[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【米子ステークス2023予想】軸におすすめしたい有力馬3頭+穴馬2頭はこちら!

米子ステークス2023予想記事のサムネイル画像

米子ステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

米子ステークス2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

米子ステークス2023の予想ポイント

  • 勝ち馬はマイルの勝利実績は必須
  • 5歳が強く、高齢馬は評価を下げたい
  • 1人気は連対率80%、複勝率80%
  • 6.7枠が結果を残している
目次(読みたい項目をタップ)

米子ステークス2023の概要

米子ステークスは阪神競馬場で開催される芝1,600mのマイル競走です。

名前の由来である「米子(よなご)」は鳥取県にある地名で、2000年にウインズ米子が開設した際に設立されました。

もともとはオープン競走でしたが2019年にリステッド競走に昇格し、翌年2020年にはサマーマイル第一戦に組み込まれるようになりました。
サマーマイルとは、夏の時期に開催されるマイルレースの総合順位をポイントごとに振り分け、もっともポイントが高かった馬の所有者に賞金が与えられるシステムです。

スプリンターや中距離馬(芝2,000m)など、距離ごとに設けられていて有力馬の出走が少ない夏競馬を盛り上げる要因となっています。

しかしながら、かつては重賞レースのみが対象となっていたため短距離は6レース、中距離は5レースもあるのに対し、マイルだけは3つしか対象レースが存在しなかったのです。
そこで、非重賞競走ながらも米子ステークスがサマーマイル対象レースに指定されました。

サマーマイルの先陣を飾る米子ステークスは有力馬の参戦も少なくありません。
昨年はウインカーネリアンが米子ステークスと関屋記念を制してサマーマイル王の座を手にしました。

今年はどの馬が勝利するか、見ものです。

米子ステークス2023の開催内容

開催日6月17日(土曜) 15:35発走
格付けリステッド(L)
開催競馬場阪神競馬場 阪神11R
コース芝1,600m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金2700万円

米子ステークス2023が開催される阪神の芝1,600mの特徴

阪神競馬場 芝1600mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面の真ん中やや左側
コース右回りの外回りコース
Bコース使用
1周の距離2,113.2m
直線距離476.3m
高低差2.4m
フルゲート18頭

阪神芝1,600mは外回りコースを使用します。

スタート地点は向こう正面真ん中やや左で、最初の3コーナーまでは444mもあるため枠の影響はほとんどありません。

3.4コーナーは非常に大きなコーナーを描いているので極端に減速しなくてもカーブできます。

また、4コーナーの途中から下り傾斜になり、しかも3ハロン標識も立っているため各馬はペースを引き上げながら最後の直線に入ります。

ラストの直線は約474mで右回りの競馬場で最長の直線距離となります。

必然的に末脚を長く活かすことができます。

しかしながら、ゴールから残り200mのところに阪神名物の急坂があります。

この坂は高低差1.8mですが傾斜がきついのがポイントで、坂を駆け上がるだけのパワーが必要です。

坂を上った先にゴールがあります。

阪神の芝1,600mは瞬発性が問われやすく、後傾ラップになりやすいです。

スローからの上がり勝負になることが多いので瞬発性や最高速度を維持する持久性が試されやすいです。

脚質でいうと差しや追い込み馬が有利ですが、先行馬でも上がりの末脚に定評がある馬なら活躍しやすいですよ。

阪神の芝1,600mはここをチェック!

  • 数多くの重賞が行われている
  • ワンターンコース
  • 上がり勝負になりやすい
  • 8枠は若干好走率が低い
  • 関西騎手が強い

米子ステークス2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1リプレーザ牡557.0国分優作
2ノルカソルカ牡657.0今村聖奈
3ラセット牡858.0加藤祥太
4メイショウオーパス牡858.0角田大河
5ラインベックセ658.0藤岡康太
6アナゴサン牡557.0松若風馬
7ウイングレイテスト牡658.0松岡正海
8ワールドウインズセ657.0幸英明
9グレイイングリーン牡557.0岩田望来
10シャイニーロック牡758.0酒井学
11メイショウシンタケ牡557.0西村淳也
12セルバーグ牡457.0松山弘平
13ジャスティンスカイ牡458.0川田将雅

米子ステークスの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
114ウインカーネリアン1谷川岳ステークス(L)1
210カイザーミノル6ダービー卿CT(G3)7
38クラヴァシュドール8六甲ステークス(L)14
2021
113ロータスランド2須磨特別(2勝)1
27スマートリアン1谷川岳ステークス(L)2
316クラヴァシュドール4福島牝馬ステークス(G3)取消
2020
115スマイルカナ2オークス(G1)9
212ラセット9安土城ステークス(L)5
34ミッキーブリランテ8錦ステークス(3勝)9
2019
稍重
15オールフォーラヴ1錦ステークス(1,600万)1
211リライアブルエース2安土城ステークス(L)3
39シャイニービーム11メイステークス(OP)6
2018
17ベステンダンク9障害未勝利4
22タイセイサミット1メイステークス(OP)6
39マサハヤドリーム4都大路ステークス(OP)4
2017
14ブラックムーン1東京新聞杯(G3)8
22サトノラーゼン4洛陽ステークス(OP)10
36グァンチャーレ5洛陽ステークス(OP)2
2016
11ケントオー4安土城ステークス(OP)8
23クイーンズリング1ヴィクトリアマイル(G1)8
35ダイシンサンダー3錦ステークス(1,600万)1
2015
11スマートレイアー1ヴィクトリアマイル(G1)10
23オリービン5高松宮記念(G1)12
310メイショウヤタロウ7安土城ステークス(OP)8
2014
17サンライズメジャー3安土城ステークス(OP)2
212ブレイズアトレイル4ダービー卿CT(G3)7
39サンレイレーザー2谷川岳ステークス(OP)1
2013
111エーシンミズーリ1都大路ステークス(OP)4
215サワノパンサー10朱鷺ステークス(OP)8
312ダノンプログラマー3ディープインパクトC(OP)8

【コース適性】マイル実績は必須!阪神実績も欲しい

年度勝ち馬阪神実績マイル実績
2022ウインカーネリアン【0-0-0-1】【2-1-0-2】
2021ロータスランド【3-1-0-1】【2-1-0-1】
2020スマイルカナ【0-0-1-1】【3-0-1-2】
2019オールフォーラヴ【1-1-0-2】【1-0-0-1】
2018ベステンダンク【1-1-1-6】【3-4-3-5】
2017ブラックムーン【1-1-1-2】【4-2-2-4】
2016ケントオー【1-1-0-3】【2-1-1-3】
2015スマートレイアー【4-0-0-2】【1-0-0-2】
2014サンライズメジャー【0-1-3-0】【4-0-3-2】
2013エーシンミズーリ【2-3-0-0】【2-4-2-2】

過去10年の勝ち馬はいずれもマイルレース(芝1,600m)の勝利がありました。

また、勝ち馬の7頭はこれまでに阪神のレースで勝利実績があります。

該当しなかった3頭の内、スマイルカナは桜花賞で3着、サンライズメジャーは勝利こそありませんでしたが4戦中4戦とも2.3着入りしています。

米子ステークスはマイル実績のある馬が勝ち切りやすく、阪神コース適性の高い馬はより好走していました。

今年の出走馬でマイルにおける勝利経験がなかった馬は4頭いました。

・グレイイングリーン
・メイショウシンタケ
・リプレーザ
・ワールドウインズ

また、阪神競馬場のレースで勝利実績がなかった馬は3頭いました。

・ウイングレイテスト
・ノルカソルカ
・ワールドウインズ

【年齢】5歳が強く、高齢馬は評価を下げたい

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【3-2-2-18】12.0%20.0%28.0%
5歳【5-4-4-18】16.1%29.0%41.9%
6歳【1-3-1-31】2.8%11.1%13.9%
7歳【0-1-3-21】0.0%4.0%16.0%
8歳以上【0-0-0-12】0.0%0.0%0.0%

過去10年の米子ステークスの勝ち馬5頭が5歳馬でした。

5歳馬は勝率、連対率、複勝率いずれもトップです。

対して、7歳以上の馬は勝利ゼロ、8歳以上になると1頭も馬券に絡んでいません。

米子ステークスは5歳が強く、年齢を重ねれば重ねるほど好走事例が少なくなるレースです。

今年の出走馬で5歳馬は5頭、8歳以上の馬は2頭いました。

5歳馬
・アナゴサン
・グレイイングリーン
・シャーレイポピー
・メイショウシンタケ
・リプレーザ

8歳以上
・メイショウオーパス
・ラセット

【所属】関西馬が強いものの、関東馬も侮れない

所属成績単勝率連対率複勝率
関東(美浦)【2-0-0-16】11.1%11.1%11.1%
関西(栗東)【8-10-10-84】7.1%16.1%25.0%

過去10年の米子ステークスの勝ち馬8頭は関西所属の馬でした。

また、2.3着に絡んだ20頭もすべて関西馬です。

西日本で行われるレースなのでどうしても関東馬は苦戦気味です。

しかしながら、近年は2020年のスマイルカナや昨年のウインカーネリアンのように関東馬の勝ち馬も現れており、単勝率だけ見たら関東馬が関西馬に勝っています。

過去のデータを見る限り関東馬の2.3着はゼロなので思い切って1着軸も面白いかしれません。

今年の出走馬で関東馬はウイングレイテストのみ該当しました。

マーメイドS(G3)とユニコーンS(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでマーメイドS(G3)とユニコーンS(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

米子ステークスの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【5-3-0-2】50.0%80.0%80.0%
2番人気【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
3番人気【1-0-2-7】10.0%10.0%30.0%
4~6番人気【1-4-3-22】3.3%16.7%26.7%
7~9番人気【1-1-3-25】3.3%6.7%16.7%
10番人気以下【0-1-1-38】0.0%2.5%5.0%

1番人気の信頼度は非常に高い

過去10年の米子ステークスで1番人気は5勝、2着にも3頭が入り連対率は80%でした。

とにかく1番人気の好走が高く、1番人気は軸に最適なのです。

堅い決着は4回

過去10年の米子ステークスで馬券内を1~5番人気の馬が占めた年は4度ありました。

逆に言うとそれ以外の年は6番人気以下の馬が1頭以上馬券に絡んでいます。

米子ステークスは1番人気の信頼度こそ高いものの、相手には伏兵も台頭することが多いです。

二けた人気馬の信頼度は低い

過去10年の米子ステークスで10番人気以下の馬は40頭出走しましたが、馬券に絡んだのは2013年のサワノパンサーと2019年のシャイニービームのみでした。

それ以外の馬はいずれも着外に敗れています。

なお、サワノパンサーは2012年の米子ステークスでも18番人気ながら2着に激走し、複勝配当6,050円が付きました。

シャイニービームもその年開催されたポートアイランドステークスや翌年のリゲルステークス(ともに阪神芝1,600m)において人気を落としながらも4着入りしていて舞台適性が高い馬でした。

阪神マイルを得意としている馬なら人気落ちでも警戒していいかもしれません。

米子ステークスの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-0-0-11】15.4%15.4%15.4%
2枠【0-2-1-11】0.0%14.3%21.4%
3枠【0-2-0-12】0.0%14.3%14.3%
4枠【1-1-1-11】7.1%14.3%21.4%
5枠【1-1-1-13】6.3%12.5%18.8%
6枠【3-1-2-11】17.6%23.5%35.3%
7枠【3-1-3-13】15.0%20.0%35.0%
8枠【0-2-2-18】0.0%9.1%18.2%

6.7枠が結果を残している

過去10年の米子ステークスの好走馬を枠順別に見てみると、6枠と7枠だけで6頭の勝ち馬がでていました。

この2つの枠は連対率20%、複勝率30%を超えています。

また、9番人気ながら勝利した2018年のベステンダンクは6枠でした。

さらに近3開催の勝ち馬はいずれも7枠です。

米子ステークスは6枠と7枠の馬が結果を残しやすいようです。

米子ステークスの過去10年の前走着順別成績

前走着順成績単勝率連対率複勝率
1着【3-0-3-5】27.3%27.3%54.5%
2着【1-1-1-5】12.5%25.0%37.5%
3着【0-1-0-3】0.0%25.0%25.0%
4着【2-0-1-6】22.2%22.2%33.3%
5着【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
6~9着【2-6-3-29】5.0%20.0%27.5%
10着以下【2-2-1-46】3.9%7.8%9.8%

上位好走馬が強い

過去10年の米子ステークスの好走馬を前走着順別にまとめました。

もっとも好走していたのは前走を勝利している馬で単勝率27%、複勝率は54%もありました。

そのほか、2~4着だった馬も複勝率25%を超えていて結果を残しています。

米子ステークスは前走の着順にも目を配りたいです。

今年の出走馬に前走1.2着馬はいませんが、3.4着馬は4頭いました。

アナゴサン(前走3着)
シャイニーロック(前走4着)
セルバーグ(前走4着)
ワールドウインズ(前走4着)

米子ステークス2023の有力馬3頭

米子ステークスは上位人気、特に1番人気の馬が強いレースです。

今年もっとも支持を集める馬はどの馬でしょうか。

今年の出走馬で上位人気を集めそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ジャスティンスカイ

もっとも人気を集めそうなのはジャスティンスカイです。

3連勝を経て挑んだ前走のマイラーズカップは2番人気に支持されましたが、後手を選択した結果、窮屈な競馬になってしまって9着に敗れています。

これには騎乗していた川田騎手も「馬の持ち味を発揮できなかった騎乗をした」と反省していました。

今回の舞台である阪神マイルは勝利実績もありますし、チャンスは十分あるでしょう。

マイラーズカップよりも格下相手になりますし、確実に勝利をつかみたいです。

★評価点
・リステッドの洛陽ステークス勝ち馬
・前走マイラーズカップで2番人気に支持された
・先行も差しもいける

▼課題
・特にありません。

セルバーグ

こちらも条件戦を勝利し晴れてオープン入りしました。

前走の六甲ステークスは初めてのリステッド競走でしたがこれまでとは打って変わって中団からの競馬でした。

慣れない競馬となりましたがそれでも上がり34秒2の末脚を使って4着入りしているように地力の高さを感じられます。

今回は前走と同じコースとなります。

どのような競馬を行うか、注目したいですね。

★評価点
・阪神マイル実績がある
・前走六甲ステークスも悪く無い内容

▼課題
・勝ち負けするには一工夫必要か

アナゴサン

名前に反して確かな実力を身に付けているアナゴサン。

先行競馬を得意としていて前々走の立雲峡ステークスでは逃げ粘りの競馬で勝利をつかみました。

前走の谷川岳ステークスは昇級初戦のレースでしたがここでも粘りの競馬で3着入りしています。

近年のレース傾向を見ると、稍重以下の馬場で結果を残しているのでできれば一雨欲しいところです。

晴れて時計の出やすい馬場なら消してもよいと思いますし、天候とトラックバイアスで評価を決めたいです。

★評価点
・前の競馬が得意
・前走3着
・タフな馬場で結果を残している

▼課題
・良馬場なら評価を下げたい

米子ステークス2023の穴馬2頭

米子ステークスはしばしば穴馬も馬券に絡みます。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな馬を2頭まとめました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ラインベック

父は名馬ディープインパクトで母はG1タイトルを5勝したアパパネという超良血馬です。

両親の実力に対してなかなか結果を残せず気が付けば6歳になってしまいました。

しかしながら、昨年12月に行われたリゲルステークスで2着入りすると今年初戦に挑んだ東風ステークスを制し、1年半ぶりに勝利をつかんだのです。

前走の六甲ステークスは9着に敗れてしまいましたが、重馬場が合っていなかった可能性があります。

近年はにわかに復活の兆しを感じさせますし、マイルも得意としているので前走の1戦で人気を落とすようでしたら抑えておきたいです。

★評価点
・近走で調子を上げつつある
・マイルが得意

▼課題
・タフな馬場は脚に合わなさそう

ワールドウインズ

近年は結果を残していませんが、近2戦はともにリステッド競走を使われて4着入りしました。

馬券に絡んでいないので目立ちませんが、この2戦は勝ち馬との差が0.2秒なので悪くありません。

特に前走のリゲルステークスは今回同様阪神芝1,600mだったのでコース適性も高いです。

半年ぶりの休み明けになりますがもしかしたら一発あるかもしれませんよ。

★評価点
・近2戦がリステッドで4着
・阪神マイルでも上位争いできている

▼課題
・長期休み明け
・最後の勝利から2年以上経っている

米子ステークス2023予想の最終買い目

米子ステークス(晴れの良馬場想定)

米子ステークスが開催される土曜日の阪神競馬場は晴れの予報が出ています。

前日金曜日も雨の気配はないので良馬場での開催が濃厚でしょう。

気になる馬場状態ですが、先週土曜日の良馬場で行われた芝レースを見る限り時計は出ていました。

なお、先週の日曜日は雨で稍重だったので参考外にしています。

今週の土曜日も晴れるので先週の時計を見る限り高速馬場の可能性が高いです。

うましるでは晴れの良馬場、高速馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

ユニコーンS(G3)マーメイドS(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 13 ジャスティンスカイ

キタサンブラック
リアリサトリス
母父Numerous
主な勝ち鞍洛陽S(L) 2023年
前走マイラーズC(G2) 9着

本命はジャスティンスカイにしました。

これまで近走を見てみると3連勝であっという間にオープン入りを果たした実力馬です。

前走のマイラーズカップは位置取りや仕掛けのタイミングが悪くて実力を発揮できませんでしたが、地力はこんなものではありません。

今回の米子ステークスは非重賞レースということもあり、前走マイラーズカップよりメンバーレベルは劣ります。

その中で出馬表を見ると、ジャスティンスカイの成績はメンバーの中でも最上位ですし実績も折り紙付きです。

時計の出る馬場で出し切れるので雨が降らないのもジャスティンスカイにとってありがたいですし、普通に乗れば勝ち負けできるでしょう。

〇対抗 12 セルバーグ

エピファネイア
エナチャン
母父キンシャサノキセキ
主な勝ち鞍武庫川S(3勝クラス) 2023年
前走六甲S(L) 4着

対抗はセルバーグにしました。

こちらもジャスティンスカイに似ていて2連勝でオープン入りを果たしました。

前走の六甲ステークスは慣れない重馬場のために敗れてしまいましたが、良馬場のレースで結果を残しているので明日の快晴は追い風となるでしょう。

主戦を務めていた今村聖奈騎手ではなく実績のある松山騎手に乗り替わるところを見てもここメイチで挑んでくる雰囲気が伝わりますし、陣営の意気込みが感じられます。

確かな実績もあるのでここは対抗評価にしました。

▲単穴 10 シャイニーロック

ベルシャザール
ノードラメール
母父ロックオブジブラルタル
主な勝ち鞍リゲルS(L) 2022年
前走マイラーズC(G2) 4着

単穴はシャイニーロックにしました。

これまでの戦績を見ると穴馬の一角になりそうですが、前走のマイラーズカップは時計の出やすい京都の芝コースで終始逃げに特化して4着入選しました。

惜しくも馬券に絡むことはありませんでしたが勝ち馬シュネルマイスターとの差はわずか0.1秒で非常に惜しい競馬だったのです。

阪神マイルコースにおける実績もありますし、ノーマークの逃げがはまれば前走のように激走できるでしょう。

△連下  8 ワールドウインズ

ルーラーシップ
エイジアンウインズ
母父フジキセキ
主な勝ち鞍関門橋S(OP) 2021年
前走リゲルS(L) 4着

ワールドウインズは連下にします。

ここ数戦は馬券に絡んでいません。

しかしながら近2戦はいずれも阪神マイルにおけるリステッド競走を使われてともに4着に入選しています。

この2戦は勝ち馬との差が0.2秒と小さく、展開次第では馬券に絡む可能性もありました。

休み明けは気になるもののコース適性は高いですし、展開次第で馬券内も十分あり得る1頭だと思います。

△連下  5 ラインベック

ディープインパクト
アパパネ
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍東風S(L) 2023年
前走六甲S(L) 9着

良血馬のラインベックも連下にしました。

長らく馬券に絡むことはありませんでしたが3走前のリゲルステークスではスロー展開からの先行競馬で2着に好走しています。

そして、続く東風ステークスも先行競馬で勝利をつかみました。

近走を見る限りは復活の気配が感じられますし、長く続いたスランプも脱却しつつあります。

前走の六甲ステークスは不慣れな重馬場だったのでそこまで気にしなくてもよいでしょう。

良馬場であれば再びの激走にも期待できます。

△連下  6 アナゴサン

ミッキーアイル
タケノローマン
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍立雲峡S(3勝クラス) 2023年
前走谷川岳S(L) 3着

アナゴサンは抑えにしました。

これまで安定した走りで賞金を加算し、オープン入りを果たしています。

近2戦も馬券に絡んでいますがこの2戦は稍重以下の馬場で持久性が問われました。

前々走の立雲峡ステークスは逃げで、前走谷川岳ステークスは2番手の競馬で粘り切れたのは持久性が問われたことと差しや追い込み馬が不発気味になったことも要因です。

米子ステークスが開催される土曜日は良馬場で行われる可能性が高いため瞬発性が問われるでしょう。

そのなかでどこまでやれるかは分かりません。

なぜなら、アナゴサンは1,800m~2,000mの距離で結果を残していて良馬場マイルの好走例がないからです。

一応抑えておきますが高速馬場とマイル適性を考慮して相手候補にしました。

単勝

13 ジャスティンスカイ

馬連流し

軸馬:13
相手:5、6、8、10、12

三連複フォーメーション

1頭目:13
2頭目:5、6、8、10、12
3頭目:5、6、8、10、12

以上になります。
米子ステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)