きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【川崎記念2023予想】1人気は連対率100%!本命におすすめの3頭+穴馬2頭はこちら!

川崎記念2023予想

川崎記念2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!
枠順確定後に川崎記念2023予想の最終買い目を発表します。

タップできる目次

川崎記念2023の概要

川崎記念は川崎競馬場で開催されるダート2,100mの交流重賞です。

今年最初に開催されるJpn1競走で、中央競馬で開催されるダートG1のフェブラリーステークスよりも早い時期に開催されます。

フェブラリーステークスがダート1,600mでマイル色の馬が出走するのに対し、川崎記念は舞台がダート2,100mなので中距離路線で頭角を表したダート馬が多数参戦します。

年明けから万全の状態を整えたダート中距離馬が始動するレースとしても有名なのです。

過去の勝ち馬を見てみると、ホクトベガやスマートファルコン、ホッコータルマエにチュウワウィザードといった歴代ダートホースの名前が連なっています。

とくに、ホッコータルマエは川崎記念3連覇という偉業を成し遂げました。

今年もテーオーケインズをはじめ、有力馬が多数集まっています。

年始最初に行われるJpn1重賞を勝つのはどの馬でしょうか?!

川崎記念2023の開催内容

開催日2月1日(水曜) 16:10発走
格付けJpn1
開催競馬場川崎競馬場 川崎11R
コースダート2,100m
性齢4歳以上
斤量定量
1着賞金8000万円

川崎記念2023が開催される川崎のダート2,100mの特徴

川崎競馬場 ダート2100mのコースで特徴を解説

川崎記念が開催される川崎競馬場は左回りのコースです。

川崎競馬場のダート2,100mは施行されているコースの中で最も長いコースとなっています。

スタートは2コーナーの出口付近で、コースを1周半回ります。

高低差もほとんどないコースですが、川崎がタフなコースといわれる理由は、タイトなコーナーにあります。

川崎のコーナーは南関4大馬場のなかでも特に鋭角で、ベテランの騎手でもスピードをつけて回る際は恐怖を感じるほどです。

そのため、コーナーでは必然的にペースを落としますが、向こう正面やスタンド前の直線ではスピードを上げやすく、ペース配分が問われます。

また、川崎は最後の直線が300mとそこまで長くありません。

そのため、勝ち負けするには必然的に2周目の3.4コーナーで仕掛けなければなりません。

そのため、川崎記念で好走するために求められる要素はコーナーを立ち回れる器用さです。

もちろん、ペース配分がブレやすくなることから、スタミナや持久力も試されやすいですよ。

川崎記念2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ニューモニュメント牡757.0小崎綾也
2スワーヴアラミス牡857.0今野忠成
3テーオーケインズ牡657.0松山弘平
4ペイシャエス牡456.0菅原明良
5ウシュバテソーロ牡657.0横山和生
6ノットゥルノ牡456.0武豊
7テリオスベル牝655.0江田照男
8エルデュクラージュセ957.0本田正重
9フォルベルール牡557.0町田直希
10ライトウォーリア牡657.0矢野貴之

過去10年の川崎記念のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201313ハタノヴァンクール2東京大賞典(G1)2
稍重211ワンダーアキュート1東京大賞典(G1)3
 31グラッツィア3みやこS(G3)5
201415ホッコータルマエ1東京大賞典(G1)1
24ムスカテール3金鯱賞(G2)6
 33トウショウフリーク2名古屋グランプリ(Jpn2)2
201515ホッコータルマエ1東京大賞典(G1)1
211カゼノコ3チャンピオンズC(G1)7
 310サミットストーン6東京大賞典(G1)3
2016112ホッコータルマエ1東京大賞典(G1)2
21サウンドトゥルー2東京大賞典(G1)1
 32アムールブリエ3名古屋グランプリ(Jpn2)1
201719オールブラッシュ5観月橋S(1,600万)1
212サウンドトゥルー1東京大賞典(G1)3
 34コスモカナディアン6招福S(1,600万)1
201816ケイティブレイブ1東京大賞典(G1)3
稍重27アポロケンタッキー4東京大賞典(G1)4
 33アウォーディー3チャンピオンズC(G1)5
201916ミツバ3名古屋グランプリ(Jpn2)2
22ケイティブレイブ1東京大賞典(G1)3
 38オールブラッシュ2浦和記念(Jpn2)1
2020112チュウワウィザード1チャンピオンズC(G1)4
不良29ヒカリオーソ7報知オールスターC(S3)3
 34デルマルーヴル3名古屋グランプリ(Jpn2)1
202111カジノフォンテン4東京大賞典(G1)2
28オメガパフューム1東京大賞典(G1)1
 34ダノンファラオ3東京大賞典(G1)12
202213チュウワウィザード1チャンピオンズC(G1)2
21エルデュクラージュ9報知オールスターC(S3)2
 36ヴェルテックス3名古屋グランプリ(Jpn2)1

【所属】近3開催は地方馬が馬券に絡んでいる

所属成績単勝率連対率複勝率
JRA【9-8-9-30】16.1%30.4%46.4%
船橋【1-1-1-9】8.3%16.7%25.0%
川崎【0-1-0-9】0.0%10.0%10.0%
大井【0-0-0-13】0.0%0.0%0.0%
浦和【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
その他
地方
【0-0-0-18】0.0%0.0%0.0%

過去10年の川崎記念で馬券に絡んだ30頭のうちの26頭が中央競馬所属馬です。

交流重賞は中央勢が好成績を残していますが、この川崎記念においても圧倒しているのは中央勢です。

ところが、近3開催のレースに限ってみると、いずれの年も最低1頭地方所属馬が馬券に絡んでいました。

近年は地方馬のレベルも上がっていますが、Jpn1の舞台で地方馬が健闘しているのは注目したいところです。

とくに、近2開催は船橋競馬所属のエルデュクラージュとカジノフォンテンが馬券に絡みました。

その前の年は川崎競馬所属のヒカリオーソが馬券に絡んでいます。

それ以外の地方所属馬は過去10年馬券に絡んでいません。

川崎もしくは船橋所属の地方馬がいたら注目してもよいでしょう。

今年の出走予定馬で川崎もしくは船橋所属の馬は3頭いました。

エルデュクラージュ(船橋)
フォルベルール(川崎)
ライトウォーリア(川崎)

【年齢】8歳以上の好走は厳しい

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【1-2-3-7】7.7%23.1%46.2%
5歳【5-0-3-13】23.8%23.8%38.1%
6歳【1-5-0-10】6.3%37.5%37.5%
7歳【3-2-3-15】13.0%21.7%34.8%
8歳以上【0-1-1-40】0.0%2.4%4.8%

過去10年の川崎記念の好走馬を年齢別にまとめました。

4歳から7歳馬まで幅広く活躍していて、そのうち5歳馬は過去10年で5勝しています。

複勝率でみると4歳馬が46.2%で最も高く、年齢を重ねるにつれ好走率を下げていますが、それでも7歳馬で34.8%と高い水準を保っています。

ところが、8歳馬になると極端に好走率を下げていて、複勝率は4.8%しかありませんでした。

川崎記念では8歳以上の馬は割引してもよさそうですね。

今年の出走登録馬の中で8歳馬は2頭いました。

エルデュクラージュ(9歳)
スワ―ヴアラミス(8歳)

【脚質】最終コーナーの位置取りに注目

過去10年の川崎記念で馬券に絡んだ30頭はいずれも最終コーナーを5番手以内で通過していました。

川崎記念はタイトなコーナーと最後の直線が300mとそこまで長くないことから、差しや追い込み一気が決まりづらいことから、逃げや先行馬の好走が目立っています。

なお、中盤まで6番手より後ろから競馬を行い、好走した馬は7頭で、これらの馬はいずれもまくりを決めていました。

差しや追い込み馬が台頭するにはまくれるかどうかが重要になるでしょう。

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の川崎記念の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【6-4-0-0】60.0%100.0%100.0%
2番人気【1-1-2-6】10.0%20.0%40.0%
3番人気【1-2-6-1】10.0%30.0%90.0%
4番人気【1-1-0-8】10.0%20.0%20.0%
5番人気【1-0-0-9】10.0%10.0%10.0%
6番人気以下【0-2-2-61】0.0%3.1%6.2%

1番人気は連対率100%!

過去10年の川崎記念の好走馬を人気別にまとめました。

突出しているのは1番人気の馬で、これまで6頭の馬が勝利しています。

残る4頭も2着に入選し、連対率は驚異の100%!

川崎記念は1番人気の信頼度が非常に高いレースです。

4.5番人気以下は危険

過去10年の川崎記念で馬券に絡んだ30頭のうち、4.5番人気の馬は合計3頭しか絡んでいません。

30頭中の23頭が1~3番人気の馬だったのです。

川崎記念は2.3番人気の馬も好成績を収めている反面、4.5番人気の馬は不振傾向にあるようです。

6番人気以下の馬から勝ち馬はでていない

過去10年の川崎記念で6番人気以下の馬は65頭出走しましたが、馬券に絡んだのはわずか4頭でした。

また、この4頭は最高着順が2着までで6番人気以下の馬は勝ち星を手にしていないのです。

川崎記念は上位人気の信頼度が高い反面、6番人気以下の馬は信頼度が低く、特に1着の軸には向いていません。

過去10年の川崎記念の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
2枠【0-1-1-8】0.0%10.0%20.0%
3枠【2-0-2-6】20.0%20.0%40.0%
4枠【0-1-3-8】0.0%8.3%33.3%
5枠【2-0-1-12】13.3%13.3%20.0%
6枠【2-0-0-16】11.1%11.1%11.1%
7枠【1-3-2-14】5.0%20.0%30.0%
8枠【2-3-0-15】10.0%25.0%25.0%

枠による大きな差はない

川崎記念の好走馬を枠順別にまとめました。

単勝率が10%を超えているのは1,3,5,6,8枠です。

そして、複勝率は1,3,4,7枠が30%を超えていました。

極端な偏りは見られないことから、川崎記念は枠順の影響が少ないレースといえるでしょう。

過去10年の川崎記念の前走レース別成績

前走レース成績
東京大賞典(G1)【6-6-2】
チャンピオンズカップ(G1)【2-1-1】
名古屋グランプリ(Jpn2)【1-0-4】

東京大賞典組がもっとも好走している

過去10年の川崎記念の好走馬を前走レース別にまとめました。

もっとも好走しているのが前走東京大賞典組で、過去10年で14頭が馬券に絡みました。

距離や間隔がほどよいことから、東京大賞典から川崎記念に挑む馬の好走事例が高いですね。

前走チャンピオンズカップ組も好走していますが絶対数は少ないですね。

もっとも、チャンピオンズカップから東京大賞典に向かう馬も多いので、数値の低さはそこまで気にしなくてもよいでしょう。

G1以外であれば、中距離ダートレースの名古屋グランプリから挑む馬も馬券に絡んでいますね。

東京大賞典・チャンピオンズカップ・名古屋グランプリから挑む馬は評価を上げてもよいでしょう。

今年の出走登録馬で上記3レースに該当した馬は5頭いました。

ウシュバテソーロ(東京大賞典1着)
テーオーケインズ(チャンピオンズC4着)
ノットゥルノ(東京大賞典2着)
ペイシャエス(名古屋グランプリ1着)
ライトウォーリア(東京大賞典5着)

川崎記念2023の注目馬3頭

川崎記念は全重賞の中でもトップクラスに上位人気の信頼度が高いレースです。

今年の出走馬で人気を集めそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

テーオーケインズ

なんといっても注目したいのはテーオーケインズです。

2021年のチャンピオンズカップでは当時ダートの中心にいたチュウワウィザードに5馬身差をつける圧勝劇を見せつけ、世代のトップに躍り出ます。

しかし、昨年の帝王賞やチャンピオンズカップでは人気を裏切る形となってしまいました。

この2戦の敗因を分析すると、叩き2戦目だったことが挙げられます。

テーオーケインズは休み明けでも動ける鉄砲が利く馬で、昨年の平安ステークスや休み明け初戦で挑んだJBCクラシックはあっさり勝ち切っているように、休み明けのほうが状態はいいです。

そして、初戦で全力を発揮してしまうのでしょう。

叩き2戦目では思うように末脚を活かせない馬なのです。

今回はチャンピオンズカップから2か月弱間隔を空けました。

十分疲れは取れていると思いますし、ポテンシャルの高さは2022年のチャンピオンズカップで証明しています。

タイトな川崎でどこまでやれるかは未知数ですが、昨年の帝王賞やチャンピオンズカップの敗退で少しでも人気を落としてくれたら配当妙味に期待できるでしょう。

★評価点
・一昨年のチャンピオンズカップが強すぎる
・鉄砲が利く

▼課題
・タイトな川崎で立ち回れるか

ウシュバテソーロ

前走の東京大賞典は初めてのG1レースでしたが、最後の直線で上がり最速37秒2の末脚を活かした差し切り競馬で勝利し、G1ホースの仲間入りを果たしました。

去年の今頃はクラス戦止まりの馬でしたが、実力で大昇格を果たしたのです。

前走の東京大賞典はオメガパフューム不在で例年よりもメンバーレベルは低かったですが、それでもノットゥルノやメイショウハリオらに先着したのは大きいですね。

今回の川崎記念はタイトなコーナー、そしてテーオーケインズといった強敵が課題となるでしょう。

また、差し馬なのでどこで仕掛けるかもポイントになりますね。

騎手の仕掛けどころと立ち回りが課題になると思います。

★評価点
・東京大賞典の勝ち馬
・データと相性のいい前走東京大賞典組

▼課題
・差し馬
・まくりが重要

ノットゥルノ

昨年のジャパンダートダービーでは不良馬場をものともしない捲りからのロングスパートを決めて世代の頂点に躍り出ました。

しかし、日本テレビ盃やチャンピオンズカップは掲示板外に敗れ、同期のクラウンプライドやハピに差を突かれようとしています。

それでも、前走の東京大賞典ではウシュバテソーロ同様差しの競馬で連対し、世代上位の実力を見せました。

ノットゥルノのは差し~追い込みなので川崎記念で好走するには立ち回りが非常に重要です。

特に、2周目の3.4コーナーにおけるまくりは必至でしょう。

騎乗する武豊騎手は言わずと知れた名手ですが、どこで仕掛けるかが勝ち負けするうえで重要です。

ノットゥルノが好走するうえで武豊騎手のセンスと判断がポイントとなりそうですね。

★評価点
・JDD勝ち馬
・データと相性のいい前走東京大賞典組

▼課題
・後方馬なので仕掛けどころが大事になる

川崎記念2023の穴馬2頭

川崎記念は穴馬の台頭は滅多にみられません。

しかしながら、近年は地方所属馬が3年連続馬券に絡み、波乱のにおいも少なからず出てきています。

今年の出走馬で配当に期待できそうな2頭の馬を紹介しましょう。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

エルデュクラージュ

エルデュクラージュは2022年の川崎記念において、9番人気ながらも2着に入選し、高配当に貢献しました。

データと相性のいい船橋所属の馬ですし、今年で明け9歳になりましたが年始に開催された放置オールスターカップを勝利しているようにまだまだ元気いっぱいですね。

データと相性の悪い8歳以上の馬ですが、これまで川崎は4回走って【1-2-1-0】と舞台適性の高さは健在です。

年齢のデータを覆す活躍に、今年も期待したいですね。

★評価点
・昨年2着
・今年さっそく勝利をつかんだ
・川崎と相性がいい
・データと相性のいい船橋所属馬

▼課題
・データと相性の悪い8歳以上の馬

カジノフォンテン

一昨年の勝ち馬であるカジノフォンテンにも注目したいです。

一昨年の川崎記念では最内1枠から果敢に逃げの競馬を行い、見事逃げ切り勝利を収めています。

昨年は勝ち星をつかめていないことから、年齢的な衰えは隠し切れていませんが、川崎自体は逃げ馬有利なので、カジノフォンテンの脚質に合っている舞台です。

データと相性のいい船橋所属という点も評価したいですね。

近走の内容からここは人気を落とすと思いますが、ノーマークの逃げで波乱の立会者になれるか、注目したいです。

★評価点
・船橋所属馬
・一昨年の川崎記念勝ち馬
・逃げの競馬が得意

▼課題
・昨年は勝ち星をつかむことができなかった

川崎記念2023予想の最終買い目

枠順確定後に川崎記念2023予想の最終買い目を発表します。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次