[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【クイーン賞2024予想】本命におすすめしたい3頭+穴に狙いたい地方馬2頭はこちら!

クイーン賞2024予想記事のサムネイル画像

クイーン賞2024予想の最終買い目を更新しました!

クイーン賞2024のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

クイーン賞2024の予想ポイント

  • 固く決まりやすいレース
  • 中央所属の関東馬が強い
  • 勝ち馬は53~55キロ、相手は56キロ台から予想
  • 勝ち馬は1~4人気から予想、6人気以下の台頭はあまりない
  • 枠順による大きな差はない
目次(読みたい項目をタップ)

クイーン賞2024予想の最終買い目

クイーン賞2024の予想(晴れの稍重~重馬場馬場想定)

クイーン賞が開催される水曜日の船橋競馬場界隈は晴れの予報が出ていました。

降水確率は10%で、日中は気温が10度近くまで上昇するようなので雨の心配はなさそうです。

ただし、船橋は月曜日に降雪のため、3R以降を中止するほど、積雪があったようです。

幸いにも次の日の火曜日はレースが行われていましたが、1~8Rの時点で不良馬場開催でした。

不良馬場というと水田のようなイメージがありますが、この1~8Rの勝ち時計は平均以上に時計が出ていたため、馬場がほどよく固くなって高速馬場傾向になっています。

水曜日は火曜日よりは馬場が快復すると思いますが、冬時期なのでパサパサの良馬場までは至らないでしょう。

うましるでは晴れの稍重~重馬場、馬場が締まった高速馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

馬券が的中しない方へ

京都記念(G2)共同通信杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  9 ライオットガール

シニスターミニスター
マリアビスティー
母父ハーツクライ
主な勝ち鞍クイーン賞(Jpn3) 2023年
前走クイーン賞(Jpn3) 1着

本命はライオットガールにしました。

昨年のレパードステークスのころから素質の高さを発揮していましたが、前走のクイーン賞でも先行しながら最後の直線で楽に押し上げ、2着のテリオスベルに2馬身半差の完勝でした。

前走クイーン賞から約2か月半のレースとなりますが、開催時期が異なるだけで舞台は全く同じです。

当然のことながらコース適性には期待できますし、前走に引き続き岩田望来騎手が騎乗するのも心強いです。

昨年のクイーン賞とは違って今年は高速ダートになると思いますが、過去のレースを見てみると稍重以下の馬場でも結果を残していました。

馬場傾向こそ違いますが、十分力は発揮できるのではないでしょうか。

金鯱賞におけるヤマカツエースのように、変則開催で連覇を成し遂げた唯一無二の存在になってほしいです。

〇対抗  2 アーテルアストレア

リーチザクラウン
スターズインヘヴン
母父ワークフォース
主な勝ち鞍レディスプレリュード(Jpn2) 2023年
前走チャンピオンズカップ(G1) 9着

アーテルアストレアは対抗にしました。

秀逸だったのは3走前のレディスプレリュードです。

このレディスプレリュードは前日の雨のために不良馬場で行われましたが、高速ダートとなっており、過去10開催で3番目に速い時計となっています。

最後の直線では上がり最速タイの37秒2の末脚で勝利を掴みました。

このとき、2着のグランブリッジは一時牝馬ダート路線でトップに君臨していた馬ですし、今回出走するライオットガールやテリオスベルは完全に完封しています。

時計の出る馬場で長く脚を活かせられる条件下なら現役牝馬の中でも上位の実力を持っていました。

ただ、今回の舞台である船橋は大井ほど直線が長くありません。

そのため、レディスプレリュードやJBCレディスクラシックほど末脚勝負に期待できなさそうです。

また、騎乗する菱田騎手も地方競馬の実績が少ないため、小回り船橋でうまく操縦できるか気になりました。

この2点を考慮し、2番手評価にしています。

▲単穴  8 テリオスベル

キズナ
アーリースプリング
母父クロフネ
主な勝ち鞍クイーン賞(Jpn3) 2022年
前走名古屋グランプリ(Jpn2) 3着

交流重賞の常連馬であるテリオスベルは単穴にしました。

今年も相変わらず間隔を詰めてレースに挑んでいますがほとんど大崩れを見せていない馬主孝行馬です。

ひとつ内側に逃げるであろうゴールデンハインドが入りましたが、おそらく番手で競馬すると思います。

しかしながら、近年は逃げだけではなく先行競馬でも善戦しているように大きな心配はありません。

一昨年のクイーン賞は稍重馬場のなか逃げ切り勝利を収めているように、コース適性や馬場適性も気にならないです。

年齢以上に結果を残している馬なので、ここでの好走にも期待したいです。

△連下 10 キャリックアリード

キズナ
アイリッシュシー
母父Galileo
主な勝ち鞍TUF杯(3勝) 2023年
前走神奈川記念(交流重賞) 2着

キャリックアリードは連下にしました。

地方所属の馬ですが、前走神奈川記念の時点では中央競馬に所属していた馬なので、実質的には中央馬と同じ扱いをすればいいでしょう。

その神奈川記念ですが、初の重賞でしかもコーナーのキツい川崎の舞台で差し切り2着に入線しています。

川崎はコーナーがキツいだけではなく、直線も短い舞台ですが限られた距離でしっかり出し切ることができました。

もともと末脚に定評のある馬で、これまでも速い時計で勝利しています。

明日の船橋はおそらく高速ダートだと思いますが、稍重以下の馬場でも崩れていないので初めての船橋でも出し切れると思います。

△連下  7 ゴールデンハインド

ゴールドシップ
オレゴンレディ
母父Shamardal
主な勝ち鞍フローラステークス(G2) 2023年
前走中山金杯(G3) 9着

ゴールデンハインドも連下にしました。

3走前のフローラステークスでは東京芝2,000mの舞台で1分58秒9という好タイムで勝利しています。

このフローラステークスは開幕週に行われたレースで馬場も高速馬場でした。

時計の出る馬場でやれたのは評価したいです。

今回はキャリア初のダート戦なので当然の如く重い印は打ちませんでした。

ところが、前日火曜日のレースを見た限りは含水率が多くて馬場が固く、高速馬場傾向にあります。

フローラステークスも時計の出る馬場で勝っているのでもしかしたらかみ合うかもしれません。

高速ダートを信じて馬券に絡めることにしました。

単勝

9 ライオットガール

馬連流し

軸馬:9
相手:2、7、8、10

三連複フォーメーション

1頭目:9
2頭目:2、7、8、10
3頭目:2、7、8、10

クイーン賞2024の有力馬3頭

クイーン賞は上位人気馬が強いレースで、近2開催はいずれも1~5番人気馬で決着していました。

今年の出走登録馬の内、上位人気に支持されそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ライオットガール

主な勝ち鞍
  • レパードステークス (G3) 2023年
  • クイーン賞     (Jpn3) 2023年

昨年のクイーン賞を制したライオットガールは変則開催のクイーン賞連覇を狙います。

ダート1,800mでは一貫して安定した走りを見せており、先行しながら力強く駆け抜ける競馬を得意としています。

前走のクイーン賞では先に抜け出したテリオスベルを楽にとらえて2馬身差の圧勝、このレベルなら十分力のある競馬を見せています。

コース適性に関しては前走の勝ちっぷりから特にいうことはありません。

ただし、前回のクイーン賞が54キロだったのに対し、今回は56キロと重くなります。

また、過去の成績を見ると叩いてよくなるタイプなの馬なので間隔が空いた中でどれだけやれるか注目したいです。

★評価点
・昨年のクイーン賞の勝ち馬
・先行しながらパワーのある走りが得意
・データと相性のいい前走交流重賞組

▼課題
・昨年よりも2キロ重たくなった
・出遅れ癖がある
・叩き良化型

テリオスベル

主な勝ち鞍
  • ブリーダーズゴールドC (Jpn3) 2023年
  • クイーン賞       (Jpn3) 2022年

7歳馬ながらも交流重賞を使い続けているテリオスベルが昨年のリベンジに燃えます。

もともと一昨年のクイーン賞を逃げて勝利しており、このときは世代でも上位クラスのグランブリッジ相手に勝利しました。

また、昨年のブリーダーズゴールドカップでも直線の長い門別のコースで逃げ切っているほか、大舞台や牡馬混合戦でも前の競馬が決まれば上位争いできています。

一昨年くらいから間隔を詰めて使われ続けているにもかかわらず、ほとんど大崩れを見せていない馬主孝行の馬といえるでしょう。

クイーン賞は2年連続で連対している得意舞台ですし、主戦の江田騎手が再び手綱を握るのも評価できます。

あとは、同型や枠順次第です。

好枠を引けたら久々のクイーン賞制覇も狙えるでしょう。

★評価点
・使いつめても安定して好走している
・逃げの競馬が得意だが近年は番手でも好走している
・ハマれば牡馬相手でも上位争いしていた
・データと相性のいい関東馬&前走交流重賞組

▼課題
・疲れがあってもおかしくない
・年齢的な衰え
・枠の並びも重要

アーテルアストレア

主な勝ち鞍
  • レディスプレリュード (Jpn2) 2023年

昨年のレディスプレリュードでは6番人気の低評価でしたが、後方からの差し切りが見事決まって初重賞制覇を成し遂げました。

このレディスプレリュードは不良馬場でしたが時計自体は出ており、後方から一気にまとめてかわして勝利しています。

高速ダートが見事適性にかみ合った一戦でした。

2走前のJBCレディスクラシックでは3着に支持されましたが時計のかかる良馬場が影響して3着まで、そして前走のチャンピオンズカップは末脚勝負に欠けましたが9着まででした。

ただ、外を回した中で勝ち馬レモンポップとの差はちょうど1秒なのでそこまで悲観する内容ではありません。

近走の戦績を見てみると、ぱさぱさの良馬場よりも雨で固くなった馬場のほうが相性はよさそうです。

そのため、当日の天気を見ながら印を考えたいです。

★評価点
・高速ダートが得意
・レディスプレリュードは強い相手に勝利できた
・データと相性のいい前走中央重賞組

▼課題
・良馬場だと少しパフォーマンスを落とす

クイーン賞2024の穴馬2頭

クイーン賞は下位人気の台頭はあまり見られませんが、かつては人気落ちの地方所属馬がたびたび馬券に絡んでいました。

今年の出走登録馬の中から配当妙味に期待できそうな馬を2頭ピックアップしました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

キャリックアリード

主な勝ち鞍
  • TUF杯 (3勝クラス) 2023年

これまで7戦すべてで馬券に絡んでいるキャリックアリードが牝馬の交流重賞に初参戦します。

昨年までは中央に所属していた馬で、今回は大井転厩後の第一線となります。

条件戦時代は先行もしくは差しの競馬を得意としており、7戦中5戦で上がり最速の末脚を使っていました。

ダート1,800mでも2勝していますし距離適性も問題ありません。

前走の神奈川記念はキャリア初の重賞で重賞馬も何頭かいましたが、3~4コーナーで進出を開始し、直線でもトップスピードを活かしつつ2着入りしています。

神奈川記念の舞台である川崎はコーナーが非常にキツいですが、そのなかでうまく立ち回ることができました。

船橋は川崎こそコーナーはキツくないですし、スパイラルカーブがあるのでバラけやすく、差し切りやすい舞台だと思います。

Jpn3戦にしては多数の重賞馬が集まりましたが、その中でどれだけやれるか注目したいです。

★評価点
・上がりの末脚に定評がある
・川崎でも早めに動いて連対した
・時計のかかる馬場で長く脚を活かせる

▼課題
・相手関係の強化

メイドイットマム

主な勝ち鞍
  • ロジータ記念   (G) 2023年
  • 浦和桜花賞    (G) 2023年
  • 東京2歳優駿牝馬 (G) 2022年

昨年は南関重賞を3勝し、3歳優駿牝馬に輝きました。

地元船橋の実力馬で、交流重賞に指定されている昨年の関東オークスでも4着、勝ち馬パライバトルマリンとの差は0.3秒差で、地方所属馬の中では高い実力を見せています。

前走の東京シンデレラマイルでも2番人気に支持されましたが、久々のマイルが影響したのか6着に敗れてしまいました。

今回はダート1,800mなので出し切りやすいはずです。

交流重賞なので中央所属馬が立ちはだかりますが、船橋を背負う牝馬としてどこまで健闘できるか注目したいです。

★評価点
・昨年の最優秀3歳牝馬に選定
・南関の重賞を3勝している
・中距離コースが得意

▼課題
・久々の交流重賞で相手関係が強化された

馬券が的中しない方へ

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ここからはクイーン賞の過去10年の傾向やデータ分析を見ていきましょう!

クイーン賞2024の概要

クイーン賞は船橋競馬場で開催される牝馬限定の交流重賞です。

創設は1955年と古く、設立当初から開催競馬場やコースは一度も変更していない非常に珍しいレースです。

昨年まではJBCレディスクラシックのあとの12月に開催されており、古馬牝馬ダート重賞のトリを飾っていました。

ところが、2024年からはダート番組の大型整備が行われたのです。

これに伴い、もともと1月に行われていた牝馬限定交流重賞のTCK女王盃が兵庫女王盃の名称で4月上旬に時期をずらしました。

1月下旬に行われていた牝馬限定交流重賞の枠が空いたことでクイーン賞が2月上旬に開催時期をずらして行われるようになりました。

2023年の12月に行われ、2024年の2月に再び行われるので今回に限っては間隔が2カ月しか空いておらず、今年のクイーン賞は異例のローテーションで開催されます。

中央競馬における金鯱賞も2016年と2017年は3カ月の間隔で行われましたが、このときと似たような間隔と思ってもらえたらいいでしょう。

しかしながら、コースやルールは全く変更がないため、うましるではいつも通り過去10年のデータから傾向をまとめました。

2023年 クイーン賞JpnIII|第69回|NAR公式

クイーン賞2024の開催内容

開催日2月7日(水曜) 20:05発走
格付けJpn3
開催競馬場船橋競馬場 11R
コースダート1,800m
性齢4歳以上牝馬
斤量ハンデ
1着賞金3000万円

クイーン賞2024が開催される船橋のダート1,800mの特徴

船橋競馬場 ダート1800mのコースで特徴を解説
クイーン賞のタイム
平均タイム
(過去10年)
1.55.4
レコードタイム1.49.5
(2008年 ヤマトマリオン)

船橋競馬場は1周1,400mの左回りコースです。

スタート地点は4コーナーの奥ポケットで最初の1コーナーまでの距離速く454mです。

船橋競馬場は1~2コーナーと3~4コーナーにスパイラルカーブが導入されています。

スパイラルカーブとは入り口が鈍角で出口が鋭角なカーブを指し、これがあるとスピードを維持したまま出口に向かう馬が外に振り回されやすくなります。

これに伴い、馬群が横に広がる性質があります。

3~4コーナーの場合は最後の直線で横に広がるほうが前にふさがれる傾向が少なくなって末脚を活かしやすくなります。

そのため、差しや追込馬が有利に思いますが、実際のところは最後の直線が308mと短く、また、先行集団はコーナーで減速する傾向が強いことから余力残しで直線に入るケースが多いです。

そのため、逃げや先行馬のほうが活躍しています。

クイーン賞2024の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1エイシンレミー牝451.0及川烈
2アーテルアストレア牝556.5菱田裕二
3メイドイットマム牝452.0本橋孝太
4サルサレイア牝851.0西啓太
5フークエンジェル牝451.0篠谷葵
6グレースルビー牝751.0達城龍次
7ゴールデンハインド牝454.0菅原明良
8テリオスベル牝756.5江田照男
9ライオットガール牝456.0岩田望来
10キャリックアリード牝554.0御神本訓史

クイーン賞の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2023
11ライオットガール3JBCレディスクラシック(Jpn1)6
211テリオスベル1JBCレディスクラシック(Jpn1)5
33パライバトルマリン2ブリーダーズゴールドC(Jpn3)2
2022
稍重
114テリオスベル3JBCレディスクラシック(Jpn1)5
21グランブリッジ2JBCレディスクラシック(Jpn1)2
37ショウナンナデシコ1JBCレディスクラシック(Jpn1)1
2021
不良
17ダイアナブライト6レディスプレリュード(Jpn2)4
24サルサディオーネ1JBCレディスクラシック(Jpn1)10
313プリティーチャンス3みやこステークス(G3)4
2020
稍重
19サルサディオーネ3JBCレディスクラシック(Jpn1)7
28アッシェンプッテル1太秦ステークス(OP)3
37サルサレイア7シンデレラマイルT(OP)5
2019
稍重
11クレイジーアクセル4レディスプレリュード(Jpn2)4
210プリンシアコメータ3レディスプレリュード(Jpn2)10
37ラインカリーナ2太秦ステークス(OP)4
2018
不良
17アイアンテーラー2JBCレディスクラシック(Jpn1)8
210サルサディオーネ3JBCレディスクラシック(Jpn1)12
32オルキスリアン6さざんか賞(A2)1
2017
12プリンシアコメータ1JBCレディスクラシック(Jpn1)2
25アンジュデジール2JBCレディスクラシック(Jpn1)5
36ラインハート4JBCレディスクラシック(Jpn1)3
2016
稍重
112トロワボヌール1JBCレディスクラシック(Jpn1)2
25タイニーダンサー5JBCレディスクラシック(Jpn1)7
313タイムビヨンド8道営記念(G)1
2015
19ディアマイダーリン4秋華賞(G1)13
21トロワボヌール1JBCレディスクラシック(Jpn1)3
33ノットオーソリティ5JBCレディスクラシック(Jpn1)6
2014
17トロワボヌール1JBCレディスクラシック(Jpn1)5
213アクティビューティ4JBCレディスクラシック(Jpn1)4
35ブルーチッパー3JBCレディスクラシック(Jpn1)5

【単勝オッズ】固く決まりやすいレース

年度単勝馬連三連複三連単
2023300円330円190円1,230円
2022510円450円180円2,130円
20212,000円3,140円4,230円58,060円
2020350円620円11,850円43,810円
2019780円1,980円1,580円16,750円
2018250円690円3,970円13,700円
2017200円300円520円1,700円
2016300円1,480円7,710円24,520円
2015810円770円2,250円13,770円
2014170円650円700円2,140円
平均配当567円1,041円3,318円17,781円

過去10年のクイーン賞の配当をまとめました。

単勝配当が1,000円を超えたのは2021年の1回のみ、それ以外の年はすべて100円台で決着づいています。

馬連も1,000円を超えた年は3度のみで平均配当は1,041円で、三連複も万馬券は1回のみです。

三連単に関してみると、万馬券は6回と地方交流重賞の割に数は出ているものの、平均配当は17,781円と安いです。

大きな荒れ模様は見られず、比較的固く決着づいていました。

【所属】中央所属の関東馬が強い

所属成績単勝率連対率複勝率
中央(関東)【5-4-2-8】26.3%47.4%57.9%
中央(関西)【2-5-3-11】9.5%33.3%47.6%
大井【2-1-1-17】9.5%14.3%19.0%
川崎【1-0-1-4】16.7%16.7%33.3%
船橋【0-0-2-16】0.0%0.0%11.1%
浦和【0-0-0-5】0.0%0.0%0.0%
その他【0-0-1-36】0.0%0.0%2.7%

過去10年のクイーン賞の勝ち馬7頭、そして2~3着に入線した21頭が中央所属の馬でした。

このうち、好走率が高かったのは関東馬で、単勝率26%、連対率47%と関西勢を圧倒しています。

クイーン賞は中央所属馬の中でも輸送距離の短い関東馬が優勢でした。

今年の出走馬を所属別にまとめました。

関東馬
・ゴールデンハインド
・テリオスベル

関西馬
・アーテルアストレア
・ライオットガール

大井
・キャリックアリード
・グレースルビー
・サルサレイア

その他地方
エイシンレミー(笠松)
フークエンジェル(船橋)
メイドイットマム(船橋)

【斤量】勝ち馬は53~55キロ、相手は56キロ台から

斤量成績単勝率連対率複勝率
57キロ以上【0-0-1-0】0.0%0.0%100.0%
56キロ台【1-5-0-2】12.5%75.0%75.0%
55キロ【4-0-0-4】50.0%50.0%50.0%
54キロ【2-5-3-7】11.8%41.2%58.8%
53キロ【2-0-2-9】15.4%15.4%30.8%
52キロ【1-0-2-9】8.3%8.3%25.0%
51キロ【0-0-2-66】0.0%0.0%2.9%

過去10年のクイーン賞の勝ち馬8頭が斤量53~55キロの馬でした。

52キロ以下の軽い馬や56キロ以上の重い馬はそれぞれ1勝止まりです。

ただし、斤量56キロ台の馬は連対率が75%もありました。

このことから、勝ち馬は53~55キロから、相手候補は56キロが有力といえます。

今年の出走登録馬を斤量別にまとめました。

斤量53~55キロ
キャリックアリード(54キロ)
ゴールデンハインド(54キロ)

斤量56キロ台
アーテルアストレア(56.5キロ)
テリオスベル(56.5キロ)
ライオットガール(56キロ)

斤量52キロ以下
エイシンレミー(51キロ)
グレースルビー(51キロ)
サルサレイア(51キロ)
フークエンジェル(51キロ)
メイドイットマム(52キロ)

クイーン賞の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-4-1-2】30.0%70.0%80.0%
2番人気【1-2-2-5】10.0%30.0%50.0%
3番人気【3-2-2-3】30.0%50.0%70.0%
4番人気【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
5番人気【0-1-1-8】0.0%10.0%20.0%
6番人気以下【1-0-3-73】1.3%1.3%5.2%

勝ち馬は1~4番人気から

過去10年のクイーン賞の勝ち馬はいずれも1~4番人気に支持された馬でした。

また、2~3着に入線した15頭も1~4番人気の馬です。

過去10年のうちの9開催で1~4番人気馬が2頭以上馬券に絡んでいることから分かるように、クイーン賞は上位人気馬が馬券に絡む傾向が非常に高いです。

6番人気以下の台頭はあまり見られない

過去10年のクイーン賞で6番人気以下の馬は77頭出走しましたが勝ち馬は2021年のダイアナブライトのみでした。

また、相手にも3頭しか馬券に絡んでおらず、単勝率1%、複勝率は5%しかありませんでした。

クイーン賞は上位人気馬が強い反面、下位人気の台頭はほとんど見られないレースです。

馬券が的中しない方へ

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

クイーン賞の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
2枠【1-0-1-8】10.0%10.0%20.0%
3枠【0-1-2-13】0.0%6.3%18.8%
4枠【0-1-1-15】0.0%5.9%11.8%
5枠【2-2-2-11】11.8%23.5%35.3%
6枠【3-0-2-14】15.8%15.8%26.3%
7枠【1-1-0-17】5.3%10.5%10.5%
8枠【1-3-2-14】5.0%20.0%30.0%

大きな差はない

過去10年のクイーン賞を枠順別に見てみると、もっとも好走していたのは1枠でした。

1枠は単勝率20%、複勝率も40%あるので有利に見えます。

しかし、1枠から連対した4頭はいずれも1~4番人気の馬で、人気落ちの馬は凡走傾向にありました。

1枠以外にも極端な偏りが見られないことから、数値以上に枠順の差はないといえるでしょう。

クイーン賞の過去10年の前走クラス別成績

前走クラス成績
G1&Jpn1【8-8-4】
G2&Jpn2【2-1-0】
G3&Jpn3【0-0-2】
その他重賞【0-0-1】
オープン【0-1-2】
A2【0-0-1】

前走中央の重賞&交流重賞組の活躍が目立つ

過去10年の勝ち馬はいずれも前走が中央の重賞か交流重賞を使っていました。

また、2着馬9頭と3着馬4頭も前走が中央重賞もしくは交流重賞で、実に23頭もの馬が該当しています。

それ以外の馬は3着にこそ絡んでいますが、連対したのは2020年のアッシェンプッテルのみとなっています。

馬券予想の際は前走クラスにも注目したいです。

今年の出走登録馬の内、前走が中央重賞もしくは交流重賞だった馬は4頭いました。

アーテルアストレア
(前走チャンピオンズカップ【G1】/9着)

ゴールデンハインド
(前走中山金杯【G3】/9着)※芝レース

テリオスベル
(前走名古屋グランプリ【Jpn2】/3着)

ライオットガール
(前走クイーン賞【Jpn3】/1着)

以上になります。
クイーン賞の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)