[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【プロキオンステークス2023予想】本命馬3頭+人気落ちで狙いたい穴馬2頭はこちら!

プロキオンステークス2023予想記事のサムネイル画像

プロキオンステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

プロキオンステークス2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

プロキオンステークス2023の予想ポイント

  • 勝ち馬は4~6歳馬から、7歳以上は相手候補に
  • 軸は1~2番人気から予想
  • 4枠は20年以上、5枠は一度も勝ち馬なし
  • 前走馬券内に入選している馬が好走
目次(読みたい項目をタップ)

プロキオンステークス2023の概要

プロキオンステークスは中京競馬場で開催されるダート1,400mの重賞レースです。

名前の由来であるプロキオンはこいぬ座のアルファ星のことで、冬の大三角形の一部として知られています。

プロキオンステークスは中央競馬で開催される数少ない短距離ダート重賞です。

そもそも、中央競馬ではダート1,400m以下の重賞はプロキオンステークスと12月に開催されるカペラステークスの2つしか存在しません。

地方の交流重賞に目を向けても前後に行われる短距離ダート重賞は5月末のさきたま杯が最後で、その次に行われるのは8月に行われるサマーチャンピオンとクラスターカップです。

プロキオンステークスはその希少性からG3レースにもかかわらず、有名な短距離馬が参戦しやすいのです。

このレースを制した馬は秋に行われるJBCスプリントを目標に調整されます。

ここを制して秋の大舞台に飛越したいですね!

なお、プロキオンステークスは東京オリンピックと京都競馬場改修工事の変則スケジュールのため、2020年度は阪神で、2021年と2022年度は小倉のダート1,700mで開催されました。

うましるではこれらの期間も含めた13~22年度の過去10年からデータをまとめています。

2022年 プロキオンステークス(GⅢ) | ゲンパチルシファー | JRA公式

プロキオンステークス2023の開催内容

開催日7月9日(日曜) 15:35発走
格付けG3
開催競馬場中京競馬場 中京11R
コースダート1,400m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金3800万円

プロキオンステークス2023が開催される中京のダート1,400mの特徴

中京競馬場 ダート1400mのコースで特徴を解説
スタート地点2コーナー奥ポケットの芝
コース左回り
1周の距離1,530m
直線距離410.7m
高低差3.4m
フルゲート16頭

中京のダート1,400mのスタート地点は2コーナーの奥に設けられたポケットです。

スタートから最初のコーナーまでは約600mと長いです。

また、芝スタートで芝の上を200mほど走るコースとなっています。

向こう正面は1ハロンほど緩やかな上り坂を上がればそこからしばらくは下り坂となっているため、ペースアップしやすいです。

3.4コーナーは大きなカーブを描いているため極端に減速しなくても立ち回れます。

最後の直線は約410mです。

長く続いた下り傾斜も直線に差し掛かったところで終わり、今度は一転上り傾斜になります。

長々と上り坂を駆け上がった先にゴール板が立っています。

中京のダート1,400mは非常にタフなコースとして有名です。

なぜなら、前半が芝スタート+下り坂の占める割合が多いため、ペースが速くなりやすく、スタミナを消費しやすいからです。

また、直線入りからゴールまではほぼ上り坂が続くため、スピードだけではなくスタミナやパワーが求められるのも特徴です。

中京のダート1,400mはここをチェック!

  • 芝スタート
  • アップダウンが激しい
  • 前傾ラップを刻みやすい
  • 距離以上にタフな舞台
  • 末脚を活かしやすい

プロキオンステークス2023の出走馬

【参考レース】2023年 プロキオンステークス|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1ケイアイターコイズ牡757.0藤懸貴志
2ロイヤルパールス牡857.0中井裕二
3シャマル牡558.0坂井瑠星
4ジレトール牡457.0松山弘平
5エルバリオ牡457.0西村淳也
6イフティファール牡557.0角田大河
7ドンフランキー牡457.0池添謙一
8ブルベアイリーデ牡757.0荻野極
9フルム牡457.0水口優也
10リメイク牡458.0川田将雅
11メイショウテンスイ牡657.0太宰啓介
12メイショウダジン牡657.0酒井学
13タガノビューティー牡657.0石橋脩
14アティード牡557.0菱田裕二
15オーヴァーネクサス牡657.0藤岡康太
16オメガレインボー牡757.0藤岡佑介

プロキオンステークスの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
稍重
112ゲンパチルシファー4スレイプニルS(OP)3
210ヒストリーメイカー14平安ステークス(G3)15
39サクラアリュール12スレイプニルS(OP)2
2021
13メイショウカズサ9アンタレスS(G3)15
26トップウイナー14目黒記念(G2)16
316メイショウウズマサ12アハルケテS(OP)4
2020
稍重
16サンライズノヴァ5かしわ記念(Jpn1)1
211エアスピネル8函館記念(G3)13
316ヤマニンアンプリメ9北海道スプリントC(Jpn3)8
2019
稍重
110アルクトス2欅ステークス(OP)1
212ミッキーワイルド3麦秋ステークス(1600万)1
34ヴェンジェンス4天保山ステークス(OP)1
2018
不良
113マテラスカイ5花のみちS(1600万)1
26インカンテーション1かしわ記念(Jpn1)3
33ウインムート2天保山ステークス(OP)1
2017
112キングズガード5天保山ステークス(OP)2
28カフジテイク1ゴドルフィンマイル(G2)5
314ブライトライン6アハルケテS(OP)10
2016
稍重
114ノボバカラ1北海道スプリントC(Jpn3)2
210ニシケンモノノフ3天保山ステークス(OP)1
39キングズガード2栗東ステークス(OP)1
2015
12ベストウォーリア4かしわ記念(Jpn1)2
26コーリンベリー2かきつばた記念(Jpn3)1
31キョウワダッフィー8天保山ステークス(OP)4
2014
稍重
16ベストウォーリア1アハルケテS(OP)2
23キョウワダッフィー2栗東ステークス(OP)1
31ガンジス10すばるステークス(OP)10
2013
15アドマイヤロイヤル2欅ステークス(OP)1
21セイクリムズン5さきたま杯(Jpn2)2
314ダノンカモン1アハルケテS(OP)1
※2020年度は阪神、2021年と2022年度は小倉のダート1,700mで行われています。

【コース実績】中京ダート1,400mで連対したい

年度勝ち馬コース実績
2019アルクトス【0-0-0-0】
2018マテラスカイ【0-1-0-0】
2017キングズガード【0-1-2-0】
2016ノボバカラ【1-0-0-0】
2015ベストウォーリア【1-1-0-1】
2014ベストウォーリア【0-1-0-0】
2013アドマイヤロイヤル【0-1-0-0】
※中京で開催された12~19年の7開催勝ち馬のコース実績

中京で開催された2012年から2019年の過去7開催の勝ち馬6頭はこれまでに中京ダート1,400mで連対実績がありました。

唯一該当しなかったアルクトスは初めての中京ダート1,400m戦です。

プロキオンステークスはコース実績が問われやすいレースです。

今年の出走馬の中で中京ダート1,400mの舞台で連対したことがない馬は5頭いました。(初出走馬を除く)

・オメガレインボー
・オーヴァーネクサス
・フルム
・ブルベアイリーデ
・メイショウテンスイ

【配当】中京開催時は大きな波乱は少ない

年度単勝馬連三連複3連単
2022700円29,630円147,360円719,650円
20211,980円53,680円338,400円1,944,140円
20201,100円22,160円140,380円826,670円
2019650円1,930円3,530円19,210円
2018780円2,750円4,400円25,410円
2017700円830円2,810円16,380円
2016330円870円1,020円4,510円
2015670円1,700円10,480円5,510円
2014190円550円6,620円18,430円
2013590円2,380円4,070円26,140円
過去10年の平均769円11,648円65,907円360,605円
2012~2019年
の平均
559円1,573円4,704円16,513円
※2020年度は阪神、2021年と2022年は小倉、2013年から2019年は中京開催です。

過去10年のプロキオンステークスの配当をまとめました。

近3開催はいずれも3番人気以上に支持された馬が馬券外に敗れたため馬連万馬券、三連複と三連単は10万円を超える配当が出ています。

そのため、馬連平均配当も1万円を超えました。

しかし、近3開催は本来の中京ではなく阪神と小倉で代替開催されたものです。

それ以前の2013年から2019年度の7開催を見てみると、馬連は高くても2,380円で収まっており、馬連配当は1,573円でした。

三連複も平均で4,704円、三連単も16,513円で収まっています。

プロキオンステークスは代替開催された近3開催において高配当が飛び出したので荒れるイメージがありますが、中京開催時に限ってみるとそこまで荒れる傾向はないです。

【年齢】勝ち馬は4~6歳馬から

年齢成績単勝率連対率複勝率
3歳【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
4歳【5-2-0-20】18.5%25.9%25.9%
5歳【1-3-4-30】2.6%10.5%21.1%
6歳【4-1-2-22】13.8%17.2%24.1%
7歳【0-2-3-27】0.0%6.3%15.6%
8歳【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%

過去10年のプロキオンステークスの勝ち馬はいずれも4歳馬から6歳馬でした。

特に4歳馬は5勝、6歳馬は4勝を挙げています。

勝ち馬を探す際は4~6歳に絞るのがよいでしょう。

なお、7歳以上の馬は過去10年で一度も勝利していないものの、相手には9頭絡んでいます。

馬連や三連単など、2.3着の馬を予想する際は7歳以上の馬もチェックしたいですね。

今年の出走馬で7歳以上の馬は4頭いました。

オメガレインボー(牡7歳)
ケイアイターコイズ(牡7歳)
ブルベアイリーデ(牡7歳)
ロイヤルパールス(牡8歳)

プロキオンステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでプロキオンステークス(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

プロキオンステークスの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-2-1-5】20.0%40.0%50.0%
2番人気【2-2-2-4】20.0%40.0%60.0%
3番人気【0-2-0-8】0.0%20.0%20.0%
4~6番人気【5-1-2-22】16.7%20.0%26.7%
7~9番人気【1-1-2-26】3.3%6.7%13.3%
10番人気以下【0-2-3-60】0.0%3.1%7.7%

中京開催時は信頼度が上がる

過去10年のプロキオンステークスを人気別にみると、1番人気も2番人気も勝率はそれぞれ20%でした。

3番人気に至っては勝ち馬ゼロです。

そのため、上位人気の信頼度が低いように感じますが、これは代替開催された近3開催の影響も大きいです。

それ以前の2013年から2019年における好走馬を見てみると、1番人気と2番人気のどちらかは必ず馬券内に入線していました。

このことから、中京開催時におけるプロキオンステークスは上位人気馬の活躍が目立っているのです。

プロキオンステークスの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-2-12】6.3%12.5%25.0%
2枠【1-1-0-17】5.3%10.5%10.5%
3枠【3-2-2-13】15.0%25.0%35.0%
4枠【0-1-0-19】0.0%5.0%5.0%
5枠【0-2-2-16】0.0%10.0%20.0%
6枠【2-2-0-16】10.0%20.0%20.0%
7枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%
8枠【2-0-3-15】10.0%10.0%25.0%

不利な中枠

過去10年のプロキオンステークスの好走馬を枠順別に見てみると、特に好走が目立つのは3枠と6枠よりも外目を引いた馬です。

対して、4枠と5枠は勝ち馬が1頭もいません。

深く掘り下げると、4枠で最後に勝利したのは2001年のブロードアピールまで遡り、5枠の馬に関しては創設27年で一度も勝ち馬が出ていないのです。

プロキオンステークスは中枠不利のレースといえるでしょう。

プロキオンステークスの過去10年の前走別成績

前走着順成績単勝率連対率複勝率
1着【3-4-4-28】7.7%17.9%28.2%
2着【4-1-1-14】20.0%25.0%30.0%
3着【2-1-0-12】13.3%20.0%20.0%
4着【0-0-2-12】0.0%0.0%14.3%
5着【0-1-0-10】0.0%9.1%9.1%
6~9着【0-0-1-24】0.0%0.0%4.0%
10着以下【1-3-2-24】3.3%13.3%20.0%

前走馬券内に入選している馬が好走している

過去10年のプロキオンステークスの好走馬を前走着順別に見てみると、前走で馬券に絡んでいた馬が9頭勝利していました。

また、3着内20頭が前走レースで馬券に絡んでいます。

この傾向は中京で開催された2013年から2019年の時ほど強くなっています。

今年は3年ぶりに中京でレースが行われるため、前走の着順も参考にしたいです。

今年の出走馬で前走馬券に絡んだ馬は7頭いました。

イフティファール
(前走花のみちステークス【3勝】/1着)

エルバリオ
(前走麦秋ステークス【3勝】/1着)

オメガレインボー
(前走ポラリスステークス【OP】/1着)

ジレトール
(前走欅ステークス【OP】/2着)

タガノビューティー
(前走かしわ記念【Jpn1】/2着)

ドンフランキー
(前走京都グランドオープン【OP】/1着)

メイショウダジン
(前走天保山ステークス【OP】/1着)

前走10着に敗れた馬の激走は稀

過去10年のプロキオンステークスでは前走10着以下に敗れた馬が6頭馬券に絡んでいます。

波乱の傾向があるように感じますが、このうちの4頭は代替開催された近3開催のレースにおけるものです。

中京で開催されていた2013年から2019年の7開催では10着以下の台頭は2頭しかいませんでした。

基本的に順当で決まりやすいため、前走大敗している馬は軽視してもよいかもしれません。

今年の出走馬で前走10着以下に敗れていた馬は4頭いました。

アティード
(前走松風月ステークス【OP】/14着)

ケイアイターコイズ
(前走欅ステークス【OP】/15着)

ブルベアイリーデ
(前走栗東ステークス【L】/11着)

ロイヤルパールス
(前走天保山ステークス【OP】/16着)

プロキオンステークス2023の有力馬3頭

プロキオンステークスはこの時期貴重な短距離ダート競走です。

今年は例年以上に有力単距離馬が集まりました。

今年の出走馬の中から好走に期待できそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

リメイク

主な勝ち鞍

・カペラステークス (G3) 2022年
・端午ステークス  (OP) 2022年
・昇竜ステークス  (OP) 2022年

昨年のカペラステークス勝ち馬のリメイクがここから動き出します。

前走のドバイゴールデンシャヒーンでは5着に入選し、日本馬の中で最先着しました。

近走は海外を拠点にしていたため久々に日本の競馬場でレースします。

近走はダート1,200mばかり使っていますが、もともとダート1,400mでデビューした馬です。

ダート1,400mに限ってみたら【4-1-1-1】と高いアベレージがある馬です。

今年のプロキオンステークスはメンバーが揃いましたが、海外競馬で培った経験を活かして勝ち負けしてほしいです。

★評価点
・ダート1,400mが得意
・海外でも上位争いに加わっている

▼課題
・海外帰り初戦

シャマル

主な勝ち鞍

・黒船賞       (Jpn3) 2023年
・オーバルスプリント (Jpn3) 2022年
・サマーチャンピオン (Jpn3) 2022年
・東京スプリント   (Jpn3) 2022年

交流重賞を4勝しているシャマルも今年の注目馬です。

すでに短距離ダート重賞を4勝しており、その名を轟かせています。

しかし、前走のさきたま杯は間隔を詰めて使われた影響か、レース中に故障を発生してしまいました。

幸い大事には至らなかったのですが怪我明けは少し引っ掛かります。

それでも2走前のかしわ記念はキャリア初のマイル戦ながら4着入選しているように潜在能力の高い馬です。

怪我の影響がなければここでも上位争いに期待できるでしょう。

★評価点
・短距離重賞タイトルを複数手にしている
・かしわ記念も4着入りした

▼課題
・怪我明け初戦のレース

タガノビューティー

主な勝ち鞍

・コーラルステークス (L)  2023年
・欅ステークス    (OP) 2021年
・オアシステークス  (L)  2021年

近年はなかなか上位争いに加われませんでしたが前走のかしわ記念は後方からのイン突きを見事決めて2着入りしました。

勝ち馬メイショウハリオとの差はクビ差だったのです。

このメイショウハリオは先月行われた帝王賞も制している実力馬です。

強い相手に接戦できたのは大変評価できるでしょう。

好走と凡走を繰り返しているので狙いづらいところはありますが、中京ダートは直線が長いため長く脚を使えます。

末脚を活かして初重賞タイトルを手にしたいです。

★評価点
・かしわ記念2着
・メイショウハリオ相手に大健闘
・差しの競馬が得意

▼課題
・好走と凡走を繰り返している

プロキオンステークス2023の穴馬2頭

近3開催こそ荒れましたがプロキオンステークスはもともと荒れる傾向が少ないレースです。

しかしながら、人気を落とした馬は2.3着に来ることが多いため、馬連や三連単で予想する際は穴馬にも目を配りたいです。

今年の出走馬で配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ドンフランキー

主な勝ち鞍

・京都グランドOP (OP) 2023年

前走京都グランドオープンを逃げ切ったドンフランキーが久々に重賞レースに参戦します。

これまでダート1,400mは6戦使われ【4-1-0-1】の成績を残しているように、適性距離は間違いなく1,400mです。
唯一着外に敗れたのはオープン入り初戦に挑んだ2走前のコーラルステークスです。

4着に敗れてしまいましたが、終始逃げの競馬を貫き、勝ち馬タガノビューティーとの差は0.1秒でした。
初めてのオープン戦でもベストを尽くした競馬だったのです。
4着とはいえ勝ち馬との差はほとんどないので着順ほど悲観する内容でもありません。

京都グランドオープンは快勝しているように、すでにオープンクラスの実績を持ちます。

初めてのダート重賞でどこまでやれるか見物ですね!

★評価点
・逃げの競馬が得意
・ダート1,400mで安定した成績を残している
・中京ダート1,400mで2勝している

▼課題
・相手関係の強化
・逃げ切れるかどうか

ジレトール

主な勝ち鞍

・銀蹄ステークス (3勝クラス) 2023年

ジレトールもドンフランキー同様条件戦からオープン入りを果たした馬です。

父ロードカナロアは言うまでもなく、日本競馬史上最強のスプリンターで、母のサンビスタは2015年のチャンピオンズカップを制した名牝です。

G1馬の両親の元に生まれたジレトールも着実に力をつけているのは間違いありません。

これまで条件戦では安定した走りを見せていましたが、オープン入り初戦に挑んだコーラルステークスでは勝ち馬タガノビューティーにタイム差0.7秒離されての8着入線でした。

オープンクラスの壁を間近で感じたのです。

しかしながら、前走欅ステークスは逃げの競馬で2着入りしているように、自身に有利な展開を作れたら健闘しています。

今回は同型のドンフランキーをはじめ、過去に先着を許したタガノビューティーやリメイクが参戦します。

相手関係は強化されますが、偉大な両親を目指して前進してほしいです。

★評価点
・良血馬
・前走オープンレースで2着
・ダート1,400mで複数回勝利している

▼課題
・過去に先着を許した馬が複数参戦する

プロキオンステークス2023追い切り評価

プロキオンステークス2023追い切り評価はこちらの記事でご確認ください。

プロキオンステークス2023予想の最終買い目

プロキオンステークスの予想(雨の重~不良馬場想定)

プロキオンステークスが開催される日曜日の中京競馬場界隈は雨の予報が出ています。

福島と違って日曜日の愛知県は日中から雨が降るそうです。

とくにレース後半の13時から16時ごろが雨のピークで1時間当たり2mm~4mmほど降るようです。

さすがに馬場の悪化は避けられないでしょう。

土曜日のダートは晴れでぱさぱさ、メインレースのマレーシアカップの勝ち馬サンマルレジェンドの勝ち時計は1.53.1で時計はかかっていました。

しかしながら、日曜日は雨の影響で馬場傾向も変わると思います。

雨の降り方が未知数ですが、うましるでは雨の稍重~重馬場で時計の出やすい条件を想定しながらレース予想をまとめました。

プロキオンステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 10 リメイク

ラニ
サリエル
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍カペラS(G3) 2022年
前走ドバイゴールデンシャヒーン(G1) 5着

本命はリメイクにしました。

これまでの実績を見たらここは実力上位であるのは間違いないですし、前日の時点で1番人気もうなずけます。

海外帰り初戦ですが、追い切りの動きは全頭の中でももっともよかったです。

データと相性の悪い5枠を引いてしまいましたが、ポテンシャルは抜けていますし、川田騎手がシャマルではなくリメイクを選択した点も考慮して本命にしました。

〇対抗  4 ジレトール

ロードカナロア
サンビスタ
母父スズカマンボ
主な勝ち鞍銀蹄S(3勝クラス) 2023年
前走欅S(OP) 2着

対抗はジレトールにしました。

前走の欅ステークスは逃げの競馬でバトルクライに敗れたとはいえ、3着以下を3馬身半差突き放して好走しています。

また、今年初戦に挑んだ銀蹄ステークスは2番手の競馬で勝利しているように、必ずハナに立たなくても力を発揮できる馬です。

重馬場実績もあるため、日曜日の雨で馬場が悪化しても出し切れる点もよいですね。

ただし、内枠を引いてしまった点は気になります。

追い切りの時も書きましたが、気難しい馬らしく、包まれると力を発揮せず終わるかもしれません。

ただ、不幸中の幸いなのは中~外枠に逃げたい馬がドンフランキーくらいしかおらず、フタをされるリスクは少しマシになりそうです。

かみ合えば面白いと思うので2番手評価にします。

▲単穴  3 シャマル

スマートファルコン
ネイティヴコード
母父アグネスデジタル
主な勝ち鞍黒船賞(Jpn3) 2023年
前走さきたま杯(Jpn2) 競走中止

シャマルは単穴にしました。

これまで短距離重賞で実績を重ねてきましたが、前走のさきたま杯は使われすぎが響いたのかレース中に故障してしまいました。

幸いにも大事には至らず、調教面でもしっかり動けていたので問題はなさそうです。

ただし、主戦を務めていた川田騎手がリメイクを選択した点は気になります。

川田騎手からしたらシャマルよりもリメイクのほうが勝ち負けできると判断したのでしょう。

この点を踏まえて3番手評価にしました。

△連下 13 タガノビューティー

ヘニーヒューズ
スペシャルディナー
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍コーラルS(L) 2023年
前走かしわ記念(Jpn1) 2着

タガノビューティーは連下にします。

前走のかしわ記念は内からするすると末脚を伸ばしてメイショウハリオに食らいつきました。

これまで好走と凡走を繰り返していたためなかなか狙いどころが難しかったものの、かみ合えば大舞台でも出し切れるその末脚は健在です。

今回も人気の一角ですが、雨であまりにも馬場が重くなってしまったら自慢の末脚もそがれるでしょう。

明日の天気が読めないので強く狙いづらいですが、もしも重馬場で高速ダートになるようでしたら思う存分末脚を活かせるはずなので、相手に抑えます。

不良馬場なら消してもよいでしょう。

△連下  7 ドンフランキー

ダイワメジャー
ウィーミスフランキー
母父Sunriver
主な勝ち鞍京都グランドOP(OP) 2023年
前走京都グランドOP(OP) 1着

ドンフランキーも抑えることにします。

まず枠が非常によく、ドンフランキーよりも外の馬で逃げたい馬はいないでしょう。

内にはいくらか前に行きたい馬がいますが、それらを覆うようにハナに立ちやすい絶好枠を引きました。

今回も逃げられる確率は高くなっています。

過去の戦績を見ても、重馬場は【2-0-0-0】なので、時計の出やすい重馬場ダートなら出し切れるはずです。

中京も3戦2勝で相性がいいですね。

不良馬場実績はありませんが、馬場に関してはそこまで問題ないと思います。

ただし、ダートの重賞は今回が初めてで、今年のプロキオンステークスはG3にもかかわらずリメイクやシャマルをはじめ、有力馬が多数参戦しました。

これらの馬相手にこれまでのように勝利を重ねるのは少し難しいと思ったので、相手までにします。

単勝

10 リメイク

馬連流し

軸馬:10
相手:3、4、5、7、13

三連複フォーメーション

1頭目:10
2頭目:3、4、5、7、13
3頭目:3、4、5、7、13

以上になります。
プロキオンステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)