関屋記念(G3)と小倉記念(G3)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【函館記念2022予想】1人気は危険!?7人気以下の馬は相手候補に最適

函館記念2022予想

函館記念2022の注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!

函館記念2022予想の最終買い目を更新しました。

タップできる目次

函館記念2022の概要

函館記念は函館競馬場で開催される芝2,000mのハンデ競走です。

サマー2000シリーズの第2戦に指定されている函館記念は函館競馬場のレースの中でもトップクラスに知名度が高いレースです。

そもそも、函館で開催される重賞競走は函館スプリントステークスと函館2歳ステークス、そして函館記念の3種類しか存在しません。

そして、中距離を舞台に開催されるのは函館記念だけなのです。

G3のハンデ競走ということもあり、骨のあるメンバーが参戦しますが、過去にはカフェファラオやサトノアレスといったG1馬も参戦しました。

函館競馬の全てのレースで一番盛り上がるため、北海道の競馬ファンがたくさん函館競馬場に押し寄せます。

ちなみに函館記念に出走した馬は一か月後に開催される札幌記念に向かう馬も多く、夏の北海道を盛り上げる要因となっていますよ。

函館記念2022の開催内容

開催日7月17日(日曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場函館競馬場 函館11R
コース芝2,000m
性齢3歳以上
斤量ハンデ
1着賞金4300万円

函館記念2022が開催される函館の芝2,000mの特徴

函館競馬場 芝2000mのコースで特徴を解説

函館芝2,000mのスタート地点はホームストレッチの右端4コーナーのポケット奥からスタートします。

福島と同じく、坂の頂上からスタートとなり、最初のコーナーまでは下り坂を下ります。

1コーナーまでの距離は約475mあるので枠によるポジション争いはそこまで激しくなりません。

最初の1コーナーと2コーナーも緩やかな下り坂となっていますが、コーナーが小さいのでこのあたりでペースは落ち着きます。

向こう正面に差しかかると今度は緩やかな上り坂に入ります。

中距離のコースということもあり、向こう正面で息を入れる傾向があります。

なお、向こう正面からはじまる上り坂は3コーナーと4コーナーの間まで続くので思った以上に体力勝負となるでしょう。

3コーナーに差しかかるあたりで後ろの馬はロングスパートを仕掛けます。

なぜなら、最後の直線が短いからです。

3コーナーと4コーナーの間が坂の頂上となっていて、4コーナーに入ると今度は下り坂に入ります。

函館の3.4コーナーはスパイラルカーブを取り入れているのでペースが落ちることなく最後の直線に入ります。

最後の直線は下り坂からの平坦コースとなっていて、距離は262mです。

差しや追い込み馬は最後の直線から仕掛けても届かない可能性が高いのでコーナーから動き出します。

逆に、逃げや先行馬は粘り強くゴール板を目指します。

函館競馬場は寒さに強い洋芝が導入されています。

洋芝はタフでスピードが出づらいので、パワータイプの馬が好走しやすいです。

同じく全面洋芝の札幌競馬場と比較すると、右回りで小回り競馬場という点は一致していますが、起伏の多さに違いがあります。

札幌はほぼ平坦に対し、函館は最大で高低差3.5mもあります。

坂自体は緩やかなものが多いですが、上り下りを駆け抜けるのでペース配分やスタミナも重要なのです。

函館記念2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ハヤヤッコ牡657.0浜中俊
2ジェネラーレウーノ牡754.0丹内祐次
3フェアリーポルカ牝655.0武豊
4アイスバブル牡754.0水口優也
5マイネルウィルトス牡656.0M.デムーロ
6タイセイモンストル牡554.0高倉稜
7スマイル牡654.0坂井瑠星
8スカーフェイス牡655.0岩田康成
9アラタ牡556.0横山武史
10ウインイクシード牡856.0藤岡佑介
11レッドライデン牡554.0丸山元気
12サンレイポケット牡757.5鮫島克駿
13ギベオン牡757.0池添謙一
14サトノクロニクル牡856.0斎藤新
15アドマイヤジャスタ牡655.0吉田隼人
16ランフォザローゼスセ654.0柴山雄一

過去10年の函館記念のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201213トランスワープ4福島TVOP(OP)3
28イケトップガン8巴賞(OP)5
 34ミッキーパンプキン7巴賞(OP)6
201318トウケイヘイロー3鳴尾記念(G3)1
21アンコイルド7巴賞(OP)8
 315アスカクリチャン8新潟大賞典(G3)8
201413ラブイズブーシェ2目黒記念(G2)2
29ダークシャドウ8エプソムカップ(G3)3
 32ステラウインド7ジューンS(1600万)1
201515ダービーフィズ3目黒記念(G2)6
23ハギノハイブリッド10新潟大賞典(G3)10
 31ヤマカツエース7NHKマイルC(G1)13
201616マイネルミラノ3エプソムカップ(G3)3
稍重28ケイティープライド13巴賞(OP)6
 310ツクバアズマオー9巴賞(OP)3
2017112ルミナスウォリアー5金鯱賞(G2)5
214タマモベストプレイ14天皇賞(春)(G1)13
 315ヤマカツライデン7天皇賞(春)(G1)15
201816エアアンセム5エプソムカップ(G3)5
23サクラアンプルール7日経賞(G2)3
 314エテルナミノル13マーメイドS(G3)11
201914マイスタイル1巴賞(OP)9
26マイネルファンロン9巴賞(OP)12
 310ステイフーリッシュ3鳴尾記念(G3)3
2020114アドマイヤジャスタ15鳴尾記念(G3)6
26ドゥオーモ13巴賞(OP)9
 32バイオスパーク3都大路S(L)2
202118トーセンスーリヤ2新潟大賞典(G3)4
24アイスバブル14目黒記念(G2)8
 315バイオスパーク12新潟大賞典(G3)9

【ハンデ】54キロ~56キロ組が好走している

過去10年の函館記念で馬券に絡んだ30頭を見ると、54キロが6頭、55キロが8頭、56キロが6頭馬券に絡みました。

対して、53キロ以下の馬は過去10開催で16頭が出走し、馬券に絡んだのは2頭だけです。

また、57キロ以上の馬は29頭が出走し、馬券に絡んだのは5頭です。

函館記念において、極端な軽ハンデの馬やトップハンデの馬は不振傾向にあるようです。

今年の出走馬で54キロ~56キロの馬は下記になります。

斤量54キロ
・ジェネラーレウーノ
・アイスバブル
・タイセイモンストル
・スマイル
・レッドライデン
・ランフォザローゼス

斤量55キロ
・フェアリーポルカ
・スカーフェイス
・アドマイヤジャスタ

斤量56キロ
・マイネルウィルトス
・アラタ
・ウインイクシード
・サトノクロニクル

【小回り】小回り競馬場の実績が重要

毎年波乱の展開がある函館記念ですが、過去10年の勝ち馬に共通しているのは、中山や福島、小倉に札幌、函館といった小回りコースで勝利経験があることです。

今年の函館記念の出走馬で小回りコースの勝利実績がある馬は10頭います。

・アイスバブル
・アドマイヤジャスタ
・アラタ
・ウインイクシード
・ジェネラーレウーノ
・スマイル
・タイセイモンストル
・フェアリーポルカ
・マイネルウィルトス
・レッドライデン

出走馬の過去の戦績を見る際は、小回り実績にも着目したいですね。

函館記念(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の函館記念の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【1-0-0-9】10.0%10.0%10.0%
2番人気【2-0-0-8】20.0%20.0%20.0%
3番人気【3-0-2-5】30.0%30.0%50.0%
4~6番人気【3-0-0-27】10.0%10.0%10.0%
7~9番人気【0-5-6-19】0.0%16.7%36.7%
10番人気以下【1-5-2-61】1.4%8.7%11.6%

1.2番人気は絶不調

過去10開催の函館記念の好走馬を人気別にまとめると、1番人気は過去10年で1着が1回のみ。

2番人気も2勝止まりで2.3着には絡めていません。

函館記念においては1.2番人気の信頼度は絶望的に小さいです。

勝ち馬は上位人気がほとんど

過去10開催の函館記念の勝ち馬10頭のうちの9頭は5番人気以上の支持を集めていました。

函館記念において、1.2番人気の信頼度は恐ろしく低いですが、3.4.5番人気の勝ち馬は多く出ているので勝ち馬を探すのであれば上位人気馬が中心となるでしょう。

7番人気以下の馬は相手候補に最適

過去10開催の函館記念で好走した30頭を見ると、19頭が7番人気以下の馬でした。

6開催で10番人気以下の馬が馬券に絡んでいて、8開催で三連単10万円を超える配当が出ています。

相手には人気落ちの馬も頻繁に絡んでいるので、人気問わず馬券に絡めたいところです。

過去10年の函館記念の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-1-3-15】0.0%5.3%21.1%
2枠【3-3-1-13】15.0%30.0%35.0%
3枠【2-2-0-16】10.0%20.0%20.0%
4枠【3-2-0-15】15.0%25.0%25.0%
5枠【0-1-2-17】0.0%5.0%15.0%
6枠【1-0-0-19】5.0%5.0%5.0%
7枠【1-1-0-18】5.0%10.0%10.0%
8枠【0-0-4-16】0.0%0.0%20.0%

内枠優勢

過去10開催の函館記念で1~4枠の内枠の馬は20頭が馬券に絡みました。

5~8枠の外枠の馬と比較しても内枠の馬の方が断然好走率は高いです。

函館記念では枠の影響はかなり大きいといえるでしょう。

過去10年の函館記念の前走別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
G1【0-1-2-12】0.0%6.7%20.0%
G2【3-2-0-14】15.8%26.3%30.0%
G3【5-2-4-31】11.9%16.7%26.2%
L【0-0-1-7】0.0%0.0%12.5%
OP【2-5-2-59】2.9%10.3%13.2%
3勝クラス以下【0-0-1-5】0.0%0.0%16.7%

前走重賞が好調

過去10開催の函館記念で馬券に絡んだ30頭を見ると、前走がG2もしくはG3の馬が検討しています。

これまでに強い馬と戦ってきた馬ほど好走しやすいのでしょう。

これは、前走G1組にも言えることで勝ち馬こそ輩出していませんが、複勝率は20%と高い数値を保っています。

前走重賞組に注目したいですね!

今年の函館記念の出走馬で前走重賞組は8頭います。

・ハヤヤッコ
・フェアリーポルカ
・マイネルウィルトス
・スマイル
・スカーフェイス
・サンレイポケット
・ギベオン
・アドマイヤジャスタ

函館記念2022の注目馬3頭

毎年必ずといっていいほど不人気馬が馬券に絡むことで高配当になりやすい函館記念。

今年の函館記念も骨のあるメンバーが揃いましたが、その中から人気しそうな馬を3頭紹介しましょう。

サンレイポケット

今年の函館記念の人気の一角になるであろうサンレイポケットはこれまで戦ってきた相手関係を見ると勝ち負けしてもおかしくない力を秘めています。

昨年の天皇賞(秋)とジャパンカップはともに4着に入線しましたが、コントレイルやシャフリヤール、エフフォーリアといった強敵相手に4着入りしているのは大したものです。

この2戦だけ見ると左回り巧者なイメージを持ちますが、今年の京都記念や鳴尾記念でも馬券に絡んでいて、どのような競馬場でも好走しているようにポテンシャルの高さを秘めています。

7歳馬にして初めて函館を走るので洋芝適性は未知数ですが、これまで戦ってきた相手を考えると今回は誰が見ても小粒です。

斤量57.5キロを背負いますが、久々の重賞タイトルを手にしたいところです。

★評価点
・これまで戦ってきた相手がものすごくレベル高い
・どんな舞台でも走れる

▼課題
・トップハンデ57.5キロを背負う

マイネルウィルトス

昨年のアルゼンチン共和国杯や今年の目黒記念で2着入りを果たしたマイネルウィルトス。

昨年の函館記念にも出走していましたがこのときはほとんど目立った活躍を見せませんでした。

ところが、次走に選択した札幌記念では11番人気の低評価ながらもG1馬相手に健闘して4着に入線しています。

3歳時には札幌競馬にも出走していて馬券に絡めているように、洋芝適性はある馬です。

また、前走目黒記念だった馬はこの舞台でも好走しやすく、データ的にも相性はよさそうです。

これまで重賞で惜しいレースが続いているだけに、初重賞タイトルを手にしてほしいです。

★評価点
・洋芝適性がある
・目黒記念組はここで好走しやすい

▼課題
・ハイペースになると出し切る前に敗れるかもしれない

スカーフェイス

今年の中山金杯は後方からの競馬となりましたが、7番人気の低評価を覆す差し切りで2着に入線しました。

前走の大阪杯においても手ごわい相手が多数揃った中で6着に入線しているように、常に人気以上の活躍を見せているのは好感が持てます。

これまでの実績からここでは人気しそうな一頭ですが、人気以上の活躍を見せてほしいところです。

★評価点
・大阪杯で6着
・昇級レースでも結果を残している

▼課題
・初の洋芝で出し切れるか

函館記念2022の穴馬2頭

函館記念は毎年人気落ちの馬が馬券に絡んでいます。

今年の出走馬の中から激走の可能性を秘めた穴馬を2頭ピックアップしました。

アイスバブル

函館記念の伏兵その①。

昨年の函館記念では流れる展開を後ろからじっと見据えて、上がり最速タイムで2位に入選しました。

近走が負けすぎているので人気を落とすと思いますが、アイスバブルは流れる展開が得意です。

過去の目黒記念もハイペース競馬で差し切りが決まっているように、流れてくれれば末脚を活かすことができます。

レース展開に左右されますが、昨年の函館記念も流れて末脚が光ったので昨年のような展開になれば一発あるかもしれません。

★評価点
・昨年の2着馬
・流れれば後方一気が決まる

▼課題
・近走が負けすぎ

アドマイヤジャスタ

函館記念の伏兵その②。

一昨年の函館記念では15番人気の低評価ながらも差し切りの競馬で勝ち星を手にし、大波乱の立会者となりました。

それからは勝ち星を手にしておらず、昨年の函館記念でも凡走しています。

それから1年近く休暇を挟み、前走の鳴尾記念は久々のレースとなりました。

結果は10着でしたが休み明けとこれまでの実績を考えたら及第点。

叩き2戦目。

得意な舞台で再び大穴の主役になれるでしょうか。

★評価点
・一昨年の勝ち馬
・一昨年コンビを組んだ吉田隼人騎手が騎乗

▼課題
・近走の成績が悪い

函館記念2022予想の最終買い目

函館記念予想(雨重馬場想定)

週末の北海道は全道的に大気の状態が不安定らしいです。

土日の天気予報を見ても雨や曇りマークがついているのでおそらく馬場は水分を豊富に含むでしょう。

どれほど雨が降るか未知数なので、重馬場で開催されるのか、それとも不良馬場で行われるかは分かりませんが、間違いなくタフで力の求められる条件下で開催されると思われます。

◎本命 5 マイネルウィルトス

スクリーンヒーロー
マイネボヌール
母父ロージズインメイ
主な勝ち鞍福島民報杯(L) 2021年
前走目黒記念(G2) 2着

土曜日の段階で2番人気に支持されているマイネルウィルトスを本命に挙げました。

評価ポイントとしては、前走の目黒記念や昨年のアルゼンチン共和国杯で2着に入線していることです。

アイスバブルの戦績にも通じるものがありますが、どうやら東京芝2,500mで好走する馬は函館記念でも結果を残しやすいようです。

マイネルウィルトスは東京芝2,500mでの戦績はいうまでもありませんが、昨年の札幌記念でもG1馬3頭に次いでの4着入選なので、洋芝適性はもとより、強い馬相手に勝ち負けしているのは好評価したいです。

今年も調子は維持していますし、この面子相手なら勝ち負けも十分できるでしょう。

人気馬は凡走するというジンクスをここで打破してほしいですね。

〇対抗 13 ギベオン

ディープインパクト
コンテスティッド
母父Ghostzapper
主な勝ち鞍金鯱賞(G2) 2021年
前走宝塚記念(G1) 10着

対抗にはギベオンを推します。

非常に扱いの難しい馬ですが、やはり昨年の金鯱賞でデアリングタクトをねじ伏せたときのような逃げの競馬ができれば一発はあるでしょう。

勝ち星を手にした金鯱賞は重馬場の中で逃げきり勝ちを収めました。

今年はこれといった逃げ馬がジェネラーレウーノくらいしかいないので、比較的先行しやすく、自分の競馬に集中できるでしょう。

課題をいうなら右回り適性で、この馬は左回りでコンスタントに馬券に絡んでいますが右回りはあまり経験豊富ではありません。

しかし、7歳馬にして初めて挑む北海道の舞台で激変する可能性もゼロではないです。

右回りの洋芝を克服すれば、このメンバーのなかでは最上位であるのは間違いないでしょう。

▲単穴 3 フェアリーポルカ

ルーラーシップ
フェアリーダンス
母父アグネスタキオン
主な勝ち鞍福島牝馬S(G3) 2020年
前走福島牝馬S(G3) 2022年 8着

単穴にはフェアリーポルカを推します。

牝馬のフェアリーポルカは重賞2勝していますが、近走はなかなか馬券に絡めていません。

それでも、掲示板内に入線していますし、いつ馬券に絡んでもおかしくない走りを見せています。

昨年はダートレースにも果敢にチャレンジしていて、掲示板入りしているところを見るとパワーのある馬場でも走れています。

今年の函館記念は雨の影響を大きく受けそうなのでパワーが求められるでしょう。

鞍上の武豊騎手も絶好調ですし、久々の馬券内も十分あり得ます。

単勝

5 マイネルウィルトス

馬連流し

軸馬:5
相手:3、4、6、12、13

三連複フォーメーション

1頭目:5
2頭目:3、4、6、12、13
3頭目:3、4、6、12、13

以上になります。
函館記念の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次