\無料で登録!14万人が愛用中の予想サイト/
函館競馬場|コースの特徴

函館競馬場 芝2000mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

函館競馬場 芝2000mのコースで特徴を解説
\無料で登録!14万人が愛用中の予想サイト/

この記事では、コースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

函館の芝2000はここをチェック!

・内枠の逃げ馬なら人気薄でも買い!
・キンカメ産駒の相性がいいが、差し馬の場合は要注意!
・1800mでは好相性のステイゴールド産駒は不振

コースの特徴・攻略情報

GⅢ函館記念が行われる函館芝2000m。

第4コーナーのポケット地点からスタートし、第1コーナーまでの直線は約470m。ある程度の長さがあることと、第1コーナー付近から下り始めるため、テンのラップは流れていきやすいです。

このコースの逃げ先行馬の有利度は、函館芝1800mと同じくらいですが、回収率はこちらの方が上。人気薄の逃げ切りが期待できるので、気になる逃げ馬が内枠を引いた場合は、厚めに買っておくのもいいのではないでしょうか。

血統面ではキングカメハメハ産駒の成績がよく、過去10年間(2009年~2018年)で、【勝率13.0% 単勝回収率137%】【複勝率30.0% 複勝回収率92%】という内容。

脚質別にみていくと、逃げ馬の成績は複勝率71.4% 複勝回収率278%とさらに信頼度が上がります。

しかし後方からの差し馬の場合は危険。

このコースでは過去10年間で馬券になったことが一度もなく、もちろん回収率も0%。キングカメハメハ産駒というだけで選んでしまうのは危険なので、脚質もしっかり見ておきたいところです。

また、スタミナのあるサンデー系のハーツクライ産駒もここでは好成績。

反対に函館芝1800mでは信頼できていたステイゴールド産駒は、ここでは不振。

洋芝という事が影響し、2000mという距離でも、ステイヤーを出せるような血統のほうがここでは好走しやすい様です。

函館競馬場の各コースの特徴を知る!

函館競馬場の芝コース

各競馬場 芝1000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2600mのコース特徴へのリンク画像

京都競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1700mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像
ABOUT ME
sakaida
sakaida
馬大好き人間。ギャンブル性だけじゃない、競馬・うまの素晴らしさを日本中に広めることが夢です!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。