)3
26ソリタリーキング2マーキュリーカップ(Jpn3)1
 34ランフォルセ3ブリーダーズGC(Jpn2)3
201418クリソライト1マーキュリーカップ(Jpn3)2
210ダノンカモン3プロキオンS(G3)11
 32グラッツィア4阿蘇S(OP)5
201517サウンドトゥルー3ジュライS(OP)1
26クリソライト2帝王賞(Jpn1)2
 33コパノリッキー1フェブラリーS(G1)1
2016110アウォーディー1アンタレスS(G3)1
25モーニン3かしわ記念(Jpn1)8
 39サウンドトゥルー2帝王賞(Jpn1)3
2017111アポロケンタッキー4帝王賞(Jpn1)5
稍重22サウンドトゥルー3帝王賞(Jpn1)4
 310ケイティブレイブ1帝王賞(Jpn1)1
201816ケイティブレイブ1帝王賞(Jpn1)2
稍重24アポロケンタッキー2帝王賞(Jpn1)11
 39サウンドトゥルー3帝王賞(Jpn1)3
2019111クリソベリル1JDD(Jpn1)1
稍重210ロンドンタウン4平安S(G3)12
 35ノンコノユメ2サンタアニタT(重賞)1
202015ロードブレス5BSN賞(L)1
稍重212デルマルーヴル3マーキュリーカップ(Jpn3)2
 32ストライクイーグル7東京記念(重賞)11
2021110サルサディオーネ2スパーキングサマーC(Jpn3)1
21ダノンファラオ3帝王賞(Jpn1)9
 39メイショウダジン5西日本スポーツ杯(3勝)1

【所属】JRA勢の好走率が高い

所属成績単勝率連対率複勝率
JRA【9-10-7-14】22.5%47.5%65.0%
大井【1-0-2-5】12.5%12.5%37.5%
船橋【0-0-1-21】0.0%0.0%4.5%

過去10開催の日本テレビ盃において、馬券に絡んだ30頭のうちの26頭が中央に所属していました。

交流重賞はJRA勢の勢いが強いですが、日本テレビ盃においてはその傾向が強いですね。

なお、馬券に絡んだ4頭の地方馬はいずれもそれまでになんらかの重賞タイトルを手にしていました。

また、マグニフィカをのぞく3頭はもともとJRA所属の馬でした。

今年の日本テレビ盃出走馬でJRA所属馬は下記4頭になります。

・フルデプスリーダー
・ノットゥルノ
・クラウンプライド
・ペイシャエス

【年齢】若い馬が優勢

年齢成績単勝率連対率複勝率
3歳【1-0-0-2】33.3%33.3%33.3%
4歳【2-3-2-6】15.4%38.5%53.8%
5歳【4-2-2-8】25.0%37.5%50.0%
6歳【1-3-2-21】3.7%14.8%22.2%
7歳【2-1-3-22】7.1%10.7%21.4%
8歳【0-1-1-11】0.0%7.7%15.4%

過去10年の日本テレビ盃の好走馬を年齢別にみると、5歳馬が4頭の勝ち馬を輩出していて複勝率も50%で調子がいいですね。

4歳馬の成績もよくて、単勝率こそ15%に留まりますが、複勝率は5割を超えています。

絶対数がすくない3歳馬も3頭中1頭が勝利し、単勝率は33%です。

6歳になると単勝率は4%弱と極端に数値を落としていますね。

このことから、日本テレビ盃では5歳以下の馬が馬券に絡むことが多いです。

今年の日本テレビ盃出走馬で3歳~5歳馬をまとめました。

3歳馬
・ノットゥルノ
・マイネルヘリテージ
・クラウンプライド
・ペイシャエス
・クレールアドレ

4歳馬
・ギガキング

5歳馬
・フルデプスリーダー
・マンガン

日本テレビ盃(Jpn2)の馬券をネット購入するなら楽天競馬がおすすめ

「楽天競馬」は、全国の地方競馬を買える有名なサービス。馬券の注文額の5%ほどが楽天ポイントとして還元されるキャンペーンを行っているため、他のサービスで投票をするより確実にお得です!

ポイントの還元率はなんと最大10%! 
1000円購入すると100円戻ってくるという、、、超お得なサービスです。

さらに、無料予想コンテンツも充実!

⇒楽天競馬アプリの無料ダウンロードはこちらから

過去10年の日本テレビ盃の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【6-0-2-2】60.0%60.0%80.0%
2番人気【1-3-2-4】10.0%40.0%60.0%
3番人気【1-6-2-1】10.0%70.0%90.0%
4番人気【1-1-2-6】10.0%20.0%40.0%
5番人気【1-0-1-8】10.0%10.0%20.0%
6番人気以下【0-0-1-64】0.0%0.0%1.5%

上位人気で決着がつきやすい

過去10年の日本テレビ盃で、1番人気はなんと6勝!

馬券に絡んだ30頭のうちの23頭が1~3番人気の馬でした。

逆に、6番人気以下の馬で馬券に絡んだのは20年のストライクイーグル(7番人気)のみです。

日本テレビ盃では上位人気に支持された馬を中心に馬券を組み立てるのがよさそうです。

過去10年の日本テレビ盃の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-1-0-9】0.0%10.0%10.0%
2枠【0-1-2-7】0.0%10.0%30.0%
3枠【0-1-1-9】0.0%9.1%18.2%
4枠【1-2-1-10】7.1%21.4%28.6%
5枠【1-2-1-14】5.6%16.7%22.2%
6枠【1-0-1-17】5.3%5.3%10.5%
7枠【3-1-2-14】15.0%20.0%30.0%
8枠【4-2-2-12】20.0%30.0%40.0%

外枠有利

過去10開催の日本テレビ盃で馬券に絡んだ馬を枠順別にまとめました。

好走率が高いのは7.8枠の外に入った馬で、7枠の単勝率は15%、8枠は20%です。

複勝率を見ても7.8枠は30%を超えていますね。

逆に1.2.3枠は1頭も勝ち馬が出ていません。

船橋のダート1,800mは枠の影響は少ないですが、日本テレビ盃においては内枠不利で外枠有利の舞台となっています。

過去10年の日本テレビ盃の前走別成績

前走成績
帝王賞【3-4-3】
マーキュリーカップ【1-2-0】
BSN賞【1-0-0】
JDD【1-0-0】
アンタレスS【1-0-0】

前走重賞組が好調

過去10年の日本テレビ盃では前走重賞組が勢いがあり、馬券に絡んだ26頭の馬が前走重賞でした。

また、過去10年の勝ち馬の8頭がそれまでに重賞タイトルを手にしていて、そのうちの5頭がG1馬でした。

重賞実績や格が問われるレースです。

日本テレビ盃2022の注目馬3頭

日本テレビ盃は人気を集めた馬が好走しやすい舞台となっています。

今年の出走馬の中で人気を集めそうな馬を3頭紹介します。

ノットゥルノ

今年のジャパンダートダービーを制したノットゥルノが日本テレビ盃から復活します。

前走のジャパンダートダービーでは中団から脚を溜めて、最後の直線で出し抜いて勝利しました。

不良馬場をものともしない力のある走りで、着順以上に強い競馬ができていました。

しかし、それ以前の戦績を見ると勝ち負けを何度か繰り返しているので、ジャパンダートダービーの一戦で人気するようでしたら配当妙味は大きくないでしょう。

ノットゥルノは時計のかかる馬場のほうが好走しがちなので、できればパサパサに乾くか、もしくは雨でずぶずぶになるほうがありがたいです。

当日の馬場を考慮しながら馬券検討したいですね。

★評価点
・ジャパンダートダービーは強かった
・時計のかかる馬場が得意

▼課題
・これまでに何度か敗北も経験している

ペイシャエス

前走のジャパンダートダービーではノットゥルノにこそ敗れましたが2着入選したペイシャエスは秋の始動戦を日本テレビ盃にしました。

前走はノットゥルノ同様中団からの先行競馬で勝利をもぎ取ろうとしましたが、結果的には2着でした。

不良馬場で力のある走りを見せたので一定の評価は必要ですが、個人的にメイチなのはその前のユニコーンステークスです。

府中の左回りの舞台で先行しながら抜群の手ごたえで出し抜いていました。

日本テレビ盃の舞台となる船橋も左回りなので、コース適性はノットゥルノよりもチャンスはありそうです。

スピード勝負になりやすいので、ユニコーンステークスのような競馬ができれば好走できるかもしれないです。

★評価点
・左回りで結果を残している
・一応、どんな舞台でも対応可能

▼課題
・器用貧乏で凡走するときは大敗する

クラウンプライド

ケンタッキーダービーに出走したクラウンプライドが無事に国内に帰国しました。

前走のケンタッキーダービーは日本のホースマンの夢を乗せて参戦しましたが、アメリカのタフなダートは相性が悪く、凡走してしまいました。

しかし、日本のダートが砂ならアメリカダートは土といってもよくて、まるで別物。

凡走していますがそこまで気にすることはありません。

それよりも、海外帰り初戦であることや、久々の砂のダート戦のほうが気になりますね。

新馬戦が左回りの中京で勝ち切れているので、左回り適性はありそうですが、海外帰りは気になるので当日の馬体や返し馬を見てから馬券を考えるのがよさそうです。

★評価点
・左回り適性がある
・前走ケンタッキーダービーはよく頑張った

▼課題
・海外帰り初戦

日本テレビ盃2022の穴馬2頭

日本テレビ盃はほとんど荒れることはありません。

しかしながら、今年の有力馬は安定のある馬は意外と少ないので伏兵が台頭するかもしれません。

今年の出走馬の中で配当妙味のありそうな馬を2頭紹介します。

フルデプスリーダー

フルデプスリーダーは前走のエルムステークスの勝ち馬ですね。

エルムステークスでは中団で競馬を行い、まくりを決めて勝利を収めました。

フルデプスリーダーは先行でも差しでも上位争いできる器用な馬です。

左回りでも結果を残していますし、どんな条件下でも好走できる可能性があります。

日本テレビ盃でもそこそこ人気しそうですが、連複馬券を購入するならぜひ馬券に絡めたいですね。

★評価点
・安定のある馬
・中距離が得意

▼課題
・器用貧乏で勝ち負けは簡単ではないかも

サルサディオーネ

昨年の日本テレビ盃の勝ち馬サルサディオーネが今年も連覇を目指します。

すでに8歳になりましたが、年齢を感じさせない走りは堅実で、今年も重賞路線で結果を残していますね。

逃げの競馬が得意なので小回りの船橋とも相性が合うでしょう。

これまでの戦績を見ても中央勢に太刀打ちできるだけの能力は秘めています。

日本テレビ盃は中央勢が独占することが多いですが、そこに割って入るとすればサルサディオーネが最有力だと思います。

★評価点
・昨年の覇者
・近走が安定している

▼課題
・特にありません。

日本テレビ盃2022予想の最終買い目

日本テレビ盃予想(晴れ良馬場想定)

火曜日午前中の時点で、船橋競馬場のダートは稍重表記です。

しかしながら、火曜日は気温が30度近く上がります。

日本テレビ盃が開催される水曜日は気温が25度に落ち着くようですが、終日晴れるので、レースが開催される時間帯には良馬場に回復していると思います。

馬場傾向はシンプルに時計がかかりやすい良馬場で行われることを想定しつつ、予想を行います。

◎本命 7 サルサディオーネ

ゴールドアリュール
サルサクイーン
母父リンドシェーバー
主な勝ち鞍さきたま杯(Jpn2) 2022年
前走ビューチフルドリーマーC(重賞) 1着

本命はサルサディオーネにします。

地方所属の8歳牝馬ですが、近走を見る限りは年齢を一切感じさせない力強い競馬ができているのはポイントが高いですね。

出走馬を見ても逃げ馬はサルサディオーネしかいません。

船橋のダート1,800mは逃げや先行など前を走る馬がそもそも有利ですし、今年の日本テレビ盃出走馬で先頭に出る馬はいないのでサルサディオーネの競馬がしやすくなりました。

昨年もこの舞台を制していますし、舞台適性も文句ありません。

調子もよいですし、ここは強く狙いたいですね。

〇対抗 8 ミューチャリー

パイロ
ゴッドビラブドミー
母父ブライアンズタイム
主な勝ち鞍JBCクラシック(Jpn1) 2021年
前走大井記念(重賞) 15着

対抗はミューチャリーにします。

昨年のJBCクラシックではオメガパフュームやチュウワウィザード、さらにはテーオーケインズ相手に先着し、地方馬としての威光を大いに知らしめました。

前走の大井記念は馬体重の大幅減少も響いたのか、本来の末脚がなりを潜め、最下位に沈みましたが状態面が悪かったのでしょうか。

敗因は不明ですが、本来そこまで凡走する馬ではないですし、出し切れれば中央のG1ホースにも先着できる実力を秘めています。

実績の豊富な馬ですが、火曜日午前の段階で6番人気の単勝オッズ26.7倍は正直おいしすぎますね。

▲単穴 12 ペイシャエス

エスポワールシチー
リサプシュケ
母父ワイルドラッシュ
主な勝ち鞍ユニコーンS(G3) 2022年
前走JDD(Jpn1) 2着

対抗はペイシャエスにします。

前走のジャパンダートダービーではノットゥルノに先着を有しましたが、それでもG1の舞台で2着は立派ですね。

ノットゥルノと比較すると左回り適性も過去に見せていますし、今回力を出し切りやすいと思います。

また、ノットゥルノが斤量55キロを背負うのに対し、ペイシャエスは斤量53キロで挑めるのも大きいです。

さらには、船橋ダート1,800mで有利な外枠を引けたのも評価したいですね。

ペイシャエス自身が先行馬なので、包まれにくい外から自身の競馬にもっていってほしいところです。

△連下 6 クラウンプライド

リーチザクラウン
エミーズプライド
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍UAEダービー(G2) 2022年
前走ケンタッキーダービー(G1) 13着

連下以下は悩みましたが、クラウンプライドにします。

クラウンプライドのレースで評価したいのが新馬戦と2戦目のもちの木賞で、どちらも先行から粘り強く脚を伸ばして完勝しました。

逆に、3走前のヒヤシンスステークスのように、重馬場で時計が出やすくなると凡走していて得意不得意がはっきりしています。

長くしぶとく脚を使うのがクラウンプライドの最大の長所なのです。

今回舞台となる船橋は幸いにも気温が上がるため馬場は良馬場で行われるでしょう。

パサパサに乾いて時計がかかってくれるほど能力を発揮できるはずです。

海外帰り初戦に関しては走ってみないと分かりませんが、条件と体調さえ整えば好走に期待できます。

消し 3 ノットゥルノ

ハーツクライ
シェイクズセレナーデ
母父Unbridled’s Song
主な勝ち鞍JDD(Jpn1) 2022年
前走JDD(Jpn1) 1着

ノットゥルノは消します。

その理由は、不安要素が複数あるからです。

ひとつめはテン乗りの松山騎手が騎乗することです。

ノットゥルノはこれまでデビューから前走のジャパンダートダービーまで一貫して武豊騎手が騎乗していました。

しかし、今回は武豊騎手が凱旋門賞に出走するドウデュースを選択したため、止むをえず松山騎手が騎乗します。

松山騎手も悪くない騎手ですが、帝王賞のテーオーケインズや先週のオールカマーにおけるデアリングタクトのように、ここ一番で結果を残せていません。

そのことから、騎手不安が感じられました。

ふたつめは、内枠を引いたことです。

どういうわけか、日本テレビ盃では内枠は圧倒的に不利なのです。

不幸にもノットゥルノは内枠を引いてしまい、有力馬のサルサディオーネやペイシャエスが外を引いたことで評価を下げました。

みっつめはオッズです。

レース開催間際はオッズが変更すると思いますが、前走のジャパンダートダービーも勝ち切ったとはいえペイシャエスやブリッツファングとの差はほとんどありませんね。

そのなかで単勝オッズ1.9倍はあまりにも配当妙味がなさすぎるように思いました。

実績のある馬なので馬券に絡む可能性も十分ありますが、配当妙味を考え今回は思い切って消すことにしました。

単勝

7 サルサディオーネ

馬連ボックス

6、7、8、12

三連複フォーメーション

1頭目:7
2頭目:6、8、12
3頭目:6、8、12

以上になります。
日本テレビ盃の予想の参考にしてみてください!

日本テレビ盃(Jpn2)の馬券をネット購入するなら楽天競馬がおすすめ

「楽天競馬」は、全国の地方競馬を買える有名なサービス。馬券の注文額の5%ほどが楽天ポイントとして還元されるキャンペーンを行っているため、他のサービスで投票をするより確実にお得です!

ポイントの還元率はなんと最大10%! 
1000円購入すると100円戻ってくるという、、、超お得なサービスです。

さらに、無料予想コンテンツも充実!

⇒楽天競馬アプリの無料ダウンロードはこちらから

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次