[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【中山牝馬S2024追い切り評価/全頭診断】フィアスプライドに並ぶ最高評価「S」はアノ馬!

中山牝馬ステークス2024追い切り評価記事のサムネイル画像

中山牝馬ステークス2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では中山牝馬ステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

3月6日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路、ウッドともに重馬場でした。
坂路は一番時計がロジアデレードの4F50秒7ですが、それ以外の馬は52秒台より遅い時計で坂路を駆けあがっており、時計はかかっています。
ウッドはシュトラウスの6F78秒4が最速ですが、他の馬の時計を見ると平均的よりもやや時計はかかっているように見えました。

栗東
この日の栗東は坂路とウッドは重馬場、ポリトラックは良馬場でした。
坂路の一番時計はウルトラソニックの4F50秒7ですが、それ以外は51秒台となっており、平均よりも時計はかかっています。
ウッドは80秒台を出している馬が多く、表記ほど時計はかかっていません。
ポリトラックはいつも通りの高速馬場でした。

目次(読みたい項目をタップ)

中山牝馬ステークス2024追い切り評価/全頭診断コメント

中山牝馬ステークス2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

中山牝馬ステークス(G3)金鯱賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アレグロモデラート

アレグロモデラート 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重) 67.351.937.511.8馬なり
前走最終栗東CW(良)⑦99.166.852.237.411.6一杯

アレグロモデラートは、美浦のウッドチップコースにて単走を行いました。

助手を背に馬場の外側から馬なりで追われ、5F67秒3-上がり1F11秒8の時計で駆け抜けました。

最終追い切りを見る限り、1週前に仕上げたためか一息入るも仕上がった様子でした。

なお、映像にはありませんが、1週前追い切りではレース当日に騎乗する木幡巧也騎手を背にブッシュガーデン(牝5、3勝クラス)と併せ馬を行い、馬なりで追走する形から最後は同時入線しています。

前走の愛知杯(G3)では早め先頭に抜け出しを図り4着に粘りましたが、その時の斤量が51キロで今回はさらに50キロと軽減されていますので、うまく先行集団から抜け出しを図れば、面白い存在かも知れません。

キタウイング

キタウイング 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重)85.868.953.939.011.9馬なり
前走最終美浦南W(良) 72.556.540.411.8馬なり

昨年のフェアリーステークス(G3)を勝ったキタウイングは、美浦のウッドチップコースにて、マルコタージュ(牝3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する杉原誠人騎手を背に馬なりで追われ、6F85秒8-上がり1F11秒9の時計で0.2秒先着しています。

映像はありませんが、1週前追い切りでは、美浦のウッドチップコースを馬なりルージュブラゾン(牝5、1勝クラス)との併せ馬で追走から最後は同時併入しました。

2歳時には、新潟2歳ステークス(G3)も勝っており、超早熟傾向に見られます。

ただし、追い切りの数字だけをみますと決して悪くない数字ですので、もしかすると大駆けがするかも知れません。

ククナ

ククナ 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重) 67.452.038.011.7馬なり
前走最終美浦南W(良) 67.152.338.412.0強め

このレースが引退レースとなるククナは、美浦のウッドチップコースにてインテルメディオ(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に馬場の外側から馬なりで追われ、5F67秒4-上がり1F11秒7の時計で追走するも最後は0.1秒遅れをとっています。

また、1週前追い切りでも美浦のウッドチップコースでフィージビリティー(牡3、未勝利)と併せ馬を行いましたが、追走する形も0.2秒遅れました。

ククナ自身、展開に左右される点は否めません、決め手が鋭い点ではメンバーの中でも最上位だと思います。

このレースで引退となる本馬にとっては、一息入るも好気配が窺えましたし、何としてもラストランを勝利で飾ってほしいですね。

グランスラムアスク

グランスラムアスク 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東P(良) 65.350.537.911.5末強め
前走最終栗東CW(良)  50.536.411.6一杯

グランスラムアスクは、栗東のニューポリトラックコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する古川奈穂騎手を背に終いを強めに追われ、5F65秒3-上がり1F11秒5の時計で走破しています。

また、5日前にも同じコースで古川奈穂騎手を背に終いを強めに追う調教を行い、1F11秒5の時計を出しています。

追い切り映像がありませんので、数字だけの判断となりますが決して悪い内容ではないと思います。

グランスラムアスク自身、全場の芝1,800mでは9戦4勝3着1回と複勝率は50%を超えていますので、人気薄が予想されていますが、ひょっとしたらの存在かも知れません。

クリノプレミアム

クリノプレミアム 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重)83.466.952.037.611.8馬なり
前走最終美浦南W(良)83.366.452.738.612.0馬なり

一昨年の中山牝馬ステークス(G3)を勝ったクリノプレミアムは、美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、6F83秒4-上がり1F11秒8の時計を出しています。

最終追い切りでは、脚取り確かな手応えで軽やかにコースを疾走するように見えました。

しかし、近走の成績をみますと追い切りの時計が良くても凡走する可能性は高そうです。

ただ、オルフェーヴル産駒としては、これまで単勝回収率が1391%、複勝回収率が309%との数字が出ていますので、大穴をあける可能性も秘めています。

コスタボニータ

コスタボニータ 3月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.840.613.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  61.744.813.6馬なり

コスタボニータは、栗東の坂路コースにて、単走を行いました。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計55秒8-上がり1F13秒0の時計で駆け上がりました。

1週前追い切りでは、レース当日に騎乗する西村敦也騎手を背に栗東坂路でサイレントミニスタ(牡3、未勝利)と併せ馬を行い、シャープに伸びて2馬身先着しています。

今回の最終追い切りも坂路コースで入念に行われている様子でしたので、好仕上がりだと思われます。

前走の愛知杯(G3)の3着、昨夏のクイーンステークス(G3)でも3着といずれも勝ち馬に0.2秒差ですので、当日は上位人気が予想されますが、もちろん侮れない1頭です。

コンクシェル

コンクシェル 3月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)81.366.352.337.511.6馬なり
前走最終栗東CW(重)83.668.153.639.112.5馬なり

コンクシェルは、栗東のウッドチップコースにて、ジャスパーバローズ(牡4、2勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計81秒3-上がり1F11秒6の時計で直線強めからのひと追いでクビ差先着しています。

映像にはありませんが、1週前追い切りでは、栗東のウッドチップコースでジオフロント(牡6、3勝クラス)と併せ馬を行い、直線強めに追うも最後はクビ差で遅れを取っていましたので、最終追い切りで仕上がったといえそうです。

重賞レースも含め、これまで2桁着順が続いていましたが、前走の初音ステークス(3勝クラス)では、2着のホウオウラスカーズに3馬身差を付ける圧勝劇で大きな変わり身をみせました。

今回は重賞戦となりますが、自身のリズムで運んで能力を出し切れる走りができれば、十分にチャンスはあると思います。

シンリョクカ

シンリョクカ 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重) 67.152.437.911.7馬なり
1週前美浦南W(良) 66.050.836.611.5馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.653.638.411.4馬なり

シンリョクカは、美浦のウッドチップコースにて、フクノブルジュ(牡4、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する木幡初也騎手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、5F67秒1-上がり1F11秒7の時計で最後は併走馬に0.2秒先着しています。

少し物見する場面もありましたが、最後は力強い脚捌きが印象的でした。

1週前追い切りでは、ビレッジイーグル(牡7、障害オープン)を5馬身追走して、馬なりのまま併入しましたが、時計は1F11秒5と好タイムでした。

管理する竹内正洋調教師は「牝馬限定戦なので能力的にも勝ってもらいたい」と期待を込められていますので、一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のように、ここは一発に期待したいです。

ダガノパッション

タガノパッション 3月5日(火) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  50.7 12.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.438.412.9馬なり

通常よりも1日早い最終追い切りとなったタガノパッションは、栗東の坂路にて単走を行いました。

助手を背に馬なりで追われ、全体時計50秒7-上がり1F12秒4となる自己ベストをマークする時計で駆け上がりました。

なお、1週前追い切りでは栗東の坂路を単走でしまいを強めで追われ駆け上がりましたが、4F52秒9-上がり1F12秒9を計測しています。

今回の火曜追い切りについて管理する武幸四郎調教師は「調教でごねたりするので追い切れる時にと臨機応変にやっています」と経緯を説明しました。

3歳のオークスではユーバーレーベンの4着に入った実力馬であり、今回が4度目の重賞挑戦となりますが、調教タイムだけで判断すると初タイトルに手が届いても不思議ではありません。

ハギノメーテル ※除外

ハギノメーテル 3月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東P(良) 72.556.642.112.6強め
前走最終栗東CW(良)85.769.753.638.811.9G前仕掛け

ハギノメーテルは、栗東のニューポリトラックコースにて、ウインアラジン(牡5、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

最終追い切りの映像はありませんが、今村聖奈騎手(レース当日は川又賢治騎手)を背に、強めに追われ、5F72秒5-上がり1F11秒9の時計で最後は併走馬に0.2秒遅れてゴールしています。

また、1週前追い切りも栗東ウッドチップコースを単走にて今村聖奈騎手を背に馬なりで6F85秒3-上がり1F11秒8を馬なりで計測しています。

ここまで重賞経験は昨年のマーメードステークス(G3)の1走だけと少し実績でも見劣りします。

データ的にもこれまで中山の芝1,800mどころか全場の芝1,800mも未経験だけあって、今回は割り引いた方がよさそうです。

ヒップホップソウル

ヒップホップソウル 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重) 67.952.837.611.2馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 68.553.338.311.4馬なり

ヒップホップソウルは、美浦のウッドチップコースにて、外ジュビランス(牝3、未勝利)と内セラドナイト(牝4、1勝クラス)と3頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する北村宏司騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、5F67秒9-上がり1F11秒2の時計で3頭の真ん中から最後は外ジュビランスと同時併入しています。

1週前追い切りでも美浦のウッドチップコースを馬なりにて、7F97秒0-上がり1F11秒4を計測しています。

よって、仕上がり面については良好ではないでしょうか。

前走のターゴイスステークス(G3)では、2番人気ながら8着と不甲斐ない結果に終わっていますので、今回は名手・北村宏司騎手を鞍上に迎えての試金石となりそうです。

ファンタジア

ファンタジア 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 51.036.111.9馬なり
前走最終美浦南W(稍重)81.465.551.337.011.8馬なり

ファンタジアは、美浦のウッドチップコースにて、サトノオラシオン(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に馬なりで追われ、4F51秒0-上がり1F11秒9の時計で並走馬と同時併入しました。

最終追い切りを見る限り、躍動感あふれる走りで好印象が持てました。

また、映像はありませんが1週前追い切りでも美浦のウッドチップコースを馬なりにて、カナテープ(牝5、3勝クラス)と併せ馬を行い、0.1秒先着する動きを披露しています。

今回、重賞初挑戦となるファンタジアですが、決して他の馬と見劣りするわけではありませんので、斤量の恩恵も考慮すれば、軽視できない存在です。

フィアスプライド

フィアスプライド 3月6日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重) 64.850.336.611.2強め
前走最終美浦南W(稍重) 68.152.337.311.3馬なり

昨年末のターゴイスステークス(G3)を制したフィアスプライドは、美浦のウッドチップコースにて、サトノエピック(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、5F64秒8-上がり1F11秒2の時計で並走馬と同時併入しました。

映像はありませんでしたが、1週前追い切りでも併せた馬に先着する動きを披露していますので、今回も順調な仕上がりといえるでしょう。

前走のターコイズステークス(G3)で待望の重賞初制覇を成し遂げましたが、今回も引き続きC.ルメール騎手が騎乗するのも大きなプラス材料です。

ただ、1つ懸念材料としましては、トップハンデとなる56キロを背負うことでしょうか。

そこをクリアできれば重賞連覇にも期待できるでしょう。

フィールシンパシー

フィールシンパシー 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重) 67.753.038.111.6馬なり
前走最終美浦南W(良) 72.856.941.813.0馬なり

昨年末のターゴイスステークス(G3)で2着だったフィールシンパシーは、美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する横山琉人騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、5F67秒7-上がり1F11秒6の時計で駆け抜けました。

単走でしたが、迫力ある動きでシャープな脚捌きは本番に向けて良い仕上がりだと思います。

また1週前追い切りでも横山琉人騎手を背に美浦のウッドチップコースを馬なりで6F82秒7-上がり1F11秒3にて走破しました。

これまでの成績をみますと、ムラっ気はありますが、鞍上は全17戦のうち、15戦を騎乗している横山琉人騎手ですので、ここも楽しみな1頭です。

ラヴェル

ラヴェル 3月6日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重) 69.754.038.911.9強め
前走最終栗東坂路(重)  53.037.812.7末強め

一昨年のアルテミスステークス(G3)の覇者ラヴェルは、栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手を背に馬場の外側から強めに追われ、5F69秒7-上がり1F11秒9の時計で駆け抜けています。

最終追い切りを見る限りでは、上昇気配が窺えました。

昨年の牝馬三冠レースではすべてリバティアイランドに屈しましたが、それでも条件がかみ合ったとはいえ2歳時のアルテミスステークスではリバティアイランドを負かした実力馬です。

前走の京都記念も並みいる強豪牡馬相手に小差の5着と健闘していますので、今回の牝馬限定戦なら好勝負は必至ではないでしょうか。

ルージュエクレール

ルージュエクレール 3月5日(火) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 68.652.137.511.5馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 69.953.738.511.7馬なり

通常よりも1日早い最終追い切りとなったルージュエクレールは、美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

最終追い切りの映像はありませんが、助手を背に馬なりで追われ、5F68秒6-上がり1F11秒5の時計で走破しました。

1週前追い切りでは、美浦のウッドチップコースを馬なりにて、5F69秒5-1F11秒3と好タイムと悪くない内容でした。

ただ、中山1,800mが未経験という部分が少し懸念材料です。

しかし、芝右回りでは4戦3勝と相性が良いので、その点に期待すべきところでしょうか。

ルージュリナージュ

ルージュリナージュ 3月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重)84.167.853.338.511.9馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.853.938.711.5馬なり

ルージュリナージュは、美浦のウッドチップコースにて、ピンポイントドロー(牡4、障害未勝利)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する丸田恭介騎手を背に、馬場の外側から馬なりで追われ、6F84秒1-上がり1F11秒9の時計で並走馬に0.2秒先着しています。

1週前追い切りでは、助手を背に美浦のウッドチップコースを馬なりでナンヨーヴィヨレ(牡6、2勝クラス)と併せ馬を行っていますが、この時は0.1秒遅れを取っています。

よって、今回の最終追い切りで仕上がった様子が窺えますし、颯爽と駆け抜ける姿に好印象が持てました。

また、これまで全場の芝1,800mに対し、6戦3勝2着1回の成績は、ルージュリナージュの強みとして評価してもよさそうです。

馬券が的中しない方へ

中山牝馬ステークス(G3)フィリーズレビュー(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると中山牝馬ステークス(G3)フィリーズレビュー(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

中山牝馬ステークス2024追い切り評価ランキング

評価馬名
フィアスブライド
ラヴェル
コスタボニータ
コンクシェル
グランスラムアスク
シンリョクカ
タガノパッション
ヒップホップソウル
ファンタジア
フィールシンパシー
ルージュリナージュ
アレグロモデラート
キタウイング
ククナ
クリノプレミアム
ハギノメーテル ※除外
ルージュエクレール
 
同評価内は50音順になります。

中山牝馬ステークス2024追い切り映像

中山牝馬ステークス2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 中山牝馬ステークス|JRA公式

中山牝馬ステークス2024の最終予想

中山牝馬ステークス2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)