スプリンターズS(G1)とシリウスS(G3)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【NHKマイルカップ2022予想】1枠は死に枠!?ダイワメジャー産駒が好走!

NHKマイルカップ2022

NHKマイルカップ2022の注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!
枠順確定後に最終買い目を発表します。

タップできる目次

NHKマイルカップ2022の概要

春の東京競馬はG1祭りです。

日本ダービーやオークスをはじめ、マイルG1も3つ開催されます。しかも5週連続でG1が開催されるので多くの競馬関係者や競馬ファンは毎週週末のレースを楽しみにしています。

東京競馬場における5週連続G1の第一弾が3歳馬の最強マイラーを決めるNHKマイルカップです。

かつてはクラシックに出走することができなかった外国馬が出走できるG1レースとして設立されたNHKマイル。

しかし、外国馬がクラシックに出走できるようになってからは、純血マイラーのみならず、桜花賞・皐月賞で凡走してしまった馬が是が非でもG1タイトルを獲りに来るようになりました。

NHKマイルカップは各路線から有力馬が参戦するので群雄割拠する傾向が強いです。

NHKマイルカップ2022の開催内容

開催日5月8日(日) 15:40発走
格付けG1
開催競馬場東京競馬場 11R
コース芝1,600m
性齢3歳
斤量定量

NHKマイルカップ2022が開催される東京の芝1,600mの特徴

東京競馬場 芝1600mのコースで特徴を解説

東京の芝1,600mは2コーナーから向こう正面のさしかかるあたりからスタートします。

最初のコーナーまでは約550mほどの直線を走ります。スタート直後は下り坂ですが、その後一時的に上り坂を駆け上がり、そこから3コーナーまで再び下り坂を走ります。

東京のマイルは中盤で下り坂が存在するのでペースが速くなりやすく、息を入れるのが難しいです。そのまま最終コーナーを回って直線に入ることが多いので、距離以上にスタミナが求められます。

最後の直線は525mもあるので長く脚を使うにはもってこいです。

そして、直線では2mの急坂も待ち構えているので息つく暇もなく逃げ切りを図る馬にとってはかなり過酷な舞台となっています。

相対的に後方でじっくり脚を溜めていた差しや追い込み馬のほうが好走しやすく、瞬発性やスピード、スタミナといった能力が総合的に求められます。

あわせて読みたい
東京競馬場 芝1600mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説! この記事では、東京競馬場 芝1600mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という...

NHKマイルカップ2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1マテンロウオリオン牡357.0横山典弘
2ソネットフレーズ牝355.0横山武史
3ソリタリオ牡357.0鮫島克駿
4セリフォス牡357.0福永祐一
5キングエルメス牡357.0坂井瑠星
6トウシンマカオ牡357.0戸崎圭太
7タイセイディバイン牡357.0松若風馬
8アルーリングウェイ牝355.0藤岡佑介
9ダンテスヴュー牡357.0吉田隼人
10カワキタレブリー牡357.0菅原明良
11インダストリア牡357.0D.レーン
12セイクリッド牝355.0菊沢一樹
13ジャングロ牡357.0武豊
14フォラブリューテ牝355.0大野拓弥
15オタルエバー牡357.0横山和生
16プルパレイ牡357.0M.デムーロ
17ステルナティーア牝355.0池添謙一
18ダノンスコーピオン牡357.0川田将雅

過去10年のNHKマイルカップのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201215カレンブラックヒル1NZT(G2)1
217アルフレード3スプリングS(G2)12
 312クラレント15弥生賞(G2)12
201318マイネルホウオウ10NZT(G2)7
217インパルスヒーロー6ファルコンS(G3)1
 312フラムドグロワール8京成杯(G3)10
2014110ミッキーアイル1アーリントンカップ(G3)1
22タガノブルグ17橘S(OP)1
 31キングズオブザサン12皐月賞(G1)15
201517クラリティスカイ3皐月賞(G1)5
29アルビアーノ4フラワーC(G3)1
 312ミュゼスルタン2スプリングS(G2)7
201614メジャーエンブレム1桜花賞(G1)4
25ロードクエスト2皐月賞(G1)8
 318レインボーライン12NZT(G2)5
2017116アエロリット2桜花賞(G1)5
214リエノテソーロ13アネモネS(OP)4
 36ボンセルヴィーソ6NZT(G2)3
2018111ケイアイノーテック6NZT(G2)2
29ギベオン2毎日杯(G3)2
 317レッドヴェイロン9アーリントンカップ(G3)3
2019117アドマイヤマーズ2皐月賞(G1)4
218ケイデンスコール14毎日杯(G3)4
 310カテドラル7アーリントンカップ(G3)2
2020111ラウダシオン9ファルコンS(G3)2
23レシステンシア1桜花賞(G1)2
 36ギルデッドミラー6アーリントンカップ(G3)2
2021115シュネルマイスター2弥生賞(G2)2
210ソングライン7桜花賞(G1)15
 38グレナディアガーズ1ファルコンS(G3)2

【血統】ダイワメジャー産駒が好走、キンカメ系は不振傾向

過去10開催の勝ち馬を見ると、ダイワメジャー産駒は【3-1-2-10】と好成績を収めています。

今年出走する馬でダイワメジャー産駒は

・セリフォス
・マテンロウオリオン

どちらも重賞タイトルをつかんでいる馬なのでこのデータはプラス評価したいところです。

逆に、ロードカナロア産駒は【0-1-0-9】で父のキングカメハメハ産駒も【0-0-2-4】と不振傾向です

該当馬は

・キングエルメス
・ステルナティーア
・ダノンスーピオン
・ダンテスヴュー

4頭が該当しました。

ダノンスコーピオンは人気する可能性が高いのでこのデータは気にしたいところです。

【重賞実績】過去10年の勝ち馬はいずれも重賞で馬券に絡んでいた

過去10開催の勝ち馬はすべて過去になんらかの重賞で馬券に絡んでいます。

そして過去10開催で2着に絡んだ10頭のうちの8頭もそれまでに重賞で馬券に絡んでいました。該当しなかったのはソングラインとタガノブルグだけです。

このデータは不人気馬にも当てはまります。14番人気で2着に入線したケイデンスコールは新潟2歳ステークスを制していました。

そして13番人気で2着に食い込んだリエノテソーロもダートの全日本2歳優駿を勝利しています。

NHKマイルカップ(G1)の無料予想ならココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にオススメです!

過去10年のNHKマイルカップの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-1-1-5】30.0%40.0%50.0%
2番人気【3-2-1-4】30.0%50.0%60.0%
3番人気【1-1-0-8】10.0%20.0%20.0%
4~6番人気【1-2-2-25】3.3%10.0%16.7%
7~9番人気【1-1-3-25】3.3%6.7%16.7%
10番人気以下【1-3-3-82】1.1%4.5%7.9%

上位人気はアタマで狙える

NHKマイルカップは大荒れも頻繁に起きますが、過去10開催で、1~3番人気の馬が7勝しているように上位人気勢は信頼度が高いです。

とくに1.2番人気の馬はそれぞれ3勝してるように、アタマで狙いやすいですね。

10番人気以下の激走も頻繁に起きる

過去10開催で10番人気以下の馬は7頭が馬券に絡みました。

そのうちの6頭は2.3着に絡んでいるのでフォーメーションやながしで購入する際は幅広く抑えておくのが的中のコツです。

あわせて読みたい
馬連とは|ボックスは危険?買い方は流し?フォーメーション?馬単・ワイドとの違いも 馬連(うまれん)とは「選んだ2頭の馬が、1着、2着でゴールすれば的中(順不同)」という買い方です。正式名称は「普通馬番号二連勝複式勝馬投票法」と言います。 選ん...
あわせて読みたい
三連複はフォーメーションが最強!組み方の具体例を紹介|ボックスは難しい?おすすめの買い方とは? 三連複(さんれんぷく)とは「選んだ3頭が1着、2着、3着でゴールすれば的中」という買い方です。正式名称は「馬番号三連勝複式勝馬投票法」と言います。 選んだ3頭が、1...

過去10年のNHKマイルカップの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-1-1-18】0.0%5.0%10.0%
2枠【1-1-0-18】5.3%10.0%10.0%
3枠【1-1-2-16】5.0%10.0%20.0%
4枠【2-0-1-17】10.0%10.0%15.0%
5枠【1-3-1-15】5.0%20.0%25.0%
6枠【2-0-3-15】10.0%10.0%25.0%
7枠【1-1-0-28】3.3%6.7%6.7%
8枠【2-3-2-23】6.7%16.7%23.3%

外枠の方が好走傾向にある

過去10開催の成績を見ると、1枠が単勝率・連対率ともに最下位で死に枠となっています。2枠も馬券には2頭しか絡んでいないですね。

3枠より外になるとすこしずつ好走率が上がってきていますね。8枠は7頭の馬が馬券に絡んでいますが、単勝率や複勝率を見ると3~7枠とそこまで差はありません。

極端な内枠を除けば枠の影響はそこまで大きくないです。

過去10年のNHKマイルカップの前走別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
NZT【3-0-2-49】5.6%5.6%9.3%
桜花賞【2-2-0-10】14.3%28.6%28.6%
皐月賞【2-1-1-11】13.3%20.0%26.7%
ファルコンS【1-1-1-13】6.3%12.5%18.8%
アーリントンC【1-0-3-18】4.5%4.5%18.8%

ステップレース組・前走クラシック組共に好走傾向にある

もっとも勝ち馬を輩出しているのは前走がNZT組でした。ファルコンステークスやアーリントンカップからNHKマイルカップを目指す馬も成績は上々です。

また、前走が桜花賞・皐月賞だった馬も結果を残しています。 表にまとめた5つのレースはいずれも安定して好走馬を輩出しています。

前走クラシック組は着順不動・ただしそれ以外は連対実績が欲しい

過去10開催の連対馬20頭の前走着順は【5-5-0-10】となっています。前走で馬券に絡まなかった10頭のうちの6頭が前走が皐月賞もしくは桜花賞でした。

前走がクラシック以外の馬であれば連対しているのが望ましいでしょう。

NHKマイルカップ2022の注目馬3頭

今年のNHKマイルカップも各路線からG1タイトルを狙いに有力馬が集まりました。
今年のNHKマイルカップで注目を集めそうな馬を3頭紹介します。

セリフォス

月曜日の段階で単勝オッズ2.5倍の1番人気に支持されているのは昨年の朝日杯FSで2着に入線したセリフォスです。

前走の朝日杯FSは無敗で挑みましたが、武豊騎手騎乗のドウデュースに敗れ、惜しくもG1タイトルを逃しました。

3歳に入ってセリフォス陣営は、皐月賞やトライアルレースには目もくれず、NHKマイルカップのみに照準を定めました。

休み明け初戦ですが、外厩で状態を整え1週間前追い切りでも動けているのでいきなりがあってもおかしくありません。

★評価点
・能力値が高い
・休み明けでも動けている
・調教内容が良い
・NHKマイルカップと相性のよいダイワメジャー産駒

▼課題
・久々のレースがどう転ぶか

ダノンスコーピオン

昨年の朝日杯FSで3着に入線しました。今年の初戦に挑んだ共同通信杯では稍重馬場の影響もあってか7着に敗れてしまいます。

そこで陣営はクラシックを諦め、NHKマイルカップを目標にアーリントンカップに進めました。アーリントンカップでは後方から上がり33.6の末脚で追い込みを仕掛け、見事勝利手にします。

ダノンスコーピオンは今回も後ろから競馬を行うでしょう。

乾いた良馬場ならスピードを活かせますし、長い府中の直線でもその末脚をいかんなく発揮することができるはずです。

★評価点
・上がりがはやい
・前走が中身のある競馬だった

▼課題
・NHKマイルカップと相性の悪いロードカナロア産駒
・稍重だと脚を活かせないかもしれない

ジャングロ

サイバーエージェント社長の藤田晋氏の所有する馬です。前走のNZTでは後続を振り切る逃げで勝利をつかみ、藤田氏に重賞タイトルをプレゼントしました。

前走は逃げの競馬を行いながらも上がり34.7の末脚で1番人気のマテンロウオリオンを抑えて勝利しました。

勝負根性の据わった馬なので多頭数になりがちなNHKマイルでも力を発揮できるでしょう。

粘りのある競馬ができれば、藤田氏に初のG1タイトルを提供できる存在になるかもしれません。

★評価点
・根性のある馬
・スタミナも豊富

▼課題
・初の府中
・スピード勝負になったら対応できるかどうか

NHKマイルカップ2022の穴馬2頭

例年抜けた馬不在の混戦模様になりがちなNHKマイルカップでは穴馬の台頭もしばしばみられます。

人気落ちの馬で激走する可能性のある馬を2頭紹介します。

ダンテスヴュー

皐月賞から挑んでくるのはダンテスヴューです。

前走の皐月賞では全く見せ場なく敗れてしまいましたが、それ以前のレースでは堅実に走っているのは魅力的です。

鞍上の吉田隼人騎手もかつてリエノテソーロを連対に持ってた騎手で今年もポタジェで大阪杯を制しているように、現役でもトップレベルの騎手です。

現時点で11番人気で、NHKマイルカップと相性の悪いキングカメハメハ産駒ですが、ジンクスを打破できるでしょうか。

★評価点
・皐月賞以前のレースが安定している
・鞍上が強力
・兄弟にヨーホーレイクやラベンダーヴァレイがいる良血馬

▼課題
・NHKマイルカップと相性の悪いキングカメハメハ産駒

ソネットフレーズ

デイリー杯2歳ステークスでは今回1番人気に支持されているセリフォス相手にタイム差なしの2着に入線しました。

牝馬路線のクラシック候補になるかと思えましたが、脚部不安のため長期休養を余儀なくされてしまいます。幸いにも回復し、ノーザンファーム天栄でも状態を整え、今年の初戦はNHKマイルカップに決まりました。

2歳のころのような実力を発揮できればここでも上位争いできるでしょう。

月曜日の時点で9番人気ですが、鞍上も今年すこし調子を落としているとはいえ、昨年大活躍した横山武史騎手ですし、人馬共に魅力的です。

★評価点
・高いポテンシャルを秘めている

▼課題
・久々のレースに対応できるか

NHKマイルカップ2022の最終買い目予想

混戦模様ですが、本命は4番セリフォス

ダイワメジャー
シーフロント
母父Le Havre
主な勝ち鞍デイリー杯2歳S(G2)
前走朝日フューチュリティS(G1) 2着

2歳時は常に高いパフォーマンスを発揮し、すでに重賞タイトルを2つ引っ提げています。

前走の朝日杯FSこそドウデュースの2着に敗れましたが、それでもコンマ1秒差の2着で敗れて強しの競馬でした。

今年は前哨戦やクラシックレースに一切目もくれず、ぶっつけでNHKマイルカップに挑むことから、間違いなくメイチで仕上げてくるでしょう。なにより、今回のNHKマイルカップでセリフォスに先着した馬はいません。

追い切りもすばらしいタイムと動きを見せていて休み明けでも十分出し切れるのではないでしょうか。

対抗には2番ソネットフレーズを推します

エピファネイア
ボージェスト
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍2歳新馬
前走デイリー杯2歳S(G2) 2着

金曜日の段階で9番人気と過小評価されていますが、前走のデイリー杯2歳ステークスでは勝ち馬であるセリフォスのクビ差の2着。3着以下を突き放しての2着なので着順以上に強い競馬でした。

この馬もセリフォス同様ぶっつけでNHKマイルカップに挑みますが、調整のためにぶっつけでNHKマイルカップに挑むセリフォスに対し、こちらは脚部不安のためにぶっつけになってしまいました。

しかしながら追い切りではしっかりと動けていて2歳のころの状態に戻りつつあります。課題も少なからずありますが、人気落ちするのであれば積極的に狙いたい一頭です。

単穴には1番マテンロウオリオンを推します

ダイワメジャー
パルテノン
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍シンザン記念(G3)
前走ニュージーランドT(G2) 2着

調教はこれまでになく軽めに仕上げられていて、人によっては疑問を持つかもしれませんがいい時の状態をキープしているのでしょう。

1週間前追い切りは強めで自己ベストを更新しているように、前走の敗北を乗り越えますます成長した印象を持ちました。

馬連流し

軸馬:4
相手:1、2、16、18

三連複フォーメーション

1頭目:4
2頭目:1、2、11、13、16、18
3頭目:1、2、11、13、16、18

以上になります。
NHKマイルカップ予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次