阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【白山大賞典2022予想】6人気以下は消し!?おすすめの5頭はこちら!

白山大賞典2022予想

白山大賞典2022予想の最終買い目を更新しました。

白山大賞典2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

白山大賞典2022の概要

白山大賞典は金沢競馬場で開催される唯一の交流重賞です。

金沢はダートコースの中でも長距離コースが多いことから、中央や地方から中距離適性のある有力馬が多数参戦します。

ここの結果次第で秋のJBCシリーズや暮れのG1路線に向かう馬もいれば、浦和記念や名古屋グランプリといった格落ち路線を歩む馬もいます。

過去には白山大賞典を制した馬で有名なのはイングランディーレで、翌年の天皇賞(春)を制しました。

イングランディーレが制した翌年の勝ち馬であるタイムパラドックスはその年のジャパンカップダートを勝利しています。

そのほか、スマートファルコンやニホンピロアワーズ、ケイティブレイブも勝利していて何気に出世色の強いレースとなっています。

白山大賞典2022の開催内容

開催日10月4日(火曜) 16:10発走
格付けJpn3
開催競馬場金沢競馬場 金沢11R
コースダート2,100m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金2100万円

白山大賞典2022が開催される金沢のダート2,100mの特徴

金沢競馬場 ダート2100mのコースで特徴を解説

金沢競馬のダート2,100mのスタート地点は向こう正面の2コーナー付近です。

1周半回るコースとなっていて、コーナーは合計で6回回ります。

スタート地点から最初のコーナーまでは約350mあります。そこそこ距離は長い上、コーナーを6つ回ることからペースは必然的に落ち着きます。

コーナーは1.2コーナー、3.4コーナーともに小回りでペースを落としながら各馬は競馬します。

コース全体を見ても起伏はほとんどなくてフラットです。

最後の直線も約236mと短いですね。

金沢のダート2,100mは持久戦ですがペースが落ち着きやすいコースとなっているので前を走る馬が有利です。

差しや追い込み馬の場合はコーナーからのまくりが必然的に求められます。

とくに、金沢のコースは向こう正面がラスト3Fなので、馬によっては向こう正面から動くこともしばしばあります。

最終的には最後のコーナーを過ぎた段階でどの位置で競馬しているかがポイントとなり、前にいればいるほど勝ち切りやすくなっています。

白山大賞典2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1カフジオクタゴン牡353.0岩田望来
2トウショウデュエル牡1054.0吉田晃浩
3セイカメテオポリス牡454.0本田正重
4ケイアイパープル牡655.0藤岡康太
5ハクサンアマゾネス牝552.0吉原寛人
6メイショウカズサ牡558.0松山弘平
7ブリッツファング牡355.0池添謙一
8マイネルヘルツアスセ554.0大畑雅章
9ラーゴム牡455.0鮫島克駿
10ミスティネイル牝652.0松本剛志
11ネオアマゾネス牝552.0藤田弘治
12ナラ牝652.0深澤杏花

過去10年の白山大賞典のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2012112ニホンピロアワーズ1東海S(G2)2
不良21ナムラダイキチ2オータムスプリントC(G)1
 310エーシンモアオバー3エルムS(G3)4
201314エーシンモアオバー4エルムS(G3)2
211ハタノヴァンクール2ブリーダーズゴールドC(Jpn2)1
 38シビルウォー1ブリーダーズゴールドC(Jpn2)2
201412エーシンモアオバー4エルムS(G3)11
210サミットストーン2東京記念(G)2
 35グラッツィア3日本テレビ盃(Jpn2)3
201511マイネルバイカ4エルムS(G3)8
23エーシンモアオバー2エルムS(G3)3
 36ソリタリーキング3マーキュリーC(Jpn3)2
2016112ケイティブレイブ1ラジオ日本賞(OP)2
25アムールブリエ3ブリーダーズゴールドC(Jpn2)1
 38ストロングサウザー4マーキュリーC(Jpn3)1
2017110インカンテーション1かしわ記念(Jpn1)2
不良23カツゲキキトキト5東京記念(G)2
 38クリノスターオー2エルムS(G3)12
2018111グリム2レパードS(G3)1
稍重28センチュリオン4マーチS(G3)1
 35カツゲキキトキト5東京記念(G)2
2019110グリム1エルムS(G3)7
24デルマルーヴル2レパードS(G3)2
 36ノーヴァレンダ5ユニコーンS(G3)9
2020111マスターフェンサー1マーキュリーC(Jpn3)10
稍重25ロードレガリス2平安S(G3)11
 33ロードゴラッソ4エルムS(G3)7
202117メイショウカズサ5阿蘇S(OP)6
不良28ミューチャリー2帝王賞(Jpn1)4
 34スワーヴアラミス3エルムS(G3)1

【所属】JRA勢が10連勝!

所属成績単勝率連対率複勝率
JRA【10-6-9-24】20.4%32.7%51.0%
地方【0-4-1-35】0.0%10.0%12.5%

過去10開催の白山大賞典の好走馬を見てみると、勝ち馬はいずれもJRA所属馬でした。

複勝圏内を見ても、馬券に絡んだ25頭がJRAの馬です。

白山大賞典は中距離コースということもあって中央勢が多数参戦することから、どうしてもJRA勢に分がありますね。

今年の白山大賞典出走馬でJRA所属馬は下記5頭になります。

・カフジオクタゴン
・ケイアイパープル
・メイショウカズサ
・ブリッツファング
・ラーゴム

【リピーター】昨年出走馬に注目!

過去10年の好走馬を見てみると、エーシンモアオバーやカツゲキキトキトのように同じ馬が連続で好走しています。

とくに、エーシンモアオバーは4年連続で出走し、すべて馬券内に入線しています。

昨年出走した馬は評価を上げたいですね。

ちなみに今年の出走馬で昨年も出走経験がある馬はメイショウカズサだけでした。

白山大賞典(Jpn3)の馬券をネット購入するなら楽天競馬がおすすめ

「楽天競馬」は、全国の地方競馬を買える有名なサービス。馬券の注文額の5%ほどが楽天ポイントとして還元されるキャンペーンを行っているため、他のサービスで投票をするより確実にお得です!

ポイントの還元率はなんと最大10%! 
1000円購入すると100円戻ってくるという、、、超お得なサービスです。

さらに、無料予想コンテンツも充実!

⇒楽天競馬アプリの無料ダウンロードはこちらから

過去10年の白山大賞典の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【5-0-1-4】50.0%50.0%60.0%
2番人気【1-7-1-1】10.0%80.0%90.0%
3番人気【0-1-4-5】0.0%10.0%50.0%
4番人気【3-1-2-4】30.0%40.0%60.0%
5番人気【1-1-2-6】10.0%20.0%40.0%
6番人気以下【0-0-0-62】0.0%0.0%0.0%

上位人気の信頼度は高い

過去10年の白山大賞典では、1番人気が5勝で複勝率60%、2番人気は連対率が80%と高いアベレージです。

上位人気の馬の信頼度は非常に大きいですね。

6番人気以下の馬は消したい

過去10年の白山大賞典では6番人気以下の馬は1頭も馬券に絡めていません。

いずれの年も、5番人気以上に支持された馬で決着がついています。

馬券予想する際は5頭に絞って予想してもいいかもしれないです。

過去10年の白山大賞典の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-0-8】10.0%20.0%20.0%
2枠【0-1-0-9】0.0%10.0%10.0%
3枠【0-2-1-7】0.0%20.0%30.0%
4枠【1-1-1-7】10.0%20.0%30.0%
5枠【0-2-3-11】0.0%12.5%31.3%
6枠【1-1-3-12】5.9%10.8%29.4%
7枠【0-1-2-17】0.0%5.0%15.0%
8枠【6-2-0-12】30.0%40.0%40.0%

8枠が圧倒!

過去10開催の白山大賞典では8枠がなんと6勝しています。

もっとも好走率が低いのが1.2の内枠で外枠ほど好走率が高くなっています。

白山大賞典では外枠、とくに8枠が有利ですね。

今年の出走馬で8枠に入ったのはネオアマゾネスナラです。

過去10年の白山大賞典の前走別成績

前走クラス成績
Jpn1【1-1-0】
Jpn2【0-1-2】
Jpn3【1-1-2】
OP【2-0-0】
G3【6-4-5】
G【0-3-1】

JRAのG3戦を使った馬が好走している

過去10年の白山大賞典において、馬券に絡んだ15頭が前走G3でした。

前走G3の馬が好走傾向にあります。

なお、他のクラスを見てみると前走がG1の馬でもOP、Gの馬の差はあまり大きくないです。

そのため、白山大賞典を予想する際は前走G3が好走しやすく、それ以外の差はないと認識してもいいでしょう。

今年の白山大賞典出走馬で前走G3の馬は下記2頭になります。

・カフジオクタゴン(レパードS:1着)
・ラーゴム(プロキオンS:12着)

白山大賞典2022の注目馬3頭

白山大賞典は固く決まりやすいレースです。

今年の出走馬の中から人気を集めそうな馬を紹介します。

メイショウカズサ

昨年の白山大賞典を制したメイショウカズサが連覇を目論見ます。

昨年の白山大賞典は雨で不良馬場のコンディションの中、果敢にハナに立ってスローの逃げを展開し、見事逃げ切り勝ちを収めました。

続く浦和記念も重馬場を苦にしない逃げで勝利しています。

馬場水分を含んだ条件で好走していますが、本質はハナに立てた時です。

近2戦は先頭に立つことができずに凡走しているため、ここは是が非でもハナを狙いたいですね。

データ的にはリピーター歓迎の舞台なので、近2戦が調子を落としたとしても激走の可能性は十分ありますよ。

★評価点
・昨年の勝ち馬
・リピーターは相性がいい

▼課題
・ハナに立てなければペースが狂う

カフジオクタゴン

前走のレパードステークスは7番人気の評価ながらも短期免許で来日したホー騎手とともに、人馬初の重賞タイトルを手にしました。

過去のレースをみてもこれといった大崩れが見られないので堅実な走りに期待ができそうです。

先ほど紹介したメイショウカズサとは違い、カフジオクタゴンはどちらかというと晴れの良馬場のほうが好走していますね。

当日の天気でカフジオクタゴンかメイショウカズサか選択するのも馬券予想としてはありでしょう。

★評価点
・レパードステークスの勝ち馬
・安定感がある

▼課題
・できれば晴れの良馬場でレースしたい

ブリッツファング

カフジオクタゴン同様、3歳馬のブリッツファングもここに挑みます。

前走のジャパンダートダービーは不良馬場でスタミナが要求される中で先行し、3着に入線しています。

そして、その前の兵庫チャンピオンシップは小回りの利く園田競馬場で先行からのまくりが見事決まって8馬身差の圧勝でした。

小回りのコースでいうと園田と金沢は意外と似ているかもしれません。

前走のジャパンダートダービーの内容からも古馬相手に結果を残せそうです。

先行してうまく出し切れれば、兵庫チャンピオンシップのような激走にも期待できるかもしれませんよ。

★評価点
・同期相手に上位争いしている
・兵庫チャンピオンシップが強い

▼課題
・出し切れるかどうか

白山大賞典2022の穴馬2頭

白山大賞典は荒れることは滅多にありません。

しかしながら、高配当に期待している方へ、配当妙味のありそうな馬を2頭紹介します。

ハクサンアマゾネス

地元金沢で常にレースを行ってるハクサンアマゾネスはメンバー随一の金沢経験者です。

前走の百万石特別は今回と全く同じダート2,100mでしたがスタートから先頭で競馬を行い、最終的には2着馬に7馬身差つけて完勝しています。

キャリア初の交流重賞で、JRAからの刺客がたくさんやってきますが、経験値の高さはハクサンアマゾネスのほうが上です。

走り慣れた舞台で、金星をつかむことができるでしょうか。

★評価点
・金沢を熟知している
・逃げが得意

▼課題
・相手が強くなる

セイカメテオポリス

大井からはるばる参戦するセイカメテオポリスはこれまで重賞レベルでも上位入選している実績馬です。

セイカメテオポリスにとって金沢は初となる舞台ですが、大井と金沢はともに右回りのコースなので、大井で結果を残しているセイカメテオポリスにとっては意外と出し切りやすいかもしれません。

近走を見ても、大きく崩れているところはあまり見られませんね。

初の金沢で相手も手ごわいですが、出し切れれば馬券内に飛び込む可能性もありますよ。

★評価点
・大井で走れたら金沢でもいけるかもしれない

▼課題
・相手が強い

白山大賞典2022予想の最終買い目

白山大賞典(晴れ良馬場想定)

日曜日の段階で金沢競馬は良馬場で開催されていました。

一日置いて、火曜日の天気を見ると、夕方から強い雨が降り出そうようです。

しかしながら、白山大賞典が開催される16時台はまだ天気が持つようなので、晴れの良馬場、時計はそこそこかかる条件下でレース予想を行います。

◎本命 7 ブリッツファング

ホッコータルマエ
リリーオブザナイル
母父バゴ
主な勝ち鞍兵庫CS(Jpn2) 2022年
前走JDD(Jpn1) 3着

本命はブリッツファングにします。

前走のJDDが不良馬場の中で先行競馬から粘りのある競馬で3着に入線しています。

そのまえの兵庫チャンピオンシップも良馬場で時計のかかかる条件下で勝ち切りました。

時計のかかりやすい舞台が得意で、なおかつ持久力勝負の競馬で力を発揮できます。

白山大賞典の舞台となる金沢2,100mもコーナーを6つ回る小回りコースなので時計もペースも落ちるでしょう。

得意の先行競馬からの逃げ粘りが行いやすい環境下なのでベストを発揮できるはずです。

〇対抗 9 ラーゴム

オルフェーヴル
シュガーショック
母父Candy Ride
主な勝ち鞍きさらぎ賞(G3) 2021年
前走プロキオンS(G3) 12着

対抗はラーゴムにしました。

もともとは芝で好走していた馬でしたが、前々走の2走前の吾妻小富士ステークスは前目につけることでしっかりと脚を伸ばしていますね。

逆に、前走のプロキオンステークスや、ダートデビューした3走前の仁川ステークスは逆に出遅れてしまって自身の力を発揮できなかった印象がありました。

今回の白山大賞典の枠を見ると中団くらいで競馬しやすいと思います。

前半のポジションが課題となりますが、血統的にはオルフェーヴルの仔なのでパワーもありそうです。

白山大賞典でも出し切りやすいです。

▲単穴 6 メイショウカズサ

カジノドライヴ
プレシャスエルフ
母父コロナドズクエスト
主な勝ち鞍浦和記念(Jpn2) 2021年
前走マーキュリーC(Jpn3) 12着

単穴には昨年の勝ち馬であるメイショウカズサを選択しました。

昨年の白山大賞典の勝ち馬でここも本来であれば勝ち負けできるだけの力を秘めています。

メイショウカズサは先頭に立つと力を発揮する馬なので、枠の並びは非常に重要です。

できれば内目が欲しかったところですが、引いたのは中枠です。

一見可もなく不可もなくと言ったところですが、ひとつ内に入ったハクサンアマゾネスが典型的な逃げ馬でなおかつ金沢所属馬というのが非常にいやらしいところです。

舞台適性はハクサンアマゾネスのほうが上だと思うので、いかにハクサンアマゾネスとの主導権争いを制することができるかが課題となるでしょう。

ハナに立てたらチャンスはありますが、ギャンブルに近いレースになりそうなので評価を下げました。

単勝

7 ブリッツファング

馬連流し

軸馬:7
相手:1、4、6、9

三連複フォーメーション

1頭目:7
2頭目:1、4、6、9
3頭目:1、4、6、9

以上になります。
白山大賞典の予想の参考にしてみてください!

白山大賞典(Jpn3)の馬券をネット購入するなら楽天競馬がおすすめ

「楽天競馬」は、全国の地方競馬を買える有名なサービス。馬券の注文額の5%ほどが楽天ポイントとして還元されるキャンペーンを行っているため、他のサービスで投票をするより確実にお得です!

ポイントの還元率はなんと最大10%! 
1000円購入すると100円戻ってくるという、、、超お得なサービスです。

さらに、無料予想コンテンツも充実!

⇒楽天競馬アプリの無料ダウンロードはこちらから

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次