毎日王冠(G2)と京都大賞典(G2)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

東京競馬場 芝1600mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

東京競馬場 芝1600mのコースで特徴を解説

この記事では、東京競馬場 芝1600mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

東京の芝1600はここをチェック!

・枠順の有利不利は少ない
・逃げ、先行馬の成績がいい!
・迷ったらディープ!ディープインパクト産駒の成績が圧倒的

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

春の東京GⅠ5連続開催の内3つ、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、安田記念などが行われるコース。

向正面の2コーナー寄りの位置からスタートし、最初のコーナーまでおよそ540メートルもの直線が続くコースとなっており、比較的枠順による有利不利の少ないコースとなっているのが特徴です。

【2019年2月までの過去10年のデータ】

・枠順別データ
最も好成績を残しているのは5枠の馬で勝率約7%、連対率約14%とトップの成績を残しておりますが、他の枠も軒並み勝率約6%、連対率約14%と枠順による判断が非常に難しいコースとなっております。

・脚質別データ
『東京の1600を逃げ切るのは至難の業』と言われた時代とは近年大きく変化し、最も好成績を収めているのは逃げ、先行馬で勝率約14%、連対率約24%となっておりますが、中団から競馬を進めた馬も勝ち鞍と連対数(頭数が多い為、勝率、連対率では劣りますが)では先行馬より上位の成績を収めている為、差し切りも決まってしまう難解なコースと言えます。

・種牡馬別データ
1番好成績を残しているのはディープインパクト産駒で勝率約14%、連対率約26%、勝ち鞍に至っては2位のキングカメハメハ産駒に倍以上の差を付ける圧倒的な成績を残しております。『迷ったらディープ産駒』はマイル戦においてはもはや鉄則と言えるでしょう。

代表馬は?|東京競馬場 芝1600mといえば!

東京芝1600メートルのG Iを過去に最も優勝したのはウオッカです。安田記念を連覇、そしてヴィクトリアマイルでは7馬身差の圧勝を飾りました。

特に2度目の安田記念では直線、ラスト100メートル付近まで前が壁と言う絶望的な状況の中から前年のダービー馬ディープスカイを差し切りました。

それらの功績を称えられ、東京競馬場にウオッカの銅像が建てられたことからも東京1600メートルにおいてはまさに代表馬に相応しいのではないでしょうか。

東京競馬場の各コースの特徴を知る!

東京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2500mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3400mのコース特徴へのリンク画像

東京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2100mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次