スプリンターズS(G1)とシリウスS(G3)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【かきつばた記念2022予想】本命馬3頭+穴馬2頭を公開!今年からダート1,500mで開催!

かきつばた記念2022

かきつばた記念2022の本命馬3頭+穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!
枠順確定後に最終買い目を発表します。

タップできる目次

かきつばた記念2022の概要

かきつばた記念(Jpn3)は名古屋競馬場で開催されるダートの1,500m戦です。

これまではダートの1,400mで開催されていましたが、競馬場移転に伴い、今年からダートの1,500mで開催されます。

交流重賞の一貫として開かれたこのレースはそれまで短距離で行われていたので中央所属の短距離ダートホースも多数参戦しました。しかし、今年から距離が100m伸びたためマイラー気質の馬も参戦するでしょう。

どういったメンバーがレースを演じるのか、いまから注目です。ちなみにかきつばたは花の一種で愛知県の県花です。

かきつばた記念2022の開催内容

開催日5月3日(祝・火)
格付けJpn3
開催競馬場名古屋競馬場
コースダート1,500m
性齢4歳以上
斤量ハンデ

かきつばた記念2022が開催される名古屋のダート1,500mの特徴

移転後のコースの特徴としてはまず距離が違います。
旧競馬場は1,400mでしたが、新競馬場は1,500mと、これまでより100m距離が伸びています。

そして、旧名古屋競馬場ではコースの半分以上がコーナーで、最後の直線も190mほどしかありませんでした。

しかし、新競馬場は向こう正面、そして直線ともに旧競馬場より長いので末脚を活かすことが可能です。

以前は逃げや先行馬が圧倒的に好走していましたが、新競馬場に移転してからはどの脚質の馬でも勝ち負けできるようになっています。

かきつばた記念2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1イグナイター牡456田中学
2タガノビューティー牡557石橋脩
3ラプタスセン659幸英明
4インペリシャブル牡553吉原寛
5サンマルティンセン1051木之葵
6エッシャーセン851宮下瞳
7ミラクルシップ牡851山田祥
8カツゲキキトキト牡951加藤利
9サンロアノーク牡651井上幹
10ピンシャン牡557川田将
11ワイドファラオ牡657岩田望
12ヘリオスセン657.5武豊

過去10年のかきつばた賞のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201215セイクリムズン1東京スプリント(Jpn3)1
29ダイショウジェット2東京スプリント(Jpn3)6
 311ラブミーチャン3兵庫ゴールドT(Jpn3)8
201311ティアップワイルド1東京スプリント(Jpn3)4
26ダノンカモン2フェブラリーS(G1)8
 310サイモンロード5東海桜花賞1
201413タガノジンガロ6オニキス特別1
不良28ノーザンリバー1東京スプリント(Jpn3)1
 34ダノンカモン2名古屋大賞典(Jpn3)1
201514コーリンベリー1コーラルS1
21レーザーバレット3京葉S1
 39メイショウコロンボ2名古屋大賞典(Jpn3)1
201613ノボバカラ2コーラルS1
29ブルドッグボス3東京スプリント(Jpn3)4
 37レーザーバレット4東京スプリント(Jpn3)6
201712トウケイタイガー2東海桜花賞1
29タムロミラクル4アンタレスS(G3)8
 36ショコラブラン1京葉S1
201817サクセスエナジー2コーラルS1
23キングズガード1黒船賞(Jpn3)1
 311サンライズメジャー9ダービー卿CT(G3)13
2019110ゴールドクイーン2ギャラクシーS1
不良22ヤマニンアンプリメ1黒船賞(Jpn3)2
 312テーオーヘリオス5東京スプリント(Jpn3)5
202017ラプラス1黒船賞(Jpn3)1
28ノボバカラ3東京スプリント(Jpn3)7
 32ドリームドルチェ5東海桜花賞1
202114ラプラス2ポラリスS1
211テイエムサウスダン1黒船賞(Jpn3)1
 32ベルダーイメル3三河S1

順当決着が続く

過去10開催の開催で三連単が万馬券になった回数は3回です。

三連単は本来であれば4回に3回の確率で万馬券になるので、この数値は非常に少ないです。

なお、万馬券になったのは2014年の不良馬場開催の時のみで、馬場が荒れた年以外は荒れる傾向はないといってもいいですね。

JRA勢が絶好調

地方交流重賞でよくみられる傾向ですが、JRA勢の勢いが強いです。
過去10開催でJRA所属馬は25頭が絡みました。

地方馬も1着2頭、3着3頭が絡んでいますが全体的に見るとJRAの馬の方が上位に来ています。

過去10年のかきつばた記念の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-4-1-0】40.0%80.0%90.0%
2番人気【5-2-2-0】50.0%70.0%90.0%
3番人気【0-3-2-5】0.0%30.0%50.0%

人気馬が絶好調!

過去10開催で馬券に絡んだ23頭が1.2.3番人気の馬でした。
短距離ダート戦ですが、大荒れの傾向はほとんど見られず、人気馬が頻繁に馬券に絡んでいます。

過去10年のかきつばた記念の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-0-8】10.0%20.0%20.0%
2枠【1-1-2-6】10.0%20.0%40.0%
3枠【2-1-0-7】20.0%30.0%30.0%
4枠【2-0-1-7】20.0%20.0%30.0%
5枠【1-1-0-16】6.0%11.0%11.0%
6枠【2-2-0-15】11.0%21.0%21.0%
7枠【1-2-3-14】5.0%15.0%30.0%
8枠【-02-3-15】0.0%10.0%25.0%

内枠優勢

過去10開催、馬券に絡んだ馬を枠順毎にまとめました。

全体的に1~4枠が5枠~8枠よりも好走しています。ただし、旧競馬場のデータなので枠順による差はあまり鵜呑みにしない方がいいでしょう。

過去10年のかきつばた記念の前走別成績

前走成績
コーラルS【3-0-0】
東京スプリント【2-4-2】
黒船賞【1-3-0】
東海桜花賞【1-0-2】

前走地方競馬の重賞組が好走している

過去10開催の馬券上位勢を見ると、コーラルステークス組を除くと地方の重賞から挑む馬が好走していますね。

前走が地方競馬の重賞だった馬は馬券候補になりそうです。

前走コーラルステークス組はアタマ候補になる

過去10開催の勝ち馬の3頭がコーラルステークスからこの舞台に挑んでいます。
前走がコーラルステークスだった馬はアタマ候補に最適です。

かきつばた記念(Jpn3)の馬券をネット購入するなら楽天競馬がおすすめ

「楽天競馬」は、全国の地方競馬を買える有名なサービス。馬券の注文額の5%ほどが楽天ポイントとして還元されるキャンペーンを行っているため、他のサービスで投票をするより確実にお得です!

ポイントの還元率はなんと最大10%! 
1000円購入すると100円戻ってくるという、、、超お得なサービスです。

⇒楽天競馬アプリの無料ダウンロードはこちらから

かきつばた記念2022の本命馬3頭

今年から新・名古屋競馬場で開催されるかきつばた記念。
ダートの1,500mで開催される今回、注目を集めそうな馬をピックアップします。

ラプタス

去年一昨年のかきつばた記念を制している馬で連覇を成し遂げました。史上初となる3連覇を狙って今年も向かいます。

1400m以下のレースで結果を残している一方、今年から1,500mに延長することが最大の課題でしょう。

これまでとはがらりと変わった舞台で結果を残せるかどうか、何気にダート1,500m以上の距離も初めてなので距離課題もつきまとうでしょう。

3連覇を成し遂げられるか注目です。

★評価点
・短距離ダートで絶好調
・かきつばた記念を連覇している

▼課題
・今年から新競馬場で開催
・自身初となるダート1,500mの距離

ヘリオス

元々は芝出身の馬でしたがダートに転向してからは常に上位争いしている安定感がウリです。その安定感は重賞路線でも通用していて、ここ2開催の重賞はいずれも2着でした。

過去にはマイルダートでも馬券に絡んでいるので距離不安もそこまでなさそうです。

★評価点
・常に安定して上位入選している
・距離不安も少ない

▼課題
・特にありません。

タガノビューティー

今回の上位勢でもっとも距離適性の高い馬で、過去にはマイルダートで勝利実績もあります。

近年は1,400mを主に使われていますが、マイルも1,400mでも結果を残しているこの馬にとって、1,500mも問題なくこなせそうです。

★評価点
・距離適性が高い

▼課題
・重賞制覇には何か特徴が欲しい

かきつばた記念2022の穴馬2頭

かきつばた記念は例年穴馬の目立った活躍はありません。今年もJRA勢に注目が集まりましたが地方勢も負けていません。

地方所属馬で魅力たっぷりの馬を紹介します。

イグナイター

今年の地方馬総大賞は、前走の黒船賞を制したイグナイターです。
黒船賞では今回も人気になりそうなヘリオス相手に勝利し、実力の片鱗を見せつけました。

黒船賞組はこの舞台でも好走傾向にありますし、データ的にも買いたい馬です。

★評価点
・前走の黒船賞が強い相手に先着できた。
・データ的に狙いやすい

▼課題
・中央勢のほうが好走率が高い中、どこまで検討できるかがカギ

インペルシャブル

近2戦は連勝していて勢いに乗りつつあります。

前走の東海桜花賞は移設後の名古屋競馬場のダート1,500mで結果を残しています。出走馬の中では数少ない名古屋のだ―と1,500mの経験者兼勝ち馬なのです。

前走の経験をこの舞台でも活かしたいですね。

★評価点
・前走でダート1,500mを経験している

▼課題
・特にありません。

かきつばた記念2022の最終買い目

本命は12番ヘリオス

オルフェーヴル
アンジュシュエット
母父フレンチデピュティ
主な勝ち鞍グリーンチャンネルC(L)
前走黒船賞(Jpn3) 2着

近走の安定感が魅力的ですし短距離ダートでは常に安定しているので連軸馬券に最適な馬ですね。

実力も申し分なく、前々走の根岸ステークスではのちにフェブラリーステークスで連対するテイエムサウスダンの2着に入線していて、レベルの高い競馬を演じました。

土曜日の段階で1番人気を背負っていますが、ここは素直に本命視したいですね。

対抗は2番タガノビューティー

ヘニーヒューズ
スペシャルディナー
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍オアシスS(L)
前走ポラリスS(OP) 4着

人気を裏切ることも多々ありますが、この馬は1,400mから1,600mまで総合的に走ることができるので、1,500mの距離も問題ありません 差しの競馬が得意なので直線の長くなった新名古屋競馬場も相性がよさそうですね。

枠的にも内からじっくり脚を溜めることができる内枠を引けたのはプラス評価したいです。

単穴に前走の黒船賞にてヘリオスに先着した1番イグナイター

エスポワールシチー
ビアンコ
母父ウォーニング
主な勝ち鞍黒船賞(Jpn3)
前走黒船賞(Jpn3) 1着

前々走の黒潮スプリンターズカップが非常に優秀で、2着馬を7馬身差突き放して完勝しています。このときの黒潮スプリンターズカップが重馬場でスピード競馬になりました。

旧名古屋競馬場はコーナーワークが距離の半分を占めていましたが、新名古屋競馬場は直線が長いので、末脚を活かすことができるでしょう。

ただし、本質的には小回りのほうが得意なので、単穴に評価を下げています。

馬連流し

軸馬:12
相手:1、2、3

三連単フォーメーション

1着:12
2着:1、2、3、10
3着:1、2、3、10

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次