[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【エーデルワイス賞2023予想】本命で買いたい3頭+穴馬2頭はこちら!

エーデルワイス賞2023予想記事のサムネイル画像

エーデルワイス賞2023予想の最終買い目を更新しました!

エーデルワイス賞2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

エーデルワイス賞2023の予想ポイント

  • 交流重賞にしては配当が高い
  • 角川厩舎(北海道)の馬が活躍している
  • 勝ち馬は1~4番人気から予想
  • 外枠(6枠~8枠)が有利、4枠は全滅
  • 前走勝ち馬の勝利が多い【8-4-1】
目次(読みたい項目をタップ)

エーデルワイス賞2023の概要

エーデルワイス賞は北海道の門別競馬場で開催される2歳牝馬限定の交流重賞です。

2歳のJRA所属馬が出走できる唯一の牝馬交流重賞に指定されており、このレースから2歳レースの開催頻度が増していきます。

牝馬限定ということで、この時期に中央競馬で行われるアルテミスステークスのダート版と捉えてもよいですが、活躍する馬の多くは北海道所属の馬です。

実は、北海道所属の馬のデビューは中央やほかの地方競馬よりも早いです。

レース経験が活かされることからこのレースでも活躍する馬が多いです。

過去の好走馬を挙げると、2021年のスピーディキックのようにここで結果を残して翌年以降の重賞レースで活躍する馬もいて将来性にも期待できるレースなのです。

今年も中央所属馬と道営の馬が参戦しました。

どちらが勝つか、注目したいです。

2022年 エーデルワイス賞 JpnIII|第25回|NAR公式

エーデルワイス賞2023の開催内容

開催日11月1日(水曜) 20:00発走
格付けJpn3
開催競馬場門別競馬場 11R
コースダート1,200m
性齢2歳牝馬
斤量定量
1着賞金2000万円

エーデルワイス賞2023が開催される門別のダート1,200mの特徴

門別競馬場 ダート1200mのコースで特徴を解説

門別競馬場はオーバー型のコースとなっています。

また、内回りコースと外回りが存在していますが、ダート1,200mでは外回りコースを使用します。

スタート地点は2コーナーの奥ポケットで最初の3コーナーまでは約470mと長く、ポジション争いは激しくなりません。

3~4コーナーはゆるやかなので減速しなくてもコースロスなく立ち回ることができます。

そして、最後の直線は約330mとなっています。

門別競馬場はコースの大部分が平坦なので自分のペースで競馬できるのが特徴です。

全長は大井競馬場に次いで広いのも特徴で、向こう正面やスタンド前直線は長めに作られており、トップスピードを維持しやすいです。

しかしながら、上がりは平均40秒台となっているので時計はかかりやすく、短距離戦ながらも消耗しやすいので持続力が求められるコースとなっています。

エーデルワイス賞2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ワイノナオミ 牝254.0北村友一
2ホーリーブライト 牝254.0永島まなみ
3ジュデシャンス 牝254.0宮内勇樹
4スカイキャンバス 牝254.0横山武史
5ライトヴェール 牝254.0阿部龍
6カズマ 牝254.0井上俊彦
7イイデスカイハイ 牝254.0松井伸也
8コールミーメイビー 牝254.0小野楓馬
9シシャモフレンド 牝254.0落合玄太
10モノノフブラック 牝254.0服部茂史
11ムーム 牝254.0藤田菜七子
12モズミギカタアガリ 牝254.0黒澤愛斗
13スティールマジック 牝254.0桑村真明
14ハニービート 牝254.0山本聡哉

エーデルワイス賞の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
15マルカラピッド4未勝利1
211エコロアイ3ききょうステークス(OP)6
314トモジャミ2未勝利1
2021
110スピーディキック3リリーカップ(G)1
213ヒストリックノヴァ1未勝利1
312エイシンヌプリ5フローラルカップ(G)3
2020
111ソロユニット1リリーカップ(G)1
29ミコブラック4ヤマボウシ賞(1勝)4
36マーサマイディア5フローラルカップ(G)6
2019
114コーラルツッキー7リリーカップ(G)7
28アザワク2日高町建設協会特別(OP)1
315ミナトノヨーコ11フローラルカップ(G)7
2018
稍重
114リエノテソーロ1すずらん賞(OP)1
21アップトゥユー6リリーカップ(G)3
312ピンクドッグウッド2リリーカップ(G)4
2017
不良
19ストロングハート2フローラルカップ(G)2
211グラディオーラ4リリーカップ(G)2
312リコーデリンジャー10フローラルカップ(G)4
2016
稍重
114リエノテソーロ1すずらん賞(OP)1
21アップトゥユー6リリーカップ(G)3
312ピンクドッグウッド2リリーカップ(G)4
2015
13タイニーダンサー2フローラルカップ(G)1
212モダンウーマン3リリーカップ(G)1
34ディーズプラネット6札幌2歳ステークス(G3)10
2014
稍重
111ウィッシュハピネス1未勝利1
21ジュエルクイーン8イノセントカップ(G)2
312ネガティヴ15ジュニアグランプリ(G)3
2013
稍重
15フクノドリーム1すずらん賞(OP)1
23ラブミーブルー12フローラルカップ(G)8
316ピクニックソング9ヤマボウシ賞(500万)7

【配当】交流重賞にしては高い

年度単勝馬連三連複三連単
2022940円2,610円2,700円18,600円
2021490円950円3,050円14,720円
2020230円1,140円3,030円9,790円
20192,630円3,980円38,690円255,490円
2018800円1,130円2,680円18,190円
2017340円850円6,270円19,410円
2016170円2,030円3,350円14,700円
2015300円670円3,510円11,320円
2014240円3,080円126,880円314,190円
2013150円12,450円196,410円1,227,740円
平均配当629円2,889円38,657円190,415円

過去10年のエーデルワイス賞の配当をまとめました。

単勝の平均配当が629円、馬連の平均配当は2,889円ありました。

三連単は2020年度を除いてすべて万馬券が出ており、そのうちの2開催は10万円台、2013年に限ってみれば100万円を超える高配当が出ています。

交流重賞は出走馬の強弱が大きいことから固い決着になりがちですが、エーデルワイス賞だけは例外で人気落ちの馬も頻繁に絡んでいることから、数ある交流重賞の中でも高配当に期待できるレースといえます。

【所属】北海道競馬所属馬の好走数がJRAを勝る

所属成績単勝率連対率複勝率
北海道【6-6-7-94】5.3%10.6%16.8%
JRA【4-4-3-29】10.0%20.0%27.5%
地方その他【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%

過去10年のエーデルワイス賞の好走馬を所属別にまとめました。

勝ち馬の6頭、そして馬券に絡んだ19頭が北海道競馬所属の馬です。

対して、JRA所属の馬は11頭絡んでいました。

交流重賞は能力値の高いJRA勢が圧倒しているイメージがありますが、エーデルワイス賞に限ればJRAの馬よりも北海道所属の馬のほうが多く馬券に絡んでいます。

ただし、単勝率や連対率、複勝率はJRA所属の馬のほうが勝っていました。

今年の出走馬を所属別にまとめました。

JRA所属(4頭)
・スカイキャンバス
・ホーリーブライト
・ムーム
・ワイノナオミ

北海道所属(10頭)
・イイデスカイハイ
・カズマ
・コールミーメイビー
・シシャモフレンド
・ジュデシャンス
・スティールマジック
・ハニービート
・モズミギカタアガリ
・モノノフブラック
・ライトヴェール

【調教師】角川厩舎の馬が活躍している

調教師成績単勝率連対率複勝率
角川秀樹(北海道)【3-4-2-19】10.7%25.0%32.1%
田中淳司(北海道)【1-0-1-16】5.6%5.6%11.1%
小野望(北海道)【1-1-0-6】12.5%25.0%25.0%
上記以外【1-1-4-53】1.7%3.4%10.2%
JRA調教師【4-4-3-29】10.0%20.0%27.5%

過去10年のエーデルワイス賞の好走馬を調教師別にまとめました。

もっとも結果を残していたのが北海道競馬所属の角川調教師で、3頭の勝ち馬をはじめ9頭が馬券に絡んでいました。

次いで、北海道所属の小野調教師や田中調教師の馬も活躍しています。

ちなみにこの3名は2022の調教師リーディングトップ3位を独占している腕の立つ調教師なのです。

JRAの馬も11頭が馬券に絡んでいますが、単独で9頭の好走馬を輩出した角川騎手には好走率で見劣っていました。

角川厩舎の馬に注目したいですね!

今年の出走馬で角川厩舎は3頭出ししていました。

・ジュデシャンス
・スティールマジック
・ライトヴェール

PR

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

エーデルワイス賞の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-2-0-4】40.0%60.0%60.0%
2番人気【2-1-2-5】20.0%30.0%50.0%
3番人気【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
4番人気【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
5番人気【0-0-2-8】0.0%0.0%20.0%
6番人気以下【1-3-5-96】1.0%3.8%8.6

勝ち馬は1~4番人気から

過去10年のエーデルワイス賞の勝ち馬の内9頭は1~4番人気の馬でした。

5番人気以下の勝ち馬は2017年のコーラルツッキー(7番人気)1頭です。

エーデルワイス賞は交流重賞の中では波乱が見込めるレースですが、勝ち馬に限れば上位人気馬で決着づくことが多いです。

下位人気馬も9頭絡んでいる

過去10年のエーデルワイス賞で馬券に絡んだ30頭のうちの9頭が6番人気以下の馬でした。

このなかには10番人気以下の二桁人気馬も4頭馬券に絡んでいます。

エーデルワイス賞は下位人気馬の台頭も頻繁にみられるレースなのです。

近3開催は固く決まっている

エーデルワイス賞は高配当に期待できるため、下位人気馬にも経過したいところですが、2020年から2022年の近3開催に限ってみたら馬券に絡んだ9頭はいずれも1~5番人気の馬でした。

近走は順当決着が続いているので、もしかしたら今年も固く決まるかもしれません。

エーデルワイス賞の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-2-0-15】0.0%11.8%11.8%
2枠【1-1-0-17】5.3%10.5%10.5%
3枠【2-0-2-16】10.0%10.0%20.0%
4枠【0-0-0-20】0.0%0.0%0.0%
5枠【1-2-0-17】5.0%15.0%15.0%
6枠【3-2-4-11】15.0%25.0%45.0%
7枠【1-1-2-16】5.0%10.0%20.0%
8枠【2-2-2-13】10.5%21.1%31.6%

外枠が有利

過去10年のエーデルワイス賞の勝ち馬7頭、そして馬券に絡んだ22頭が5枠よりも外枠の馬でした。

舞台となる門別ダート1,200mはもともと外枠のほうが好走率は高いですが、エーデルワイス賞においてもその傾向は強いです。

5枠よりも外を引いた馬は高く評価したいです。

4枠は死に枠?

過去10年のエーデルワイス賞でもっとも不振傾向だったのは4枠です。

4枠の馬はこれまで20頭が出走していましたがなんと1頭も馬券に絡むことがありませんでした。

このため、4枠は死に枠といってもよいかもしれません。

ところが、過去10年のデータを見てみると、4枠に入った人気馬は2018年のケイゴールド(2番人気)くらいで、それ以外の馬は皆5番人気以下の馬でした。

たまたま実力馬が4枠に入らなかった可能性が高いです。

4枠はこれまで1頭も馬券に絡んでいませんが、有力馬が入るようでしたら見直してもよさそうです。

エーデルワイス賞の過去10年の前走着順別成績

前走着順成績
1着【8-4-1】
2着【1-2-1】
3着【0-1-2】
4着【0-1-2】
5着【0-0-0】
6着以下【1-2-4】

前走勝ち馬の勝利が多い

過去10年のエーデルワイス賞の好走馬を前走着順別にまとめました。

勝ち馬の8頭が前走レースを勝利しています。

また、馬券に絡んだ13頭も前走勝ち馬でした。

エーデルワイス賞で勝ち馬を探す際は前走を勝利している馬に注目しましょう。

今年の出走馬で前走を勝利している馬は3頭いました。

・ムーム
・ワイノナオミ
・スティールマジック

前走大敗組の巻き返しも目立つ

過去10年のエーデルワイス賞で馬券に絡んだ7頭が前走6着以下に敗れた馬でした。

エーデルワイス賞は前走大敗組の挽回もたびたび見られるのです。

ちなみに、この7頭はいずれも前走が中央競馬のレースか門別の重賞競走でした。

これ以外の大敗組は1頭も巻き返しできていない点にも注目したいです。

今年の出走馬の中で前走が6着以下に敗れてなおかつ前走中央競馬のレースだった馬、もしくは門別の重賞だった馬は4頭いました。

スカイキャンバス
(前走カンナステークス【OP】/10着)

ホーリーブライト
(前走ヤマボウシ賞【1勝】/6着)

シシャモフレンド
(前走ネクストスター門別【重賞】/6着)

ハニービート
(前走ブロッサムカップ【重賞】/8着)

エーデルワイス賞2023の有力馬3頭

エーデルワイス賞は荒れやすいレースですが、勝ち馬だけ見たら上位人気馬が独占していました。

今年の出走登録馬で人気を集めそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

スティールマジック

主な勝ち鞍

・赤黒の勇者特別 (門別OP) 2023年

今年の出走登録馬で一番面白そうなのがスティールマジックです。

門別の生え抜きで、デビューから力のある走りで他馬に圧勝しました。

重賞における勝ち負けはありませんが、前走の赤黒の勇者特別では先行しながら上がり最速37秒6の末脚で勝利をつかんでおり、力強い競馬ができています。

1,000mから1,600mを使われていますが、1,200mはこれまで3回出走して【1-1-1-0】と馬券を外していません。

先行競馬が得意な馬なので前で競馬できれば力を発揮してくれるでしょう。

★評価点
・門別1,200mにおける複勝率100%
・データと相性のいい角川厩舎の馬
・先行競馬が得意

▼課題
・出遅れも珍しくない

シシャモフレンド

主な勝ち鞍

・リリーカップ (G) 2023年

シシャモフレンドはデビュー2戦目に挑んだリリーカップの勝ち馬です。

リリーカップはダート1,000mのレースですが、スタートから早めに先頭に立つと、そのまま上がり最速36秒8の末脚を使って2着馬に4馬身差の完勝でした。

続くフルールカップは3着に敗れてやや危ない一戦でした。

前走のネクストスター門別では6着に敗れていますが、これに関しては出遅れが影響しています。

スタートをうまく決めてハナで競馬できれば粘れるはずなので、まずはハナを切ることを目標に挑んでもらいたいです。

★評価点
・逃げの競馬が得意
・先頭に立つことができれば粘れる
・データと相性のいい田中厩舎の馬

▼課題
・近2戦は敗れていて下り調子

モノノフブラック

主な勝ち鞍

・JRA認定フレッシュ (門別新馬) 2023年

モノノフブラックはデビューから5戦使われていますが一度も馬券を外したことがありません。

先行競馬が得意で、前のポジションを確保できれば力強い粘りを見せています。

前走のネクスタトスター門別は7番人気の低評価で勝ち馬のトラジロウには4馬身差の完敗でしたが3着のオスカーブレインを1馬身以上引き離して2着入りしているように、能力は高いです。

これまで一度も馬券を外したことがないうえ、門別のダート1,200mの実績もあるので抑えておきたい1頭です。

★評価点
・複勝率100%
・安定感がある
・先行馬はこのコースと相性がいい

▼課題
・勝利はデビュー戦のみで勝ち切れていない

エーデルワイス賞2023の穴馬2頭

エーデルワイス賞は穴馬の激走もたびたび見られることから全重賞の中でも高配当が飛び出しやすいです。

穴馬の台頭に目を向けたいですね!

今年の出走登録馬の中で配当妙味に期待できそうな馬を2頭まとめました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ライトヴェール

主な勝ち鞍

・JRA認定ウィナーズ (門別OP) 2023年

ライトヴェールも先ほど紹介したモノノフブラック同様これまで一度も馬券外に敗れたことはありません。

逃げの競馬を得意としていて、デビュー戦では2着馬を9馬身差、続くJRA認定ウィナーズでも逃げで2着のミライヘノメグミに6馬身差つけて圧勝しています。

ハナに立って競馬できれば力を見せてくれているのです。

課題はこれまで1,000mばかり走ってきたので1,200mの舞台は初ということ、そして、同型も何頭かいるためハナ争いも起きるかもしれません。

枠順を見ながら印を考えたい1頭です。

★評価点
・逃げの競馬が得意
・逃げた時のパフォーマンスが高い
・データと相性のいい角川厩舎の馬

▼課題
・同型の存在
・キャリア初の1,200m戦

ムーム

主な勝ち鞍

・2歳未勝利 2023年

JRA所属のムームはデビュー戦が芝で13着でした。

ところが、陣営はそうそうにダートに切り替えると6番人気の低評価ながらも逃げの競馬で勝利をつかんだのです。

この1戦をきっかけにエーデルワイス賞への出走を決めたのでした。

今回騎乗する藤田菜七子騎手は追い込みのイメージが強いですが、前走も騎乗していて逃げの競馬で勝利しています。

勝利騎手とのコンビで交流重賞に挑める点は評価できるでしょう。

今回は逃げ馬が多数そろったので簡単にはハナに立つことはできないと思います。

勝つためには序盤の位置取りが重要になるでしょう。

藤田騎手の手腕に注目したいです。

★評価点
・ダート転向後、いきなり勝利した
・逃げの競馬が得意
・前走に引き続き藤田菜七子騎手が騎乗する

▼課題
・同型が多い
・前走がフロックでなければいい

エーデルワイス賞2023予想の最終買い目

エーデルワイス賞の予想(雨の重~不良馬場場想定)

エーデルワイス賞が開催されるのは北海道日高町にある門別競馬場です。

1日水曜日の門別競馬場の天気を見てみると、曇りのち雨の予報が出ていました。

前日の火曜日までは晴れの予報が出ていたのですが、レース当日は17時ごろから雨が降るようです。

しかも、18時以降は1時間当たり3~4mmの雨が降るようなので馬場にも影響を及ぼすでしょう。

レースは20時からの発走なので馬場悪化の可能性は高いです。

どれだけ雨が降るか分かりませんが、うましるでは雨の重~不良馬場でタフな馬場を想定しながら予想をまとめました。

PR

アルゼンチン共和国杯(G2)京王杯2歳ステークス(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 13 スティールマジック

マジェスティックウォリアー
ゴールドジェーン
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍赤黒の勇者特別(OP) 2023年
前走赤黒の勇者特別(OP) 1着

本命はスティールマジックにしました。

デビューから一貫して門別競馬を走り続けているだけではなく、ダート1,200mもこれまで3戦すべて馬券に絡んでいるように、コース適性の高い馬です。

データ的に相性のいい外枠を引くことができましたし、管理する角川厩舎もエーデルワイス賞と相性抜群です。

今年は中央勢もそこまで強敵がいないので相手関係は楽です。

また、逃げ馬が多数いる中で無理せず先行のポジションから仕掛けどころをうかがえるのも好材料だと判断しました。

〇対抗  4 スカイキャンバス

ファインニードル
アポロフィオリーナ
母父スニッツェル
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走カンナS(OP) 10着

対抗はスカイキャンバスにしました。

スカイキャンバスはデビュー2戦目に挑んだ函館2歳ステークスで3着入りしています。

このレースは開催最終週の重馬場で時計のかかる条件で行われました。

ここで勝利したゼルトザームはヘニーヒューズ産駒です。

ヘニーヒューズは短距離~マイルのダート馬を多く輩出しています。

ダート色の強い舞台の中で3着入りを果たしていたのです。

エーデルワイス賞でダートデビューを果たしますが、函館2歳ステークスで好走しているので初ダートでも対応できるはずです。

ダート未経験ということで馬券外にする予定でしたが、明日が雨で時計がかかりそうだったので急遽馬券に絡めることにしました。

▲単穴 11 ムーム

キンシャサノキセキ
エイシンスイーツ
母父シンボリクリスエス
主な勝ち鞍2歳未勝利 2023年
前走2歳未勝利 1着

単穴はムームにします。

前走の未勝利戦では中枠からするするとハナに立って逃げ切りを手にしました。

今回は外枠を引きましたが、門別のダート1,200mは最初のコーナーまでが長いため外枠でも不利ではありません。

むしろ、内の馬を見ながら位置取り確保しやすいためいい枠を引けたと思います。

騎乗する藤田菜七子騎手も前走からコンビを組んでいますし人馬ともに力を発揮できるのではないでしょうか。

△連下  5 ライトヴェール

ヘニーヒューズ
クラシックス
母父キングヘイロー
主な勝ち鞍JRA認定ウィナーズ(OP) 2023年
前走トルマリン特別(OP) 2着

相手候補はライトヴェールにしました。

デビュー戦とデビュー2戦目が2着馬に大差を付けて圧勝し、北海道所属馬の中でもひと際目立つパフォーマンスを見せました。

その後の活躍が期待された矢先、骨折が判明しましたが幸いのも軽度ですぐに復帰しています。

前走のトルマリン特別は怪我明けとはいえ勝ち馬に0.2秒差の2着入りで休み明けにしては上々の内容でした。

叩いて状態も上がっていると思います。

ただ、今回はキャリア初のダート1,200m戦なので少し距離が長い可能性も考慮し相手にしておきました。

△連下  9 シシャモフレンド

シャンハイボビー
コグノセンティ
母父ゴールドアリュール
主な勝ち鞍リリーカップ(G) 2023年
前走ネクストスター門別(G) 6着

シシャモフレンドも抑えます。

デビュー2戦目のリリーカップが強い競馬で、序盤に先頭に躍り出るとそのまま後続を突き放して楽勝しました。

枠は外目ですが内の馬を見ながら競馬できる点はプラスです。

リリーカップの内容を見た限りポテンシャルは高そうに感じますが、先ほど挙げたライトヴェール同様ダート1,200mはこの馬にとって少し長い可能性があります。

それでも、フルールカップで3着入りしているように決してダート1,200mが苦手というわけでもありません。

先頭に立って競馬することができれば、馬券内入線もあり得るでしょう。

単勝

13 スティールマジック

馬連流し

軸馬:13
相手:4、5、9、11

三連複フォーメーション

1頭目:13
2頭目:4、5、9、11
3頭目:4、5、9、11

以上になります。
エーデルワイス賞の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)