【マイラーズカップ2022予想】注目の本命馬3頭・穴馬2頭を公開!前走G2の馬が絶好調!

マイラーズカップ2022

マイラーズカップ2022の本命馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!
枠順確定後に最終買い目を発表します。

タップできる目次

マイラーズカップ2022の概要

マイラーズカップは例年開幕週の京都で行われますが、現在京都競馬場が改修工事のため、昨年に引き続き、阪神の芝1,600mで開催されます。

勝ち馬には安田記念の優先出走権が与えられるレースで、多くのマイラーが動き出す一戦です。

安田記念の前哨戦という位置づけながら、叩きの一戦として挑むG1馬も多く、例年有力馬が参戦します。

マイラーズカップ2022の開催内容

開催日4月24日(日)
格付けG2
開催競馬場阪神競馬場
コース芝1,600m
性齢4歳以上
斤量別定

マイラーズカップが開催される阪神芝1,600mの特徴

阪神競馬場 芝1600mのコースで特徴を解説

阪神の芝1,600mは外回りコースを使用します。スタートから最初のコーナーまでの距離は約444mあります。阪神の外回りコースはコーナーワークが広いのでそこまでポジション争いが熾烈になりにくく、ゆったりとしたペースになりやすいです。

しかしながら、コーナーワークから仕掛ける傾向が強く、最後の直線は瞬発力勝負になりやすいです。

また、直線ゴール前には高低差2mの急こう配が待ち受けています。
最後の最後でスタミナが問われるので、バテ差しが決まることもよくあります。

あわせて読みたい
阪神競馬場 芝1600mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説! この記事では、阪神競馬場 芝1600mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という...

マイラーズカップ2022の出走馬

馬名性齢斤量想定騎手
エアファンディタ牡556.0松山弘平
エアロロノア牡556.0幸英明
カラテ牡656.0菅原明良
ケイデンスコール牡657.0岩田康成
サトノアーサー牡856.0和田竜二
シュリ牡656.0秋山真一郎
ソウルラッシュ牡456.0浜中俊
ダイワキャグニーセ856.0三浦皇成
ファルコニア牡556.0川田将雅
ベステンダンク牡1056.0鮫島克駿
ホウオウアマゾン牡456.0坂井瑠星
レインボーフラッグ牡956.0未定
レッドベルオーブ牡456.0岩田望来
ロードマックス牡456.0松田大作
ヴィクティファルス牡456.0池添謙一

過去10年のマイラーズカップのデータと傾向

年 馬場着順馬番馬名人気前走前走着順
2012117シルポート3中山記念(G2)2
稍重23ダノンシャーク6東京新聞杯(G3)5
 36コスモセンサー7東京新聞杯(G3)2
2013117グランプリボス5香港マイル(G1)12
214サンレイレーザー8六甲S(OP)2
 312ダノンシャーク3京都金杯(G3)1
201414ワールドエース3白富士S(OP)5
25フィエロ1六甲S(OP)1
 312エキストラエンド2東京新聞杯(G3)2
2015115レッドアリオン8洛陽S(OP)1
24サンライズメジャー5スワンS(G2)2
 37フィエロ1香港マイル(G1)6
201612クルーガー3中日新聞杯(G3)6
21ダノンシャーク5阪神C(G2)7
 34クラレント11ダービー卿CT(G3)14
2017111イスラボニータ2阪神C(G2)2
24エアスピネル1東京新聞杯(G3)3
 36ヤングマンパワー7東京新聞杯(G3)6
201815サングレーザー4阪神C(G2)3
29モズアスコット2阪急杯(G3)2
 34エアスピネル1マイルCS(G1)2
201916ダノンプレミアム1金鯱賞(G2)1
28グァンチャーレ5洛陽S(L)1
 32パクスアメリカーナ4京都金杯(G3)1
202011インディチャンプ1中山記念(G2)4
25ベステンダンク7ディセンバーS(L)12
 37ヴァンドギャルド2東京新聞杯(G3)6
202115ケイデンスコール2中山記念(G2)2
26アルジャンナ3洛陽S(L)5
 34カイザーミノル9オーシャンS(G3)5

【実績】勝ち馬には重賞実績がある

過去10開催の勝ち馬の8頭がそれまでになんらかの重賞タイトルを手にしていました。残る2頭も重賞レースで3着以内に入選しています。

勝ち馬を狙う上で重賞出走経験はもちろんのこと、重賞タイトルを手にしているか、もしくは馬券に絡んでいる馬をピックアップしたいですね。

【斤量】57キロを背負った馬は好走している

過去10年で斤量57キロを背負った馬は10頭出走しました。

斤量57キロの馬の成績は【4-2-0-10】で4頭が勝利しています。

今年はケイデンスコールのみ57キロを背負います。

マイラーズカップの無料予想ならココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にオススメです!

過去10年のマイラーズカップの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-2-2-4】20.0%40.0%60.0%
2番人気【2-1-2-5】20.0%30.0%50.0%
3番人気【3-1-1-5】30.0%40.0%50.0%
4~6番人気【2-4-1-23】6.7%20.0%23.3%
7~9番人気【1-2-3-24】3.3%10.0%20.0%
10番人気以下【0-0-1-55】0.0%0.0%1.8%

上位人気勢は信頼しやすい

過去10開催で3番人気以上の馬は7勝を挙げ、複勝率を見ても5割を超えています。
人気を集めた馬は軸馬として最適でしょう。

小穴~中穴も頻繁に馬券に絡む

過去10開催で4~9番人気の馬は13頭が馬券に絡みました。
マイラーズカップは1着こそ堅い決着になりやすいですが、2.3着に小穴もしくは中穴が絡む傾向があり、小波乱が起きやすいです。

ただし、10番人気以下の馬は過去10開催で1頭しか馬券に絡んでいないので消しでいいでしょう。

過去10年のマイラーズカップの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-0-13】6.7%13.3%13.3%
2枠【2-2-2-9】13.3%26.7%40.0%
3枠【1-2-3-11】5.9%17.6%35.3%
4枠【1-1-1-14】5.9%11.8%17.6%
5枠【0-1-0-17】0.0%5.6%5.6%
6枠【1-1-4-13】5.3%10.5%31.6%
7枠【1-2-0-20】4.3%13.0%13.0%
8枠【3-0-0-19】13.6%13.6%13.6%

極端な差はない

数値を見ると、バランスがいいのは2枠の馬で、勝率13%、複勝率40%を上げていますが、3枠の馬や6枠の馬も複勝率は30%を越えています。

8枠からは3頭の勝ち馬を輩出していますが、2.3着にはだれも絡めていないので枠の影響はそこまで大きくないです。

過去10年のマイラーズカップの前走別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
G1【1-0-2-11】7.1%7.1%21.4%
G2【6-1-0-14】28.5%33.3%33.3%
G3【1-4-8-48】1.6%8.2%21.3%
OP&L【2-5-0-32】5.1%18.0%18.0%
3勝クラス【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%

前走G2の馬が絶好調

過去10開催で前走がG2だった馬は6勝を挙げていてもっとも好成績を残しています。
具体的には中山記念や阪神カップから挑む馬が該当します。

今年の出走馬で前走がG2だった馬はカラテのみとなります。

前走がG3の馬は相手候補に

前走G3の馬は過去10開催で1頭しか勝ち星を挙げていませんが、馬券には13頭の馬が絡んでいます。

特に前走が東京新聞杯や京都金杯といったマイルレースから挑む馬が馬券に絡むことが多いです。

今回の出馬で前走が東京新聞杯の馬は

ケイデンスコール
ホウオウアマゾン

前走が京都金杯だった馬は
シュリ

上記の馬が該当しました。

オープン入りを果たしたばかりの馬は割引

過去10開催、前走がクラス戦の馬は一度も馬券に絡めていません。

出走予定のソウルラッシュは3連勝を飾って一気に重賞レースに名乗りを上げましたがデータ的には買いづらいですね。

前走の心斎橋ステークスを制したロードマックスも該当します。

マイラーズカップ2022の本命馬3頭

久々のマイル重賞ということで、多くのマイラーが参戦するマイラーズカップ。
今年も粒ぞろいのメンバーが揃いました。

その中から、本命にしたい馬を3頭挙げます。

カラテ

月曜日の24時の段階で2.6倍の1番人気に支持されているカラテはいまがもっとも充実しています。

昨年の東京新聞杯を1.32秒台の時計で勝利すると、その後も重賞路線で結果を残しています。

前走の中山記念はそれまで大の苦手としていた芝の1,800m戦でしたがパンサラッサの2着に入線し、いよいよ本格化しました。

ここは人気の一角になりましたが、充実一途を辿るいまのカラテなら圧勝してもおかしくありません。

★評価点
・いまが一番調子いい

▼課題
・特に見当たりません

ホウオウアマゾン

古馬になったホウオウアマゾンは昨年の春の段階ではマイル路線で活躍の兆しを感じさせていました。

しかし、重賞の舞台で結果を残しているもののなかなか勝ち星をつかめず、気がつけば最後の勝ち星から1年が経ってしまいました。

今年のマイラーズカップはG1馬が不在で例年よりもメンバーレベルは劣るので、かみ合えばチャンスはありそうです。

★評価点
・安定のある成績
・世界の矢作厩舎所属馬

▼課題
・前走の大敗から立ち直れているか

レッドベルオーブ

ホウオウアマゾンと同期のレッドベルオーブは2020年のデイリー杯2歳ステークスにおいて、ホウオウアマゾンとのマッチレースを勝利しました。

続く朝日杯でも3着に入線し、クラシックの有力候補となりましたが、皐月賞の直後に骨折が判明し、無念のクラシック断念となりました。

前走の六甲ステークスは骨折明け初戦ということもあり敗れてしまいましたが、その一戦でレース感覚を取り戻していたらここでの激走もありえます。

★評価点
・現在2番人気のホウオウアマゾンに2度先着している
・新馬戦ではグレナディアガーズにも先着している
・素質は高い

▼課題
・骨折まえの状態を取り戻しているかどうか

マイラーズカップ2022の穴馬2頭

マイラーズカップは不人気馬が飛び込みやすいレースで小波乱がたびたび起こっています。
波乱の立会者になりそうな馬を2頭ピックアップしました。

ケイデンスコール

昨年の勝ち馬にもかかわらず、月曜日の時点で8番人気の低評価となっているケイデンスコールは昨年の金杯からマイラーズカップまで、水を得た魚のように調子よく結果を残しました。

しかし、その後の安田記念で大敗するとドスランプに陥り、特に近走は見る影がありません。

しかしながら、不人気のときに激走するのがケイデンスコール。NHKマイルや金杯では低評価を覆して一気に頭角をあらわにしたのです。

マイラーズカップはロードカナロア産駒が走る舞台ですし、斤量57キロを課せられた馬が激走する傾向もあるのでデータを味方につけて走ってほしいです。

★評価点
・昨年の覇者
・ロードカナロア産駒
・データと相性のいいメンバー唯一の斤量57キロ

▼課題
・近走の敗因は何なのか、解決しないとまた凡走するかもしれない

ベステンダンク

10歳馬で近2戦が二けた入選。
そのため、月曜日の段階で単勝オッズ223.3倍の断然しんがり人気です。

しかし、ベステンダンクは年齢を感じさせない馬で、昨年のリゲルステークスや米子ステークスは逃げ粘りの競馬で4着に入線しました。

2年前のマイラーズカップでも2着に入線していてレースと相性がいいです。

そして何より今年はメンバー構成的にこれといった逃げ馬がいません。そして、ベステンダンクはハナに立った方が力強い競馬ができるので、大波乱を演出する可能性もあるでしょう。

★評価点
・断然不人気で配当妙味が非常に高い
・ハナに立ちやすいメンバー構成

▼課題
・年齢
・近2戦の大敗

マイラーズカップ2022最終買い目発表

本命はカラテ

今年はG1馬不在で混戦模様ですが、シンプルにこの馬がメンバーの中で一番強いでしょう。

特に印象深いのは前走の中山記念で、逃げたパンサラッサこそ捕まえることができませんでしたが、それまで苦手としていた芝の1800mで結果を残せたことで、明らかに能力の成長曲線が上向いていると感じました。

阪神は何気に初めてですが、いまがもっとも充実しているのでここを制して安田記念の切符をつかみたいですね。

対抗はケイデンスコール

昨年のいまごろと打って変わって悲しいほど調子を落としています。

そのため、金曜日の段階で9番人気に評価を落としていますが、大外15番のスタートは差し馬のケイデンスコールにとってはかえって競馬しやすくなったかもしれないです。

ロードカナロア産駒&斤量57キロは意外とデータ的に好走しますし、なんといっても人気を落としてから激走するのがケイデンスコールです。

今回も人気を落としていますが、データ的に激走する可能性は非常に高いでしょう。

単穴にはレッドベルオーブ

怪我のためにクラシックを棒に振りましたが、素質の高い馬で2歳のデイリー杯2歳ステークスでは今回出走するホウオウアマゾンを真っ向からねじ伏せ、続く朝日杯FSにおいてもグレナディアガーズの3着に入線しています。

前走の六甲ステークスは人気を裏切る結果となりましたが、骨折明けを考えれば全く悲観することはありません。

久々の重賞で、かつての力強い競馬で激走に期待したいです。

三連単フォーメーション

1着 カラテ
2着 レッドベルオーブ-ベステンダンク-ホウオウアマゾン-ケイデンスコール
3着 レッドベルオーブ-ベステンダンク-ホウオウアマゾン-ケイデンスコール

馬連ながし

1着 カラテ
2着 レッドベルオーブ-ベステンダンク-ホウオウアマゾン-ケイデンスコール

あわせて読みたい
三連単とは|フォーメーションがおすすめ!ボックスは危険?マルチ/全通りとは?わかりやすく解説 三連単(さんれんたん)とは「選んだ3頭が1着、2着、3着で(指定した順番通りに)ゴールすれば的中」という買い方です。正式名称は「馬番号三連勝単式勝馬投票法」と言...

あわせて読みたい
馬連とは|ボックスは危険?買い方は流し?フォーメーション?馬単・ワイドとの違いも 馬連(うまれん)とは「選んだ2頭の馬が、1着、2着でゴールすれば的中(順不同)」という買い方です。正式名称は「普通馬番号二連勝複式勝馬投票法」と言います。 選ん...
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる