阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【CBC賞2022予想】5歳馬が強い!三連系におすすめしたい穴馬2頭を紹介!

CBC賞2022予想

CBC賞2022の注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!

CBC賞2022の最終買い目予想を更新しました。

タップできる目次

CBC賞2022の概要

CBC賞はもともとは開幕週の中京で開催されていましたが、2年前から行われている京都改修工事の関係で一昨年は阪神競馬場で、そして去年と今年は小倉競馬場で代替開催されます。

サマースプリント第2戦に指定されているCBC賞は、例年7月の1週目、夏競馬が本格的に開幕すると同時に行われています。

秋のスプリンターズステークスを目標に挑む馬が多く、過去にはマジンプロスパーやレッドファルクス、ピクシーナイトがこの舞台で結果を残してスプリンターズステークスに向かいました。

ちなみに昨年のCBC賞の勝ち馬であるファストフォースは1.06秒0のタイムでレコードで勝利しました。

これまでの芝1,200mのレコードタイムを大きく更新したことで話題となりましたよ。

CBC賞2022の開催内容

開催日7月3日(日曜) 15:35発走
格付けG3
開催競馬場小倉競馬場 小倉11R
コース1,200m
性齢3歳以上
斤量ハンデ
1着賞金4100万円

CBC賞2022が開催される小倉の芝1,200mの特徴

小倉競馬場 芝1200mのコースで特徴を解説

CBC賞が開催される小倉の芝1,200mのスタート地点は2コーナーのポケット地点です。

小倉の1,200mはスピードに乗りやすい舞台と言われています。なぜなら、スタートからゴールまでほとんど上り坂が存在しないからです。

終始下り坂もしくはフラットな道を走る舞台ですが、特にスタートから4コーナー地点まではほとんどが下り坂となっているのでテンは速くなりやすいです。

それだけではなく、3~4コーナーはスパイラルカーブが導入されているのでスピードを維持したままホームストレッチに入ることができます。

最後の直線もフラットなので、1,200mをトップスピードで駆け抜けることができる馬がもっとも強いです。

脚質で見ると逃げや先行馬が圧倒的に好走率が高いです。

開催後期になると差しや追い込み馬も台頭しますが、開幕週開催なのでよほど大雨が降らない限りは前残りが顕著になるでしょう。

CBC賞2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1レインボーフラッグ牡953.0国分優作
2アネゴハダ牝349.0藤懸貴志
3レジェーロ牝554.0団野大成
4シホノレジーナ牝549.0角田大河
5テイエムスパーダ牝348.0今村聖奈
6メイショウケイメイ牝651.0小沢大仁
7スナークスターセ652.0富田暁
8タイセイビジョン牡557.0川田将雅
9ロードベイリーフ牡554.0和田竜二
10メイショウチタン牡554.0荻野極
11カリボール牡654.0西村淳也
12スマートリアン牝553.0秋山真一郎
13モントライゼ牡455.0北村友一
14タマモティータイム牝550.0国分恭介
15スティクス牝452.0幸英明
16アンコールプリュ牝753.0藤岡康太
17ファストフォース牡656.0松山弘平

過去10年のCBC賞のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2012116マジンプロスパー2高松宮記念(G1)5
215スプリングサンダー7ヴィクトリアマイル(G1)13
 312ダッシャーゴーゴー1高松宮記念(G1)4
2013114マジンプロスパー1マイラーズC(G2)6
212ハクサンムーン2高松宮記念(G1)3
 34サドンストーム3水無月S(1,600万)1
2014111トーホウアマポーラ4阪神牝馬S(G2)10
28エピセアローム3阪神牝馬S(G2)4
 316ニンジャ10安土城S(OP)3
201516ウリウリ2安土城S(OP)1
27ダンスディレクター1京王杯SC(G2)12
 313サドンストーム3高松宮記念(G1)4
2016111レッドファルクス3欅S(OP)1
27ラヴァーズポイント7水無月S(1,600万)6
 35ベルカント2アルクオーツスプリント(G1)12
201717シャイニングレイ2安土城S(OP)1
214セカンドテーブル13安土城S(OP)10
 34アクティブミノル8鞍馬S(OP)9
201818アレスバローズ4鞍馬S(OP)5
210ナガラフラワー9彦根S(1,600万)1
 39セカンドテーブル8鞍馬S(OP)4
201919レッドアンシェル1彦根S(1,600万)1
不良24アレスバローズ7高松宮記念(G1)9
 33セイウンコウセイ2高松宮記念(G1)2
202013ラブカンプー13韋駄天S(OP)7
稍重26アンヴァル11阪急杯(G3)16
 32レッドアンシェル3京王杯SC(G2)11
202113ファストフォース8桂川S(3勝)8
211ピクシーナイト2NHKマイルC(G1)12
 310アウィルアウェイ6高松宮記念(G1)16

【ハンデ】重ハンデ馬が有利?

過去10年のCBC賞で馬券に絡んだ30頭を見ると、斤量55.5キロ以上の馬が【6-3-9-31】で、18頭の馬が重ハンデを課せられた馬でした。

実績を評価された馬が好走しています。

ところが、前年のCBC賞はスピードが重視される小倉が舞台でした。

勝ち馬のファストフォースは52キロ、2着のピクシーナイトも53キロの軽ハンデで好走しています。

もともとの舞台だった中京は直線に坂があったので能力が重視されていて、結果的に重ハンデの馬が結果を残しました。

ところが小倉はスピード狂のほうが結果を残しやすいので斤量の軽い馬の方が好走しがちです。

今年は小倉開催です。

CBC賞全体を見ると重ハンデ馬が好走していますが今年に限ってはこのデータは鵜呑みにしなくてもいいかもしれないです。

【年齢】5歳馬が強く、若い馬が苦戦

過去10開催のCBC賞でもっとも結果を残しているのが5歳馬です。勝ち馬8頭、馬券には18頭が絡んでいてダントツで好走しています。

次いで好走しているのが6歳馬で8頭の馬が馬券に絡みました。

今年の出走馬で5.6歳馬は下記になります。

5歳馬
・シホノレジーナ
・スマートリアン
・タイセイビジョン
・タマモティータイム
・メイショウチタン
・レジェーロ
・ロードベイリーフ

6歳馬
・カリボール
・スナークスター
・ファストフォース
・メイショウケイメイ

そして、意外と不振傾向なのが3.4歳馬です。

馬券に絡んだ4歳馬はのちにロードカナロアに先着したハクサンムーンと、CBC賞で2年馬券に絡んだサドンストームの2頭だけでした。

3歳馬は過去に1頭しか馬券に絡めていません。

昨年の2着馬であるピクシーナイトでのちにスプリンターズステークスを制しています。

若い馬はよほど実力がなければCBC賞での好走は厳しいです。

CBC賞(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のCBC賞の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
2番人気【3-2-2-3】30.0%50.0%70.0%
3番人気【1-1-3-5】10.0%20.0%50.0%
4番人気【2-0-0-8】20.0%20.0%20.0%
5番人気【0-0-0-10】0.0%0.0%0.0%
6番人気【0-0-1-9】0.0%0.0%10.0%
7~9番人気【1-4-2-23】3.3%16.7%23.3%
10番人気以下【1-2-1-61】1.5%4.6%6.2%

4番人気以内が優勢

過去10開催のCBC賞で馬券に絡んだ馬を見ると、4番人気以内の馬が8勝していて、18頭の馬が馬券に絡んでいました。

夏のハンデ重賞なので伏兵が台頭しそうですが、アタマで買う馬は人気馬がよいでしょう。

1番人気の信頼度は低め

過去10開催のCBC賞で馬券に絡んだ1番人気の馬は4頭です。

ほかの重賞と比較すると1番人気の信頼度はそこまで高くありません。

過去10年のCBC賞の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-0-1-15】0.0%0.0%6.3%
2枠【1-0-1-14】6.3%6.3%12.5%
3枠【2-1-2-12】11.8%17.6%29.4%
4枠【2-3-1-14】10.0%25.0%30.0%
5枠【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%
6枠【2-0-1-17】10.0%10.0%15.0%
7枠【1-3-2-17】4.3%17.4%26.1%
8枠【2-1-1-19】8.7%13.0%17.4%

枠による差はない

過去10開催のCBC賞で馬券に絡んだ馬を見ると、内枠からも外枠からもバランスよく馬券に絡んでいます。

1枠のみ好走率は低いですが、それ以外の枠に大きな差はありません。

なお、昨年のCBC賞においても3枠からファストフォースが、そして2.3着の絡んだ馬はともに7枠の馬でした。

過去10年のCBC賞の前走別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
G1【1-4-4-22】3.2%16.1%29.0%
L【0-0-0-10】0.0%0.0%0.0%
OP【5-1-3-61】7.1%8.6%12.9%
3勝【2-2-1-13】11.1%22.2%27.8%
2勝【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%

前走G1馬組とOP組、3勝クラスが優秀

過去10開催のCBC賞で馬券に絡んだ馬を見ると、前走がG1の馬が9頭馬券に絡んでいます。

単勝率こそ低めですが、連対率と複勝率は高い数値をキープしていますね。

今年は昨年この舞台を制したファストフォースのみ前走G1です。

また、OP組も9頭の馬が馬券に絡んでいますね。

今年の出走馬で前走がオープンの馬は

・アンコールプリュ
・スティクス
・スナークスター
・レジェーロ
・ロードベイリーフ

5頭が該当しています。

ちなみに前走が3勝クラスの馬も2頭が勝利し、複勝率で見ると20%を超えています。

CBC賞では昇級戦で挑む馬の一発にも警戒したいですね。

今年の出走馬で前走が3勝クラスの馬は

・カリボール
・シホノレジーナ
・タマモティータイム

この3頭が該当しました。

前走リステッドクラスの馬は不振

過去10開催のCBC賞で馬券に絡んだ馬を見ると、前走がリステッド競走だった馬が【0-0-0-10】と3着以内ゼロでした。

今年の出走馬で前走がリステッド競走の馬は

・スマートリアン
・タイセイビジョン
・メイショウケイメイ
・メイショウチタン
・モントライゼ
・レインボーフラッグ

この6頭が該当します。

余談ですが前走2勝クラスの馬も3着以内ゼロですが、過去10開催で1頭しか出走していなかったので参考外でいいでしょう。

CBC賞2022の注目馬3頭

サマースプリント第2戦を飾るCBC賞は夏競馬らしく、順当で決まることは少ないです。

今年の出馬の中から上位人気しそうな馬を3頭紹介しますね。

タイセイビジョン

人気の中心になるのはタイセイビジョンです。

これまで常に重賞の舞台に挑んできたタイセイビジョンはかつて朝日杯フューチュリティステークスで2着に入線するほどの実力馬です。

昨年のCBC賞でも57キロの斤量を背負いながらも4着に入線しているので舞台適性は全く問題ありません。

前走の春雷ステークスは新馬戦以来の非重賞レースでしたが、トップハンデ57キロを背負いながらも2着に入線していて負けて強しの競馬でした。

鞍上も昨年同様川田騎手が騎乗します。

昨年と比較するとピクシーナイトやアウィルアウェイといったスプリンターズステークスで馬券に絡んだ馬が不在なので、相手関係は楽です。

昨年と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮できれば馬券内も堅いでしょう。

★評価点
・昨年のCBC賞で好走している
・これまで能力の高い馬相手に戦ってきた

▼課題
・トップハンデ57キロ

アネゴハダ

3歳牝馬のアネゴハダは月曜日の段階で1番人気に支持されています。

もともとはダートでデビューした馬でしたが芝でも結果を残しています。

特に、芝1,400m以下の舞台では【2-0-2-1】で短距離を得意としていますね。

昨年は小倉2歳ステークスにも挑んでいて3着に入線しているように、小倉でも力を発揮しています。

アネゴハダの魅力はなんといっても斤量49キロで挑めることでしょう。

従来のCBC賞は重ハンデ馬が結果を残しやすかったですが、昨年の上位勢は軽ハンデ馬でした。

小倉は先行馬が好走しやすいので前目で競馬をするこの馬とは相性がいいでしょう。

テン乗りの藤懸貴志騎手がどのような競馬を魅せてくれるか、注目したいです。

★評価点
・49キロで挑める
・過去に小倉で馬券に絡んでいる
・短距離が得意

▼課題
・データと相性の悪い3歳馬
・テン乗りの藤懸貴志が人気馬を好走させられるか

ファストフォース

ファストフォースは昨年のCBC賞で驚愕のレコードタイムで勝利しました。

昨年の小倉は超がつくほどの高速馬場で、上位9位までの馬が1.06秒台のタイムでゴールしています。

高速馬場巧者に思えますが、次走に挑んだ北九州記念は開催後期の小倉でなおかつ稍重馬場の条件のもと、2着に入線しているので小倉適性が高いですね。

どんな馬場条件下でも走ることができるので天候に左右されないのが強みです。

課題は昨年よりも斤量が増加したことでしょう。

昨年よりも4キロも斤量が増えているので昨年と同じパフォーマンスができるかは未知数です。

逆にいうと、今回この条件下で勝ち切れれば秋のスプリンターズステークスにも自信を持って挑めるでしょうね。

★評価点
・昨年のCBC賞勝ち馬
・小倉巧者
・同型(逃げ馬)が少なく、逃げればチャンスは十分ある

▼課題
・昨年よりも4キロ増加した斤量

CBC賞2022の穴馬2頭

荒れる傾向のあるCBC賞は例年人気落ちの馬が絡んでいます。

過去10開催のうちの8開催で7番人気以下の馬が馬券に絡み、波乱の立会者となっています。

今年の出馬の中で穴人気しそうな馬を2頭ピックアップしました。

モントライゼ

月曜日の段階で5番手評価のモントライゼは京王杯2歳ステークスを制した重賞馬です。

2歳時に挑んだ小倉2歳ステークスではメイケイエールの2着に入線しているので小回りの小倉と相性は良いですね。

ただし、この馬の近走を見ると、どうも3歳のファルコンステークスを境にスランプに陥ってるように思えます。

ファルコンステークスの後に挑んだ短距離重賞はいずれも敗れていますし、前走はダートに使われていたりして、陣営も迷走している感じはしますね。

2歳のころのパフォーマンスを発揮できればここでも上位争いできますが、果たしてその頃の状態を取り戻せるかが鍵でしょう。

パドックや調教・返し馬を見ながら馬券の取捨選択を行いたいですね。

★評価点
・2歳のころは高いパフォーマンスで馬券に絡んでいた

▼課題
・近走がスランプに陥っている

テイエムスパーダ

今年のCBC賞の出走登録馬は小倉巧者がたくさんいますが、テイエムスパーダも負けていません。

デビューは小倉で勝ち星をつかむと、その後2戦とも小倉に挑み連対を果たしました。

デビュー2戦目で挑んだフェニックス賞は不良馬場の中開催されましたが逃げの競馬で2着に入線します。

この時の勝ち馬が今年の函館スプリントステークスを制したナムラクレアなので、負けて強しの2着だったのです。

今年になって挑んだフィリーズレビューと葵ステークスは重賞の壁に阻まれましたが、前走の皆成特別は小倉以外の舞台で勝利していて、にわかに成長も感じさせました。

ハンデ48キロも魅力的ですね。

久々の得意舞台で結果を残せるか注目です。

★評価点
・小倉巧者
・ナムラクレアとしのぎを削った

▼課題
・重賞の壁を超えられるか

CBC賞2022の最終買い目予想

CBC賞(曇り、良馬場想定)

最初に金曜日夜の時点で、日曜日の北九州市界隈の天気予報を見ました。

土曜日は晴れますが、日曜日は終日曇りの予報、気温も最高気温が30度となっています。

ただし、降水確率が60%で、台風も迫りつつあるのでもしかしたら雨が降るかもしれません。

気温に関してはこの時期としては過ごしやすい気温となっていて、同日にラジオNIKKEI賞が開催される福島が37度なので、天と地ほどの差があるといっていいでしょう。

馬場状態は土曜日が晴れのち曇りなので現時点では良馬場です。

ただし、接近している台風が前倒しでやってきたら馬場にも影響を及ぼしそうです。 現時点ではなんともいえませんが、開幕週で時計の出やすい良馬場を想定した上で予想を行います。

◎本命 5 テイエムスパーダ

レッドスパーダ
トシザコジーン
母父アドマイヤコジーン
主な勝ち鞍皆生特別(2勝クラス) 2022年
前走皆生特別(2勝クラス) 1着

本命はテイエムスパーダにしました。

かなり面白い条件が揃ったイメージがあります。

まず斤量48キロで挑めるのがとても良いです。

テイエムスパーダはもともと48キロで挑める条件が揃っていましたが、48キロ未満で挑める有力騎手がいませんでした。

しかし、今年の新人騎手である今村聖奈騎手がその条件をクリアしていたのです。

今村騎手は女性騎手ながらも新人のなかでトップリーディングを上げていますので若手騎手の中では信頼におけます。

騎乗フォームもきれいですし、強気の競馬もできる上、この斤量で挑めるので勝ち負けできる条件は整っています。

過去の戦績を見ても、小倉は3戦して【2-1-0-0】と、連対率100%と舞台適性も合っていますし、開幕週の小倉はとにかく止まらないです。

同型のファストフォースが大外を引いたのもこの馬にとってはプラスです。

3歳馬はこの舞台で不振傾向にありますが、テイエムスパーダにはとにかくゲートを飛び出したら積極的に前へ前へ運んで、ガンガンスピードを上げて逃げることを期待したいです。

〇対抗 17 ファストフォース

ロードカナロア
ラッシュライフ
母父サクラバクシンオー
主な勝ち鞍CBC賞(G3) 2021年
前走高松宮記念(G1) 9着

対抗は昨年の勝ち馬であるファストフォースを選択しました。

もしもテイエムスパーダが包まれた場合、変わって先頭に立てる可能性があるのはファストフォースです。

大外枠は長く距離を走るため一見不利に思えるかもしれませんが、包まれる心配がないのは長所です。

昨年のCBC賞はもちろんのこと、開催後期に開催されて力がいる舞台だった昨年の北九州記念や京阪杯においても馬券内に入線しているので、仮に大雨が降って馬場がタフになったとしても能力を発揮できるでしょう。

近2戦はハナで競馬できずに敗れていますが、久々に松山騎手が手綱を握るので積極的に前を狙ってほしいです。

▲単穴 8 タイセイビジョン

タートルボウル
ソムニア
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍アーリントンC(G3) 2020年
前走春雷S(L) 2着

レース展開を見ると間違いなくハイペースになると思うので、もしも後方有利の展開となれば浮上するのはタイセイビジョンではないでしょうか。

近走を見てもそこまで大崩れしていないです。

前走の春雷ステークスでは57キロを背負いながらも上がり32秒台の末脚で連対圏に飛び込んでるのもポイントが高いです。

タイセイビジョンの場合は無理に前目で競馬をしなくてもいいので自分の競馬に徹することができるでしょう。

騎乗するのも上位リーディングの川田騎手ですし、仕掛けどころで脚を使ってくれたら馬券内も十分可能です。

消し 2 アネゴハダ

キズナ
イニシャルダブル
母父ウォーエンブレム
主な勝ち鞍由比ヶ浜特別(2勝クラス) 2022年
前走由比ヶ浜特別(2勝クラス) 1着

金曜日の段階で1番人気のアネゴハダですが、ここは消すことにしました。

理由はふたつあります。

ひとつめは枠がすこし内すぎるのが引っ掛かりました。

この馬はそこまでゲートが得意ではないですが、今回は逃げや先行馬が多数揃ったので先行争いが激化するのは明白です。

出遅れて他馬に包まれてしまえば抜け出すのは容易ではないでしょう。

もうひとつは馬場適性です。

これまでは開催中期や後期の力が求められやすい馬場で結果を残しました。

キズナの仔はパワータイプの馬が多い反面、スピードに長けた馬はそこまで多くありません。

そのため、開幕週で高速馬場が予想される今回の舞台では出し切りづらいかもしれないです。 以上のことから、人気の一角ですがここは消すことにしました。

単勝

5 テイエムスパーダ

馬連流し

軸馬:5
相手:8、9、13、14、17

三連複フォーメーション

1頭目:5
2頭目:8、9、13、14、17
3頭目:8、9、13、14、17

以上になります。
CBC賞予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次