中京競馬場|コースの特徴

中京競馬場 ダート1400mの特徴と攻略情報まとめ|コースを初心者向けにわかりやすく解説!

中京競馬場 ダート1400mのコースで特徴を解説

この記事では、コースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

中京のダート1400はここをチェック!

・芝スタートなので、ペースが速くなりやすい
・1~3勝クラスなら、ゴールドアリュール・クロフネ産駒が狙い目
・オープンクラス以上なら、シニスターミニスター・サウスヴィグラス産駒が狙い目

コースの特徴・攻略情報

GⅢプロキオンステークスが行われる中京ダート1400m。スタート地点は第2コーナーから下がったポケット地点です。中京ダート1200mのスタート地点からそのまま200m後ろに下がった構造ですが、注目したいのは、その延長部分がほとんど芝であること。

そのためスタートからのダッシュが付きやすく、ラップ全体が流れやすくなっています。

しかし、未勝利~2勝クラスぐらいまでは、やはり逃げ先行馬が有利。単勝回収率、複勝回収率ともに100%を超えています。

血統面ではゴールドアリュール産駒とクロフネ産駒が複勝率約28%で安定。どちらも芝適性のある産駒も出すことから、やはりスタートの芝部分でスピードを出し、ポジションを確保するのが重要になってくるようです。

しかしプロキオンステークスなどの重賞、OPクラスになってくると少し傾向が変化。過去10年間、このコースの重賞、OPクラスでゴールドアリュール産駒、クロフネ産駒は1頭も馬券に絡んでいません。

変わって好成績なのは、シニスターミニスター産駒や、サウスヴィグラス産駒。上のクラスになればなるほど、ダートスピード適性が必要になってきます。

このコースでは、未勝利~2勝クラスはゴールドアリュール産駒とクロフネ産駒。それより上のクラスでは、シニスターミニスター産駒や、サウスヴィグラス産駒というイメージを持っておくのが良さそうです。

中京競馬場の各コースの特徴を知る!

中京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像

中京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1900mのコース特徴へのリンク画像
ABOUT ME
sakaida
sakaida
馬大好き人間。ギャンブル性だけじゃない、競馬・うまの素晴らしさを日本中に広めることが夢です!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。