[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【エリザベス女王杯2023追い切り評価/全頭診断】ブレイディヴェーグに並ぶ最高評価「S」はアノ頭!

エリザベス女王杯2023追い切り評価記事のサムネイル画像

エリザベス女王杯2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではエリザベス女王杯の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

11月8日の馬場状態

美浦
美浦はウッドチップ、坂路ともに良馬場でした。
ウッドチップは標準よりもやや時計がでており、坂路は時計がかかっています。

栗東
この日の栗東は前日の雨の影響もあり、ウッドチップ、坂路ともに稍重でした。
ウッドチップは稍重ですが、標準以上の時計を出している馬もいて表記の割に時計は出ています。
逆に坂路は時計が出ておらず、力が求められました。

目次(読みたい項目をタップ)

エリザベス女王杯2023追い切り評価/全頭診断コメント

エリザベス女王杯2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR

エリザベス女王杯(G1)福島記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アートハウス

アートハウス 11月8日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)83.266.851.236.011.2馬なり
1週前栗東CW(良)83.066.450.635.311.0一杯
前走最終栗東CW(良) 66.350.936.311.2馬なり

骨折のため長期休養を余儀なくされ、ここが復帰戦となるアートハウスは栗東のウッドチップコースで単走を行いました。

中内田調教師が自ら追い切りに騎乗し、馬場の外側から馬なりで追われて6ハロン83秒2-上がり1ハロン11秒2で走破しています。

1週前はレース当日も騎乗する坂井瑠星が騎乗してウッドチップを単走しました。

このときは一杯に追われて6ハロン83秒0-4ハロン50秒6-上がり1ハロンは11秒0でした。

もともとアートハウスは馬なりで調整されていましたが今回は休み明けということもあって1週前に強く負荷をかけています。

そして、骨折明けにも関わらず4ハロン50秒6-上がり1ハロン11秒0という猛時計を記録しました。

最終追い切りは軽めで時計は出ていませんが、稍重馬場+軽めの流しを考慮すれば時計は気にしなくてよいでしょう。

馬なりながらも、最後の直線では自らペースアップしていましたし、徐々にですがレース感覚は取り戻しつつあると思います。

それでも、ローズステークスや愛知杯の時と比較すると少し固い感じもしました。

怪我明けなのでまずは無事にレースを終えてほしいです。

イズジョーノキセキ

イズジョーノキセキ 11月8日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  55.238.612.0馬なり
1週前栗東CW(良)82.466.651.536.211.3強め
前走最終栗東坂路(良)  52.837.712.2強め

今年のメンバーで一番年長者のイズジョーノキセキは栗東坂路で単走を行いました。

レース当日も騎乗する岩田康誠騎手が追い切りにまたがり、馬場の真ん中から馬なりで追われて全体時計55秒2-上がりハロン12秒0でゴールしています。

少し斜行した点は気になりましたが力強い脚さばきで坂路を駆けあがる姿はよかったです。

1週前も岩田康誠騎手が騎乗してウッドチップで強めに負荷をかけており、このときは6ハロン82秒4-4ハロン51秒5-1ハロン11秒3を記録しています。

このときは岩田騎手が手綱を引きながらの追い切りで元気いっぱいの走りを見せていました。

その後、終い重視で強めに仕掛けられていましたがしっかり反応していたのもよいでしょう。

イズジョーノキセキのベストバウトといったら昨年の府中牝馬ステークスですが、そのときは1週前がウッドチップで一杯に追われて6ハロン83秒2-4ハロン52秒8-上がり1ハロンが11秒8でした。

坂路は強めで4ハロン53秒7-1ハロン12秒4です。

昨年の府中牝馬ステークスの時よりも中間時計は出ていますし、最終時計も今回が稍重だったことを考慮すれば、府中牝馬ステークスの時と同じくらいの状態に仕上がっている可能性もあります。

今年は一度も馬券に絡めていないですが、追い切りを見た感じは一発あってもおかしくなさそうに感じました。

ククナ

ククナ 11月8日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)85.669.153.637.811.4馬なり
1週前栗東CW(良)81.866.151.436.411.5馬なり
前走最終栗東CW(良)82.066.852.337.311.7G前仕掛け

関東馬のククナは今回栗東に滞在して調整されています。

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、同じく早めに滞在しているサリエラ(牝4、オープン)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する浜中騎手を背に、馬なりでサリエラより1馬身先行し、6ハロン85秒6-上がり1ハロン11秒4で半馬身先着しました。

1週前もサリエラとウッドチップで追い切りを行い、この時は馬なりで3馬身追走し、6ハロン81秒8-上がり1ハロン11秒5の時計で同時併入しています。

2週続けて併せ馬を行っていましたがサリエラと比較すると機敏な動きを見せていました。

特に1週間前は馬なりながらも全体時計82秒8といい時計を出しています。

2着に入線した前々走の七夕賞の時よりも良い追い切りに見えましたし、これまでのキャリアのなかでもっともパフォーマンスをあげているようにも感じました。

ゴールドエクリプス

ゴールドエクリプス 11月8日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)79.364.149.435.511.5強め
1週前栗東坂路(良)  51.936.611.9強め
前走最終栗東坂路(良)  53.138.112.1馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する岩田望来騎手を背に、馬場の真ん中から直線強め出追われて6ハロン79秒3-上がり1ハロン11秒5でゴールしています。

1週前は栗東坂路で強めに負荷をかけています。

強めに追った影響もあってか、力強い走りを見せていて気持ちの乗った走りを見せてくれました。

最終追い切りは時計のかかる稍重ウッドチップでしたが、全体時計79秒3-上がり4ハロン9秒4-3ハロン35秒5は相当優秀です。

映像を見ても序盤からしっかり脚を使って走っていましたし、終盤は若干アタマが高い感じもしましたが力強い走りを見せてくれました。

もともと追い切りは動くタイプの馬でしたが、今回も相変わらずいい動きを見せていたのでレースでも出し切れると思います。

サリエラ

サリエラ 11月8日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)85.568.953.537.711.5強め
1週前栗東CW(良)82.466.752.036.811.5馬なり
前走最終新潟ダート(良) 68.953.638.712.2馬なり

関東馬のサリエラは早めに栗東に滞在し、最終追い切りでは今回レースに出走するククナ(牝5、オープン)と2頭併せを行いました。

最終追い切りでは助手が騎乗し、ククナを1馬身ほど追走する形で馬場の真ん中から直線強めに追われ、6ハロン85秒5-上がり1ハロン11秒5の時計でゴールしましたが、ククナには半馬身遅れています。

1週前もウッドチップでククナと追い、このときは馬なりで3馬身ほど先行しましたが、最後は同時併入でした。

サリオスやサラキアの妹ということで血統妙味の高い馬ですが、最終追い切り映像を見た限りは特別目立つ動きを見せていません。

このときは強めに追われていますが時計も出ていませんでした。

ちなみに2走前に3着入りした目黒記念の時の最終追い切りタイムが重馬場の美浦ウッドで馬なりにて5ハロン66秒6-上がり1ハロン11秒2だったので、その時と比較するとより明白です。

早めの栗東滞在を行っているのでここに対する意気込みは感じられますが、肝心のサリエラ自身は最良の状態とは言い難かったです。

ジェラルディーナ

ジェラルディーナ 11月9日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東WC(良)86.369.553.837.811.4強め
1週前栗東CW(良)81.565.751.036.411.6G前仕掛け
前走最終栗東CW(良)84.468.453.137.411.8強め

昨年のエリザベス女王杯の勝ち馬ジェラルディーナは栗東のウッドチップコースで木曜追いを行いました。

2頭併せを行っており、併せたのはセッション(牡3、オープン)です。

団野大成騎手(レース当日はムーア騎手騎乗)が騎乗し、セッションから8馬身ほど先行する形で馬場の外目から強めに追い、6ハロン86秒3-上がり1ハロン11秒4の時計でアタマ差遅れてしまいました。

1週前の2日は栗東ウッドチップで単走を行い、この時はゴール前に仕掛けて6ハロン81秒5-1ハロン11秒6で時計を出しています。

最終的に馬なりで併せたセッションに後れを取っているので状態面はいまいちと思うかもしれませんが、直線では内で併せたセッションがジェラルディーナに寄るような形で追っていました。

パトロールビデオがないので真相は分からないですが、もしかしたらこの影響で出し切りづらかったのかもしれません。

ちなみに、昨年のエリザベス女王杯直前の最終追い切り時も栗東ウッドチップで追い切りを行っていました。

この時の時計が馬なりで6ハロン85秒9-4ハロン53秒7-上がり1ハロンは11秒7です。

最終追い切りだけ見たら今年も去年も大きな差はありませんでした。

今回は強めで時計自体は平凡ですが、昨年と比較しても差はないさそうですし、1週前は時計を出しているように、この馬なりに調子は上げているように感じます。

シンリョクカ

シンリョクカ 11月8日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 67.151.636.711.4馬なり
1週前美浦南W(良) 65.851.036.811.7G前仕掛け
前走最終美浦南W(稍重) 67.352.337.711.5馬なり

阪神JFで2着入りしたシンリョクカは美浦のウッドチップコースにてイサチルキュート(牝3、1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する木幡初也騎手を背に、馬場の外から馬なりで僚馬を0.9秒追走し、5ハロン67秒1-上がり1ハロン11秒4の時計で同時併入しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

1週前も木幡騎手とともに美浦のウッドチップで追い切りました。

このときもイサチルキュートと併せており、6馬身後方からゴール前で仕掛けられ、6ハロン65秒8-上がり1ハロン11秒7で半馬身先着しています。

フットワークが軽快で身体全体を上手に使って走っていることから状態面はよいでしょう。

1週前にゴール前で仕掛けられたときにも一瞬で加速していたので動きも問題ないです。

ただ、使える脚はそこまで長くなさそうなので上がり4ハロン勝負になりやすい京都でどこまで脚が持つかはポイントとなりそうです。

また、前走府中牝馬ステークス時の1週前は64秒9の自己ベストを記録しましたが今回はそれより1秒以上遅いです。

このことから、前走時のほうがいい仕上がりだったと思います。

ディヴィーナ

ディヴィーナ 11月8日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  54.538.612.4馬なり
1週前栗東CW(良)80.463.949.636.412.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.637.711.9馬なり

今年の府中牝馬ステークスの勝ち馬ディヴィーナは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗し馬場の外目から馬なりで追われて4ハロン54秒5-上がり1ハロン12秒4の時計でゴールしました。

1週前は栗東ウッドチップでレース当日騎乗するデムーロ騎手を背に、馬場の内側から馬なりで追われて6ハロン80秒4-4ハロン49秒6-上がり1ハロンは12秒1でゴールしています。

近2戦はどちらも坂路に特化して追い切りを行いましたが今回は中京記念やヴィクトリアマイルの時のように1週前ウッドチップ⇒最終追い切り坂路のローテーションで調整されています。

1週前のウッドチップの内容がなかなか良く、馬場の内側からとはいえ馬なりで6ハロン80秒4-4ハロン49秒6の時計を出しているのは好感が持てます。

このとき、ラスト1ハロンは12秒1なので前傾ラップでまとめており、前走府中牝馬ステークスで見せた逃げの競馬を意識した動きを見せていました。

坂路で行われた最終追い切りはクビの動作が大きく見えましたがラスト1ハロンからはスイッチが入って前に集中し、チップを大きく蹴り上げる走りは力強さが感じられます。

前走に引き続き、いい状態でレースを迎えられそうです。

ハーパー

ハーパー 11月8日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  55.439.912.5馬なり
1週前栗東坂路(良)  53.638.612.3馬なり
前走最終栗東CW(良)⑦99.869.154.238.511.6馬なり

今年の牝馬三冠すべてで掲示板入りしたハーパーは栗東坂路において、単走で最終調整されました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追われ、全体時計55秒4-上がり1ハロン12秒5で駆け上がりました。

1週前も馬なりで単走を行い、4ハロン53秒6-上がり1ハロン12秒3で駆け抜けています。

ハーパーは桜花賞や秋華賞では2週続けてウッドチップで追われていました。

オークスは最終追い切りこそ坂路で行われていますが、1週前はウッドチップで一杯に追われて負荷をかけています。

今回は激闘の秋華賞後ということで2週続けて坂路で軽めですが、四肢の回転は速くて素早い歩様ができていました。

時計はそこまで出ていませんが、オークス最終追い切りの坂路でもでていなかったのでハーパーはもともと坂路駆けするタイプではありません。

その中でもきびきびとした走りができていたので秋華賞の反動はなさそうです。

ビッグリボン

ビッグリボン 11月8日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(稍重)  52.338.213.0馬なり
1週前栗東CW(良)80.265.050.435.711.3一杯
前走最終栗東CW(良)⑦99.067.552.837.611.5強め

今年のマーメイドステークスを制したビッグリボンは栗東坂路にて、ミッキーチャレンジ(牡4、1勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、僚馬の内側から馬なりで追われて4ハロン52秒3-上がり1ハロンは13秒0で僚馬に半馬身先着しました。

1週前はレース当日も騎乗予定の西村淳也騎手が追い切りにまたがり、ウッドチップで一杯に追われて6ハロン80秒2-4ハロン50秒4-上がり1ハロン11秒3の好時計でしっかりと負荷をかけています。

1週前に負荷をかけたため最終追い切りは馬なりで軽めに追われましたが、序盤から力強い脚さばきでミッキーチャレンジと併せ、牡馬相手にも引けを取らないパワフルな走りを見せています。

ラスト1ハロンは13秒0なので少し甘くなりましたが、それでもしっかりとした脚取りで坂路を駆けあがりました。

全体時計52秒3はこの日の坂路の中では出ている方ですし、いい状態に仕上がっているでしょう。

ブレイディヴィーグ

ブレイディヴィーグ 11月8日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)80.365.250.435.711.3馬なり
1週前栗東CW(良)⑦98.867.352.436.910.7馬なり
前走最終栗東CW(良)⑦98.867.852.436.411.4馬なり

今年の注目馬であるブレイディヴィーグは関東馬ですが早めに栗東に滞在しています。

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、ノワールドゥジェ(牝5、3勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗するルメール騎手を背に、馬場の真ん中あたりから馬なりで僚馬を2馬身追走する形で追われ、6ハロン80秒3-4ハロン50秒4-上がり11秒3でまとめ、僚馬にクビ差先着しました。

1週前はウッドチップで団野騎手を背に馬なりで鋭く追われています。

このときのノワールドゥジェを追走する形で7ハロン98秒8-4ハロン52秒4-上がり1ハロン10秒7で同時併入しました。

2週続けてほとんど馬なりで追われましたが、全体の時計はどちらも優秀です。

特に1週前はラスト1ハロン10秒7でゴールしているように、馬なりでこれだけの時計を出しているのはポテンシャルの高さが感じられました。

最終追い切りも馬なりでしたが4ハロン50秒4-上がり1ハロン11秒3でゴールしていてかなり調子を上げています。

近走の追い切り時と比較しても今回は抜群にいい出来でした。

陣営はローズステークス後の脚部不安を考慮し、秋華賞をパスしましたがその判断は間違ってなかったと思います。

実質的には1勝クラス止まりの馬ですが、いきなりのG1奪取も狙えるくらいいい仕上がりでした。

マリアエレーナ

マリアエレーナ 11月7日(火) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(不良)⑦95.664.650.836.811.7一杯
1週前栗東CW(良)83.567.853.137.411.1一杯
前走最終栗東CW(稍重)79.865.451.637.111.5一杯

マリアエレーナは7日の火曜日に栗東ウッドチップで単走追いを行っています。

助手が騎乗して馬場の外目から一杯に追われ、⑦7ハロン95秒6-上がり1ハロン11秒7でゴールしました。

1週前もウッドチップで一杯に追われて6ハロン85秒3-上がり1ハロン11秒1の終い重視でまとめています。

ここ数戦は常に一杯に追われていて相当負荷がかかっています。

今回も1週前、そして最終追い切りは一杯に追われていました。

火曜日のウッドチップは雨で不良馬場でしたが、その中で7ハロン追いを行っていてこれでもかというくらい負荷をかけています。

その影響もあってか、不良馬場の中、4ハロン50秒8-上がり1ハロン11秒7という好タイムを出していました。

1週前も終い重視の追い切りで1ハロン11秒1を出しており、マリアエレーナにとっては酷ですが、時計はバンバン出していました。

1週前のオールカマーの時も時計を評価指定ましたがそのときよりもさらに時計を出していたのです。

ただ、最終追い切りの動きを見た限り、相当ハードに仕上げられている影響もあって、少し身体が細く見えました。

徹底的に仕上げたことで体つきが変わりつつあるように感じます。

ハードな調教が功を奏するかは分かりませんが、時計自体は優秀でした。

あとは体調管理を整えてレース当日を迎えたいです。

ライラック

ライラック 11月8日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)83.067.052.537.811.4馬なり
1週前美浦南W(良) 63.849.636.111.8馬なり
前走最終美浦坂路(稍重)  52.238.012.3強め

昨年のエリザベス女王杯で2着に入線したライラックは美浦のウッドチップコースでザソード(牡2、未勝利)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する戸崎騎手を背に、馬場の外側から僚馬を2馬身ほど馬なりで追走し、6ハロン83秒0-上がり1ハロン11秒4でまとめましたが僚馬には半馬身遅れました。

1週前は石川騎手を背にウッドチップで馬なりにて追われ、5ハロン63秒8-上がり1ハロン11秒8で僚馬ルーチェロッサ(牝3、1勝クラス)に3馬身ほど先着しています。

1週前は僚馬と併せながら直線で一気に抜け出して鋭い走りを見せました。

最終追い切りでもザソードと併せて直線でしっかりと末脚を引き延ばしていてこの馬らしい走りができています。

ライラックは昨年のエリザベス女王杯で2着入りしたときは重馬場が味方しました。

このため、重馬場巧者のように感じますが、前走の府中牝馬ステークスでは高速馬場で3着入りしているように、意外と時計の出る馬場でも出し切れています。

京都の芝2,200mは4ハロンの上がり勝負になりやすいですが最終追い切りでは僚馬としっかり併せていて長く脚を使える可能性も見えました。

初の京都でどれだけやれるか分かりませんが、仕上がり具合は良好だと思います。

ルージュエヴァイユ

ルージュエヴァイユ 11月8日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(良)  52.037.712.1馬なり
1週前美浦南W(良)81.765.551.337.211.3馬なり
前走最終美浦坂路(稍重)  54.038.812.5馬なり

府中牝馬ステークスで2着のルージュエヴァイユは美浦の坂路でアインゲーブング(牝5、3勝クラス)と併せました。

助手が騎乗し、馬場の外目から僚馬を2馬身ほど追走する形で追い、馬なり4ハロン52秒0-上がり1ハロン12秒1で同時併入しました。

1週前は美浦のウッドチップコースにおいてダート馬のペリエール(牡3、オープン)を2~3馬身追走する形で馬なりにて追われ、6ハロン81秒7-上がり1ハロン11秒3で半馬身ほど先着しています。

1週前の映像は直線最後の部分しかありませんでしたが、併せ馬の横から力強い走りを行っていました。

最終追い切りもこの日の美浦にしては好時計を出していますし、歩幅を小さく回転の速いこの馬らしい動きができていました。

脚質や展開がかみ合うかはやってみないと分かりませんが、この馬なりに好状態はキープしています。

前走府中牝馬ステークスの時よりもいい内容でしたし、ここ目標に順調に仕上がっているのは間違いなさそうでした。

ローゼライト

ローゼライト 11月8日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重)83.868.553.838.912.1強め
前走最終栗東CW(良)79.665.151.537.811.9一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走で行いました。

助手が騎乗し、外ラチギリギリのところから強めに追われて6ハロン83秒8-上がり1ハロン12秒1で駆け抜けています。

映像はありませんが1週前のウッドチップで強めに追われて6ハロン83秒8-上がり1ハロン11秒7でゴールしていました。

大外から回転の速い脚さばきを見せていたのはよかったです。

全体時計を見ても、稍重で時計がかかっていたことを考慮したら意外と悪くないです。

少し頭は高いですが、直線に入ってからは全身を低めに追っていて長く脚を活かせていました。

これまでのレース内容を見た限りは直線の長い競馬場のほうが合っているタイプなので今回の京都外回りコースも問題ないでしょう。

仕上がりも問題なさそうでしたのでレースでも力を発揮できるはずです。

PR

エリザベス女王杯(G1)福島記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとエリザベス女王杯(G1)福島記念(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

エリザベス女王杯2023追い切り評価ランキング

評価馬名
イズジョーノキセキ
ブレイディヴィーグ
ククナ
ゴールドエクリプス
ディヴィーナ
ハーパー
ビッグリボン
マリアエレーナ
ライラック
アートハウス
ジェラルディーナ
シンリョクカ
ルージュエヴァイユ
ローゼライト
サリエラ
 

エリザベス女王杯2023追い切り映像

エリザベス女王杯2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 エリザベス女王杯|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 エリザベス女王杯|JRA公式

エリザベス女王杯2023の騎手予想

エリザベス女王杯2023で買いたい騎手トップ3を公開しています。

エリザベス女王杯2023の最終予想

エリザベス女王杯2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)