[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【函館2歳S2024追い切り評価/全頭診断】下位人気の〝アノ馬〟に最高評価「S」

函館2歳ステークス2024追い切り評価記事のサムネイル画像

函館2歳ステークス2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では函館2歳ステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

7月10日の馬場状態

美浦
この日の美浦ウッドは稍重でした。
ウッドは一番時計がグリュースゴットの6F79秒5ですが、ほかの馬の時計を見るとここ数週間の中では落ち着いています。

栗東
この日の栗東ウッドも稍重でした。
ウッドの一番時計はニホンピロペリーの6F79秒0ですが、美浦ウッド同様、稍重馬場の影響もあってかここ数週間の中では比較的時計が落ち着いていました。

函館
この日の函館調教コースは芝、ウッドともに稍重です。
芝コースは開催最終週の稍重にしてはまずまず時計が出ています。
ウッドはそこまで好時計を出している馬はいませんでした。

目次(読みたい項目をタップ)

函館2歳ステークス2024追い切り評価/全頭診断コメント

函館2歳ステークス2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→D(測定不能)の5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

函館2歳ステークス(G3)函館記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アースミューズ ※取消

アースミューズ 7月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 70.054.240.313.4馬なり
前走最終函館W(良) 69.953.339.112.6強め

アースミューズは函館のウッドコースで単走を行いました。

前走から引き続きコンビを組む小林騎手が追い切りに騎乗し、馬場の外目から馬なりで追われて5F70秒0-上がり1F13秒4の時計で走破しています。

前走から中1週ということで追い切りは軽めです。

時計は出していませんが、間隔を詰めていることもあって自身の走りができているのは良いでしょう。

馬なりでしたが活気もあった点もよかったです。

終いの伸びはそこまで目立っていませんが、この馬なりに現状は維持できてそうです。

ヴーレヴー

ヴーレヴー 7月10日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 68.352.738.712.3馬なり
前走最終函館W(良) 69.354.040.312.3馬なり

ヴーレヴーは函館のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追い、5F68秒3-上がり1F12秒3の時計で走破しています。

前走から約1か月ぶりのレースですが、馬なりでも活気に満ち溢れていましたし、馬体も締まっています。

序盤からきびきびと動けているのも良かったですし、時計面を見ても前走より良化している感じがしました。

クビの使い方も良いですし、四肢もうまく動かせていることから久々のレースでも力を発揮できそうです。

エメラヴィ

エメラヴィ 7月10日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 67.452.339.312.6馬なり
前走最終函館芝(良) 66.551.437.011.8G前仕掛け

エメラヴィは函館のウッドチップコースで同レースに出走するシュードタキライト(牡2、オープン)と併せました。

前走から引き続きコンビを組む横山武史騎手が追い切りに騎乗し、馬場の真ん中から馬なりで僚馬を13馬身ほど追走し、5F67秒4-上がり1F12秒6の時計で同時併入しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

僚馬と比較するとかなり後方から追走する形となりましたが、3~4コーナー辺りで並びかけ、直線で手前を替えてからもじりじりと脚を活かして併入しています。

直線入りの時点では前に立ったものの、最後は併入する形になっていますが、13馬身も後ろから馬なりで追っているのでむしろ健闘したといえるでしょう。

馬体を見ても胸の筋肉量が多くてパワー型だと思いますし、四肢もしっかり伸ばして走破していることから調子は良さそうですね。

横山武史騎手が追い切りに騎乗した点も評価したいですし、2歳重賞初金星にも期待できそうです。

エンドレスサマー

エンドレスサマー 7月10日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重)  51.337.511.7馬なり
前走最終函館芝(良) 67.751.437.511.8馬なり

エンドレスサマーは函館の芝コースでワンブランチ(牝3、2勝クラス)と併せました。

レースで騎乗する横山和生騎手が追い切りに騎乗し、馬なりで僚馬より3馬身先行しつつ、馬場の外目から回って4F51秒3-上がり1F11秒7でクビ差先着しています。

道中は足元を意識しながら淡々とした動きで直線入りしています。

直線で手前を替えてからも地を掻き込むような動きで僚馬に先着することができました。

気合はそこまで乗っている感じはしませんでしたが、リズムよく動けていますし、一度ワンブランチが詰め寄ってからは再び突き放していることから、意外と内なる闘争心はありそうです。

馬体を見る限りは、短距離路線は短い感じもしますが、前走の新馬戦が強い競馬だったので侮れません。

アルアイン産駒2頭目の重賞馬になれるか、注目したいです。

オカメノコイ

オカメノコイ 7月11日(木) 評価D(測定不能)
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切中間軽め
前走最終函館W(良) 68.653.639.412.6一杯

オカメノコイは連闘のため中間軽めとなっています。

時計は出しておらず、追い切り映像の公開もないため、今回はD評価(測定不能)としました。

カルプスペルシュ

カルプスペルシュ 7月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重)  55.541.213.9馬なり
1週前函館W(良) 71.855.942.013.8馬なり
前走最終函館W(良) 69.753.439.112.6馬なり

カルプスペルシュは函館のウッドチップコースで単走を行いました。

前走からコンビを組んでいる鮫島克駿騎手が追い切りに騎乗し、馬場の3分どころから馬なりで4F55秒5-上がり1F13秒9の時計でゴールしています。

1週前の4日にも函館ウッドで単走を行いました。

このときは助手が騎乗し、馬場の外目から馬なりで5F71秒8-上がり1F13秒8の時計を残しています。

少し頭は下向きでしたが脚取りは悪くなさそうです。

ただ、馬なりだったとはいえ全体の時計は目立つものではないですし、馬体を見ても四肢が長いタイプなので短距離向けかというと難しいところです。

最終追い切りも馬なりで調整しました。

1週前同様ほとんど変わりのない動きで視線は下向き、時計も目立ちませんでした。

胴が細くて華奢にも見えますし、短距離より中・長距離のほうが合ってそうです。

今後の成長に期待したいです。

グランカメリア ※取消

グランカメリア 7月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 66.951.738.212.9一杯
前走最終函館W(良) 68.553.339.712.3末強め

グランカメリアは函館のウッドチップコースでコスモララバイ(牝3、未勝利)と併せました。

池添騎手が追い切りに騎乗(レース当日の騎乗騎手は水曜日の時点で未定)し、馬場の外目から一杯に追い、5F66秒9-上がり1F12秒9の時計を記録しましたが僚馬にクビ差後れています。

道中は常にコスモララバイと並走する形で追い、直線に入ってからも強く追いましたが、思った以上に伸びを書いており、コスモララバイより先に立つことはできませんでした。

コスモララバイはグランカメリアの内を立ち回っていましたが、グランカメリアがいっぱいに追われたのに対してコスモララバイは馬なりで追いこすことができなかったのはマイナスです。

時計面を見ても、全体時計はまだしも終いの伸びは欠けていました。

この一追いで良化する可能性もありますが、最終追い切り時点ではそこまで良い仕上がりとは言い難かったです。

サトノカルナバル

サトノカルナバル 7月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重)  55.040.113.0馬なり
1週前美浦坂路(稍重)  59.042.313.4馬なり
前走最終美浦坂路(重)  55.040.112.2馬なり

サトノカルナバルは函館のウッドチップコースで単走を行いました。

今回初コンビを組む佐々木騎手が追い切りに騎乗し、馬場の真ん中から馬なりで追われて4F55秒0-上がり1F13秒0で軽く仕上げています。

1週前の3日には美浦の坂路で単走を行い、全体時計59秒0-上がり1F13秒4でした。

1週前の坂路追いでは大柄な馬体にもかかわらず軽快な動きを見せており、身体は軽そうです。

道中の動きを見ても、淡々と坂路を登坂していましたし軸足もぶれておらず、競馬センスの高さを垣間見ることができました。

最終追い切りは北海道入りを果たし、函館ウッドで調整しました。

全体的に推進力のある動きができていますし、頭の使い方もリズムが合ってよさそうです。

胸の筋肉量を見てもパワーはありそうなので初めての函館でも面白そうです。

ただ、背中のラインを見てみるとこの時期の2歳馬らしくまだまだ発展途上という感じがしました。

また、四肢は意外と長かったので芝1,200mはサトノカルナバルからしたら少し短い可能性があります。

前駆を見る限りパワーはありそうですし、良血馬ということもあって一発ありそうですが、個人的には今後の成長に期待したいところです。

シュードタキライト

シュードタキライト 7月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 70.053.539.712.6馬なり
前走最終連闘のため中間軽め

前走の未勝利戦を勝利したシュードタキライトは函館のウッドチップコースで同コースに出走するエメラヴィ(牝2、オープン)と併せました。

今回初コンビを組む丹内騎手が追い切りに騎乗し、外ラチ沿いから馬なりで僚馬より13馬身先行する形で追い、5F70秒0-上がり1F12秒6の時計で併入しました。

道中は疾走感のある走りを見せており、後ろから追ってくるエメラヴィから距離を執ろうとする気持ちは伝わります。

最後の直線ではエメラヴィに先を越されたものの、差し返して併入まで持ち込みました。

ただし、今回は13馬身先行しながら最後は詰め寄られています。

いくら外ラチを馬なりで回っていたとはいえ、これだけのセーフティリードを詰められたのはさすがに気になりました。

動きは悪くありませんが、押し切れなかったのは馬のポテンシャルが影響しているかもしれません。

チギリ

チギリ 7月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 70.755.440.413.0馬なり
前走最終函館W(良) 70.956.440.713.2馬なり

未勝利戦を勝利したチギリは函館ウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで5F70秒7-上がり1F13秒0の時計で走破しています。

道中は少し頭が高い感じもしましたが、馬体はスマートですし、気持ちが乗っています。

ただ、直線では少し左前を向いていて視線はまっすぐではありませんでした。

全体的にかかり気味にも見えますし、馬なりとは言え時計も目立っていません。

前走最終追い切り時よりは時計は出しているものの、ほかの馬と比較すると馬なりとは言え時計は目立っておらず、ポテンシャル面を見ても下から数えたほうが早そうでした。

ニシノラヴァンダ

ニシノラヴァンダ 7月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 71.555.240.111.9馬なり
1週前函館W(良) 67.752.238.712.2馬なり
前走最終函館芝(良) 64.049.036.011.4G前仕掛け

ニシノラヴァンダは函館のウッドチップコースでパンジャ(牡3、1勝クラス)と併せました。

前走に引き続きコンビを組む永野騎手が追い切りに騎乗し、馬場の真ん中から馬なりで僚馬より3馬身先行し、5F71秒5-上がり1F11秒9の時計で併入しました。

1週前の3日にも永野騎手騎乗の元、函館ウッドでトレミニョン(牝3、1勝クラス)と併せています。

ここでも馬場の真ん中から馬なりで追い、5F67秒7-上がり1F12秒2の時計で1馬身先着しました。

1週前追い切りは僚馬と並んで追い切りを行いました。

序盤は僚馬の影に隠れていましたが、姿勢を低くしながら気持ちの乗った動きを見せています。

直線に入って手前を替えてからもじりじり脚を伸ばして残り1Fあたりで僚馬をかわしてゴールインしました。

小柄な馬ですが、見た目以上に迫力のある動きを見せていましたし、直線では強めに追われた年上のトレミニョンを馬なりでかわしてゴールしているように、非凡な才能が感じられました。

僚馬の外目から追って先着できたのも良いですし、悪くない動きです。

最終追い切りも併せ馬を置いて馬なりで調整しました。

ここでも序盤からきびきびとした動きを見せており、1週前に引き続き体調は良さそうです。

ただし、手前替えは少し遅れて終い、最後はパンジャに詰め寄られてしまいました。

上がり重視で追ったとはいえ、1週前より全体時計は見劣りしましたし、最後は詰め寄られてしまったのも気になるところです。

1週前はよかったものの、最終追い切りはそこまで目立ちませんでした。

今回は間を取ってB評価にします。

ヒデノブルースカイ

ヒデノブルースカイ 7月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 69.053.439.212.7一杯
1週前函館W(良) 68.753.739.412.9馬なり
前走最終函館W(良) 69.453.239.712.9G前仕掛け

ヒデノブルースカイは函館のウッドチップコースで単走を行いました。

前走に引き続きコンビを組む高杉騎手を背に、馬場の真ん中から一杯に追われて5F69秒0-上がり1F12秒7の時計でゴールしています。

1週前の3日にも函館ウッドで高杉騎手が騎乗してサラサエンペラー(牡2、未勝利)と併せました。

馬場の外目から馬なりで僚馬を3馬身追走する形で追い、5F68秒7-上がり1F12秒9の時計で半馬身先着しています。

僚馬を追走する形で追い切りを行いましたが、序盤から意気揚々とした動きを見せていました。

4コーナーから直線のあたりでは鋭角に立ち回って先に立ち、手前を替えてからも僚馬を振り切ってゴールしています。

終いの時計は目立ちませんが、直線では粘り強い走りを見せることができ、メンタル的にもレースに向けて順調でしょう。

馬体重420キロくらいの馬でそこまで体格は大きくありませんでしたが、小柄ながらも四肢の回転は速くて積極的な走りを見せていました。

最終追い切りはこれまでと打って変わって一杯に追って現状の動きを確かめています。

コーナーでも推進力のある動きを見せていますし、四肢の回転も相変わらず速いです。

ところが、直線では手前を替えるのがワンテンポ遅れ、そこから一杯に追われたものの終い1Fは12秒7でそこまで伸びきれていません。

馬なりで追われた1週前と比較しても、全体時計は見劣りしていますし、1週前ほど手ごたえがありませんでした。

たまたま調子が悪いだけで回復の見込みがあるようでしたらそこまで心配いりませんが、この状態が週末まで続くようでしたら、少し評価を改めたいです。

1週前は調子のいい動きを見せていましたが、最終追い切りは見た目以上にこの馬らしからぬ動きでした。

モズナナスター

モズナナスター 7月11日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 69.354.039.312.7強め
前走最終函館芝(良) 69.453.437.811.9G前仕掛け

モズナナスターは函館のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して強めに追い、5F69秒3-上がり1F12秒7の時計で走破しています。

中1週ということもあって馬体のツヤは翌、前進気鋭な姿勢を見せているのは良いでしょう。

ただ、終いの伸びが1週前の追い切りよりも遅いです。

モズナナスターは新馬戦でも上がり2位の末脚で走破しているのでキレのある脚色で好走してほしいところでしたが、序盤から強めに追った影響もあったのか、終いに失速してしまったのは減点材料でした。

間隔を詰めている影響もあって、前走からの疲労が残っているかもしれません。

ヤンキーバローズ

ヤンキーバローズ 7月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 69.354.139.412.1馬なり
前走最終函館W(良) 68.152.438.111.8馬なり

ヤンキーバローズは函館ウッドチップコースで、後日行われる函館記念(G3)に出走するデビットバローズ(牡5、オープン)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで僚馬より4馬身先行する形で追い、5F69秒3-上がり1F12秒1の時計で同時併入しています。

今回はオープン馬と併せましたが、頭が少し低くて少し後ろ向きな感じがします。

ただし、前駆の筋肉量は豊富で短距離色が強く、直線早めに手前を替えてからはオープン馬相手に引けを取らない走りを見せました。

動きもきびきびしていましたし、見た目以上に気持ちは乗ってそうです。

ただ、前走最終時よりも全体時計、終い時計は見劣りしていたので、良くても前走と同じくらいの仕上がりかもしれません。

ラインパシオン

ラインパシオン 7月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 67.552.038.313.0強め
前走最終美浦坂路(良)  56.340.413.0強め

ラインパシオンは函館の芝コースでミルトオーケストラ(牡2、新馬)ともう1頭の馬と3頭併せを行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から強めに追い、5F67秒5-上がり1F13秒0で同時併入しています。

最終追い切りでは助手が高く構えて追いました。

全体時計は悪くありませんが、終いの時計は13秒0なのでそこまで目立たずです。

ただし、コーナーでは内の2頭をかわそうとしており、気持ちは前向きに見えました。

胸の筋肉量も多くてパワーが求められる函館の洋芝ともフィットしそうです。

動きも悪くありませんでしたし、かみ合えば面白い存在になれるかもしれません。

リリーフィールド

リリーフィールド 7月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重) 68.453.239.213.3馬なり
前走最終函館W(良)   40.613.2馬なり

リリーフィールドは函館のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追い、5F68秒4-上がり1F13秒3で軽く調整しています。

馬なりでしたが序盤から素早い脚取りを見せ、スピーディな走りで直線に向かった姿は好感が持てます。

ただ、直線に入って手前を替えてからは一気にペースダウンし、残り1F13秒3で減速してしまいました。

前走最終時の追い切り時計も目立たない中勝ち切っているのでリリーフィールドからしたら追い切りでは速い時計が必要ではないかもしれません。

しかしながら、手前を替えて明白に脚色が鈍ってしまったのはマイナス材料でした。

やる気は感じられますし、馬体も見栄えしていますが、もう少し競馬を覚えたらよくなるかもしれません。

馬券が的中しない方へ

函館2歳ステークス(G3)函館記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると函館2歳ステークス(G3)函館記念(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

函館2歳ステークス2024追い切り評価ランキング

評価馬名
エメラヴィ
ヴーレヴー
エンドレスサマー
アースミューズ ※取消
サトノカルナバル
ニシノラヴァンダ
ヤンキーバローズ
ラインパシオン
カルプスペルシュ
グランカメリア ※取消
シュードタキライト
チギリ
ヒデノブルースカイ
モズナナスター
リリーフィールド
オカメノコイ
同評価内は50音順になります。

函館2歳ステークス2024追い切り映像

函館2歳ステークス2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 函館2歳ステークス|JRA公式

函館2歳ステークス2024の最終予想

函館2歳ステークス2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)