[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【兵庫チャンピオンシップ2023予想】JRA所属馬が〝21連勝〟!特に関西馬が強い!

兵庫チャンピオンシップ2023予想

兵庫チャンピオンシップ2023予想の最終買い目を更新しました!

兵庫チャンピオンシップ2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータと傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

兵庫チャンピオンシップ2023の概要

兵庫チャンピオンシップは園田競馬場で開催される3歳限定重賞です。

中央競馬所属の3歳馬にとっては最初に出走できるダート重賞となっています。

2歳~3歳春にデビューした中央ダート馬は、将来の大舞台に躍進するためにもここに出走して賞金と実績を積もうとします。

過去にはコパノリッキーやクリソベリル、ケイティブレイブなどが兵庫チャンピオンシップを制したのち、大舞台でも活躍しました。

中央馬にとっては登竜門という位置づけがされていますよ。

ところで兵庫チャンピオンシップは兵庫三冠の二冠目に該当するレースとなっています。

一冠目が菊水賞で三冠目が園田ダービーで、1か月の周期で開催されるため割と忙しいです。

兵庫所属馬のほとんどが三冠タイトルを狙いますが、三冠を狙う上で中央勢が一挙集う兵庫チャンピオンシップが一番高い壁となっています。

ちなみに過去に兵庫三冠を成し遂げたのは2001年のロードバクシンのみで、それ以降は現れていません。

それほど三冠タイトルを獲得するのは至難なのです。

今年も中央馬と地方馬がそれぞれの戦略と進路を考えたうえでこの舞台に集まりました。

園田の舞台でどのようなレースが繰り広げられるか、注目です。

兵庫チャンピオンシップ2023の開催内容

開催日5月3日(水曜・祝) 17:55発走
格付けJpn2
開催競馬場園田競馬場 園田11R
コースダート1,870m
性齢3歳
斤量定量
1着賞金3500万円

兵庫チャンピオンシップ2023が開催される園田のダート1,870mの特徴

園田競馬場 ダート1870mのコースで特徴を解説

園田競馬場は全長が1,051mの右回りコースです。

兵庫チャンピオンシップのコースは1,870mもあるので、コースを1周半、コーナーを6回も回ります。

スタート地点は2コーナーの出口付近で、スタートから最初の3コーナーまで緩やかな上り坂を駆け上がります。

3.4コーナーはスパイラルカーブが導入されていますが、1周目は各馬気にせずに自分のペースに集中します。

最初のスタンド前直線は213mです。

1.2コーナーを過ぎて再び3.4コーナーに差し掛かるあたりで動き出す馬も現れます。

園田は全長が短くて3コーナー手前当たりがラスト600mです。

そのため、上がり3ハロンを全力で駆けるには向こう正面あたりでスパートを駆けなければならないのです。

2周目の3.4コーナー通過の段階ではほとんどの馬がペースアップします。

スパイラルカーブの構造上、4コーナーから直線に入る段階で各馬は広がります。

各馬横一線になりながら213mの直線を駆け抜けるのです。

園田はコーナーが6つあるので立ち回りが重要です。

そのため、コーナーワークが得意な馬が好走しやすいです。

ペースに関してはカーブが多いのでゆったりする傾向があります。

瞬発力や最高速度も出にくいコースのため、逃げや先行馬が活躍しやすいコースとなっています。

兵庫チャンピオンシップ2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ミコフランシスカ牝355.0松本剛志
2キリンジ牡357.0下原理
3サンライズジーク牡357.0M.デムーロ
4マルカラピッド牝355.0松若風馬
5ネバーエバー牡357.0笹田知宏
6ミトノオー牡357.0武豊
7ベラジオソノダラブ牡357.0田中学
8ウィンチップ牡357.0廣瀬航
9ビキニボーイ牡357.0吉村智洋
10ブエラフェルテ牡357.0鴨宮祥行
11メイショウオーロラ牝355.0横山典弘
12サインポール牡357.0小谷周平

兵庫チャンピオンシップの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
202217ブリッツファング31勝1
23ノットゥルノ2伏竜ステークス(OP)2
 39コンシリエーレ4サウジダービー(G3)3
202117リプレーザ21勝1
25ゴッドセレクション1伏竜ステークス(OP)1
 39ランスオブアース4伏竜ステークス(OP)10
202019バーナードループ11勝1
210ダノンファラオ2伏竜ステークス(OP)6
 37サンデーミラージュ31勝クラス1
201919クリソベリル1500万1
212ヴァイトブリック2ヒヤシンスS(OP)2
 35バンローズキングス7菊水賞(重賞)6
201813テーオーエナジー1500万1
稍重24ビッグスモーキー2スプリングS(G2)10
 35キャベンディッシュ3伏竜ステークス(OP)7
201717タガノディグオ3500万1
26ノーブルサターン5伏竜ステークス(OP)7
 31クイーンマンボ2500万1
201618ケイティブレイブ2伏竜ステークス(OP)3
26ゴールドドリーム1ヒヤシンスS(OP)1
 34グランセブルス5500万1
2015112クロスクリーガー1伏竜ステークス(OP)1
23リアファル2伏竜ステークス(OP)2
 31ポムフィリア6500万1
201415エキマエ2ヒヤシンスS(OP)1
稍重26ランウェイワルツ3伏竜ステークス(OP)1
 311エスメラルディーナ1フィリーズレビュー(G2)3
201319コパノリッキー1伏竜ステークス(OP)1
25ベストウォーリア3500万1
 38ソロル2伏竜ステークス(OP)6

【配当】三連複の万馬券は1度のみの順当レース

年度単勝馬連三連複三連単
2022400円600円1,040円5,010円
2021500円230円530円3,300円
2020210円240円330円1,080円
2019110円130円10,370円26,980円
2018140円220円340円890円
2017600円4,280円3,110円28,970円
2016460円200円930円4,100円
2015160円180円890円1,930円
2014250円470円200円1,400円
2013150円400円300円1,130円
平均配当298円695円1,804円7,479円

過去10年の兵庫チャンピオンシップの平均配当を券種ごとにまとめました。

単勝平均配当は298円で三連単も7,479円です。

三連単は過去10開催で万馬券が2度しか出ていませんでした。

その他の券種の平均配当も安めのものが多いですね。

兵庫チャンピオンシップは大荒れには期待できないレースといえるでしょう。

【脚質】前を走る馬が強い

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【4-5-2-7】22.2%50.0%61.1%
先行【6-3-5-18】18.8%28.1%43.8%
差し【0-2-3-33】0.0%5.3%13.2%
追込【0-0-0-30】0.0%0.0%0.0%

過去10年の兵庫チャンピオンシップの好走馬を脚質別にまとめました。

勝ち馬はいずれも逃げもしくは先行馬でした。

また、馬券内に入選した25頭も逃げもしくは先行馬だったのです。

園田競馬場は全競馬場の中でも特に全長が短く、特にダート1,870mはコーナーを6回も回ることから立ち回りの器用さが求められます。

後ろから競馬する馬よりも逃げや先行といった前を走る馬のほうがロスなく立ち回れることが逃げもしくは先行馬が活躍している要因なのです。

兵庫チャンピオンシップでは逃げか先行馬に注目したいですね!

【所属】関西所属の中央馬が強い

所属成績単勝率連対率複勝率
中央(栗東)【8-9-5-12】23.5%50.0%64.7%
中央(美浦)【2-1-4-8】13.3%20.0%46.7%
兵庫【0-0-1-48】0.0%0.0%2.0%
その他地方【0-0-0-20】0.0%0.0%0.0%

過去10年の兵庫チャンピオンシップの好走馬29頭が中央競馬所属の馬でした。

ちなみに2002年から2021年までの21年間勝利しているのはJRA所属馬です。

また、中央所属馬には関東馬(美浦)と関西馬(栗東)がいますが、過去10年で馬券に絡んだ22頭が関西馬(栗東)だったのです。

兵庫チャンピオンシップは中央馬でも関西馬のほうが好走する可能性が高いですよ。

今年の出走馬で中央に所属していてなおかつ関西馬は4頭いました。

・キリンジ
・サンライズジーク
・マルカラピッド
・メイショウオーロラ

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

兵庫チャンピオンシップの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【5-2-1-2】50.0%70.0%80.0%
2番人気【3-5-2-0】30.0%80.0%100.0%
3番人気【2-2-2-4】20.0%40.0%60.0%
4番人気【0-0-2-8】0.0%0.0%20.0%
5番人気【0-1-1-8】0.0%10.0%20.0%
6番人気以下【0-0-2-66】0.0%0.0%2.9%

上位人気が圧倒!

過去10年の兵庫チャンピオンシップの好走馬を人気別にまとめました。

馬券に絡んだ30頭のうちの24頭が1~3番人気に支持された馬だったのです。

特に2番人気は過去10年すべてで馬券内に入選し、複勝率は文句なしの100%です。

兵庫チャンピオンシップは上位人気が強いレースといえるでしょう。

1~3番人気に支持された馬はいずれも中央所属馬

過去10年の兵庫チャンピオンシップで1~3番人気に支持された30頭はいずれも中央競馬に所属している馬でした。

この時期に参戦する中央勢はすでに実績を残している馬が多いです。

また、将来のビッグレースに向けて、実績と賞金を得ようとする馬が多いです。

春の時点で実力を残している馬が多数参戦するため、中央・地方問わず世代トップクラスのダート馬が参戦することから、中央勢が人気しがちなのです。

中央勢は特に人気する傾向が強いのです。

兵庫チャンピオンシップの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-0-2-8】0.0%0.0%20.0%
2枠【0-0-0-10】0.0%0.0%0.0%
3枠【1-2-0-7】10.0%30.0%30.0%
4枠【0-1-1-8】0.0%10.0%20.0%
5枠【1-5-2-11】5.3%31.6%42.1%
6枠【4-0-2-14】20.0%20.0%30.0%
7枠【3-1-2-14】15.0%20.0%30.0%
8枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%

外枠が好走している

過去10年の兵庫チャンピオンシップの勝ち馬9頭が5~8枠の外枠でした。

また、馬券に絡んだ23頭も5枠より外の馬だったのです。

兵庫チャンピオンシップの舞台である園田競馬場は小回りコースなので内の馬のほうが好走するイメージがありますが、実際は外枠のほうが結果を残している馬が多いです。

外枠を引いた馬は評価をあげてもよいでしょう。

兵庫チャンピオンシップの過去10年の前走クラス別成績

前走クラス成績
G2【0-1-1】
G3【0-0-1】
オープン【4-8-3】
1勝(500万)【6-1-4】
地方重賞【0-0-1】

前走オープンもしくは1勝クラスの馬が強い

過去10年の兵庫チャンピオンシップの勝ち馬は前走オープンレース(非重賞)もしくは1勝クラスのレースを使われていました。

また、馬券に絡んだ26頭もこれに該当しています。

レース別に見てみると、前走伏竜ステークスやヒヤシンスステークスを使われた馬が好走しています。

兵庫チャンピオンシップでは前走オープンレースもしくは1勝クラスを使われた馬に注目したいですね。

今年の出走馬で前走オープンもしくは1勝クラスを使われた馬は4頭いました。

キリンジ
(前走1勝クラス/1着)

マルカラピッド
(前走昇竜ステークス/7着)

ミトノオー
(前走伏竜ステークス/1着)

メイショウオーロラ
(前走1勝クラス/1着)

兵庫チャンピオンシップ2023の有力馬3頭

中央所属馬にとって兵庫チャンピオンシップはダートの登竜門、そして兵庫所属馬にとっては二冠目のレースとなります。

今年もそれぞれの目標を持った馬が多数出走登録しています。

今年の出走登録馬で注目したい馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ミトノオー

近2戦は逃げきりで勝利を収めたミトノオーが兵庫チャンピオンシップに参戦します。

勝利した3戦はすべてダート1,800mのもので典型的な中距離ダート馬といえるでしょう。

前走の伏竜ステークスは雨の余韻が残った中山でレースを行いましたが後続を振り切って完勝しました。

その前の黒竹賞は良馬場でしたがここでも逃げて2着のタイセイマンボに3馬身半差をつけて圧勝しました。

唯一敗れたオキザリス賞は距離が短かったうえ出遅れで後ろからの競馬になっていたので全く度外視してもいいです。

データと相性の悪い関東馬ですが、名手武豊騎手が騎乗することからも勝負の気配を感じます。

距離も問題ないですし、脚質的にも好走に期待できるでしょう。

★評価点
・中距離適性がある
・武豊騎手が騎乗する
・データと相性のいい逃げ馬

▼課題
・データと相性の悪い関東馬

メイショウオーロラ

3月にデビューしたオーロラテソーロはデビュー戦で逃げの競馬を行いながらも上がり最速37秒0の末脚でゴール。

2着のスマートカリスに4馬身差つけて完勝し、華々しいデビューを飾りました。

前走の1勝クラス戦でも2番手の競馬で勝利し、新馬戦の実力を如何なく発揮しています。

2戦2勝で無敗。さらにはデビュー戦で手綱を握った横山典弘騎手が騎乗するのも心強いですね。

相手関係は強化されますが、近2戦のパフォーマンスを発揮できればここでもいいところいきそうです。

★評価点
・近2戦が強い競馬
・横山典弘騎手が騎乗
・逃げ馬

▼課題
・相手関係の強化

サンライズジーク

サンライズジークもここで注目される1頭です。

2走前の1勝クラスは重馬場で時計が出やすいことを踏まえても上がり最速37秒0の末脚で最先着しました。

この時のタイム1分35秒5の時計はこの時期の3歳馬にしては優秀で、スピードが求められる条件下でしっかりと実力を発揮できたのです。

前走のニュージーランドトロフィーは15着に大敗していますが、アンダーグラウンドの芝レースなので度外視してもいいでしょう。

ここは久々のダート戦ですが、これまでのキャリアを見てもダートは【2-1-0-1】と安定しています。

9着に敗れたくすのき賞は後ろからの競馬で出し切れませんでした。

ここでも激走に期待できるでしょう。

★評価点
・ダートで2勝
・前の競馬が得意
・デムーロ騎手が手綱を握る

▼課題
・相手関係が手ごわいかもしれない

兵庫チャンピオンシップ2023の穴馬2頭

兵庫チャンピオンシップは大荒れすることはほとんどありませんが、今年の出走馬の中には魅力のある馬も多数いました。

今年の出走馬で配当に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

キリンジ

これまでは差しの競馬でなかなか芽が出ませんでしたが、近2戦は先行競馬で連勝しているキリンジが兵庫チャンピオンシップに出走します。

これまで後ろからの競馬で凡走し、前の競馬に切り替えたとたん連勝しているので脚質的には先行競馬がもっとも出し切れています。

兵庫チャンピオンシップ自体が逃げと先行馬が独占しがちなのでよっぽど出遅れでもしない限りはここでも前を狙うでしょう。

特に、2走前の未勝利戦はハイペースの流れで勝利しています。

斤量の恩恵があったとはいえ厳しい流れで勝ち切れたのは高く評価したいです。

今回は前を走る馬が多数そろったので先行争いが激化するかもしれません。

しかしながら、未勝利戦で見せたパフォーマンスができればチャンスもありそうです。

★評価点
・粘りの競馬が得意
・先行馬

▼課題
・前走は勝利したとはいえ2着馬とタイムは変わらない

ベラジオソノダラブ

兵庫所属のベラジオソノダラブは兵庫三冠の一冠目にあたる菊水賞の勝ち馬です。

菊水賞では稍重ダートの舞台で逃げを打ち、上がり38秒3の末脚で勝利をつかみました。

キャリアの大半を園田で過ごしていて、園田における成績は【4-1-1-0】で複勝率100%です。

園田マイスターともいえる馬ですが、今回は有力中央馬が多数そろいました。

相手関係は菊水賞よりもはるかに上がりますが、舞台適性と経験の差を活かした競馬で馬券内を目指したいです。

★評価点
・菊水賞勝ち馬
・前の競馬が得意

▼課題
・中央勢が手ごわい

兵庫チャンピオンシップ2023予想の最終買い目

兵庫チャンピオンシップ予想(晴れの良馬場想定)

兵庫チャンピオンシップが開催される3日の兵庫県尼崎市は晴れの予報が出ています。

前日2日の午前10時の段階でダートは重馬場でしたが2日3日と晴れで気温も23度近くまで上昇します。

風も5〜6mあるようなので馬場は乾くでしょう。

うましるでは晴れの良馬場、時計のかかりやすい馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

◎本命 6 ミトノオー

ロゴタイプ
シダクティヴリー
母父サンダーガルチ
主な勝ち鞍伏竜S(OP) 2023年
前走伏竜S(OP) 1着

本命はミトノオーにします。

データと相性の悪い関東馬ですがこれまでのパフォーマンスを見たらここは能力最上位なのは間違いありません。

園田は小回り競馬場なので逃げや先行馬の好走率も高いです。

ミトノオーは逃げ馬なので前目を確保してしまえば粘りの競馬に持っていけるはずです。

主戦の木幡騎手を下ろしてまで武豊騎手に騎乗依頼しているだけにここは勝ち負け必至でしょう。

前日の段階で1番人気ですがここは本命に挙げます。

〇対抗 11 メイショウオーロラ

ホッコータルマエ
エンパイアガール
母父エンパイアメーカー
主な勝ち鞍3歳1勝クラス 2023年
前走3歳1勝クラス 1着

対抗はメイショウオーロラにします。

2戦2勝で負けなしの馬で、逃げ&先行競馬を得意としているので兵庫チャンピオンシップとの相性もいいですね。

パフォーマンスを見ても 未勝利戦において2着馬のスマートカリスに4馬身差突き放して完勝しているのも高ポイント。

外枠を引きましたがのこのレースは外枠の方が好走傾向にあるのも良いでしょう。

横山典弘騎手とのコンビで初重賞初タイトルを狙います。

▲単穴 3 サンライズジーク

エピファネイア
プロヴィナージュ
母父フレンチデピュティ
主な勝ち鞍3歳1勝クラス 2023年
前走ニュージーランドT(G2) 15着

単穴はサンライズジークにします。

これまでダートは3戦使われ2勝しました。

この2戦はいずれも逃げもしくは先行競馬で勝利しています。

これまでダートは稍重以下の馬場しか走っていないこととくすのき賞の出遅れが気になったので評価を落としていますが、兵庫チャンピオンシップが前残りが顕著なので前に行けたら十分上位争いに加われると思います。

△連下 2 キリンジ

キズナ
タイムピース
母父ルーラーシップ
主な勝ち鞍3歳1勝クラス 2023年
前走3歳1勝クラス 1着

キリンジも抑えます。

2走前の未勝利戦で初勝利をつかむと続く1勝クラスも6番人気の低評価を覆す走りで勝利を掴みました。

初勝利を飾った未勝利戦は52キロでしたが前走はプラス4キロの56キロで挑みながら勝利しているのはプラス評価したいです。

上がり調子の馬ですが、阪神以外では凡走しているので小回りの園田でどこまでやれるのか気になり、相手候補に留めることにしました。

単勝

6 ミトノオー

馬連流し

軸馬:6
相手:2、3、7、11

三連複フォーメーション

1頭目:6
2頭目:2、3、7、11
3頭目:2、3、7、11

以上になります。
兵庫チャンピオンシップの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)